プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本・北陸本線(その16)

○近江塩津駅(滋賀県長浜市)
(JR西日本・湖西線 近江塩津駅 乗換駅)

かくして木ノ本駅に戻り、今度は陽が沈みかけている西側に向かって進みます。
20160831-033.jpg

少々長めのトンネルを抜け、やがて左手には再び水辺が見えてきます。
こちらは、ホンマもんの琵琶湖の北岸なんです。
20160831-034.jpg20160831-038.jpg

思えば、2013年のGWにJR西日本・琵琶湖線の沿線歩きで歩き始めた琵琶湖。
途中3回の長期出張や長期入院などいろいろありましたが、それでも3年ちょっとかけて、ようやく琵琶湖を半周したことになるんですねぇ(しみじみ)・・・(-.-)


やがてその琵琶湖の北端も越えるあたり、周りに少しずつ住宅街が広がってきます。
と、家の一角に立派なお蔵があったり、昔ながらの作りの建物をぼちぼち目にします。
20160831-044.jpg20160831-045.jpg

しかも、造りの古いお宅には、このように昔何をやっていた建物かという説明の板も取り付けられてます。
20160831-042.jpg

後から分かった話なんですが、ここ塩津の街はその昔琵琶湖の港町として栄えたところなんやそうで。
確かに、福井からの海産物etc.を大津~京都方面に運ぼう思たら、琵琶湖西岸の鯖街道など経由するよりも圧倒的な輸送力使って、ここから船で運べば効率的ですもんね!

その名残からか、街中の街灯には昔の帆船があしらわれております(v.v)
20160831-040.jpg


かくして、次歩く(であろう)湖西線の路線も見えてきた中を引き続き進むと、とうとう北陸本線の(関西での)終着駅・近江塩津駅に到着しました~(>o<)
20160831-050.jpg20160831-053.jpg

いやー、距離的にはさほどでもなかったんですが、いろんな要素が詰まってなかなか楽しめた路線でした!
残念なのは、時間の都合でいつもの「儀式」ができなかったことと、ここ近江塩津駅の駅舎内で営業してはる食堂を、10分オーバーくらいで利用できなかったことでしょうか・・・

まあ、お楽しみは次の湖西線を歩くときの楽しみに取っておくということで、程なくやってきた湖西線の電車に乗って、大阪に戻ることにします。


<本日(2016/08/31(水)の実績>
・本日の実績   :34,854歩(27.9km)
・2016年8月の実績:298,209歩(238.6km)
・2016年の実績  :1,853,044歩(1,482.4km)

・訪問済路線数  :107路線/137路線(78.1%)
・訪問済駅数   :1,129駅/1,689駅(66.8%)



スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 近江塩津 琵琶湖 港町

JR西日本・北陸本線(その15)

○余呉(よご)駅(滋賀県長浜市)

やがて、沿線には山間の風景が広がります。
いやー、空の青さと山の緑が映えて、何ともきれい!
20160831-016.jpg

このような光景を歩くこと小一時間。
路線は大きく直角に曲がり、それにつれて引き続き山間の道を進んでますと、やがて左手に湖が見えてきます。
20160831-023.jpg

場所的に「琵琶湖?」と思われがちなんですが・・・
これ、琵琶湖の北側にちょこんと位置する余呉湖という小さな湖なんです。

釣り好きの方にとっては、冬場のワカサギ釣りのスポットとしても有名なとこなんですが、実はもう一つあって。
まず先に、次の余呉駅に立ち寄って沿線の情報をもらいます。
20160831-024.jpg20160831-025.jpg

・・・と、あらかじめ予習していてある程度は分かっていたんですが、
ここから次の近江塩津駅まで、直接歩いて行けない!(T_T)
つまり、いったん前の木ノ本駅に戻り、そこから別ルートで先に進むしかないんです~(ToT)


今まで、(特に和歌山ルートは)3、4kmの回り道は何回か経験しましたが、ここに来て10km近い回り道ですか!
時間的にちょっと厳しいんですが、ともあれせっかく訪れた余呉湖をブラブラしてみます。


と、湖畔をしばらく歩いたところで見かけたのが、この柳の古木。
20160831-029.jpg

実はこれが、その昔天女が羽衣を掛けたとされる衣掛柳という木なんだそうです。
以前、京都北部の峰山町も天の羽衣伝説が残っているところやったんですが、こちらの余呉湖周辺もなんですねー

駅から少し歩いたところには、余呉湖のビジターセンターがあって食事などできるようになってます。
今日はお天気も良くて、これから先のことを考えなければ何とも心穏やかな光景が広がっております・・・(-_-)
20160831-031.jpg20160831-032.jpg



(「JR西日本・北陸本線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 余呉湖 衣掛柳 天の羽衣 ワカサギ

JR西日本・北陸本線(その14)

○木ノ本駅(滋賀県長浜市)

ただひたすらまっすぐな国道8号線を進むこと約1時間弱。
辺りには一面の住宅地が広がる中、少しばかり入ったところに次の木ノ本駅が現れます。
20160831-012.jpg

へぇー、木造瓦葺き・白壁が特徴的な、何ともオシャレなデザインの駅舎ですやん!(^^)

しばらく駅舎周辺をブラブラしてみますが、この駅舎のすぐ南側には、昔使ってた木ノ本駅の駅舎が。
20160831-009.jpg

昭和11年に作られた旧駅舎も、今では記念館のような扱いになっているようですね。
筆者が先ほど見かけた新駅舎も、つい5年ほど前に造られたものとのことで、何とも納得です。

さてこの木ノ本駅、今まで歩いてきた中ではそこそこ大きい駅なんですが、残念ながら駅周辺にはスーパーや個人商店がちらほらある程度で、商店街などはありませんで。
仕方ないので、しばらく駅周辺をブラブラして、沿線歩きの旅に戻ります(v.v)


残暑厳しい中、人影も少ない沿線の道をテクテク進みます。
いちおう歩くルートは予習してはいるものの、それが合ってるかどうかの確証がないんでいつも不安を抱えてるんですが、それでもこうやって道しるべで示してあれば、心穏やかに進めるってもんです!(写真では分かりにくいですが)
20160831-013.jpg

やがては、(これはさすがに予習では分からないんですがA(^^;)道が砂利道になるというアクシデントもあったりします・・・
20160831-014.jpg



(「JR西日本・北陸本線(その15)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 木ノ本

JR西日本・北陸本線(その13)

ここのところお天気の悪い日々が続いていて、なかなか思うように「青春18きっぷ」が消化できない日々が続いております(-_-;
そんな中、今日はすごく久しぶりにお天気の週末となりまして、さっそく出かけます。

今日出かけるのは、春以来のJR西日本・北陸本線
前回、そこそこ大詰めのところまで来ているので、路線踏破 or 近畿エリア脱出のいずれか、キリのええとこやっときたいもんです(v.v)


○高月(たかつき)駅(滋賀県高浜市)

前回は東側からアプローチした高月駅でしたが、今日は西口に降り立ちます。
20160831-002.jpg

いやー、大阪市内もでしたが、ここ滋賀もめっちゃええお天気で何よりです!(^o^)/

ときに、(前回もそうでしたが)今回降り立った駅西口も周辺はほぼ住宅地。
駅舎周辺をブラブラするまでもなく、もういきなり沿線歩きモードに突入します(-_-)
20160831-004.jpg


と、歩くことしばし。
今回の沿線のお楽しみスポットを早々に見つけたので、さっそく立ち寄ります(^^)
その名も「びわこ食堂」はん!

さっそく筆者が前から気になってた、滋賀県北部の家庭料理「とり野菜鍋」を注文します。
と、出てきたのがこれ!
20160831-005.jpg

さほど底のない鍋に、白菜がてんこ盛りで盛られております!(@_@;;
火が通るうちに、だんだんこの山は低くなっていくんですが、それでもけっこう食べるのにコツがいるのが難儀なとこですA(^^;
いやー、それにしても、白菜と味噌って意外と合うんやと言うのが実感で分かりましたねー


普段の沿線歩きではあまり経験しない、満腹&満足感たっぷりで引き続き沿線を進みます。
沿線には、このように一面の田園風景が広がってますが・・・それにしても、まだ8月やのにもう稲穂が色づいてますか!(@_@)
20160831-006.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 高月 とり野菜鍋

JR西日本・北陸本線(その12)

○高月(たかつき)駅(滋賀県長浜市)

河毛駅を後にしたはいいものの、実はここから先のルートの予習が不十分で・・・
駅の西側に少々歩けば、そのまますんなり&スピーディーに移動できたんですが、それを知らない筆者はひたすら沿線を進みます。
やがて、こんな砂利道や・・・
20160313-055.jpg

しまいには、とうとうこんな畦道までも歩く羽目に・・・(-_-)
20160313-056.jpg

結局、そこそこの大回りした挙句に、ようやく次の高月駅へ続く舗装道路に出ます。
早いもんで、まだ3月も半ばやというのに、もう沿道には菜の花が鮮やかな花を咲かせておりますねー
20160313-057.jpg


ようやく路線に再会したところで、ふと傍らを見るとこんな神社が。
20160313-059.jpg

駅名は「高月」やのに、何でまた「神高槻神社」なんでしょうか?(?_?)

後から調べて分かったんですが、大阪府・高槻の「槻」とはケヤキの木のこと。
「高槻」という地名も、そもそもはご当地に高いケヤキの木があったことから名づけられたんだそうで。

筆者が今歩いてるあたりのエリアも、同じように高いケヤキの木があったことから大昔は「高槻」という地名やったそうです。
その後、平安時代に公家学者である大江匡房(おおえのまさふさ・百人一首では「前中納言匡房」)はんが、月が美しいスポットであることから「高月」という地名に変えるよう働きかけはったんやそうです。

最初見た時は思い切り「?」となりましたが、(後付けではありますが)こうやって疑問が一つ晴れて何よりです(v.v)。


さて、神高槻神社から歩くこと5分ほど。
ようやく次の高月駅に到着です。
20160313-060.jpg

へえー、白壁をあしらった何ともユニークなデザインの駅舎ですね!
辺りも薄暗くなってきたんで、今日はここまでとしたいと思いますが・・・

大阪方面行きの新快速電車(姫路行き or 播州赤穂行き)の時刻を調べていて、
「えっ、大阪まで行ったら、1本の列車で同じ『読み』をする駅を2つ通るやん!(@_@)」
ということに気づきました!
(実際には、車内アナウンスを工夫されてて、高月と高槻を同時にアナウンスすることはないそうですが)

次回はいよいよ北陸本線ファイナル&近畿エリア脱出?が狙えそうですが、また1つちょっとした楽しみが増えましたー(^^)


<本日(2016/03/13(日)の実績>
・本日の実績   :28,304歩(22.6km)
・2016年3月の実績:111,816歩(89.5km)
・2016年の実績  :554,743歩(443.8km)

・訪問済路線数  :105路線/137路線(76.6%)
・訪問済駅数   :1,108駅/1,688駅(65.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 高月 神高槻神社 大江匡房

JR西日本・北陸本線(その11)

○河毛(かわけ)駅(滋賀県長浜市)

後から分かった話ですが、今筆者が歩いてるエリアは2010年に市町村合併で長浜市に編入されたエリアのようで、ちょっと脇に入った近道を進んでいると、以前の東浅井郡虎姫町と湖北町の境界を見かけます。
20160313-050.jpg

長浜市が提供してる地図サービスで確認したんですが・・・元々に対してメチャメチャ(10倍以上?)面積広なってますやん!(@_@;
ちょっと前によく行われてた市区町村合併、特に滋賀県ではその跡をよく見かけることが多いんですが、まさかこんなすんごいケースもあったとは意外でした。


さて、予習していた近道を通った影響で、30分あまりで次の河毛駅に到着します。
こちらはお城?をかたどった駅舎で、駅舎と地域のコミュニティスペースを兼ねてるようですねー
20160313-052.jpg

そして、駅前にはご当地にゆかりの深い、浅井長政はんとその奥さん(=織田信長の妹、「お市」の銅像。
戦国時代にこの辺りを治めてはった長政はんですが、信長に対して不誠実な対応を取ったため、ついには攻め込まれて白に籠城、最後には城内で自刃しはったそうですね。

河毛駅の周辺にも個人商店がいくつかあるくらいで、駅周辺をブラブラしても特に書くべきネタが見つからなかったので、仕方なく先に進みます(v.v)。


(「JR西日本・北陸本線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 成毛 浅井長政 お市

JR西日本・北陸本線(その10)

○虎姫駅(滋賀県長浜市)

前半はほとんど博物館めぐりでしたがA(^^;、ヤンマースタジアムの送迎バスで長浜駅に戻り、ようやく沿線歩きに戻ります(v.v)
沿線を歩いてると、こんなものを見つけます。
20160313-035.jpg

へぇー、大阪市内では見かけたことありますが、琵琶湖でもこんな水陸両用バス運行してはるんですね!
ただ、こんな大きなバスが接岸?できるような岸は、近くにはなかったように思うんですが・・・(?_?)

さらに沿線を進んでますと、こんな乗り物?も見かけます。
思い切り本格的な除雪車!(@_@)
20160313-037.jpg

まー確かにこの辺り冬の降雪はすごいと聞いてますが、それにしても今まで見かけたことないような珍しい乗り物をよく見かける沿線です・・・


やがて長浜バイパスに入り、車どおりが多くなった中を進んでますと、傍らにこんな看板を見かけます。
現在筆者が歩いてるあたり、元々は虎姫町という町があったところで、ここがその境界やったんですねー。
⇒今は長浜市に吸収合併されてるようですが。
20160313-040.jpg

やがて、次の虎姫駅に到着します。
へえー、これまでの駅舎と比べて、結構新し目でおしゃれなデザインの駅舎ですやん!
20160313-043.jpg

筆者も初めて訪れるところなんで、駅舎の周り含めてブラブラしてみますが、最初に目につくのが駅前にあるこの像。
20160313-044.jpg

これ、文字通り地名の由来となった虎姫はんの像なんですが、説明文によると蛇の鱗のようなものに体全体に覆われた状態で生まれて来はったそうで、それからさまざま苦労を克服して豊臣秀成はんの正室となりはった方とのこと。
(昔やから表現がすごく極端ですが、今で言う「アトピー」とかその辺りでしょうか?(?_?))

ともあれ、成人になられてからは容姿の問題も解決されて、今では駅名にもその名を残す存在になってはります(v.v)


後から調べたところによると、日本全国広しと言え、「虎」の文字が入った駅名はここ一つだけなんやそうでして!
というわけで、関西で「虎」って言ったら、必然的にこうなりますよねーA(^^;;;
20160313-045.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 虎姫 タイガース

JR西日本・北陸本線(その9)

長浜鉄道スクエアを後にして、次に向かうのは前回行きそびれたヤンマーミュージアムへ。
20160313-026.jpg

いやー、それにしても何ともきれいな建物ですねー。
入り口には、ヤンマーはんの創業者である山岡孫吉はんの言葉が刻まれておりますねー
20160313-027.jpg

あまりに達筆すぎるんで分かりにくいかもしれませんが、
「美しい世界は 感謝乃(の) 心から」
と記してあります(v.v)


ミュージアムの内部は、ヤンマーはんが展開されてる農業用機械や船舶を実際に体験できるコンテンツが充実してます。
こちらは、実際にお子さんがパワーショベルに載って操作を体験できるコーナー。
20160313-030.jpg

他にも耕運機や漁船など、実際に自分で乗って操縦する体験ができるetc.のコーナーが充実してて、乗り物好きのお子さん連れてきたらメッチャ楽しめるんやないでしょうか!(^^)
20160313-033.jpg


館内を一通りブラブラしててビックリしたのが、建物の屋上にこんなビオトープやとか足湯があること!(@_@)
まー足湯はまだ分かるとして、けっこうな規模のビオトープですやん!
20160313-032.jpg

ここでは、定期的に子供も参加しての自然観察教室なども開催されてるようで、地元の方とのつながりを大切にしてはる姿勢がすごく印象的でした。


(JR西日本・北陸本線(その10)に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 ヤンマー 山岡孫吉 ビオトープ ミュージアム

JR西日本・北陸本線(その8)

長浜城歴史博物館を後にし、豊公園の中をブラブラ散策します。
園内は思いのほか広く、このように既に満開の梅園まであります!
20160313-013.jpg

とはいえ、ここは日本の桜名所100選にも選ばれている桜のスポット。
パッと見、桜の木らしいものは見かけなかったんですが・・・春先になってどのような様変わりを見せるのか、今から楽しみにしておきたいと思います!(^^)


一旦長浜駅方面に戻りますが、改めて見てみるとなかなかカッコいい建物ですやん!
20160313-015.jpg

その長浜駅の駅舎から少しばかり東に行ったところには、長浜鉄道スクエアが。
20160313-017.jpg

筆者がずいぶ前に訪れた 南海電鉄・本線 浜寺公園駅は私鉄で最古の駅舎やったんですが、写真に写ってる建物は日本に現存する最古の駅舎(旧・長浜駅。もちろん現在は引退)なんやそうです。
木造とレンガ造りとで趣こそ違いますが、確かに何とも雰囲気たっぷりの建物ですねー

長浜鉄道スクエアは、この旧長浜駅舎を含めた複数の博物館で構成されていて、それぞれテーマが異なってるんです。
例えば旧長浜駅駅舎では、このように昔の姿をそのまま残していて、当時使っていた道具なども展示されてます。
20160313-019.jpg

また別の建物では、電気機関車やD-51の実物が展示してあって、こちらは実際に乗ることもできるんです。
20160313-023.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 長浜鉄道スクエア D-51

JR西日本・北陸本線(その7)

まだまだ肌寒さは残るものの、ほんのちょっと春の気配が感じられるようになった今日この頃!

筆者の左足の「歩けば歩くほどむくむ」という怪現象は相変わらず続いてるんですが(-_-;、何より春の「青春18きっぷ」利用期間の真っただ中!
少々雲が多めなのが気になりますが、今日も沿線歩きの旅に出かけます。

今日歩くのは、昨年夏に暑さでバテバテになったJR西日本・北陸本線
前回ラストやった長浜駅周辺は、昔から興味があった割にあまり前回はブラつけなかったんで、今日は前回行けなかったスポットをじっくり歩き回りたいと思います。


○長浜駅(滋賀県長浜市)「近畿の百駅」 選定駅

前回は駅東側をブラブラしたんで、今回は駅西側を探索します(v.v)
20160313-001.jpg

駅西口から徒歩3分ほど。
長浜城跡を中心とした豊公園の案内図を目にします。
20160313-003.jpg

をを、よくよく見ると、「日本の桜名所百選」にも選ばれてる豊公園がまさにここやないですか!(^o^)

少々時期的に早かったんが残念ですがA(^^;、それでも公園内に足を踏み入れます。


公園の中では、すっかり梅の花が色づいてます!(^^)
周りにどんな木々が植えられてるのかはチェックしませんでしたが、もう少ししたら緑も花々も鮮やかな光景になるんでしょうねー
20160313-005.jpg

やがて、かつて豊臣秀吉はんが築城しはった姿を再現した長浜城歴史博物館の建物が見えてきます!
20160313-007.jpg


館内は写真撮影禁止やったんですが、とにかく歴史的に貴重な資料や文献の展示が多かったのが意外です!
歴史好きの方からしたら、もう垂涎のスポットやないでしょうか。

博物館4階の展望台に上り、さすがにこちらは撮影OKやったんで、琵琶湖の景色をパチリ(-_[O]
20160313-009.jpg20160313-010.jpg



(「JR西日本・北陸本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 日本の桜名所100選 豊公園 長浜城 豊臣秀吉

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。