プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

JR西日本・赤穂線(その14・残務整理編)

二回目の岡山入りを果たしたところで、筆者は1ヶ所気になるスポットがあるので、さっそくそちらに向かいます。
20160910-019.jpg

それは県境から3分ほど。
県境にある札幌ラーメンのお店「どさん子大将」はん。
20160910-013.jpg

何せ、GoogleMapで赤穂線のルートを予習するたびに、いやがおうにも目につきます!A(^^;
なかなか斬新なPR手段?ですが、せっかく近くまで来たんで立ち寄ります。



店はお母さんが一人でやりくりしてはりまして、やはり「どさん子」と言えばの味噌ラーメンを注文します。
しばらくして、出てきたのがこちら。
20160910-015.jpg

おお、なかなかのボリューム!
この鉄道沿線歩きの旅でグルメ系スポットはすんごく久しぶりですがA(^^;、十分堪能させていただきました(v.v)

あと余談ながら、
「兵庫と岡山の県境にあるお店で見られるテレビって、関西 or 中国どっちなん?(?_?)」
という筆者の秘めたる?疑問にも、ハッキリ白黒つきました。
⇒思っきり岡山のテレビが映ってました。


さて、一通り今日の目標を達成できたところで、再び備前福河駅に戻ります。
とはいえ、1時間に1本しかない電車が、つい先ほど出たばかり。

どうやって次の時間までを潰そうかと思い、駅近くの集落の中をブラブラしてみます。
いやーそれにしても、道端にはすでに落ちた栗のイガが転がってます。
もうそんな季節になったんですねぇ・・・
20160910-020.jpg

他にも、民家の軒先にある柿の木にはもうたわわな実が実ってたり、早くも秋らしい景色が広がってます。
一通り駅の周りをブラブラしたところで、まだ次の電車まで40分近くありますが、一体どうしましょう・・・
20160910-021.jpg


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 備前福河 岡山 県境 青春18きっぷ 日生 カキオコ

JR西日本・赤穂線(その13・残務整理編)

久しぶりにせっかくええお天気になった週末にもかかわらず、午前中は神戸・三宮でお仕事となった筆者(T_T)
ふと気づくと、夏の「青春18きっぷ」の最終日やのに、丸々1回分残ってるやないですか・・・

まー今までで十分元は取ってるんですが、仕事とはいえ半ドンなんで、残り1回分を有効活用したいと思いいろいろ考えたところ・・・
そういえば、割と近いところで「残務整理」が残ってました!

というわけで、三宮から出かけたのは、今年の初夏以来のJR西日本・赤穂線
そう、いちおう全線踏破は完了しているんですが、例の「儀式」が終わってませんで。
しかも、この夏はそのような路線が3つもできてしまっているため、可能なうちに1個でも潰しておきたいと思い、さっそく出かけます(v.v)


○備前福河駅(兵庫県赤穂市)

前回はホンマにバタバタしてやり過ごした(⇒失礼!)備前福河駅に降り立ちます(v.v)
20160910-005.jpg

改めて駅周辺を見渡したところで、駅前に人影もほとんどなく、何とも寂しい雰囲気。
駅の周りもこんな感じで、一面の田園風景が広がっております。
20160910-006.jpg20160910-003.jpg


例によって、駅周辺には特に書くべきネタもなかったので、さっそく前回遠目で見かけた県境への峠道に向かいます。
20160910-008.jpg

山間の景色が続く中、このような緩やかな坂道が延々続いております(-_-;
ちょっと前の筆者やったら、汗だくでヒーヒー言いながら歩いてたところでしょうが・・・ここんち完全禁煙が続いてるせいか、さほど汗もかかず、息切れもほとんどなく歩けます!

駅から歩くこと約15分、その時は訪れました!
昨年年末以来の、岡山との県境越え!(^o^)/
20160910-010.jpg



(「JR西日本・赤穂線(その14・残務整理編)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 備前福河 岡山 県境 青春18きっぷ 禁煙 近畿脱出

JR西日本・赤穂線(その12)

○備前福河駅(兵庫県赤穂市)

天和駅を後にする頃には、すっかり日差しも戻り、また汗ばむ暑さが戻ってきます(-_-)
と、道端で見かけた地名標識には「鷏和」という何とも難しい地名。
20160731-059.jpg

Wikipediaによれば、真木村と鳥撫村が合併して鷏和村となったという、何ともユニークなお話ですねぇ!(^^)

ただし、そのような経緯で作られた地名で漢字も難しいため、駅名をはじめとしてシンプルな字に置き換えてはるみたいですね。


引き続き国道250号線を西に進みますが、緩やかな坂道を登っていくと・・・何と峠道。
沿道の景色も、とうとうこんななってしまいます。
何とも、えらいとこまで来てしまいました・・・(-_-)
20160731-068.jpg

こんな木々と草が生い茂った山の中ではあるものの、道の傍らにはこんないかつい施設も見かけます。
何かを運び出すためのベルトコンベアのようにも思えるんですが・・・いろいろ見まわしたところでもその正体はわかりませんでした・・・
20160731-066.jpg

後ほど調べたところでも、とうとうその正体はわからず(-_-)
GoogleMapにも載ってるのに、一体何なんでしょうねぇ???


しばらくして一転峠道を下ると、ぼちぼち民家も現れてきます。
国道から若干脇に入ったところに、次の備前福河駅があるはずなんですが・・・
20160731-069.jpg

ふと後ろを振り返ると、再びの峠道!
ここから岡山県の県境までは15分程度で行けることは予習してましたが、またちょっと手こずりそうですねぇ・・・ (-_-;
20160731-070.jpg

駅舎がなかなかわからずにいると、彼方から電車の音が聞こえてきます。
まさか、一時間に1本しかない大阪方面行きの電車が来たとか?!(@_@)

現在時刻は17時33分。
電車までに余裕があれば、昨年末以来の「近畿脱出」の儀式?もできるんでしょうが、これ逃したら次は19時近くまで電車がありません。
慌ててGPSを調べなおし、列車に間に合うよう小走りして、ようやくたどり着いたのが次の備前福河駅
赤穂線の近畿エリアでの最後の駅ですねー。
20160731-071.jpg

いちおうこれにて赤穂線も無事踏破となったわけですが、最後バタバタやったし、何より肝心の儀式がまだです。
ここ備前福河駅には、また改めて「残務整理」に訪れることになるかと思います(v.v)



<本日(2016/07/31(日)の実績>
・本日の実績   :22,484歩(18.0km)
・2016年7月の実績:205,701歩(164.6km)
・2016年の実績  :1,554,835歩(1,243.9km)

・訪問済路線数  :106路線/137路線(77.4%)
・訪問済駅数   :1,121駅/1,689駅(66.4%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 備前福河 鷏和村

JR西日本・赤穂線(その11)

○天和(てんわ)駅(兵庫県赤穂市)

播州赤穂駅の駅ビルの中で空の様子を確認してますと・・・やはり、予想通りのゲリラ雷雨!(-_-;
20160731-048.jpg

ただ、(これも過去の経験から)小一時間も続かないと思ってたんで、駅ビル内で遅めのお昼を取り、しばらく駅周辺をブラブラします。


筆者の予測通り、1時間弱で雨は上がり!(^o^)/
再び、沿線歩きに出発します。
20160731-050.jpg

いやーそれにしても、それまでのカンカン照り&アスファルトの照り返しが強烈やったんがウソのように、メッチャ涼やかな空気!
少々時間はロスしましたが、ゲリラ雷雨のおかげでより快適に歩けるようになったかもしれません。


やがて沿道には高い建物もめっきり減って、思っきり田園風景が広がります!
雲行きは相変わらず怪しいんですが、それでも青々と広がる田んぼの稲と、その中を吹き抜ける風の心地よさがええ感じです(^^)
20160731-052.jpg

かくして、大きな道をひたすらテクテクと進みますが、実は筆者が歩いてる道(国道250号線)は、はりまシーサイドロードって別名もあるそうなんです。
・・・とはいえ、これまでいっこも海見てへんし!(-_-;
20160731-055.jpg


そんなボヤキ?を胸に秘めながら歩くことしばし。
ようやく、次の天和駅に到着します(v.v)。
20160731-058.jpg

屋根と側壁だけがある、何ともシンプルな駅舎!
当然無人駅ですし、駅の周りにもお店などはまったくありません。
ここで一息つきながら、GPS情報や電車のダイヤを確認します。


(「JR西日本・赤穂線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 天和 はりまシーサイドロード

JR西日本・赤穂線(その10)

赤穂城址を後にし、通常の鉄道沿線歩きに移るべく、再び播州赤穂駅に向かいます(v.v)

途中、このようなコミュニティバス?の停留所も目にしますが・・・この辺は「いかにも関西!」というところでしょうかA(^^;
20160731-040.jpg


さらに、先ほどもちょっと書きましたが、江戸時代から近代的な上水道が整備されていた街だけあって、このような史跡も見かけます。
20160731-041.jpg

その傍らには、こんな説明ボードも。
へぇー、その昔は赤穂で作った塩を、前回筆者が通ってきた千種川を遡り、さらに陸路⇒水路で日本海側まで運んではったんですね!(@_@)
20160731-043.jpg

かの上杉謙信と武田信玄の逸話にもあるように、「塩」って歴史のポイントでちょこちょこ出てくる単語。
今では「高血圧の元凶!」と忌み嫌われてますが・・・四方海に囲まれてる日本で、ここまで大変な思いをしてまで塩を運んでいたなんて、当時の人たちにとって「塩」がどんだけ重要な物資やったかというのを垣間見るええ機会になりました。


さて、引き続き播州赤穂駅に向かってますと、ぼちぼち空模様が怪しくなってきます(-_-)
すごく遠くで雷鳴も聞こえるし、何より(これまでの経験上)雲の色がそこそこ危ないと感じたんで、早々に駅にたどり着いて空の様子を伺います(v.v)
20160731-044.jpg


(「JR西日本・赤穂線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 上水道 播州赤穂

JR西日本・赤穂線(その9)

赤穂城の城壁に囲まれた中を引き続きブラブラします(v.v)

いやー、それにしてもとにかく敷地が広い!(@_@)
Wikipediaにも記載がありましたが、確かに地方のそこそこの石高の藩で、こんだけのだだっ広いお城築くのはちょっと無謀かもしれません(-_-)
おかげで、天守閣も構築できない状態で、ほどなく財政難に陥ったそうですが・・・

ともあれ、もともと天守台があったエリアに向かいます。
20160731-026.jpg

たまたま、天守台近くの櫓が一般公開されてるタイミングやったんでそこから見渡してみますが、ホンマに広大な敷地の中に建物の跡だけが残されている状況で。
それでも、なかなかの広さの施設やったことが分かります。
20160731-028.jpg


一通り天守台付近を見物した後、同じく城内にある大石赤穂神社を訪れます。
参道には、ずらっと赤穂四十七士の石像が飾られてます!
20160731-032.jpg20160731-033.jpg

まー確かに、山門前に飾られてる看板にある「大願成就」はその通りなんですが、四十七士の方はその後ほどなく切腹されましたからねぇ・・・(-_-)
いわば命がけで果たされたことをベースに、それを「大願成就」のご利益にしてええものか、少々疑問は残ります。


例によって境内内の撮影は遠慮させていただきますが、神社の建物に加え、討ち入りの際に用いていた衣装や道具など貴重な資料を展示した宝物館もなかなか興味深いものがあります。

あと、境内には大石内蔵助藩の屋敷跡も残されてまして。
そういや、行きしなに見かけたのがお屋敷の「門」で、こちらはご自宅の庭から入ることになります。
やっぱり、立派なお屋敷ですねぇ・・・
20160731-036.jpg

建物内には、当時の生活を表現したマネキンが展示されていて、当時の様子をうかがい知ることもできるんですが・・・それより目を見張ったのがお庭!
20160731-034.jpg

一通り散策させていただきましたが、何とも絶妙に配置された庭木や石!
何とも心がなごみます(v.v)

大石赤穂神社に立ち寄られた際には、こちらの庭園もぜひ拝観されるとええと思います。



(「JR西日本・赤穂線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 大石赤穂神社 四十七士 大石内蔵助 大願成就

JR西日本・赤穂線(その8)

駅から歩くこと約10分余り。
史跡「赤穂城跡」に到着します。
20160731-018.jpg

休日だからか、大手門の前には観光客の団体さんが大勢。
傍らの広場で一服しながらガイドさんの話を伺ってると、城壁などは昭和になって立て直したらしいのですが、石垣は300年前の江戸時代のものをそのまま使ってるとのこと!(@_@)
20160731-019.jpg

筆者もこれまで数多くのお城、城跡などを廻ってきて、ええ加減分かるようになってきたんですがA(^^;
確かに、石垣自体はけっこう古いものみたいですが、石の積み方が非常に緻密!
下手に石垣をよじ登れないよう、個々の石を削って継ぎ目もほとんどなくしてあるので、おそらく江戸時代以降のものなんでしょうか。


大手門をくぐり、クネクネ曲がった道を進みます。
江戸時代のような天下泰平の世になって作られたお城の割に、敵が攻め込んできたときの対策も万全のようです。
そういや、上の写真にある大手門の脇にも、無数の狭間(はざま:鉄砲や矢を射るための穴)が設置されてますね。

やがて見えてきたのが、「忠臣蔵」の主人公の一人でもある大石内蔵助はんのお屋敷の跡。
20160731-023.jpg

説明ボードによると、1つ8畳ほどの部屋が長屋のように連なって1つのお屋敷になっていたようですね。


ふとお屋敷の左手に目を移すと、同じく城内に設置されている赤穂市立歴史博物館の建物が見えます。
いやー、何とも雰囲気たっぷりの建物やないですか!
20160731-025.jpg

残念ながら館内は撮影禁止なんですが、赤穂四十七士の史料に加え、やはりご当地名産のに関する展示品も豊富!
当時の製造法を再現したパノラマ、使っていた道具、塩を四国などまで運んでいた船の模型etc.は興味深いものあるし、
「おお、『鉄腕Dash』でやってた塩の作り方って、ここ赤穂の作り方やったんや!(@_@)」
などという新しい発見?もあって、なかなか楽しめました(v.v)


(「JR西日本・赤穂線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 赤穂城 鉄腕DASH 大石内蔵助

JR西日本・赤穂線(その7)

ここのところ、夏らしいメッチャええお天気が続いてるここ近畿地方です!(^o^)/
緊急入院⇒退院から3週間、普段もちょこちょこ歩いてるおかげで体力も回復しつつありまして、かくいう今日も久しぶりに遠征に出かけます。

今日歩くのは、春先に訪れてそこそこええ線まで行ったJR西日本・赤穂線
前回は時間切れで、せっかく歴史ある赤穂の街をブラブラすることができなかったんですが、今回はそれに加えて、昨年年末以来の近畿エリア脱出!がかかってまして。
少々気合い入れて、やや早い時間から出かけます(v.v)


○播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)[近畿の百駅 選定駅]

お昼過ぎ、今年春以来の播州赤穂駅に降り立ちます。
いやー、それにしてもメチャメチャええお天気やないですか!(^o^)/
20160731-004.jpg20160731-003.jpg

駅周辺は前回そこそこブラブラしたんで、今回は時間切れで巡れなかった赤穂の史跡を巡るべく、駅前の通りを南に進みます(v.v)


そこそこ拓けた駅前の商店街、いろんな種類のお店があるんですが、ふと傍らに見かけたのが備前焼のお店。
へぇー、やっぱりここまでくれば、さすがに近畿よりも備前(岡山)の影響を受けるんですねぇ・・・
20160731-006.jpg

更に駅前の通りを進むと、いきなり道路のど真ん中に現れたのが、このモニュメント!(@_@;
めっちゃ勢いよく水が噴き出てますが、何もこんな道路のど真ん中に噴水作らなくてもねぇ・・・A(-.-;
20160731-007.jpg

・・・と、後から分かったことなんですが、ここ赤穂の街は、江戸時代から上水道の整備が非常に進んでいた街。
この後歴史資料館などを訪れても十分わかったんですが、ここはまさにその頃の名残らしいですね!


さらに通りを進み、赤穂城跡も近づいてくると、このように街並みも歴史を感じるたたずまいになってきます(^^)
20160731-013.jpg



(「JR西日本・赤穂線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 上水道 備前焼 赤穂城跡

JR西日本・赤穂線(その6)

○播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)「近畿の百駅」 選定駅

坂越駅の周辺は、どうも現在道路工事などの真っ最中みたいで、このように作りかけの道も見かけます。
20160331-021.jpg

まー地図通り進んでるより、こちらを進めば若干近道できるので、足元は悪いながらもあえてこちらのルートを進みます(v.v)


やがて次の播州赤穂駅の駅前通りに差し掛かりますが、沿道に植えてある桜の木が特徴的です。
全体的に6、7分咲きといったところで、まさに今週末が楽しみですねー(^^)
20160331-022.jpg

やがて、次の播州赤穂駅に到着です。
ホンマは、16時くらいの早い時間に到着して、赤穂城などご当地の名所・旧跡をブラブラしようと思ってたんですが、やはりあの峠道で想定以上に時間とられたのが痛かった・・・(x_x;
20160331-027.jpg

まあ、次の大阪行新快速まで少々時間があるので、駅の周りをブラブラしてみます。

駅のコンコースを進んでますと、壁面に赤穂四十七士の姿を写したプレートが埋め込まれてます。
20160331-028.jpg

筆者も、さすがに(名前だけは)数名くらいは分かるんですが・・・それでも、こうやって改めて見てみると、けっこうな人数になるんですね!(@_@)

そういや5年前、東京・品川駅近辺(泉岳寺)をブラブラしてるときに赤穂四十七士のお墓を見かけ、お参りしたのと同時に
「近畿の鉄道沿線歩きを途中で投げ出したりせず、少なくとも『播州赤穂駅』へは必ず到着します!(>_<)」
という「誓い」?をたてたのを思い出しました。

多少時間はかかったものの、これで今は亡き赤穂四十七士の方々との「約束」は無事果たせましたね(v.v)

残念ながら、駅周辺ではこれと言って書くべきネタが見つからなかったのが残念ですが、駅南口ではまさに、大石内蔵助はんの銅像が、赤穂の町を見守ってはりました。
20160331-031.jpg



<本日(2016/03/31(木)の実績>
・本日の実績   :21,685歩(17.3km)
・2016年3月の実績:285,550歩(228.4km)
・2016年の実績  :728,477歩(582.8km)

・訪問済路線数  :105路線/137路線(76.6%)
・訪問済駅数   :1,114駅/1,689駅(66.0%)

※JR西日本・摩耶駅と東姫路駅の新設に伴い、駅数が増えています(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 赤穂浪士 四十七士 大石内蔵助

JR西日本・赤穂線(その5)

○坂越(さこし)駅(兵庫県赤穂市)

これまでも辺りの山すそや道端でちょこちょこ見かけましたが、もう桜も満開ですやん!(^^)
今週末は珍しく天気よさそうなんで、どこへ出かけようか楽しみが膨らみます♪
20160331-014.jpg

一通り峠を下りきったところで、昨年末にJR西日本・山陽本線沿線を歩いた際にも遭遇した千種川が現れます。
なるほど、ということはもう近畿圏のそこそこ西の端に来てるんですね・・・
20160331-015.jpg

ただ、ここで1つ問題が。
筆者が携帯のGPSで確認してる道路と、実際に目の前に広がってる道路が違う!(@_@;
しかも、あるはずのない橋が架かってたり・・・と、しばし頭が混乱します・・・
20160331-016.jpg

やっとわかったのは、この辺りまさに今月、道路整備や橋を架ける工事をしてはったということ。
なるほど、GPSの地図が現状に追いつけてなかったんですね・・・


ようやく一安心して、住宅街の中を進むことしばし。
次の坂越駅に到着します。
20160331-019.jpg

何とも小ぢんまりとした雰囲気の駅で、駅の周りにも個人商店がまばらにあるくらい。
駅前で一休みしたところで、駅前の大通りを進むと・・・おお、もう準備万端ですやん!(^o^)
20160331-018.jpg

沿道の桜はまだ3分咲きといったところですが、木々の間に提灯が吊るされ、ようやく花も開き始め・・・ってこのくらいのタイミングでの「ワクワク感」も、また楽しいですよねぇ~


(「JR西日本・赤穂線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 坂越 千種川