プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神電鉄・本線(その16)

実のところ、筆者にとっては初めて訪れる神戸・南京町です。
よくテレビの画像にも取り上げられる広場を見て、けっこう感動したりしてます(→観光かっヾ(-_-;)
神戸の中華街・南京町をブラブラしてみます(v.v)

筆者は横浜の中華街も訪れたことがあるんですが、ここ神戸・南京町の中華街は少々趣が違いますねー
例えばお店の前に椅子やテーブルを出して、オープン○○風におねえちゃんたちが食事したりしています。
南京町の中は、こんな感じでおねえちゃんまでもが沿道で何か食べてる感じでして・・・

横浜は屋内で食べるお店が多いのに比べて、南京町は店先で手軽に味わえるところが多いように思います(v.v)
記念に、西側の門を撮影しときます(v.v)


さて、南京町のさらに南側の通りを歩いてみます。
と、なにやら若い女性で賑わうガラス張りのお店が!
南京町の裏手にある、おかきの名店「播磨屋」が開いている無料の「おかきカフェ」(@_@)

関西では、テレビなどで取り上げられて有名なんですが、実はここ、おかきの名店播磨屋本店さんが展開されている、無料の「おかきカフェ」なんです!(@_@)

播磨屋本店で販売しているおかきとお茶が無料で楽しめるスペースなんですが・・・このスペースを開設してからというもの、売り上げや利益が落ちるどころか逆に新しいファンが増えて、売り上げも順調に伸びているんだそうです。
最近は「無料」をうまく利用して売り上げを伸ばしている商品やサービスが増えてますが、ここもなかなかうまいこと考えてはりますねー(^^)

とはいえ神戸・元町という場所がポイントで、これが大阪市内とかだったら、そりゃあっという間に、昼飯代わりに利用する&袋一杯に詰め込んで持ち帰る近所のおばちゃんたちで一杯になって、あっという間に閉鎖に追い込まれていたことでしょう・・・A(-.-;


南京町を後にして、再び沿線に戻ります。
JR神戸線の高架下、同じくJRの改札の脇に阪神電鉄の出入り口があるという、なんだか不思議な光景になっています。
JRの駅と高架の片隅に、阪神電鉄の出入り口があるという、何とも不思議な光景ですA(^^;


(「神戸高速鉄道・東西線(その1)」に続く)


スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 元町 中華街 南京町 播磨屋本店

阪神電鉄・本線(その15)

○元町駅(兵庫県神戸市中央区)
(JR西日本・東海道本線 元町駅 乗換駅)

さて、すこし陽も傾いてきたので、沿線の道を進みます。
やがて、遠くにJRの元町駅が見えてきた辺りで、なかなかユニークな商品を見かけます。

まずは、本物の昆虫を閉じこめた「キモかわいい」キーホルダー。
当人?は一生懸命生きてるのに、一方的に「キモかわいい」なんてレッテル貼り付けられた虫もかわいそうですが(?)・・・
元町駅近くのショップでは、このような商品を売っていましたが・・・

ちなみに、筆者は学生時代に、これに類したものを作っていたことがあります。
さすがに、キーホルダーにして持ち歩く勇気はありませんでしたがA(^^;、蝶などはなかなかきれいで、ちょっとしたアートでしたよ!
残念ながら、蝶のものが売ってなかったのが残念ですが・・・

次に、手作りのガラス細工を売っているお店。
こういった小瓶って、確かにあったらあったで、けっこう便利なんですよね(._.)
手作りのガラス製品を売っている店がありました~(^^)

他にも、小さいのにすごく細部まで作り込まれたペンダントトップとか、今ではなかなかお目にかかれないレトロなデザインのガラス瓶など、興味惹かれるものがあります。
どれも小さいのにしっかり作ってあって、しばらく見とれております(._.)このようなユニークな商品も展示してあります。


元町駅から商店街に向かおうとしたところ、このルートで初めて見る光景が!
三宮の近辺は、オシャレなオープンカフェが多かったのですが、さすがに元町まで来ると「オープン」もこうなってしまうんですねーA(^^;
三宮はオープンカフェなどおしゃれなお店が多かったんですが、元町は・・・?!


さて、通りをさらに南下すると、こちらも全国的に有名になった神戸・中華街(南京町)に至ります!(^o^)
神戸の中華街・南京町をブラブラしてみます(v.v)


(「阪神電鉄・本線(その16)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 元町 中華街 南京町 ガラス細工

阪神電鉄・本線(その14)

しばらく北上すると、路線に近づいたところで「Ikuta Road(生田通り)」と大きく書かれたゲートが設置してあります。
この道をたどれば、全国的にも有名になった生田神社に至るということで、さっそく向かってみます。
縁結びの神様として有名な生田神社への道のり。

この生田神社、そもそもは水難よけの神様みたいなんですが、最近ではもっぱら「縁結びの神様」として有名となっていますねー。
関西での人気や知名度は言うまでもなくなんですが、その名前が全国的に知られたのは、やはり2007年に陣内智則藤原紀香の結婚式が執り行われたことからでしょうか。
陣内智則・藤原紀香結婚式の会場として、一時期は予約が殺到した生田神社らしいんですが・・・A(-.-;

その影響からか、一時期は結婚式の予約が殺到したらしいんですが、ご存じの通り残念な結果になってしまいまして・・・A(-.-;

とはいえ、(例によって境内の写真撮影は遠慮させていただきましたが)境内にはハート型の絵馬が多数奉納されていて、まだまだ御利益と人気は健在のようです!(^^)


生田神社を後にして、さらにブラブラしておりましたら・・・危うく別の路線(=北野地区)まで出てしまったので、慌てて沿線まで引き返します。
この近辺は、もうJRも阪急も、阪神もほぼ同じ路線を走っているので、やがて同じ所を何回か写してしまうかもしれませんが、その辺はご容赦をm(_ _)m
歩きたばこも自転車も禁止されていて、すごく快適に歩ける沿線通りです♪

ところでこの辺りの歩道、歩きタバコはおろか、自転車の乗り入れも禁止されているんです。
おかげで、ずいぶんと安心して町歩きを楽しめるんですが・・・この試みはいいですよね!
大阪市内だったら、いつ暴走自転車にぶつかられるかヒヤヒヤしながら歩くことがほとんどなんですが、やはりこうやってゆっくり安心して歩ける環境があってこそ、周りの街も盛り上がっていくのだと思います。

写真の通りを1つ入ると、阪急電鉄とJRの路線の間にも、このような狭い路地が通っています。
表通りとはすごく対照的に、雑然としてなかなかディープな雰囲気?が漂っています。
一歩裏手にはいると、打って変わって雑然とした飲食街が広がっています。

このような雰囲気は、筆者が歩き回った限りでもこの一帯だけなんですが・・・
何でこんなに、雰囲気の全然違う一帯が広がっているんでしょうねぇ~(?_?)


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 三宮 生田神社 ハート型の絵馬 陣内智則 藤原紀香 縁結び

阪神電鉄・本線(その13)

さらに旧居留地近辺をウロウロしておりますと、これまでとは少々趣は異なるものの、けっこう旬なスポットを見つけました!

NHK大河ドラマの影響で、今や押しも押されぬ人気となっている坂本龍馬が、若かりし頃操船術を学んだ神戸海軍操練所の跡地の記念碑です。
旧居留地の南端にある、坂本龍馬ゆかりの「神戸海軍操練所」跡地があります(v.v)

Wikipediaによると、幕府派の勝海舟により創設された施設ではあるのですが、やがて龍馬をはじめとして討幕派のメンバーもここで学んでいたようですね。


さらに旧居留地の中を歩くと、やはりレトロな雰囲気の建物をたくさん見かけます。
中には、写真中央のビルのように、昔の建物の上に新しいビルを建て増ししているという、すごい建物もみかけます(@_@)
個人的には、新旧のつなぎ目がどうなっているのかが興味あります・・・
旧居留地には、レトロな雰囲気の建物もたくさん残っています!左側のビルなんて、ちょっとビックリの構造ですよねぇ~(@_@;旧居留地には、レトロな雰囲気の建物もたくさん残っています!

建物の入り口も、時代を感じる重厚な雰囲気の回転ドアがあったりして、やっぱり独特の雰囲気を醸し出しています。
今ではほとんど見かけなくなった、重厚感あふれる回転扉!


さて、今度は旧居留地の中を北上します。
近代的なビルが建ち並ぶ通りなのですが、そんな中で突然、居留地だった頃に使われていた標識や門柱が現れたり・・・
立ち並ぶビルの中に、いきなり居留地だった頃に使われていた標識や門柱が現れたりして、けっこうビックリします!(^^)

古い洋館が現れたり・・・と、何だか不思議な空間が続きます(@_@)
ビルが建ち並ぶ中に、こうした昔ながらの家屋がそのまま残っています。

それにしても、これだけ多くの史跡がすごくきれいな状態で、しかも誰でも触れる状態で保存してあるって、けっこうすごいことですよね。
町並みのきれいさとともに、すごく印象に残りました(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 坂本龍馬 旧居留地 勝海舟 神戸海軍操練所

阪神電鉄・本線(その12)

フラワーロードをしばらく南下すると、「東遊園地公園」にさしかかります。
駅前の大通りにもかかわらず、ものすごい緑の多さだし、この凛とした雰囲気は一体何なんでしょうか?!(@_@)
フラワーロードをしばらく南下すると、緑が一杯の東遊園地公園が広がります

公園の中にはさまざまなオブジェがあるんですが、南側には阪神淡路大震災追悼のためのモニュメントが設置されています。
写真右側の部分から地下に入れるのですが、そこには震災で亡くなられた方の氏名を記したプレートが並んでいて、改めてその多さに驚かされます。
公園の南側には、阪神淡路大震災の追悼モニュメントが設置してあります。


東遊園地公園を西に進むと、全国的にも有名な旧居留地に入ります。
とはいえ、(以前大阪市営地下鉄・中央線沿線を歩いたときにもあったのですが)「旧居留地」という名称自体は、江戸時代末期に外国人の治外法権が許された土地のことを指す言葉で、日本全国何カ所かあるようですね。

その中でも特に神戸の居留地がピックアップされる要因は、やはり昔ながらの建物を見事に残しているからなのでしょうか。
街の中を歩くと、昔ながらの建物をうまく活用して、レストランや商業施設などに再利用している光景をよく見かけます。

例えばエドマチ100番のビル(高砂ビル)。
外見はかなりレトロな雰囲気を漂わせているビルなんですが、ファッションやアート関係のテナントがいくつも入っています。
旧居留地に入ってまず目に付いた、独特の雰囲気を持つ「エドマチ100ban」の建物

筆者も興味惹かれたので、ちょっと中をのぞいてみたのですが、入り口でいきなり!
「エドマチ100ban」の内装もレトロで、昔懐かしいたばこの自販機(当然タスポは使えないA(^^;)がありました!

・・・な、なつかしい!(ToT)
おそらく1970~1980年代に使われていたと記憶していますが、昔のたばこの自販機です!
当時のものにしてはかなりの美品ですが、さすがにTaspoに対応していないからか、使用禁止になってましたね~A(^^;


あと旧居留地に限っていないのですが、これが三宮駅近辺の「公衆電話ボックス」はこんな感じなんです。
これが最近めっきり見かけなくなったのですが、港町らしさ・歴史のある街らしさを絶妙に織り込んだ、なかなかいいデザインだと思いませんか?
ここのところ、なかなか見かけなくなった公衆電話ボックスですが、なかなかオシャレなデザインですよねー(^^)



(「阪神電鉄・本線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 東遊園地公園 阪神淡路大震災 旧居留地 エドマチ100番

阪神電鉄・本線(その11)

先週中の台風通過から、ほんの少しだけ涼しくなった感がありますね!(^o^)
先週くらいまでは、日中の日差しも刺すような厳しさがあったんですが、ここのところは日差しもかなり和らいできたように思います。

とはいえ、まだまだ暑い中ではありますが、せっかくのいい天気ですので本日も出かけます。
本日歩くのは、久々となる阪神電鉄・本線
一筆書き方式でポートライナーを巡っていた影響でほぼ4ヶ月ぶりとなりますが、前回叶わなかった神戸・三宮~元町の街中をじっくりと歩きたいと思っております(v.v)


○三宮駅(兵庫県神戸市中央区)
(JR西日本・東海道本線 三ノ宮駅、阪急電鉄・神戸線/神戸市営地下鉄・西神山手線/神戸新交通・ポートライナー線 三宮駅、神戸市営地下鉄・海岸線 三宮・花時計前駅 乗換駅)

途中でごちゃごちゃした関係で、阪神電鉄・三宮駅を訪れるのは初めてですね~
真っ青な空に、真っ白な建物が綺麗に映えてます!
阪神・三宮駅を正式に訪れるのは初めてですねー(^^)

ところで一口に「神戸・三宮」といっても、全国でも十指に入る大都市でスポットも山のようにあるので、どこをどう巡ってよいものかと迷いましたが・・・
今後のネタのことも考えて、まずはこれまで通り、沿線の光景+筆者が気になったポイントをご紹介していく形にしたいと思います(v.v)


さて、三宮駅前はフラワーロードの近辺をブラブラしてみます。
まずは三宮駅前の大通り、「フラワーロード」を進みます(v.v)

ふと南側に目をやると、立派な神戸市役所の建物!
阪神淡路大震災の直後、筆者はまさにこの場所を訪れて、建物の中層階が無惨にひしゃげていた姿を目撃しているので、このように綺麗なたたずまいで立っている姿を見ると、何だか感慨深いものがありますね・・・
阪神淡路大震災の時には、この神戸市役所も中層階が押しつぶされていた記憶があるだけに、この姿を見ると改めてジンときます。


さらに少し南下すると、一昔前までは神戸のシンボルの一つだった「花時計」の前を通ります。
ただ残念なことに、季節柄かもしれませんが・・・色目がかなり地味ですね・・・(-_-)
地下鉄の駅名にもなっている「花時計」ですが、時期のせいか少々色目が地味です・・・


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 フラワーロード 花時計 三宮 阪神淡路大震災

阪神電鉄・本線(その12)

○御影(みかげ)駅(兵庫県神戸市東灘区)
○石屋川駅(兵庫県神戸市東灘区)
○新在家駅(兵庫県神戸市灘区)

この辺り駅が密集してまして、また10分ほど歩くと、次の御影駅にたどり着きます。
15年ほど昔は特急も停まっていたので、当時阪神電車で通勤していた筆者も名前は知っていたんですが、最近は魚崎駅にその座を奪われて特急も停まらなくなってしまったようで、すっかり影が薄くなっています・・・

ところでこの御影という町、芦屋と並ぶ高級住宅街でもあるのですが、もう一つ駅名からもお分かりの通り、墓石や建材としても有名な「御影石」(花崗岩)の産地だったんだそうです(v.v)
今や山の手は、高級住宅街となってその面影をたどることもままならないんですが、次の石屋川駅など、辛うじて地名でその跡を残すのみとなっていますね。

御影駅のホーム下には、筆者がけっこうお気に入りの喫茶店「ミンガス」さんがあります。
正月早々営業されていたんですが、ここのカレーはスパイスが利いて絶妙の辛さ具合だし、値段の割にボリュームもなかなかのもので、特にお腹のすいた時のランチにはお勧めですよ~!(^o^)
御影駅の近辺でお勧めのカレーショップ、ミンガスさんでございます(v.v)


御影駅を出てからしばし沿線を歩きますが、住宅街・商業地帯が延々と続き書くべきネタがありません(T_T)
スタートが遅かったのもありますが、とうとう日が暮れて辺りも薄暗くなってきます・・・

ということで、一応の証拠写真でこちらが石屋川駅(v.v)
20100103-11.jpg

と、ここで見かけたのがこの道路標識。
おお、とうとう「有馬」や「三宮」なんて文字も現れてきたやないですか~(^o^)/
すごくざっくりした案内板ですがA(^^;、とうとう「姫路」や「有馬」の文字も見受けられます・・・

正月三が日のせいか収穫の少ない1日の中、これが一番の収穫でしょうか・・・


ともあれ、もうほぼ真っ暗な中で新在家駅に到着します。
こちらも阪神淡路大震災の時にはボロボロに崩壊した映像が印象的でしたが、もうその面影すらありません。
20100103-14.jpg



<本日(2010/01/03(日)の実績>
・本日の実績   :12,014歩(9.6km)
・2010年1月の実績:18,874歩(15.1km)
・2010年の実績  :18,874歩(15.1km)

・訪問済路線数  :22路線/137路線(16.1%)
・訪問済駅数   :198駅/1,685駅(11.8%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 御影 御影石 石屋川 新在家 阪神淡路大震災

阪神電鉄・本線(その11)

あけましておめでとうございますm(_ _)m

このブログを書き始めて、初めての年越しになります。
昨年は、西は神戸~東は京都まで自分の足で歩いたわけですが、普段は電車で通り過ぎるだけの街々にもすごく愛着を感じられたし、歩いてみて初めて知ったこともたくさんあって、なかなか充実していました!(^^)

今年も、どこまで歩くなどという目標は特に定めず、いつものように近畿の街をブラブラする様子をお伝えできればと思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

あ、あと肝心のダイエットの方は・・・現状維持以上のものが出せれば、それはそれでOKかとA(^^;


さて、前置きが長くなりましたが、2010年の新年第一回は阪神電鉄・本線を歩きます。
昨年秋以来なんですが、あれから高架化工事が進んで、前回のようにあちこち遠回りしなくて済むことを祈ります・・・


○住吉駅(兵庫県神戸市東灘区)

前回の最終到着駅・魚崎駅からのスタートになりますが、さすがに各駅とも(西宮戎神社への初詣で賑わう西宮を除き)、正月3日は人出も車も少ないですねぇ~
正月3日だからか、魚崎駅の駅前は人出も車も少ないですねぇ~


魚崎駅から5分ほど歩くと、次の住吉駅が見えてきます。
ところでこの辺り、「東区」という地名からも分かるように、京都・伏見と並んで、昔ながらの酒どころの一つなんです!

あいにく、筆者は日本酒が大の苦手(→悪酔いして社会復帰に二、三日かかります・・・)なのですが、白鶴さんや菊正宗さん、剣菱さんなど有名酒造メーカーの記念館もあるということなので、ちょっと沿線を外れて寄り道してみます(v.v)。


さすが本場だけあって、ちょっと道を歩くだけで、酒麹工場やよく耳にするブランドの看板が目に入ります。
さすが日本酒の本場、酒麹の工場や有名な酒造メーカーの看板がよく目につきますさすが日本酒の本場、酒麹の工場や有名な酒造メーカーの看板がよく目につきます

金網越しには白鶴酒造の工場が見えますが、かなり巨大なタンクがいくつも並んでいて、なかなかの壮観です!(@_@)
筆者だったら、おそらく二日酔いで一生社会復帰できないであろう?量の日本酒が、あの中に眠っているんですねぇ~
白鶴酒造さんの巨大なタンク(@_@)


少し道を裏手に入ると、今度は菊正宗酒造さんの建物が並んでいます。
とりわけ、(何の建物かは分かりませんが)石造りの風格ある建物が印象的です。

受付の地図で案内されていたので、肝心の記念館も訪れたのですが・・・当たり前ではありますが、本日は年末年始で休館日A(^^;
また日にちを改めて、寄らさせて頂きたいと思いますm(_ _)m
菊正宗酒造さんの敷地内にある、石造りの風格ある建物。


ちなみに、筆者も調べてみて改めて知ったのですが、「ワンカップ」でおなじみの大関さんは今津駅近辺、日本盛さんも西宮駅近辺・・・と、阪神本線の沿線には名だたる酒造メーカーの本社が集中してるんです。

ここまで来ると、さすがにすごいものがありますねぇ(@_@)



(「阪神電鉄・本線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 住吉 菊正宗 大関 日本盛 白鶴

阪神電鉄・本線(その10)

○深江駅(兵庫県神戸市東灘区)
○青木(おおぎ)駅(兵庫県神戸市東灘区)
○魚崎駅(兵庫県神戸市東灘区)
(六甲ライナー・魚崎駅 乗換駅)

芦屋駅を出てしばらく歩くと、ついに本日3番目の市・神戸市に入ります!
普段は鉄道で通り過ぎてるだけなので、歩いて神戸に入ったのは感慨もひとしおです(T_T)
いよいよ、神戸市に入りました~(T_T)


続く深江駅青木駅とも、芦屋駅とほぼ同じ構造の駅になっています。
この辺りも高架化+複々線化の対象になっている区間なので、そのうちきれいな駅舎に生まれ変わるのでしょうが、工事の関係もあって、周辺の方々が利用されるにもなかなか大変ではないかとお察しします(v.v)
芦屋駅とほぼ同じ構造の深江駅これまた、芦屋駅とほぼ同じ構造の青木駅


そういえばこの辺り、1995年の阪神淡路大震災で被害が最も大きかった地域の1つで、この青木駅周辺も大変な被害を被った地域です。

筆者も実際経験して、直後に(阪急沿線ではありましたが)被災地に入った経験を持っていますので、当時のニュースでよく流れていた「青木駅」「深江駅」の地名を聞くと、どうしてもその当時のことを思い出してしまいます・・・

阪神淡路大震災については、また時期が近づいたら企画させていただきますが、まさにその土地を歩いているんだという思いが次第にこみ上げてきます。


青木駅を出てしばらく歩くと、次の駅・魚崎駅が見えてきます!
筆者が近畿地区に引っ越してきた頃は、ようやく急行電車が停まるくらいの、まだまだマイナーな駅だったのですが、ここのところの発展めざましく、新しいマンションも建設され特急電車も停まるようになりました。

すぐ近くを流れる住吉川では、河川敷もすごくきれいに整備されて、ジョギングや散歩される方を数多く見かけましたが、川の両側の側道には白砂が敷き詰められ松が植えてあったり・・・と、かなり手間暇かけて整備された跡が見えました!
確かに、ジョギングしたり散策するには、抜群の環境の良さですよね!
阪神・魚崎駅からは、六甲ライナー・魚崎駅への連絡通路が延びています(v.v)「白砂青松」を地でいく、住吉川近辺の遊歩道!


ところで、どうもあまり知られていないようで、かのWikipediaにも掲載されていなかったので筆者が追記しておいたのですが・・・魚崎駅から徒歩5分ほどのところに、かの文豪・谷崎潤一郎の旧邸「倚松庵」が残されているんです!
文豪・谷崎潤一郎氏が晩年に過ごされた屋敷跡が残っていますd(-.-)文豪・谷崎潤一郎氏が晩年に過ごされた屋敷跡が残っていますd(-.-)

名作「細雪」はここを舞台に描かれたんだそうでして、ほんの少しだけ、いにしえの偉大な文豪を身近な存在に感じることができた一瞬です(v.v)


辺りもかなり暗くなって、写真もよー撮らん状況になってきましたので、本日はここまでといたします。



続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 深江 青木 魚崎 倚松庵 谷崎純一郎 住吉川 阪神淡路大震災

阪神電鉄・本線(その9)

○芦屋駅(兵庫県芦屋市)

・・・気を取り直して歩いてますと、次の駅・芦屋駅が見えてきます。
いちおう特急も停車する駅なんですが、全国的に名の知られた場所にある駅にしては、少々貧相な(失礼)造りではないかと・・・
いったん地下に入った後で改札を通り、再び三宮方面/大阪梅田方面のホームに分かれて上らねばなりません(-_-;
特急停車駅の割には、他の駅と比べて見劣りしてしまう芦屋駅特急停車駅の割には、他の駅と比べて見劣りしてしまう芦屋駅

とはいえ、芦屋駅から魚崎駅にかけての路線は、現在高架化&複々線化工事の真っ最中なんだそうでして!
場所によっては、元々の線路を片方+複々線化した線路を片方ずつ使い、その間の残りの2本の線路を敷設する工事を進めている区間もあります。

そのせいか、往復する電車の間で工事用の機械が動いている・・・といった、ちょっと不思議な光景を目にしました。
現在、芦屋駅の近辺は高架化工事が進んでいます(v.v)


さて芦屋駅から少し離れたところには、これまたレトロな雰囲気が何とも言えない建物が見えてきます。
これまたなかなか趣のある、芦屋警察署の建物。

実はこれ、兵庫県警・芦屋警察署の建物なんだそうです。
あの阪神淡路大震災までは現役で活躍していた建物なんだそうですが、震災後は建物の老朽化もあって、写真で見えている部分の裏手に新しい庁舎を建築されたんやそうですね。

写真で映っている部分は、今は使われていないそうですが、それでも街の雰囲気とすごくマッチしていて、なかなかいい感じですよね!(^^)



(「阪神電鉄・本線(その10)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 芦屋 芦屋警察署

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。