プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その4)

高安山の頂上(付近)から、そこそこ緩やかな山道(主に下り坂)を進むこと30分ほど。
今度は信貴山の山頂に到着します。
20170502-047.jpg

いきなり出迎えてくれるのが「信貴山城跡」という石碑なんですが、先ほどの高安城から時代を下る事しばし、戦国時代に築かれた、まさに私らがイメージする「お城」があった場所みたいです。
かの織田信長が滅ぼしていらい廃城になったんだそうで、こんなところでも歴史を感じる史跡が残ってるんですね・・・

山頂には空鉢護法堂という、神社?のご本尊が祀られている建物があります。
こちらは例によって宗教施設のため、写真撮影は遠慮させていただきますが、その傍らからはこのように鳥居に囲まれた下り坂が伸びています。
20170502-049.jpg

いざ降り始めると・・・これが結構長い!
時間にして、かれこれ15分ほど下るでしょうか(@_@)
ふと振り返ると、そこそこの高さを下った様が分かります。
20170502-051.jpg

ただ、先ほどの高安城跡の案内板にあったように、登りに比べて傾斜はかなり緩やかです。
道がつづれ折になっているせいもあるでしょうが・・・これ登ってきてたら、メッチャ楽やったやん!(-_-;


とまあ、悶々とする心を抑えながら坂道を下ります。
相変わらず、何百と言う鳥居の下を潜り抜けていくんですが、そんな中で見かけたのがこれ。
20170502-052.jpg

ええっ、筆者もこれまで、そこそこの数の神社仏閣見てきましたが・・・
ステンレス製の鳥居って、初めて見ましたよ!(@_@;



(「近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 西信貴ケーブル 信貴山城 空鉢護法堂

近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その3)

高安山駅を後にして、高安山の頂上を目指します。
険しかった登山ルートとは打って変わって、鮮やかな新緑が広がる中非常に緩やかな斜面を登ります。
せめて、この緩やかさを登山ルートの前半に分けてほしかったものですが(-_-;
20170502-027.jpg

やがて右手には、気象庁が設置しているレーダー施設(高安山気象レーダー観測所)が現れます。
そういや、そこそこ近畿エリアをあちこち動き回ってる割に、気象レーダーを見つけたのはこれが初めてです!
20170502-031.jpg

Wikipediaによると、このレーダーの前身は(場所こそ違えど)日本で最初に設置された気象レーダーやったそうですね!(@_@)
今や天気予報で当たり前に見てるレーダーの映像が、日本で最初に映し出されたのがここ大阪やったというのも、また感慨深いものがあります。


レーダー施設のすぐ脇には、今度は日本書紀にもその名が刻まれていたという高安城の址が広がっています。
20170502-035.jpg

傍らにあった説明板によると、その昔大和朝廷が唐などと戦をした後、敵の進出を食い止めるために築かれたお城なんだそうです。
その説明文中には
「大阪側の急峻な斜面」
云々って記述があったんですが、ってことは・・・もしかして筆者が登ってきたルートは、メッチャ大変なルートやったとか?!(-_-;;;
まあ、その辺りはおいおい分かることなので、とりあえずは先に進みます。

実のところ、高安山の山頂はこの辺りやったみたいなんですが、とうとう明確な山頂部分も見つけられず。
高安城址から少しばかり離れたところには、高安城の倉庫の址と言われる場所が広がっています。
高安城自体、ほとんど痕跡が残ってないらしいのですが、こちらは建物の土台石が残されておりますねー。
20170502-040.jpg20170502-042.jpg

今度は緩やかな下り坂を進みながら、引き続き信貴山を目指します。
つい先ほどまで大阪平野の景色が広がってたのに、今度は奈良方面の景色が目の前に開けます!(^o^)
20170502-043.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 西信貴ケーブル 高安山 信貴山 気象レーダー 高安城

近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その2)

○高安山駅(大阪府八尾市)

筆者もこれまでいくつかの山登ってきましたが、生駒山、葛城山といった生駒山系の山々は、とにかく登り初めがきつくて、五合目に至るまでにヘロヘロになった記憶がありますが・・・
ここ高安山も同じで、まーとにかく勾配のきつい道が延々続いていて、一息つく間もありません!(x_x;

結局、汗だく&足パンパンになりながら、険しい山道登り続けること1時間半弱。
ようやく、目の前に人工構造物が見えてきます~(T_T)
20170502-025.jpg

と、すぐにここが山頂部付近ではないことに気づきガッカリですが、それでもこんなユニークな看板見かけて、ちょっとばかし心がなごみます。
野性のイノブタ(=家畜)が出没するって、どんなとこやねん!A(^^;;;
20170502-026.jpg


見かけた人工構造物を下って行くと、5分くらいで西信貴ケーブル線の山側の終着駅・高安山駅が現れます。
20170502-029.jpg

山の駅やし、そもそもが1時間に1、2本しか通ってないので、駅前は何ともうら淋しい雰囲気。
しばし休憩しますが、そんな中駅近くの公衆トイレで見かけた光景がこちら。
20170502-030.jpg

へぇー、お手洗いの水をケーブルカーで運んでたら、切れた時にどうするんやろ?と、いらぬ心配が浮かんできましたA(^^;



(「近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 西信貴ケーブル 高安山 イノブタ

近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その1)

○信貴山口駅(大阪府八尾市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・信貴線 信貴山口駅 乗換駅)

そこそこ傾斜のある山道を10分ほど登りますが、それでもまだ沿道には民家が広がっています(@_@)
山登りするときにいつも思うんですが、通勤通学や買い物etc.様々な不便があるでしょうに、このように山の中腹に住んではる方はホンマにすごいと思います・・・
20170502-018.jpg

やがて左手には法蔵寺というお寺さんが見えてきます。
山の中腹にあるにもかかわらず、そこそこ大きくて立派なお寺さんですねー。
20170502-020.jpg

もうこの段階で、辺りに高い建物も減っているので、ふと振り返るとええ眺めが広がってます!(^^)
20170502-022.jpg


と、ここまではそこそこ快調に進めていたんですが、法蔵寺を過ぎたあたりから思い切りの山道が広がります。
とうとう、道路わきの木々が頭の上まで覆いかぶさってきてて、足元も薄暗くなってます・・・
20170502-023.jpg

やがて木々の中を潜り抜けたりしながら・・・
20170502-024.jpg

そこそこ傾斜のある山道を登り続けて一時間ちょっと経過しますが、それでもまだ頂上付近の兆候は見えません。
ええっ、事前に予習してたよりかなりキツいルートですやん(x_x;
けっこうヘロヘロになりながら、引き続き山道を登り続けます。



(「近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その2)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 信貴山口 高安山駅 高安城址 法蔵寺

近畿日本鉄道(近鉄)・信貴線(その2)

○信貴山口駅(大阪府八尾市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル 信貴山口駅 乗換駅)

服部川駅の周辺をブラブラしてみますが、住宅街ということもあり個人商店が2、3件ある程度。
仕方ないので、先に進むことにします。

ふと路線の方に目をやると、やはり路線にもそこそこの傾斜がついてきてます。
20170502-011.jpg


緩やかな坂道を上り続けること約15分、次の信貴山口駅に到着します。
いやー、いかにもお山の駅という雰囲気の駅舎ですねー(^^)
20170502-014.jpg

筆者も初めて訪れる駅なので、しばらく駅周辺をブラブラしてみます。
駅舎の構造はL字型になっていて、信貴線と西信貴ケーブルのそれぞれをつないでいるようですねー。
20170502-015.jpg


駅前でしばらく休憩と情報収集を行い、いよいよ今度は西信貴ケーブル線沿線の旅(=高安山の山登り)に移ります。
高安山への登山には、ここ信貴山口駅からケーブル線に沿って進むルート(「おおみちルート」)の他、大阪線の高安駅や先ほど通った服部川駅からのルートなど、いくつかルートがあるようです。
事前にネットで調べた限り、どのルートが一番楽かは分からなかったため、いつものように路線に沿った「おおみちルート」を登ることにします。

というわけで、駅北側の道から登り始めます。
20170502-016.jpg20170502-017.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・西信貴ケーブル(その1)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 信貴線 信貴山口 高安山 登山 おおみちルート

近畿日本鉄道(近鉄)・信貴線(その1)

相変わらずのええお天気となっているここ近畿地方です(^^)

一昨日の街歩きが中途半端に終わってしまったため、今日はちょっとガッツリ歩けるところを模索してたら・・・見つけました。
やがて(近畿エリア内の)全線踏破も目の前の近畿日本鉄道(近鉄)はん・信貴線西信貴ケーブル線

正直、関西在住30年近くになる割にまったく知らないところやったんで、とりあえずは歩行ルートや沿線のスポットを十分机上で予習して臨みます(v.v)


○河内山本駅(大阪府八尾市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線 河内山本駅 乗換駅)
○服部川駅(大阪府八尾市)

おおよそ5年ぶり河内山本駅に降り立ちます。
正直なところ、前回訪れた時は書くべきネタが何も見つからなくて、ほとんどスルーの扱いになってますがA(^^;、駅舎はこんな感じです。
20170502-001.jpg

いやー、それにしてもええお天気になりましたね~(^o^)/


改めて約5年ぶりに駅周辺をブラブラしてみますが、改めて特に書くべきネタも見つからなかったのでA(^^;、さっそく沿線歩きの旅に移ります。
写真左側に分岐してる信貴線の周辺には、何だか昔の鉄道にあったような木製の柵?が作られていて、ちょっと懐かしい雰囲気を漂わせてますねー
20170502-003.jpg

路線は住宅街の中を進みます。
延線の道はほとんどないので、筆者は何とか路線を見失わないようにできるだけ近くを進みます。

やがて、河内山本駅でも何となくは見えてましたが、これから登るであろう高安山・信貴山含む生駒山系の山々が迫ってきます!
20170502-007.jpg

ううむ、毎年初詣で登ってる比叡山よりもなだらか(な気がする)し、高さもさほど高くない模様。
割と楽に登れるのではないでしょうか?


延線の道に比較的緩やかな傾斜が付き始めたところで、住宅街の中に次の服部川駅が現れます。
いちおう地図見ながら進んでたつもりでしたが、見つけるのにちょっと一苦労の場所にあるんですね・・・
20170502-010.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・信貴線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 信貴線 河内山本 信貴山 高安山 服部川

近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その21)

○京都駅(京都府京都市下京区)
(JR西日本・東海道本線/山陰本線/奈良線、JR東海・東海道新幹線、京都市営地下鉄・烏丸線 京都駅 乗換駅)

やがて次の京都駅に近づき、目の前を近鉄の特急電車が走る様も目にするようになりました。
ちなみにこれは、今年サミットが行われた伊勢志摩方面に向かう伊勢志摩ライナーのようですね(v.v)
20161010-030.jpg

そういや、京都駅って中心街の南側に位置してるし、乗換えなども北側ばかりでやってたので、近鉄が走ってる南側って今までほとんど来たことありませんで・・・

そういや、20年近く前こ京都駅南西側にあるこの天下一品はんで、初めてこってりラーメンを食べた記憶がよみがえります。
最近はめっちゃ健康に気を使ってるんで、さすがにこってり過ぎるここのラーメンは、今となってはよー食べませんがA(^^;
20161010-032.jpg


引き続き京都駅正面に進むと・・・新幹線に乗ってたら、京都駅でよく見かける光景ですねー
京都を代表する企業の一つワコールはんの本社ビルと、パナソニック(松下電器産業)の創設者である松下幸之助はんが設立しはった出版社、PHP研究所の本社ビル。
20161010-034.jpg

と、これも実に意外やったんですが・・・駅の建物のすぐ真ん前に駐輪場の施設があって、しかも最近ぼちぼち見かけるようになった、ハイテク地下駐輪場やないですか!(@_@)
20161010-035.jpg

完成は昨年2015年の冬で、この機械1基あたり200台の自転車を収納できるそうです。
まー確かに、古都京都の玄関口である京都駅周辺が放置自転車であふれる光景はよろしくないんですが・・・

筆者はこれまでそこそこ市内をブラブラしてて、その都度文句言ってますが、そもそも京都市街地って自転車のマナーがめっちゃ悪いですやん!(>_<)
(レンタサイクルなどあるんで、決して「京都市民のマナーが悪い」という意味ではありませんが)

加えて、もともと道自体が狭い中で車と自転車、歩行者が共存してる状況があるので、むしろ(レンタサイクル含めて)自転車の通行禁止エリアを設けたほうがええんやないかと。
その分、観光スポットを廻るバスなどを充実されればええ話ですからね!


ともあれ、近鉄・橿原線からスタートして4年がかりで歩き続けてきた京都までのルートも無事踏破。
そこそこの充実感を抱きながらJR線のホームで大阪行の電車を待ってますと・・・
20161010-036.jpg

何やら鉄道マニアの方がしきりに写真撮ってはると思ったら、をを、もうじき大阪環状線に投入される新型車両323系やないですか!
何で京都駅に停留してるのかは「?」でしたが・・・ともあれ、近々この列車に乗れる日も近いということで、楽しみにしておりますよ!(^o^)/



<本日(2016/10/10(月)の実績>
・本日の実績   :17,684歩(14.1km)
・2016年10月の実績:88,710歩(71.0km)
・2016年の実績  :2,124,801歩(1,699.8km)

・訪問済路線数  :107路線/137路線(78.1%)
・訪問済駅数   :1,135駅/1,689駅(67.2%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 京都 伊勢志摩ライナー 天下一品 PHP研究所 ワコール 大阪環状線 新車両 323系

近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その20)

○東寺駅(京都府京都市南区)

引き続き油小路通を進みます。
沿道にはけっこうお店なども増えてきてきたんですが、相変わらず特に書くべきネタもないまま、とうとう次の東寺駅に到着してしまいました・・・
言うまでもなく、桜や紅葉の名所としても有名な世界文化遺産・東寺(教王護国寺)の最寄り駅ですねー
20161010-025.jpg

駅舎の周辺からもうすぐに、東寺のシンボルでもある五重塔が見えております。
とはいえ、新幹線で大阪-京都を行き来する際にはほぼ必ず見かけてて、たぶんこれまで百回以上見てるにも関わらず、つい最近までここ東寺のものと知らなかった誰かさんもどうなんやとは思いますがA(^^;;;
20161010-026.jpg

残念ながら、拝観時間を少し過ぎてしまったので、境内の中をブラブラすることはできませんで。
仕方なくお寺の塀沿いにブラブラしてみますが・・・いやー、何とも立派な山門(南大門)です!
20161010-027.jpg20161010-028.jpg

既に閉門されてるにもかかわらず、門の前には(特に)外国人観光客が何組かとどまって、写真撮影などされておりました。
今回はタイミング的に残念ではありましたが、何せもうすぐ紅葉シーズンやないですか!(^o^)/
また時期を改めて、お邪魔させていただくことにしましょう。


さて、一通り東寺の周囲をブラブラしたところで東海道新幹線の沿線にぶつかってしまい、そのまま沿線歩きの旅に戻ります(v.v)
20161010-029.jpg


(「近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その21)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 京都線 東寺 五重塔 教王護国 世界文化遺産

近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その19)

○上鳥羽口駅(京都府京都市伏見区)
○十条駅(京都府京都市南区)

竹田駅の北側を進んでいると、広大な敷地にずらりと地下鉄の車両が並べられてます!
20161010-015.jpg

へぇー、烏丸線ってけっこうダイヤ過密やから、列車もバリバリ前線で使われてるのかと思ったら、意外とこうやって整備状態にある車両も多いんですね。
全体でどのくらいの車両で回してはるのか、興味があるところです。


さて、駅近くを走る高速道路に沿って進んでますと、ほどなく次の上鳥羽口駅に到着します。
高架を走る路線下にある駅なので、下手すると見逃してしまいそうな感じで・・・
20161010-018.jpg20161010-019.jpg

上鳥羽口駅の周辺もブラブラしてみたんですが・・・相変わらずどこにでもある商業地帯のため、特に書くべきネタも見つからず・・・
仕方ないので、引き続き沿線歩きの旅に戻ります。


大阪市と異なり、東西南北を走る道路が「通り」で統一されてる京都市内。
基礎知識があればどの辺歩いてるのか分かるそうですが、コテコテの大阪市民にはさっぱり分かりません(-_-;
しかも、大阪市内みたいに5つ6つ覚えればええわけやなくて、メッチャ数あるし(-_-;;;

ちなみに、筆者が北向きに歩いてるのは油小路通なんやそうです。
と、その油小路通を更に進んでますと、右手に何ともインパクトのある白い建物が!
20161010-021.jpg

近寄って見ると、やはりそうです!
京阪電鉄・本線沿線を歩いたときには、その創業地跡を訪れましたが、こちらはバリバリの現在の任天堂はんの本社。
20161010-022.jpg


今年は「ポケモン某」だか何だか言うゲームを発表して、夏休み前後には一世を風靡したものの、現在は完全に下火に。
例によって、メディアがあまりにも過剰に「煽った」反動で、そんなゲームがあったことすら忘れつつありますよね。
しかも、当の任天堂も、さほどおいしい商売ではないみたいやし・・・

せっかくの機会なんで、ちょっとシビアなこと言わせていただくと。

筆者が個人的に感じるところでは、例えば原爆ドームや日航ジャンボ機墜落事故の現場をスポットに設定したり、何より京都で生まれ育った企業やのに、地元の歴史ある宗教施設を片っ端からスポットに設定するなんて、あまりにも配慮や思慮が足りなさ過ぎです!(-_-;

世界的に規模も影響力も大きくなってる今、花札作ってる時分の感覚ではなく、もっと
「企業の社会的責任」(CSR)
を十分考えたうえで、商品開発やPRをすべきです。

それに、既にかの「ポケモン某」を原因とした死亡事故も3件発生しています。
このような事態は、サービス提供前から十分に予見できたであろうに、何故対策を講じないままサービス公開したんでしょう?
結果的に、「有名税」で後から後からネガティブ情報が上塗りされたのもあいにくでした。


・・・話を戻します(v.v)

任天堂はんの本社から歩くこと約5分ほど。
やはり高架下のスペースに、次の十条駅が現れます。
20161010-023.jpg


(「近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その20)」に続く


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 京都線 上鳥羽口 十条 任天堂 企業の社会的責任 CSR ポケモン某

近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その18)

○竹田駅(京都府京都市伏見区)
(京都市営地下鉄・烏丸線 竹田駅 乗換駅)

これまで、沿線の道は途絶えがちやったんですが、伏見駅からはようやく大きな道に接するようになってます。
20161010-008.jpg

・・・と一安心できたのもつかの間、路線はひたすら住宅街&商業地域の中を進みます(-_-)
かくして、特に書くべきネタも見つからないまま、やがて右手に次の竹田駅の駅舎が見えてきます。
20161010-010.jpg

おお、京都市営地下鉄・烏丸線を使ってたら、南の終着駅としてよく耳にする駅名やないですか!
筆者も初めて訪れる場所なんで、ちょっと辺りをブラブラしてみます(v.v)


と沿線を引き続き進んでると、500mほど進んだところで、またまた竹田駅の駅舎が?!(?_?)
20161010-011.jpg

ええっ、これ1つの駅舎やったら相当細長くないですか?!
折しも改札内に入る機会があったんで、駅舎の構造を確かめてみます。
20161010-013.jpg

実際にホームを歩いてみると、ようやく分かりました!
東西に駅舎が一つずつあって、それを屋根付きのホームがつなぐ形になってたんですねー
20161010-014.jpg

改札を出て再び駅周辺をブラブラしてみますが・・・乗換駅の割には、バス乗り場やロータリーがあるだけの、何ともシンプルな駅前。
そこそこの範囲を歩き回りましたが、特に書くべきネタもないまま、ただ時間だけが過ぎてしまいます・・・
20161010-012.jpg


(「近畿日本鉄道(近鉄)・京都線(その19)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 京都線 竹田 京都市営地下鉄 烏丸線