プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀州鉄道・紀州鉄道線(その2)

○市役所前駅(和歌山県御坊市)
○学門駅(和歌山県御坊市)
○紀伊御坊駅(和歌山県御坊市)


引き続き住宅街が続く中を、紀州鉄道の沿線を進みます(v.v)
折しも、先ほど見かけた電車が動いていくところではありませんか!
20140727-023.jpg

電車が通り過ぎた後がこんな感じなんですが、どうもこの紀州鉄道、各駅ともこういった「停留所」風の駅が多いのではないかと。
20140727-024.jpg


住宅街の中をさまよい歩きながら沿線を進んでおりますと、いきなり本格的な鉄道の駅舎になってる紀伊御坊駅
ぱっと見、最初はどっかの公民館かと思いましたよ!A(^^;
20140727-026.jpg

駅舎の中は自由に立ち入れるようになっていて、ふと中を覗いてみると、おそらく昔使われていただろう行先案内板や、紀州電鉄のグッズ。
・・・正直、近畿エリアで「紀州電鉄」「?」となる人が圧倒的大多数(⇒失礼!)。
はたして、どれだけの方が購入されるのかは、はなはだ疑問ではありますが・・・
20140727-027.jpg

と、ホームの方を見やると、創業80周年というステッカーが!
結構古くからある路線やったんですね・・・
20140727-028.jpg

駅周辺をブラブラした後、引き続き沿線歩きの旅に戻りますが、ふと気づくと、ホームの傍らに古い電車が残されているではありませんか!
20140727-029.jpg

うーん、さすがに乗車券も持たずホームに入る勇気はなかったんで、近影を撮影できなかったんだけが残念です・・・


(「紀州鉄道・紀州鉄道線(その3)」に続く)


スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:紀州鉄道 市役所前 紀伊御坊

紀州鉄道・紀州鉄道線(その1)

○西御坊駅(和歌山県御坊市)

・・・と、交差点を左に曲がればまもなくJR西日本・御坊駅に到着というところにさしかかりますが、あえて筆者は国道を直進。
途中、こんな標識も見かけたりしますが・・・紀伊田辺36kmはまだいいとして、この和歌山ルートの最終目的地である新宮までは、あと154kmも歩かねばなりませんか!(T_T)
20140727-012.jpg

とはいえ、先に進むしか解決のすべはないので、引き続き先に進みます。
沿道で見かけた看板に、
「コテコテの和歌山やのに、何で『江戸っ子』やねん!」
などと、細かいツッコミをはさみながらA(^^;
20140727-013.jpg


JR御坊駅の交差点から20分ほど歩いたところで、住宅街の真ん中にいきなり電車の姿が現れます!
をを、ようやくお目当てのスポット、紀州鉄道・西御坊駅に到着したようです!(^^)
20140727-016.jpg

この紀州鉄道、JR西日本・御坊駅から海近の西御坊駅までを結ぶ全長2.7kmの短い路線で、そもそもは御坊駅と御坊市の市街地をつなぐために、民間の出資によって敷かれた鉄道のようです。

ただ、ローカル線の運命か災害や利用者減に見舞われ、路線も当初からだいぶ短くなってしまったようです(-_-)
今や東京にある会社の傘下に入り、ホテル・リゾートなど手広く商売されてるみたいですねー

筆者がたどり着いた西御坊駅の正面に回り込んでみますが・・・黒を基調とした何ともシックな駅舎に、手書きの駅看板がなかなかシブい雰囲気を醸し出しています。
20140727-018.jpg

ただ残念なのは、駅舎入口は常に開放状態。
おかげで、入り口付近にはクモの巣が張っている状態でしてA(-.-;

うーん、いくらなんでも、もうちょっと駅舎の手入れをした方がいいんじゃないでしょうか?

加えて、駅舎から路線の方を一望して、さらにビックリ!
住宅のすぐ真裏を路線が走っているとは!(@_@)
20140727-019.jpg

筆者もあちこち路線見てきましたが、線路とその脇の民家とがこれほど密接している路線は、おそらく初めてやと思います・・・


(「紀州鉄道・紀州鉄道線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:紀州鉄道 西御坊

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。