プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

比叡山鉄道(その5)

境内でお昼御飯も済ませ、一通り歩き回ってお土産も買い込んだところで、ケーブル線の駅に向かいます(v.v)
ケーブル比叡山駅は、比叡山延暦寺からはそこそこ離れていて、到着するにはちょっとばかり歩かねばなりません・・・
20130103-022.jpg


黄色の駅舎ってなかなかないもので、辺りをブラブラ歩き回っておりますと、何と国の登録有形文化財ということではないですか!
20130103-021.jpg20130103-020.jpg

確かに、扉も木造で手動だし、駅の看板にも何やら歴史を感じます。
調べてみたところ、1927年に建設されたままの駅舎やそうですね!(@_@)

というわけで、当然エアコンなどもなく、暖房は待合室にストーブが1つのみ。
多くの人で賑わっていたので、なかなか当たる機会もなく、体温めるためにあちこちブラブラ動き回るしかありません・・・


ケーブルカーは30分おきの発車で、筆者が乗ったのは16時00分の便。
ただ、途中のもたて山駅でどうしても立ち寄りたいスポットがあったので、途中下車します(v.v)
(ケーブル坂本駅までの運賃で途中下車できます)
20130103-013.jpg20130103-005.jpg

それにしても、吹きっさらしの待合があるだけの、そこそこ急な斜面にある駅。
とうとう小雪も待ってきて、風もより冷たくなってきます・・・(x_x;


そんな中、山道を歩くこと約10分。
新古今和歌集の編さんや土佐日記の著作で有名な歌人・紀貫之の墓がこんな山奥にあるんです。
20130103-010.jpg20130103-009.jpg

紀貫之は、ここもたて山(裳立山)から眺める琵琶湖の景色を特に気に入っていたそうで、生前から自分の墓は裳立山の頂上付近に作るようにと言っていたことから、このような山奥に墓が作られたようです。


次の便まで15分あまりのため、お墓参りを済ませた後は急いできた道を戻ります。
普段乗降客がない時は、このもたて山駅も通り過ぎているようですが、筆者のような乗降客はかなり限られるような気がしますね。
20130103-003.jpg

そこそこ日も暮れかけてきた頃ケーブル坂本駅に到着し、そこから比叡山坂本駅までの道のりをテクテク歩きます。
そういえば、半端じゃない寒さだけは感じていたんですが、こうやってハッキリと数字で表されると、余計寒さを痛感する次第です(x_x;
20130103-002.jpg


<本日(2013/01/03(木)の実績>
・本日の実績   :19,476歩(15.6km)
・2013年1月の実績:22,137歩(199.2km)
・2013年の実績  :22,137歩(199.2km)

・訪問済路線数  :73路線/124路線(58.9%)
・訪問済駅数   :820路線/1,693路線(48.4%)





テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 延暦寺 ケーブル坂本 紀貫之 もたて山

比叡山鉄道(その4)

事前に約2時間弱の道のりとは聞いていたものの、イラチな?関西人である筆者のペースで、約1時間弱で比叡山延暦寺・東堂に到着してしまいましたー(^^)
20130103-030.jpg

ただし、これはそこそこ平地で年中訓練?し、そこそこ山登りの経験もある&関西人でイラチな?筆者だからこそできたことでして。
山登り初心者が挑まれるには、やはり2時間くらいは見ておかれた方がいいかと思います(v.v)


さて、せっかくメチャメチャご利益ありそうな山に登ったわけで、境内をしばらくブラブラしてみます。

先ほどから辺りに響き渡っていた鐘の音は、まさにこれやったんですね!
1回\50で、参拝者が自由に突くことができるみたいなので、筆者も順番待ちの後、去年の災いを一蹴すべく「一突き」いたしました~(^o^)
20130103-029.jpg20130103-028.jpg

よくよく考えたら、筆者にとっても今年初めの「初詣」なわけでして、お参りしておみくじを引いたところがこれ!
正月早々、なかなか縁起がいいじゃないですか~(^o^)
20130103-026.jpg

と、おみくじを結ぼうと思ったらこんな状態になっておりますA(-.-;
いったい、どこに結べと言うんでしょうか・・・
20130103-025.jpg


(「比叡山鉄道(その5)」に続く)




比叡山鉄道(その3)

○ケーブル比叡山駅(滋賀県大津市)[近畿の駅百選 選定駅]

山道を歩くこと約50分、いきなりコンクリートの道に至ります。
足を痛める可能性は低くなるのはいいんですが、えっ、もう終盤?!(@_@;
20130103-036.jpg


舗装された道を進む途中、沿道に法然上人が得度を得られたというスポットに至ります。
20130103-035.jpg

例によって、宗教スポットなので本堂などの撮影は遠慮させていただきましたが、ふと見かけたのが御手水(ごちょうず)の様子!
めっちゃ凍り付いてますやん!(@_@;
20130103-034.jpg

法然上人のスポットから歩くこと約10分、ようやく「比叡山延暦寺」を感じるスポット・大書院に到着します。
20130103-032.jpg

えっ、事前調査では2時間かかると言われていたルートですが、正直筆者の足で1時間弱で到着してしまったんですが・・・(@_@;
→筆者は、平地でも山道でも、比較的せかせか歩くんです・・・




比叡山鉄道(その2)

○ほうらい丘駅(滋賀県大津市)
○もたて山駅(滋賀県大津市)

事前にネット等で調べたルートをたどりますが、ケーブルも山道も、最初からそこそこの傾斜です(@_@)
ゴールの比叡山延暦寺まで約2時間のルートとのことですが、これが2時間も続くとは・・・
20130103-048.jpg

登山ルートには、他の山々と同じように道標が立っているんですが、残りの距離が書いてないと、モチベーション的に少々厳しいものがありますねー
20130103-047.jpg


少々きつい山道を登ること約20分。
ふと振り返ると、もうすでに琵琶湖周辺の景色が一望できるところまで来てるんですね。
(そんだけ道の傾斜があるということでしょうが)
20130103-044.jpg

最初はそこそこならされた道だったんですが、そのうち石がごつごつとした、かなり厳しい山道になります(-_-)
20130103-042.jpg20130103-040.jpg

筆者は街歩きと同じウォーキングシューズで来ましたが、正直そこそこきついです!(>_<)
ある程度山歩きに慣れた筆者なのでまだましなんですが、初めて登られる折には、是非ともトレッキングシューズなど底がしっかりした靴を使われるようお勧めします(v.v)


麓から登り始める時からほのかに聞こえてはいますが、ゴールの比叡山延暦寺付近からは、ずっと梵鐘の音が辺りに響いています。
20130103-038.jpg


(「比叡山鉄道(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 比叡山坂本ケーブル もたて山 ほうらい丘 比叡山 延暦寺

比叡山鉄道(その1)

あけましておめでとうございますm(_ _)m

昨年は本業多忙&週末の悪天候続きで思うように運動ができませんで、近畿の街歩き開始以来、初の体重増加という残念な結果となりました・・・(T_T)

個人的にも、昨年上半期はかなりよくないことばかり続いたので、今年はスタートから上昇傾向でいけるよう、新年一発目に強力なスポットにのぼりたいと思います(v.v)

というわけで、今日歩くのは昨年GWに到達した京阪電鉄・石山坂本線 坂本駅から比叡山山頂付近に延びている比叡山鉄道・坂本ケーブルの沿線。
早い話が、「比叡山延暦寺」への登山です。

昨年があまりにもひどかったんで、少なくとも今年は、ちっとは運気アップできるよう、ご利益のありそうな山への登山でスタートします。


○ケーブル坂本駅(滋賀県大津市)

時間と予算の関係上(⇒「青春18きっぷ」)、JR線で向かいます(v.v)
それにしても、リニューアルした大阪駅を利用する機会がほとんどないだけに、大阪駅のホームの光景はなかなか斬新ですねぇ・・・
20130103-052.jpg

1時間少々の移動時間を経て、JR西日本・湖西線比叡山坂本駅に降り立ちます。
実のところ、今の予定では湖西線沿線を歩くのは相当先になると思いますので、これからしばらくは訪れることもないと思います。
20130103-051.jpg


比叡山坂本駅から歩いていると、和服をまとった女性などをちらちらと見かけます。
「?」と思いながら進んでいると・・・確かに、比叡山のふもとにある日吉神社に参拝する方々やったんですね!
20130103-050.jpg

かくして、坂本ケーブル駅少し手前の脇の道から、比叡山の登山道を進みます。
20130103-049.jpg


(「比叡山鉄道(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 比叡山坂本ケーブル 比叡山坂本 日吉神社 比叡山延暦寺