プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【関連記事】「お薬手帳」断る動きに、薬局は

こんばんは、筆者です(v.v)

実のところ、生まれて初めて1か月近くにわたる投薬療法&スポーツ専用のインソールを導入するなどの対処療法が功を奏して、足の具合もほぼほぼ元通りになってきております!(^o^)
薬を抜いて約数日、まあぼちぼち来週くらいからは、リハビリも兼ねてあちこち出かけようかと思っておりますが。


そんな中、こんな記事を見かけました。
「「お薬手帳」断る動きに、薬局は」
http://news.goo.ne.jp/topstories/life/337/8359936d335c442259bbfe283cf744fd.html

実際に処方箋薬局利用された方はご存知かと思いますが、アレルギーや服用しているサプリ等、現在の健康状態を事細かに問診して、その結果最終的に処方する薬を判断されてます。

仮に2週間に一度薬を処方してもらうとして、「お薬手帳」を断っても月にセーブできる金額はたかだか約\40。
1ヶ月たかだか\40で、自分の健康に関するところを専門家に診てもらえるなんて、安いもんじゃないですか!
いざ病気になったら、それこそ数千~数万円レベルでお金が飛ぶわけやし。


どうもTwitterで拡散されてる情報みたいですが、極めて近視眼的な見解という印象は否めません。
個人の健康管理をはじめとして、何事にも「対処療法」よりも「予防」の方が、圧倒的に(個人の懐にも国にも)経済的やというのを、分かってないんでしょうか?!

スマホのパケ代etc.もっとどうでもいいところでセーブできるお金は、多々あるように思うのですが。


スポンサーサイト

タグ:お薬手帳 処方箋薬局 投薬治療 節約

【関連記事】ほしのあき「30万円」で詐欺サイト広告塔

(asahi.comより)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201212130012.html


こんばんは、筆者です(v.v)

ここのところデフレ傾向が著しい中で、ネットオークションなどでほしい商品を格安に手に入れたいという要求は、かなり高くなっていることと思います(v.v)

ただ、モノやサービスの価格には、それを生み出すための労働費用や運搬コスト、営業費用(販売管理費)などが上乗せされているのが当然で、割引率99%なんで極端な商品やサービスが流れていること自体、思いっきり疑ってしかるべきでしょう!(-_-)
逆に付加価値があってこそ、まんべんなくいろんな業界が潤い、果ては日本全体の「景気」がよくなるわけでして。


この記事にしても、そもそも中古品でもジャンク品でもないのに、新品の空気清浄機が千円ちょっとで買えるなど、あるわけないじゃないですか!(>_<)
正直、ブログに記事載せる前に、少しは「おかしい」と思えよ!ってことですね・・・(-_-;

それをほぼノーチェックでスルーし、全世界からアクセスできるネットに掲載したところが、いかにも芸能人の金銭感覚の異常さ or 世間知らず度合いがすごくよく分かる一件だったと思います。


こうした「芸能人が勧めるから」etc.は、よくある悪質なマーケティング手法の一環。
ネット上の広告バナーでも「誰それが○kg痩せた!」なんてよく見かけますし、芸能人のブログ見たらそりゃもう、こんなののオンパレードで!(-_-;

そんな中で私ら一般消費者も、ネットの普及で相当「賢く」なったわけですから、こういったホンマに「小手先の」悪質なマーケティング手法に騙されないよう、もっと自らの頭で考え・判断して、自分の大切なおカネを使うべきでしょう!



続きを読む

タグ:ほしのあき ステマ

【関連記事】AKB48で復興応援国債PR

(gooニュースより)
http://news.goo.ne.jp/photo/jiji/business/jiji-0013618322.html


こんにちは、筆者です(v.v)

えー、このブログをずっと読まれてる方は薄々お気づきかと思いますが・・・
実のところ、筆者は大の「アンチAKB」!

といって、別にミーハー趣味で云々というわけではありません。
音楽大好きの筆者にとっては、ここ数年実力も能力も適性もミジンもないこいつらのせいで、実力のある若手ミュージシャンがなかなか日の目を見なかったり、チャートも思い切りかき乱されてきた様を、非常に苦々しく思ってました(-_-;

おかげで、J-Popはじめ日本発の音楽は、すっかり焼け野原状態になってしまいましたしね!
試しに、今年2012年の「ヒット曲」って、何か思い浮かびますか???
正直、何も思い浮かばない方がほとんどやと思うんですが・・・それほどまでに日本の音楽界を落ちぶれさせた最大の原因は、ひとえにこいつらの存在やろうと思っています(-_-;


まー、なかなかこれまで大っぴらに叩く機会がなかったのですが、ようやくここで名指しで批判できる、絶好の機会が訪れましたー!(^o^)

だいたい、人気も全然ない頃から「国民的アイドル」なんてマスゴミは吹聴してましたが、私ら興味も何もない一般の日本国民にとって、奴らの「ヒット曲」って、何が思い浮かびます?
正直、2、3曲も分からないのが正直なところではないでしょうか?

今や小学生でさえ「古い!」「ダサい!」なんて言ってるくらいだし、ミナミにあるAKBショップも、辺りには修学旅行生がたくさん来ている割に閑古鳥が鳴いてる始末。

すごくハッキリ言わせていただくと、所詮はテレビやスポーツ新聞などの「マスゴミ」が思い切りねつ造した人気であって、一部の熱狂的ファンがそれに乗っかって、いい気になってただけなんですよね!
断じて言いますが、これまで一度たりとも、「国民的」だったことなどないでしょう。

まあ最近は、最大のスポンサーやったオタクどもの資金繰りも苦しくなり、思い切り人気凋落傾向のようですし(^w^;、ようやく「健全でまっとうな感性」を持った状態に戻りつつあるのかと思い、一安心なんですけどね!


で、ようやく本題ですA(^^;

「復興国債」はこれまでも発行されてきましたが・・・
それが実際にどう使われてきたかは、皆さんがニュースなどでよく耳にされてる通り!(>_<)

そういった実態がバレバレやのに、今さらこれを買う人なんているんでしょうか?
東北の人たちのために応援したつもりが、訳の分からない箱モノの建設や修復に使われるのに・・・

そういったええ加減なインチキ金融商品のPRを、これまた虚飾にまみれた自称「アイドルグループ」に依頼するというのも、いかにも財務省のセンスの悪さ&バカさ加減がうかがえますねー(^w^;;;


というわけで、賢明な方はこういったインチキ金融商品に手を出されないよう、くれぐれもご注意をお願いしますm(_ _)m

本当に東北の人たちを応援したいんやったら、しかるべき組織に直接寄付するのが確実ですし、何より現地を訪れて、現地の今の様子を体感し、何がしかの形でお金を落とすのが最大の「復興」の手助けやろうと思いますよ!


【追記】
折しも今日の同じgooニュースの中で、宇多田ヒカルがネット配信だけでチャート1位を獲得したという情報が流れていました。
よかった、やっと「健全でまっとうな感性」が取り戻されてきた証拠でしょうか(v.v)
http://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/entertainment/p-et-tp0-121118-0006.html



かの国に投資し続ける理由

こんばんは、筆者です(v.v)

このブログ、政治や国際問題、宗教といった「ややこしい問題」にはあくまで中立の立場でスルーするのが初志でして、今後もそれは継続していきたいと思っているんですが・・・

今日は是非とも書かせてください!(>_<)


尖閣列島国有化をめぐり、中国国内で大規模なデモが発生し、挙げ句に日本資本のスーパーが襲撃されて略奪が起こったり、工場が放火されるなど、日本企業に甚大な被害が及んだとのこと。

そこまでされてるのに、何で日本企業はかの国に投資し続けるんでしょうか?
他にも、ベトナムやマレーシアなど、友好的によりよいビジネスのパートナーシップを築ける国は多々あるのに!
卵が先か鶏が先かの問題になるんですが、別に各国が投資しなければ、正直あそこまでの経済発展は成し遂げられなかっただろうと思うのですが。

GDPでは既に世界第二位になったそうですが、ニュースの内容を見ていたらとてもそれだけの「器」を持っているとは思えません。
アフリカの最貧国で起こる暴動や内戦レベルのことを、自称「大国」が感情論に駆られてやってるなんて、恥ずかしくないんでしょうか?


筆者も十年以上前から「中国株」や「中国に対する投資」に関して多々質問を受けてきましたが、一貫して答えていたのは
「中央の意向でコロコロ経済対策とか変わる国やし、カントリーリスクがべらぼうに高いから、絶対に中~長期投資はやめなはれ!」
というものでした。

かくいう筆者自身も、(日本円はとっくに見放してるけど)海外投資するにあたって、中国だけは絶対に投資先に選びませんでした。
今回の事態を受けて、私の判断がものすごく正しかったということが、改めて証明されたかと思います。


これだけのリスクを背負ってまで、かの国に投資し続ける理由は、いったい何なんでしょうか?
筆者の仕事でも経験ありますが、結局は「安かろう・悪かろう」をいまだ引きずってるし、人件費もかなり高くなってきて、正直ビジネスとしてペイするのは難しくなっていると聞きます。

しかも、人口が多くて経済活動が活発だから・・・という理由で投資したはいいものの、株価は思い切り右肩下がり、不動産のバブルもはじけて供給が1年分以上もだぶついて・・・と、誰が見ても明らかに下落傾向にあるのに、かの国に固執する意味がまったく分かりません。


テレビでは、評論家などが「中国脅威論」などを語っていますが、正直、筆者は(今のところは)全然そうは思っていません。
今回のような事態は、おそらく今後も多々発生するでしょうし、そういったリスクを回避するために、各国の企業が投資活動を撤退すればそれですべて終わりです。

かつ、謙虚さや向上心などミジンもなく、人の作ったものをパクリまくって、ただいたずらに己のことばかりを主張する国に、未来などあるはずもないと。
日本がここまで経済成長できた背景には、日本国民の勤勉さと実直さがあったわけですからね!

GDPの急成長にしても、ここのところは空母作ったり潜水艦作ったり・・・という軍需産業で賄っているのが実情のようで、しかも専門家によると、その空母や潜水艦も実用には堪えないガラクタばかりだというではありませんか。
筆者は飛行機マニアなので、航空自衛隊や海上自衛隊の装備や実力などもそこそこ分かっているつもりですが、最悪尖閣諸島でかの国と海戦になったとしても、自衛隊が十分圧勝できるだけの能力を持っているだろうと分析しています。


ともあれ、政府が今後どう動くかは分かりませんが、少なくとも私ら一般庶民は、努めて冷静な対応を取るべきでしょう。
そうでないと、ドサクサまぎれに略奪や暴行行ったり、挙げ句には建物に放火したりetc.・・・という、かの国の野蛮な人たちと同レベルに成り下がってしまいますからね!




【関連記事】一時払い終身保険に、トラブル急増!

こんばんは、筆者です。

筆者のFPの大先輩である荻原博子さん、今やさまざまなメディアで見かけますが、ホンマに基本に忠実に、毎度的確なおカネのアドバイスをされている姿を拝見しては、そのたびに感心していますm(_ _)m

今回たまたま筆者が見かけた記事は、そんな中でも特に問題になりがちな「一時払〇〇保険」という保険商品に関して。
http://www.asahi.com/business/topics/ogiwara/TKY201208280425.html?ref=reca


よく保険会社の営業担当から
「将来への貯蓄だと思って・・・」
なんてセールストークで勧められることのある
・一時払養老保険
・一時払終身保険
・定期付終身保険
・(確定給付型の)個人年金保険

ですが、正直筆者はまったくお勧めしません!

そんなお金があるんだったら、掛け捨ての安い保険に入って、余ったお金を投資に使うなり、ローンを返済するなり・・・といった使い方した方が、はるかに有意義です。
(いろんな保険商品をセールスしている当の保険外交員の方も、そういった入り方している方が多いようですね)


既にご存知の方も多いと思いますが、上で書いたような貯蓄性のある保険商品であっても、例えば営業担当者の給料や宣伝広告費etc.といった付加保険料(≒必要経費)がもれなく上乗せされています。
そのため、契約から間もない時期で解約すると、運用の実績よりも付加保険料の方が大きくなって、下手をすると元本割れになってしまう・・・ということなんです(-_-;

特に最近は超低金利時代が長く続いているため、正直これらの商品の魅力はほとんどありません
むしろ、掛け捨ての安い保険に加入して、余ったお金を住宅ローンの返済などに充てたり、外貨や堅実な実績を挙げてる投資信託等に投資した方が、将来に得られるものは大きいだろうと思います。

ちなみに、1990年代以前に上記の保険商品を買われた方は例外でして、今からはとても想像できない高い利率での運用が前提となっているため、よほどのことがない限りは解約はお勧めしません
(いわゆる「お宝契約」ですね)


・・・まったくの余談ですが、そう考えると各生命保険会社が流してるCMなどにも、おのずと厳しい目が向けられてしかるべきかと(v.v)

例えば、筆者が「お宝契約」(個人年金保険)を持ってる某大手保険会社などは、何を血迷ったか
「石○遼のような生命保険!」
なんて、まったく意味不明のキャッチフレーズでCM垂れ流してたことがありましたが・・・

一契約者としては
「そんな金あるんやったら、1円でも保険料安うせんかい!!!(>o<)」
という気になりましたねーA(-.-;



【関連記事】レコーディング&「見える化」!(>_<)

こんばんは、筆者です(v.v)

ここのところ、ようやく時間的な余裕もできてきました・・・
そんな中でコメントさせていただくのは、今週に入って急展開を遂げている、いわゆる「ソーシャルゲーム」について。


筆者も、確かに若かりし頃、「ドラクエ」シリーズなどには一時期かなりハマっておりました。

ただ、最近耳にするのは
「親の携帯を使って、月額数十万円の請求があった中学生」
とか
「ホストゲームにはまって、百数十万円を支払った主婦」
など、とてもとても尋常ではないお金の使い方!A(-_-;

この状態になると、ほとんど「ギャンブル依存症」の状態ですよね!
こうしたごくごく一部の「直情的な」ユーザーのおかげで、ホンマに連日飽きるほどのTVCMを打てたり、果ては野球球団を持ててるんでしょうが・・・
めちゃめちゃストレートに言わせていただくと、
「結果的に自分に1円の実入りもないのに、いったい何をお金と時間の無駄遣いしてんの?!A(-_-;」
ってのが、FPとしての正直な感想でして。

以前もちょっと苦言を呈させていただいたんですが・・・なんぼ仮想空間の世界で活躍したって、しょせんそれは仮想空間の「絵空事」であり、幼い子供がやる「おままごと」の一種。
現実世界に何一つ良い影響を与えてない以上、単に自らが直面している現実から逃れたいためだけのことなのかと。


かつてゲーム(と言っても、ハードゲームやから消費金額はたかだか1,2万円程度)にハマった筆者としては、この手の「ソーシャルゲーム」にハマってる方に対しては、是非とも下記の対応をお勧めします!
1)あなたがこれまで「ゲーム」に使った金額(課金、パケ代)含めて、累計でいくらになったでしょうか?
2)あなたがこれまで「ゲーム」に費やした時間は、累計で何時間だったでしょうか?
3)あなたがこれまで費やしたお金や時間で何ができたか、ネットで調べてみましょう!


さらに付け加えると、
4)あなたがこれまで「ゲーム」に使ったお金 or 時間で、東日本大震災で苦しんでいる東北の方々を何名助けることができたか、ネットで調べてみましょう!
ってのはどうでしょうか?
この上もない、極上の社会科の教材やと思います。

ダイエットでもそうですが、日々見えなくなりがちな数値をあえて「見える化」することで、改めてわかってくる本質もあることと思いますよ!(v.v)



【関連記事】( ^^)v

こんばんは、筆者です(v.v)

1年半ほど前に筆者が問題提起した「高度先進医療」を担保する保険商品・特約の「売り方」に関する件で、さすがに金融庁が実態調査に乗り出していた事実を知りました。
それにしても、ちょっと対応遅すぎるんちゃう?!(>_<)

この記事に書いてある「高額療養費制度」については、ネットでもずいぶん情報が伝えられているし、生命保険会社の中でもきちんとその情報を伝えて、その差額分を保障することをうたった保険商品も出てきていますが・・・
まだまだ認知度は低かったんですね(-_-)


念のため「高額療養費制度」についておさらいすると、月単位で一医療機関での医療費がある一定額を超えた場合、超えた分の医療費を還付してもらえるという制度のことです。
(年齢や収入により、敷居となる金額は変わります)

例えば、平均年収程度のサラリーマンの場合だと
(10割相当医療費-267,000円)×1%+80,100円
が自己負担の限度額になります。
仮に医療費が50万円かかったとしても、最高82,430円/月しか収めなくていいんです。

しかも、従来は診療がひと通り終わった後、医療機関が発行する領収書を持参して市役所などでの手続きが必要だったようですが、(筆者は経験ありませんが)医療機関によっては手続き次第で、あらかじめ還付額を差し引いた金額のみを納めればいいケースもあるようです。
ということは、裏を返せば、生命保険の「入院医療費」「通院医療費」も、最低上で書いた限度額を基準に決めればいいことになりますよね!

こういった事実を(恐らくは)知っていながら、いまだに人々の不安を煽っては高額の生命保険契約を勧めている営業がいてるんですね・・・


あと「高度先進医療」については・・・ほぼ筆者が以前書いたとおりなんですが、一つ付け加えると
「必ずしも、『高度先進医療』のすべてが高額なのではない」
ということ。
過去の記事で上げたデータでも、数百万円かかる高度先進医療を受けた方は、年間2千名弱(日本国民の約0.002%)にしか過ぎないということを付け加えておきます(v.v)



【関連記事】「おままごと」もほどほどに!(v.v)

こんばんは、筆者です(v.v)
久々に関西に戻ってきたかと思ったら、滝のような雷雨に遭遇するし、「時代祭」で混み合う京都市内でもみくちゃになったり・・・とグダグダな1日を過ごしてしまいましたが・・・


そんな中、ネット新聞で見かけたのがこの記事。
主催者のサイバーエージェント殿には大変申し訳ないのですが、十分に「起こるべくして起こった事象」でしょう(v.v)

最近、やたらとテレビCMかけてはいますが、所詮は仮想空間での「おままごと」
ええ年こいた大の大人が、仮想空間での「おままごと」に没頭している様を海外の人が見たら、いったいどう思うんでしょうね?!

筆者に言わせれば、単なる「現実逃避のツール」としか思えないんですがね・・・(-_-)


一昔前であれば、他の大人がこういった行動を注意したり、「更正」させる仕組みが働いていたものなのでしょうが、そういったコミュニティーの活動も薄れてきたし・・・で、なかなかそうも行かなくなってるんでしょうか。

あ、ちなみに、全国版のテレビCM打つには数千万円のコストがかかるそうですが、そのコストがどこから出ているか?
・・・賢明な方なら、もうお分かりですよね!


asahi.com 2011/10/22付け記事より
http://www.asahi.com/national/update/1019/NGY201110190029.html

アメーバピグ、小中生の不正アクセス相次ぐ 8人摘発

インターネット上で人気の会員制交流サイト「アメーバピグ」で、未成年による不正アクセスが相次いでいる。愛知県警は今年、不正アクセス禁止法違反の疑いで小中学生8人を摘発。放置すればネット犯罪の低年齢化を招くとして、県警は19日、サイトを運営する「サイバーエージェント」(東京都)に、未成年向けの対策を講じるよう要請したと発表した。

 発表によると、8人はサイバーエージェントのサーバーに、アメーバピグの他の会員のパスワードを使って不正にアクセスした疑いがあり、今年2月から9月にかけ書類送検されたり、児童相談所に通告されたりした。アメーバピグ内で、他人のキャラクターを勝手に操るなどしていた。

 県警によると、8人はサイト内で会話ができる機能で「通貨を増やしてあげる」と別の会員に持ちかけるなどして、パスワードを聞き出していたという。

 キャラクターを操れるようになると、もとの会員が操作できないようにパスワードを変えていたという。書類送検された中学2年生の少女は、「服や部屋が豪華な他人のキャラクターになりすましたら、サイト内でほめられてうれしかった」と県警に話したという。被害にあった利用者も、6人中5人が18歳未満だった。

 同サイトをめぐっては、福井県警も2月、小学4年生(当時)の少女を同法違反容疑で補導した。愛知県警の捜査幹部は「摘発されるまで、犯罪という認識を持っていない子供が多い。放置すれば、将来のネット利用者のモラルに大きな悪影響を及ぼす可能性がある」と指摘する。

 県警は、未成年者がサイトを利用する場合の保護者の同意を厳しく確認することや、パスワード管理の重要性を未成年の利用者に知らせることを、文書で同社に求めた。さらに、愛知県と名古屋市の教育委員会には、ネット上のモラルに関する指導に力を入れるよう呼びかけた。

 同社は「会話内容の監視を強化するなどの対策を検討する」としている。(久保田一道)




家計簿のススメd(-.-)

こんばんは、筆者です(v.v)

大家さんのFC2殿で募集されているトラバテーマ、今回は
「レシート、もらってますか?」
ですが・・・言うまでもなく、筆者はくまなくもらっております!(^^)v

レシートをもらうという行為、特に若い女の子に言わせれば、「セコい」とか「ケチ臭い」という意見も多いようですよね(-_-;
ただ、(筆者も若い頃経験ありますが)だいたいそういった人に限って、給料日直前のキャッシュフローのやりくりに四苦八苦しているパターンが多いようです。


筆者は15年以上前から、自作の家計簿ソフトで家計簿をつけている関係上レシートは必ずもらってて、毎度内容を反映しています。
おかげで、若い頃によくあった
「知らず知らずのうちに、お金がなくなっていた・・・(T_T)」
なんて悲劇には、とんと縁のない生活をしております(v.v)


よくあるパターンは、日々は気にならない金額の買い物のつもりでいたけれど、それが1ヶ月や1年に換算したらべらぼうな金額を浪費していた!というケース。
おやつや自販機で買うジュース、タバコなどがいい例でしょう。

1日単位で考えたら大した金額ではないですが、きちんと家計簿つけて「大枠で」お金の出入りを冷静に見てみると、無駄なお金の使い方がハッキリと分かります。
そういった、どうでもいいところにお金をジャブジャブ「捨てて」いくよりも、自己投資や趣味など、自分の為に有益にお金を「使いこなせた」方が絶対いいじゃないですか!(^^)

そういったメリハリのあるお金の使い方をするためにも、是非ともレシートはもらい、家計簿をつけて「生きた」お金の使い方をされますよう!(^o^)/




「第四の被災」を防ぐために

こんばんは、筆者です(v.v)

筆者は、ネットで様々な新聞や雑誌の記事を読むことがほとんどで、各地で入学式・入社式の「自粛」が相次いでいることは知っていましたが・・・
下記にご紹介している記事を読むまで、まさか「損失の穴埋めに会社を解雇」なんて酷い事が行われていたとは、まったく知りませんでした!(>_<)

普段であれば
「そんな、ちんまい(=器の小さい)社長の会社なんて、早めに辞められた分ラッキーやん!」
とでも言いたいところですが、状況が状況なだけに死活問題ですよね・・・
今の状況が一段落ついたら、必ずやこういった「暴挙」は、日本全国から激しい非難で迎えられるものと信じています。


さて、ここ関西にいても「自粛」の波がひたひたと漂っている感じを強く受けます。
特に、大阪の春の風物詩「造幣局の桜の通り抜け」も、今年はライトアップを避けるために17時で終了するとのこと。
関西はほとんど震災の影響を受けていないのに、何で?

例年であれば、仕事帰りのサラリーマンやOLがぶらりと立ち寄り、脇にある大川河川敷でビールやイカ焼きを片手に夜桜を楽しむ光景も見られるイベント。
そこには電車賃を払って会場まで向かい、夜店でビールやアテ(=おつまみ)を買い、中には帰り道に飲み屋で一杯というおとーさんたちもいたはずです。
(注:通りぬけの会場内は飲食禁止です)

長引く不景気の中、曲がりなりにもそうやって回ってきたお金の流れを、寄りにもよってお国の機関が締め付ける(しかも「造幣局」が!)とは、一体どういう了見なんでしょうか?!(>_<)
夜店の人たちや、近隣の飲食店の人たちがどれだけ影響を受けるか、分かっているのでしょうか?

下記にご紹介している記事中でも書かれていますが、被災地及び計画停電や放射能汚染の影響がほとんどない関西では、もはや「自粛」=「単なる自己満足」
むしろ、これまでそれなりに回っていたお金の流れを、被災者でない人間の「自己満足」のために止めることになるわけで、かえって被災地の復興を遅らせることになるし、まったく関係の無い人たちの生活をも脅かす「第四の被災」になりかねません。


「桜の通り抜け」は、しょせん事なかれ主義のお役所の仕事だから、なんぼこんなところで騒いでも変りようがないでしょうが・・・

せめて民間が主催する、この夏の「淀川花火大会」などは、例年以上に派手にやって欲しい!
その代わりに、被災者の方々を会場に無料で招待するなど「粋」を見せてほしい!

日本全国で、四季おりおりのイベントさえも楽しめなくなっている「沈んだ日本」の姿を見せるよりは、被災地の方々もずっと喜ばれると思います。




~関連記事~

○日経ビジネスOnLine:
「消費の自粛」に負けない人々
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110406/219332/?P=1

○ダイヤモンドOnLine:
過剰な「自粛」は正しいのか?マーケティングのプロが被災地復興のためにできること
http://diamond.jp/articles/-/11656



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。