プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その13)

そういや、飛行機マニアの割に、一番身近にある大阪国際空港(伊丹空港)の展望デッキに登ったのは初めての筆者!A(^^;
だって、いつも時間ギリギリに到着して、慌ててチェックイン⇒手荷物検査⇒搭乗してるから、そんなヒマないんやもん・・・(-_-)

いつものように、我らがANAはんサイドの展望台に陣取り、飛行機の離着陸を眺めます。
今まさに離陸準備に入ったのは、B777-200でしょうか。
20150502-056.jpg

滑走路を挟んだ向こうには、ちょうど筆者が5年前に訪れた「伊丹スカイパーク」の様子が伺えます。

と、傍らを見やると、さらにこれから離陸体制に入ろうとする飛行機が2機も!(@_@)
何か、めっちゃ混み合ってますねー
20150502-059.jpg


しばらく飛行機の離発着の様子を眺めてたら、次第に日も傾いてきました。
少しばかり赤みを帯びてきた空に向かって飛行機が離陸するさまも、また何とも絵になりますねぇ・・・
20150502-063.jpg


<本日(2015/05/02(土)の実績>
・本日の実績   :30,321歩(24.3km)
・2015年5月の実績:39,344歩(31.5km)
・2015年の実績  :961,244歩(769.0km)

・訪問済路線数  :101路線/137路線(73.7%)
・訪問済駅数   :1,073駅/1,686駅(63.6%)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 大阪国際空港 伊丹空港 ITM 伊丹スカイパーク

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その12)

○大阪空港駅(大阪府豊中市)

蛍池駅を出て、筆者は沿線を大きく外れて、一路阪神高速池田線の沿線に向かいます(v.v)
というのも、7年ほど前にこの路線を歩いた時、筆者はバカ正直に沿線沿いの県道11号線を進んだんですが、歩行者は途中のフェンスで思い切りブロックされてしまって、結局大阪空港駅には到着できなかった経緯があるんです・・・(-_-)。

ただ、今回は確実に到着できるルートを徹底的に予習してきたし、これまでも神戸空港羽田空港でさえも徒歩で行けることが明らかになってるわけですから!
伊丹空港(大阪空港)も徒歩で行けないわけありませんって!


さて、蛍池駅から少々遠回りすること約20分。
ようやくラストの大阪空港駅へつながる道路に入ります!
20150502-051.jpg

写真の交差点を左に入ると、すぐそこに大阪国際空港(伊丹空港・ITM)の管制塔が見えてきます!(^o^)
よかった、やっぱり徒歩でも行けるんですねー
20150502-052.jpg20150502-053.jpg


ようやく終着駅の大阪空港駅に到着。
普段ビジネスでしか利用しない⇒空港の中をゆったり見て回る機会のない筆者は、ここ大阪国際空港の展望デッキに登ってみます(v.v)
20150502-055.jpg


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 大阪国際空港 伊丹空港 ITM

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その11)

○蛍池駅(大阪府豊中市)
(阪急電鉄・宝塚線 蛍池駅 乗換駅)

柴原駅を出てほどなく、路線はぐぐっと90度近く折れ曲がり、南に向きを変えます。
やがて、阪急・宝塚線沿線を歩いて以来、なんと5年半ぶりの蛍池駅に到着します!
20150502-045.jpg

いやー、5年半ぶりではありますが、駅前の雰囲気も全然変わってなくて、何よりです(^^)


ひとしきり起伏の激しい道のりを歩いてきたんで、駅前のバス停でちょっと一服( -,-)y-。oO
と、ふと座っていたベンチの背もたれ部分にあった周辺案内図を眺めてて・・・
「蛍ヶ池って池、結構近くにあるやん!(@_@;」(写真上部中央)
20150502-047.jpg

前回、その所在はあいまいにしたまま先に進んでしまったんでm(_ _)m、せっかくなんで駅名の由来となった「蛍ヶ池」を探索してみます(v.v)


駅から南東方向、住宅街の中をひたすら歩くこと約10分。
正直、筆者も最初は確証が持てなかったんですがA(^^;、何とか到着したのはフェンスに囲まれた小さな池!
20150502-048.jpg

でも、フェンスに掲示してある看板などから、これが正真正銘の「蛍ヶ池」であることは確認できました!

周囲は約300mほどでしょうか。
ひとしきりブラブラしたところで、再び沿線に戻ります(v.v)


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その12)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 蛍池 蛍ヶ池

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その10)

○柴原駅(大阪府豊中市)

相変わらず起伏の激しい沿線をテクテクと進みます(x_x;
そうこうしているうち、次の柴原駅が見えてきます。

柴原駅といえば、大阪大学・豊中キャンパスの最寄り駅。
沿線を歩いてるうちに、やがてそのキャンパスも見えてくるんですが、7年ほど前にここを歩いた時には全く気付かなかったオブジェが!(@_@;
20150502-039.jpg

大昔、阪急電鉄・宝塚線沿線を歩いた時にも興味津々やったんですが、ここ大阪府豊中市のマンホールデザインは、なぜかワニのデザイン!

それもこれも、恐竜時代のワニの化石が見つかった場所ということやったんですが、そもそもそのワニの化石が見つかったんがこの大阪大学・豊中キャンパスの中やったんですねー
20150502-040.jpg


ずいぶ前から、モノレールの沿線と一緒に中国自動車道も相まって、なかなか路線の向こう側に渡れない状況が続いていたんですが(-_-)、ようやく阪大・豊中キャンパスの正門前信号で渡ることができました・・・
20150502-041.jpg


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 柴原 大阪大学 阪大 ワニ 化石 マンホール

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その9)

○少路(しょうじ)駅(大阪府豊中市)

千里中央駅を出てから、ひたすらモノレール沿線をたどって住宅地を歩きます(v.v)
それにしても、このあたり山の手やから起伏が激しくて、普通に歩くだけでもけっこうしんどいものがあります・・・(x_x;

千里中央駅を出て約10分。
機嫌よく沿線を歩いていたところ、目の前に現れたのはこんな看板!
20150502-028.jpg

ええっ、これまでもそこそこしんどい道のりを歩んできたのに、さらにこれから上り坂ですかい!(x_x;
とはいえ、回り道するとさらにえらい目に遭いそうやったんで、仕方なくこの山道を登ります・・・

歩いて2、3分も登ればピークに至れる坂道なんですが、苦労した甲斐はすぐに現れます!
をを、沿線でモノレールの車両をこんだけ間近で見ることができるスポットって、他にはないんやないでしょうか???
20150502-029.jpg


そこそこ厳しい坂を上った後は、また緩やかな下り。
それにしても、よーこんな起伏の激しいところにモノレール作ろう思いましたねぇ・・・A(-.-;
20150502-030.jpg

そして、その下り坂の途中に、次の少路駅が現れます。
さすがにくたびれた筆者は、駅前の池を眺めながら一息つきます(v.v)
20150502-032.jpg20150502-038.jpg


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 少路

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その8)

○千里中央駅(大阪府豊中市)
(北大阪急行電鉄・南北線 千里中央駅 乗換駅)

モノレールの路線って何がええって、こうやって常に路線が見えてるから道に迷うこともないし、たいてい沿線の道も整備されてるから、ほぼ最短路線で歩けること!(^o^)
20150502-011.jpg

5月初旬にしては、照り付けるお日様が少々厳しいものがありますが(-_-)、それでもかなり快適に沿線を西に進みます。

やがて、沿線には道路が複雑に入り組んだ光景が広がってきます。
おお、いよいよ次の千里中央駅も間もなくですね~
20150502-020.jpg


このブログを書き始める前も、筆者は大阪市近郊の鉄道沿線をブラブラ歩きまわっていて、大阪市営地下鉄・御堂筋線~北大阪急行・南北線の沿線を歩いたことがあるんですが、このクネクネした道路のおかげで、最終的に千里中央駅までたどり着けなかった経緯があります・・・

今回も、GPSとにらめっこしながら試行錯誤し、何とか千里中央駅前の広場にたどり着くことができました~(T_T)
20150502-021.jpg


久しぶりに訪れた「千中」(周辺住民は略してこのように呼びます(v.v))、せっかくなんでブラブラしてみます。

このあたり、昔から全然雰囲気変わってないのがええですねー(^^)
千里中央駅があるこの商業施設自体を「千里セルシー」というんですが、昔から駆け出しのアイドルや歌手の(特に大阪エリアでの)登竜門と言われる場所!
20150502-022.jpg

例えば新しいところでは、きゃりーぱみゅぱみゅSekai no owariE-girlsなどなど、ここでイベントを開いてその後成功したアーティストは数知れず。

残念ながら、今日は休日にもかかわらず何のイベントも開かれていないようですが・・・今後も「関西のアーティストの登竜門」として君臨していただきたいものです(^^)


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 千里中央 千中 千里セルシー 登竜門

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その7)

このGWも、カレンダー通りに休みが取れた筆者。
かつ、仕事もキツキツではないタイミングやったんで、金曜日を午後休にして約1か月ぶりに大阪に戻ってきました(v.v)

久しぶりに戻ってきた&「青春18きっぷ」が使えない時期なんで、正直休みの間どうしようかと迷いましたが・・・
今までの近畿の街歩きで、けっこう中途半端に終わってるところをコンプリートすべく、これまた久々の「スルッとKANSAI 3daysカード」を購入して、比較的近場で未だ訪れたことのないエリアをブラブラしてみたいと思います。

その1回目は大阪高速鉄道・大阪モノレール線
振り返ってみると、前回訪れたんが2011年4月10日というから、ほぼ4年ぶりですやん!(@_@)


○万博記念公園駅(大阪府吹田市)[近畿の駅百選 選定駅]
(大阪高速鉄道・国際文化公園都市線(彩都線) 万博記念公園駅 乗換駅)
○山田駅(大阪府吹田市)
(阪急電鉄・千里線 山田駅 乗換駅)

かくして、めっちゃ久しぶりの万博記念公園駅に降り立ちます。
いやー、めっちゃええお天気で、真っ青な空に太陽の塔も映えてますねー(^^)
20150502-003.jpg20150502-001.jpg

前回は公園内を中心に駅北側をブラブラしたんで、今回は駅南側を・・・と思ったんですが・・・
駅南側は商業施設やらホテルばかりで、特に書くべきネタもなく・・・

仕方ないんで、次の駅目指して沿線歩きをスタートします(v.v)
この辺り街路樹など緑豊かなんですが、特にこの時期は沿道のツツジが色鮮やかです!
20150502-006.jpg


メチャメチャお天気のいい昼下がり、沿線の道を西に進みます。
さすがにお休みだからか、車の通行量もそこそこ多いですね。
20150502-007.jpg

と沿道右側に現れたのは、今現在沿線を歩いてる大阪モノレールの車両基地。
へえー、予習の段階では分かりませんでしたが、こんなところに車両基地があったんですねー
20150502-009.jpg

今までいろんな車両基地を見てきた筆者ですが、さすがにモノレールの車両基地は初めてです。
それにしても、普通の電車の車両基地とくらべて、モノレールの車両はかさばりますわね~A(^^;


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 万博記念公園 山田 車両基地 スルッとKANSAI

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その6)

遠くから見ると分からないんですが、近づいてみると太陽の塔の大きさがよく分かります。
その高さ70m!(@_@)
周りの人と比べると、大きさが分かるかと思います(v.v)

ところで、太陽の塔の正面の絵はよく見かけるんですが、裏がどうなっているかというと・・・
太陽の塔の裏側はあまり表に出ないんですが、このようになっています。

裏側まで思い切り岡本太郎先生入っていますね~A(^^;
塔にはてっぺん・正面・裏側と3つの顔があるんですが、それぞれに
・てっぺんの顔:未来を見つめる顔
・正面の顔  :現在を見つめる顔
・裏側の顔  :過去の顔

という意味があるんだそうです。

年に一度は内部も公開されているそうなんですが、実は塔の中にも岡本太郎先生作のオブジェが展示されていて、エスカレーターに乗って上に登るごとに人類の進化を表しているんだそうです。


さて、園内の桜の木もすっかり満開!
沿道ではお花見を楽しんでおられる方で賑わっています(^o^)
満開の桜のもと、お花見の皆さんで賑わっておりますね~(^o^)

公園の東南側には、当時のたたずまいを残しているEXPO'70パビリオン館(当時の鉄鋼館)。
万国博覧会の当時のままのEXPO'70パビリオン。

実は現在、岡本太郎先生の生誕100周年を記念した展示会「岡本太郎生誕100年記念『太陽の塔黄金の顔展』」が開かれていて、万博当時に使われていた太陽の塔の「顔」も展示されているとのこと。
時間があれば筆者も訪れる予定にしていたんですが、例によって微妙に時間切れで入れませんでした・・・(T_T)
筆者はこれを目当てに来たんですが、残念ながら微妙に時間切れでした・・・(-_-)

パビリオンの壁の一部はガラス張りになっていて、その「顔」もかろうじてちょっとだけ見ることができます。
パビリオンのガラス越しに、万博当時に飾られていた太陽の塔の「顔」が飾られています。


公園の中には様々なオブジェも展示されているんですが、すっかり辺りも薄暗くなってきて撮影もままならなくなってきました・・・
しかも、公園の敷地は甲子園球場の65倍という広大なもので、とても1時間ちょっとでは回りきれない状態です。

やむなく今日はこれまでとしますが、万博記念公園駅に向かっていると、ライトアップに加えて目から光線を出している太陽の塔の姿。
太陽の塔の目からは、今でも光線がでているんですね!(@_@)

万博期間中に光線を出していた写真は何度か見たことがありますが、今でもやっていたんですね!(@_@)
後から調べたところによると、飛行機の運行に影響を来すということで長いこと中止されていたそうなんですが、最近LEDなど影響の少ない光を使って復活させたんだそうです。


◯本日(2011/04/10(日))の実績
・本日の歩数:27,433歩(21.9km)
・2011年4月の歩数:129,691歩(103.8km)
・2011年の累計歩数:1,211,133歩(968.9km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 万博記念公園 太陽の塔 岡本太郎 花見

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その5)

◯宇野辺(うのべ)駅(大阪府吹田市)
◯万博記念公園駅(大阪府吹田市)[近畿の駅百選 選定駅]

相変わらず書くべきネタが見つからないまま、沿線をひたすら歩きます。
やがて、沿線の道が高速道路に阻まれてしまいます・・・(T_T)
宇野辺駅から歩くことしばし、沿線が高速道路に阻まれてしまいます・・・(T_T)

仕方なく道路を進んでおりますと、ラッキーなことに道は通じているようだったので、そのまま進みます(v.v)
・・・と、脇道をたどると、何とか次の万博記念公園には行けそうで一安心(v.v)


さらに沿道を進んでいると、再び沿線と合流します。
その隙間から、いよいよシンボルとも言えるべきオブジェが見えてきました!
再び沿線に合流し、とうとうシンボル的なオブジェが見えてきました!(^^)

沿道には、2007年に人身事故を起こし、その影響で2009年に閉園した遊園地「エキスポランド」の跡地も見えます。
すっかり文字もはげ落ち、錆びついた姿は何とも痛々しいんですが、それでも跡地の有効利用ということで、一部ではさまざまなイベント利用が進められているようですね。
人身事故の影響で、2009年に閉鎖されたエキスポランドの跡地人身事故の影響で、2009年に閉鎖されたエキスポランドの跡地


やがて、やっと万博記念公園の入り口にたどり着きます。
大阪でも屈指のお花見スポットでもある場所でもありますが、ここでも桜は満開ですね!(^o^)
公園入口付近の桜も、もう満開ですね~(^o^)

入り口をはいると、いきなり大阪万博のシンボルだった太陽の塔の威容が目に入ります!
1970年に開催された大阪万国博覧会から41年になりますが、今でも現役バリバリの大阪のシンボルです。
今年41年になる太陽の塔ですが、今でも現役バリバリの大阪のシンボルです!


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その6)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪モノレール 万博記念公園 太陽の塔 宇野辺 エキスポランド

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その4)

◯摂津駅(大阪府摂津市)
◯沢良宜(さわらぎ)駅(大阪府茨木市)
◯南茨木駅(大阪府茨木市)
(阪急電鉄・京都線 南茨木駅 乗換駅)

新幹線公園を出て、さらに進みます。
改めて安威川の河川敷を見てみると、ホンマに桜色のじゅうたんが広がっているみたいで、すごくきれいですねー(^o^)
安威川河川敷の遠景はこんな感じです。


南摂津駅からしばらくは、片方広い道路、もう片方は商業地域で、なかなか書くべきネタが見つかりません・・・
モノレールという特殊な乗り物ゆえ、駅舎のデザインもずっと同じだし、広がるのはごくごく標準的な住宅街&商業施設。

そうこうしてるうち、以前阪急電鉄・京都線の沿線を歩いた折に通りがかった南茨木駅にたどり着きます。
ここは阪急線と乗り入れている関係で、さすがに他の駅とはかなり違った構造です。
少々久しぶりの南茨木駅にたどり着きます(v.v)

阪急・南茨木駅脇の階段を登ると、その違いが分かります。
モノレールの間近で、車両をまじまじと眺めることができるなんて、できそうでなかなか難しいのではないかと思います(v.v)
(ちなみに、筆者はモノレールマニアでもありませんA(^^;)
南茨木駅では、モノレールの車両をすぐ目の前で見ることができます。南茨木駅では、モノレールの車両をすぐ目の前で見ることができます。


南茨木駅を出てすぐ、先ほど見かけた新幹線の車両基地に通じる高架が現れます。
ここから、先ほど通りがかった新幹線の車両基地に通じているんですね・・・
先ほど通りがかった新幹線基地に通じる連絡路線です

こういった光景、日常生活ではなかなか気に留める機会もないと思うんですが、しょせん新幹線も機械の固まり!
定期的に整備せな、あちこち痛むしガタが来るでしょうから、表舞台に出ることもないこういった「知られざる顔」もあるんですねぇ~


南茨木駅を歩くことしばし、沿道になにやら緑生い茂る一角が見えてきます。
沿道から少々入ったところにあるのは、大阪府茨木(いばらき)市にある、奈良春日神社という、何とも紛らわしい名前の神社A(^^;
茨木市にある奈良春日神社という、何とも紛らわしい名前の神社A(^^;

境内はすごくこぢんまりしているんですが、境内の周辺を覆う桜やツツジの木々が素晴らしくきれいな花を咲かせてます!(^^)
桜並木を背景に通り過ぎるモノレールというのも、また絵になるもんですねー。
桜並木の中を走り抜けるモノレールも、なかなかええ光景ですねー(^^)桜並木の中を走り抜けるモノレールも、なかなかええ光景ですねー(^^)



(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 南茨木 奈良春日神社 安威川