プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京阪電鉄・中之島線(その6)

○天満橋駅
(京阪電鉄・本線 天満橋駅、大阪市営地下鉄・谷町線 天満橋駅乗換駅)

なにわ橋駅を出ると、これまで分岐していた川(堂島川・土佐堀川)が一本化します。
やがて、中之島線の実質的な終端駅である天満橋駅の建物(「京阪モール」という総合商業施設)が見えてきます。

ここには昔、大阪と京都を結ぶ重要な船着き場(八軒家)があったということで、それはそれはひっそりを記念碑が建っています。
ただ、個人営業のお店の軒先に、それはそれは小さな碑が建っているだけなので、ほとんどの人は見逃してしまうのではないかとA(^^;
八軒家船着き場の碑がひっそりと建っています・・・


あと、最近でこそ大々的にPRするようになったみたいですが、駅の近くには「ミスター・タイガース」こと掛布雅之氏がプロデュースした居酒屋さんがあるんです。
掛布さんプロデュースのお店

筆者も何回か行ったことがあるのですが、看板にも掲げている地鶏料理の他に自家製の焼酎などもあって、なかなか楽しませていただきました!(^^)
ちなみに、店名の「ほっとこーなー」とは、掛布氏のポジションであったサードのことを指す言葉なんだそうです。


と、ここまで来たところで、だいぶ時間が余ってしまいました。
せっかくここまで来たので、ここから続く京阪電鉄・本線を歩くことにしました。


(「京阪電鉄・本線 その1」に続く)


スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 掛布雅之 八軒家

京阪電鉄・中之島線(その5)

○なにわ橋駅
(大阪市営地下鉄・堺筋線 北浜駅 乗換駅)

中之島公会堂の建物からすぐ近くに、なにわ橋駅の特徴的な出入り口が見えます。
(世界的な建築家・安藤忠雄氏のデザインによるものなのだそうです!)

川を挟んで、京阪電鉄・本線の北浜駅がすぐそこに見えているような状態なんですがA(^^;、なにぶん都心部の地下を走る路線のため、そうとう考え抜いた挙げ句にこのような状態になったそうです。
いくら何でも近すぎるやろ~A(^^;

使う方は、勝手なことをやいやい言いますが、鉄道会社も結構苦労されているんですねぇ・・・


ところで当の難波橋、別名を「ライオン橋」とも呼ばれ、橋のたもとに狛犬ならぬ狛ライオンが1対鎮座しています。
なにわ橋の狛ライオンさん1なにわ橋の狛ライオンさん2

この狛ライオンさんたち、大阪のPR素材として使われることも多いのですが、実物はかなり大きくて、筆者を3周りほど大きくした感じです(ただしメタボではありませんA(^^;)。


なにわ橋駅の近辺には中之島公園という公園があって、中にはバラ園など魅力的な施設も多いのですが、残念ながら現在リニューアル工事の真っ最中なんです。
現在工事中の中之島公園

リニューアル工事が始まる前、ちょうど写真手前の辺りには、明治時代に使われていた軍艦のマストが立てられていました。
聞くところによると、戦時中の中之島公園では、国威発揚の集会がよく開かれていたんだそうです。
そんな中、中之島自体を軍艦に見立て、その舳先にマストを立てて、市民の国威発揚に一役買っていたんだそうです。

【関連記事】
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090209/trd0902091252003-n1.htm

現在は歴史的な遺産として、広島の「大和ミュージアム」に保管されているそうですが、これだけ平和な時代になって、ようやく落ち着くところに落ち着いたといった感じでしょうか。


難波橋南側には、関西を代表する金融街・北浜の街が広がっています。
街の中はまた追ってご紹介する機会もあるかと思いますが、歴史のある街だけに、至る所にレトロな建物を見ることができます。
この手の建築に興味のある方なら、1日中歩き回っても飽きないかもしれません(^^)
なかなかレトロな建物が建ち並ぶ北浜です



(「京阪電鉄・中之島線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島 なにわ橋 中之島公園 安藤忠雄

京阪電鉄・中之島線(その4)

○大江橋駅
(大阪市営地下鉄・御堂筋線 淀屋橋駅乗換駅)

渡辺橋駅からほとんど見えているくらいの近い距離なので、程なく大江橋駅にたどり着きます。
古くから様々な公共施設が置かれていたところだけあって、ここら辺からだんだんと歴史を感じる建物が増えてきます。

まずは、大江橋駅の出入口の真横にある日本銀行・大阪支店の建物。
日本銀行・大阪支店の建物です

続いて、大阪市役所の裏手にある大阪市立中之島図書館の建物。
写真左手にあるところがそもそもの入り口だったらしいですが、現在では脇にある小さな出入り口から出入りするみたいです。
石造りで、なかなか荘厳な雰囲気のある建物です。
大阪市立中央図書館の、荘厳なたたずまいの建物。

更に、そのまた裏手にあるのが中之島公会堂(大阪市中央公会堂)の建物。
いまだ会議や展示会に使われている、バリバリの現役の建物なんですが、鮮やかな色の煉瓦造りがすごくインパクトあります!
中之島公会堂1中之島公会堂2

実はこの中之島公会堂には、年に1、2回しか一般公開されない大会議室があるそうです。
その部屋の天井に描かれているフラスコ画(やはりキリスト教系の画)は非常に素晴らしいらしく、毎年多くの美術ファンが立ち寄られているそうです。
この辺り、公式HPをこまめにチェックするしかないですね・・・


ところで、筆者も全然ノーマークだったのですが、今年8月から「水都大阪2009」というイベントが催されるんだそうです。

道頓堀川を始め川岸の遊歩道がだいぶ整備されたりしているのも納得なんですが、それにしてもPRのためのポスター、かなりノリノリでんな~>平松市長A(^^;;
ノリノリでんな~>平松市長



(「京阪電鉄・中之島線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 大阪市立中之島図書館 中之島公会堂 水都大阪

京阪電鉄・中之島線(その3)

○渡辺橋駅
(大阪市営地下鉄・四ツ橋線 肥後橋駅乗換駅)

中之島駅から少し歩くと、右手に異様なデザインの建物が見えてきます。
プラネタリウムの迫力が満点です!

その正体は「大阪市立科学館」と「国立国際美術館」の建物なのですが、特に大阪市立科学館は、見える範囲すべてがスクリーンとなっているプラネタリウムが魅力なんです!
筆者も何回か行ったことありますが、ゆったりしたリクライニングの椅子に座って鑑賞すると、まるで何もない草原の中で満天の星空を眺めているような錯覚に陥ります。

季節ごとのプログラムもなかなか凝っていて、お子さん連れて行かれるにしてもデートコースにするにしても、なかなかお勧めのポイントですよ!(^^)
(駅から少々遠いのが難点だけど)


遊歩道をさらに歩いていくと、あのサントリーの本社ビルが見えてきます。
サントリーの本社ビルです

正直、あれだけの有名企業の本社ビルにしては非常に「ちっこい」(小さい)という印象なのですが、何よりこれから夏にかけて、このビルの屋上でビアガーデンが開催されるんです!

筆者も何度か行ったことありますが、「ビアガーデン」という言葉で抱くイメージよりはかなり上品で、ガーデンテラス風の装いや間接照明など、なかなかオシャレな雰囲気を醸し出してます。
川岸なので涼しい風も漂ってくるし、料理も本格的でおいしいしで、個人的にはなかなかお勧めのポイントですよ!(^^)


実際の渡辺橋を横切ろうとしていると、新型インフルエンザによる外出自粛令の中、ちょっとした行列が・・・
休日やのに、「堂島ロール」を求めて・・・(T_T)

これ、最近噂になっている「堂島ロール」(ロールケーキ)を買い求める人々の行列なんです!(@_@)
筆者は甘い物が苦手(→酒飲みなのでA(^^;)なので、その魅力はよく分からないんですが・・・
よりにもよってこんな時期に、こんなたくさんの人がこれだけ接近して集まっている状況は、正直いかがなものなんでしょうかねぇ・・・(-_-;



(「京阪電鉄・中之島線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 渡辺橋 大阪市立科学館 サントリー 堂島ロール

京阪電鉄・中之島線(その2)

○中之島駅(大阪府大阪市西区)

文字通り大阪・中之島の西の先っぽに位置する駅ですが、ほぼ間違いなくグランキューブ大阪(大阪国際会議場)へのアクセスを意識した駅でしょう。

会議や各種催し物の他に、例えば中森明菜やら、数年前の(まだ人気が爆発する以前の)東方神起など、いろんなアーティストのライブが行われていた会場でもあります。
グランキューブ大阪

まだ新しい駅だけあって、駅の出入り口もすごく真新しいし、何より新しい木の香りがまだまだ残っているんです!
構内にはいると、これまた同じデザインで統一されていて、なかなか落ち着いた暖かみのあるデザインとなっています
中之島駅入り口のたたずまいなかなか渋いデザインの、中之島駅の構内


中之島駅のすぐ近くには、すごくレトロな雰囲気を残す建物が残っています。
その名も「莫大小会館」。何て読むか分かります?
莫大小会館のたたずまい何て読むか分かります???

伸び縮みする、ということで「メリヤス」と呼ぶのだそうですが、この建物、いまだに現役で使われていて、なかなかオシャレな小物なども販売されていました。

そういえば、子供の頃見た大阪を舞台にしたドラマ「あかんたれ」の主題歌で
「♪メリヤス工場の塀の影~」
という節があったのを思い出しました・・・(歳がバレますがA(^^;;;)


中之島線の開通に伴ってか、川(堂島川)両岸の遊歩道も整備されて、すごく歩きやすくなっています!
ここ数年で、中之島の遊歩道がだいぶ整備されました~


中之島駅からしばらく歩くと、「探偵ナイトスクープ」などの番組制作でおなじみの朝日放送(ABC)の新社屋が見えてきます。
昨年の5月に移転したばかりのきれいな新社屋で、一部は「ほたるまち」と称してカフェやレストラン街などが入っています。

すごく近代的な建物の南側には、すごく対照的なこんな記念碑が建っているんです。
福沢諭吉先生生誕の地だそうです。

すごく意外だったんですが、一万円札の肖像でおなじみ福沢諭吉の生誕の地が、この朝日放送ビルの近辺なんだそうです。
どうしても「慶応大学創設者」というイメージが先に立ってしまうのですが、ひょっとしたら福沢諭吉が子供の頃は、コテコテの関西弁しゃべっていたと想像すると、なかなか楽しいものがあります(^^)


(「京阪電鉄・中之島線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 莫大小会館 福沢諭吉 ほたるまち グランキューブ大阪

京阪電鉄・中之島線(その1)

全国的にあいにくのお天気となった上に、昨日今日で大阪・神戸地区はえらいことになってます!(@_@;

「外出自粛のため」なんて理由付けてサボればいいのかもしれませんが、やはり継続することが大切ですから、本日も引き続き歩きました。
まあくだんのインフルエンザについては、毎日手洗いとアルコールによるうがい(?!)やってるし、何より年寄りはかからないという話なのでA(^^;、しばらくは大丈夫だと思うんですけどね!


ともあれ、本日は京阪電鉄・中之島線の沿線を歩きます。

大きな地図で見る

京阪電鉄・中之島線は昨年10月に開通した京阪電鉄の新線で、文字通り大阪市内・中之島を走る路線です。
他路線との乗換がちょっと不便だったり、(新線なので)入り口からホームまでの距離がやたら長かったり・・・と、新線の割には今ひとつ盛り上がりに欠ける(失礼)路線ではありますが、それでも大阪市西部から京都・出町柳まで直通で行けるのは魅力ですね。

あと個人的は、中之島線開通に伴って導入された新型車両(3000系「コンフォート・サルーン」)の外装・内装デザインがすごくシックで、けっこう気に入っているんです!


ところで話は変わりますが、そこそこあちこちの鉄道乗ってきた筆者に言わせると、この京阪電鉄という鉄道は全国でもまれに見る、非常にユニークな鉄道だと思っています。
筆者が、今日までに気づいた限りのポイントを挙げてみます。

1)特急電車にテレビがついている!
2)特急電車に絵が飾ってあったり、交通安全のお守りが貼り付けてある!
3)特急電車に2階建ての車両がある!
4)終着駅に着いたら「社内整備」の時間があって、座席の向きを自動的に直したり社内のゴミ拾いしたりする!
5)特急電車には「補助椅子」が、その他の電車には一部「ラッシュ時ドア」がある!
6)車掌が、非常にアクティブに乗車カードの販売営業をする!
7)特急電車の車窓には、ブラインドではなくカーテンが設置されている!
8)車両によっては、跳ね上げ式の吊革である!
9)「京阪乗る人、おけいはん」などという独自のキャラクター・キャッチコピーを作り、定期的にリニューアルしている!
10)特急電車で大阪-京都を往来する際、電車の発車音をつなげると1つの曲になる!
 しかも、作曲者は(そこそこの年代の方ならご存じでしょうが)あのカシオペアのキーボード、向谷実さん!
11)沿線である京都市民から
 「京阪なんか乗る人いんの???」
 と疑問視されている!A(^^;
12)(ごくごくまれに)気持ち悪いを通り越して、悩ましい声で車内アナウンスが行われる
 (漫才コンビ「中川家」の初期のネタにもあります)
※特急電車に乗るのに、+αの料金は必要ありません

・・・とまあ、こんな具合でしてA(^^;;;

ちなみに、筆者は何十回となく京阪電車を利用していますが、実は5)のラッシュ時ドアのある車両があるのは、今日初めて知りました!
京阪・中之島線の「ラッシュ時ドア」



(「京阪電鉄・中之島線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 3000系 コンフォート・サルーン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。