プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

南海電鉄・本線(その8)

○堺駅(大阪府堺市堺区)

七道駅を超えたくらいから、だんだん駅の間隔が広くなります(x_x;
日も暮れて、辺りもだんだん薄暗くなってきたところで、ようやく堺駅前の街が見えてきます~
堺駅前の明かりが見えてきます~

実は筆者が大阪に住み着いてしばらく(約20年前~)は、南海電鉄沿線は正直あまりいい印象を持っていませんでした。
ランニングシャツと短パン&サンダルで乗ってくるおぢさん、競輪新聞と赤ペンを手に、列車中に響き渡る声でしゃべりあっている酔っぱらいのおぢさんetc.

過去いろんな光景を目にしてきた記憶、各駅ともだんだん整備され、少しずつですが「個性的な乗客」も減ってきたように思います。


南海本線を代表するこの堺駅も、駅舎にショッピングモールが入ったり駅前に噴水があったり・・・と、すごく整備されてきれいな駅になってますよね!
堺駅前はすごくきれいに整備されていて、このような噴水もあったりします(v.v)


さて、周りもだいぶ薄暗くなってきて、区切りもいいところですので、本日はここまでとします(v.v)


<本日(2009/05/31(日)の実績>
・本日の実績   :14,962歩(12.0km)
・2009年5月の実績:52,663歩(42.1km)
・2009年の実績  :52,663歩(42.1km)

・訪問済路線数  :9路線/137路線(6.6%)
・訪問済駅数   :66駅/1,686駅(3.9%)



続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 無水トイレ

南海電鉄・本線(その7)

○七道(しちどう)駅(大阪府堺市堺区)

路線沿いの道が途絶えてしまったので、仕方なく上の写真にある階段を上り、陸橋を渡ります。
と、そこには大阪市と堺市を隔てる大和川が現れます!

高速道路の高架がなかなかの威容を誇っていますが、川面が夕日に映える、なかなかいいアングルの写真が撮れたのではないかと思います(v.v)
(携帯の写メではありますがA(^^;)
夕映えの大和川の光景

ともあれ、写真奥に見えている大和川大橋を歩いて渡りきると、いよいよ堺市に入りました~!!(^o^)
今日1日でいろんな光景を目にしてきただけに、何かすごく感慨深いものがあります・・・
いよいよ堺市に入りました~(^o^)/


大和川の河川敷は、淀川のそれと負けず劣らず、広々としてかなりきれいに整備されています。
夕暮れだったので犬を散歩させる人、楽器の練習をする若者etc.さまざまな人が河川敷を利用されていたのですが、そんな中こんな看板を見つけます。
ぱっと見、すごく怖い看板が・・・(@_@;

肝心なところの文字が消えてしまっていますが、
「5年、1000万円」
の文字だけがやたらとインパクト強くて、ぱっと見ではちょっと怖いですねぇ~(@_@;;;


ともあれ、何とか路線沿いの道に戻り、ようやく次の七道駅にたどり着きます(v.v)
この近辺も非常に落ち着いた感じの住宅街なのですが、そんな中、高架下にこんな施設が。
堺の子供は、すごくたくましい遊具で遊んでいます?!

鉄道の枕木とレールを組み合わせただけのすごく単純な遊具なのですが、ローラーの着いた器具でレールを滑るようになっているようで、やり出すとけっこうはまりそうです(^^)


(「南海電鉄・本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 七道 大和川

南海電鉄・本線(その6)

○住ノ江駅(大阪府大阪市住之江区)

住吉公園駅からしばらく歩くと、今度は住ノ江駅にたどり着きます。
この近辺、地名としては「大阪市住之江区という地域なんですが、やはり複数の書き方をする地名が入り交じっていまして・・・(-_-;

先日歩いた森ノ宮駅もそうなんですが、実はこういった地名と駅名が異なるケース、
・三宮 三ノ宮(兵庫県神戸市)
・桜宮 桜ノ宮 桜之宮(大阪府大阪市)
・森之宮 森ノ宮(大阪府大阪市)
など、関西地域で特に顕著みたいですね。

ただこうなっている理由、成り行きとか適当というわけでは決してなくてA(^^;、けっこうしっかりした理由があるんだそうです。
この辺りの事情については、追々(特にJR神戸線を歩いた折りにでも?!)ご紹介できればと思いますが、詳しくはこちらの本に書いてあります(v.v)
大阪の駅のさまざまな歴史や人間ドラマなども書かれていて、なかなか興味深い本ですよ!




ともあれ、住ノ江駅近辺はすごくまっすぐな沿線道路が走っていて、非常に快調に進めます!(^^)
ひたすらまっすぐな路線が続きます・・・(v.v)

この近辺、ひたすら住宅街が続くので、相変わらずネタには非常に困るのですが、そうこうしているうちに、路線沿いの道がいきなり途絶えてしまいます!(T_T)
沿線の道がいきなり途絶えてしまいましたが・・・(@_@;



(「南海電鉄・本線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 住ノ江

南海電鉄・本線(その5)

○粉浜(こはま)駅(大阪府大阪市住吉区)

岸里玉出駅からしばらく歩くと、比較的大きな通りに出くわします。
南港通という道らしいのですが、その傍らにこのような看板が・・・
この辺りにお住まいだったんですねぇ・・・

ある程度年配の方ならご存じかもしれませんが、一昔前にバラエティ番組などによく出演されていた故・大屋政子氏のバレエ教室が、なんと南海電鉄の高架下にあるんです!

筆者も久しぶりに聞く名前で、すごく懐かしくなってWikipediaで調べてみたのですが、やはりテレビ向きの「表の顔」と、実業家としての「裏の顔」を(いい意味で)うまく使い分けられていた、すごい人だったのだと感心しました(v.v)


程なく、次の粉浜駅にたどり着きます。
ここは商店街が有名なのですが、他にも
・水木しげる(「ゲゲゲの鬼太郎」などで有名な漫画家)
・筒井康隆(「時をかける少女」などで有名な小説家)
・河合奈保子(1980年代前半に活躍したアイドル・現在は専業主婦)
などの有名人を排出している街なんです。

活気あふれる商店街の中もブラブラさせていただいたのですが、筆者は何よりこれがすごく気になります。
車がスピードを出さないようにか、車道も歩道もかなりクネクネしてます

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、車道がかなりクネクネしていて、余計なスピードを出せないようになっているんです。
なかなかいいアイデアだとは思いましたが、これって舗装するのがすごく大変だったのでは?!と、すごく余計な心配したりしましたね~A(^^;


(「南海電鉄・本線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 粉浜 筒井康隆 河合奈保子 大屋政子

南海電鉄・本線(その4)

○住吉大社駅(大阪府大阪市住之江区)
(阪堺電軌・上町線/阪堺線 住吉公園駅乗換駅)

粉浜駅からほんの少し歩くと、今度は全国的にも有名な住吉大社のお膝元・住吉大社駅にたどり着きます。
南海本線の路線を隔てて、けっこう広い住吉公園と住吉大社とが位置していますが、まずは住吉公園の方をブラブラしてみます。
住吉公園の穏やかな光景


最近は、公園の緑地保護と言うことでバーベキュー禁止の公園も増えてきているようなのですが、ここは珍しく条件付きでバーベキューもできると言うことで、休日の家族連れ・グループで賑わってます(^^)

と、傍らに、不釣り合いな古い石碑が・・・
住吉公園の中に、なぜか松尾芭蕉の歌碑が・・・

後から調べて分かったのですが、あの俳聖・松尾芭蕉が亡くなったのは大阪なんだそうで、その最後の旅路の途中で詠んだ句の句碑のようです。

「升買て 分別かはる 月見かな」

あいにく筆者が知らない句ですが、月見の宴を断る無礼を主催者に詫びるために詠んだ句だそうで、昔の人はなかなか粋なことをしますねぇ~(-.-)


南海電車の高架を挟んで反対側に少し歩くと、住吉大社の大鳥居が見えてきます!
初詣では全国でもベスト10、近畿圏では伏見稲荷に次いで2番目の参拝者数を誇る神社だけに、さすがに門構えも立派です。
住吉大社の鳥居です


ところでこの住吉公園駅、見出しにも書いたように阪堺電軌という路線と乗り換えできるのですが、この路線、いわゆる「ちんちん電車」なんです。

通天閣近辺の恵美須町駅から延びる阪堺線と、天王寺から延びる上町線と乗り換えできるのですが、この駅舎がまたレトロな感じで、(写真ではわかりにくいのですが)駅の看板が右から左に書かれているところなど、なかなか趣があります(^^)
なかなか趣のある、阪堺電軌・住吉公園駅の駅舎



(「南海電鉄・本線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 住吉大社 松尾芭蕉 阪堺電軌

南海電鉄・本線(その3)

○新今宮駅(大阪府大阪市西成区)
 (JR大阪環状線 新今宮駅乗換駅)
○萩ノ茶屋駅(大阪府大阪市西成区)

難波駅から少し歩くと、左手に我らが通天閣が見えてきます!
残念ながら、ガチガチの金網越しではありましたがA(^^;
金網越しにではありますが、通天閣が見えます


しばらく路線沿いに歩くと、JR大阪環状線の路線に突き当たりますが、この辺りからハッキリと周囲の雰囲気が変わってくるのが分かります。
路肩にはいろんなものが雑多に放置され、「ビジネスホテル」と称しながらも、1泊2,3千円といった建物も多く見られるようになります。

・・・そう、あまり多くは書きませんが、「そういった地域」に入ります。
一昔前は、新聞やニュースでも報じられたように暴動が起こったりした地域なんですが、普段はまったくそんなことはなく、筆者が一人で歩いていても、特に何も問題はありません。


実はGoogleの「ストリートビュー」でも、そこそこの道幅がある地域にもかかわらずまったくの空白になっている地域でもあり、筆者自身もあえて写真撮影は控えました。
ただ、近くにあった交番の窓ガラスやドアに頑丈な金網が張り巡らされているのが、すごく印象的です。



○天下茶屋(てんがちゃや)駅(大阪府大阪市西成区)
(大阪市営地下鉄・堺筋線 天下茶屋駅乗換駅)
○岸里玉出(きしのさとたまで)駅(大阪府大阪市西成区)
(南海電鉄・高野線 岸里玉出駅乗換駅)

しばらく路線を歩くと、天下茶屋駅も近づいてきて、ようやく落ち着いた町の光景が広がってきます。
天下茶屋駅に近づき、ようやく平穏な光景に戻りました(v.v)

筆者は、南海線を利用するときはもっぱらこの駅を使っているのですが、一歩脇にはいると下町の風情が残る、なかなか落ち着いた雰囲気の街です(^^)
ただ、商店街の中も含めそこそこ歩いたのですが、これといってネタになりそうなものがなかったのが残念な限りです・・・
(もしユニークなお店や品物、料理などご存じだったら教えてください!)


天下茶屋駅を出て、しばらくは住宅街が続きます。
中層階マンションなども多く見られる中で、高架越しにもう一本の路線が見えてきます。
高架沿いに、南海電鉄・高野線の路線が!

この岸里玉出駅、見出しにも書いてはいますが南海電鉄高野線(→霊場・高野山に至る路線)との乗換駅なんです。
ただ、お互いの路線はややこしい状態になってまして、地図を見ていただくと分かるように、高野線が本線にぶった切られる(?!)状態になっています(@_@;

より大きな地図で 岸里玉出駅(大阪) を表示

実はこれ、もともと別の会社が経営していた路線(高野山に伸びる路線)を南海電鉄が買収して、くっつけた結果なんだそうです。
地図左上の部分は汐見橋駅という大阪市西部から伸びている路線なのですが、「高野線」とは名ばかりで、実際には高野山に向かう列車は、ほとんど難波駅発のものになっているそうです。

そのせいか、岸里玉出駅にはかなり距離の離れたホームが2つあって、お互いが長い連絡通路で結ばれています・・・
岸里玉出駅のホーム同士を結ぶ連絡通路


駅前もきれいに整備されていて、駅前商店街もどこか昭和を感じさせる雰囲気のお店が多いです。
アーケードから下がっている照明が、かなりおしゃれな雰囲気を醸し出しています。
照明がなかなかおしゃれな、岸里玉出駅前の商店街。

この商店街を抜けたところには、大阪市営地下鉄・四つ橋線が走っているのですが、それはまた追々(v.v)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 萩ノ茶屋 本線 岸里玉出 天下茶屋

南海電鉄・本線(その2)

○今宮戎駅(大阪府大阪市浪速区)

難波の繁華街を抜けると、とたんに人通りも少なくなります。
難波駅を出てから南海電鉄はひたすら高架を走るので、路線を歩くと頭上に電車の音だけを聞くという、非常に奇妙な状態が続きますA(^^;
なんばの市街地を抜けると、とたんに人通りが少なくなります・・・

しばらく歩くと、今宮戎の駅が見えてきます。
文字通り、「えべっさん」でおなじみの今宮戎神社の最寄り駅なんですが、それにしても鉄橋の上に中途半端に(失礼)ホームがかかっている駅というのも、なかなかないんじゃないでしょうかA(^^;
鉄橋の上部に中途半端に作られた駅も、また珍しいですねぇ~A(^^;


駅からすぐ近くには、関西でも有名なえびすさんである今宮戎神社の鳥居が見えます。
毎年1月9~11日の「十日戎」の際には、ここの境内もものすごく賑わうんです!
今宮戎神社の鳥居です

「戎神社」といえば、全国的には(毎年新春にニュースで報じられてますが)西宮戎神社で開催される「福男」の徒競走が有名なんですが、ここ今宮戎神社では毎年「ミス福娘」コンテストが有名でして。
というのも、過去にはあの藤原紀香や元TBSアナウンサーの進藤昌子、その他在阪テレビ局のアナウンサーもここ今宮戎の「ミス福娘」出身の方が多いようですね。


(南海電鉄・本線 その3に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 今宮戎 藤原紀香 戎神社 ミス福娘

南海電鉄・本線(その1)

今日も近畿地区はあまり天気がよくありませんで、雨の合間を縫って出かけます。

今日は、大阪・なんばから和歌山や高野山方面を結ぶ南海電鉄のうち、関西空港や和歌山方面に伸びている本線の沿線を歩きます。
実は筆者、(このブログを始める前ですが)すでに昨年もこの沿線を歩いてて、途中までは路線の道が充実していて、かなり快調に歩くことができる路線であることを知ってましてね!(^^)


◯難波駅(大阪府大阪市浪速区)[近畿の駅百選 選定駅]
(大阪市営地下鉄・御堂筋線/四つ橋線/千日前線 なんば駅、近鉄・近鉄難波駅乗換駅)

大阪には梅田を中心とした「キタ」と、この難波を中心とした「ミナミ」の2大繁華街がありますが、一般的なイメージでは、ミナミは普段着で気兼ねなく遊びに行ける場所だと言われています。
(筆者も、普段遊びに行くのはミナミの方が圧倒的に多いです)

さて難波の一大ランドマークといえば、2007年に完成した「なんばパークス」でしょう。
元々は、南海ホークスの本拠地・大阪球場があったところなのですが、2003年に第一期オープンした後工事を続け、今やミナミを代表する一大商業施設になりました!
休日の「なんばパークス」。さながら都会の中のオアシスです~

ビル群に囲まれた中に、屋上緑化を施した威容は、さながら都会のオアシスです(^^)
ちなみに屋上には貸し農園もあるそうですが、かなり人気のためすごい競争率みたいです・・・


ときに、南海電鉄の難波駅は高架駅となっていて、このなんばパークスの東側に位置しています。
駅高架の下も「なんばCITY」という飲食店街があって、イタメシやら焼き肉食べ放題のお店、沖縄料理のお店など、いろんなお店が軒を並べています。
なんばパークスの脇に、南海電鉄・難波駅があります

そのなんばCITYも、端の方にいくとなかなか足を運ぶ機会も少なくなるのですが、その南の端には筆者おすすめの塩ラーメン専門店「龍旗信」(りゅうきしん)さんがあります。
筆者おすすめの塩ラーメン、龍旗信さん♪

もともとは堺市の方でのみ営業されていて、かなりの噂にはなったお店なのですが、ようやく堺市以外で初めての出店となったようです。
ダシのきいたすっきりとしたスープと、ツルツルとのどごしのいい麺の組み合わせは絶品です!


(「南海電鉄・本線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 難波 近畿の百駅 なんばパークス なんばCITY 龍旗信 なんば*

本日も引き続き(>_<)

昨日投稿した内容に関して、きちんとしたソースが入手できたのでご紹介します(v.v)
http://news.tbs.co.jp/20090526/newseye/tbs_newseye4142124.html

また報道された一件について、楽天が謝罪文を掲載し事実関係を認めています。
http://www.rakuten.co.jp/help/whatsnew/


双方に書かれている内容を比べると、明らかに食い違いがあります。
まず、そもそもの目的について、TBSの取材に応じた楽天担当者は
地域によるマスクの偏りを是正するのが私たちの目的。ネット上で買えば、店で並ぶより感染拡大を防止することもできる」
と言っています。

昨日も書いたとおり、感染拡大を本当に防止したいのであれば、まず問題になっている地域にマスクを優先的に配分する方がよいというのは、小中学生でも分かる理屈ですよね。

また、「ネットで買えば店で並ぶより・・・」のくだり、自分たちの存在をどれだけ買いかぶっているのでしょうか?
自分たちが散々買い占めて値をつり上げた挙げ句、ネットを使わないお年寄り、諸事情でネットができない人たちはマスクが買えなくても仕方ないということなのでしょうか?

まったく言い訳にもなっていない言い訳です。


一方、本日のニュースリリースでは
「当社としては、インターネット販売の特性を活かし、在庫がある地域から、入手が困難な地域にマスクを円滑に流通させるためにも、出店店舗様に対してマスクの仕入れと販売に努めるようにお願いしてまいりました。」
と、ニュアンスが若干変わっています。

さすがに、昨日の報道からさまざまなところで批判が相次いでいるようなので、少しは良識的な文言を考えざるを得なかったようです(-_-;


あと、ニュースリリースには
「行き過ぎた行為により店舗様ならびに楽天グループのサービスをご利用いただいている方々に不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。」
とありますが、完全に認識が不足しています。

あのような内容の報道が全国ネットでなされているのに、マスクが不足して困っている関西圏や九州の人たちがどれだけ腹立たしく、不快な思いをしたかが分かってないのでしょうか?

少なくとも、今回の一件を知っている関西人の相当数を敵に回していますよね!
筆者も、周りの人だけでなく、九州にいる知り合い全員に教えました。



折しも、昨日阪神淡路大震災での経験について書きました。
震災の第一報を聞いたダイエーの創業者 故・中内功氏は、まっさきにヘリやフェリーによって物資を被災地に運び入れるよう陣頭指揮を執り、一部で見られた便乗値上げを鎮圧したという経緯があるのだそうです。

結果的に経営には失敗してしまったわけですが、楽天の今回の一件と比べた場合、どちらが品格や良識のある行動であり、消費者の心をつかみ信用されるかは、言うまでもないでしょう。
くだんの楽天、薬のネット販売規制に反対する署名に力を入れているそうですが、それもこれも
「いざというとき薬を買い占めて、今回と同じ言い訳を盾に一般消費者に高値で売りつける」
のが隠れた目的では?と、勘ぐらざるを得ません。


ともあれ、もし筆者に同感いただける方がいらっしゃったら、引き続き
1)楽天の窓口にクレームを送る
 クレーム先はこちら↓
 https://ichiba.faq.rakuten.co.jp/cgi-bin/rakuten_www.cfg/php/enduser/ps_ask.php
2)楽天の会員であれば、会員登録をやめる
3)今後、楽天からは二度と商品やサービスを購入しない
4)楽天が展開している「薬のネット販売禁止」への反対署名に、絶対に署名しない
のいずれかの対応をお願いできれば幸いです。

続きを読む

「楽天」の対応に、ものすごく怒ってます!(>_<)

どうも、こんばんは(v.v)
普段は週末から平日にかけて、ちまちまとしか記事を更新しないのですが、今日はあまりにも腹立たしい話を聞きましたので、この場を借りてより多くの方に知っていただこうと思った次第です。


先ほど、TBS系の「総力報道!The News」という番組を見てましたら、次のような報道がなされていました。

----- 報道内容要約 ------------------------------------------------------------

新型インフルエンザ患者が発見され、ただでさえマスク不足が深刻な関西圏。
そんな中、加盟店を対象に楽天の店舗指導担当からとある案内が送付されてきた。

「関西ではマスク不足が深刻。
数百円で購入したマスクが、数万円でやりとりされるケースもありました。
加盟店の皆さん、薬局の店頭などでマスクを見かけたら買い占めましょう!
ビジネスはタイミングが大切!」

このメールは、業種を問わずあらゆる店舗に送信されたが、このメールを受け取った業者の中には
「人の弱みにつけ込むようで、とてもできない」
という意見が聞かれた。

楽天の担当者に問いただしたところでは
「ネット販売の方が全国一律マスクを行き渡らせることができると考えての指示。
 文言が過激なのは、販売店向けのメールだからであって、特に問題はないと考えている

とのことであった。

----- 報道内容要約 ------------------------------------------------------------

まずは、楽天担当者の「言い訳崩し」から。

今日現在でも、問題になっているのは関西、関東、あとは九州の一部だけですよね?
だとしたら、極力その地域だけに封じ込めさせるべく、問題となっている地域にマスクを十分に行き渡らせるようにするのが最優先なのではないですか?
なぜ、いきなり全国的に行き渡らせる必要があったのでしょうか?

それに、全国的に行き渡らせるのが目的であれば、たかだか数百円のマスクが数万円で売れる旨の記述が必要だったのでしょう?
なぜ、「ビジネスはタイミングが大切!」旨の記述が必要だったのでしょうか?


筆者は阪神淡路大震災も直接経験しましたが、その時にも同じように、被災地で大根1本を数千円で売るなどという商売をしていた輩がいました。
ただ、(当然といえば当然なのですが)程なくその業者は潰れたそうですが。

今回の一件も、程度の差こそあれ、ほとんど同じレベルだと感じています。
しかも全国的に知名度が高く、野球球団まで持っている上場企業がです!


今回の一件、ノムさんや(関西出身の)田中選手は、どう思われるのでしょう?

三木谷さん、あなたには経営哲学や高い志はないのですか?
カネさえ儲けられれば、どんな手段であろうがOKなのですか?
結局、あなたは松下幸之助氏のような「経営者」ではなく、単なる「金の亡者」でしかなかったのですね!



ともあれ、筆者はこれまで楽天の会員でしたが、上記と同じ主旨のクレームを送りつけた上で、本日をもって退会します。
今後、二度と楽天から商品やサービスを購入することはないでしょう。

楽天の加盟店さんにとっては「とんだとばっちり」なのかもしれませんが、上で書いたようなことを堂々と言ってのける業者を、いつまでも相手にされない方が、いいと思いますよ。


あと、もし筆者に同感いただける方がいらっしゃったら、
1)楽天の窓口にクレームを送る
 クレーム先はこちら↓
 https://ichiba.faq.rakuten.co.jp/cgi-bin/rakuten_www.cfg/php/enduser/ps_ask.php
2)楽天の会員であれば、会員登録をやめる
3)今後、楽天からは二度と商品やサービスを購入しない
のいずれかの対応をお願いできれば幸いです。



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:楽天 新型インフルエンザ マスク 買占め

大阪市営地下鉄・中央線(その8)

○森ノ宮駅(大阪府大阪市中央区)
(大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線 森ノ宮駅、JR大阪環状線・森ノ宮駅乗換駅)

谷町四丁目駅からしばらく歩くと、ゆるやかな下り坂に移ります。
と、右手には異様なまでに盛り上がった土地が出現します。
周囲をコンクリートで固められていて、何やらいかつい?雰囲気を漂わせていますが・・・
野球ファンの方には懐かしい「日生球場」の跡地です(v.v)

実はここ、野球ファンの方にとっては懐かしい「日生球場」(日本生命球場)の跡地なんです。

その昔は近鉄バファローズの本拠地だったスタジアムで、筆者も子供のころ(テレビでですが)何回か見たことがあります。
たぶん仰木監督とか西本監督、選手では大石(現オリックス監督)や梨田(現日本ハムファイターズ監督)、オグリビーとかブライアント、赤鬼・マニエルとかが現役バリバリだったころ使っていた球場ですよね~

なんだか懐かしい気分に浸りながら、現在ではどうなっているか見ようと試みたのですが、ガードが固くて、残念ながら中の様子はわかりません・・・


間もなく、先日鶴見緑地線沿線を歩いた際に通ったJR環状線・森ノ宮駅が見えてきます。
先日は撮り損ねたのですが、駅の入口付近はこんな感じです。
JR環状線・森ノ宮駅の全景です

相変わらず、改札口近辺には自転車&バイク進入禁止の立て看板があったのですが、相変わらず平気で自転車で通り過ぎる近所のおっちゃんはおりますねぇ・・・(-_-;


森ノ宮駅前の商店街をブラブラ歩いていると、写真のようなお店?を見つけました。
森ノ宮の商店街には、こんなお店も・・・

世の中にはいろんなお店があるものだと妙に感心しましたが、それにしてもこんなところで儲けるんですかねぇ~(余計なお世話ですがA(^^;)。


ところで、この森ノ宮駅の北東部には、JR西日本と大阪市営地下鉄の検車場があるんです。
普段ではほとんど見る機会もないだろうと思い、ちょっと近くを通ってみました。
JRの操車場です(v.v)それにしても

大阪環状線のオレンジ色の車両がずらりと並ぶ中で、ガラス越しにゆめ咲線(USJに行く路線)用の車両が点検・整備を受けている様子が見えました。
それにしても、改めて見ると、かなりハデハデな車両ですねぇ~A(^^;

JR西日本の検車場と道路を挟んで、大阪市営地下鉄の検車場があります。
こちらは少々ガードが固くて、中の様子を見ることは難しかったのですが、塀越しにピンクの線が入った車両が!
先ほど堺筋本町の駅で見かけた、千日前線の車両が頭をのぞかせていました。
千日前線の車両がちょっとだけ見えてます

そう、実はここ森ノ宮検車場は、中央線だけでなく千日前線の車両の検車もやっているところだったんです。
両線が交わる阿波座駅の近辺に引き込み線があって、千日前線で検査が必要な車両は中央線の路線を通って、ここ森ノ宮検車場に来ていたんです。
これで、ちょっとした謎が解けましたね(^^)


○緑橋駅(大阪府大阪市東成区)
(大阪市営地下鉄・今里筋線 緑橋駅乗換駅)

・・・と、いちおう緑橋駅までは歩いてみたものの、スタート時間が遅かったせいでだいぶ辺りも暗くなってしまいます(T_T)
カメラの関係もあるので、さすがに今日はここまでにします。

ところで緑橋駅近辺、穏やかな雰囲気の住宅街・商業地で、さほどネタになりそうなものもない?ところなのですが、帰りしなに地下鉄の出入り口をみると、こんなことになってまして!
地下鉄の中に、「戦国大統領」ってパチンコ屋?!
ち、地下鉄の入口があっ!(T_T)

恥ずかしながら、音楽大好きを自負する筆者も全然知らなかったのですが、「戦国大統領」って緑橋駅地下にあるライブハウスなんです。

看板や店名だけ見ると怪しさ満点(⇒失礼A(^^;)なんですが、入口はそこそこ普通のライブハウスですねー。



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 日生球場 森ノ宮 検車場 戦国大統領 緑橋 近鉄バファローズ

大阪市営地下鉄・中央線(その7)

ここのところ、週末になるとお天気が崩れる日々が続いていまして、今日も昼過ぎから大雨&雷(T_T)
ある程度お天気が落ち着いてから出かけますが、日没まであまり時間がないので、先日歩いた大阪市営地下鉄・中央線の続きを歩くことにします。

と、スタート駅の堺筋本町駅に向かう途中、こんな光景を見かけます。
地下鉄・中央線の路線を、なぜか千日前線の電車が・・・(@_@;

堺筋本町駅を通っている地下鉄・中央線のラインカラーは緑なんですが、回送電車としてなぜか千日前線(ラインカラーはピンク)の列車が!(@_@;
筆者も大阪に来た当初はけっこう驚いたものですが、この謎は後半に解けますd(-.-)


○谷町四丁目駅(大阪府大阪市中央区)
(大阪市営地下鉄・谷町線 谷町四丁目駅乗換駅)

堺筋本町駅からは山の手に向かうため、しばらくは長くゆるやかな上り坂が続きます。
この坂、車に乗ったり歩いてるとわからないんですが、自転車に乗って上ると相当きついものがあります(x_x;
しばらくは長くゆるやかな上り坂が続きます(x_x;

この近辺、「谷町●丁目」という駅名がいくつかあるんですが、その昔それはそれは相撲が大好きな歯医者さんがこの近辺に住んでいたそうでして。
力士の治療を無料でやるだけではなく、食事の面倒なども見てらっしゃったそうで、そこからお相撲のスポンサーのことを「タニマチ」と呼ぶようになったのだそうです(v.v)


谷町四丁目の駅からしばらく歩くと、いきなり広々とした広場が・・・
難波宮跡1難波宮跡2

この場所、難波宮(なにわのみや)といって、一時的ながらも奈良時代の前後に都があったあった場所なんだそうです。
今でも当時の跡地が一部残されていますが、さすがにスペースが広いだけに、どちらかというとアマチュアの劇団やバンドの練習場として人気のようですね(^^)

難波宮の左手には、先日別アングルから顔をのぞかせていた大阪城が見えます。
再び大阪城が見えてきます!


さらにしばらく歩くと、今度はかなり斬新なデザインの建物が現れます。
ものすごく前衛的なデザインですねぇ~

この建物、元々は大阪府立青少年会館という施設の建物だったみたいなんですが、大阪府・橋下知事の行政改革に伴い、この6月いっぱいで廃止されてしまう施設なんだそうです(T_T)

余談ながら、この大阪府立青少年会館のHP、青少年を対象にしたものだからか、お役所関係施設にしてはトップページからすごく砕けた雰囲気の内容になっています。
残された期間も少ないですし、興味のある方は一度ご覧になってください(^^)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 難波宮 谷町四丁目 谷四 大阪府立青少年会館 タニマチ

「鉄道路線ウォーキング」の再開から1ヶ月が経ちました(v.v)

「鉄道路線ウォーキング」を再開して1ヶ月、ダイエットとしては数字的にさほど大した変動はないのですが、筆者自身はほとんど気にしていません。
むしろ、普通にお酒飲んだり食事摂ったり....と、そこそこ普通の生活を送っていながらも、リバウンドもなく健康的に体重を維持していることだけでも、そこそこの効果はあったのではないかと思っています。

今のところ、これといって目標は設定していませんが、この1年で少しは体重減らせて、健康診断の数値が少しでも良くなっていれば、それはそれでOKかなと。
日々楽しみながら続けられている分、下手な方法ですぐ挫折してしまうよりは、精神衛生上もいいのではないかと思っているんです(v.v)


世間一般では、とにかく「楽して」「短期間に」痩せようという風潮が強いんですが、筆者の主治医の先生に言わせると、それがダイエットが長続きしない&リバウンドを起こしてしまう最大の原因なんだそうです。

昨年、話題にも問題にもなった「朝バナナダイエット」
筆者もたまたまくだんの番組を見ていましたが、そりゃあれだけ恰幅のいい?人が規則正しい生活を送り、お通じがよくなれば、体重数kgくらい減るのは当たり前だろうと、すごく醒めた見方をしていました。

過去にも「紅茶キノコ」「リンゴダイエット」など山ほどあったのと同じく、単なる一時的な騒動だろうと思っていましたが、案の定でしたね!A(^^;
火付け役になったタレントさんも、1年近く経っているのに相変わらずの体型だし(^w^;;;


ともあれ、今後も決して「短期間に」「楽して」ではなく、ある程度じっくりと構えて、何より「楽しみながら」続けて行けたらいいかと思っております(v.v)

まだまだ知らない近畿の町を歩いて新しい発見ができることを、今から楽しみにしております!(^o^)




京阪電鉄・本線(その4)

○滝井駅(大阪府守口市)
○土居駅(大阪府守口市)

千林駅からは路線沿いの道路が整っていて、かなり快適に歩けます(^^)
そんな中、大阪市を抜けて、とうとう守口市に入りました~!
守口市に入りました!


千林駅から滝井駅にかけては、やはり住宅街が続きネタに困っていましたが、そんな中滝井駅の近くにこんなお店が・・・
いったい、どんなうどん?!

「踊る うどん?!」
残念ながらお店はお休みのようですが、いったいどんなもんか、ちょっと興味惹かれましたね!


ともあれ、土居駅前の商店街にぶらりと立ち寄りましたが、なかなか風情のあるいい商店街です(^^)
アーケードからは、こんな垂れ幕がかかっていまして。
土居駅前商店街のキャラクターみたいです(^^)

筆者もあちこち歩き回って、ネタ探しのために?商店街を歩き回ってはHPをチェックすることが多いんですが、この商店街のHPはかなり充実していて、正直ビックリしました!
(失礼ながら)各駅停車しか止まらない駅前の商店街が、こんなにも元気とは・・・と思っていたら、他に大阪市営地下鉄・今里筋線とか谷町線が通っていたりと、けっこう便利なところだったんですねA(^^;

それにしても、この戦隊ものの企画といいHPといい、すごく元気な商店街なんだということが、ひしひしと伝わってきました!(^^)
土居駅前商店街HP http://www.mydoi5.com/



○守口市駅(大阪府守口市)

土居駅からは非常に順調に、何とか次の守口市駅までたどり着きました~(^o^)/

守口市駅のホームが見えてきたところで、こんな建物を見つけます!
さすが世界企業だけあって、パナソニックさんもいろいろと手広くされているんですねぇ~(-.-)
パナソニックさんも、いろいろ手広くやってらっしゃるんですねぇ~(-.-)


守口市駅自体かなり大きな駅なので、また次回の京阪電鉄・本線シリーズで改めてご紹介できればと思うのですが、駅の近辺をブラブラしていると、こんな看板が。
いったい、どんな料理?!

三種盛り980円はかなりの格安ですが、何より
「ど助平喰い」
って、いったいどんなんなんでしょうね?!
聞いただけでワクワクします!A(^^;

ともあれ、さすがに今日はかなりの距離歩いたし、時間も遅くなったので、今日はここまでといたします。


<本日(2009/05/17(日)の実績>
・本日の実績   :0歩(0.0km)
・2009年5月の実績:歩(0.0km)
・2009年の実績  :歩(0.0km)

・訪問済路線数  :8路線/137路線(5.8%)
・訪問済駅数   :55駅/1,686駅(3.3%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 滝井 土居 守口市 土居駅前商店街

京阪電鉄・本線(その3)

○森小路(もりしょうじ)駅(大阪府大阪市旭区)
○千林駅(大阪府大阪市旭区)

森小路って、何だか人の名前みたいな駅名ですが、実際に筆者の周りにも「もりしょうじ」という名前の人間がいたりしますA(^^;

ときに、各駅停車しか止まらない駅ながら、先日もちょっと触れた京阪電鉄のキャラクター「おけいはん」三代目の名字(森小路けい子)として採用されて、沿線ではちょっと有名になりましたねー。
問題の、森小路駅の東側改札口


ところで、森小路駅東口の商店街を歩いていると、お店の店頭に次のような張り紙を多数見かけました。

上の写真にも写っている東口改札口(商店街に隣接)が廃止されるとのことで、地元の方々が反対署名を集められていたようです。
確かに、商店街に隣接した改札口が閉鎖されると、お店にとってはかなりの死活問題ですよね!
1万5千人近い署名が集まったのもすごいのですが、ポスターの写真などから察するに、かなり昔から地元の皆さんが親しんできたことが伺えます。
森小路駅近辺で、ちょっとした騒動になっているみたいですね


森小路駅からさらに沿線を進むと、またしてもシビアな高架下トンネルが・・・
地元の方は、いったいどうやって使ってらっしゃるんでしょう???
まだまだ、厳しい道のりは続きます・・・

去年同じ路線を歩いたときよりは多少順調に、次の千林駅にたどり着きました(v.v)
商店街の中にある駅で少々分かりにくいんですが、なかなかきれいな建物です。
千林駅に着きました!


実はこの千林駅前の商店街、あの大手スーパーやったダイエーの一号店があった場所なんです!
今では既に閉店してしまっていますが、ここからすごい勢いで全国展開して一時代を築かれたわけですね!
(かなり紛らわしいのですが、本社は神戸、第一号店はこの大阪・千林商店街で、決して福岡ではありませんA(^^;)
千林駅前の商店街


と、その代わり、ここにもあの看板が・・・
他店よりも輪をかけてハデな、玉出の看板その1他店よりも輪をかけてハデな、玉出の看板その2

いつも京阪電車で京都方面に行くときは目についてしまうんですが、ここのスーパー玉出の看板、他店よりも輪をかけてハデなんです!(-_-;
だいたい、右側の写真の金平糖みたいなものが夜になるとチカチカして、目立って仕方がないんですよね・・・


(「京阪電鉄・本線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 森小路 ダイエー 千林 スーパー玉出

京阪電鉄・本線(その2)

○野江(のえ)駅(大阪府大阪市城東区)
○関目(せきめ)駅(大阪府大阪市城東区)
(大阪市営地下鉄・今里筋線 関目成育駅乗換駅)

京橋の商店街を抜け、しばらくは住宅街が続きます。

こういっては何なのですが、住宅街はネタが非常に少ないし、場合によってはプライバシー侵害になるケースもあるので、何を書いていいものやらすごく困ります(x_x;
仕方がないので、これからしばらくは、いくつかの駅についてまとめて書かせていただきます。


しばらく沿線を歩くと、こんな高架下のトンネルが・・・
そ、そんなご無体な・・・(T_T)

いちおう、車道と歩道が別々になっていて、それなりに高さも変えてあるんですが、さすがに身長177.8cmの筆者はまっすぐ歩いてくぐれません・・・(T_T)
もうちょっと、何とかならなかったものでしょうか・・・


更に、野江駅を過ぎると路線沿いの道がなくなって、いつものように?住宅街の中を不安一杯の中で歩くことになっています・・・
野江駅を過ぎて、不安一杯で歩いています・・・(T_T)

実は昨年に鉄道路線ウォーキングしていたとき、この近辺は路線沿いの道がなく、例によって道なき道を迷いながら進んでいた経緯があります(T_T)
その経験があるからか、前回より多少は楽なルートをたどりながら、何とか順調に進みます・・・


(「京阪電鉄・本線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 野江 関目

京阪電鉄・本線(その1)

○京橋駅
(JR西日本・大阪環状線 京橋駅、JR西日本・東西線 京橋駅、大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線 京橋駅乗換駅)

天満橋駅の近辺はビジネスビルや飲食店が軒を並べていますが、そんな中、京阪の路線がいきなり地上に現れます。
けっこういいアングルだったので、ええカメラ使っていたらもう少しいい写真が撮れたのかもしれませんが、なにぶんウォーキングに持ち歩く携帯のカメラなんで、その辺はご容赦くださいm(_ _)m
地下に潜っていた京阪線が地上に現れます

ともあれ、写真にも写っている寝屋川に沿って東に歩いていくと、路線ウォーキングを再開して初登場の大阪城が遠くに見えてきます。
曇りがちの天気だったのでイマイチの絵なんですが、晴れた日だったらもう少しいい感じで撮れたのではないかと思います(v.v)
このブログ初登場の大阪城ですね(^^)


ともあれ、寝屋川沿いを更に進むと、先日長堀鶴見緑地線やJR東西線沿線を歩いたときに見た大阪ビジネスパーク(OBP)のビル郡が見えてきます。
先日歩いた大阪ビジネスパーク(OBP)が見えてきます!

以前JR東西線を歩いたルートをたどり、京阪線の沿線を歩いていくと、ようやく街も賑やかさを増して京橋の街に着きました。
沿線の新しいスポットとしては、何と言っても去年秋にオープンした吉本の京橋花月でしょうか。
昨年秋にオープンした吉本・京橋花月の建物です

今まで梅田にあった「うめだ花月」を引っ越す形で、去年の11月にオープンした施設なんです。
筆者は仕事場が近かったこともあって、うめだ花月がある頃にはたまにライブを見に行っていたのですが、さすがに仕事帰りに京橋まで足を伸ばすのはおっくうになってますね・・・

ただ、現在でも全国区で勢いのある芸人が多数所属していて、いろんなイベントも盛んに行われているみたいです。


あと個人的には、京阪線高架の近くにあるラーメン屋さん「大阪王」さんがお気に入りなんです!

ラーメンもさることながら、餃子がボリュームたっぷり&ジューシーで、すごくビールに合うんです。
お持ち帰りもできるようなので、お近くにお立ち寄りの際には是非お試しくださいませ(v.v)
京橋でお勧めのラーメン屋さんです


(「京阪電鉄・本線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 京橋 京橋花月 大阪城 大阪ビジネスパーク OBP

京阪電鉄・中之島線(その6)

○天満橋駅
(京阪電鉄・本線 天満橋駅、大阪市営地下鉄・谷町線 天満橋駅乗換駅)

なにわ橋駅を出ると、これまで分岐していた川(堂島川・土佐堀川)が一本化します。
やがて、中之島線の実質的な終端駅である天満橋駅の建物(「京阪モール」という総合商業施設)が見えてきます。

ここには昔、大阪と京都を結ぶ重要な船着き場(八軒家)があったということで、それはそれはひっそりを記念碑が建っています。
ただ、個人営業のお店の軒先に、それはそれは小さな碑が建っているだけなので、ほとんどの人は見逃してしまうのではないかとA(^^;
八軒家船着き場の碑がひっそりと建っています・・・


あと、最近でこそ大々的にPRするようになったみたいですが、駅の近くには「ミスター・タイガース」こと掛布雅之氏がプロデュースした居酒屋さんがあるんです。
掛布さんプロデュースのお店

筆者も何回か行ったことがあるのですが、看板にも掲げている地鶏料理の他に自家製の焼酎などもあって、なかなか楽しませていただきました!(^^)
ちなみに、店名の「ほっとこーなー」とは、掛布氏のポジションであったサードのことを指す言葉なんだそうです。


と、ここまで来たところで、だいぶ時間が余ってしまいました。
せっかくここまで来たので、ここから続く京阪電鉄・本線を歩くことにしました。


(「京阪電鉄・本線 その1」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 掛布雅之 八軒家

京阪電鉄・中之島線(その5)

○なにわ橋駅
(大阪市営地下鉄・堺筋線 北浜駅 乗換駅)

中之島公会堂の建物からすぐ近くに、なにわ橋駅の特徴的な出入り口が見えます。
(世界的な建築家・安藤忠雄氏のデザインによるものなのだそうです!)

川を挟んで、京阪電鉄・本線の北浜駅がすぐそこに見えているような状態なんですがA(^^;、なにぶん都心部の地下を走る路線のため、そうとう考え抜いた挙げ句にこのような状態になったそうです。
いくら何でも近すぎるやろ~A(^^;

使う方は、勝手なことをやいやい言いますが、鉄道会社も結構苦労されているんですねぇ・・・


ところで当の難波橋、別名を「ライオン橋」とも呼ばれ、橋のたもとに狛犬ならぬ狛ライオンが1対鎮座しています。
なにわ橋の狛ライオンさん1なにわ橋の狛ライオンさん2

この狛ライオンさんたち、大阪のPR素材として使われることも多いのですが、実物はかなり大きくて、筆者を3周りほど大きくした感じです(ただしメタボではありませんA(^^;)。


なにわ橋駅の近辺には中之島公園という公園があって、中にはバラ園など魅力的な施設も多いのですが、残念ながら現在リニューアル工事の真っ最中なんです。
現在工事中の中之島公園

リニューアル工事が始まる前、ちょうど写真手前の辺りには、明治時代に使われていた軍艦のマストが立てられていました。
聞くところによると、戦時中の中之島公園では、国威発揚の集会がよく開かれていたんだそうです。
そんな中、中之島自体を軍艦に見立て、その舳先にマストを立てて、市民の国威発揚に一役買っていたんだそうです。

【関連記事】
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090209/trd0902091252003-n1.htm

現在は歴史的な遺産として、広島の「大和ミュージアム」に保管されているそうですが、これだけ平和な時代になって、ようやく落ち着くところに落ち着いたといった感じでしょうか。


難波橋南側には、関西を代表する金融街・北浜の街が広がっています。
街の中はまた追ってご紹介する機会もあるかと思いますが、歴史のある街だけに、至る所にレトロな建物を見ることができます。
この手の建築に興味のある方なら、1日中歩き回っても飽きないかもしれません(^^)
なかなかレトロな建物が建ち並ぶ北浜です



(「京阪電鉄・中之島線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島 なにわ橋 中之島公園 安藤忠雄

京阪電鉄・中之島線(その4)

○大江橋駅
(大阪市営地下鉄・御堂筋線 淀屋橋駅乗換駅)

渡辺橋駅からほとんど見えているくらいの近い距離なので、程なく大江橋駅にたどり着きます。
古くから様々な公共施設が置かれていたところだけあって、ここら辺からだんだんと歴史を感じる建物が増えてきます。

まずは、大江橋駅の出入口の真横にある日本銀行・大阪支店の建物。
日本銀行・大阪支店の建物です

続いて、大阪市役所の裏手にある大阪市立中之島図書館の建物。
写真左手にあるところがそもそもの入り口だったらしいですが、現在では脇にある小さな出入り口から出入りするみたいです。
石造りで、なかなか荘厳な雰囲気のある建物です。
大阪市立中央図書館の、荘厳なたたずまいの建物。

更に、そのまた裏手にあるのが中之島公会堂(大阪市中央公会堂)の建物。
いまだ会議や展示会に使われている、バリバリの現役の建物なんですが、鮮やかな色の煉瓦造りがすごくインパクトあります!
中之島公会堂1中之島公会堂2

実はこの中之島公会堂には、年に1、2回しか一般公開されない大会議室があるそうです。
その部屋の天井に描かれているフラスコ画(やはりキリスト教系の画)は非常に素晴らしいらしく、毎年多くの美術ファンが立ち寄られているそうです。
この辺り、公式HPをこまめにチェックするしかないですね・・・


ところで、筆者も全然ノーマークだったのですが、今年8月から「水都大阪2009」というイベントが催されるんだそうです。

道頓堀川を始め川岸の遊歩道がだいぶ整備されたりしているのも納得なんですが、それにしてもPRのためのポスター、かなりノリノリでんな~>平松市長A(^^;;
ノリノリでんな~>平松市長



(「京阪電鉄・中之島線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 大阪市立中之島図書館 中之島公会堂 水都大阪

京阪電鉄・中之島線(その3)

○渡辺橋駅
(大阪市営地下鉄・四ツ橋線 肥後橋駅乗換駅)

中之島駅から少し歩くと、右手に異様なデザインの建物が見えてきます。
プラネタリウムの迫力が満点です!

その正体は「大阪市立科学館」と「国立国際美術館」の建物なのですが、特に大阪市立科学館は、見える範囲すべてがスクリーンとなっているプラネタリウムが魅力なんです!
筆者も何回か行ったことありますが、ゆったりしたリクライニングの椅子に座って鑑賞すると、まるで何もない草原の中で満天の星空を眺めているような錯覚に陥ります。

季節ごとのプログラムもなかなか凝っていて、お子さん連れて行かれるにしてもデートコースにするにしても、なかなかお勧めのポイントですよ!(^^)
(駅から少々遠いのが難点だけど)


遊歩道をさらに歩いていくと、あのサントリーの本社ビルが見えてきます。
サントリーの本社ビルです

正直、あれだけの有名企業の本社ビルにしては非常に「ちっこい」(小さい)という印象なのですが、何よりこれから夏にかけて、このビルの屋上でビアガーデンが開催されるんです!

筆者も何度か行ったことありますが、「ビアガーデン」という言葉で抱くイメージよりはかなり上品で、ガーデンテラス風の装いや間接照明など、なかなかオシャレな雰囲気を醸し出してます。
川岸なので涼しい風も漂ってくるし、料理も本格的でおいしいしで、個人的にはなかなかお勧めのポイントですよ!(^^)


実際の渡辺橋を横切ろうとしていると、新型インフルエンザによる外出自粛令の中、ちょっとした行列が・・・
休日やのに、「堂島ロール」を求めて・・・(T_T)

これ、最近噂になっている「堂島ロール」(ロールケーキ)を買い求める人々の行列なんです!(@_@)
筆者は甘い物が苦手(→酒飲みなのでA(^^;)なので、その魅力はよく分からないんですが・・・
よりにもよってこんな時期に、こんなたくさんの人がこれだけ接近して集まっている状況は、正直いかがなものなんでしょうかねぇ・・・(-_-;



(「京阪電鉄・中之島線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 渡辺橋 大阪市立科学館 サントリー 堂島ロール

京阪電鉄・中之島線(その2)

○中之島駅(大阪府大阪市西区)

文字通り大阪・中之島の西の先っぽに位置する駅ですが、ほぼ間違いなくグランキューブ大阪(大阪国際会議場)へのアクセスを意識した駅でしょう。

会議や各種催し物の他に、例えば中森明菜やら、数年前の(まだ人気が爆発する以前の)東方神起など、いろんなアーティストのライブが行われていた会場でもあります。
グランキューブ大阪

まだ新しい駅だけあって、駅の出入り口もすごく真新しいし、何より新しい木の香りがまだまだ残っているんです!
構内にはいると、これまた同じデザインで統一されていて、なかなか落ち着いた暖かみのあるデザインとなっています
中之島駅入り口のたたずまいなかなか渋いデザインの、中之島駅の構内


中之島駅のすぐ近くには、すごくレトロな雰囲気を残す建物が残っています。
その名も「莫大小会館」。何て読むか分かります?
莫大小会館のたたずまい何て読むか分かります???

伸び縮みする、ということで「メリヤス」と呼ぶのだそうですが、この建物、いまだに現役で使われていて、なかなかオシャレな小物なども販売されていました。

そういえば、子供の頃見た大阪を舞台にしたドラマ「あかんたれ」の主題歌で
「♪メリヤス工場の塀の影~」
という節があったのを思い出しました・・・(歳がバレますがA(^^;;;)


中之島線の開通に伴ってか、川(堂島川)両岸の遊歩道も整備されて、すごく歩きやすくなっています!
ここ数年で、中之島の遊歩道がだいぶ整備されました~


中之島駅からしばらく歩くと、「探偵ナイトスクープ」などの番組制作でおなじみの朝日放送(ABC)の新社屋が見えてきます。
昨年の5月に移転したばかりのきれいな新社屋で、一部は「ほたるまち」と称してカフェやレストラン街などが入っています。

すごく近代的な建物の南側には、すごく対照的なこんな記念碑が建っているんです。
福沢諭吉先生生誕の地だそうです。

すごく意外だったんですが、一万円札の肖像でおなじみ福沢諭吉の生誕の地が、この朝日放送ビルの近辺なんだそうです。
どうしても「慶応大学創設者」というイメージが先に立ってしまうのですが、ひょっとしたら福沢諭吉が子供の頃は、コテコテの関西弁しゃべっていたと想像すると、なかなか楽しいものがあります(^^)


(「京阪電鉄・中之島線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 莫大小会館 福沢諭吉 ほたるまち グランキューブ大阪

京阪電鉄・中之島線(その1)

全国的にあいにくのお天気となった上に、昨日今日で大阪・神戸地区はえらいことになってます!(@_@;

「外出自粛のため」なんて理由付けてサボればいいのかもしれませんが、やはり継続することが大切ですから、本日も引き続き歩きました。
まあくだんのインフルエンザについては、毎日手洗いとアルコールによるうがい(?!)やってるし、何より年寄りはかからないという話なのでA(^^;、しばらくは大丈夫だと思うんですけどね!


ともあれ、本日は京阪電鉄・中之島線の沿線を歩きます。

大きな地図で見る

京阪電鉄・中之島線は昨年10月に開通した京阪電鉄の新線で、文字通り大阪市内・中之島を走る路線です。
他路線との乗換がちょっと不便だったり、(新線なので)入り口からホームまでの距離がやたら長かったり・・・と、新線の割には今ひとつ盛り上がりに欠ける(失礼)路線ではありますが、それでも大阪市西部から京都・出町柳まで直通で行けるのは魅力ですね。

あと個人的は、中之島線開通に伴って導入された新型車両(3000系「コンフォート・サルーン」)の外装・内装デザインがすごくシックで、けっこう気に入っているんです!


ところで話は変わりますが、そこそこあちこちの鉄道乗ってきた筆者に言わせると、この京阪電鉄という鉄道は全国でもまれに見る、非常にユニークな鉄道だと思っています。
筆者が、今日までに気づいた限りのポイントを挙げてみます。

1)特急電車にテレビがついている!
2)特急電車に絵が飾ってあったり、交通安全のお守りが貼り付けてある!
3)特急電車に2階建ての車両がある!
4)終着駅に着いたら「社内整備」の時間があって、座席の向きを自動的に直したり社内のゴミ拾いしたりする!
5)特急電車には「補助椅子」が、その他の電車には一部「ラッシュ時ドア」がある!
6)車掌が、非常にアクティブに乗車カードの販売営業をする!
7)特急電車の車窓には、ブラインドではなくカーテンが設置されている!
8)車両によっては、跳ね上げ式の吊革である!
9)「京阪乗る人、おけいはん」などという独自のキャラクター・キャッチコピーを作り、定期的にリニューアルしている!
10)特急電車で大阪-京都を往来する際、電車の発車音をつなげると1つの曲になる!
 しかも、作曲者は(そこそこの年代の方ならご存じでしょうが)あのカシオペアのキーボード、向谷実さん!
11)沿線である京都市民から
 「京阪なんか乗る人いんの???」
 と疑問視されている!A(^^;
12)(ごくごくまれに)気持ち悪いを通り越して、悩ましい声で車内アナウンスが行われる
 (漫才コンビ「中川家」の初期のネタにもあります)
※特急電車に乗るのに、+αの料金は必要ありません

・・・とまあ、こんな具合でしてA(^^;;;

ちなみに、筆者は何十回となく京阪電車を利用していますが、実は5)のラッシュ時ドアのある車両があるのは、今日初めて知りました!
京阪・中之島線の「ラッシュ時ドア」



(「京阪電鉄・中之島線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 中之島線 3000系 コンフォート・サルーン

「おおさか遊ぶろぐ」さんに登録しました(v.v)

先日ご案内のあった「おおさか遊ぶろぐ」さんに登録完了しました(v.v)

つい最近始まったサービスのようで、(失礼ながら)これまでまったく存じ上げなかったのですが、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)さんがサポートされてるサイトなんですね。

筆者の下世話な(?)感覚でキャッチした内容しかチェックしていないので、どれだけお役に立つかは分かりませんが、ともあれ大阪を盛り上げるために微力ながらご協力させていただきたいと思います(v.v)




大阪市営地下鉄・中央線(その6)

引き続き、天保山ハーバービレッジ周辺をブラブラします(v.v)

この辺りでもう一つのスポットは、巨大な水槽で迫力ある展示が魅力の水族館「海遊館」
いったん建物の上層階に登り、下に降りながら展示を眺めるというユニークな方式の水族館で、1つの水槽で海面~海中~海底の景色を眺めることもできるんです。
(夕暮れだったのでイマイチの絵ですm(_ _)m)
夕暮れの海遊館

日が暮れるとイルミネーションがきれいで、格好のデートスポットでもあります(*^_^*)
大観覧車の夜景海遊館の夜景


さらに近くには、「日本で一番低い山」(標高4.53m)という天保山があります(実態は限りなく「丘」ですがA(^^;)。
天保山公園という小さい公園の中に、ぽつんと分かりにくい三角点があるのですが、登山証明書が発行されたり山岳救助隊があったり(?!)と、なかなか周辺は盛り上がっています(^^)

あとは渡し船の船着き場があって、大阪市が運営する無償の渡し船が運航されています。
ここから向こう岸(桜島・USJの近辺)に渡ることができて、ちょっとした観光スポットにもなっているようです。
天保山からは無料の渡し船が運行されています


さて中央線に戻ると、大阪港駅から先の路線は、何とまたトンネルに潜ります。
これは次の駅・コスモスクエア駅に至るまでに海があるためで、自動車と地下鉄しか通ることができません。
残念ながら、ここから先の歩きは断念いたします(-_-;
(とはいえ、海底を通るためかなり急な勾配が続くようで、さすがに地下鉄や自動車でないとムリみたいです)
中央線がまたまた潜ります・・・

この辺り、普段はあまり足を伸ばす人は多くないかもしれませんが、レトロな雰囲気の建物が建っていたり海辺の景色もよくて、夕暮れ時にブラブラするには意外といいスポットなんではないかと思います。
なかなか趣のあるたたずまいの建物も大阪港の夕暮れの光景

写真中央に移っている高い建物が、先日食博の際に投稿したワールドトレードセンター(WTC)のビルです。
夜が近づくと、さすがにそこそこの雰囲気が出ますねぇ・・・

ともあれ、だいぶ周りも暗くなってきたし、これ以上進めない状況ですので、本日はこれまでとしたいと思います。


ちなみに、今日2009/05/09(土) 20時現在の統計。
○身長    :177.8cm
○体重    :82.0kg
○体脂肪率 :23.3%
○本日の歩数:23,287歩(約19km)
○制覇した路線・駅数(再開後):5路線27駅
○2009年5月の平均歩数:12,185歩/日



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 大阪港 天保山ハーバービレッジ 海遊館 日本一低い山

大阪市営地下鉄・中央線(その5)

○大阪港駅(大阪府大阪市港区)

中央線の高架に沿って歩いていくと、やがてこんな面白い光景を見かけます。
かなり苦労の跡が見えるのですが、こんなんやったら信号待ちして下の道路を渡った方が早いのではないかとA(^^;
苦労の跡が見える歩道橋ですA(^^;


そうこうしているうち、沿道にはだんだんと海の気配が見えてきます。
ぼちぼち、海らしい景色も広がってきます(^^)

程なく大阪港駅が見えてきますが、ここは何と言っても天保山ハーバービレッジという巨大娯楽施設があるところなんです。

まず目を引くのは、世界最大級といわれる大観覧車。
高さ112mだそうで、大阪市内はおろか関空や明石大橋までも眺めることができます。
ゴンドラの中には側面・底面が透明になっているものもいくつかあって、筆者も乗ったことがあるのですが、正直昼間に乗るとかなりビビリます。
(高いところが大好きな方にはお勧めですが・・・)
天保山マーケットプレースの大観覧車



(「大阪市営地下鉄・中央線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 大阪港 天保山 ハーバービレッジ

大阪市営地下鉄・中央線(その4)

○弁天町駅(大阪府大阪市港区)
(JR西日本・大阪環状線 弁天町駅乗換駅)

九条駅から弁天町駅までは、これまでとは違ってちょっとばかり距離があります(x_x;
通り沿いには、中層のマンションや地元企業のビルなどが多くて、これまでよりも空が大きく見えるような気がします(^^)

と、大通りを歩いていると、いきなりビルの建物の中にSLが!
しかも、とある会社のビルの1階部分がガラス張りになっていて、そこにまるまる機関車が展示してあるんです!
何で、会社の入り口にSL???

来訪者の人が立ち入ることも多いからか、総務部付けの立ち入り禁止の看板も見えますが、立ち入りたい人の心理もすごくよくわかる気がします。


弁天町の駅に近づくにつれ、歩道も広くなって快適に歩けます(^^)
やがて、遠くではすごく小さくしか見えなかった巨大な高層ビルが2つ、目の前に現れます。
1つはオーク200という多目的ビルで、オフィステナントの他にも、レジャープールや天然温泉まであるという(@_@;、けっこうすごいビルなんです。

もう一方は去年建ったばかりの高層マンション(高さ200m)で、完成した当初は日本一高い高層マンションだったんだそうです。
ただ、そのすぐ直後に大阪・北浜に高さ210mの高層マンションが完成してしまい、「日本一」の称号はわずか数ヶ月しか持たなかったんだそうです。

筆者はFPもやらせてもらってますが、その立場から言うと
「分譲のデザイナーズマンション、高層マンションには絶対に住むもんじゃない!」
という意見をもっていますので、ある意味どうでもいい話ではあるんですが・・・


ともあれ、程なく弁天町の駅にたどり着きます(v.v)
1つの交差点に高速道路の高架、一般道、JR線、地下鉄の地上路線高架が入り組んでいるため、かなりごちゃごちゃとしたたたずまいとなっています。
入り組んでいて少々分かりにくい弁天町の駅です。



○朝潮橋駅(大阪府大阪市港区)

弁天町駅からさらに進むと、次第にお店や住宅が増えてきます。
やがて大通り脇の歩道に、個人宅で手入れしてると思われる花壇などがぼちぼち出現するんですが、そのうちこんなものまで!

うーん、いくら何でも、大通り沿いにがっつり洗濯物干しちゃダメでしょう~A(^^;;;
こんなとこに洗濯物干しちゃダメでしょう~A(^^;;;

朝潮橋駅の近辺には、(どこでもそうですが)駅名を付けたビルやマンションの名前が多いものなんですが・・・
古い人間にとっては、どうしてもお相撲さんを連想してしまうので、せめて「橋」の一文字は付け足して欲しかったです(^w^;
せめて「橋」は欲しかった・・・


ともあれ、朝潮橋駅からは、すごく目立つ建物が2つ見えます。
1つは大阪プール、もう一つは半地下構造がユニークな大阪市中央体育館です。
大阪プールあのー、決して「中央」ではないと思うんですが・・・

どちらかというと大阪市の西の端・海側に近いのに、「中央」という名前もないだろうと思いますがA(^^;、ともあれデザインもユニークだし、かなりしっかりした造りの立派な施設です。

この2つの建物、いずれも「八幡屋公園」という公園の中に建てられた建物なんですが、公園の外周を一周するだけでもけっこうな距離があります。
今日歩いた靱公園といい(そのうち訪れるであろう)鶴見緑地公園といい、大阪って意外と大規模な公園が多い街なんだと、改めて感じた次第です(v.v)
広々とした公園です!



(「大阪市営地下鉄・中央線(その5)」につづく)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 弁天町 SL 中央大通 朝潮橋 八幡屋公園

大阪市営地下鉄・中央線(その3)

○九条駅(大阪府大阪市西区)
(阪神電鉄・なんば線 九条駅 乗換駅)

更に大通りを歩くと、中央線もとうとう高架を走るようになってしまいます。
やがて、先日なんば線の時にも歩いた九条の町が見えてきます。
九条商店街・ナインモールの入り口です

実はこの辺り、その昔遊郭(松島新地)があった地域なんだそうで、今でも・平日の昼間でも、ちょっと気を抜いて裏道に入ると、それはそれはビックリする光景を目にしてしまいます(@_@;;;
そのおかげ?でか、昔は梅田・難波と肩を並べるくらい、けっこう栄えていた町なんだそうです。


それはさておき、この商店街、京セラドームができてからは通り道ということもあって、通称「バッファロード」なんて呼び名が付いてます。

あと個人的な趣味では、あのボーカルグループ"Skoop on Somebody(スクープ・オン・サムバディ)"のボーカル・Takeさんの実家(お好み焼き屋)があるんです!
筆者も行ったことありますが、なかなかアットホームな雰囲気で、お好み焼きもおいしかったですよ!


九条商店街を抜けると、昔の繁栄を象徴する碑が。
大阪市公営の路面電車が、初めて敷設された場所なんだそうです。
碑文に書いてある「築港」というと、今から向かうであろう大阪港駅の近辺でして、けっこう長い距離走ってたんですねぇ。
ここから始まってたんですねぇ・・・



「大阪市営地下鉄・中央線(その4)」に続く


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 九条 スクープ・オン・サムバディ 商店街 路面電車 松島新地

大阪市営地下鉄・中央線(その2)

○阿波座(あわざ)駅(大阪府大阪市西区)
(大阪市営地下鉄・千日前線 阿波座駅 乗換駅)

中央線が走っている大通り(中央大通)を更に西に歩いていくと、ビジネスビルがだんだんと少なくなって、お店や銀行、コンビニなどが増えてきます。
この辺り、筆者が昔住んでいたこともあって、すごく懐かしさを覚えます(T_T)


やがて阿波座駅の看板も見えてくるのですが、この辺りどういう訳か飲食店が多い地域で、筆者もけっこう行ったことのあるお店が多いんです。

例えば、元祖・トマトラーメンの「信濃路」さん。
今でこそ、塩ラーメンのスープにトマトを使ったりしているお店が出てきているみたいですが、このお店は数年前からスープにトマトや野菜を入れた、すごくあっさりしたおいしいラーメンを出されています!
元祖・トマトラーメン!

あとは、信濃路さんからすぐそばにある「得正」さん。
今では東京にも支店を出されているようですが(@_@;、ここのお店は結構昔からあった(数年前までは靱公園の近くでした)ので、昔この辺りに済んでいた筆者は、ここのカレーうどんをよく食べに行ったたものです!
カレーうどんは絶品です。


・・・なんだか、グルメカテゴリーの内容になりそうなので、ここらで方向転換A(^^;

高速と併走する形になっているのでなかなか分かりにくいのですが、今まで地下に潜っていた中央線が地上に現れます!
中央線が地上に現れました!


もともとこの辺り、江戸時代の頃は港だった地域だそうで、江戸末期に開国を迫られた折りに外国人の居留地があった土地なんだそうです。

その名残が、通りから少し入ったところにひっそりと残されています。
川口基督教会という建物で、今でも現役で使われている教会の建物なんです!
登録有形文化財にも指定されている建物だそうで、すごく歴史を感じる重厚感があります。
昔の外国人居留地の名残・川口基督協会川口基督教会(別アングル)



(「大阪市営地下鉄・中央線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 阿波座 川口基督教会

大阪市営地下鉄・中央線(その1)

あいにくの雨も上がり、今日は全国的にすごくいい天気になりましたね!(^o^)

本日は大阪市営地下鉄・中央線の沿線西側を歩きます。
文字通り大阪市中央を東西に走る路線で、何と大阪市営地下鉄のすべての路線と乗り継ぎができるだけでなく、近鉄線・阪神線・JR線とも乗り入れ・乗り継ぎできるなど、かなり便利な路線なんです。

あとは、(このカテゴリーの投稿を見ていただければ分かりますが)地上に出たり地下に潜ったりが多くて、かなりあわただしい?路線でもあります。


○堺筋本町駅(大阪府大阪市中央区)
(大阪市営地下鉄・堺筋線 堺筋本町駅乗換駅)

堺筋本町駅の出入り口を上がると、いきなり異様な建物が目に付きます。
船場センタービルの異様

この建物、高速道路の高架下に作られている船場センタービルという建物で、隣の本町駅近辺まで延々と延びるビルなんです。
主に洋服やアクセサリーなど(ただし、独特のデザインの物が多いですがA(^^;)を売っているお店が多くて、年配のおばちゃんなどが来られる機会が多いみたいです。

それに何より、高速道路が商店街の上を通っている光景も世界的にかなり珍しいらしいですね!(@_@)


ときに大阪の「船場」という地名、テレビなどでも取り上げられるので全国的にも有名やと思いますが、そもそもは豊臣秀吉が大阪城を築いた際に、あちこちに散在していた繊維業者をここ船場の街に集めたのが由来らしいですねd(-.-)
それゆえ、この船場センタービルに限らず、駅周辺をブラブラすると繊維業者やアパレルのお店が異様に多いのに気付きます。

堺筋本町駅から本町駅までは、直線距離でも数百メートルくらいしかないので、ちょっと歩くと程なく次の駅・本町駅の看板が見えてきます。



○本町駅(大阪府大阪市中央区)
(大阪市営地下鉄・御堂筋線 本町駅、四ツ橋線 本町駅乗換駅)

昼下がりの御堂筋とともに、次の本町駅の看板が見えてきます。
昼下がりの御堂筋でございます(v.v)

御堂筋の近辺はバリバリのビジネス街なのですが、そんな雰囲気には不釣り合いなハードロックカフェがありまして。
久しぶりに前を通りがかったら・・・最近はこんな物まで出してるんですねぇ・・・(-_-;
リボンにドクロ入ってたりして、キティが好きな子供が見たら泣くんじゃないかと思ってしまいました・・・
キティちゃんがロックしたら、こんななるんですかねぇ~???


本町駅西側からちょっと脇に入ると、大阪市内でもかなり大きな靱(うつぼ)公園が広がっています。
ビジネス街のど真ん中にある憩いの場

全然知りませんでしたが、Wikipediaによると戦前までは魚市場(昔の言葉でいう雑喉場(ざこば))、戦後しばらくはアメリカ占領軍の飛行場があった土地なんだそうです。
周りにはオフィスビルが広がる中、うっそうと木々が生い茂り、広々とした敷地の中には噴水や小川、バラ園も開設されています。
周りのビルと一面のバラが、非常にアンマッチです(^^)

実はここ、数年前に筆者が通りがかった頃は、正直「怖い」という印象しかない場所だったんです。
というのも、敷地はさほど手入れされてなかったし、周りにはホームレスがたくさん小屋を建てたりしていまして。
一方では(本来は禁止なんですが)昼間からバーベキューやってお酒飲んで騒いだりする連中も多かったんですが、最近はすごく管理が行き届いていて、すごく穏やかで平和な時が流れております(v.v)



(「大阪市営地下鉄・中央線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 中央線 堺筋本町 本町 靭公園 雑魚場 船場

2009 食博覧会・大阪

せっかくのGWだったのですが、今日も近畿地方は、あまりいいお天気には恵まれませんでした(T_T)

そんな中、現在大阪・インテックス大阪で、
「2009 食博覧会・大阪」
と銘打った、4年に1度のイベントが開催されています。

筆者もGW期間中そこそこの距離歩いたし、何より連休最終日を楽しむために(T_T)、リフレッシュも兼ねてぶらりと出かけます(v.v)


会場のインテックス大阪という施設、正直大阪の中心街からすると非常に不便なところにあるんですが、何より敷地面積がやたら広い!
おかげで、いろんな展示会などにはよく使われている施設なんです。

最も便利な最寄り駅はニュートラム・中ふ頭駅なのですが、とにかく混雑するという事前情報を得て、筆者は大阪市営地下鉄・中央線 コスモスクエア駅から挑みます。
やがて大阪府庁が移設されるかもしれない?WTCビルと、ミズノさんの本社ビルです!

写真中央が、大阪府庁を移転するetc.いろいろ話題になっているワールドトレードセンター(WTC)のビル、街灯に隠れているのが、今やイチローを初めとして数多くのアスリートをサポートしているミズノ株式会社さんの本社ビルです。

ミズノさんについては、正直何も申し上げることはありません(→そのくらい、文句なく素晴らしいと言うことです!)が、WTCについては
「大阪府民の税金無駄遣いの象徴の一つ」
として挙げられる、それはそれは悪名高い施設なんです(-_-;

聞くところでは、(そのうちご紹介する機会もあるかと思いますが)関西空港の近辺にある「りんくうゲートタワー」という建物に高さが負けそうだという理由だけのため、慌ててて設計を変更して+αの建て増しをしたそうです。

正直交通もかなり不便だし、こんなところにこんな建物建てて・・・と思っていましたが、案の定テナント不足がたたって大赤字。
結局、その赤字の穴埋めは、筆者も含めた大阪府民が負担しているんです・・・


ともあれ、気を取り直してしばらく歩くと、インテックス大阪が見えてきます!
非常に目に付く色彩・デザインで、よく目立ちます。
インテックス大阪の入り口付近会場入り口


どんなものが楽しめるかと、ワクワクしながら向かったはいいのですが・・・


非常に残念な話なのですが、筆者もそこそこええ歳なので、そこそこたいがいの物は食べた経験がありまして。
今さらトルコアイスだ、飛騨牛のステーキだ、宮崎マンゴーだ・・・と言われても、
「ああ、あれね」
で終わってしまう自分がいます(-_-;
年取ると、こうやってだんだんと「新たな感動」がなくなってしまうんですねぇ・・・(T_T)

そんな中で、筆者が惹かれた数少ない商品が「枝豆の浅漬け」
岩手の名産だそうですが、なかなか行けたので、思わず4袋も買ってしまいました。
今日一番のお勧め商品!

あと、関西ローカルではそこそこ有名なのですが、ウインナーの飾り切りで有名な伊藤ハムの課長さんの実演が見れたのは何よりでした。
http://www.itoham.co.jp/cook/vienna/index.html

「飾り切り」でおなじみ?伊藤ハムの実演ブース

お酒関係で真新しいところでは、ブラジルワインの出展があります。
最近は南アフリカなど新しい産地のワインが味わえるようになってきて、スッキリした飲み口が個人的にも大好きなんです(^^)
当然試飲させていただきましたが、渋みや酸味が強くて、軽めの味が好きな筆者の口には合いませんでしたね・・・

どちらかというと、サッポロビールさんのブースで出品されたオーストラリアワイン「イエローテール」の飲み比べセットは、なかなかいいですよ!
願わくば、チーズ系のおつまみも置いといていただくと、もっとありがたかったですA(^^;;;


その他、あちこちぶらつきましたが、こんなところにも出没するか!という例を2つ。
をを、こんなところにも!こんなところにいてましたか~


筆者自身にとっては、さほど真新しいものは少なく、少々ガッカリのイベントでした。
ただ、いろんなイベントや試食も充実していて、お子さんなどご家族連れでこられるには絶好のイベントではないかと思いましたね。

5/10(日)まで開催と言うことで、これから週末にかけて行かれる予定されている方も多いかと思いますが、来場経験者からアドバイスを。

○入場は13~14時頃に入場するのがベストタイミング。
 一方で、そこそこお手軽に済ますには16時頃の入場がベスト。
○昼ご飯は、お腹3分目程度で抑えておく
○歩きやすい格好で、ちゃっちゃと動けるように!
○車では絶対に来ないこと!
 →せっかくのおいしいお酒が飲めなくなりますA(^^;


JR西日本・JR東西線(その6)

○北新地駅(大阪府大阪市北区)
(JR西日本・大阪環状線 大阪駅、阪急電鉄 梅田駅、阪神電鉄・梅田駅、大阪市営地下鉄・御堂筋線 梅田駅/谷町線・東梅田駅/四ツ橋線・西梅田駅乗換駅)

いわゆる「大阪キタ」の南側にある駅でして、その分乗換駅もたくさんあるんですが、正直乗換に便利なのは大阪市営地下鉄・四ツ橋線 西梅田駅くらいのものでしょうか・・・

文字通り、大阪で高級クラブなどが建ち並ぶ「新地」の北側に位置する駅です。
あいにく、筆者は「座るだけで○万円」なんてお店に行ったことはないんですが、東京の銀座と一緒で、かなりお手頃な値段で楽しめる居酒屋などもあるんです(数こそ少ないですけど)。


ともあれ、「靴のオットー」から歩くこと間もなく、近松門左衛門が書いた「曽根崎心中」の物語で有名なお初天神(露天神社)の鳥居が見えてきます。
「曽根崎心中」ですっかり有名になった「お初天神」こと露天神社の鳥居です

かくいう筆者も、大阪市民歴20年あまりにして、初めて境内に入ります。
宗教施設のため写真撮影は控えさせていただきますが、正直「曽根崎心中」関連の記念碑などの方が、本来の神社施設より目につく印象は否めません・・・


露天神社の鳥居からすぐに、大阪市の幹線・御堂筋に至ります。
休日のため人出、車ともに少なかったのですが、そこそこ長い距離歩いてると、「御堂筋」の文字を見るだけでけっこう一安心します!(^^)
いつもになく閑散とした御堂筋です


ちょっと気になったので、横道にそれて、いわゆる「新地」の通りにも入ってみます。
連休中だからか、はたまた時間が早すぎたからか、新地の通りも閑散としてますね・・・
連休中だからか or 時間が早すぎたのか、新地の歓楽街も閑散としています



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 JR東西線 北新地 露天神社 お初天神 曽根崎心中 近松門左衛門

JR西日本・JR東西線(その5)

○大阪天満宮駅(大阪府大阪市北区)
(大阪市営地下鉄・堺筋線 南森町駅 乗換駅)

曾根崎通を西に進むと、やがて天神橋筋商店街の入り口が見えてきます。
(諸説あるようですが)全長2.6kmという日本一長い商店街だそうで、端から端まで歩くにもちょっと大変です(x_x;
日本で最も長い天神橋筋商店街です。

お相撲さん用のビッグサイズの洋服を扱っている店など、なかなかユニークなお店が多いところなのですが、商店街の中身については、後日大阪市営地下鉄・堺筋線沿線を歩いた折などにご紹介できるかと思います(v.v)


駅の近くには、筆者お勧めの「船場カリー」というカレーショップがあります。

大阪市内に何店舗かあるのですが、イカスミの入ったルーは濃厚で、なかなか病みつきになります。
ハヤシライスにもイカスミを入れてあるという徹底ぶり(?)なんですが、その他にも実験的にさまざまなトッピングを試していて、そのメニューも楽しみではあります(^^)
個人的にお勧めのカレーショップです!


またまたしばらく歩くと、今度はいかにも大阪らしい看板が・・・
既に全国的に有名になったお店ですが、新たな試みも(^^)

島田紳助がテレビで紹介して、すっかり全国的に有名になった「靴のオットー」
あの「シークレットシューズ」を日本で初めて販売したお店だそうなんですが、それよりも
「もうあかん、やめます!」
という決意?を、少なくとも数年前から(?!)垂れ幕として掲げているお店なんですA(^^;

最近ではバリエーションを増やし、
「格差社会を是正せよ 身長の格差は当店で」
なんて粋な垂れ幕を掲げたりしています(^^)

実は筆者、(シークレットシューズ以外で)店主の方とちょっとした接点があるんです。
ただ、そこそこええ調子で商売してらっしゃるようだし、店頭にもお手頃な値段の商品がたくさん並べてあったりして、ご自分で卑下されてるほどではないと思ってるんですけどね!

まあこの辺りは、大阪ならではのシャレということでご勘弁くださいませm(_ _)m



(「JR西日本・JR東西線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 JR東西線 天神橋筋商店街 靴のオットー

JR西日本・JR東西線(その4)

○大阪城北詰駅(大阪府大阪市都島区)

単なる気まぐれで再び歩き始めたわけですが、次の大阪城北詰駅からは美術館の下を通ったり川の下を通ったり・・・と、少々厳しい道のりをたどらねばなりません(-_-;
ともあれ、できるだけ路線に近いルートを歩きます。

京橋駅から大阪城北詰駅に向かう途中には、大阪ビジネスパークを代表するツイン21ビルが見えます。
京橋の象徴、ツイン21ビル


大通りの途中から北上して沿線を進むと、大阪城北詰駅の出入口が見えてきます。
お城近くの駅ということでか、周りの落ち着いた雰囲気とマッチした、なかなか趣のあるデザインとなっています(^^)
お城をイメージした大阪城北詰駅の出入り口

ところで、この出入口の隣には「大阪市公館」という建物があります。
かなり広い敷地によく手入れされた庭園、歴史を感じさせるデザインなのですが、そもそもが外国などの来賓を歓迎するため作られた建物なんだそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%85%AC%E9%A4%A8

若干条件はありますが、結婚式場としての利用もできるとのこと(@_@)
確かにこれだけの贅沢な施設ですから、有効利用していただくのがいいですね。
「大阪市公館」って???

大阪市民の筆者でさえも、これまで全然存在を知りませんでしたが、それにしても近所にラブホのネオンがちらちらしている周りの雰囲気はどうなんだろうと思ってしまいました(^w^;;;


しばらく歩くと、淀川の支流である大川の河川敷にたどり着きます。
支流とは言っても結構な川幅がありますが、河川敷はすごくよく整備されているので、なかなか快適に歩くことができます。
昼下がりの大川の光景

川沿いにしばらく北上すると、「桜の通り抜け」で有名な造幣局の建物が見えてきます。
比較的遅くまで咲いている品種が多いため、毎年4月下旬くらいまでさまざまな種類の桜を楽しめるのですが、さすがにもう花はないようですね。

写真奥に移っている桜宮橋を渡り、今度は曾根崎通りを西に向かって歩きます。



(「JR西日本・JR東西線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 JR東西線 大阪城北詰 大阪市公館 ツイン21 大阪ビジネスパーク 造幣局

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その8)

○大阪ビジネスパーク駅(大阪府大阪市中央区)

文字通り、京橋の東側に広がるビジネス街、大阪ビジネスーパーク(OBP)の最寄り駅となります。
ビジネス街へのアクセスもさることながら、大阪近辺の方にとっては、ライブやイベントの会場である大阪城ホールBravaホールの最寄り駅としてもおなじみです。


森ノ宮駅からは、しばらく大阪城公園と大阪環状線の間の道路を北上することになります。
写真では、一見緑豊かなきれいな道のように見えるのですが、実際は雑草は伸び放題、街路樹の枝は茂り放題。
おまけに、ところどころにゴミや不法投棄の家電が転がり・・・と、ほとんど手入れされていないんです!
一見、緑豊かな路地に見えるんですが・・・(-_-;

大阪市民は、全国的にも高めの住民税払っているらしいんですが、それにも関わらずこの有様ですからね!
平松市長には、是非とも早めの対処をお願いしたいものです(>_<)


ともあれ、大阪環状線の大阪城公園駅近辺から大阪城公園内に入ると、巨大な大阪城ホール(通称「城ホール」)が見えてきます。
お休みの大阪城ホール前

休日だからか、数多くのアマチュアバンドが路上ライブをやってます。
そういやその昔、マイナー時代のシャ乱Qも同じように、ここで路上ライブをやっていたんだそうですね。

筆者も大の音楽好きで、アマチュアミュージシャンの活動にもかなり理解はある方だと思うんですが・・・
ただ、こんな場所で、何のヒネリもなくピンク・レディーを歌って踊るだけは、正直どうかと思いましたねぇ・・・A(-.-;


それはさておき、大阪城ホール正面の橋を渡り、大阪ビジネスパークの中に入ります。
さすがに、連休中だけに閑散とした景色になっています。
ビジネス街もさすがに閑散としていますね

大阪ビジネスパークには個性豊かなデザインのビルが並んでいるのですが、その中でも特徴的な建物の1つ・クリスタルタワーのふもと?近辺に、大阪ビジネスパーク駅の入り口が配置されています。
クリスタルタワーのふもと?にある大阪ビジネスパーク駅




続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク OBP 大阪城ホール シャ乱Q

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その7)

○森ノ宮駅(大阪府大阪市中央区)
(JR西日本・大阪環状線 森ノ宮駅、大阪市営地下鉄・中央線 森ノ宮駅 乗換駅)

玉造駅からは、大阪環状線に沿って北上します。
実に意外だったんですが、この辺りの沿道には全国的に有名な会社の本社が建ち並んでるんです。

例えば写真奥(小さくしか移ってませんが)が、子供の頃よくお世話になった株式会社サクラクレパス、手前が最近健康補助食品なども販売している森下仁丹株式会社の本社。
写真には写っていませんが、手前側(南側)には、京セラミタ株式会社の本社も位置しています。
全国的にも有名な会社の看板が


しばらく歩くと、大阪市内を東西に横切る中央大通が見え、さらにその奥手に小さく大阪城も見えてきます。

その手前に、大阪環状線の森ノ宮駅があります。
同じく「もりのみや」という呼び名なんですが、地名としては「森之宮」「森ノ宮」の2つがあり、JRと大阪市営地下鉄の駅名は「森ノ宮駅」となっているという、少々ややこしいところですA(^^;

JR大阪環状線の森ノ宮駅は、乗換のある駅には珍しく改札階が三方にオープンになっている駅なのですが、改札フロアには次のような立て看板が・・・
JR森ノ宮駅の改札にある看板

そう、駅舎の三方がオープンになっているため、その昔は数メートルでも近道したい近所のおばちゃん or 無精な若者たちが、駅の改札フロアを自転車や原付に乗ったまま走り抜けていっていたんです!(>_<)

その昔は大阪駅フロアでも見かけたくらい、大阪市内ではありふれていた光景ではありましたが(?!)、雨の日には傘を差したままフロアを疾走していく人もいて、さすがにこうでもしないとダメだったんでしょうねぇ・・・



(「大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 森ノ宮 森下仁丹 サクラクレパス

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その6)

GWもとうとう半分を過ぎてしまいました(T_T)
近畿地方は少々天気が下り坂になってきていますが、本日はヤボ用があって京橋に行く予定があったので、ついでに先日歩き残していた大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線の谷町六丁目駅から先のルートを歩いてみます。


○玉造(たまつくり)駅(大阪府大阪市天王寺区)
(JR西日本・大阪環状線 玉造駅乗換駅)

GWだけあって、長堀通は人出や交通量が少なくて、歩くにはなかなか快適です!(^^)
GW期間中だからか、さすがに通りも閑散としていますねぇ・・・

山の手の谷町六丁目駅からは、しばらく緩やかな下り坂が続きます。
坂道を下りきったあたりには、JR大阪環状線の路線と共に次の玉造駅が見えてきます。
「玉造」という地名の由来は、その昔この近辺で勾玉を作っていたんだそうで、島根県の「玉造温泉」など、確かに同じ地名は日本全国あるみたいですね。

あと最近話題になったところでは、横浜ベイスターズのエース・三浦大輔投手の実家(花屋)がある場所でもあります。
ちなみに、その昔元阪神タイガース監督・岡田彰布氏の家もこの近辺にあったそうで、三浦選手がまだ若くて家の手伝いしていた頃、岡田監督の家に花を届けに行ったこともあるんだそうです。
玉造駅近辺の商店街



(「大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 玉造 長堀鶴見緑地線 三浦大輔 サクラクレパス 森下仁丹 京セラミタ 勾玉

JR西日本・JR東西線(その3)

○加島駅(大阪府大阪市淀川区)

沿線に沿って、歌島橋交差点の四叉路を北に向かいます。
御幣島駅近辺は住宅街なのですが、だんだん工場や配送センターなどが増えてきます。

そうこうしているうち、山陽新幹線や東海道本線の線路が見えてきます。
写真上側が山陽新幹線の高架、下側が東海道本線の線路になります。

世間一般の皆さんは、GWで新幹線の車窓の景色を眺められているのでしょうが、その景色の中に路線をテクテク歩いてる奴もいてるんですよ~(^o^)
東海道本線、山陽新幹線が出現しました


と、道路の脇にこんな看板を見つけました。
まったく存じ上げませんで、失礼しましたm(_ _)m

ぱっと見、ちょっと気持ち悪い(失礼)マークですよね。
会社の看板に何でわざわざこんな変なマークを付けているのか?とも思いましたが、後で調べたところ、この佐藤商事株式会社さんが取り扱っている食器ブランドのマークなんだそうです!
全日空などの機内食でも使われているようで、知らぬとはいえ大変失礼しました!
http://www.satoshoji.co.jp/business/index5_1.html#bra1


ともあれ、しばらく歩くと、ようやく加島駅の出入口が見えてきました。
住宅街の中に出没するかなり地味な駅なんですが、それにしても地上路線の真下に作られている駅というのも、なかなかユニークですね。

ちなみに、今回は通りませんが、反対側(北側)にはちゃんとした駅の看板があってそこそこ目立つ作りになっているそうです(当たり前ですがA(^^;)。
かなり目立たない駅ですねぇA(^^;


いよいよJR東西線の終端・尼崎駅まで向かうべく歩き始めたのですが、目の前に立ちはだかったのは、大阪市西部を流れる神崎川の鉄橋。

例によって、人が渡れる橋がなかなかありません。
工場が建ち並ぶ中を延々歩き、ようやく人が渡れる橋にたどり着いたと思ったら・・・先ほど通った御幣島駅の通りに戻ってしまいました・・・(T_T)

後になってネット地図で調べたところ、路線の北側にはすぐに橋が架かっているのですが、筆者が歩いた路線南側は相当な距離歩かないとダメだったようです。
かなりの遠回りになるし、何よりJR東西線というよりは阪神本線の沿線でして・・・やはり事前調査は念入りにやっておくべきですねぇ・・・(T_T)

大きな地図で見る

橋を渡ればいよいよ兵庫県・尼崎市に入れただけに非常に残念ではありますが、道に迷ったせいでだいぶ消耗してしまったので、本日はここまでとします。


ちなみに、今日2009/05/02(土) 20時現在の統計。
○身長    :177.8cm
○体重    :81.8kg
○体脂肪率 :23.3%
○本日の歩数:20,007歩(約16km)
○制覇した路線・駅数(再開後):4路線21駅
○2009年5月の平均歩数:12,212歩/日




続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東西線 加島

JR西日本・JR東西線(その2)

○御幣島(みてじま)駅(大阪府大阪市西淀川区)

またしても難読地名ですが、かくいう筆者もJR東西線が開通するまで読めませんでしたA(^^;

海老江駅から御幣島駅に至るまでは、淀川を渡る「淀川大橋」を渡ります。
なかなか歴史を感じる橋門ですが、壊れかけているのがそのまんまになっているのは何とかならないんですかねぇ・・・(-_-;
淀川大橋の、歴史を感じる橋門


ともあれ、さすがに大きい川に架かる橋だけあって、長さも約700mほどあります。
筆者は決して高所恐怖症ではないのですが、欄干が低い上に風が強いので、少々ビビリながら歩きます。
写真の左奥に見えるのは阪神・なんば線(まだ筆者が歩いていない部分)の鉄橋です。
淀川の風景


淀川大橋を渡ってしばらく歩くと、我らウォーカーを悩ませる(?)四叉路が現れます。
地図を見るとわかりやすいかと思いますが、どの道を行くかで全然違うところにたどり着いてしまいます。
事前調査でルートは分かってましたが、知らないと結構迷いますねぇ(@_@;

大きな地図で見る


御幣島駅は、交差点の地下にある連絡通路の中にあります。
連絡通路は自転車も通れるようになっているので、そのまま駅まで自転車で行けそうな勢いもありましたが、さすがに途中に駐輪場が設置されていましたねー
地下の連絡通路の中にある御幣島駅



(「JR西日本・JR東西線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 JR東西線 御幣島 淀川大橋

JR西日本・JR東西線(その1)

GWもいよいよ後半に入りましたが、今日もなかなかいいお天気です(^^)

本日は、JR西日本・JR東西線の沿線を歩きます。
JR東西線についての詳細はこちら

先日歩いた片町線(学研都市線)から直接乗り入れている路線で、西側の終端・尼崎駅からは更に東海道本線、福知山線に乗り入れています。
本日は少々時間も限られていたので、海老江駅から尼崎駅を目指して歩くことにしました。


○海老江駅(大阪府大阪市福島区)
(阪神電鉄・本線 野田駅、大阪市営地下鉄・千日前線 野田阪神駅乗換駅)

どちらかというと、阪神・野田駅も含め地味な印象のある駅なのですが、意外と交通の便もいいし買い物も便利だし・・・で、住みやすい街ではないかと感じました。

実は筆者も、昔この辺りで仕事していたことがあります。
お勧めのお店としては、駅の近くにある「李おばあちゃんのキムチの店とみやま」ですが、駅近の絶好の場所にあるにも関わらず、土曜日の午後しか開いていないというお店なんです!
以前は、土曜日の午後になると行列ができるくらいの人気店だったのですが、本日は連休だからかお休みのようです(v.v)
阪神野田駅の近くにあるキムチのお店。


また海老江駅近くの商店街の中には、(今や社名変更してしまいましたが)松下電器(パナソニックの前身)を創業した松下幸之助氏の「創業記念の碑」があるんです。

「起業の地」はまた別にあるそうですが、意外な場所で始められたのですね・・・
今のような時代だからこそ、改めて深みを感じる言葉です。
松下幸之助氏・創業の地の石碑今の時代だからこそ、改めて深みを感じる言葉です。



(「JR西日本・JR東西線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東西線 海老江 松下幸之助