プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

京阪電鉄・本線(その15)

○樟葉(くずは)駅(大阪府枚方市)
○橋本駅(京都府八幡市)

牧野駅を出てしばらくは住宅街の中を歩くことが多かったのですが、そのうち府道と交わります。
ここら辺、沿線の柵がすごく低いうえに少々カーブかかっているので、京阪電車の車両の写真撮影などにはすごくいいスポットなのではないかと思いますね~
牧野駅を出てしばらく歩くと、沿線なのに比較的柵が低いエリアがありました(v.v)

そのうち、左手に広がっていたお店などがなくなって、枚方市駅の近辺で見かけた淀川の広大な河川敷が見えてきます!(@_@)
枚方市駅近辺と比べて、河川敷の奥行きがさらに広くなっていて、肝心の川が見えないくらいになってますがA(^^;、案の定、ここは樟葉パブリック・ゴルフ・コースといって、何とプロの国際トーナメントも開催されたゴルフコースがあるんです!

これほどまでに駅に近いゴルフコースは、全国探しても他にはないと思いますが、それにしても変なところにボール打ったら、淀川の流れに持って行かれてしまうという、かなりスリリングなコースですよねぇ~A(^^;

その河川敷の向こうには、高槻市近辺の山々や建物が遠くに見えます(v.v)
左手に淀川の広大な河川敷が迫ってきます(@_@)川の向こうには、高槻市近辺の山々が見えます。


ここら一帯はすごく眺めがいいので、次の樟葉駅の駅舎もすぐに見えてきます(^^)
この駅、特急も停車するので駅舎自体も大きな駅なんですが、ホームの脇にはひっそりと、古びた鉄柱の跡が残っています。
しかも線路1つ分くらいのスペースが空いているし、その部分だけ草の生え方がまばらだったりするし・・・
樟葉駅の傍らには、駅舎の柱の跡と思えるものが残っています(v.v)

ネットでもいろいろ調べたのですが、なぜこのような物が残っているか、とうとう分かりませんでした・・・(-_-;


さて、樟葉駅の正面側(東側)に移ると、駅前にはいろんなお店(特に飲食店)が多数軒を並べていますが、そんな中でも駅正面には、この辺の一大スポット「くずはモール」(複合商業施設)の建物がそびえております(v.v)

それにしても、まだまだ10月で歩けば汗さえ出てくる気候の時に、「ハッピー・クリスマス」はないですよねぇ~A(-.-;

コンビニでは、まだ8月なのにおでんや焼き芋売ってたりするし・・・早めにいろいろやるのも結構なんですが、なんだかだんだん季節感がなくなっているような気がします。
樟葉駅前の一大スポット「くずはモール」まだまだ10月なのに、もうクリスマスですか・・・(-_-;



さてこの後、次の駅・橋本駅まで向かったのですが・・・

まだ夕方の5時過ぎだというのに、辺りはすでに真っ暗で、写真撮ろうにも真っ暗で何が何やら判らない状態になっています・・・(T_T)

そうこうしているうち、街灯もない細道に迷い込んだと思ったら墓地の中に入っていたり、かと思えば広大な田んぼの中の農道をトボトボと歩いたり・・・とさまざまあったのですが、残念ながらまったくその状況をお伝えすることができませんm(_ _)m


ただ、橋本駅も近くなって明かりも増えてきたところで、これまでの苦労が吹っ飛ぶものを発見しました!
京都府・八幡(やわた)市の名前が入った看板!

とうとう、鉄道沿線ウォーキングで初めて京都府に入りました~(T_T)
辛く長い道のりの末、とうとう京都府に到達しました~(T_T)


この辺り街灯が少なくて暗いのですが、そんな中で見つけた橋本駅の灯りを見ると、(いろいろあったこともあって)心からホッとします(v.v)
比較的周囲が暗いので、橋本駅の灯りを見ると心からホッとします(v.v)

ともあれ、ようやく京都府にたどり着いたとはいえ、樟葉駅以降はグダグダだし街の写真も撮れていなかったので、次回は樟葉駅から再度スタートすることにします(v.v)


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 樟葉 橋本 テレビカー 樟葉パブリック・ゴルフ・コース

京阪電鉄・本線(その14)

もうすぐ11月だというのに、今日はずいぶんと暖かい1日となりましたよね!
筆者も背中まで汗だくになって帰って参りました(v.v)

晴天の今日は、紅葉の京都に間に合わせるべく、またまた京阪電鉄・本線を歩いたのですが・・・

最初にお断りしておきますと、駅の周りや商店街などかなり歩き回ったのですが、正直今回は(今回も?)住宅街・お店・果ては田んぼ(?!)ばかりで、ネタ不足の感が否めませんでして・・・(T_T)
なので、ほとんど「地域紹介」みたいな内容になってしまいますが、あらかじめご了承くださいm(_ _)m


ところで、本日も京阪電鉄・京橋駅からスタートしたのですが、実はここには知る人ぞ知る改札があるんです!
京阪・京橋駅の知る人ぞ知る「プライベート改札」

券売機も何もない狭いスペースに、いきなり改札が1台だけ現れます。
地上階にあるこの改札を通れば、あとはエレベーターでホームに直行できるため、筆者もよく利用させてもらっているんですが・・・幅も広いし、おそらく体の不自由な方が使うための設備だと思います(v.v)



◯御殿山駅(大阪府枚方市)
◯牧野駅(大阪府枚方市)

先日の最終到着駅・枚方市駅からのスタートとなります。
かなり大きい枚方市駅の建物!

ところで、実は今日の今日知ったことなんですが、レンタルビデオで全国的に有名なTSUTAYAは、この京阪・枚方市駅が発祥の地なんだそうです!
今はこんな感じになってますが、今や全国的に押しも押されぬ巨大チェーン店が、ここ枚方の駅前から生まれたかと思うと、何だかすごく不思議な感じがします・・・
今日知りたての情報ではありますがA(^^;、レンタルビデオショップ

枚方市駅の裏手の道を進むと、目の前を高架が横切ります。
この高架、枚方市駅から枚方市内を東南に横切り、交野市まで延びている京阪電鉄・交野(かたの)線の路線です。
こちらもそのうち訪れる機会があるかと思いますが、まだまだ先は長いですから、いつになることやら・・・(-_-)
目の前を交野線の高架が横切っていきます


しばらく住宅街の中などを歩かねばならないのですが(T_T)、御殿山駅に近づくと沿線の道路が広がって、快適に歩けます(v.v)
御殿山駅に近づくと、道幅も広くなって快適に歩けます♪

少し歩くと牧野駅にたどり着くのですが、沿線から少し離れたところを歩いておりますと、こんな標識を見かけました!
いよいよ「京都」という文字をよく見るようになってきましたね~(^o^)
牧野駅近辺の標識では、いよいよ「京都」の文字を見るようになりました~(^o^)


(「京阪電鉄・本線(その15)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 御殿山 牧野 TSUTAYA

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その12)

○今福鶴見駅(大阪府大阪市城東区)
○蒲生四丁目駅(大阪府大阪市城東区)
○京橋駅(大阪府大阪市城東区)
(JR西日本・大阪環状線/片町線(学研都市線)/東西線 京橋駅、京阪電鉄・本線 京橋駅 乗換駅)

横堤駅を出て長堀通りをしばらく歩くと、いきなりこんな建物が!
こんな大通り沿いの立地のいい場所に廃墟?!?!
あまり見たことのない筆者にとっては、この店の外観が「びっくり」でしたね!A(^^;

実は筆者、さほどこのびっくりドンキーのことを知らなかったんですが、全国的にこんな奇抜な外観の店舗が多いみたいですね(@_@;

初めて見たのでインパクトはかなり強力だったんですが、それにしても、とてもハンバーグ店とは思えない外観ですよねぇ~


またしばらくすると、これまたユニークな外観のお店が・・・
これまた、派手な外観ですな・・・何か、どっかで見たようなキャラクターです・・・(-_-;

理髪店なんですが、何だかどこかで見たようなキャラクターです。
それにしても、ちょっとヘタウマですねぇA(^^;

そのすぐ近くには、この近辺ではけっこう珍しい高層ビルがそびえています!
ここ、事務用品で有名なイトーキさんの本社ビルなんだそうです。
事務用品でおなじみ、イトーキさんの本社ビルです(v.v)

コクヨさんもそうなんですが、かなり垢抜けた製品を作っておられるのでてっきり東京の会社かと思っていましたが、どちらとも大阪本社の会社だったんですねぇ~(-.-)


蒲生四丁目駅の近くには、商店街や総合商業施設があったりと、けっこう賑わった雰囲気になっています(^^)

そんな中で、駅前の大通り沿いにこんなお店を見つけました。
昔懐かしい、お菓子の量り売りをするお店!
今ではすごく数少なくなった、お菓子の量り売りの店です~(T_T)

今ではほとんど(というか、まったく)見かけなくなったのですが、筆者が子供の頃はよく味噌せんべいやピーナッツせんべいを買いに行って、おばちゃんが紙袋に詰めてくれたのを食べながら帰っていたものです。

大阪市内の、しかも駅前の大通り沿いにこんなお店があるのも意外でしたが、今の子供も同じように昔ながらの味を楽しんでいるのが分かって、ちょっとうれしくなりましたね!(^o^)


ところで、この蒲生四丁目駅の近辺には、もう1つのスポットが。
辺りが暗い&ぶれていてわかりにくいですが、炭火焼肉たむらの第一号店がここなんだそうです。
(わかりにくいですが)ここが第一号店だそうです。

オープンしてしばらくは行列続きでなかなか予約が取れなかったみたいなんですが、最近ではだいぶ落ち着いてきたようですね(v.v)


あちこち寄り道したおかげで、京橋までもう少しというところで周りもすっかり真っ暗になってしまい、写真を撮るのもままならなくなってきました・・・(-_-;
そんな中、ようやく遠くに京阪電鉄・本線の灯りが見えて、ようやくホッとしました・・・
ようやく、遠くに京阪電鉄本線の灯りが見えてきました!(^^)

というわけで無事京橋駅にたどり着き、京橋のスポットの1つコムズガーデンで一服です( -.-)y-。o○
京橋の名物スポットの一つ、コムズガーデン

鉄道路線ウォーキングを再開して、初めて独立した1路線を歩き通したわけですが、前回歩いたときからまだまだ新しい発見があったのが驚きでした。
町歩きはまだまだ奥が深いですねぇ~(-.-)

まだまだ回っていない路線・駅の方が圧倒的に多いのですが、今後も地道にがんばっていきたいと思っております(v.v)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 蒲生四丁目 京橋 炭火焼肉たむら 今福鶴見

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その11)

○横堤駅(大阪府大阪市鶴見区)

緑地公園を出て、若干変則的になっている沿線をしばらく歩くと、ようやく賑わいのある通り・長堀通にたどり着きました!
ここをまっすぐ行けば、京橋にたどり着けるはずです・・・
長堀通りに出ました(v.v)

まもなく、次の駅・横堤駅に到着します。
駅近くの商店街入り口には、なにやら黒いのぼりがたくさん立っていたので、ちょっとのぞいてみたら・・・商店街のところどころに、同じようなのぼりが!
横堤駅前の商店街では、だんじり保存会ののぼりがたくさん掲げてありました。

聞くところでは、先週の週末にこの地区のだんじり祭りがあって、この辺りの通りを地車を引いて回るイベントがあったようなんです。
「だんじり祭り」というと、どうしても岸和田のだんじり祭りのような勇猛果敢なものを連想してしまうんですが、この辺りではかなり穏やかに(?)地車を引くそうで、岸和田のイメージとはちょっと違うみたいですね。

残念ながら、近所を歩き回っても地車の実物を見ることはできませんでしたが、それにしてもお祭りの後1週間経っているのに、いまだこうやって盛り上がっているとは、けっこう大きなお祭りだったんですねぇ・・・(@_@)


(「大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その12)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 横堤 だんじり

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その10)

○鶴見緑地駅(大阪府大阪市鶴見区)[近畿の駅百選 選定駅]

しばらく快適な道のりを歩いてますと、少々賑やかな一角が。
近畿地区ではけっこう有名なホビーショップ・「ぽけっと」さん主催のラジコンカーレースが行われていました!(^o^)
大阪近辺ではけっこう有名な、ホビーショップの「ぽけっと」さん

かくいう筆者も一時期ハマった時期があるので分かるんですが、操縦者用のスペースが設けてあったり、本格的なレーシングコース(しかも時々で変わる)が設けてあったり・・・と、好きな人にとってはたまらないスペースですよね!
テレビなどでもよく取り上げられている場所ではあるんですが、駅から少々離れた場所にもかかわらず、これだけの賑わいを見せる理由も分かる気がします(v.v)


程なく、右手方向に鶴見緑地公園の敷地が見えてきます。
よく考えたら、(「道なき道」は除きA(^^;)こんな緑豊かな歩道は初めて歩きますね・・・
道の傍らに、鶴見緑地公園の敷地が見えてきました!

まもなく公園正面に至るんですが、正面の門からはすごくきれいな並木道が続いてまして、その中央にはかなり大きな噴水が設けてあるんです!

真夏日の休日などには、小さな子供がこの噴水の中で遊んでいて、すごく涼しそうなんです~!
まさか、いい歳したおっちゃんが同じことやるわけにもいかないんで、いつもうらやましい気持ち一杯で眺めてるんですけどね・・・A(^^;;;
公園入り口からまっすぐに伸びる歩道を歩くと・・・中央付近には大きな噴水があります(v.v)


この鶴見緑地公園、とにかくやたらと面積が広い公園でして、Wikipediaによると120ha(阪神甲子園球場92.3個分)なんだそうです!

そんな具合なんで、公園を一回り散歩なんてやろうものなら、ちょっとした長距離ウォーキングになってしまいますA(^^;
さすがに時間がないのでそれは止めておいて、ぶらりと半周ほどしてみます(v.v)


噴水の周りには、筆者のようにちょっと昔から大阪市民だった人間にとっては、かなり懐かしいキャラクターが描かれたマンホールが!
改めて調べ直して思い出しましたが、そうそう、「花ずきん」ってキャラクターでしたね!
昔からの大阪市民には懐かしいキャラクターですな!(^^)

このキャラクター、1990年にこの地で開催された「花と緑の博覧会」(通称「花博」)のマスコットキャラクターで、一般公募の作品を、何とあの手塚治虫先生が手を入れられたものなんだそうです!(@_@;


鶴見緑地公園内は歩道の幅もすごく広くて、周りも緑に包まれて、最高のウォーキング&ジョギングコースになってます!(^^)

ちょっと昔からの大阪市民である筆者にとっては、
「鶴見緑地 = 近所のおっちゃん・おばちゃんが1日中カラオケで、やかましく歌い倒してる場所」
というイメージしかなかったんですが、条例でそういった使い方?は禁止されたらしく、非常に静かで穏やかな雰囲気となっています。
(ごくごく一部に、そのルールを守っていない一団がいましたが・・・(-_-;)


ともあれ、ふと見ると周辺に植えてある街路樹の葉も、ほんの少し色づいてきているようでして!
側道の木々の葉も、ほんの少し色づいていました

敷地内には、公園施設だけでなくさまざまな施設があるんです。
その一つが植物園の「咲くやこの花館」
熱帯植物から砂漠の植物まで数多くの種類の植物を、できるだけオリジナルの生活環境そのままに展示してあるし、定期的にいろんなイベントも開催されています。

筆者が知る限りでは、大阪市民にはほとんどなじみのない施設みたいなんですが(-_-;、夏休みの自由研究のネタ探しなど、お子さんが勉強するにはけっこういい場所だと思いますよ!
熱帯植物から砂漠の植物まで、様々な種類の植物が観察できる「咲くやこの花館」「咲くやこの花館」の前の池には、睡蓮やオオオニバスを育てているんです


少し公園の中央部にはいると、これまた広大な池が広がっています。
水辺には水鳥がたくさん泳いでたりしまして、なかなか平和な光景が目の前に広がります(^^)
すごく広い鶴見緑地の敷地内には、これまた広大な池が広がっていまして・・・水鳥がたくさん泳いでいまして!(^^)

傍らには、これまた広大な芝生の広場が広がっています!
ほんと、天気さえ良ければ、すごく気持ちよく過ごせるスペースなんでしょうけどねぇ~
芝生が敷き詰められた広場があって、天気のいい日だったら気持ちよさそうですねぇ~(^o^)



(「大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 花と緑の博覧会 花博 マンホール 手塚治虫 咲くやこの花館 鶴見緑地公園 花ずきん ラジコン

大阪市営地下鉄・長堀鶴見緑地線(その9)

本日は所用のため、朝から長堀鶴見緑地線・門真南駅まで出かけていったんですが、思い出してみたらこの5月に歩いて以来、京橋から以東は未達でしたね・・・

こういっては何ですが、筆者が門真南駅まで来る機会は年に一回もないのでA(^^;、いつもとは逆に都心に向かって歩いてみることにしました(v.v)


○門真南駅(大阪府門真市)

門真南駅のすぐ近くにでんとそびえているのが、「なみはやドーム」という総合スポーツ施設です。
なみはやドームの全貌です(v.v)

中はプールや飛び込み台があるんですが、その上に蓋?をしてバスケットなどのコートとしても使えるようです(@_@;
それにしても、少々斜め入ったデザインとはいえ、木造建築をウリにしている某建築会社のキャラクターを連想してしまったのは筆者だけでしょうか・・・A(^^;

なみはやドームの近くには、すごく目立つ建物・三井アウトレットパーク 大阪鶴見(その昔は「鶴見はなぽーとブロッサム」という建物でしたが)が現れます。
三井アウトレットパーク

15年ほど前は、その当時は全国的にも珍しかったスヌーピーショップがあったりしたのですが、今では衣料品や小物などを扱うアウトレットショップが集っている、一大商業施設になっているんです。
三井アウトレットパーク 大阪鶴見の中身は、1本柱がしっかり支えている構造でした上から下まで、衣料品や小物の店がいっぱいです(@_@;

あとあまり知られていないのですが、この建物の1階は大阪市の花き市場になっていて、大阪近辺で扱われる花が取引されているんです。
(原則、一般の人は立ち入ることはできないそうですが)


ところで、門真南駅の近くでは、ほとんど完成間近の高速道路の工事が進んでいます。
見た目にももう一歩で完成といった感じだったんですが、このご時世、この道路も「凍結」なんですかねぇ・・・(-_-;
門真南駅の近くにはすごい規模の高速道路が建設中なんですが・・・(-_-;


ともあれ、近辺の道路はすごく幅が広くなっていて、中央分離帯の緑化もすごくきちっとしてます。
門真南駅からはすごく道幅の広い道路となっています!(@_@;


(「長堀鶴見緑地線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線 門真南 三井アウトレットパーク スヌーピー はみはやドーム

阪急電鉄・宝塚線(その12)

◯川西能勢口駅(兵庫県川西市)[近畿の駅百選 選定駅]
(能勢電鉄妙見線・川西能勢口駅 乗換駅)

池田駅を出てしばらく歩くと、猪名川(いながわ)の河川敷に突き当たります。
すぐに目に付くのは巨大な高速道路の高架なのですが、次に目に付くのは河川敷一面に広がるコスモスの花!
一面満開で、本当にきれいな景色が広がっています(^^)
猪名川の河川敷には、一面にコスモスの花が満開となってました!(^^)猪名川の河川敷には、一面にコスモスの花が満開となってました!(^^)


コスモスの花が咲き乱れる猪名川河川敷を通って呉服橋を渡ると、もうそこは兵庫県川西市でした!
実は筆者、このルートで兵庫県に入ったのは生まれて初めてでして、今回はちょっとした感激でしたね!
実は、このルートで兵庫県に入ったのは初めてなんです・・・


ほどなく次の駅、川西能勢口の駅にたどり着いたのですが、実は途中で体調を崩してしまいまして、かなりグダグダな状態でして・・・(x_x;;
途中の写真はほとんど撮れなかったんですが、唯一駅近くの小さい公園で見かけたこんなものを。
川西能勢口駅近くの公園で見かけた、かなりレアな特殊車両!

「天気観測車」なんて車両があること自体知らなかったのですが、それをこんな町中で見かけたのもちょっと意外でしたね!


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 宝塚線 川西能勢口 気象観測車 猪名川

阪急電鉄・宝塚線(その11)

◯池田駅(大阪府池田市)

石橋駅から次の池田駅まではそこそこの距離があるのですが、何とかたどり着きました~(x_x;
休日の夕方ということもあって、駅前はかなり賑わっています。
休日の夕方だけあって、池田駅の駅前はかなり賑わっていました~(^^)

と、駅前のロータリーには、写真のような看板を見かけました。

○「世界一信号を守る町」:「世界一」はどうかは疑問の残るところですがA(^^;、確かに交通マナーがかなり悪い関西圏の中にあっては、信号マナーはかなりいい方だと思います(v.v)
○「ラーメンの街」:筆者は初耳です!(@_@;
駅前にもラーメン屋さんはほとんど見かけなかったのですが・・・
駅前にはこんな看板があったんですが、いずれも初耳です(-.-)


さて、駅前の商店街「サカエマチ商店街」をブラブラしてますと、アーケードにはウォンバットのキャラクターを使った看板を見かけました。
何で池田でウォンバット?!?!(@_@;
商店街には、なぜかウォンバットのキャラクター看板が・・・

しかも、郵便ポストの上にもマスコット像が乗っかっています・・・
郵便ポストの上部にも、ウォンバットのマスコット像が・・・

調べたところ、池田市内にある「五月山動物園」の目玉がこのウォンバットなんだそうです(v.v)
筆者は現地・オーストラリアで見たことがあるんですが、見た目とは違ってけっこう性格は荒いのがビックリです!



(「阪急電鉄・宝塚線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 宝塚線 池田 猪名川 ラーメンの街 ウォンバット サカエマチ商店街 五月山動物園

阪急電鉄・宝塚線(その10)

○石橋駅(大阪府池田市)
(阪急電鉄・箕面線 石橋駅 乗換駅)

蛍池駅からは、しばらく大阪モノレールと阪急線が併走します。
こんなに間近でモノレール高架の鉄塔を見れるスポットも、そうそうないんじゃないでしょうか(^^)
モノレールの鉄塔がこんなに間近で見れるなんて!


蛍池駅を出てからは、沿線の道が微妙に途絶えている箇所があって、何度となくトンネルや陸橋を渡りながら先に進みます(T_T)
しばらく歩くと商店街が見えてきて、次の駅・石橋駅もこの商店街の中に現れます。
石橋駅前の商店街


話は変わりますが、近畿のいろんな鉄道沿線を歩いていて、筆者が一番「辛い!」と感じるのが、実はこの阪急電鉄沿線なんです。

というのも、たいがい近畿の下町とか商店街の中には、
・すごく個性的なお店
・あまりにもインパクトが強すぎる看板や店名

などなど、ブログのネタになりそうな要素の1つや2つはあるものなんですが、正直この阪急沿線はあまりにも真っ当すぎて、ツッコミどころがほとんどないんです(-_-;

それだけすごくスタンダードな土地柄ということで、決して「悪い」というわけではないのですが・・・1ブロガーとしては、これから先の道のりでなにがしかネタになりそうなものが出てきてくれることを祈ります(v.v)


と、あれこれ考えながら進んでいますと、またまた知らないうちに本日2番目の市・池田市に入ったようです!
ここのところ大きな通りをほとんど歩いていないので、市境がさっぱり分からなくなっていますがA(^^;、まあこういうのがあってもよろしいかと(v.v)
知らないうちに、本日2つめの駅・池田市に入ったようですA(^^;

ちなみに、この看板には矢印で「大阪大学」なんて書いてありますが・・・石橋駅はすぐそこ数十mやけど、大阪大学は2、3km歩かなあかんのでは?!?!(@_@;
→本日初めてのツッコミでございます(v.v)



(「阪急電鉄・宝塚線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 宝塚線 石橋 大阪大学

阪急電鉄・宝塚線(その9)

最近、全国ニュースではさほど大きく取り上げられないのですが、近畿では何より
「大阪国際空港」(敷地のほとんどが豊中市内なのに、なぜか「伊丹空港」とも呼ぶA(^^;)
の扱いがちょっとした話題になっている今日この頃なんです。
単なるたまたまの合致なんですが、折しも今日はその近辺を歩くことになりました。


ところで、筆者は飛行機大好きだし、ビジネス利用もプライベート利用も多いのですが、
「関空(関西国際空港)はハブ空港にはなれんやろ~!」
というのが、大阪府民の正直な意見だろうと思ってまして(v.v)

というのも、着陸料がべらぼうに高い(他の国際空港の3~4倍)ので海外のエアラインはあまり寄り付かないし、人工島に作られた空港なので台風や高波の時には陸地から孤立してしまいます。
何より、
○梅田~大阪空港:阪急で蛍池まで→大阪モノレールで大阪空港まで
 (所要時間:24分、運賃:420円)
○なんば~関西空港:南海電鉄の特急"ラピートα"を使って関西空港まで
 (所要時間:38分、運賃:1,390円)

と、都心からのアクセスがメチャメチャ悪いんです!(-_-;

個人的には大阪空港が便利で大好きなので、「廃止」ではなく「有効活用」の方が、現実的な選択だろうと思うんですけどね・・・



○蛍池駅(大阪府豊中市)
(大阪モノレール・本線 蛍池駅 乗換駅)

と、駅を紹介する前にフライングしてしまいましたがA(^^;、「大阪空港」を利用する方が乗り換えに利用するので有名な駅なんです。

先日の終着点・豊中駅から歩きますが・・・ここ豊中駅も含め、少なくとも筆者が知る限り、JR尼崎駅や伊丹駅など兵庫県南東部の主立った駅にはレンタサイクルのサービスが充実していて、駅からちょっと出かけるにはけっこう便利になってるんです!(^^)
この辺りは、駅前のレンタル自転車サービスが充実していて、ちょっと出かけるにも便利なんです!(^^)

この辺りになると、今まで高架を走っていた阪急線もようやく地上に降りてきて、渋い色遣いの列車を目の前で見ることができるようになります。
この辺りになると、阪急線も地上に降りてきて、渋いデザインの列車の様子も目の前で見ることができます(v.v)

やがて、目の前に大阪モノレールの高架が見えてきます。
高架の左側奥が、(こちらもそのうちご紹介すると思いますが)大阪空港駅になります(v.v)
大阪空港に向かうモノレールの路線が見えてきました!


ところで、モノレールに乗って蛍池駅から大阪空港駅に向かう途中(ちょうど写真の真ん中当たり)にちょっと大きめの池があって、あれが地名の由来「蛍池」だと思っている人も多いみたいですが・・・実際に地名の由来となった「蛍ヶ池」は、駅からはちょっと離れたところにあるんだそうです(v.v)

大きな地図で見る

ともあれ、かく言う筆者も、実のところは大阪空港への乗換えでしか立ち寄ったことがないんですがA(^^;、せっかくの機会なので駅の近辺をブラブラしてみました。
このアングルは、阪急と大阪モノレールの路線の位置関係がわかりやすいですね。
蛍池駅の全容です

少し歩くと駅舎にたどり着きますが、地元もしくは利用する人しか目にしないであろう(失礼)駅正面はこんな感じです。
普段はあまり見る機会のない、蛍池駅の正面A(^^;

駅前には商業施設が建ち並んでいてるんですが、すこし裏手に入るとお店や住宅街が広がっています。
折りしも秋祭りが終わった直後だったのか、集会場のおみこしの前には多くの人が集まっていました(^^)
そういえば、GW前からあちこち歩き回ってる間に、あっという間に秋祭りの時期ですか~(-_-)
蛍池駅の裏手では、秋祭りを終えた人たちがくつろいでおられました(v.v)


(「阪急電鉄・宝塚線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 宝塚線 蛍池 大阪空港 モノレール

「巻くだけダイエット」って、また新しいダイエット法ですか・・・(-_-;

どうも、こんにちは(v.v)

先日gooニュースを見ておりましたら、次のような記事が載っていました。
「金スマで紹介されて話題沸騰の「巻くだけダイエット」とは」
http://kwsearch.goo.ne.jp/column_body/1016/

やれやれ、また新しいダイエット法ですか・・・(-_-;;
そういえば去年の今頃、同じ番組で「朝バナナダイエット」ってやってましたが、一体あれはどこに行ったんでしょうねぇ?!?!


とはいえこの方法、実は筆者もかなり昔からやっている習慣なので、下腹部を少々きつめに絞るというダイエット法自体は(朝バナナとは違って)決して否定はしません。
週末のウォーキングの時も、腰骨の少し上辺りに少々きつめにベルトを巻くと、下腹部の筋肉が刺激されるし、何より背筋が伸びるので姿勢がすごくよくなります!


問題は、ひとえに取り上げ方です。
タイトルからして、「巻くだけ」とか「朝にバナナを1本食べるだけ」なんて、いかにも簡単で楽にダイエットできるかのような印象を与えています。

ただ、このダイエット法の内容をよく見ればすぐに分かるように、あくまでこの方法は骨盤のゆがみを矯正して脂肪燃焼の効率を上げるのが目的。
脂肪を燃焼させるようなアクション、つまりは継続して有酸素運動をやらない限りは、ほとんど意味がない方法なのですd(-.-)

運動科学のデータで、有酸素運動を始めてから脂肪が代謝に回され始めるまでに必要な時間は15~20分とのこと。
ベルトを巻いて20分以上の有酸素運動をしていれば多少なり効果はあるのでしょうが、単にベルトを巻いて家でゴロゴロしていても、まったく意味はないのです!


それに、(他のダイエット法の紹介でもそうですが)サンプルで取り上げられるのも森○中とか森○美子など、かなり恰幅の良すぎるタレントばかり。

筆者の体型は、BMIでは「太り気味」になるそうなんですが、そんな筆者でも余計に汗かいたりお通じが良かったりすると、1日であっという間に1、2kgは落ちますもん!
ましてや、もともとあれだけの体重がある人ならば、少し規則正しい生活送ったり運動するだけで、簡単に数kgは痩せますって!

大切なのは、今の自分の体重に対して、(特に体脂肪が)どのくらいの割合で減ったかですよね?
なのにくだんの番組では、単なる「減った数値」だけをピックアップして騒ぎ立てています。
数字のトリックもいいところですが、またぞろ小ブームを起こして、小銭稼いだり視聴率アップをねらっているんでしょうか・・・(-_-;

それが証拠に、朝バナナダイエットのサンプルとなった森久○子。
かれこれ1年経ちますが、何でいまだに「デブタレ」の仲間なんでしょうね?
それだけ効果があるんだったら、とっくの昔にスリムになっててもおかしくないと思うんですが・・・(^w^;


過去をさかのぼれば、紅茶キノコから始まってリンゴ、ゆで卵、朝バナナ・・・と、山ほどダイエット法は登場しましたが、これらがすべて効果あったら、今更わざわざ新しいダイエット法なんて登場する余地はないですよね?

それだけ効果 or 継続性が怪しいダイエット法が、世の中には山ほどあるということですので、
「バランスの取れた食事と規則正しい生活、そして毎日の運動」
というダイエットの基礎の基礎を、まずは見直すのが大切なんじゃないでしょうか。

「あるある」のような例も過去には山ほどありますので、くれぐれもマスコミの「あおり」に惑わされませんよう、十分ご注意くださいませ!(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:ダイエット 巻くだけ 朝バナナ

阪神電鉄・本線(その10)

○深江駅(兵庫県神戸市東灘区)
○青木(おおぎ)駅(兵庫県神戸市東灘区)
○魚崎駅(兵庫県神戸市東灘区)
(六甲ライナー・魚崎駅 乗換駅)

芦屋駅を出てしばらく歩くと、ついに本日3番目の市・神戸市に入ります!
普段は鉄道で通り過ぎてるだけなので、歩いて神戸に入ったのは感慨もひとしおです(T_T)
いよいよ、神戸市に入りました~(T_T)


続く深江駅青木駅とも、芦屋駅とほぼ同じ構造の駅になっています。
この辺りも高架化+複々線化の対象になっている区間なので、そのうちきれいな駅舎に生まれ変わるのでしょうが、工事の関係もあって、周辺の方々が利用されるにもなかなか大変ではないかとお察しします(v.v)
芦屋駅とほぼ同じ構造の深江駅これまた、芦屋駅とほぼ同じ構造の青木駅


そういえばこの辺り、1995年の阪神淡路大震災で被害が最も大きかった地域の1つで、この青木駅周辺も大変な被害を被った地域です。

筆者も実際経験して、直後に(阪急沿線ではありましたが)被災地に入った経験を持っていますので、当時のニュースでよく流れていた「青木駅」「深江駅」の地名を聞くと、どうしてもその当時のことを思い出してしまいます・・・

阪神淡路大震災については、また時期が近づいたら企画させていただきますが、まさにその土地を歩いているんだという思いが次第にこみ上げてきます。


青木駅を出てしばらく歩くと、次の駅・魚崎駅が見えてきます!
筆者が近畿地区に引っ越してきた頃は、ようやく急行電車が停まるくらいの、まだまだマイナーな駅だったのですが、ここのところの発展めざましく、新しいマンションも建設され特急電車も停まるようになりました。

すぐ近くを流れる住吉川では、河川敷もすごくきれいに整備されて、ジョギングや散歩される方を数多く見かけましたが、川の両側の側道には白砂が敷き詰められ松が植えてあったり・・・と、かなり手間暇かけて整備された跡が見えました!
確かに、ジョギングしたり散策するには、抜群の環境の良さですよね!
阪神・魚崎駅からは、六甲ライナー・魚崎駅への連絡通路が延びています(v.v)「白砂青松」を地でいく、住吉川近辺の遊歩道!


ところで、どうもあまり知られていないようで、かのWikipediaにも掲載されていなかったので筆者が追記しておいたのですが・・・魚崎駅から徒歩5分ほどのところに、かの文豪・谷崎潤一郎の旧邸「倚松庵」が残されているんです!
文豪・谷崎潤一郎氏が晩年に過ごされた屋敷跡が残っていますd(-.-)文豪・谷崎潤一郎氏が晩年に過ごされた屋敷跡が残っていますd(-.-)

名作「細雪」はここを舞台に描かれたんだそうでして、ほんの少しだけ、いにしえの偉大な文豪を身近な存在に感じることができた一瞬です(v.v)


辺りもかなり暗くなって、写真もよー撮らん状況になってきましたので、本日はここまでといたします。



続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 深江 青木 魚崎 倚松庵 谷崎純一郎 住吉川 阪神淡路大震災

阪神電鉄・本線(その9)

○芦屋駅(兵庫県芦屋市)

・・・気を取り直して歩いてますと、次の駅・芦屋駅が見えてきます。
いちおう特急も停車する駅なんですが、全国的に名の知られた場所にある駅にしては、少々貧相な(失礼)造りではないかと・・・
いったん地下に入った後で改札を通り、再び三宮方面/大阪梅田方面のホームに分かれて上らねばなりません(-_-;
特急停車駅の割には、他の駅と比べて見劣りしてしまう芦屋駅特急停車駅の割には、他の駅と比べて見劣りしてしまう芦屋駅

とはいえ、芦屋駅から魚崎駅にかけての路線は、現在高架化&複々線化工事の真っ最中なんだそうでして!
場所によっては、元々の線路を片方+複々線化した線路を片方ずつ使い、その間の残りの2本の線路を敷設する工事を進めている区間もあります。

そのせいか、往復する電車の間で工事用の機械が動いている・・・といった、ちょっと不思議な光景を目にしました。
現在、芦屋駅の近辺は高架化工事が進んでいます(v.v)


さて芦屋駅から少し離れたところには、これまたレトロな雰囲気が何とも言えない建物が見えてきます。
これまたなかなか趣のある、芦屋警察署の建物。

実はこれ、兵庫県警・芦屋警察署の建物なんだそうです。
あの阪神淡路大震災までは現役で活躍していた建物なんだそうですが、震災後は建物の老朽化もあって、写真で見えている部分の裏手に新しい庁舎を建築されたんやそうですね。

写真で映っている部分は、今は使われていないそうですが、それでも街の雰囲気とすごくマッチしていて、なかなかいい感じですよね!(^^)



(「阪神電鉄・本線(その10)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 芦屋 芦屋警察署

阪神電鉄・本線(その8)

○打出駅(兵庫県芦屋市)

香櫨園駅を出て歩いていますと、本日2つめの市・芦屋市に入りました~(^o^)
実は筆者、歩きで香櫨園駅より西に行ったことがなかったので、これから先はかなり未知の世界になってしまいます。
何と言っても、「芦屋」といえば、全国的に知られたハイソな街ですからねぇ~(-_-)
とうとう芦屋市に入りました~!!(^o^)/

この近辺、阪神沿線は住宅街の中を走っていまして、ちょっとした写真を撮ろうにも少々難しいものがあったんですが・・・そんな中、ハイソな街・芦屋でも見つけてしまいました~A(^^;
最近テレビで見ないと思ったら、こんなところで活躍されていたんですねぇ!(ウソ)
何か、どっかで聞いたことのあるようなお名前の方で・・・A(^^;;


ところで、事前のイメージが強すぎたせいもあるのでしょうが、
 ハイソな街・芦屋 = 想像を絶する広大な庭園&豪邸
というところは、筆者が歩いている限りではほとんど見かけませんでして。
土地柄、やはり造りがしっかりしたお宅は多くあったのですが、後で調べたところによると、筆者が想像していたような邸宅は阪急電鉄・芦屋駅よりも北側、山の手の方に多いんだそうです(v.v)

ただ歩いている限りで気づいたのは、例え鉄道沿線の裏通りの道であっても、ゴミやタバコの吸い殻などがほとんど落ちてないんです!
それに、(筆者が住んでいる大阪市でよく見かけるように)自転車の後輪のところにお姉ちゃんが立った状態で走っている二人乗りや、自転車こぎながら一心不乱に携帯のメールや通話に没頭しているお兄ちゃんなども、影も形も見かけません。
(筆者の影が映り込んでますが)歩道にはゴミや吸い殻一つ落ちておらず、ビックリするくらいきれいです!

あえて誤解を恐れずに言わせてもらえば、これはひとえに地域住民の意識の違いだと、痛切に思いますね。

よく地域ネタ本で語られるように、
 大阪 = いろんな意味で個人主義が強い街
も結構なんですが、個人が自分勝手を押し通せばどのようになるか、今の大阪の姿を見れば身にしみて分かるじゃないですか!
結果として、芦屋と大阪とではこんなにも地域レベルの差ができているわけで、ぼちぼち大阪市も本腰入れてちゃんとしないと自滅すると思いますよ!>平松市長



(「阪神電鉄・本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 打出

阪神電鉄・本線(その7)

○香櫨園(こうろえん)駅(兵庫県西宮市)[近畿の駅百選 選定駅]

西宮駅を出て更に西に進みますが、休日だというのに人通りがほとんどない沿線(T_T)
まー天気もいいことだし、皆さんどこかにお出かけなんやろうとは思いますが・・・
休日にもかかわらず、人通りがほとんどない沿線を歩きます・・・(T_T)

程なく、次の駅・香櫨園駅が見えてきます。
筆者のような古い人間は、
「あれ、『香枦園』って書くんちゃうん???」
などと思ってしまうのですがA(^^;;;・・・高架化(2001年)にあたって、本来の名称を使うようになったんだそうです。
ちょっと近代洋風のたたずまいが入った、なかなかオシャレな駅舎ですねー(^^)
ちょっと近代洋風のたたずまいが入った香櫨園駅の駅舎

Wikipediaによると、そもそも「香櫨園」という地名はなくて、昔ここに存在した遊園地の名前なんだそうで、先日歩いた京阪電鉄・香里園駅はこの駅の名前に倣ったものとのこと。
確かにそっくりの駅名で、筆者も昔からよく混乱してましたが、駅名にもいろんな歴史があるんですねぇ~(-.-)

香枦園の駅前には夙川(しゅくがわ)という小さめの川が流れていて、駅舎はこれをまたぐ形になっています。
こんな小さな川なんですが、関西では桜の名所として有名なところでして、(そのうち歩くと思いますが)近くを通っているJR神戸線には「さくら夙川」なんて粋な名前の付いた駅もあるんです(^^)。
香櫨園駅前には、夙川沿いの遊歩道が整備されていて、なかなかいい雰囲気です(^^)香櫨園駅前には、夙川沿いの遊歩道が整備されていて、なかなかいい雰囲気です(^^)

桜のシーズンは思い切り外してますが、緑が多い上に遊歩道もよく整備されて、かなりきれいなところです!



(「阪神電鉄・本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 香櫨園 香枦園 夙川

阪神電鉄・本線(その6)

3連休の最終日ですが、ラッキーなことに3日間とも秋らしいいいお天気に恵まれました!(^^)

1日休んで、今日もまた歩きます。
本日は阪神電鉄・本線の続きを歩きます。

先日この沿線を歩いた際に、最後にたどり着いたのは西宮駅だったのですが、辺りがすっかり暗くなっていてよく分からなかったので、本日は西宮駅の周辺も含め歩きます(v.v)


○西宮駅(兵庫県西宮市)

前にも書いたように、筆者が西宮駅に降りたのは約15年ぶり。
当時、路線はまだ地上を走っていて、(特急が停まる駅にもかかわらず)駅前も少々狭かったんですが・・・明るいときに改めて見ると、再開発が進んで、ビックリするくらいきれいになってますね!
昔から比べると、ビックリするくらいきれいになった阪神・西宮駅前!

駅前のロータリーが広くなった分、約15年前に駅前にあった「阪神交通社」やスーパーの建物はどこに行った?etc.いろいろ細かいことを考えてしまいます・・・


さて、この西宮駅近辺のスポットといえば、何と言っても西宮戎神社でしょう!
全国の戎神社の総本社だそうで、毎年1月10日前後の十日えびすには、百万人以上の参拝客が訪れるそうです。
また何より、最近はテレビニュースなどで取り上げられて「福男選び」の行事もすっかり有名になりました(v.v)

西宮駅から西へ少し入ったところに参道があり、阪神線の高架をくぐると道の両側に石灯籠が見えてきます。
全国の戎神社の総本山・西宮戎神社への道のりです(v.v)

しばらく歩くと、毎年「福男選び」のスタート地点になっている門が現れます。
朱塗りがすごく鮮やかできれいですが、思っていたよりも小さくて、ちょっと驚きですね・・・

テレビ映像などでは、スタート直後にコケる人が何人か映っていて、何であんなところでコケるんだろうとずっと疑問に思っていましたが・・・足下に少々高めの段差があって、確かにこれじゃコケますわねぇ~A(^^;
いつも「福男競争」のスタートになる門です。

門をくぐると、50mほどの直線の後で大きく右に曲がるカーブがあります。
直線でスピードが出始めた後だけに、ここで大逆転が起こるスポットらしいですね。
写真に写っているカーブが、いつもレースで大逆転が起こるポイントです!


例によって、宗教施設のため境内の写真撮影は控えさせていただきますが、それにしても広いです!
中には庭園があったりしますが、一足早く七五三詣でに来られていた方も多くおられます。
何だか久しぶり(数十年ぶり?)に、千歳飴のあのデザインの袋をまじまじと見たような気がします・・・A(^^;



(「阪神電鉄・本線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 西宮 西宮戎神社 福男選び

近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その4)

○東花園駅(大阪府東大阪市)

河内花園駅からこれまたすぐのところに、次の駅・東花園駅が見えてきます。

この東花園駅、近鉄沿線であることと駅名から、スポーツファンの方は既にお分かりかと思いますが、正月前後に開催されている高校ラグビー選手権の舞台である近鉄・花園ラグビー場がある駅なんです(v.v)

実は筆者の母校も、数年前に花園に出場したことがあるんです!
ただ、何せ平日の第1日目・第一試合で負けてしまい、応援しに行く余地さえなかったんですが・・・A(^^;
ともあれ、せっかくなんで、寄り道して訪れることにしました。


花園ラグビー場は、駅からは少々離れています(徒歩10分弱くらい?)。
駅の近くは普通の住宅街が広がっているんですが、競技場に近づくにしたがってだんだんとそれらしい?雰囲気になってきて、通りがかった和菓子のお店でもこんなものを売ってました。
花園名物「花ラグまんじゅう」
東花園駅の近辺で見つけた「地域まんじゅう」シリーズ(^^)

ホントに、日本人ってまんじゅう(しかも地域色豊かな)が好きなんですねぇ~A(^^;


やがてスポーツ公園の正面入り口が現れて、その奥に競技場が見えます。
独立した1施設かと思ったら、野球場など複数の施設がある「スポーツ公園」の中の1施設なんですね!
近鉄・花園ラグビー場は、実は巨大なスポーツ公園の一角にありました!

全景はこんな感じなんですが、手前のストーンヘンジみたいなオブジェが何を意味するのかは、とうとう分かりませんでした・・・
花園ラグビー場の全景


ところで、この広大なスポーツ公園の中には、他にも2面は取れるだろう野球グラウンドや陸上トラック兼ラグビー場がありまして!
どちらとも、観客席や掲示板などを装備した、かなりしっかりした設備なんです(v.v)
陸上トラックなんですが、ちゃんとラグビーもできるようになってるところがさすがですね!(^^)こちらは、2面は取れるだろう野球グランド

しかもこれらの施設、単なるスポーツ施設ではなくて、近くを流れる恩智川(おんちがわ)が氾濫した際の水のため池になるよう設計されているんだそうです!
しかも、氾濫の度合いに合わせたシミュレーションもちゃんとなされているようでして、比較的小さい川ながらもキッチリとした災害対策がなされているようで、すごく感心してしまいました。


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 奈良線 構内踏切 花園ラグビー場 花ラグまんじゅう 東花園

近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その3)

○若江岩田駅(大阪府東大阪市)
○河内花園駅(大阪府東大阪市)

八戸ノ里駅を出て沿線を歩いていると、防音壁に囲まれた工事中の高架が見えてきます。

現在この近鉄奈良線では、八戸ノ里駅から東花園駅の区間の立体交差工事を進めているんだそうで、しばらくは延々と防音壁に囲まれた区間が続きます。
若江岩田駅近辺は高架化工事の真っ最中で、防音壁にはユニークなイラストが施されていました(^^)若江岩田駅近辺は高架化工事の真っ最中で、防音壁にはユニークなイラストが施されていました(^^)

かいって殺風景かと思いきや、防音壁にはこの地域の文化や歴史を生かしたユニークなキャラクターや工事内容の説明が描かれていて、歩いていても飽きることはありません。


まもなく、リニューアルオープンするであろう高架駅の建物も見えてきます。
けっこう大きな駅舎になりそうですね!(@_@)
若江岩田駅では、高架駅もだいぶできあがっていました。

と、その傍らでひっそりと佇んでいる、現行の若江岩田駅の駅舎が。
高架工事の計画がネットで公開されているので見たのですが、この辺りは将来的に完全に高架路線に切り替えられるようで、もうじきこの駅舎もなくなってしまうんですね・・・
完成間近の高架駅の陰に隠れるようにして、ひっそりと佇む現行の若江岩田駅完成間近の高架駅の陰に隠れるようにして、ひっそりと佇む現行の若江岩田駅



(「近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 奈良線 若江岩田 高架化 河内花園

近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その2)

○八戸ノ里(やえのさと)駅(大阪府東大阪市)

河内小阪駅を出てまもなく、通りの傍らにこんなビルを発見しました。
「バーモンドカレー」などで有名なハウス食品の本社は、この辺りだったんですねぇ~(-.-)
(写真は本社建物ではありません)
実は、河内小阪に本社があったんです!


例によってちょっと歩くと、次の駅八戸ノ里駅に着きました。
八戸ノ里駅の駅舎

ところで、筆者はこの近辺に、あの歴史作家司馬遼太郎氏の記念館があることをウワサで聞いていまして。
一度駅の周辺を歩き回って探したことがあるんですが、その際には見つけることができず、悔しい思いをしたことがあるんです・・・

せっかくの機会なので、再度チャレンジすることにしました(v.v)

・・・と、駅から南側に少々入ったところに、いきなり標識を見つけました・・・(-_-;
道ばたにこんな標識が・・・

標識通り歩くと、まもなく見つけてしまいました!
かなり近代的な造りの「司馬遼太郎記念館」敷地もだいぶ広いです・・・

「記念館」というと、(「北島三郎記念館」のたぐいを除きA(^^;)古風で近寄りがたい雰囲気を想像してしまうんですが、なかなか現代的なデザインの建物です!
(この建物は建築家・安藤忠雄氏のデザインなんだそうです)

そもそもこの記念館、司馬遼太郎氏が終の棲家とされたところに展示用のスペースを追加した施設のようです。
駅から少々離れていて、住宅街の中に入ったところにあるので少々わかりにくいのですが、敷地も意外と広くて、ファンの方は十分楽しめるのではないかと思います(v.v)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 奈良線 八戸ノ里 高架化 司馬遼太郎 ハウス食品

近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その1)

久々の台風上陸で、ここ近畿地方もけっこう大雨・大風が大変でしたが、台風が通り過ぎたとたんぐっと秋らしくなりましたよね!
夜など逆に寒いくらいで、ようやくまっとうな?気候に戻ったような気がします・・・


台風一過で晴天となった本日は、先日に引き続き近畿日本鉄道の沿線を歩きます。
先日は布施駅まで歩いたのですが、実はここで重大な選択を迫られました(-_-;

この布施駅で、奈良線大阪線という2つの大きな路線に分かれてしまうのですが、
○奈良線:奈良県生駒市を経て近鉄奈良駅に至る
 →「近畿は・・・」なんてタイトル付けてながら、大阪と兵庫しか行ってないしなぁ~A(-.-;
○大阪線:大阪府南部・奈良県南部を経て三重県(果ては名古屋)に至る
 →スケールは大きいけど、三重に至るまでで44個も駅あるし・・・(x_x;

・・・というわけで、まずは早々に走破できそうな奈良線を先に歩くことにしました!A(^^;


○河内永和駅(大阪府東大阪市)
(JR西日本・おおさか東線 乗換駅)
○河内小阪駅(大阪府東大阪市)

布施駅を出て歩いていると、高架下にはたくさんのお店が出ていて、ちょっとした大きな商店街になっています。
ただ、筆者がすごく気になったことが1点。
布施駅高架下のお店では、商品を堂々と道ばたに並べているところが多かったんです!(@_@;

写真のような感じで、衣料品店、薬屋さん、食料品店・・・と、ありとあらゆるお店が、道ばたに商品を並べるだけ並べて、お店の人は誰も立ち会っていないんです!(@_@;
よからぬことを考えた輩が万引きとかしたら・・・と、いらぬ心配をしてしまったのですが・・・まあ、そういう人がいないからこそ、こういう状況になっているんでしょう!


ともあれ、布施駅から少し歩いたところで、次の駅・河内永和駅に至ります。
おおさか東線沿線を歩いた際には、さすがにJR側の駅舎しか写していませんでしたが、近鉄の駅舎はこんな感じです(v.v)
近鉄の河内永和駅の駅舎はこんな感じです(v.v)

・・・商業施設と一体化していてよく分かりませんが、写真の奥手の方にJRの路線が直角に交わっています。


この辺り、駅の間隔はけっこう短いらしく、ほんの少し歩いただけで次の駅・河内小阪駅に到着します(沿線の道がすごく良く整備されているせいもあります)。
河内小阪駅の駅前のたたずまい

布施駅から歩き続けて、住宅街や商業地が多くて少々変化に乏しかったので、寄り道して駅前の商店街をブラブラしてみましたが・・・いきなりこんな物体が!
河内小阪駅前の商店街で見つけた「ドーム」なんですが・・・

「スカイドーム小阪」?!?!

いったい何が見れるんやろうと、少々ワクワクしながら「ドーム」に近づいていったのですが・・・
・・・中は空っぽでした・・・(-_-;

・・・中は空っぽです・・・(-_-;;;



(「近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線(その2)」に続く)


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 奈良線 スカイドーム小阪 河内小阪

京阪電鉄・本線(その13)

○枚方市(ひらかたし)駅(大阪府枚方市)[近畿の駅百選 選定駅]

枚方公園駅を出てしばらく歩くと、道の雰囲気が変わります。
アスファルトではなく、細かい砂利を混ぜ込んだ、独特の雰囲気を醸し出してます。
枚方市駅の近辺の道は、細かい砂利をまぜこんだ独特の舗装となっています

そして歩けば歩くほど、道の両側には昔ながらの古民家が建っていて、なかなか風情があります。
それもそのはず、ここ枚方は(昔の)江戸から大阪まで至る「東海道五十七次」の宿場町やったんです。
(江戸~京都までが「五十三次」で、その後整備された街道を含めると、江戸~大阪は「五十七次」となるんです(v.v))

関西に移り住んで20年あまりの筆者でも
 枚方 = 「ひらパー」
というイメージしか持ってなかったんですが、こうやって実際に歩くといろいろと新しい発見がありますねー
こういったところが、鉄道路線ウォーキングならではの魅力なんですけどね(^o^)
町の至る所に、古民家がそのまま大切に保存されています。町の至る所に、古民家がそのまま大切に保存されています。


ところで、途中からチラチラとは見えていたのですが、はるか右手に土手のようなものが見えています。
気になったので、沿線をちょっと外れて行ってみました。
沿線から少しそれると、淀川の巨大な河川敷が広がっています!(@_@;

・・・この鉄道路線ウォーキングにもれなく?付いてくる淀川
「大阪湾まで26.5km」ってありますが、大阪市営地下鉄~京阪と歩いてきた者から言わせてもらうと、実際に歩いたら3倍くらいの距離がありまっせ・・・(T_T)

それはともかく、ここの河川敷はメチャメチャ広いです!
野球場だけでなく、広大な緑地や公園が広がっています。
さすがに眺めも良くて、子供連れで遊ぶにはすごくいい場所ですよね~
河川敷とはいえ、野球場や広大な公園が広がっています。


沿線に戻り歩いていると、風情たっぷりの道もいきなり終わってしまい、巨大な枚方市駅の建物が現れます。
駅前もすごく開けていて、これまでの町の雰囲気ががらりと変わってしまいます(@_@;
風情のある道も終わり、いきなり枚方市駅前のビル群が登場します(@_@;

さすがに日も短くなり、辺りも暗くなってきたところで、帰りの電車まで時間があったので駅の周辺をブラブラしていたのですが・・・
駅の裏手にある公園の木や電線には、おびただしい数の鳥が!

なぜここに集まっているか定かではありませんが、夕暮れで辺りが薄暗くなってきたときにこの光景に出くわしたら、ちょっと怖いものがありますねぇ・・・(@_@;;
駅の裏手に回ると、おびただしい数の鳥が!



<本日(2009/10/03(土)の実績>
・本日の実績   :18,764歩(15.0km)
・2009年10月の実績:39,228歩(31.4km)
・2009年の実績  :1,219,020歩(975.2km)

・訪問済路線数  :18路線/137路線(13.1%)
・訪問済駅数   :142駅/1,686駅(8.4%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 淀川 枚方市 東海道 宿場町 五十七次

京阪電鉄・本線(その12)

○光善寺駅(大阪府枚方市)
○枚方公園駅(大阪府枚方市)

香里園駅を出てからというもの、いちおう路線の道路はあるのですが、歩道の幅がかなり小さくなっています(@_@;
ワゴン車やトラックが脇を通るたびに、ヒヤヒヤしながら歩きます・・・
香里園の駅を出ると、沿線の道は通って入るんですが、歩道が異様に狭いのでヒヤヒヤしながら歩きます(@_@;


とそんな中、次の枚方市に入りました!
実は筆者、歩きで枚方市に入るのは初めてでして、とうとうここまで来たかと感慨ひとしおです(T_T)
いよいよ、京都まであと1つとなりました!
筆者にとっては、初めて歩きで枚方市に入りました~(^o^)/

光善寺駅も近づいてきた頃、道ばたにこんな看板が・・・
「大阪市立高校が、何で枚方市に?」
枚方市にあるのに「大阪市立」とはこれ如何に?!

Wikipediaによると、その昔は「大阪市立枚方高校」というややこしい?名前もあったそうで、何だか不思議ないきさつを持つ学校ですねぇ・・・
タレントの北野誠タージン(→関西以外の人はご存じ?)の母校だそうです(v.v)


そうこうしていると、とある民家の軒先から巨大な建造物の一部が顔をのぞかせています!
民家の庭先から、いきなり巨大な建造物が(?_?)

・・・そう、関西にお住まいの方ならもうピンと来ておられるかと思います(^^)
この不景気で各地のテーマパークが次々と閉鎖される中、毎年コンスタントな入場者数を誇る「ひらかたパーク」(愛称「ひらパー」)の施設が見えてきました~!
観覧車もけっこうなビッグサイズです!


このひらかたパーク、開園から継続して営業している日本で最古の遊園地だそうで、開園は何と大正元年(1912年)!
開園の古さでは東京の「浅草の花やしき」(1853年開園)が古いんですが、戦時中取り壊された歴史がある分、継続して営業している遊園地では日本最古となるんだそうです(v.v)
大正元年のオープン以来、継続して営業している日本最古の遊園地「ひかかたパーク」です(v.v)

ちょっと前までのウリは、今時の季節の「菊人形展」だったんですが、最近はドラえもんなどのキャラクターを使ったイベントも多数催されています。
また、最近はブラックマヨネーズの小杉を起用して、「ひらパー兄さん」という新しいPRキャラクターを作っているんです。

関西以外の方は目にする機会もないと思いますが、ひらパーのHPでCM動画が見れるようになっていますので、是非ともそちらをご覧ください(^^)
http://www.hirakatapark.co.jp/tvcm09/

・・・それにしても、ブラマヨの小杉って、この2、3年でめっちゃ太りましたよねぇ・・・(@_@;


ひらかたパークから少々離れたところに、ようやく枚方公園駅が見えます。
こういったテーマパークの最寄り駅は、たいてい施設から距離があるもんなんですが、それにしてもちょっと離れすぎのような・・・A(-.-;
枚方公園駅の全景です(v.v)

ところで、枚方公園駅前にはそこそこ広い広場があるのですが、その傍らにこんな記念碑がありました。
枚方は、東海道五十三次のうちの一宿だったんですね!

筆者は不勉強のため知りませんでしたが、枚方は東海道五十七次の一宿だったんですね!

大阪市内にある高麗橋も同じく一宿だったんだそうで、大阪市内からはるばる、五十七次のうち2つを歩き通したと思うと、何だか不思議な感動を覚えました・・・



(「京阪電鉄・本線(その13)」へ続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 枚方公園 光善寺 東海道五十七次 ひらパー ひらかたパーク ひらパー兄さん 北野誠 タージン

京阪電鉄・本線(その11)

○香里園駅(大阪府寝屋川市)

次の香里園駅に向かう道は、相変わらずの住宅街・商業地です。
いつものようにネタに困っておりますと、町中にこのような看板を見かけました。
「きれいな」を売り物にするって、いったい・・・A(^^;

京都方面行きの沿線に、いわば「大阪に戻れ」なんて看板つけても仕方ないのもありますが、何より今どき「きれいな」を売り文句にするのもどうなんでしょうねぇ~A(^^;


香里園は特急が停まらない駅なんですが、最近はマンションやお店の数も増えてきて、けっこう盛り上がってきている駅なんです。

ただ、あちこちでこんなでかいマンションが建っている光景は見ますが・・・
一方では住宅ローン破綻が問題になっているのに、こんなでかいマンションばかりバカバカ建てて、一体どうするんでしょうかねぇ・・・(-_-;
香里園駅は特急が停まらないんですが、最近はすごく盛り上がっている駅の1つなんです!それにしても、最近はこんなでかいマンションばかり建てて、どうするんでしょうかねぇ(-_-;

と、駅前にはこんな建物が。
実はこれ、駅前交番の建物なんですが、子供とか喜びそうな出で立ちですよね(^^)
香里園駅前で見かけた、けっこう可愛らしい出で立ちの交番



(「京阪電鉄・本線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 香里園 可愛い交番

京阪電鉄・本線(その10)

ようやく暑さも一段落し、これまたようやく初秋の空気が漂い始めた近畿地区です(v.v)
昨日の雨がウソのようにきれいに晴れ渡った本日も、また出かけます。

本日もまたまた、京阪電鉄・本線を歩きますA(^^;
ここのところ京阪沿線が続いておりますが・・・会社で購入した回数券が期限近くだったので、筆者が買い取って利用しているというだけのお話です(v.v)

あと、できれば早めに京都にたどり着いて、風情のある京都の秋の様子もお伝えできるよう、がんばろうかと思いまして!o(^-^)o


○寝屋川市駅(大阪府寝屋川市)

前回の終点だった寝屋川市駅からのスタートとなるわけですが、さて、前回棚上げとなっていた都市伝説?の検証作業から入らねばなりません(-.-)

「京阪・寝屋川市駅の周りには、美人の女子高生・女子大生が多い!」

この辺で高校・大学というと、
・大阪府立寝屋川高校
・大阪電気通信短大
・大阪府立高等専門学校
(ちょっとがんばって)摂南大学
といったところが挙げられるのでしょうが、筆者の過去の経緯?から言うと、正直あまり期待はできないですねぇ~A(-.-;

ともあれ、駅の周辺を(それなりに)くまなく歩いてみます。
寝屋川市の駅前を「美人女学生」をたずねて歩き回るおっちゃん・・・A(^^;;;


・・・正直、よく分かりませんA(^^;

確かに、「美人が多い」と言われるとそういう気もするし、普通やと言われるとそういう気もするし・・・で、あくまで都市伝説の域を脱しませんね・・・
→ひょっとして、摂南の女子学生たちが自ら広めた都市伝説なのかもA(^^;;;


ともあれ、美人女学生捜しに時間を取られ過ぎたのでA(^^;、ちゃっちゃと進みます。

寝屋川市駅からの道のりは、今まで通り順調ではありません(T_T)
案の定、途中の沿線の道はふさがれ、建築中の高層マンションの階段に阻まれ・・・で、いつもながらの遠回りを強いられます・・・(T_T)
駐車場に遮られ・・・(x_x;マンション建築現場の階段に遮られ・・・(x_x;;;


と、遠回りした先でこんなものを見つけてしまいました(^^)
高層マンションの陰に隠れて目立たないのですが、けっこうきれいな小川と、その周りに子供でも自由に川遊びできる公園が。
高層マンションの陰に、ちょっとした公園を見つけました!以前はヘドロと汚染物質で汚れていた寝屋川支流とは思えませんね!

この小川、先日片町線を歩いた際に通り過ぎた寝屋川の支流になるんです。
聞くところでは、高度成長期にはヘドロや家庭ゴミで埋め尽くされていた寝屋川なのですが、流域住民の方が川の浄化に尽力され、今や子供でも自由に遊べるくらいまでに回復したそうなんです!

今や環境が云々ということがやたらと取りざたされるご時世なのですが、地域の人々が少しずつでも努力すれば大きな結果を生むという、すごくいい例なのではないかと思います(^^)


(「京阪電鉄・本線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京阪電鉄 本線 寝屋川市 美人が多い 甲南大学

【気になった記事】高層階居住やのにEVとまったら・・・

どうも、こんばんは(v.v)
さすがに「ヘルス&ダイエット」のカテゴリーに登録しておいて、この記事へのコメントはどうかと思ったのですが・・・たまにはほんまもんのFPであることもPRしとかなあかんかと思いましてA(^^;

さて、こちらの記事でも書いているように、ちょっと前まで人気だったタワーマンションについては、筆者は昔から疑問視する立場を取っています。

というのも、例えば
・エレベーターがなかなか停まらない&昇降に時間がかかる
・マンション内でのコミュニティが築きにくい
 (マンション管理組合がちゃんと機能できるか?も含め)
・何十年か後の取り壊しの際には、住民の意見が対立するなどさまざまな問題が噴出するだろう

といった長い目で見た問題点の他に、何よりこういった防災面での大きな課題があると考えているからです。


関西地区でも、今後30年間の間に大地震が起こる可能性は80~90%と言われています。
上町台地のように地盤の固いところの建物はさておき、江戸時代からの埋め立てがほとんどの大阪市内では、大地震が起きた場合の被害も甚大になるでしょう。

筆者も阪神淡路大震災の経験者ですが、あのときも水や電気、ガスなどのライフラインの復旧が問題になりました。
仮にタワーマンションの上層階でオール電化だった場合、大地震で停電した場合はポンプで水のくみ上げもできないわけですから、電気が復旧するまですべてのライフラインは完全に遮断されてしまうことになります。

本来であれば、あれだけの巨大な建築物に非常用発電装置や貯水槽を備えるのは当然なのでしょうが、筆者が見る限りでは、それだけの施設を備えたところはごくわずか。
高齢者だけの世帯となると、いざという時の対応もなかなか難しくなるでしょう。

ともあれ、眺望etc.も結構なのですが、まずは第一に
「いかなる時も、最低限の家族の生活が守れること」
が自分の住まいを選ぶ第一条件なのではないかと、筆者は強く思っております(v.v)


以下、asahi.comの記事より。

 高層階に住んでいるのにエレベーターが動かなかったら――。大阪市が全国に先駆けてマンションの「防災力認定制度」を始めた。飲料水などの「備蓄倉庫」を高層階に置くなどといった基準を設けて、クリアした物件に認定プレートを出す仕組み。大阪市内で売り出された20階(高さ約60メートル)以上の高層マンションはすでに計98棟にのぼるとされるが、災害対策が大きな課題になっている。

 見上げると、青空に刺さるようにまっすぐ壁面が伸びてゆく。高さ約209メートル、地上54階建ての大阪市中央区の超高層マンション。市内中心部で今春完成したばかりの「高さ日本一」という物件だ。

 不動産経済研究所(東京)によると、こうした20階以上のマンションは大阪市内で98棟販売され、04~08年だけで45棟。今年もこれまで5棟が売り出された。「都市部の利便性の良さ、眺望の良さが人気」(マンション開発業者)といい、今後、さらに新規の販売計画があるという。

 続々と増える超高層の物件だが、課題は防災面。停電や故障でエレベーターが止まると住人が中に閉じ込められる危険がある。また、地上との行き来が困難になれば高層階は食料、飲料水、トイレなどの確保が重要だ。

 マンション開発業者の間では、自主的に飲料水をつくる「造水機」や簡易トイレなどを1階に設置する動きがある。しかし、ある担当者は「水や食料があっても、徒歩で10階以上運ぶのは大変。高層階の住人に向けた対応策はこれからの課題」と認める。

 市が8月から始めた「防災力強化マンション認定制度」では、建物の耐震や耐火性の評価に加え、家具転倒の防止策を講じたり、11階以上では10階おきに防災倉庫を設置したりするなどの様々な基準を設けた。すでに数社から申請の問い合わせがあり、制度普及の「出足は上々」(担当者)という。ただ、業者に対する強制力はないため、認定証発行の目標数は年間5件程度と控えめだ。

 マンション住まいの世帯が8割以上という東京都中央区では07年7月、開発業者に対する指導要綱に「防災対策への配慮」という項目を新設。地上10階以上であれば、備蓄倉庫を一定階ごとに設置するように一律に指導を始めた。担当者は「新たに計画された40物件が倉庫設置に応じてくれている」と話す。

 東京都港区でも同様の規制を検討中で、都市部の自治体でマンション防災への取り組みは広がり始めている。

 防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんは「開発業者はコストのかかる防災設備には消極的。だが、地震などではエレベーターが止まり、高層階の住人が下界から孤立してしまう可能性が高い。行政側は危機感を持って、備蓄倉庫などを当初から装備するように開発業者を規制、誘導すべきだ」と話している。