プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

JR西日本・阪和線(その23)

○六十谷(むそた)駅(和歌山県和歌山市)
○紀伊中ノ島駅(和歌山県和歌山市)
○和歌山駅(和歌山県和歌山市)
(JR西日本・紀勢本線/和歌山線、和歌山電鐵 和歌山駅 乗換駅)

たどり着いた和歌山駅から電車に乗り、前回阪和線のラストやった六十谷駅に向かいます(v.v)
かなり変則的ではありますがA(^^;、ここまで遠くに来たからには、運賃を極力節約しようという動きでございますので、何とぞご了承をm(_ _)m

というわけで、前回阪和線沿線でラストやった六十谷駅から、阪和線完歩を目指します!
阪和線前回ラストの六十谷駅から再スタートです(v.v)

辺りもすっかり薄暗くなってきた中、沿線を和歌山に向けて進みます(v.v)
辺りもすっかり薄暗くなってきた中、沿線を和歌山に向けて進みます(v.v)


ほどなく、大阪~和歌山ルートの最後のポイント、紀の川にさしかかります!
よかった、ここまで何とか写メが撮れるレベルで。
辺りも薄暗くなった中、いよいよ最後の関門・紀の川を渡ります


すっかり辺りも暗くなってしまった中で、ようやくゴールの和歌山駅に到着します。
それにしても、こんだけ長い路線のエンディングが、また何とも感動薄いですねぇA(^^;

ともあれ、再び南海本線で帰宅するため和歌山~和歌山市駅の連絡線を待ってますと、JRはんにしてはかなり珍しく(⇒失礼!)、何とも風情のあるデザインのラッピング列車!(^^)
和歌山駅と和歌山市駅を結ぶ連絡線の電車は、JRはんにしては何とも粋なデザインのラッピング列車!(^^)

しかも、他によくあるラッピング列車とは異なり、丁寧に車内にもデザインが施されているではありませんか。
社内もちゃんとデザインが施されてるんですねー


和歌山市に向かう列車やのに、なぜか奈良の四季折々の光景や昔の奈良の景色を詠んだ和歌がちりばめられています(?_?)
結構不自然に思いながら中に乗り込んで、車両の端にある「料金表」を見て、ようやくその訳が分かりました!
和歌山で何で奈良のデザインなんやろと思ってましたが・・・納得です(v.v)

この列車、和歌山~和歌山市だけやなくて、和歌山線をさかのぼって奈良まで行くのにも使われるんですね。


<本日(2012/12/02(日)の実績>
・本日の実績 :25,3386歩(20.3km)
・2012年の実績:2,848,141歩(2,278.5km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 六十谷 紀伊中ノ島 和歌山 紀の川

JR西日本・阪和線(その22)

〇紀伊駅(和歌山県和歌山市)
〇六十谷(むそた)駅(和歌山県和歌山市)

山道を降りることしばし、ようやく目の前に和歌山市街の景色が広がります~(^o^)/
小雨がポツポツと降っている中、行く先が晴れ渡っていそうなのが一安心です。
ようやく和歌山市街地が広がってきます~(^o^)/

峠を越えるあたりから、沿道にはこのような立て看板が目立つようになります。
どうも今まで筆者が歩いてきたルート沿いに産業廃棄物の処分場を建てる計画があるそうなんですが・・・何も歴史のある熊野古道沿いに作らなくてもいいと思うんですがね・・・(-_-;
ポツポツと小雨が降りだした中、こんな看板をよく見かけます。


山道も終わり、ようやく信号やコンビニなども見かけるようになりますが、ふと立ち寄ったコンビニ(ローソン・和歌山山口谷店)の中ではこんなものを見かけます。
「記念スタンプ」?!(?_?)
なぜか、ローソンの店内に記念スタンプが???(?_?)

コンビニでこのようなものが設置してあるのも珍しいのですが、後ほどスタンプに記してあった和歌をいくら調べても、まったく何の情報が得られませんでした。
ますます「?」ばかりが募ります。


少々狭い道路をたどり、ようやく次の紀伊駅にたどり着きます(v.v)
そもそもがJRの駅間は距離が長いんですが、山中渓から路線距離で8.1km(おそらく実際に歩いたのは12kmほど)も小雨の中を歩いてきたんですねぇ・・・
ようやく、次の紀伊駅にたどり着きますが・・・

ところで、この紀伊駅前を走っているのは一応県道なんですが、道幅の狭さに比べて車の量が圧倒的に多くて、キツキツなんです!(@_@;
路側帯もすごく狭いし、峠道歩いてる時よりもビクビクしながら進みます・・・
駅前ロータリー含め、道路の幅が車の量に全然追いついてません!(@_@;

そうこうしながらも、県道を進むこと30分ほど。
本来は終着の和歌山駅まで歩く予定だったのですが、途中で想定外の中断があり辺りも薄暗くなってしまいました。
またまた、残り2駅を残してという中途半端な状態となりますがA(-.-;、本日は次の六十谷駅までといたします。
住宅街の中に六十谷駅が現れます。すっかり辺りも薄暗くなった中、大阪への家路につきます(v.v)


<本日(2012/08/18(日)の実績>
・本日の実績:32,797歩(26.2km)
・2012年08月の実績:169,993歩(136.0km)
・2012年の実績  :1,983,112歩(1,586.5km)
・訪問済駅数   :755駅/1,693駅(44.6%)
・訪問済路線数  :63路線/124路線(50.8%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 紀伊 六十谷 ローソン和歌山谷 スタンプ

JR西日本・阪和線(その21)

ひたすら峠道を歩く中でも、まだ沿道に民家がある分安心できます。
この辺りになると路線脇の柵などもなくなり、ただ時代を感じる石垣の上を路線が走ってる様を目にします。
路線からはとうとう策もなくなり、歴史を感じる石垣が敷かれた上を走ります。

この辺りに来ると、遠くではゴロゴロと遠雷の音が響きだします(T_T)
そんな中を、このような峠道を延々歩きます・・・
頭上で雷のゴロゴロ音が鳴り響く中、延々続く峠道をトボトボ進みます(T_T)

やがて、山道の中を高速道路も並走するようになりますが・・・そういえば、ちょっと前に南紀白浜にグループ旅行で行ったときには、この道も通ったような気もします(定かではありませんが)。
そういや、南紀白浜に社員旅行に行ったときには、この道を通ったんやろうなぁ・・・(T_T)

今にも雷が落ちそうな天気の下、何が悲しくてその横をテクテク歩いてるのやら・・・(T_T)
延々続く峠道を長いこと歩き続けていると、そのくらいネガティブな考えも頭をかすめます。
半分以上心は折れてますが、こんなところで心折れたところで、前に進むか遭難するかの二者択一ですからねぇ・・・


そうこうして歩くこと1時間弱、南海電鉄・本線の時と同様、その時は突然現れます!
山すそと山すその間からチラリと見えたのは、和歌山市街地の光景ではありませんか~!q(>o<)p
延々続く峠道の中、いきなり和歌山市街地が現れます!(^o^)/

これで一気にモチベーションも回復しますが、やはりそれからが長い!(T_T)
少しずつ和歌山市街地に近づいている実感を感じながらトボトボと歩いておりますと、沿道にこんな立て看板を見かけます。
と、沿道にこんな案内板が!

「小野小町の墓」は、実のところ全国あちこちに点在するらしいのでほっておくとして(-_-;、山中渓駅近辺でも見かけた「~王子」というスポットがあるらしいので、ちょっと寄り道してみます(v.v)


Wikipediaによると、12~13世紀ころに熊野三社詣に訪れる人たちの安全を祈願するため、九十九王子と呼ばれる神社の集合体があったのだそうです。
その後、時代の移り変わりとともに消滅したり合祀されたりして、和歌山県内でもこの山口王子を含め9か所しか確認されていないそうですね・・・
熊野古道の「山口王子跡」のようです(v.v)熊野古道の「山口王子跡」のようです(v.v)

全然関係ないのですが、ちょうどこの碑近辺で、ものすごく久しぶりにアブ(しかもかなりでかいやつ!(>_<))に遭遇し、かなり執拗に付きまとわれたので、ちゃっちゃと写真だけ撮って慌てて沿線の道に戻りますA(-.-;


(「JR西日本・阪和線(その22)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 熊野古道 九十九王子 和歌山 熊野三社詣 山口王子

JR西日本・阪和線(その20)

ここで、重要な判断を迫られます。
再び雲行きも怪しくなってきて、しばらくは峠道で雨宿りする場所もないだろう。
途中で雷に撃たれても、しばらくは誰も気づいてくれないかもしれない・・・
ただ時間はまだ全然早いし、何より和歌山との県境まであと30分くらいのところで、引き返すのもどうなのやら・・・

結局、
「雷にやられないよう、用心しながら和歌山を目指す!」
という、一か八かの賭けに出ましたA(^^;

聞いたところでは、雷の恐れがあるときに大きな木の脇にいてはいけないということで、沿道の木々からは少々離れて進みます。
雲行きが少々怪しい中を、一か八かの覚悟で先に進みます(v.v)


歩いて行くうち、だんだん本格的な山道・峠道に入り、例によって側道の幅もめっちゃ狭くなります!(x_x;
通り過ぎる車におびえながらも、少しずつ進むしかありません・・・
もうすっかり山道に入り込んでしまいました・・・もうすっかり山道に入り込んでしまいました・・・


そうこうして山中渓駅から歩くこと30分ほどで、いきなりそれは現れます。
意外にあっさりでしたが、ともあれ二度目の和歌山県入りです~!!(^o^)
山中渓駅から30分ほどで、とうとう二度目の和歌山入りです~!(^o^)

と、県境を超える前に、大阪側に何やらこんな碑が立っています。
「日本で最後の『仇討』が行われた場所」?!
ちょうど県境のこの場所で、日本で最後の仇討が行われたんだそうです・・・

説明によると、そもそも仇は和歌山に潜んでいたそうなんですが、当時の紀伊藩から「やるんやったら大阪側でやれ!」ということで、わざわざ県境の大阪側でやりはったみたいですね。
うーん、どうせこんな峠道の途中やし、当時は県境もはっきりしてなかったやろうから、別にどっちでやってもよかったんちゃう?!と考えてしまうのは、性格がアバウトな筆者だからでしょうかA(^^;


(「JR西日本・阪和線(その21)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 日本で最後の仇討 和歌山入り

JR西日本・阪和線(その19)

〇山中渓(やまなかだに)駅(大阪府阪南市)

和泉鳥取駅から府道64号線を進みますが、知らず知らずのうちに、すっかり山深いところに入り込んでしまってます(@_@;
いちおう近くには高速道路なども走っているので、心細さを感じないのが幸いですが。
和泉鳥取駅からさほど歩いていないのに、ずいぶ山深い光景になってきました・・・

と、沿道に立てられている案内板を見てちょっとビックリ!
えっ、今まで筆者が歩いていた道が「熊野古道」やったの?!(@_@)
実は筆者が歩いてきた道が「熊野古道」だったとは!(@_@)

とはいえ、(後から調べて分かったのですが)いわゆる「熊野古道」は複数ルートがあって、筆者が今歩いている紀伊路は、唯一世界文化遺産に登録されてないそうなんです(-_-)
これまでも何度か、熊野古道をかすった or 端っこ付近にいたetc.はありましたが、やっぱり訪問を実感するまでにはもう少し歩かねばなりませんね・・・


山がちの道とはいえ、沿道には民家やお店も多い中を歩くことしばし。
民家の中に「紀州街道」と呼ばれる小道が伸びているので、ちょっと立ち寄ってみます。
山中渓駅が近づいてきたところで、このような歴史を感じる街道が整備されています。

昔の宿場町の史跡などが残っていますが、何より一番賑わっていたのが夏祭りの会場!(^^)
どうも今週末~来週末がピークのようで、筆者の実家の近くでもいろいろやってはりました。
そういえば、今週末はあちこちで夏祭りのピークらしいですねー(^^)

紀州街道を抜けると、すぐそこに次の山中渓駅が現れます。
これまでの阪和線の駅とは雰囲気が変わり、いかにも山の駅という感じの駅舎ですねー
大阪府最南端の駅・山中渓駅に到着します(v.v)


筆者もここを訪れるまで知らなかったんですが、この山中渓駅周辺は桜の名所としても有名なところだそうで、この駅のホームもきれいな桜並木で囲まれるみたいですね!
うーん、いちおうローテーションで歩き回っているので仕方ないんですが、せっかく来たのに季節が合わず・・・というケースはぼちぼちありますねぇ(-_-;
せっかくいいスポットを知ったのに、もったいない・・・

さすがに近畿の全線走破してから「おさらいで」はかなり先すぎるのでA(^^;、近々
「季節を変えておさらいシリーズ」
なんてのも企画しようと思います(v.v)

駅の脇には、手作り感たっぷりの案内板が設置してあって、ここでも桜のスポットが紹介してあります。
山中渓駅脇には、手作り感たっぷりの巨大な案内ボードが!(^^)


(「JR西日本・阪和線(その20)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 山中渓 熊野古道 紀伊路 桜の名所

JR西日本・阪和線(その18)

〇和泉鳥取駅(大阪府阪南市)

そうこうしているうち、すっかり雨も上がり、とうとうお日さままで顔をのぞかせる始末(-_-;
あの一時間弱のロスは何やったんやろう?と複雑な気持ちを抑えながら、引き続き沿線を進みます。
やがて太陽も顔をのぞかせ、一体何だったんでしょうね・・・(-_-;雨が降ったおかげでより蒸し暑くなった沿線を、テクテク歩きます。

知らず知らずのうちに、沿線の道も山がち&田園風景が広がってきましたが、ふと沿道の田んぼを見ると、そこにはもうすっかり稲穂がしっかりついた稲が!
へえー、やはり関西も南の方に来ると、こんな早い時期から稲穂がついてるんですね!
沿線の田んぼには、すでに稲穂がしっかりついていました!(@.@)


その景色の向こうに見える雲の暗さも少々気になりながら歩いておりますと、やがて次の駅和泉鳥取駅のホームが見えてきます。
と、それ以上にすごく目立つのが、この大きな石造りの鳥居!
辺りに神社の本宮らしいものはまったくないのですが・・・何で???(?_?)
和泉鳥取駅の裏手には、なぜか本宮がない鳥居が・・・(?_?)

この「遥拝鳥居」、後ほどネットで調べたら紀州(和歌山県)のお殿様が参勤交代に出向くにあたり、途中にある波太神社への参拝がかなわず、仕方なく参勤交代の道すがら神社の方向に手を合わせた・・・という由来があるそうです。
どおりで、近くに神社の本殿はないのに鳥居だけがでんと据えられていたのですね・・・

その遥拝鳥居の裏手に、次の和泉鳥取駅の駅舎が現れます。
駅前ロータリーも備え、意外と大きい駅なんですね!
意外に大きかった和泉鳥取駅です

駅前にもけっこうお店が多くて、しばし雨でびしょ濡れになった体を乾かすために、駅前で休憩です(v.v)



(「JR西日本・阪和線(その19)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 和泉鳥取 遥拝鳥居 波太神社 参勤交代

JR西日本・阪和線(その17)

ここしばらく大荒れの天気でしたが、何とか週末は持ち直したここ大阪です(v.v)
特に滋賀から京都にかけては、それこそ人が首まで浸かるくらいの大水だったようで、被災された方におかれましてはお見舞い申し上げます。

そんな具合で、いちおう晴れてはいるものの、何とも怪しい天気となった今日。
約3ヶ月ぶりのJR西日本・阪和線を歩きますが、こちらも実はそこそこ大詰めになっている路線でして、意外や今日にでも二回目の和歌山入りが叶うかもしれないところまで来ていまして!

事前調査によれば、例によって県境の「峠越え」も待っているみたいですがA(-.-;、せっかくなのですごく久しぶりの和歌山も楽しめればと思います!


○新家(しんげ)駅(大阪府泉南市)
○和泉砂川駅(大阪府泉南市)

寄り道ばかりであまり進めず、なぜか南海電鉄で家路につくという意味不明の旅路だった前回。
青空に映える真っ白な壁が印象的な新家(しんげ)駅に降り立ちます。
新家駅の白い壁が、青い空に映えて鮮やかです!(^^)

いやー、怪しげな天気やったからどうなるかと思いましたが、何より何より(^^)

さっそく沿線を進みますが、青い空にモクモクと立ちのぼる入道雲が、いかにも夏らしい光景です。
入道雲も立ちのぼり、ホンマに「夏!」という空ですねー


と思ったら、20分ほど沿線を歩いたところで、これから進もうとしている和歌山方面に暗い雲が広がります。
やがて遠くから雷鳴も聞こえてくるし、稲光もビシビシ走っているではありませんか!(ToT)
ほどなく、目の前には黒い雲が広がり、遠くで雷鳴と稲光が聞こえてきます・・・(T_T)

これまで雨に降られたことは数あれど、カゼひとつひかなかった筆者。
ただ、雷は最悪命も失いますからね・・・(-_-;
取り急ぎ急ぎ足で、避難できる場所を探します。

次の和泉砂川駅まであと数百メートルの住宅街の中で、ようやくタバコ屋さんの軒を借りて雨宿りですA(-.-;
やがて、予想通り大粒の雨!(T_T)
とうとう、大粒の雨が降り出しました・・・(ToT)空が明るいんで、おそらく長くは続かないと思っていましたが・・・

頭上ですんごい稲光が光ってますが(;_;)、いちおう屋外のこうした天気はさまざま経験してきた筆者!
雲の色が意外と薄いので、単なる夕立だと判断して、天候の回復を待つことにします。


待つこと小一時間ほど。
ようやく雨も小雨になってきました・・・

出だしからちょっとしたロスになりましたが、再び沿線歩きをスタートします(v.v)
雨が小降りになったところで、少しずつ先に進みます(v.v)



(「JR西日本・阪和線(その18)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 和泉砂川 新家 ゲリラ豪雨

JR西日本・阪和線(その13)

◯東佐野駅(大阪府泉佐野市)
◯熊取駅(大阪府泉南郡熊取町)
◯日根野駅(大阪府泉佐野市)
(JR西日本・関西空港線 日根野駅 乗換駅)

引き続き、ネタがない中を住宅街&だんだん多くなってきた田園風景の中を進みます(T_T)
例えば京阪電鉄・本線などとは異なり、ホンマにこの路線は沿線住民の方々の利便性を第一に作られた路線だというのがよく分かります・・・

そんな中、東佐野駅を出て稲刈り済んだ田んぼの中をトボトボと歩いた筆者が出くわしたのが、目の前に横たわる川!
上流下流見回しましたが、しばらく渡るための橋がなさそうです・・・
そんな中、関空行きの特急はるかが、何食わぬ顔?でさっさと鉄橋を渡って行きやがります・・・(-_-;
幅は小さい川なんですが、延々数百メートルにわたって橋がないんです(x_x;

仕方なく上流へとさかのぼること約400mほど。
ようやく橋を見つけて渡れたのですが、JRの沿線って、ホンマにこういったロスが多いんですよ・・・(T_T)


気を取りなおして先を進みます。
辺りも薄暗くなった中、次の熊取駅に到着します。
泉南郡熊取町は、筆者も初めて訪れる土地ですね。
少し薄暗くなってきた中、熊取駅に到着します(v.v)

駅前をブラブラしておりますと、ふと目に止まったのがおなじみマンホールデザイン!
か、かわいすぎる・・・(@_@)
大阪府泉南郡熊取町大阪府泉南郡熊取町

熊取町のマスコットキャラクター・ジャンプくんをあしらったデザインですが、筆者がかつて見てきたマンホールデザインの中で一番インパクトは強いですね!


さらに沿線を進むことしばし。
すっかり日が暮れてしまった中で、とりあえず今日の目標としていた日根野駅に到着します。
暗闇だったのであまりわかりませんでしたが、ちょうど駅舎の改修工事の真っ最中だったようですね・・・
日根野駅は、改装工事の真っ最中のようでした。日根野駅は、改装工事の真っ最中のようでした。

今回はこれといったネタがなく、ただひたすらの「実況中継」となってしまいましたが、これから先またさまざまな光景に出会えることを期待しております!(^o^)


<本日(2012/01/15(日)の実績>
・本日の実績:21,000歩(16.8km)
・2012年01月の実績:137,725歩(110.18km)
・2012年の実績:137.725歩(110.18km)
・歩行路線数:59路線/122路線(48.4%)
・歩行駅数 :647駅/1,679駅(38.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 東佐野 熊取 日根野 ジャンプくん

JR西日本・阪和線(その12)

ようやく大阪での生活も安定したのもつかの間、新年早々忙しい職場に移り、なかなか時間が取れていない筆者です(x_x;
久しぶりにのんびりできる休日、お天気も少々怪しげなんですが、少々運動不足気味になっているため本日も出かけます。

今日歩くのは、約4ヶ月ぶりのJR西日本・阪和線
まだ東京と大阪を行き来していた頃に歩いて、正直あまりええ気分ではなかった記憶がよみがえりますが・・・今日からは快適に歩けるのではないかと思っております。


◯東岸和田駅(大阪府岸和田市)
◯東貝塚駅(大阪府貝塚市)
◯和泉橋本駅(大阪府貝塚市)

前回ラストだった東岸和田駅を出発し、府道30号線を南に進みます。
この辺り、隣接する貝塚市との境界も近いのですが、以前水間鉄道の沿線を歩いたときにも感じましたが、貝塚市近辺ってこういった「巨大看板」を多く見かける気がします。
これって、地域性なんでしょうか・・・
以前水間鉄道の沿線を歩いた時も思ったのですが、貝塚市の近辺はこのような「巨大看板」が多いように感じます(v.v)以前水間鉄道の沿線を歩いた時も思ったのですが、貝塚市の近辺はこのような「巨大看板」が多いように感じます(v.v)

さて、上にも書いたように、ほどなく次の貝塚市に入ります。
約1年半ぶりだし、当時はまだ「マンホールデザイン」にさほどこだわっていなかった頃なので、さっそく撮影させていただきました(v.v)
東岸和田駅からほどなく、久しぶりの貝塚市に入ります!


さてこの阪和線、これまでもそうだったんですが、沿線には住宅地が多くてなかなか書くべきネタが見つかりません(-_-)
ただひたすら沿線を歩くだけの状態が続きますが、次の東貝塚駅を出た所で、こちらも久しぶりの水間鉄道の沿線を横切ります!
こちらも、久しぶりの水間鉄道の沿線を横切ります。

そういえば、大阪市内・中之島で浅尾美和選手が参加するビーチバレーの大会が開催されてるまさに当日に、この路線をテクテク歩いた記憶がよみがえります。
・・・まあ、そういう多くの方が注目するようなイベントには見向きすらしないのが、このブログの最大の特徴ですから!A(^^;


次の和泉橋本駅を出てからは、ネタ探しのため国道26号線を歩きます(v.v)
とはいえ、全然状況は変わらないのですが・・・そんな中で、久しぶりにりんくうタワービルの姿が見えてきたではないですか!(^o^)
約1年半ぶりに、りんくうタワービルの姿を見かけます!(^^)


(「JR西日本・阪和線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 東貝塚 東岸和田 和泉橋本 水間鉄道 巨大看板 貝塚市

JR西日本・阪和線(その11)

◯和泉府中駅(大阪府和泉市)
◯久米田駅(大阪府岸和田市)
◯下松駅(大阪府岸和田市)
◯東岸和田駅(大阪府岸和田市)

さらに沿線を南下し、次の和泉府中駅に到着します。
そこそこお天気のいい休日の昼下がり、駅前には人通りもあるのですが、どういうわけか駅前商店街はガラガラでした・・・
和泉府中駅に到着しますが、お天気の休日なのに人出はまばらです・・・

駅前商店街を抜けると、街のあちこちからだんじり祭のお囃子を練習する音が聞こえてくるし、何とすでに電信柱に衝撃緩衝用のクッションが巻かれているではありませんか!(@_@)
和泉府中駅の近辺には、だんじり祭用にすでに柱などに緩衝材が巻きつけられていますA(^^;

だんじり祭の10月の本宮は10/9(2週間後)とのことで、少々気が早いような気もしますが・・・山車の通り道一面を処理する必要があるので、早めの対処が必要なんでしょうか。


しばし沿線を離れて、比較的大きな道沿いを進みますが・・・この辺り、正直クソガキどもが街中を多数横行していて、かなりのガラの悪さを実感しました(-_-;

「つぶやき」でも書いたように、コンビニの前に多数座り込んでは、携帯電話で「殺すぞ!」などという言葉を軽々しく口にしている、中学生と思しき連中。
⇒そんな会話するために携帯代を払っている親も気の毒ですが・・・まあ、しょせんそんな子供に育てた親ですからね。「因果応報」ということで。
歩道を堂々とチャリンコで暴走し、人にぶつかりそうになっても避けずに舌打ちして立ち去るアホのヤンキーの姉ちゃん
などなど・・・

いったい、どんな教育 or 家庭のしつけしてるんでしょうか?!
少なくともきちんと府民税を払っている筆者としては、(ごくごく一部とはいえ)払った税金がこんなアホ丸出しのクソガキどもを育てるために使われているのが、本当に腹立たしくて仕方ありません!

最近は、橋下・大阪府知事が「大阪都構想」なんてのを進めようとしてるみたいですが、府民税の上にさらに市民税まで、こんなクソガキどものために提供しろとな?!
冗談じゃありません!(>_<)
少なくとも、筆者は断固反対したいと思っております!


・・・話がだいぶそれました(v.v)

ごくごく普通の住宅街&商業施設が建ち並んでいる中ですが、やはり街中もすっかりお祭りモードですね~
街角もすっかりお祭りモードですね~(^^)

ネタが少ないのを覚悟の上で住宅街を歩いていたのですが、沿道にふと気になるお店を発見します。
「清原電気商会」?!
岸和田の「清原」という名前の電気屋さんというと・・・(?_?)

岸和田の「清原」、しかも電器店ということで後々調べたところ、やはり(筆者にとっては)あの元・西武ライオンズ 清原和博氏(その後ジャイアンツ~オリックスブルーウェーブ)の実家ではないですか!(@_@;

久米田駅から入ったところの、こないな所にあったんですね・・・


だんだん南下するに従い、ガラの悪さもだいぶ改善されてきます(v.v)
以前、南海本線沿線を歩いた時と同じように、昔の城下町ならではの古いたたずまいを残している光景をぼちぼち見かけます。
城下町ならではの古い町並みも広がっていますねー

そうこうしているうち、次の東岸和田駅に到着します。
駅近辺をブラブラしてみますが、以降の沿線の道がなくなっていることを確認できたくらいで(T_T)、とりあえずはピックアップすべきスポットはありませんでした・・・
東岸和田駅に到着しましたが・・・ここでやむなく終了です(T_T)

若干微妙な時間となってしまいましたので、本日はここまでとしたいと思います(v.v)



◯本日(2011/09/23(土))の実績
・本日の歩数:25,425歩(20.34km)
・2011年9月の歩数:254,229歩(203.38km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 和泉府中 だんじり祭 清原和博 久米田 東岸和田 下松 大阪都構想