プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その6)

○アイランドセンター駅(兵庫県神戸市東灘区)

アイランドセンター北口駅を出ると、路線は遊歩道の中をひたすら南へ進んでいます。
20160207-041.jpg

今の時期こそ殺風景な景色が広がってますが、春先になったら沿道の木々の緑がきれいなんでしょうねー
道の所々には休憩用の椅子が設けられていて、ちょっとした散歩も楽しめるようになっているのがええ感じです。


沿線をしばらく歩くと、周りには巨大かつユニークな構造の建物もちらほら。
例えばこれは、「ボールド」「ファブリーズ」「レノア」「ジレット」などなど、家庭用衛生用品を数多く販売してはるP&Gはんの本社ビル。
20160207-042.jpg


筆者も日ごろからずいぶお世話になってますが・・・そういやこのP&Gはん、筆者がまだ小さいころは「プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム」(略称P&G)なんて長ったらしい(⇒失礼!)名前の会社やったのを思い出しました。

そういや他にも、昔は日本楽器って名前の割に船のエンジンやバイク作ってる会社が、改名してヤマハとなったり・・・と、時代の流れとともにわかりやすく・シンプルな名前になりつつあるんですねー


やがて沿線の遊歩道の真ん中には人工の泉が現れ、岸辺でくつろげるベンチなども設置してあります。
近くのお店では、表にテーブルや椅子を並べたオープン○○で景色を楽しみながら食事が楽しめるようになってます。

さらに沿線を進んでいくと、次のアイランドセンター駅の巨大な建物が見えてきます。
隣り合う建物ともブリッジでつながれていて、なかなか便利よさそうな構造ですねー
20160207-044.jpg


せっかくなんで隣接するビルから駅ビルに渡ったり・・・と周辺をブラブラしてみましたが、残念ながら特に書くべきネタもなかったため、先に進みます(v.v)

沿線では、引き続き巨大かつユニークな構造の建物が出現します。
こちらは、神戸ファッション美術館という、れっきとした美術館(?)の建物!(@_@)
⇒パッと見は、UFOが突き刺さった(?!)ビルですがA(^^;
20160207-045.jpg


後で分かったことなんですが、ここ神戸市は全国でも「美術館」「博物館」が最も多い街なんやそうです。
他にも京都や奈良などの古都、新旧の歴史入り乱れる横浜などは多そうな気がしますが・・・言われてみると確かに、わずか数時間しか歩いてない六甲ライナーの沿線だけでも、すでに2つの美術館・博物館に出会ってますからねぇ・・・



(「神戸新鉄道・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その7)」に続く)


スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー アイランドセンター P&G 神戸ファッション美術館

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その5)

○アイランド北口駅(兵庫県神戸市東灘区)

大通り沿いに進むこと約2km。
巨大な工場などが立ち並び、めっちゃ冷たい風がビュービュー吹く中、ようやく予習しておいた通りの橋(六甲大橋)の登り口が見えてきます。
20160207-032.jpg

やれやれ、またまた筆者が大の苦手とする「大きな橋渡り」ですか・・・(-_-;

ただこの六甲大橋、幅が結構広いし造りも頑丈、欄干も高めなんで、比較的心穏やかに渡れます。
橋のちょうど真ん中あたりでは、こんな風景写真撮る余裕も。
20160207-034.jpg

それにしても、沿線を進むに従い対岸に見えてくる光景は、まるでテクノポリス!(@_@)
まーいかつい(?)建物が林立してるやないですかー
20160207-035.jpg


何とか橋を渡りきって振り返ると、また何ともきれいな空と六甲の山々!
さっきまで小雪降ってたのがウソのようです。
20160207-036.jpg

ほどなく、次のアイランド北口駅の駅舎が見えてきます。
いやーそれにしても、高架橋だのいろいろありすぎて、駅舎はすぐ目の前にあるのに、到着するまでにはけっこう時間かかりそうな・・・
20160207-039.jpg


(「神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー アイランド北口 六甲大橋

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その4)

それにしても、周りでけたたましい中国語が聞こえてくると思ってたら・・・これが原因ですかい!(-_-)
20160207-025.jpg

まーここ数年、ここ関西でも(主に中国からの)外国人観光客が増えてて、例えば一昨年暮れに天橋立や関ヶ原をブラブラした時もいてたし、黒門市場なんてなかなか「通」なところでもその姿を見かけましたねー。

ふと思うに、(筆者をはじめとして)日本人が海外旅行するときは、どちらかというと「鉄板の観光スポット」をメインに回る傾向が多いのでは?
一方彼ら、日本人ですらなかなか訪れたことがないこんなスポットに来てて。
訪日の回数が多いからか or 日本人みたいにマニュアル一辺倒が嫌いやからか、いずれにせよ日本人がやる海外旅行よりも、なかなか刺激が多くて個性豊かな旅行を楽しんではる印象を受けましたね!


さて、引き続き住吉川の川岸を南に進みます(v.v)
やがて、川沿いに細長い公園が現れるのですが、そこに設置されてる遊具は・・・
20160207-027.jpg

このように、けっこうな難易度のものばかりでございました・・・A(^^;

やがて、次の南魚崎駅が見えてきます。
これまでたどってきた通り、別名が「酒蔵の道」となってるようです。
20160207-028.jpg


しばらく駅の周辺をブラブラしてみますが、写真に写っている側はほぼ住宅街で、建物の裏手に回るとすぐに海!
路線は、海の上の高架橋を南に伸びてやがります(-_-)

仕方ないので、人間が渡れる橋を探し、駅前の大きな道を西に進みます。
特に今日は芯から冷えると思ってましたが、(写真では分かりにくいんですが)この頃にはハラハラと粉雪が舞ってきます(T_T)
しかも、延々このように「垣根」が設けてあって、なかなか南に渡るための横断歩道etc.が見当たりません・・・
20160207-029.jpg


(「神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その5)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー 南魚崎 アウトバウンド

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その3)

○南魚崎駅(兵庫県神戸市東灘区)

引き続き住吉川に沿って進む沿線。
やがて、右手にこのような広告塔?が見えてきます。
20160207-013.jpg

をを、6年前の正月3日に阪神電鉄・本線沿線歩きで訪れて、思い切り正月休みやったA(^^;菊正宗酒造はんの施設!

まーあの時は仕方なかったのですが、せっかく近くまで来たことやし、沿線にある菊正宗酒造記念館(入場無料)を訪れてみます(v.v)
20160207-014.jpg


結構広い館内には、このように昔使われていた酒造りの施設や道具が展示されています。
こちらは、原料となる米を洗う道具のようですね。
20160207-017.jpg

その奥にあるのは、筆者やったら5、6人まとめて茹でられそうな?大釜!
こんな大きな釜で米を煮てはったんですね~(@_@)
20160207-019.jpg

もちろん、日本酒の命である麹を成育させる「麹室」も、昔の状態を復元してはります。
20160207-020.jpg

そして、このようにメチャメチャでかい樽に入れて発酵・熟成させてはったようです。
20160207-022.jpg


(こちらも6年前になりますが)以前、JR福知山線沿線の伊丹(=日本酒発祥の地)でやはり酒蔵跡を訪れましたが、さすがここまで徹底して酒造りの道具や施設を残してはるのは初めて見ました!

他にも、ここの記念館ではいろんなお土産が売ってあったり、菊正宗はんが出してるお酒を無料で試飲できるんですが・・・
相変わらず筆者は日本酒が大の苦手なんで(-_-)、しぶしぶ先を進むことにします・・・


(「神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー 南魚崎 菊正宗 記念館 日本酒

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その2)

○魚崎駅(兵庫県神戸市東灘区)
(阪神電鉄・本線 魚崎駅 乗換駅)

住吉川のほとりをしばらく歩いた後、地上?に上ってきていきなり現れたのが次の魚崎駅。
あー、筆者がこれまで歩いてきたモノレール系の乗り物の、典型的な駅舎ですねー。
20160207-008.jpg

そういや、筆者はこれまで阪神電鉄・魚崎駅の北側しかブラブラしたことがなかったんで、南側もちょっとぶらついてみますが・・・
住宅街が広がっていて、特に書くべきネタもなく・・・(T_T)


ただ、街のあちこちにこういった案内板があるんです!
20160207-009.jpg

以前、阪神電鉄・本線の沿線を歩いたときもちょっと触れましたが、この辺りは昔、まさに京都・伏見と並び称されるほどの日本酒の産地「灘」やったエリア。

なので、(当然ながら)この案内板にも、昔ながらの酒蔵や記念館などが記されています。


さらに沿線を南に進むと・・・これまで住宅街やった景色が一変して、何やら雰囲気が変わってきました・・・
20160207-010.jpg

この辺りになると、住吉川沿いには公園も設けられてるんですが、ふと傍らを見やると、もう梅の花が満開ですやん!(^o^)
へぇー、こんな冷たい風ビュービュー吹き付けてるさなかやのに、もう春の訪れを察知してるんですねぇ~
20160207-011.jpg


(「神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー 魚崎 住吉川 日本酒

神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その1)

多少雲は多めながらも、何とかええお天気となったここ近畿地方です(v.v)

ここんちタバコこそ減らしてますが、それ以外はあまり健康的でない日々が多かった筆者。
おかげで、やはり体もだぶついてきたし・・・(-_-)
今日は、聞くところでは史上最大級の寒波がここ関西にも到来してるとのことでしたが、やはりこれまでのリカバリーも兼ねて、今後はおもっきり体動かそうと心に決めました。

かくして今日歩くのは、近場で取りこぼしていた沿線の1つ神戸新交通・六甲アイランド線(通称「六甲ライナー」)。
そもそも関西に越してきて25年ほど、ずーっと大阪で過ごしてきた筆者にとっては全然なじみがない路線なんですがA(^^;、果たしてどんなところなんか興味津々です(^^)


○住吉駅(兵庫県神戸市東灘区)
(JR西日本・東海道本線(JR神戸線) 住吉駅 乗換駅)

かくして、一昨年春以来のJR西日本・住吉駅に降り立ちます。
20160207-001.jpg

今日は路線距離も短く、そこそこ時間の余裕があるので、駅周辺も一通りブラブラした後で沿線歩きに移ります。
地上を走るJR神戸線の沿線の上を、しばらくは並走する形になっていて、何ともいかつい?構造物が続きます。
20160207-002.jpg


やがて、2009年の秋にもブラブラした住吉川が見えてきます!
20160207-003.jpg

そういや前回は、周辺住民の方々が川辺で楽しまれていた光景があったにも関わらず、筆者は遠目から見ていただけで・・・
せっかくなんで、川辺まで降りて歩いてみます(v.v)
20160207-005.jpg

いやー、それにしてもええお天気で!(^^)
吹きすさぶ風があまりに冷たいんが難儀ですが、ホンマに風さえなければ絶好のウォーキング日和やったのに!


しばらく住吉川の川辺を歩いてますと、傍らに見かけたのがこんな看板。
20160207-006.jpg

ええっ、こんな都会の真ん中やのに、ここ住吉川にもアユが来てるんですか?!(@_@)
東京に出張してた頃、多摩川にもアユがいてるって話にビックリしましたが、それ以上にめっちゃ神戸の都心部に近いこの場所でアユがいてるとは!

まー確かに、意外なほどきれいな水面には、カモ?のつがいが泳ぐ姿も。
寒風吹きすさぶなかではありますが、何とも穏やかな光景です(^^)
20160207-007.jpg


(「神戸新交通・六甲アイランド線(六甲ライナー)(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 六甲アイランド線 六甲ライナー 住吉 住吉川

神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その4)

○京コンピュータ前(旧・ポートアイランド南駅 兵庫県神戸市中央区)
○医療センター前駅(旧・先端医療センター前駅 兵庫県神戸市中央区)
○南公園駅(兵庫県神戸市中央区)
○中埠頭駅(兵庫県神戸市中央区)
○北埠頭駅(兵庫県神戸市中央区)
○貿易センター駅(兵庫県神戸市中央区)
○三宮駅(兵庫県神戸市中央区)

神戸空港を後にして、ポートライナーの沿線を北上します。
かなり意外だったんですが、神戸空港の空港島は徒歩でも渡ることができるとのことなので、さっそく歩いてみます(v.v)
神戸空港の空港島を歩いて渡ります!

空港島にかかる橋は、当然海の上を渡っているんですが、かつて舞洲大橋を渡ったときのような恐怖感はほとんど感じませんでした。
橋は片道1車線しかないのですが、側道が結構広いので車が通過するときの圧迫感もないし、海面からの距離がさほど高くないからかもしれませんね。
海の上を歩いているのですが、舞洲大橋ほど恐怖感は感じませんでしたねー(-.-)変わり映えのない光景がしばらく続きます・・・

果てしなく同じ光景が続く中を歩くこと1.5kmほど、ようやくポートアイランドの本島に戻ります。
ポートアイランド南駅にさしかかったところで、関西在住の方にとってはCMでよく見かける施設が見えます。
関西圏のテレビでCMされている「神戸花鳥園」はここにあったんですねぇ~(-.-)

「神戸花鳥園」という、世界中の珍しい鳥や植物を展示している施設なんですが・・・筆者が過去関西で出会った人のうち、行ったことがある人は一人もいないという、摩訶不思議なところでして。
かくいう筆者も、今まで行ったことがなかったんですが・・・やはり場所が不便なのと、少々入場料がお高いのが原因ではないかとA(-.-;


さらに沿線を進みますが・・・島の南側は工事中のビルが多く、その少し北側はごくごく真っ当なビジネスビルが立ち並んでいて、さすがに「おもしろ看板」など影も形も見あたりません。
歩いているエリアにもよるのでしょうが、ネタに関しては最近ちょっと不振ですねぇ~A(^^;

そうこうしているうち中公園駅にたどり着きますが、この辺りになると駅間も通路で結ばれていて、かなり歩きやすくなります。
通路の中央には、延々「歩く歩道」が設置されているのですが、筆者が見た限りではすべてが閉鎖されているようで、何だかもったいない限りです。
ポートライナーの駅間にある「動く歩道」は、今ではすべて閉鎖されていました(-_-)


結局、書くべきものも何も見つからないまま沿線を一巡し、中公園駅から帰路につきます(T_T)
前回ポートライナー沿線の遠歩きをスタートした貿易センター駅で降り立ち、いまだ至っていない三宮までの道のりをトボトボと歩きます。
前回ポートライナーへの遠歩きを始めた貿易センター駅に戻りました。

それにしても、いくら無人の路線とはいえ、写真に映っているこの急カーブはかなり厳しいものがありますよねー

そうこうしているうち、遠歩きでは初めての三宮にたどり着きましたが、これからさらにどこかに出かけるにも、また中途半端な時間になっていまして・・・。
三宮の街中をじっくり歩き回って、これまで訪れたことのないスポットを訪れるのは、また次の機会にしたいと思います(v.v)
遠歩きでは初めて三宮に至りました(v.v)


【おまけ】
せっかく三宮まで来たので、ちょっとしたおまけを(v.v)

これなんてすごく分かりやすいショットだと思うんですが、同じ「さんのみやえき」という読みでも
○JR西日本:三宮駅
○その他私鉄:三宮駅

と表記が違います。
同じ「さんのみや」でも、JRの駅名は「三ノ宮」なんですd(-.-)

例えば大阪環状線 森ノ宮駅、桜ノ宮駅などもそうなんですが、JR西日本では読み間違いを防ぐため、駅名に読み仮名を入れるのがルールになっていたんだそうです。
ただ、近畿圏内では1駅だけ例外があるんですが・・・それはまた、その駅を訪れたときにでも。



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:ポートライナー 神戸新交通 先端医療センター前 中埠頭 南公園 北埠頭 貿易センター 京コンピュータ前 動く歩道

神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その3)

今日も相変わらず、(雲は若干多いものの)真夏日となったここ近畿地方です(x_x;

おとといの奈良への遠歩きでだいぶ足も疲れていたのですが、1日休養したおかげで何とか復活しまして。
というわけで、本日も例によって日中の街を歩きます。

本日歩くのは、やはり途中でいろいろあって約3ヶ月ぶりとなる神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)
前回は途中で日没サスペンデッドとなったし、何よりまだ神戸空港に至る路線を歩いていない・・・など、かなりキリが悪い終わり方だったので、本日は終着駅の神戸空港駅からスタートします(v.v)



○神戸空港駅(兵庫県神戸市中央区)

飛行機マニアの筆者なんですが、実は2006年に神戸空港が開港して以来、訪問するのは初めてでして。

大阪市内からなので、伊丹や関空は利用する機会も多いのですが、遠くて時間がかかる&往復運賃高い、飛行機の便数は少なくて不便・・・という三重のハンデがあると、さすがに極力利用を避けますね~(-_-;

というわけで、おそらくこれが人生最後の訪問?だと思いますが、せっかくなのでどんなところかを見ておきたいと思います。


ポートライナーに乗って神戸空港に近づくにつて、窓からは空港や滑走路の様子が一望できます。
伊丹や関空では、さすがにここまで滑走路に近づけませんよねー
ポートライナーの窓から、神戸空港の全景が見えてきます。伊丹や関空よりは、飛行機を近く見れますね~(^^)

ポートライナーの改札を降りるとすぐそこは、もう搭乗手続き&出発ができるようになっています!
筆者がこれまでいくつか見てきた空港の中で、いちばん「お手軽に乗れる」空港ではないでしょうか?!
改札を出ると、いきなり搭乗手続きができるようになってます!(@_@)

その他、全体的にこぢんまりとした空港施設なので、あっという間に空港施設を一回りできてしまいますA(^^;
少々物足りないので、最後に屋上の展望台に登ってみました。

マニアにとっては非常にうれしい心遣いなんですが、滑走路側に張り巡らされた柵のところどころに、こんな感じでカメラ撮影用の穴が開いてます。
屋上展望台の柵には、こうやって所々カメラ用の穴が開いてるんです。

おかげで筆者の携帯カメラでも、こんな感じで十分写せます!(^o^)
被写体は、関西では唯一神戸空港のみで見ることができる、スカイマークのボーイング737型機です。
関西では唯一、神戸空港で見ることができるスカイマークの飛行機(v.v)関西では唯一、神戸空港で見ることができるスカイマークの飛行機(v.v)

かなり近くで飛行機を見れるのはたまらない魅力なんですが、いかんせん小型・中型機が多いので、いまいち迫力に欠けます。
その上JALも撤退して、見物できる飛行機の機種も限られるので、マニアとしては少々物足りなさを感じましたねー



(「神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:ポートライナー 神戸空港 スカイマーク 神戸新交通

神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その2)

○中公園駅(兵庫県神戸市中央区)
○みなとじま駅(旧市民病院前駅・兵庫県神戸市中央区)
○南公園駅(兵庫県神戸市中央区)

ポートライナーの沿線を、引き続き南下します。

沿線を歩いていて分かったんですが・・・島の北側は緑に囲まれた落ち着いた雰囲気の住宅街、中央辺りはホテルやビジネスビルの建ち並ぶビジネス街・・・といった感じで、きちんとエリアの切り分けがなされているみたいですね。
島の北側は、うっそうとした木々に囲まれた落ち着いた雰囲気の住宅街になっています。島の中央部は、ホテルやビジネスビルが建ち並ぶビジネス街です。

あとポートライナーの駅は、ほとんどすべてがこのように二階建てで二階以上が改札・路線になってるんです。
聞くところでは全路線が無人運転なんだそうで、途中で分岐したりループしたり・・・という(そこそこ)複雑な路線にも関わらず、けっこううまいこと運行されているんですねぇ~(-.-)
ポートライナーの駅はみんなこんな感じで、二~三階が改札になってます(v.v)


南公園駅の途中、ちょうど三宮からの最初のループのところには、駅名にもなっている南公園があるんですが、そこに一風変わった噴水を見かけました。
噴水の真ん中に、なにやら黒い固まりが・・・
南公園には、ちょっと一風変わった噴水があるんです(@_@)

近づいてよく見ると、何と船のスクリュー!
しかも、近くの案内板によるとレプリカなどではなく、実際に使われていたスクリューなんだそうです(@_@)
水が吹き上がっているときは、こんな感じになります20100508-58.jpg

先ほどのイルカといい、港町の風情を感じる光景ですね~(^^)


さて、すっかり陽も傾いて、辺りも暗くなってきました。
次の南公園駅で切り上げようとさらに歩いていると、普段よく見かけるロゴを冠したビルが見えます。
「神戸本社の企業」というと、筆者が真っ先に連想する上島珈琲(UCC)さんの本社!
「神戸本社の企業」というと、筆者はまずこの会社を連想してしまいます(^^)

なかなかクールなデザインの社屋ですが、筆者がこどもの頃から慣れ親しんだ会社の本社がここにあったとは、実に意外でした!
社屋の隣には、直営の「UCCコーヒー博物館」があるんですが・・・さすがにもう閉館になってました・・・
上島珈琲本社の隣にあるコーヒー記念館


南公園駅からポートライナーに乗り、歩きではまだ至っていない三宮へ戻ります。
ポートライナー路線もまだまだ道半ばで、実際にこの三宮の街中を歩くのはしばらく先になりそうですが、それまでには新たなスポットも見つけておこうかと思っております(v.v)
すっかり日が暮れた三宮に戻りました(v.v)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新交通 ポートアイランド ポートライナー 上島珈琲 コーヒー博物館 UCC 中公園 市民病院前 みなとじま 南公園

神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その1)

さて、当初歩いていたはずの阪神電鉄・本線からだいぶ脇道にそれてしまいまして、当初三宮駅を経由してから向かう予定だった神戸新鉄道・ポートアイランド線(ポートライナー)の方がすぐ近くになってしまいましたA(^^;

とはいえ、いずれ三宮には戻ることになるだろうし、何より筆者自身がポートアイランドに足を踏み入れた経験がないので、まずはポートライナーの沿線を先に歩くことにします(v.v)

このポートアイランド、1966年から埋め立てで作られた人工島だそうで、その広さは甲子園球場の約340個分!
1985年の阪神淡路大震災の際には、液状化現象によって道路の段差が生じたり・・・というのが記憶にありますが、さまざまな企業が本社を置いたり、南側に2006年に神戸空港が開港するなど、神戸の都市機能の一翼を担っている地域なんです。


○ポートターミナル駅(兵庫県神戸市中央区)

小野浜公園の脇から、ポートアイランドへ延びる道路に入ります。
初めて足を踏み入れる土地ではありますが、すぐ脇をポートライナーが走っているので、さすがに道に迷うことはないでしょうね~(^o^)
この道路から、ポートアイランドに向かいます(v.v)

本土とポートアイランドをつなぐ橋・神戸大橋のたもとには、主に国際航路フェリーの乗り場があります。
その正面にポートターミナル駅があるのですが、筆者が前を通りがかったときも韓国から(と思われる)団体が、多数いらっしゃいました。
主に海外航路フェリーの乗り場となっているポートターミナルです

ふと反対側を見ると、夕日を背景にした神戸港のシルエットが浮かび上がっています。
神戸港というと、ポートタワーやMOSAICなど商業施設ばかりをイメージしていた筆者にとっては、コンテナ用のクレーンなどが想像以上にたくさんあって、ちょっとビックリでしたね・・・
こうやって見ると、けっこう神戸港の周辺にも巨大クレーンが多数あるんですね!


飛行機マニアのくせに若干高所恐怖症の気がある筆者は、巨大な神戸大橋もできるだけ内側を、ゆっくり目に歩きますA(^^;
おかげでだいぶ時間がかかってしまいましたが、ようやく対岸のポートアイランド北公園にたどり着きました~
振り返るとこれまで通ってきた神戸大橋の威容が見えますが・・・よくも途中で断念せず、最後まで渡り切れたものだと思います・・・A(-.-;
改めてみてみると、とても高所恐怖症の筆者が通ってきたとは思えませんね・・・A(-.-;


公園の一角にはみなと異人館という昔の洋館を復元した建物が建っています。
昔は喫茶スペースや結婚披露宴場などとして利用されていた施設なんだそうですが、今では閉館となって鍵がかけられています。
みなと異人館は、昔は喫茶スペースなどとして使われていたそうですが、今は閉館されています。夕日を背景にしたポートアイランド北公園にある異人館

みなと異人館の近くには、公園にはつきものの噴水があるのですが、ジャンプしているイルカの群れの中を噴水が流れるなんて、けっこう凝ってますね~(^^)
海に面した公園らしく、イルカのオブジェを配した噴水がありました!(^^)海に面した公園らしく、イルカのオブジェを配した噴水がありました!(^^)



(「神戸新交通・ポートアイランド線(ポートライナー)(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸新鉄道 ポートアイランド線 ポートライナー 国際航路フェリー 神戸大橋 北公園 みなと異人館

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。