プロフィール

Author:えふぴー・まる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
たぐくらうど

> tags
舞鶴線 花壇 東舞鶴 舞鶴赤れんがパーク 西舞鶴 舞鶴港線 海舞鶴線 海上自衛隊 長岡藤孝 田辺城 芸屋台 赤穂線 鷏和村 備前福河 天和 はりまシーサイドロード 上水道 播州赤穂 大石内蔵助 四十七士 大願成就 大石赤穂神社 鉄腕DASH 赤穂城 赤穂城跡 備前焼 二郎 いちご 三田線 田尾寺 有馬街道 岡場 五社 向陽閣 足湯 切手文化博物館 有馬玩具博物館 極楽寺 銀泉 豊臣秀吉 肺塞栓 むくみ 宇治川 向島 桜井線 万葉まほろば線 地酒 櫟本 水原弘 帯解 美智子妃殿下 元興寺 皇族 安産祈願 帯解寺 難読駅名 京終 アホ きんでん 疑似科学 活性酸素 水素水 マイナスイオン 抹茶小倉 小倉 伊勢田 六甲ライナー アイランドセンター 神戸ファッション美術館 六甲アイランド線 P&G 高月 北陸本線 大江匡房 神高槻神社 お市 浅井長政 成毛 揚げ煮 紀伊田辺 うつぼ 武蔵坊弁慶 南部高校 南高梅 南部 梅干 南部梅園 みなべ町 岩代 日本のさくら百選 郡山城跡公園 タイガース 虎姫 笠置山自然公園 笠置寺 笠置 遊びカヌー 日本の桜名所百選 切目崎 和歌山の朝日夕陽百選 長浜 山岡孫吉 ヤンマー 赤穂浪士 千種川 坂越 吉良上野介 浅野内匠頭 吉良義央 大石良雄 元禄赤穂事件 IHI 相生 西相生 街道 長浜鉄道スクエア 長浜城 日本の桜名所100選 豊公園 かえる大橋 切目 印南 海洋堂 黒壁スクエア ユネスコ世界無形文化遺産 曳山 石田三成 モータープール 鐘秀館 六甲大橋 アイランド北口 ヤン坊マー坊天気予報 セレッソ大阪 黒壁 記録 モチベーション ダイエット アウトバウンド 南魚崎 菊正宗 日本酒 記念館 魚崎 住吉川 男山ケーブル線 石清水八幡宮 香里園 可愛い交番 美人が多い 寝屋川市 黄そば クスノキ 萱島 萱島神社 ご神木 石津川 無水トイレ 住ノ江 筒井康隆 粉浜 大屋政子 河合奈保子 藤原紀香 今宮戎 ミス福娘 戎神社 パナソニック 西三荘 大阪モノレール 滝井 土居 守口市 土居駅前商店街 野江 関目 丹後の海 ちりめん 京都丹後鉄道 峰山 世界文化遺産 龍安寺 三室仁和寺 北野線 等持院 北野白梅町 菅原道真 御土居 蛍池 チャーミングチャーハン 姫路 宮豊線 天の羽衣 丹後大宮 旧口大野村役場庁舎 蒲田善兵衛 大野城 長浜バイオ大学ドーム ネーミングライツ 長浜ドーム 近江米 田村 太川陽介 京丹後大宮 つぼりゅう 与謝野 動物注意 円山応挙 圓光寺 徳川家康 牡蠣 あいおい白龍城 河本敏夫 夜行新幹線 石川島播磨重工業 ポート公園 播磨造船所 船坂峠 三石 国道2号線 山陽道野磨駅家跡 上郡 かみごおり桜園 智頭急行 山内一豊 坂田 ラウンドアバウト交差点 禁煙 ニコチン中毒 禁煙外来 宇治上神社 宇治 さわらびの道 宇治市源氏物語ミュージアム 興聖寺 平等院 鳳凰堂 旦椋遺跡 自撮り棒 北国街道 米原 伊根 舟屋 重要伝統的建造物群保存地区 ええにょぼ 精霊流し B級グルメ 伊根町 ゴム焼きそば 和歌山電鉄 三毛猫 ITM 大阪高速鉄道 伊丹空港 伊丹スカイパーク 大阪国際空港 蛍ヶ池 ワニ 化石 柴原 阪大 大阪大学 天の川ほたるまつり カワニナ 特別天然記念物 近江長岡 ゲンジボタル JR東海 伊吹山 居醒の清水 消防信号 醒ヶ井 平成の名水百選 バイカモ 湧き水 梅花藻 清流 指標生物 絶滅危惧 レッドデータブック 有間神社 八幡堀 少路 服部天神 京都タンゴ鉄道 駅名変更 千里中央 千中 千里セルシー 登竜門 エイトちゃん SPring-8 円心 赤松則村 鉄道王国 有年 メガソーラー カキ 国宝 馬場大門欅並木 高札 府中 万博記念公園 山田 車両基地 旧甲州街道 高安寺 日本さくら名所100選 天守閣 聖蹟桜ヶ丘 いろは坂 耳をすませば ジブリアニメ さくら通り まつだ桜まつり 国府津駅 河津桜 御殿場線 千日前線 E.T. 桑原インターナショナル 自転車 卸売市場 コリアンタウン 新田義貞 分倍河原 ど根性大根 ペーロン 竜野 童謡の里 揖保川 揖保乃糸 聖徳太子 斑鳩寺 手延べそうめん 鳥居信治郎 生國魂神社 井原西鶴 谷町九丁目 日本橋 黒門市場 春節 武藤嘉紀 古戦場 北条泰家 FC東京 宮舞線 四所 多摩川 中川原 はりま勝原 網干 太子町 ひめじ手柄山遊園 英賀保 黒田官兵衛 築城 奥多摩 青梅 東雲 安寿姫塚 安寿と厨子王 丹後神崎 森鴎外 山椒大夫 丹後由良 由良海水浴場 海洋高校 栗田 魚魚駅舎 関ヶ原 柏原 宿場 湧水 壬申の乱 番場の忠太郎 丹後あおまつ号 浅川 京王線 高幡不動 川崎街道 南平 むかしみち むかし道 昭和の街 赤塚不二夫 イルミネーション 談山神社 桜井 めはり寿司 奈良交通バス 井伊直政 彦根 黒田孝高 御着城 御着 大河ドラマ 四番町スクエア 関西アーバン銀行 夢京橋キャッスルロード 廃城令 ゆるキャラ 近江鉄道 西武鉄道 軍師官兵衛 ひめじ別所 貨物駅 石切 曽根 日本三奇 宝殿 生石神社 石乃宝殿 ニッケ 日本毛織 尉と姥 南彦根 運休 台風 赤シソ わかやま国体 稲原 日高川 和佐駅 危険ドラッグ 商店街 野田阪神 神戸牛 西神山手線 神戸三宮 近江ちゃんぽん かかし 河瀬駅 稲枝 愛知川 ハナフサ カツめし ウエルネス都市 ウェルピー 東加古川 陣内智則 大中遺跡 土山 神戸駅 道成寺 安珍 清姫 クエ 御坊 アラ 日高川町 早生ミカン 紀州鉄道 がんこ堂 Hマン 市役所前 紀伊御坊 西御坊 ピンク・フロイド カツ飯 野々村竜太郎 城崎温泉 リコール 投薬治療 お薬手帳 処方箋薬局 節約 ウォーキング 足底髄膜炎 ウィーン・オーストリアの家 デンマーク館 北野北野 異人館 炭酸せんべい 金泉 初瀬川 白山神社 そうめん 万葉集 宇陀川 長谷寺 佛隆寺 鈴蘭台 北鈴蘭台 恵解山古墳 古民家 智弁和歌山 黒江 三井水 那智黒 宮前 北丹鉄道 公庄 下天津 比叡山 ほうらい丘 今出川通 きらら列車 木野 京都精華大前 叡山鉄道 ウイスキー 佐治敬三 鳥井信治郎 山崎蒸留所 山崎蒸溜所 サントリーカーブ 山崎駅 二上 近鉄下田 綾瀬はるか カッシー 香芝市 智弁学園 関屋 河内ワイン 柏原市 大河原 南山城村 バーベキュー 百人一首 スタンプ 紀伊 ローソン和歌山谷 波太神社 参勤交代 和泉鳥取 遥拝鳥居 修復工事 播州皿屋敷 桂枝雀 お菊 しゃちほこ 福知山市民病院口 福知山城 山陰本線 C-11 土師川 田原 ワンマン電車 列車事故 万願寺川 網引 武田薬品工業 入江亮介 武田麗子 田中理恵 ロンドンオリンピック 八木かなえ 岩倉 宝ヶ池 八幡前 修学院 茶山 東山如意が岳 五山の送り火 元田中 ハモの湯引き 西川東公園 近松門左衛門 十三筋 近鉄八尾 メロディアン・ミニ 河内街道 河内山本 フレッシュ 高安 東海道五十七次 穴太衆 坂本ケーブル 日吉東照宮 石組 坂本 滋賀里 志賀 松ノ馬場 穴太 南滋賀 廃寺跡 近江神宮 時の記念日 ちはやふる 漏刻 天智天皇 近江京 皇子山 別所 近江神宮前 十一面観音立像 三井寺 そろばん発祥の地 大津市 レンゲ 長歩き UR都市機構 鹿背山 御霊神社 宇和奈辺小奈辺古墳 長屋王 平城山 芸亭 ラッピング列車 美嚢川 大村 刃物 三木 別所長治 三木城跡 三木上の丸 チーム鉄腕 恵比須 えべっさん 子午線 志染 広野ゴルフ場前 吉野川 大和上市 吉野杉 六田 桜並木 越部 吉野神宮 桜酵母 吉水神社 奥千本 平清盛 姫路おでん 網干線 大塩 日笠山 妻鹿 的形 八家 白浜の宮 山陽曽根 伊保 荒井 市島 丹波おばあちゃんの里 西山酒造場 塩漬峠 春日局 上島竜兵 黒井 渡月橋 嵐山 東映太秦映画村 蚕ノ社 太秦広隆寺 嵐電天神川 開かずの踏切 新大阪 中崎町 淀川 鉄道供養塔 奈良公園 東大寺 興福寺 奈良人形 岡寺 高松塚古墳 、国営飛鳥歴史公園 飛鳥 東岸和田 和泉橋本 水間鉄道 巨大看板 東貝塚 貝塚市 まゆまろ 烏丸 国民文化祭 大宮 河原町 B-1グランプリ わかさスタジアム京都 西京極球場 パープルサンガ 竹下景子 一分 生駒線 菜畑 南生駒 尾上の松 高砂線 浜の宮 別府鉄道 播磨町 穴守稲荷 羽田空港 天空橋 YS-11 京急 空港線 京浜急行電鉄 大鳥居 ワタミ 京急電鉄 糀谷 京急蒲田 石場 外来魚 島ノ関 大津湖岸なぎさ公園 京阪膳所 レイクスターズ 瓦ヶ浜 美富士食堂 膳所城 膳所本町 中ノ庄 粟津 瀬田の唐橋 唐橋前 石山寺 西武グループ すがもん 巣鴨地蔵通り 駒込 とげぬき地蔵尊 鈴蘭台西口 高速そば 石屋製菓 面白い恋人 吉本興業 楽しんご 東幹久 東京ガスストーリー 東京ガス 法隆寺 斑鳩 奈良マラソン 王寺 町立舟戸児童公園 皇居 新丸ビル 二重橋 東京 浮孔 橿原神宮西口 坊城 おかげ祭り 南大阪線 高田市 高田の星 和泉府中 だんじり祭 清原和博 下松 久米田 大阪都構想 六郷土手 京浜急行電鉄(京急) 雑色 ビニールテープの案内板 六郷橋 石井ダム 菊水山 多摩川線 東京急行電鉄(東急) 蒲田 矢口渡 瀬戸内国立公園 友ヶ島 加太 兵庫県立丹波並木道中央公園 イノシシよけ 田んぼアート 町屋跡 藤江 松崎松江海岸 西新町 中八木 江井ヶ島 西江井ヶ島 黒豆 丹波大山 篠山口 キャセイ・パシフィック スカイ・ビュー 関西国際空港 関空旅博 南海なんば 関西空港 御陵 琵琶湖疎水 紀ノ川 新駅 和歌山大学前 垂水 鯉のぼり 山陽塩屋 東垂水 滝の茶屋 太陽の塔 宇度墓古墳 青少年海洋センター 潮騒ビバレー 箱作 土佐日記 三田 三輪神社 鴨東線 三条 十日戎 高槻市 槇原敬之 富田 摂津市 藤井寺 土師ノ里 藤井寺市国府 市野山古墳 多奈川線 岬町 生瀬勝久 生瀬 武田尾 三重の塔 茶わん坂 通天橋 東福寺 鳥羽街道 伏見稲荷 深草 ウズラの焼き鳥 酬恩庵一休寺 一休宗純 一休さん 平城遷都1300年祭 せんとくん 平城京跡 1日乗車券 阪急そば 正雀 安威川 阪急阪神レストランズ 相川 はなみずき通り 新京阪線 条例 マナー向上 大東市 割れ窓理論 大江戸線 東京都営地下鉄 六本木 タマネギ 春日神社 吉見ノ里 検車区 羽倉崎 南京町 中華街 播磨屋本店 ガラス細工 縁結び ハート型の絵馬 生田神社 東遊園地公園 エドマチ100番 赤川鉄橋 淡路 城東貨物線 淀川大橋 井原里 紀州街道 鶴原 二色浜 みなとじま 富雄 けいはんな線 ぴっくり通り 東生駒 生駒 田辺聖子 がんこ寿司 天性寺 貝塚 蛸地蔵 岸和田 山本 中山寺 中山観音 SolarDome 鳥羽伏見の戦い コンフォートサルーン 伏見桃山 丹波橋 伏見港公園 月桂冠 黄桜酒造 寺田屋 中書島 生駒山 生駒山上遊園地 登山 ぬかた園地 辻子谷ルート 新石切 和泉大宮 春木 かしみん焼き いしきりん 石切大仏 石切神社 額田 枚岡 大阪市水道局 橋本 上桂 松尾大社 牧落 箕面線 みのうし 高級住宅街 IME 与謝野晶子 高石 羽衣 構内踏切 花園ラグビー場 花ラグまんじゅう 牧野 TSUTAYA 御殿山 八戸ノ里 高架化 河内花園 司馬遼太郎 若江岩田 ハウス食品 鶴見緑地公園 花と緑の博覧会 ラジコン 花ずきん 咲くやこの花館 花博 倚松庵 深江 谷崎純一郎 青木 西宮 西宮戎神社 福男選び 枚方市 宿場町 五十七次 タージン 北野誠 ひらパー兄さん 光善寺 枚方公園 ひらパー 甲南大学 ラピート 諏訪ノ森 ゆめ咲線 ユニバーサルシティ 阪急西宮スタジアム 今津 オマリー 久寿川 阪神甲子園球場 古川橋 大和田 オウちゃん ジャズフェスティバル 門真市 JR東西線 加島 ビルの上の神社 神崎川 ミドリ電化 庄内 七道 住吉大社 萩ノ茶屋 岸里玉出 天下茶屋 ダイエー 千林 森小路 大阪城 京橋花月 京橋 OBP 雑魚場 本町 中央線 船場 堺筋本町

QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

お知らせ(v.v)

こんばんは、筆者です(v.v)

過去5年もの長きにわたって、筆者がブログで紹介した以外の写真を掲載させていただいていた無料アルバムサイト"WithPhoto"殿。
使い勝手の良さや、見る側にとってもなかなかスマートなデザインが気に入ってましたが・・・この9月末でサービスを終了されるそうです(T_T)

これまで大変便利に使わせていただいていたので、心底残念な限りではありますが・・・では、引っ越し先をどうしよう?

複数の無料アルバムサイトを試させていただいた結果、とりあえず我らがPanasonicはんが運営してはる"Lumix Club Pic Mate"はんのサービスに仮移転しております(v.v)
⇒"Lumix"はおろか、ちゃんとしたデジカメも使ってませんがA(^^;

こういっちゃなんですが、正直"WithPhoto"はんに比べると使い勝手も見栄えも落ちます(-_-)
しかも容量が1GBに制限されてるから、掲載する内容も限られるし・・・

ただ、今後末永く使うことを考えると、多少の不便には目をつぶるべきでしょうか。
場合によっては、こちらからの改善提案もできるでしょうし。


と言うわけで、容量が限られているので、とりあえずはキラーコンテンツ?である「近畿のマンホールデザイン展」を引っ越しました。
まだ引っ越し間もなくのため、コメントやタグなどが全然整備されてませんが、ぼちぼち充実させていきたいと思っております(v.v)

○近畿のマンホールデザイン展(滋賀県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=2040592670811236

○近畿のマンホールデザイン展(京都府)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=3219092986520329

○近畿のマンホールデザイン展(大阪府)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=7408240418035364

○近畿のマンホールデザイン展(兵庫県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=8136008992830497

○近畿のマンホールデザイン展(奈良県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=9516982074824191

○近畿のマンホールデザイン展(和歌山県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=3594308052799239

○その他のマンホールデザイン展
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=7956773479808903


スポンサーサイト

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:近畿 マンホール

JR西日本・舞鶴線(その4)

そう、舞鶴市役所前のバス停を降りると、すぐ隣にここ舞鶴のシンボルともいえるスポット「舞鶴赤れんがパーク」が広がっています!(^o^)
20160811-027.jpg20160811-028.jpg

筆者が事前にイメージしてたのとはやや異なり、海沿いのふきっさらしの場所に赤レンガ造りの倉庫が建ってるんですね・・・

Wikipediaによると、明治から大正にかけて旧日本海軍が建設した建物やそうで、各建物がそれぞれ違った目的で使われていたようです。
ただ、いずれも当時の面影を残す貴重な建物と言うことで、国の重要文化財および近代化産業遺産に指定されているようですね。


公園内をブラブラしてみると、電柱も当時のまま?を残してるようなんですが・・・
果たして、この電柱今でも現役で使われてたらビックリしますが・・・(@_@)
20160811-031.jpg

各建物、昔は主に海軍の弾薬庫などに使われていたようなんですが、現在はこのような会議室やお店などに使われてます。
もちろん、今の時期にはうれしい冷房も完備して!(^^)
20160811-038.jpg

建設から100年以上経過しているにも関わらず、このように非常にいい状態で保存され、しかも現役バリバリで稼働してるとは!
舞鶴の皆さんが大切に保護されてきたことに加え、それだけ昔の人が作った物が100年以上も持つ堅牢なものやったということでしょう。
20160811-040.jpg20160811-041.jpg


(「JR西日本・舞鶴線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 舞鶴線 東舞鶴 舞鶴赤れんがパーク 日本海軍 近代化産業遺産 重要文化財

JR西日本・舞鶴線(その3)

○東舞鶴駅(京都府舞鶴市)
(JR西日本・小浜線 東舞鶴駅 乗換駅)

一通り峠を越えると、もうそこは高い建物もある街になります。
ちょっと目を離したすきに、いつの間にか路線は高架走ってますやん。
20160811-022.jpg

かくして、西舞鶴駅から歩くこと2時間ほど。
ようやく次の東舞鶴駅に到着します(v.v)
20160811-024.jpg

思ったよりも時間食ってしまったんで、予定していたところをいくつか次回に回さざるを得なくなりそうですが(-_-)、ともあれまずは駅周辺をブラブラしてみます。


最初に目に付くのが、駅前ロータリーのこの見事な植え込み!(花壇?)
20160811-025.jpg

何とも色とりどりできれいなんですが・・・こんだけの花を手入するのも、メッチャ大変なんやろなという気持ちもします(v.v)

しばらく駅周辺をブラブラして気づいたのが、西舞鶴駅に比べて飲食店が圧倒的に少ない!
いちおうお昼ご飯の予習もしていたものの、ここからそこそこ離れたところにお店が点在してる模様で・・・

仕方ないので、最初の目的地に向かうべく路線バスに乗りこみます。
バスに揺られること5分ほど。
市役所前のバス亭で降りると・・・おお、もういきなり見えてますやん!(^o^)
20160811-026.jpg


(「JR西日本・舞鶴線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 舞鶴線 東舞鶴 舞鶴赤れんがパーク 花壇

JR西日本・舞鶴線(その2)

引き続き西舞鶴駅の周辺をブラブラしてますと、駅北側にこのようなモニュメントを見かけます。
「海舞鶴線」?!(?_?)
20160811-013.jpg

後から調べてみたところでは、海舞鶴線(正式名称「舞鶴港線」)はつい30年くらい前まで使われていた、ここ西舞鶴駅から舞鶴港を結んでいたJRはんの路線。
昔は港からの物資輸送などを目的として使われていたそうですが、鉄道輸送が衰退したことで1985年に廃止されたそうです。

一通り駅北側をブラブラしたところで、田辺城址の東側を通って沿線歩きの旅をスタートしますが、たぶんこの辺が昔の舞鶴港線の路線やったんでしょうね。
20160811-014.jpg


駅を出てしばらく歩くと、背の高いビルはすっかりなくなり、穏やかな住宅街が広がります。
いやー、何とも穏やかな夏の光景やないですか!(^^)
20160811-015.jpg

夏の厳しい日差しがガシガシ照り付けてはいるものの、西からの海風?が吹き抜けて、暑さよりも心地よさを感じながら東に進みます。
やがて、道端にはこんな看板を見かけます。
20160811-016.jpg

えーっ、予習の段階では全然チェックできてへんかったけど、めっちゃ興味惹かれるネーミング!
しかも全国二位というやないですか!(@_@)

そりゃもう、寄り道してみたい気持ち山々やったんですけど、後から調べたところではけっこう本格的なバラ園
次回、西舞鶴から西へ歩くルートの時に、改めてお邪魔したいと思います(v.v)


やがて、道のりは緩やかな坂道に差し掛かります。
というか、周りの地形見渡す限り、これ軽い「峠越え」ですやん!(-_-;
20160811-017.jpg

・・・いちおう病み上がりやと言うのに、何かここのところ峠越えばかりやってる感がありますが、ともあれ20分ほどかけて下り坂に差し掛かってきたときには、既に路線は足元走ってます。
20160811-019.jpg


(「JR西日本・舞鶴線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 舞鶴線 西舞鶴 海舞鶴線 舞鶴港線

JR西日本・舞鶴線(その1)

ここ2週間ほど、ホンマに夏らしい青空が広がってるここ近畿地方!(^^)
一方でここ2、3日は湿度も低く、からっとした爽やかな風も吹いております。

そんなお天気の中出かけるのは、一昨年末以来1年半ぶりの西舞鶴駅

あれから筆者が今後の計画をシミュレーションしていたところ、舞鶴市と隣の綾部市周辺、実はJRはんの複数の路線が絡み合ってて、乗り継ぎもけっこう不便やと言うことが判明しまして(-_-)
であれば、早めにややこしい箇所をクリアしておこうということで、今日もちょっと早めに出かけます。


○西舞鶴駅(京都府舞鶴市)
(京都丹後鉄道・宮舞線 西舞鶴駅 乗換駅)

前回は真っ暗な中でたどりついた西舞鶴駅でしたが、昼間はこんな感じ。
ガラス張りで、めっちゃおしゃれなデザインですやん!
20160811-008.jpg

前回は大阪に戻ることに必死で、駅周辺の光景はまったく眼中になかったんでA(^^;、しばらく駅の周りをブラブラしてみます。

まず駅のコンコースには、このような巨大な「山車」のようなものが。
20160811-005.jpg

説明文によると、江戸時代の娯楽の一つとして、舞鶴の各地で子供が歌舞伎を演じていた「芸屋台」というものだそうです。
現在でも、各地に当時の物が保存されているそうでして、意外や近畿内でもほとんど知られていない文化遺産やないですか!


外に出て駅北側をブラブラしてますと、理髪店の壁にはこのような貼り紙が。
20160811-009.jpg

まー確かに、舞鶴=海上自衛隊の基地の町。
地元の方と自衛隊の方とのつながりも強いと思いますが・・・ただ、海上自衛隊の基地まで(これから実際に歩いて実感するけど)結構な距離あるよねぇ???A(^^;

引き続きブラブラしてますと、今度は田辺城址が見えてきます。
20160811-011.jpg

この田辺城、織田信長の命を受けた長岡藤孝はんが、宮津城(以前、こちらも大手門跡などを見かけましたが)の次に移り住んだ居城。
その後は、関ヶ原の合戦の際に東軍に加担したばかりに兵糧攻めに遭わされ・・・と波乱の歴史やったみたいですね。
20160811-012.jpg



(「JR西日本・舞鶴線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 舞鶴線 海上自衛隊 田辺城 芸屋台 長岡藤孝 宮津城

JR西日本・赤穂線(その12)

○備前福河駅(兵庫県赤穂市)

天和駅を後にする頃には、すっかり日差しも戻り、また汗ばむ暑さが戻ってきます(-_-)
と、道端で見かけた地名標識には「鷏和」という何とも難しい地名。
20160731-059.jpg

Wikipediaによれば、真木村と鳥撫村が合併して鷏和村となったという、何ともユニークなお話ですねぇ!(^^)

ただし、そのような経緯で作られた地名で漢字も難しいため、駅名をはじめとしてシンプルな字に置き換えてはるみたいですね。


引き続き国道250号線を西に進みますが、緩やかな坂道を登っていくと・・・何と峠道。
沿道の景色も、とうとうこんななってしまいます。
何とも、えらいとこまで来てしまいました・・・(-_-)
20160731-068.jpg

こんな木々と草が生い茂った山の中ではあるものの、道の傍らにはこんないかつい施設も見かけます。
何かを運び出すためのベルトコンベアのようにも思えるんですが・・・いろいろ見まわしたところでもその正体はわかりませんでした・・・
20160731-066.jpg

後ほど調べたところでも、とうとうその正体はわからず(-_-)
GoogleMapにも載ってるのに、一体何なんでしょうねぇ???


しばらくして一転峠道を下ると、ぼちぼち民家も現れてきます。
国道から若干脇に入ったところに、次の備前福河駅があるはずなんですが・・・
20160731-069.jpg

ふと後ろを振り返ると、再びの峠道!
ここから岡山県の県境までは15分程度で行けることは予習してましたが、またちょっと手こずりそうですねぇ・・・ (-_-;
20160731-070.jpg

駅舎がなかなかわからずにいると、彼方から電車の音が聞こえてきます。
まさか、一時間に1本しかない大阪方面行きの電車が来たとか?!(@_@)

現在時刻は17時33分。
電車までに余裕があれば、昨年末以来の「近畿脱出」の儀式?もできるんでしょうが、これ逃したら次は19時近くまで電車がありません。
慌ててGPSを調べなおし、列車に間に合うよう小走りして、ようやくたどり着いたのが次の備前福河駅
赤穂線の近畿エリアでの最後の駅ですねー。
20160731-071.jpg

いちおうこれにて赤穂線も無事踏破となったわけですが、最後バタバタやったし、何より肝心の儀式がまだです。
ここ備前福河駅には、また改めて「残務整理」に訪れることになるかと思います(v.v)



<本日(2016/07/31(日)の実績>
・本日の実績   :22,484歩(18.0km)
・2016年7月の実績:205,701歩(164.6km)
・2016年の実績  :1,554,835歩(1,243.9km)

・訪問済路線数  :106路線/137路線(77.4%)
・訪問済駅数   :1,121駅/1,689駅(66.4%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 備前福河 鷏和村

JR西日本・赤穂線(その11)

○天和(てんわ)駅(兵庫県赤穂市)

播州赤穂駅の駅ビルの中で空の様子を確認してますと・・・やはり、予想通りのゲリラ雷雨!(-_-;
20160731-048.jpg

ただ、(これも過去の経験から)小一時間も続かないと思ってたんで、駅ビル内で遅めのお昼を取り、しばらく駅周辺をブラブラします。


筆者の予測通り、1時間弱で雨は上がり!(^o^)/
再び、沿線歩きに出発します。
20160731-050.jpg

いやーそれにしても、それまでのカンカン照り&アスファルトの照り返しが強烈やったんがウソのように、メッチャ涼やかな空気!
少々時間はロスしましたが、ゲリラ雷雨のおかげでより快適に歩けるようになったかもしれません。


やがて沿道には高い建物もめっきり減って、思っきり田園風景が広がります!
雲行きは相変わらず怪しいんですが、それでも青々と広がる田んぼの稲と、その中を吹き抜ける風の心地よさがええ感じです(^^)
20160731-052.jpg

かくして、大きな道をひたすらテクテクと進みますが、実は筆者が歩いてる道(国道250号線)は、はりまシーサイドロードって別名もあるそうなんです。
・・・とはいえ、これまでいっこも海見てへんし!(-_-;
20160731-055.jpg


そんなボヤキ?を胸に秘めながら歩くことしばし。
ようやく、次の天和駅に到着します(v.v)。
20160731-058.jpg

屋根と側壁だけがある、何ともシンプルな駅舎!
当然無人駅ですし、駅の周りにもお店などはまったくありません。
ここで一息つきながら、GPS情報や電車のダイヤを確認します。


(「JR西日本・赤穂線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 天和 はりまシーサイドロード

JR西日本・赤穂線(その10)

赤穂城址を後にし、通常の鉄道沿線歩きに移るべく、再び播州赤穂駅に向かいます(v.v)

途中、このようなコミュニティバス?の停留所も目にしますが・・・この辺は「いかにも関西!」というところでしょうかA(^^;
20160731-040.jpg


さらに、先ほどもちょっと書きましたが、江戸時代から近代的な上水道が整備されていた街だけあって、このような史跡も見かけます。
20160731-041.jpg

その傍らには、こんな説明ボードも。
へぇー、その昔は赤穂で作った塩を、前回筆者が通ってきた千種川を遡り、さらに陸路⇒水路で日本海側まで運んではったんですね!(@_@)
20160731-043.jpg

かの上杉謙信と武田信玄の逸話にもあるように、「塩」って歴史のポイントでちょこちょこ出てくる単語。
今では「高血圧の元凶!」と忌み嫌われてますが・・・四方海に囲まれてる日本で、ここまで大変な思いをしてまで塩を運んでいたなんて、当時の人たちにとって「塩」がどんだけ重要な物資やったかというのを垣間見るええ機会になりました。


さて、引き続き播州赤穂駅に向かってますと、ぼちぼち空模様が怪しくなってきます(-_-)
すごく遠くで雷鳴も聞こえるし、何より(これまでの経験上)雲の色がそこそこ危ないと感じたんで、早々に駅にたどり着いて空の様子を伺います(v.v)
20160731-044.jpg


(「JR西日本・赤穂線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 上水道 播州赤穂

JR西日本・赤穂線(その9)

赤穂城の城壁に囲まれた中を引き続きブラブラします(v.v)

いやー、それにしてもとにかく敷地が広い!(@_@)
Wikipediaにも記載がありましたが、確かに地方のそこそこの石高の藩で、こんだけのだだっ広いお城築くのはちょっと無謀かもしれません(-_-)
おかげで、天守閣も構築できない状態で、ほどなく財政難に陥ったそうですが・・・

ともあれ、もともと天守台があったエリアに向かいます。
20160731-026.jpg

たまたま、天守台近くの櫓が一般公開されてるタイミングやったんでそこから見渡してみますが、ホンマに広大な敷地の中に建物の跡だけが残されている状況で。
それでも、なかなかの広さの施設やったことが分かります。
20160731-028.jpg


一通り天守台付近を見物した後、同じく城内にある大石赤穂神社を訪れます。
参道には、ずらっと赤穂四十七士の石像が飾られてます!
20160731-032.jpg20160731-033.jpg

まー確かに、山門前に飾られてる看板にある「大願成就」はその通りなんですが、四十七士の方はその後ほどなく切腹されましたからねぇ・・・(-_-)
いわば命がけで果たされたことをベースに、それを「大願成就」のご利益にしてええものか、少々疑問は残ります。


例によって境内内の撮影は遠慮させていただきますが、神社の建物に加え、討ち入りの際に用いていた衣装や道具など貴重な資料を展示した宝物館もなかなか興味深いものがあります。

あと、境内には大石内蔵助藩の屋敷跡も残されてまして。
そういや、行きしなに見かけたのがお屋敷の「門」で、こちらはご自宅の庭から入ることになります。
やっぱり、立派なお屋敷ですねぇ・・・
20160731-036.jpg

建物内には、当時の生活を表現したマネキンが展示されていて、当時の様子をうかがい知ることもできるんですが・・・それより目を見張ったのがお庭!
20160731-034.jpg

一通り散策させていただきましたが、何とも絶妙に配置された庭木や石!
何とも心がなごみます(v.v)

大石赤穂神社に立ち寄られた際には、こちらの庭園もぜひ拝観されるとええと思います。



(「JR西日本・赤穂線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 大石赤穂神社 四十七士 大石内蔵助 大願成就

JR西日本・赤穂線(その8)

駅から歩くこと約10分余り。
史跡「赤穂城跡」に到着します。
20160731-018.jpg

休日だからか、大手門の前には観光客の団体さんが大勢。
傍らの広場で一服しながらガイドさんの話を伺ってると、城壁などは昭和になって立て直したらしいのですが、石垣は300年前の江戸時代のものをそのまま使ってるとのこと!(@_@)
20160731-019.jpg

筆者もこれまで数多くのお城、城跡などを廻ってきて、ええ加減分かるようになってきたんですがA(^^;
確かに、石垣自体はけっこう古いものみたいですが、石の積み方が非常に緻密!
下手に石垣をよじ登れないよう、個々の石を削って継ぎ目もほとんどなくしてあるので、おそらく江戸時代以降のものなんでしょうか。


大手門をくぐり、クネクネ曲がった道を進みます。
江戸時代のような天下泰平の世になって作られたお城の割に、敵が攻め込んできたときの対策も万全のようです。
そういや、上の写真にある大手門の脇にも、無数の狭間(はざま:鉄砲や矢を射るための穴)が設置されてますね。

やがて見えてきたのが、「忠臣蔵」の主人公の一人でもある大石内蔵助はんのお屋敷の跡。
20160731-023.jpg

説明ボードによると、1つ8畳ほどの部屋が長屋のように連なって1つのお屋敷になっていたようですね。


ふとお屋敷の左手に目を移すと、同じく城内に設置されている赤穂市立歴史博物館の建物が見えます。
いやー、何とも雰囲気たっぷりの建物やないですか!
20160731-025.jpg

残念ながら館内は撮影禁止なんですが、赤穂四十七士の史料に加え、やはりご当地名産のに関する展示品も豊富!
当時の製造法を再現したパノラマ、使っていた道具、塩を四国などまで運んでいた船の模型etc.は興味深いものあるし、
「おお、『鉄腕Dash』でやってた塩の作り方って、ここ赤穂の作り方やったんや!(@_@)」
などという新しい発見?もあって、なかなか楽しめました(v.v)


(「JR西日本・赤穂線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 赤穂城 鉄腕DASH 大石内蔵助

JR西日本・赤穂線(その7)

ここのところ、夏らしいメッチャええお天気が続いてるここ近畿地方です!(^o^)/
緊急入院⇒退院から3週間、普段もちょこちょこ歩いてるおかげで体力も回復しつつありまして、かくいう今日も久しぶりに遠征に出かけます。

今日歩くのは、春先に訪れてそこそこええ線まで行ったJR西日本・赤穂線
前回は時間切れで、せっかく歴史ある赤穂の街をブラブラすることができなかったんですが、今回はそれに加えて、昨年年末以来の近畿エリア脱出!がかかってまして。
少々気合い入れて、やや早い時間から出かけます(v.v)


○播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)[近畿の百駅 選定駅]

お昼過ぎ、今年春以来の播州赤穂駅に降り立ちます。
いやー、それにしてもメチャメチャええお天気やないですか!(^o^)/
20160731-004.jpg20160731-003.jpg

駅周辺は前回そこそこブラブラしたんで、今回は時間切れで巡れなかった赤穂の史跡を巡るべく、駅前の通りを南に進みます(v.v)


そこそこ拓けた駅前の商店街、いろんな種類のお店があるんですが、ふと傍らに見かけたのが備前焼のお店。
へぇー、やっぱりここまでくれば、さすがに近畿よりも備前(岡山)の影響を受けるんですねぇ・・・
20160731-006.jpg

更に駅前の通りを進むと、いきなり道路のど真ん中に現れたのが、このモニュメント!(@_@;
めっちゃ勢いよく水が噴き出てますが、何もこんな道路のど真ん中に噴水作らなくてもねぇ・・・A(-.-;
20160731-007.jpg

・・・と、後から分かったことなんですが、ここ赤穂の街は、江戸時代から上水道の整備が非常に進んでいた街。
この後歴史資料館などを訪れても十分わかったんですが、ここはまさにその頃の名残らしいですね!


さらに通りを進み、赤穂城跡も近づいてくると、このように街並みも歴史を感じるたたずまいになってきます(^^)
20160731-013.jpg



(「JR西日本・赤穂線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 上水道 備前焼 赤穂城跡