プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その17)

◯橿原(かしはら)神宮前駅 [近畿の駅百選 選定駅]
(近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線/吉野線 橿原神宮前駅 乗換駅)

橿原神宮の敷地内に入り、ブラブラ歩きます。
道は少々悪いのですが、静かな上にとにかく緑が多いし、深田池には水鳥も遊び、散歩するにはピッタリかもしれませんねー(^^)
橿原神宮の敷地の中には、かなり広い池もあって、散歩するにはもってこいかも知れませんねー(^^)深田池の辺りは静かで、緑も豊かです!


池のほとりをブラブラしていると、やがて橿原神宮の山門が見えてきます。
これまで近畿のあちこちをブラブラしてきた筆者ではありますが、これまで数多くお宮さん・お寺さんを見てきた中でも、一番立派な山門ではないでしょうか?!(@_@)
筆者がこれまで見た中でも、最も立派な橿原神宮の山門

例によって境内内部の写真撮影は控えさせて頂きましたが、山門だけでなく建物もかなり広くて立派です!
この橿原神宮、初代の神武天皇を祀った神社だそうで、どおりで立派な造りなんですね・・・

これまでは静かな雰囲気を楽しめていたんですが、神社東側の鳥居をくぐる頃には、近くで行われている音楽イベントの音が漏れてきまして・・・これはちょっと無粋ですね・・・(-_-)
静かな境内なんですが、近くでやっている音楽イベントの音が無粋です(-_-)

今日は何やらイベントをやっていたようで、フリマなどをやっている中を通って、次の橿原神宮前駅に到着します。
何とも雰囲気たっぷりで、立派な造りの駅舎ですね!(@_@)
何とも雰囲気たっぷりで立派な造りの橿原神宮駅!

さて、去年夏から1年がかりで歩いてきた近鉄・南大阪線もここが終着。
筆者が未開拓の場所ばかりで、いつもながら新しい発見を楽しませていただきました!(^^)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その1)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 橿原神宮前 神武天皇

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その16)

◯浮孔(うきあな)駅(奈良県橿原市)
◯坊城(ぼうじょう)駅(奈良県橿原市)
◯橿原(かしはら)神宮西口駅(奈良県橿原市)

沿線をさらに進むと、だんだんと田んぼが多くなってきます。
次の浮孔駅もこんな感じで、まさに田んぼと住宅の中にたたずむ感じになってます(^^)
田園風景の中でたたずむ浮孔駅

ところで、(前にも書いたように)奈良に入ってから沿線の道がすっかりなくなったんですが、それもそのはず、路線がこんな感じに、道路を斜めに横切ってるんです!
奈良に入ってからの南大阪線は、こんな感じで道を斜めに横切るように通ってるんです(-_-;

こんな感じなんで、そこそこの距離歩いてはいるものの、沿線はほとんど進めない状態が続きます(-_-;
地図を見ればわかりますが、こんな路線がしばらく続いてます・・・

大きな地図で見る


次の坊城駅を出て、更に沿線を進みます。
周りに高い建物がないせいで、山々もよく見えますね!
奈良東部の山々を目の前に、沿線を進みます(v.v)

路線は、相変わらずのどかな田園風景の中を進みます。
これなんか、なかなかいい感じの絵になってますねー(^^)
こんなのどかな田園風景の中を電車は進みます


やがて次の橿原神宮西口駅に到着しますが、辺りに大きなお店などない、いたってシンプルな駅前です。
それもそのはず、駅前を少し歩いただけで、文字通り橿原神宮の西口があるんです。
大きなお店もない、シンプルな橿原神宮西口駅の駅前。文字通り、橿原神宮の西口にある橿原神宮西口駅A(^^;

筆者もこれまで訪れたことがないお宮さんでもあるし、せっかくなので中を歩いてみることにします(v.v)


(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その17)+近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その1)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 浮孔 橿原神宮西口 坊城

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その15)

何だか連休が多いこの頃ですが、もちろん筆者も大阪に帰ってのんびりしています!
このお休みの間、日本列島たいがい天気良さそうなんですが、ここ近畿地方も雲一つない、めちゃめちゃいいお天気となりました~(^o^)

そんな中歩くのは、これまた久しぶり(4ヶ月ぶり?!)の近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線
何だかんだで、今日で完歩できそうなんですが、奈良に入ってから沿線の道がなくかなり難儀してる路線なので、それだけが気がかりです・・・


◯尺土(しゃくど)駅(奈良県葛城市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・御所線 尺土駅 乗換駅)
◯高田市駅(奈良県大和高田市)[近畿の駅百選 選定駅]

昼過ぎの尺土駅に降り立ちますが、ほんまに雲一つないええお天気!
風も心地よくて、絶好のお出かけ日和ですね~(^o^)
雲ひとつない、めちゃめちゃええ天気になりました~(^o^)

駅を出てしばらく歩くと、もう辺りには田んぼが広がっています。
前回6月に歩いたときは、まだ田植えが終わった直後の光景でしたが、早いものでもう稲刈りのシーズンですかー
まったく、月日が経つのは早いものです。
もう稲刈りのシーズンなんですね・・・

街路樹の落ち葉も目立つようになっていましたが、その一方、筆者は30分くらいしか歩いてないのに、そこそこ汗ばむ陽気なんですけどね!(+_+)
川沿いの並木道も、ぼちぼち落ち葉が目立つようになっています


やがて、次の高田市駅に到着します。
初めて訪れるところなので、駅前の商店街をブラブラしてみますが、まず目に付くのが、辺り一面に掲げてあるこののぼり。
「おかげ祭り!?」
高田市駅前では、「おかげ祭り」ののぼりをたくさん見かけます。

BGMで流れている音頭が何とも微妙(⇒失礼!)で印象的なんですがA(^^;、後から調べたところによると、伊勢神宮への「おかげ参り」をする人たちのお祭りのようですね。


さらに駅前商店街をブラブラしてますと、「高田の星」という看板のお店を発見します。
(おそらく)JR和歌山線の昔の駅名プレートに惹かれたのですが、よくよく見たら駄菓子も売ってるし、昔懐かしい手動のレジスターなども飾ってあるじゃないですか!(^o^)
地元の商工会議所が運営している駄菓子屋さん?のようです(^^)

地元の商工会議所が運営されているお店のようですが、こういったほっこりできる雰囲気のスペースがあるのはうらやましいですねー


(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 尺土 高田市 高田の星 おかげ祭り

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その14)

◯磐城(いわき)駅(奈良県葛城市)
◯尺土(しゃくど)駅(奈良県葛城市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・御所線 尺土駅 乗換駅)

だいぶ陽も傾いてきたので、先を急ぎたいところではありますが、せっかくなので当麻寺に立ち寄ってみることにします(v.v)

駅からは徒歩10分ちょっと。少々不便な場所にあるんですが、お食事処などの門前町を通って現れたのは、思い切り工事中の当麻寺山門。
駅名にもなっている当麻寺(當麻寺)は、現在山門の工事中のようですね・・・

時間はだいぶ遅かったんですが、特に入場制限などもなかったので境内に入ってみます。
さっそく目につくのは、日本最古のものと言われている梵鐘。
もちろん、近くに寄ってみることはできません・・・
當麻寺の境内内にある梵鐘は、日本最古のものと言われているそうです(v.v)

他にも立派な塔など、見るべきものは多数あったんですが、何せ光量が足りなくてろくな写真が撮れませんでした・・・m(_ _)m


当麻寺駅を出て、さらに沿線を歩きます。
時間的に相当厳しくなってきましたが、せめて急行が停まる尺土駅にはたどり着きたいのですが・・・(T_T)

これといって書くべきネタも無く次の磐城駅も通り過ぎますが、そんな中で、沿線に大きな池のある公園を見かけたので、ちょっと立ち寄ってみます。
時間も、相当ええ時間になってますよね・・・(-_-)
すっかり日も暮れてしまいましたが、尺土駅近くの公園

公園の名前は失念してしまいましたが、池の畔には満開のショウブが咲き乱れていて、めっちゃキレイです!(^^)
池の畔には、ショウブの美しい花が咲き乱れておりました!(^o^)

そうこうしているうち、ようやく今日の目標だった尺土駅にたどり着きました~!
辺りもすっかり暗くなった中、ようやく尺土駅にたどり着きました(v.v)

GW中に訪れたときは、駅北側からアプローチして、
「特急・急行停車駅やのに、駅舎しょぼいなぁ・・・」(失礼!)
などと思っていたのですが、どうして南側はけっこう造りがしっかりしてますね~

ここまで頑張ったおかげで急行電車に乗って、そのままスルリと大阪市内に戻ることができました!
今後移動距離が大きくなってきたら、この差はかなり大きいですよねー
移動経路も含め、今後いろいろと事前にシミュレーションしてみます(v.v)



◯本日(2011/06/04(土))の実績
・本日の歩数:31,375歩(25.1km)
・2011年6月の歩数:74,514歩(59.6km)
・2011年の累計歩数:1,911,002歩(1,528.8km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 磐城 尺土 当麻寺 日本最古の梵鐘

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その13)

◯二上(にじょう)神社口駅(奈良県葛城市)
◯当麻寺(たいまでら)駅(奈良県葛城市)

しばらく田園風景が続き、正直ブログのネタとしてはかなり困ります(-_-;

そんな田園風景の中たどりついたのが、次の二上神社口駅
この辺りの駅、写真左側に映っているような、改札の外にある個人商店に委託して「駅売店」の代わりにしているケースが多いようですね。
二上神社口駅の光景ですが、この辺りになると駅売店が外部委託されていて、改札の外にあるんです。

二上神社口駅の駅前には、駅が所在する葛城市の案内板が掲示されているんですが・・・駅の反対側はいまだ香芝市のままで、どうも路線は市境を走っているようですね・・・
この辺り、ちょうど葛城市と香芝市の市境に沿って歩いてるみたいで


ようやく住宅や商店が増えてきた国道沿いを東に進んでいると、だんだんと沿道の畑で煙が上がっている光景を見かけます。
今の時期に焼畑?という気もしましたが、それにしてもすごい勢いで燃やしてはるので、辺り一面草の焼ける香ばしい匂いが漂っています。
当麻寺駅に近づくに連れ、辺りではすごい勢いで野焼きされてる光景を見かけます(@_@;

やがて次の当麻寺駅が近づくに連れ、沿道には
「たいまの里」
なんて看板が掲げられていたりして、パッと見ちょっとビックリしますA(^^;

そんな中で、飛鳥時代からの歴史を誇る当麻寺に通じる通りでは、交番のデザインもなかなか粋ですよねー(^o^)
当麻寺駅の近辺にある交番は、なかなか趣きのあるたたずまいです!(^^)

その交番の向かい側には「相撲館」(けはや座)?!
何でこんなところで「相撲」なんでしょう???(?_?)
なぜか「相撲会館」が???(?_?)

建物の近くには石碑が立っていて、傍らの説明を読んで分かりました!
日本書紀に力自慢二人を戦わせたという記述があり、そのうちの一人・當麻蹶速(たいまけはや)の屋敷があったのがここなんだそうです。
なぜか「相撲会館」が???(?_?)


この対戦が日本で初めての「相撲」の起源とのことで、写真の「相撲館」には相撲に関する資料が多数展示されていたり、大相撲で使われるのと同じサイズの土俵が作られているとのことでした。

筆者も(多少ながら)相撲には縁がある立場なので興味津々でしたが、残念ながら既に閉館時間後で、中の様子はわかりませんでした・・・



(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 相撲館 けはや座 二神神社口 當麻蹶速

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その12)

◯二上山(にじょうざん)駅(奈良県香芝市)

相変わらずの山がちの道。
自販機もコンビニもない中、テクテク歩いてますと、大阪府最後の街・太子町に入ります。

全国的にはかなりマイナーな(失礼!)場所ではあるのですが、かの聖徳太子の廟がある街として有名なところなんです!
たまに撮影するマンホールデザインも、思い切りそれを意識してますねー
大阪府南河内郡太子町

それにしても、沿線の道にはコンビニも自販機も1つも見かけません。
木々の中からは、メチャメチャ気の早いセミが一匹鳴いてやがりますが(-_-;、ともあれ早めにミネラルウォーターを買っておいて正解でした・・・
自販機もコンビニもない中、山がちのそこそこの長い距離を延々歩きます(x_x;


先ほどの上ノ太子駅を出てから1時間以上、山がちの道を歩き続けていますが、なかなか次の駅が見えてきません(x_x;

後から分かった話なんですが、次の二上山駅までの路線距離は5.3km!(実際には7、8kmは歩くことになる?)
緩やかながら道のアップダウンもあって、夏日の道歩きは少々辛いものがあります・・・

そこそこくたびれてきたところで、2回目の奈良県入りとなります。
辺りにはテレビなど不法投棄されたゴミが多数散らばっていて、正直お世辞にもキレイとは言いがたい県境ですね・・・(-_-;
正直、お世辞にもきれいとは言いがたい奈良県との県境(-_-;


奈良県香芝(かしばし)市に入ってから程なく、沿道にこのような看板を見かけます。
「奇勝?!」どんづる峯(@_@;
筆者はノーマークでしたが、「奇勝」どんづる峯があるそうです。筆者はノーマークでしたが、「奇勝」どんづる峯があるそうです。

事前調査でもノーマークだったスポットなので、さっそく向かってみます(v.v)

先ほどの看板から軽めの山道を5分ほど歩くと、もう見えてきました!
白くて大きな岩がゴロゴロしている、確かに不思議な光景です。
入り口から5分ほど歩くと、奇石が現れます!後から知った話なんですが、ここどんづる峯は心霊スポットでもあるそうですね!(@_@;

火山岩が隆起したところで、雨風で削られた結果このような奇妙な光景になったようですが、昔は近鉄の駅もあったほど有名なスポットだったようですね・・・

どんづる峯で一休み&クールダウンして、再び延々伸びる沿線の道に戻ります・・・A(-.-;
どんづる峯を出て、再び山がちの道を進みます(-_-)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 二上山 太子町 聖徳太子 どんづる峯 マンホール

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その11)

◯上ノ太子(かみのたいし)駅(大阪府羽曳野市)

駒ヶ谷駅を出てからというもの、辺りは一面の田園風景!
個人的にはリフレッシュできていいんですが、ブログのネタとして書くことがないのは、少々致命的ですよね(-_-)
しばらくは、このような田園風景の中を進みます。

ともあれ、ついこの間南海本線やJR西日本・学研都市線の沿線で稲刈りの光景を見かけたかと思ったら、辺りはもう田植えの真っ最中!
まったく、時間のたつのは早いものです・・・。
つい先日稲刈りの光景を目にしたかと思ったら、もう田植えのシーズンなんですねー


田園風景の中を歩くこと15分ほど。
少々山がちの道の傍らに、次の上ノ太子駅が現れますが、こちらも何だかホットする雰囲気を持った駅舎ですよねー
田園風景の中に現れる上ノ太子駅

あまりの暑さに、駅舎の軒先でひと涼みさせていただきますが、持参したタオルがすでに汗でぐっしょりなんです!(T_T)
まだ6月に入ったばかりだというのに、これから先のシーズンが思いやられます・・・


さて、上ノ太子駅を出ると、沿道には「みかん狩り」などの看板と一緒に、このような看板も見かけます。
筆者も最近まで知らなかったんですが、この辺りの特産品として有名な飛鳥ワインのワイナリーということでしょうか。
そういえば、ここら辺りは「飛鳥ワイン」というブランドでも有名なんです!

確かに、沿線を歩いていると、やたらとワイン用と思われるぶどう畑が広がっています。
これまで、ぶどう畑越しに列車を撮影することもなかったんですが、なかなか珍しい風景写真だと思いまして一枚パチリ(-_[o])
飛鳥ワインの元・ぶどう畑の中を走る近鉄の電車です(v.v)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 上ノ太子 飛鳥ワイン

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その10)

梅雨の中休みでいいお天気となったものの、今日の予想気温は29℃!(x_x;
もうほとんど夏モードに突入しつつある、ここ大阪です。

さすがに梅雨時期は運動不足になりがちのため、今日のような晴れ間は十分に有効活用すべく、今日も暑い中を出かけます。

今日歩くのは、今年最初に歩いて以来、いろいろ寄り道したせいで少々久しぶりの近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線
実はこの路線も、そこそこ大詰めまでさしかかってまして、今日もできるだけ進めればと思っています(v.v)


◯古市駅(大阪府羽曳野(はびきの)市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・長野線 古市駅 乗換駅)
◯駒ヶ谷駅(大阪府羽曳野市)

何だかんだでけっこうな回数訪れている古市駅ですが、聞くところでは、日本ハムファイターズのみならず日本野球界のエースであるダルビッシュ有投手の実家もこの近辺らしいですね・・・
まだまだ探索が足りない古市駅に降り立ちます(v.v)

ともあれ、これまで駅の東側はほとんど探索できていなかったので、路線沿いにブラブラしてみます。
商業施設が多かった駅西側とは対照的に、東側はどちらかというと住宅街といった感じですが、傍らにはいきなり歴史を感じる碑が。
古市駅の東側エリアは、まだまだ未知の部分が多かったです・・・大阪と大和路を分ける道しるべ

左は大阪・堺(「大坂」という旧地名で書かれてます)、右は大和路(奈良方面)という、昔の「道しるべ」ですね。
筆者は、当然ながら右側の道を進みますA(^^;


それにしても、梅雨の晴れ間とは思えない陽気!
少々蒸し暑いのが難儀ですが、沿線の道も整備されていて、そこそこ快適に歩けます。
ご当地の川・石川を渡る近鉄の車両(v.v)

やがて住宅街の道の傍らに、このような施設を見かけます。
「輸出倉庫」、しかもそこには、梅酒で有名なチョーヤ梅酒さんのロゴが!(@_@)
梅酒で有名なチョーヤさんの本社は、ここにあったんですね!

かなり意外なロケーションだったんですが、チョーヤ梅酒さんの本社はここやったんですね。
聞くところでは、最近の健康志向も相まって、新製品の「酔わないウメッシュ」(ノンアルコール梅酒)は品薄になるほど大好評だそうです~(^o^)
景気低迷ばかり伝えられる関西ではありますが、まだまだ元気な会社はあるんです!
梅酒で有名なチョーヤさんの本社は、ここにあったんですね!

さて、そのチョーヤ梅酒さんの社屋の奥に、次の駒ヶ谷駅がひっそりとたたずんでおります。
木造で懐かしさを感じる雰囲気が、なかなかいいですねー
チョーヤさんの本社近くに、次の駒ヶ谷駅があります(v.v)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 駒ヶ谷 古市 ダルビッシュ チョーヤ 梅酒

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その9)

○道明寺(どうみょうじ)駅(大阪府藤井寺市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・道明寺線 道明寺駅 乗換駅)
○古市(ふるいち)駅(大阪府羽曳野市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・長野線 古市駅 乗換駅)

さて沿線に戻って歩くことほどなく、目の前には別の路線が見えてきます。
まもなく、道明寺駅から枝分かれしている近鉄・道明寺線の路線も見えてきました(^^)

近鉄の路線って、支線あり盲腸線あり・・・でかなり複雑なんですが、目の前に現れたこの道明寺線もその1つ。
次の道明寺駅から柏原駅までの2.2kmを結ぶ支線で、単線のこぢんまりとした路線なんです。


次の道明寺駅にたどり着くと、お正月なので飾り付けなどが施されているのは分かるんですが、比較的小さな駅にも関わらず出店が出ていたり、多くの人出で賑わっています。
道明寺駅は小さな郊外の駅なんですが、初詣客でかなり賑わってます!駅前の商店街も、露店が出てなかなか賑わってますねー

それもそのはずで、この道明寺駅の近くには道明寺というお寺と(名前が紛らわしいのですが)道明寺天満宮という神社があって、そちらへの参拝客で賑わっているんです。

道明寺は学問の神様としても知られる菅原道真公ゆかりのお寺なんだそうですが、Wikipediaによると、そもそもは隣にあった道明寺天満宮とは同じ施設だったようですね。
筆者は事前にお寺しかチェックできてなかったんですが、どおりで少々紛らわしい名前なわけです!

道明寺天満宮は道真公ゆかりの神社だけあって、牛が守り神とされています。
境内にある牛の像には、自分の身体の悪いところをなでると良くなるという言い伝えがあって、すっかり全身がテカテカになってますA(^^;
道明寺天満宮の守り神、牛の象は、体の悪い部分をなでると治ると言うことですっかりテカテカですA(^^;

筆者も初詣を終えまして、参道を戻っておりますとこんな商品を見かけます。
ご当時ならではの商品なんですが、何かすごく使いにくい印象を受けるのは筆者だけでしょうか???A(^^;
ご当時ならではの商品なんですが、どうやって座るんだろう(?_?)


道明寺駅を後にする頃は、もうすっかり辺りも薄暗くなってしまっています。
住宅街やお店が広がっていた光景から一転、このような田園光景の中を進みます・・・(T_T)
当然ながら、書くべきネタもありません・・・(T_T)
今までの町中の光景から一転、このような田園光景の中を延々と進みます・・・

道明寺駅から次の古市駅までの光景はまた次回に回すこととして、古市駅近くの小学校で見かけた光景。
筆者もものすごく久しぶりに見かけたのですが、今の小学校でもこの像にまつわる逸話を伝えているのでしょうか。
古市駅前の小学校には、今となってはかなり珍しくなったこの像が。

時間がなかったため、駅前をぶらつくこともなく早々に帰りの電車に乗り込んだのでしたが、次回はまた古市駅の周辺から散策を始めたいと思っております(v.v)



続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 古市 道明寺 イルミネーション

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その8)

大荒れだった年末の天気から一転、そこそこええ天気のお正月となったここ近畿地方です(v.v)

さて、新年一発目に歩くのは、こちらもかなり久しぶりの近畿日本鉄道・南大阪線
現在のところ、いわゆる大阪の「河内」エリアを歩いているこのシリーズなんですが、「大阪の河内」と言って全国的に連想されるイメージとは全然異なり、あまりにも標準過ぎて、けっこう書くネタに困っているくらいでして・・・

というわけで、まずは書くべきネタがあることを祈りながら(?!)、前回最終到着駅だった藤井寺駅に降り立ちます。


○藤井寺駅(大阪府藤井寺市)
○土師ノ里(はじのさと)駅(大阪府藤井寺市)

前回真っ暗でほとんど巡れなかった藤井寺駅の駅前をブラブラしてみますが・・・さすがに正月3日のためか、商店街の中も開けておられる店は少なく、人通りもさほど多くありません(当たり前ですが)(-_-)
さすがに正月3日は、どこのお店も休んではりますねぇ~

仕方がないので、またいつものように沿線の道を進みますが、しばらくすると道のあちこちに古墳の案内板を見かけます。
藤井寺駅から次の土師ノ里駅までには、おびただしい数の古墳が点在しています!(@_@)

実はこの辺り、地図で見ると分かるのですが、大小たくさんの古墳が点在している地域なんです!

大きな地図で見る

それが証拠に、沿線から少し入った道を歩くと、それこそ100mおきくらいに古墳を見かけます(@_@;
100mと歩かないうちに「○○陵」があって、正直どれがどれだか分からなくなります・・・100mと歩かないうちに「○○陵」があって、正直どれがどれだか分からなくなります・・・
100mと歩かないうちに「○○陵」があって、正直どれがどれだか分からなくなります・・・100mと歩かないうちに「○○陵」があって、正直どれがどれだか分からなくなります・・・

やがて次の駅・土師ノ里駅にたどり着きますが、駅舎の脇にはさすがに「巨大古墳の里」を大々的にPRしてはりました(^^)
土師ノ里駅の脇にも、このように「巨大古墳の街」をしっかりPRしてました!(^^)土師ノ里駅の脇にも、このように「巨大古墳の街」をしっかりPRしてました!(^^)

案内板によると、駅の脇には比較的大きな古墳があるとのことだったので、ちょっと寄り道してみます(v.v)


駅横の少し大きな道を少しはいると、いきなり見えてきました!
この近辺でもかなり大きい市野山古墳だそうです。
土師ノ里駅近辺でもかなり大きい市野山古墳を訪ねてみます(v.v)土師ノ里駅近辺で一番大きい市野山古墳を訪ねてみます(v.v)

以前訪れた大塚山古墳は全長335mもあったそうなのですが、この市野山古墳は227m。
大きさは劣るものの、周りの濠がなくて近くに見れる分、より巨大さを感じてしまいます(@_@)
土師ノ里駅近辺でもかなり大きい市野山古墳を訪ねてみます(v.v)

それにしても、「古墳」というと社会科で習った「前方後円墳」の航空写真しか知らない筆者。
近畿には他にも、堺の大仙古墳(仁徳天皇陵)など巨大な古墳がたくさんあるんですが、地上から見るとこんな「こんもりとした森」という感じしかなく、いまだにピンと来ていません・・・

ちなみに、この古墳がある地名が藤井寺市国府(こう)
奈良時代から平安時代にかけて、河内国のいわば役所が置かれていた場所を「国府」と呼んでいたそうで、その名残の地名のようです。


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 南大阪線 土師ノ里 藤井寺 藤井寺市国府 市野山古墳