プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

聖蹟桜まつり(その3)

いろは坂を後にして、再び駅前に戻ります(v.v)

途中、沿道にこのような立て看板も見かけるんですが・・・
3/31の時点でこんだけ満開になってんのに、4/5にお祭りやるって、タイミングかなり微妙ちゃいますか???>商店街の方(-_-;
20150331-025.jpg

それはさておき、いつも昼休みや休日にブラブラしてるエリアだけに新鮮味はほとんどないんですがA(^^;、それでも職場の周りに桜の花が咲き乱れている光景は、昼休みなどになかなかええ息抜きになります(^^)
20150331-034.jpg

駅前周辺でも、こんな感じでけっこう大きい木があったりして、地元の人たちが大切に育ててはる様が分かります。
いやーそれにしても、なかなか絶妙のタイミングでの街ブラで、よかったよかった(v.v)
20150331-001.jpg


タグ:京王電鉄 聖蹟桜ヶ丘 いろは坂

聖蹟桜まつり(その2)

駅前から10分ほど歩き、いろは坂の登り口付近をブラブラしてみます。
この辺り一面の住宅街なんですが、それでもこの桜並木は見事ですねー
20150331-019.jpg

このあたりの山の手の地名が「桜ヶ丘」
筆者がここに来たばかりのときに、ちょっと気になって調べたんですが、昔からこの辺りは桜の名所であったと同時に、明治天皇の猟場があったところだそうで。
天皇が行幸なされた土地の意味である「聖蹟」という言葉を合わせた駅名のようですね。
20150331-020.jpg

沿道の桜の木も、確かに年季の入った大きい木も多くて、中にはこのように立派な枝ぶりのものも見かけます。
20150331-021.jpg

しばらく住宅街をブラブラした後、「耳をすませば」にも登場した「いろは坂」を登って、丘の中腹にある公園にたどり着きます。
さほど広い公園ではないのですが、それでも一面の桜が咲き乱れて、何とも素晴らしい光景が広がっております!(^o^)
20150331-026.jpg20150331-027.jpg

花びらもほとんど散っておらず、なかなかええタイミングで来れたんやないでしょうか?!


(「聖蹟桜まつり(その3)」に続く)


タグ:京王電鉄 聖蹟桜ヶ丘 ジブリアニメ 耳をすませば いろは坂

聖蹟桜まつり(その1)

こんにちは、筆者です(v.v)

早いもんで、東京西部での仮住まい&仕事もやがて半年。
いつもの長期出張より少々長めになってますが、その分住んでる町への愛着も湧いてきて、それはそれで楽しいんですけどね!

と、そんな筆者が仮住まいしている京王電鉄・聖蹟桜ヶ丘駅は、その名の通り桜の名所としても有名なところ。
(あいにく筆者は大阪に帰ってますが(-_-))この週末には、商店街を挙げての桜まつりも開催されるとのことで、日に日に駅周辺の雰囲気が盛り上がってきております!


駅の西側改札を出て、山の手に向かう「さくら通り」と呼ばれる通りがあります。
以前にも書いたように、ジブリアニメ「耳をすませば」でもよく登場するルートのようです(筆者は見たことないんですがA(^^;)。
20150331-033.jpg

さくら通りを山の手に向かい進みますが、いやーそれにしても、沿道の桜並木の見事なこと!
「まつり」なんで提灯も必要なんかもしれませんが、少々野暮ったさも感じるのは筆者だけでしょうか・・・A(^^;
20150331-032.jpg20150331-031.jpg

この通りを通勤で何十回と通ってきた筆者にとっては、アングル的には通りの半ばくらいから駅方向を振り返るのがベストかと思っております(v.v)
20150331-017.jpg

それにしても、ここんち春先特有の優柔不断 or 中途半端なお天気が続いてましたが、幸い今日は抜けるような青空も広がり、桜の花もまた一段と映えますねぇ!!(^o^)


(「聖蹟桜まつり(その2)」に続く)


タグ:京王電鉄 聖蹟桜ヶ丘 ジブリアニメ 耳をすませば さくら通り

まつだ桜まつり(その2)

駅前からぎゅうぎゅう詰めのバスに揺られること約10分(x_x;
ようやく会場である西平畑公園に到着します。

それにしても、バスを降りるなりいきなりこの絶景ですかー
これまで電車で通ってきた小田原市が一望です!
20150308-004.jpg

ここの桜の品種、早咲きで有名な河津桜というらしく、もともとは静岡県伊豆周辺で楽しめる品種とのこと。
普段見かけるソメイヨシノよりも、若干花の色が濃いようです。
20150308-005.jpg


まずは一通り公園内をブラブラしてみますが、まーいきなり春らしい光景が広がります!(^o^)
それにしても、桜と菜の花と組み合わせって、意外になかなかないですよねー
20150308-006.jpg20150308-010.jpg

公園内でも若干の高低差があって、高いところに登れば足元に桜が広がる、何とも絶景を体験することができます。
20150308-009.jpg

いやー、それにしても久しぶりにお天気のええ週末になったうえ、テレビなどでPRされていた影響か、都心からはそこそこの距離があるのになかなかの人でです!(@_@)
20150308-016.jpg


(「まつだ桜まつり(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 まつだ桜まつり 国府津駅 御殿場線 河津桜

まつだ桜まつり(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

東京への長期出張がたび重なってくると、さすがに東京近郊のたいがいの場所には足を運んでいまして(-_-)
逆に週末、どこに行っていいものやら迷う日々が続いていたんですが、ふとある日のテレビを見ていて
「現在『まつだ桜まつり』というイベントをやっていて、富士山と早咲きの桜が同時に楽しめる!」
という情報を入手しました。

そういや何回も東京に来てる割には、(昨年秋の紅葉もそうでしたが)東京で桜を楽しんたことがない筆者。
若干お天気が芳しくないのが気がかりですが、何せ「青春18きっぷ」の期間のため、あまり躊躇もなく出かけますA(^^;


と、いざ出かけて30分もたたないうちに、筆者が東京で「青春18きっぷ」を利用するには、けっこうハードルが高いことが判明。
JR東日本・川崎駅で東海道本線に乗り換えるんですが、ここまで要した時間が約50分!(T_T)
20150308-001.jpg

川崎駅から、実は筆者初体験となる東海道本線の列車(緑とオレンジのやつ)に乗ること約1時間。
目的の松田駅への乗換駅となる国府津駅に到着して電車を待ってますと、やってきたのは・・・
20150308-002.jpg

オレンジ色のラインの列車って、最近どっかで見たと思ったら・・・やはりJR東海はんの列車!
ええっ、そんな遠くまで来た覚えないんやけど・・・(@_@)

後で分かったことですが、この国府津駅含めしばらくはJR東日本はんの管轄なんですが、ここから乗り換える御殿場線というローカル路線だけは、JR東海はんの管轄とのこと。
何とも不思議な感覚を抱きながら、御殿場行きの電車に乗り込みます。


各駅停車・単線の電車に揺られること約15分、目的地の松田駅に到着です。
いやー、もう駅のホームからめっちゃ見えてますやん!(^^)
20150308-003.jpg


(「まつだ桜まつり(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 まつだ桜まつり 国府津駅 御殿場線 河津桜

京王電鉄・京王線(その12)

筆者も、後ほど調べるまで知りませんでしたが、これ「高札(こうさつ)」と呼ばれる、江戸時代にお上からの「おふれ」を掲示する場所の跡とのこと。
20150125-031.jpg

へぇー、筆者も歴史深い近畿の街をたいがい歩き倒してますが、さすが本場・江戸やった場所。
なかなか関西では見られない、貴重な史跡を見させていただきました(v.v)


引き続き旧甲州街道を進んでますと、左手に見えたゲームセンターのエントランスにはこのようなオブジェ!
おおー、さすが府中競馬場のある街ですなー
20150125-032.jpg

やがて、次の府中駅駅前の大通りが見えてきますが、休日やから何やらイベントやってはる模様。
せっかくなんで、ちょっと覗いてみたいと思います(v.v)
20150125-033.jpg

新撰組・土方歳三はんが近くの日野市出身ということで、新撰組の衣装をまとった出演者やスタッフが往来する中見かけたんが、このキャラクター。
20150125-035.jpg

・・・その後、ネットなどで周辺の市区町村含めマスコットキャラクターをつぶさに調べましたが、このキャラクターが何者であるかは分かりませんでした・・・(-_-)
これ、一体何者やったんでしょう???(?_?)


引き続き府中駅前の大通りをブラブラしますが、ふと気づくと何とも見事なケヤキの木の並木!
20150125-037.jpg

更に沿道を歩き進めると・・・やはり天然記念物(馬場大門欅並木)でしたか!
20150125-038.jpg

筆者の個人的な経験から言いうと、ケヤキって成長は早いけど、落ち葉が多いし虫もよーつくし・・・で、メチャメチャ手入れ大変なんですよね!(-_-;
そんなケヤキを、ここまで長いこと立派に育てはった地元の方々の熱意は素晴らしいものがあります。


(「京王電鉄・京王線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 府中 馬場大門欅並木 天然記念物 高札 新撰組

京王電鉄・京王線(その11)

○府中駅(東京都府中市)

分倍河原駅を後にし、旧甲州街道を西に進みます。
それにしても、この辺り「○○街道」という通りが多すぎて、だんだん混乱してきた感が・・・A(-.-;
20150125-024.jpg

やがて沿線には、室町時代の足利尊氏が再興したといわれる高安寺が見えてきます。
筆者もこの辺りでお寺さんはあまり見かけたことがないんで、ちょっと訪れてみます。
20150125-025.jpg

例によって境内での建物の撮影は遠慮させていただきましたが、筆者が心奪われたのはこの大きなクスノキ!
旧甲州街道からもチラチラ見えてはいましたが、樹齢もけっこう行ってるようですね。
20150125-026.jpg20150125-027.jpg


さて、再び沿線歩きに戻ります(v.v)
引き続き甲州街道を東に進んでいますと、高層住宅や店舗の中にいきなりこんな施設?が現れます。
えっ、これ何???(?_?)
20150125-029.jpg


(「京王電鉄・京王線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 府中 高安寺 クスノキ 旧甲州街道

京王電鉄・京王線(その10)

引き続き沿線を歩いていますと、何やら鉄道の高架線が見えてきます。
・・・という前に、思い切り路線名が書かれているんで、何の路線かを迷うまでもありませんがA(^^;
20150125-018.jpg

少々道を回り込んで、ようやく次の分倍河原駅に到着します。
このブログを書き始める前、約6年前にJR東日本・南武線沿線を歩いた時以来ですねー
20150125-019.jpg

当時、筆者が来たことがなかった駅南東部をブラブラしてみます。
駅前には、先ほど筆者が見かけた史跡にゆかりのある新田義貞はんの銅像が立っておりますねー
20150125-021.jpg

再度駅の周りもブラブラしてみますが、特にブログに取り上げるべきネタも見つからず(-_-)
仕方ないので、旧甲州街道と呼ばれる道を東に進みます。
20150125-024.jpg

それにしても、関東ってやたら「~街道」って多くありません?(-_-)


(「京王電鉄・京王線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 分倍河原 新田義貞 旧甲州街道

京王電鉄・京王線(その9)

○分倍河原(ぶばいがわら)駅(東京都府中市)
(JR東日本・南武線 分倍河原駅 乗換駅)

中河原駅周辺をしばらくブラブラしてみますが、ホンマに駅前という感じのお店ばかり。
確かに、地元で生活されている方はその方が全然いいんですが、ブログ書きにとってはネタに困ることこの上なく・・・(T_T)
20150125-008.jpg

仕方がないので、わき道にそれて引き続き沿線を進みます(v.v)
と、いきなり沿線には、このような旗をちらほら見かけます。
をを、日本代表にも選出された武藤嘉紀選手などを擁するサッカーチーム、FC東京はんを応援するフラッグですねー
20150125-009.jpg

そういや、ここ府中を含めホームグランドがある調布、三鷹など、西東京の広域にわたってチームを後押ししてはるらしく。
大阪は、どうしても2チームあるせいでファンが分かれてしまうんで、こんだけ広いエリアの人たちから支援されてると心強いですよね!


引き続き進んでおりますと、右手にこのような案内板を見かけます。
「分倍河原古戦場」?!
20150125-013.jpg

わき道に少しばかり入ったところで、分倍河原の戦いの碑が立っています。
20150125-015.jpg

あいにく筆者は全然知らなかったのですが、鎌倉時代の1333年に北条泰家と新田義貞との間で行われた戦いの場所がここやったそうですね。
調べたところでは、この戦いによって反幕府軍の勢いが強まり、一気に討幕への流れに傾いたとのこと。

日ごろ近畿エリアをブラブラしてる筆者にとっては、なかなか関東の、しかもこれだけ歴史上重要な史跡に出会うことは少ないわけで、なかなか興味深く拝見させていただいた次第です(v.v)


(「京王電鉄・京王線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 分倍河原 武藤嘉紀 FC東京 古戦場 北条泰家 新田義貞

京王電鉄・京王線(その8)

2015年に入り、(例によって比叡山への初詣は行きましたが)会社行事やらカゼによる体調不良などの諸事情により、全然遠歩きできなかった筆者。
おかげで、通勤時間の短さも重なり、少々体もダブつき気味になってきております・・・(-_-)

久しぶりに東京で過ごす週末、がんばって体を軽くすべく、関東での沿線初歩きに向かいます。

今日歩くのは、一番お手頃?な京王電鉄・京王線沿線。
前回は西側の端・八王子まで到着したので、今度は一転、新宿を目指します(v.v)


○聖蹟桜ヶ丘駅(東京都多摩市)
○中河原駅(東京都府中市)

かくして、筆者の仮住まいがある聖蹟桜ヶ丘駅前の川崎街道(都道20号線)を西に進みます。
この辺り、会社のお昼休みにブラブラしてるエリアでもあるので、なかなか新鮮さこそありませんがA(^^;
20150125-001.jpg

しばらくして府道18号線へと北に進路を変えて、冬色著しい多摩川を渡ります。
こちらも、日ごろブラブラしてるところですねー
20150125-002.jpg

と、多摩川を渡る関戸橋を越えるとほどなく、次の府中市に入ります。
へぇー、これまで筆者が経験してきた中では、橋の真ん中とか付け根に市の境界があるケースがほとんどでしたが、こんなケースもあるんですね!
20150125-003.jpg


府中市に入ると、少々沿道の雰囲気が変わってきたのに気づきます。
聖蹟桜ヶ丘駅の周辺は、(住宅街ということもあるんでしょうが)飲食店よりむしろスーパーや生活雑貨、電気屋、クリーニング店など生活に便利なお店が多いんですが、多摩川を超えたあたりからだんだんと増えてきたのが中華料理屋、居酒屋、ラーメン店。

今までにも様々な業種・業態のお店が出店してきて、結果としてこうなってるわけですから、この辺りのエリアにそういったニーズがあるということなんでしょうか・・・


しばらくすると、次の中河原駅の建物が見えてきます。
うーん、各停しか停まらない駅やのに、何とも立派な駅舎です!
20150125-007.jpg


(「京王電鉄・京王線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 聖蹟桜ヶ丘 中川原 多摩川 府中