プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

南海電鉄・汐見橋線(その3)

○芦原町駅(大阪府大阪市浪速区)
○木津川駅(大阪府大阪市西成区)

沿線から少々離れてしまったので、とりあえず沿線に戻ります(v.v)
汐見橋駅からしばし、辺りには個人の卸問屋などが広がる中で、沿線はこのように金網に囲まれた中を進んでまして、何とも殺風景な光景が続きます・・・

やがて、周りに住宅地も広がった中に突如として現れるのが、次の芦原町駅
コテコテの大阪市内、しかも難波から直線距離で10kmと離れてない場所やのに、いきなりの無人駅です!(@_@;
20131109-018.jpg20131109-019.jpg

まあ、何かあれば汐見橋駅からすぐに駆けつけることはできるし、少々奥まったところにある駅なんで経費削減etc.を考えればこの方が効率いいんでしょうが・・・それにしても、大阪市内でまさかの無人駅があったとは!
新しい発見でございました・・・


引き続き沿線をテクテク進みますが、それこそ延々住宅街が続いていて、ネタになるようなポイントは何も見つけられず(T_T)
そうこうしているうち、雑草が生い茂る入り組んだ道の奥に、何やらホームのようなものが・・・(@_@)
20131109-020.jpg

ところどころ錆びついて、何ともうら淋しい雰囲気を漂わせている施設ですが、まさか廃駅?!
表に回り込んでみると、これが次の駅である木津川駅(無人駅)。
いちおう券売機も自動改札機も稼働しているし、利用されてる方のものと思われる自転車も停めてあったりと、今のところ現役で使われてるようです・・・
20131109-022.jpg

それにしても、確かに大阪市内にありながら超マイナーな路線ではありますが、電車の運行間隔(ほぼ1時間に1本)や駅の設備は、これまで筆者が歩いてきた本線などとはえらい違いで・・・
もうちょっと、何とかならないもんですかねぇ(-_-)


(「南海電鉄・汐見橋線(その4)」に続く)

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 汐見橋 木津川 芦原町 無人駅

南海電鉄・汐見橋線(その2)

筆者が寄り道したのは、大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線大正駅。
思えば、この鉄道沿線歩きシリーズのごくごく初期に訪れた沿線なんですが、少々駅から離れたところは全然紹介できてませんでm(_ _)m

とはいえ、大阪市の計画では大正駅からさらに西側に掘り進み、(大阪近辺の方ならご存知でしょうが)「IKEA鶴浜」がある鶴町方面まで延伸する予定もあるとのこと。
昨今の大阪市の財政状況で、果たしていつ実現するやらわかりませんがA(^^;、少なくともそれまでは、何とか歩きでカバーせんとあかんと思いまして。


それはさておき、汐見橋駅から徒歩15分ほど。
距離的には全然「沿線」とはいえないA(^^;大正区役所の前に到着します。
20131109-010.jpg

今日は何やらイベントが催されているようでして、前の通りものぼりがたくさん並んでいますし、人通りもいつもよりも若干多め。


そんな中をかいくぐり、筆者が向かったのはこちら(v.v)
大阪市内のそこそこ拓けた街中に出没するのが、この昭和山という小高い山!(丘?)
20131109-012.jpg

実際に中に踏み入れてみると、けっこう本格的に緑が広がっているし、ところどころ野鳥の声が聞こえたりして、とても大阪市内とは思えない、そこそこ本格的な自然を目にします。
20131109-013.jpg

そもそもこの昭和山、大阪万博や、その前後で行われた地下鉄工事で出た土砂を積み重ねて作った人口の山なんだそうでd(-.-)
いわば、今の大阪繁栄の「影のシンボル」ともいえる存在なんですねー。

緩やかな坂道を登り約5分ほど、頂上に到達します(v.v)
20131109-014.jpg

やや沈みがちの太陽の下、眼下に広がる大阪北港の様子がなんとも壮大で、しばし見入ってしまいました・・・



(「南海電鉄・汐見橋線(その3)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 汐見橋 昭和山 大正区 北港

南海電鉄・汐見橋線(その1)

すっかり秋も深まり、街歩きしてても汗まみれになることも少なくなったこの頃。
台風続きだったこれまでの週末とは打って変わり、今日はそこそこのお天気となったんですが、関西では紅葉を眺めに行くにもちと早いし、日も短いので遠征も難しいし・・・で、何とも中途半端な時期でもあります(-_-)

そんな今日歩くのは、JR西日本・神戸線沿線以来約1年半ぶりくらいの大阪市内の路線である南海電鉄・汐見橋線
筆者と同じ大阪市民でもご存知ない方が多いと思われる、けっこうマイナーな路線です(v.v)

ただ、路線自体は小一時間もあれば踏破できる距離なのでA(^^;、周辺のエリアも含めて久々の大阪市内を満喫したいと思っております。


○汐見橋駅(大阪府大阪市浪速区)
(阪神電鉄・なんば線、尾坂市営地下鉄・千日前線 桜川駅 乗換駅)

阪神・なんば線の駅を降り立つと、もうすぐそこには始発駅である汐見橋駅が。
場所的にはなんばの西側からちょっと離れたところやし、特に人が集まるスポットが近くにあるわけでもないんで、相当地味な場所ではあります(⇒失礼!)。
20131109-002.jpg20131109-003.jpg

ところでこの汐見橋駅、知る人ぞ知る貴重な資料が眠っているスポットなんです。
それがこれ。
20131109-004.jpg

かなり痛みが激しいんですが、昭和30年ころの南海電鉄の路線図だそうです。
そういや、かく言う筆者も南海線はけっこう踏破してるので、懐かしさを覚えながらもじっくりと眺めてしまいます・・・
20131109-005.jpg

それにしても、筆者であっても十分歴史的な価値を感じる資料にもかかわらず、真ん中からいきなり破れたり・・・と、保存状態が著しく悪いですよね!(>_<)
南海電鉄はんのIR情報を見る限りでは、けっこうええ感じで業績回復してはるようですんで、そろそろこういった細かいところにもお金を使っては?というのを提言したいと思います(v,v)


さて、汐見橋駅周辺の光景を写メに収めたところで、いきなりの寄り道ですA(^^;;
(今現在の)南海・汐見橋線の沿線を歩いててもネタがないのは予習して十分わかってたんで、少々沿線から外れた大正区のほうに歩みを進めます。

それにしても、約4年ぶりに見る京セラドーム大阪周辺の光景ではありますが、筆者が前回歩いた時よりも、めっちゃ周りにぎやかになってますやん!(@_@;
20131109-007.jpg


(「南海電鉄・汐見橋線(その2)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 汐見橋 京セラドーム大阪 昔の路線図