プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

水間鉄道・水間線(その2)

○名越(なごせ)駅(大阪府貝塚市)
○清児(せちご)駅(大阪府貝塚市)
○石才(いしざい)駅(大阪府貝塚市)
○近義の里(こぎのさと)駅(大阪府貝塚市)
○貝塚市役所前駅(大阪府貝塚市)
○貝塚駅(大阪府貝塚市)

少しずつ人通りや車が増えてきた道を歩いて、名越駅の近くにさしかかります。
と、道端に
「農産物直売・セルフ」
の看板のある建物が・・・
名越駅近辺の道端に、「農産物直売・セルフ」の文字が・・・


これまであちこちで見かけた野菜の路上販売とは雰囲気が違うし、何よりちゃんとした建物に看板がかかっているので、不思議に思い中に入ってみると!
筆者も初体験の、野菜や漬け物の「自動販売機」なんです!(@_@)

何と野菜やお漬け物が、コインロッカーみたいな自動販売機で売られているんです!(@_@)
写真に写っているのは、この辺りの名産である水なすの浅漬けなんですが、他にも採れたてのタマネギやトマト、ジャガイモなど、けっこうなボリュームあるのに100円とか200円という、かなりお手頃な価格で売られています。

筆者も水なすの浅漬けは大好きなので、もちろん買わせていただきました(^^)
それにしても、コインロッカーを改良した機械なんだと思いますが、よく考えたものですよねぇ~


さて、沿線に戻ります。
辺りに高い建物がないのもですが、何より夏らしい真っ青な空に白い雲が浮かんでいたりして、なかなかいい感じです(^^)
いかにも夏を感じさせる青い空に、真っ白な雲がぽっかりと浮かんでおります(^^)


水間鉄道の路線距離は5.5km。
沿線の道もそこそこ整備されているので、一時間半ほどで西側の終着駅・貝塚駅に到着します。
一時間半ほど歩いて、終着の貝塚駅にたどり着きます(v.v)

それにしても、貝塚駅の近辺は線路と沿線の住宅との距離がめっちゃ近くて、沿線にお住まいの方はどうしてはるんやろうかと、要らぬ心配をしてしまいます・・・
貝塚駅が近づいてくると、線路と沿線の民家との距離がめっちゃ狭まってきてるんです!(@_@;


(「南海電鉄・本線(その12)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:水間鉄道 水間線 水ナス 名越 清児 石才 近義の里 貝塚市役所前

水間鉄道・水間線(その1)

ニュースによりますと、まさに本日、ここ近畿地方もとうとう梅雨明けしたそうです~!(^o^)

これまでの1ヶ月というもの、ものすごい豪雨にプラスして連日30度を超える暑さで、普通に過ごすにもかなり体力的にしんどい日々が続いていまして。

その上、太陽がガンガン照りつけたと思ったら、その二、三時間後には滝のようなどしゃ降り…といった不安定な天気が続いていて、遠歩きしてても気が休まることはなかったですね・・・(-_-;

というわけで、これからがいよいよ夏本番!
遠距離ウォーキングには大変なシーズンではありますが、また近畿のあちこちの夏模様をお届けしたいと思います。


さて、久しぶりに傘の心配も何もいらない、気持ちのいい晴れとなった本日出かけるのは水間鉄道(みずまてつどう)

先日の南海電鉄・本線沿線の遠歩きで最終到達駅だった貝塚駅から南東方向に位置する水間観音駅に延びる、沿線距離約5.5kmの路線です。
こういっては大変失礼なんですが、おそらく近畿地方(特に大阪以外)にお住まいの方でも、その存在をご存知ない方がほとんどだろうと思いますが、かく言う筆者も、実は関西在住二十数年にして行くのは初めてでして!

会社のホームページなどを見る限りでは、すごくのんびりした雰囲気が伝わってきたのですが・・・果たしてどのようなところなのか、なかなか興味深いところです。



○水間観音駅(大阪府貝塚市)[近畿の駅百選 選定駅]
○三ヶ山口(みかやまぐち)駅(大阪府貝塚市)
○三ツ松駅(大阪府貝塚市)
○森駅(大阪府貝塚市)

本日はもろもろの段取り上、東側の終着駅である水間観音駅からスタートします。

それにしても、今年初めからつい最近にかけて、それこそ一年分くらい働きづめだった筆者なんですが・・・これだけのいい天気の休日に、余計なことを何一つ考えずのんびりした時間を過ごせるなんて、ホントにぜいたくなひと時なんだと実感します・・・(T_T)


ところで、いちおう東京や名古屋にも住んでいたことがある筆者なんですが、なぜだか初めて見るはずの水間鉄道の車両に、妙に親近感を覚えてしまいまして(?_?)

それもそのはずで、(後ほど分かったことなんですが)Wikipediaによると現在の水間鉄道の車両は、昔の東京急行(東急)の車両を使っているらしいんです。
その昔、筆者がまだ若かりし頃、田園都市線などで見かけた車両と同じものだったんですね・・・
個人的にどこかしら懐かしさを感じる車両の先頭には、季節柄泉州名物の「水なす」のプレートが取り付けられていました(v.v)

ただ東急と決定的に違うのは、始発駅と終着駅以外は、進行方向一番最初のドアしか開かないこと!
で、乗るときに整理券をもらって、降りるときに運賃を払う・・・という、鉄道なのに何だか市バスみたいなシステムになっています。

列車の前には、その季節ごとに違ったプレートが取り付けられるらしいのですが、今の時期は泉州名物の「水なす」のようですね~(^^)


さて駅の改札を出ると、いきなり懐かしいものを見つけます!
これまでにも、そこそこ近畿の田園地帯を歩き倒してきた筆者ではあります、おそらく遠歩きで出会う初めての「丸ポスト」ではないでしょうか!?
水間鉄道駅の駅前では、ものすごく久しぶりの「丸ポスト」に遭遇しました~(^^)


ところで、駅名にもなっている水間観音、駅近くのお寺に祀ってあるとのことで、せっかくなので行ってみることにします(v.v)

それにしても、車の数がかなり少ないのにはビックリです!
まあ三連休の初日だし、あまりに暑いので、どこか屋内でゆっくり涼まれている方が多いのでしょうか?
水間観音駅周辺の道路は、休日の昼間なのにこの交通量なんです・・・

ともあれ、これだったら多少狭い道であっても、安心して歩けますね~

駅から歩いて五分ほどで、観音様を祀っている水間寺に着きます。
お寺の前には清流が流れていて、昼過ぎにも関わらず、辺りはけっこうひんやりしています(^^)
駅からほどなく歩いて、水間寺にたどり着きます(v.v)お寺の境内の前には清流が流れていて、辺りはけっこう涼しいです~

例によって境内の中の写真撮影は遠慮しましたが、立派な塔ときれいに装飾された本堂が印象的でした。


さて、駅に戻って沿線の道を歩きます。

水間観音駅を出てしばらくすると、こんなパチンコ屋のディスプレイを見つけます!(@_@)
最近では大阪市内でもすっかり見かけなくなった、かなりハデハデのディスプレイなんですが・・・よく見るとキングコングがつかんでいる飛行機の塗装などもしっかりしていて、細部までかなり凝った造りになっています。
最近では大阪市内でも見かけなくなったハデハデディスプレイですA(^^;

相変わらず、周辺は車も人も少ないのですが、ここの駐車場だけはほぼ満杯。
なるほど、この辺にお住まいのそこそこの方が、ここに来てはったわけなんですね~A(^^;


水間鉄道ではだいたい数百メートルおきに駅があるので、ものの5分ほど歩くと次の駅にたどり着きます。
終着の貝塚駅・水間観音駅以外は、いずれの駅も無人駅なんですが、どの駅もこんな感じでホームと駐輪場が隣接しているんです。
いかにこの路線が、沿線の人たちの生活に密着しているかがうかがえますね。
駅の駐輪場がホームに直結していて、鉄道が沿線の人たちの生活に密着している様子がうかがえますねー



(「水間鉄道・水間線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:水間鉄道 水間線 水間観音 東急 水ナス 三ヶ山口 三ツ松