プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東海・東海道本線(その7)

○関ヶ原駅(岐阜県不破郡関ケ原町)

さて、岐阜県との県境越えを果たした段階でもまだ15時ちょっと過ぎ。
大阪に帰るには少々早すぎる中でふと思ったんが、
「隣の駅、関ヶ原やん!」

まーせっかく1日乗り放題の青春18きっぷを使ってるわけで、柏原駅から1時間に2本しかない電車に乗り、隣の関ヶ原駅に向かいます(v.v)

幸い待ち時間も少なく、約5分ほどで次の関ヶ原駅に到着します。
それにしても、思い切りの史跡がある駅の割に、なかなかモダンなデザインの駅舎ですやん!
20141231-042.jpg


駅を出て、緩やかな坂道を北に進むことしばし。
まず見えてくるのは、徳川家康の最後の陣地跡。
ここは関ヶ原の戦いが終わった後、討ち取った敵の首を徳川家康が改めた場所やったらしいですね。
20141231-047.jpg

うーん、何とも生々しい史跡が最初に来てしまいました・・・


先ほどの史跡から、少々傾斜のある道を10分ほど登ったところに、東西両軍の最も激戦が繰り広げられた場所の跡が残されています。
20141231-049.jpg

徳川家康の陣地が緩やかな山のふもと、激戦地が少々山を登ったところということで、通常の感覚では思い切り「?」となったまま、さらに緩やかな坂道を登ります。
と、5分ほど歩いたところにあるのが、西軍の大将・石田三成が陣を構えていたという小山に到着します。
20141231-052.jpg

そこからは・・・昨日の疲れも残ってる&2014年最後やのに、まさかの「軽登山」ですかい!(T_T)
20141231-053.jpg

足を引きずりながら階段を上ること2、3分。
ようやく石田三成が陣を構えていた小山の山頂に到着します。
20141231-054.jpg

それにしても、こうやって高台に陣取って、敵も味方の様子も一望できる絶好のロケーション。
戦の前半まで西軍が有利だったらしいんですが、最後にはホンマに陣の数百メートルのところまで攻め込まれていたとは!

今まで教科書でしか知らなかった出来事ですが、いかに「寝返り」が戦局を左右したかが十分理解できた次第です。
20141231-055.jpg



<本日(2014/12/31(水)の実績>
・本日の実績   :26,880歩(21.5km)
・2014年12月の実績:321,103歩(256.9km)
・2014年の実績  :3,378,132歩(2,702.5km)

・訪問済路線数  :97路線/136路線(71.3%)
・訪問済駅数   :1,049駅/1,685駅(62.3%)



スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 関ヶ原 石田三成 徳川家康

JR東海・東海道本線(その6)

さて、いちおう(近畿圏内の)東海道本線は一通り踏破したんですが、ここまで来たからにはいつもの「儀式」が残っております(v.v)
そう、「県境越え」!

柏原駅から岐阜県の県境までは30分弱ということなんで、国道21号線を引き続き進みます。
20141231-019.jpg


まーどこの県境も一緒なんですが、途中から歩道はなくなり、路側帯も雑草が生えまくりで、ホンマに危ない!(>_<)
そもそもそんなところを歩くなよ!という話もありますが、やはり(滋賀県民やないけど)筆者含めた皆さんが払った税金使ってるわけですからね。
車のためだけじゃなくて、歩行者や自転車のこともちゃんと考えてインフラ作ってもらわないと!

と、道路際に見かけたのは、凍結防止用の散水パイプ?!
20141231-024.jpg

まー確かにこの辺り、新幹線も止まるくらい大雪が降るところやし、道路の凍結防止の対策は必須なんでしょうが・・・
それにしても、これアナログ(=人力)で操作してるんでしょうか?!(?_?)
バルブの栓回したら、今にも水出そうな感じやったんですが・・・さすがにええ大人なんで、実行するんはやめましたがA(^^;


そんなわけで、少々冷や冷やしながら進むこと約30分。
とうとうその時は訪れました!!q(>o<)p
20141231-023.jpg

いやー、これまでは三重県との県境しか経験してなかったんですが、ようやく他の県との県境も体験したわけで。
今後も(近いとこでは)岡山、福井あたりの県境越えを経験することになるかと思いますが、今年最後に思い残していたことが1つ減って何よりです(v.v)


(「JR東海・東海道本線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 柏原

JR東海・東海道本線(その5)

○柏原(かしわばら)駅(滋賀県米原市)

柏原駅に到着した段階で、既に(近畿圏内の)東海道本線はすべて踏破したことになるんですが・・・
せっかくなんで、柏原駅の周辺をブラブラ歩いてみます(v.v)

実のところ、筆者はまったくノーマークやったんですが、ここ柏原は昔の中山道の宿場町。
これまでも、東海道の草津宿などいくつか昔の宿場町を巡ってきましたが、ここはかなり昔ながらの建物や雰囲気を残しているところですねー。
20141231-040.jpg20141231-031.jpg

街並みを楽しみながらブラブラしますが、特徴的なのは造り酒屋、問屋・・・と、それぞれの建物が昔何に使われていたかを表示してあるんです。
20141231-029.jpg20141231-033.jpg


やがて柏原宿歴史館にたどり着きます。
せっかくなんで訪れてみますが・・・
20141231-036.jpg

さすがに、大みそかなんでお休みでした・・・(T_T)
それにしても、この歴史館の屋根の作りはすごいですね!
また機会を改めてじっくり訪れることにしましょう。
20141231-037.jpg20141231-038.jpg


(「JR東海・東海道本線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 柏原 中山道 宿場

JR東海・東海道本線(その5)

2014年もいよいよ押し詰まってきまして、残すもあと十数時間という状態になっております(v.v)
そんな中ではありますが、長期予報によると正月3ヶ日は荒天ということですので、昨日の疲れも少々残っている中出かけます。

2014年の最後に訪れるのは、今年9月にあと1駅というところまで迫っていたJR東海・東海道本線
残り1駅・約4.3kmということなんで、(近畿圏内の)東海道本線踏破&3度目の近畿脱出はほぼ間違いなく達成できることでしょうが・・・じゃあそれから先どうすんの?なんてことは、全然考えずに出かけますA(^^;


○近江長岡駅(滋賀県米原市)

9月以来、久々の近江長岡駅に降り立ちます。

米原駅から筆者が乗ってきた列車は、それこそ名古屋方面への帰省などで乗ってはった方で混雑してて、
「何でこんなとこで降りるん?!(-_-)」
という周囲の目は、十分感じておりましたよ~A(^^;
(この駅で降りたんは、筆者含め2人だけでした)

駅前の広場からは、いきなり頂上付近に雪をかぶった伊吹山がお出迎えです!
20141231-001.jpg

あいにく、筆者はウインタースポーツをしない(⇒雪が降らないところで生まれ育ったんでA(^^;)んですが、山登りの好きな方、もしくはスキーなどウインタースポーツが好きな方にとっては、この伊吹山はけっこう魅力的な山らしいですねー
⇒ロープウエイなど「鉄道路線」がないんで、筆者は今後もよー登らないでしょうが。


多少雲はあるものの、さわやかな青空の下、沿線歩きをスタートします。

近江長岡駅から歩くこと約15分。
東海道新幹線の高架下付近に至りますが、そこで見かけたのがこの標識。
20141231-007.jpg20141231-008.jpg

へぇー、伊吹山って石灰岩の産地で、つい15年くらい前まで運搬用の鉄道が通っていたとのこと。
今ではその路線跡を道路として活用してはるみたいですが、路線をまたいだ東側に路線跡がないということは、東海道本線からいきなり分岐した路線が走ってたということなんでしょうね。


あらかじめ予習していた通り、県道244号線から東海道新幹線沿線に歩みを変え、引き続き歩きます。
辺は稲刈りも終わった田んぼが広がり、何とも殺風景な景色が続きますが、それでも美しい小川のせせらぎ、鳥のさえずり、そして時たま聞こえる新幹線の爆音?!など耳にしながら、何ともゆったりとした時間を過ごします。
20141231-011.jpg

さて、そうこうして沿線を歩くこと約小一時間。
ようやく次の柏原(かしわばら)駅に到着します!
20141231-014.jpg



(「JR東海・東海道本線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 近江長岡 伊吹山 新幹線 柏原

JR東海・東海道本線(その4)

○近江長岡駅(滋賀県米原市)

醒ヶ井駅を出て国道21号線をしばし歩くと、例によって歩道がなくなります(-_-)
ただまあ、大きな車が少ない分まだ安心でしょうか。
20140907-048.jpg

路線に沿って脇道に入ると、いきなり山がちの光景が広がります。
左手に比較的大きな川が流れているおかげで、少しは暑さはましになるでしょうか。
20140907-051.jpg


しばらく沿線を歩き続けますが、だんだんうら淋しい雰囲気が強まってきまして。
あらかじめ予習して想定していたよりも、結構な距離歩いてるんですが・・・(T_T)
20140907-056.jpg

脇道に入って歩き続けること40分ほど、ようやく民家が見えてきて一安心です(v.v)
と、先ほどまで左手を流れていた川が西に曲がったところで見かけたのは、ゲンジボタルの自生地の看板!
20140907-057.jpg

後から調べたところでは、ここ近江長岡駅近辺のゲンジボタルは、国指定の特別天然記念物に指定されているそうですね。
日も傾いてきた頃やし夏場やから、もう少し待ってたらホタルも見れるのでは?と思いましたが・・・時期的には6月下旬が見ごろで、その頃には駅近辺で「天の川ほたるまつり」というイベントも開かれているとのこと。

うーん、先ほどのバイカモといいゲンジボタルといい、思っきり時期がずれてるのが残念!(-_-)
ただまあ、2つとも時期的に近いですからね。
また来年の6月にこちらを訪れる楽しみが増えました!(^^)


ゲンジボタル自生地から歩くこと約10分弱。次の近江長岡駅に到着します。
駅周辺には民家が広がっていて、少々さびしい雰囲気が漂っております。
20140907-060.jpg

ホンマは、次の柏原(かしわばら)駅まで行って
「東海道本線踏破!&三度目の近畿脱出!!q(>o<)p」
とやりたかったところなんですが、さすがに時間的に厳しいものがありまして・・・
残念な限りではありますが、今日はここまでとしたいと思います。
20140907-061.jpg


<本日(2014/09/07(日)の実績>
・本日の実績   :30,326歩(24.3km)
・2014年9月の実績:79,079歩(63.3km)
・2014年の実績  :2,318,841歩(1,855.1km)

・訪問済路線数  :94路線/136路線(69.1%)
・訪問済駅数   :1,017駅/1,685駅(60.4%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 近江長岡 特別天然記念物 ゲンジボタル

JR東海・東海道本線(その3)

せっかくなので、醒ヶ井駅周辺をブラブラしてみます(v.v)

駅から少し南に入ったところには、これまた何とも水がきれいな小川が流れてまして!
その中には、何やら水にゆらめく水草が。
20140907-043.jpg

いちおう植物学専攻の筆者も、(名前こそ知ってはいたものの)初めて実物を目にしましたが、これバイカモ(梅花藻)という、メチャメチャ水がきれいなところでしか繁殖しない水草。
写真でも、ところどころに白い点々が見られますが、これがまさに水中で花を開いた跡なんですねー
20140907-042.jpg

後から知ったところでは、この梅花藻の見ごろは5~6月。
少しばかり、時期が遅かったようで残念。


引き続き駅周辺をブラブラしてますと、一角で見かけたのがこの石碑。
へぇー、ここは昔中山道の宿場町やったんですね。
20140907-044.jpg

さらに街中を歩いていると、(江戸時代ほど古い建物こそ見かけませんが)
こちらは、昔の郵便局の建物を利用した醒井宿資料館
1915年の創建とのことですが、近江八幡付近で見かけた洋館と同様に、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計によるものやそうです。
20140907-045.jpg

こちらは、昔の小学校を保存してはる建物。
何とも雰囲気たっぷりの、風格のある建物です。
20140907-046.jpg


(「JR東海・東海道本線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 東海道本線 醒ヶ井 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 中山道 宿場 梅花藻 バイカモ

JR東海・東海道本線(その2)

引き続き国道21号線を進んでおりますと、沿道には「鱒料理」のお店の看板が増えてきます。
20140907-032.jpg

聞くところでは、この辺り湧水が非常に豊富で、その湧水を使った鱒の養殖も盛んとのこと。
きれいな水を使っているので、川魚独特の臭みもほとんどなく、たいへん上質な鱒料理がいただけるそうです(^^)


しばらくすると比較的大きな川を渡りますが、その川辺には案内板が立ってます。
へぇー、ここが昔教科書で習った、壬申の乱の古戦場ですか!
20140907-034.jpg20140907-033.jpg

まったくノーマークやった&昔習ったことを思い切り忘れてたせいでA(^^;、けっこうインパクト大きいですねー
改めてWikipediaなどで、どんな出来事やったんかなどを復習してる次第です・・・


米原駅からテクテク歩くこと小一時間。次の醒ヶ井駅に到着です!
それにしても、今までのJR西日本はんの駅舎とは雰囲気異なり、なかなか渋いデザインやないですかー
20140907-036.jpg

この醒ヶ井駅の周辺、先ほども書いたように湧水が豊富ということで、駅のすぐ脇にある道の駅「醒井水の宿駅」に立ち寄ってみます(v.v)
20140907-037.jpg

入り口を入ると、いきなり湧水が!(@_@)
(当然ながら)コップも置いてあって、飲用もできる水やそうです。
20140907-038.jpg

筆者もいただきましたが、山の湧き水と同様すごく口当たりが柔らかくて、ここまで汗だくで歩いてきた筆者の体の隅々まで染み渡るおいしさです!


(「JR東海・東海道本線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 醒ヶ井 壬申の乱 湧水 醒井水の宿駅

JR東海・東海道本線(その1)

○醒ヶ井(さめがい)駅(滋賀県米原市)

近畿在住の方でも、ほとんどの方はご存じないと思うんですが、実は東海道本線の米原駅から東、岐阜との県境にある柏原(かしわばら)駅までの3駅は、所在は滋賀県米原市やのに、運航してるのはJR東海はんなんです!(@_@;

かくして米原駅を出て、筆者生まれて初めてのJR東海はんの沿線歩きの旅のスタートです(v.v)
20140907-021.jpg


まだカンカン照りの夏の暑さの中、国道21号線を東へ進みます。
いやーそれにしても、つい1、2ヶ月前まで、7、8km歩くだけで精いっぱいやった筆者(v.v)
地道なリハビリの甲斐あって、ここまで特に問題なく歩けております!

辺りには穏やかな田園風景が広がっておりますが・・・えっ、もう稲刈り終わってるんですか?!(?_?)
時期的には少々早いような気がしますが・・・
20140907-024.jpg


そうこうしてるうち、沿道に集落も見えてきて一安心。
何ともきれいな水が流れる川(天野川)を横目に見ながら、何とも穏やかな時間を過ごします。
20140907-026.jpg

と、ひとまとまりの集落を超えたところで見かけたのが、この銅像。
20140907-029.jpg

・・・筆者の世代は辛うじてわかるんですが、
「おっかさん、忠太郎でござんす」
の決め台詞で有名な番場の忠太郎の銅像。

何せずいぶ昔の話なので、筆者自身細かいところは全然わからないんですがA(^^;、くだんの物語の「忠太郎」はんはこの辺りの出身やそうでして。
それにしては、映画にしても全然関西弁入ってへんやん!・・・って細かいツッコミはさておきA(^^;


(「JR東海・東海道本線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東海 醒ヶ井 番場の忠太郎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。