プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不健全な大人買いA(^^;

こんばんは。筆者です(v.v)

いきなり意味深?なタイトルではありますが・・・本日、注文しておいた品が届いたとコンビニから連絡があり、さっそく取りに行きました。
それがこれ。
注文しておいた品は、高さ60cm程で重さも10kg以上はあります(v.v)

高さは60cmほど、重さは10kg以上あります。
コンビニの人は、台車に乗せて運んでました(@_@;

海外の工場から送られてきたらしく、段ボールの蓋の上は「工場直送」みたいなシールが貼ってあったり・・・




続きを読む

スポンサーサイト

南海電鉄・本線(その22)

○岡田浦駅(大阪府泉南市)
○樽井駅(大阪府泉南市)

吉見ノ里駅を出て少し歩いたところで、樫井川という川の川縁にたどり着きます。
と、そこにはこんな標識が!
程なく、次の泉南市に入りました~(^o^)

本日3つめの街・泉南市に入りましたが、これまでずっと大阪市近辺のみをウロウロしていた筆者にとっては、正直「ここがそうだったんや~」という、地理的&個人的な新しい発見になっておりますA(^^;

上の標識からすぐ、泉南市を流れる樫井川を架かる橋を渡ります。
川が海に注いでいる様を、こんな間近な橋の上から見れるとは!
樫井川にかかる橋からは、川が海に注ぐ様子が間近に見れます!

この樫井川、源流は和歌山までさかのぼるらしいんですが、いよいよ次の県・和歌山の雰囲気がプンプンしてきましたね~(^^)


橋を渡りきって、まだまだ続く住宅街の中を進みます。
と、前の吉見ノ里駅あたりから気になってはいたのですが・・・この近辺の至る所に、おびただしい数の消費者金融の看板が掲げられているんです!

中には、このように住宅の壁一面が消費者金融の看板という光景も。
いくら何でも、こりゃあんまりですよね・・・(-_-;
岡田浦駅近辺の街中には、こうした貸金業者の看板を数多く見かけます(-_-;

これだけの看板があるということは、その分ニーズもあるし生活の一部となっているということなんでしょうが・・・いちおうFPとして余計なお世話言わせていただくと、(いくらグレーゾーン金利問題が解決したからといっても)こういった業者に頼らなくてもいい資金繰り or 保険での手当も検討された方がいいのではないでしょうか・・・


さて、住宅街の中をしばらく歩くと、次の岡田浦駅に着きます。
こちらもこぢんまりとしたたたずまいで、さらにかなりの年期が感じられますねー
岡田浦駅の駅舎も、平屋作りでかなり年期が感じられますA(^^;



(「南海電鉄・本線(その23)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 岡田浦 樽井 樫井川 消費者金融

南海電鉄・本線(その21)

○羽倉崎(はぐらざき)駅(大阪府泉佐野市)
○吉見ノ里駅(大阪府泉南郡田尻町)

さて関空本体には渡れないので別途訪れるとして、本線に戻ります(v.v)

本線に戻ってからしばらく歩くと、次の羽倉崎駅にたどり着きます。
これまで泉佐野駅、りんくうタウン駅と、ごっつい感じの駅舎ばかり見てきたので、平屋のこぢんまりとしたたたずまいの駅舎は、何だかホッとしますね~(^^)
泉佐野駅と打って変わり、羽倉崎駅はホントに「田舎の駅」という感じでホッとします(^^)

この辺りも相変わらず住宅街が続いていて、なかなかブログのネタになりそうな物は見あたらないのですが、そうこうしているうちに今日2番目の町・泉南郡田尻町に入りました!
まだまだ夕暮れまでは時間があるんですが、右側から強烈な太陽光線が差しているので、なんだか夕方の光景みたいになってます・・・
本日2つめの街・泉南郡田尻町に入りました~(^o^)

沿線の道もなかなか続かなくなって、路線を挟んで行ったり来たりの行程が続きますが(T_T)、そのうち左手に南海電車の車両がずらりと並んだ施設が見えます。
この施設、南海電鉄本線の羽倉崎検車区と呼ばれる設備で、住ノ江検車区とともに、大阪から和歌山に至る南海電鉄・本線の車両点検を担っているところなんだそうです。
路線を渡る橋からは、南海本線の駐車場が見えます。

それにしても、阪急電鉄・宝塚線(雲雀丘花屋敷)や大阪市営地下鉄・中央線(森之宮)、京阪電鉄・本線(寝屋川)など、これまでもいくつかの検車区を目にしている筆者ですが、これだけ路線距離が長い南海電鉄・本線の割には、少々施設規模が小さすぎるように思いましたが・・・どうなんでしょうね?(?_?)


やがて次の駅・吉見ノ里駅にたどり着きます。
こちらもなお一層こぢんまりとしたたたずまいで、下手をすると民家や田舎の郵便局に間違われそうな感じでしてA(^^;
次の吉見ノ里駅は、さらにこぢんまりとした造りの駅舎になってまして!(@_@)

個人商店のような小さなお店が点在する吉見ノ里駅前から少し入ると、右手に春日神社の大きな鳥居が見えます。
ちょうどお祭りか何かをやっているようで、境内は人々で賑わっています。
この春日神社の境内には、明治時代にタマネギの種を取り寄せて奨励した記念碑が残されているんだそうです

昔この地では作物の不作に悩まされていて、そんな中地元の有志がタマネギの種を持ち込み、見事この地で成功させたんだそうで、この春日神社の中にはその祈念碑が建てられているそうです。
今や全国区となった「泉州タマネギ」なんですが、そのルーツはここだったんですねぇ~(v.v)


駅を遠ざかると家もまばらになり、写真のような一面の田畑が広がる光景もよく目にします。
この辺りもちょうど稲刈りが終わり、農家の人が雑草やわらを燃やす煙が、香ばしくていい香りを漂わせています(^^)
田んぼが広がっている中に陽も傾いてきて、なかなかいい感じの絵になりました(v.v)



(「南海電鉄・本線(その22)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 本線 羽倉崎 吉見ノ里 検車区 春日神社 タマネギ

南海電鉄・空港線(その3)

この辺り、少々通路が入り組んでいて分かりにくいのですが、ともあれりんくうタウン駅に到着します。
広い道路の中央分離帯にある高架駅で、道路の両側から連絡橋が延びています。
りんくうタウン駅は、広い道路の真ん中にある高架駅です(v.v)

駅の中は、飲食店やいろんなお店が入っているのですが、休日の昼下がりだというのに、駅を利用される方以外の人影はまばらでして。
少々手厳しいことを言うと、先ほど書いた「お役所の企画倒れっぷり」が、こういった形でも現れているのではないかと思います。
休日の昼下がりだというのに、お客さんの数はまばらでした・・・(-_-)

駅前にも百均や飲食店などが入っている商業施設があるのですが・・・さすがにこんな場所で銭湯というのはどうなんでしょうねぇ~A(^^;
駅前には、100均やフードショップなどが入った商業施設が広がっています。こんな場所で「銭湯」ってのもねぇ~A(^^;


さて、以外と知られていないのですが、りんくうタウン駅の先にはけっこう広いりんくう公園があるんです。
筆者も地図上での知識しかなかったので、さっそく行ってみることにします。
あまり知られていないのですが、りんくうタウン駅の先にある「りんくう公園」に向かいます。





続きを読む

南海電鉄・空港線(その2)

○りんくうタウン駅(大阪府泉佐野市)

空港線の沿線は住宅街が多いんですが、その中にポツポツと稲作をやっている田んぼが点在しています。
先日、京田辺駅周辺の田んぼを見たときには、まだ稲穂も色づいてない状態だったんですが、ここ泉佐野ではすっかり刈り取りも終わっていまして!(@_@)
この辺りでは、すっかり稲刈りも終わっているようですね~

わずか(といっていいのか分かりませんが)3週間の間に、こんなに変わってしまうんですねー


沿線をさらに進むと、(おそらくそのうちに沿線を歩くであろう)JR西日本・関空線の高架も見えてきました!
いよいよ、関空も近づいてきましたね~(^^)
やがて、JR関空線の高架も交わってきます。

さらに沿線を歩き進むと、今度は目の前にりんくうゲートタワービルがそびえています!
こうやって見ると、かなりスリムなたたずまいのビルなんですね~
沿線をさらに進むと、りんくうゲートタワービルもだんだんと近づいてきました~(^o^)


程なく、いわゆる「りんくうタウン」と呼ばれるエリアに到着します。
りんくうタウンの近辺には、大学や病院施設が点在しています。

このりんくうタウン、バブルの頃に企画されて、関空の開港(1994年)の前後ではさまざまな高層ビル、商業施設が企画されていたのですが、バブル崩壊に伴ってその計画もすべて中止。
この辺りのことは、@関西人さんのHP http://www.eonet.ne.jp/~building-pc/baburu/rinkuu.htmに詳細に記してありますので、そちらをご覧くださいm(_ _)m)

結局、さまざまな計画のうち実現されたのは「りんくうゲートタワービル」だけなのですが、それも同時期に大阪・南港に建設されていた大阪ワールドトレードセンター(WTC)と高さを競い合った挙げ句、設計変更や増築などを繰り返して、ようやく日本で2番目の高さのビルとなったんです。

とはいえ、そういった(大阪府民にとっては)ある意味どうでもいい競争をお役人が繰り返したにもかかわらず、どちらのビルともテナントがまったく入らずガラガラ。
建設費の借金や運営費用などを、長らく大阪府民の税金をジャブジャブ注ぎ込んでいた時期が続き、結局2つの建物の運営会社とも仲良く(?)破産申請し、今に至っているんです(-_-;

特にこのりんくうゲートタワービルは、総工費の10分の1の値段で、外資系ファンドに「たたき売り」されたそうですが・・・
筆者に言わせれば、日本国民全体が「狂っていた」バブルの頃。
地に足を付けずに、己の身の丈をわきまえないこをとするとどうなるかという、ものすごく深い人生の教訓を、このビルは如実に教えてくれました・・・

ちなみに、街の節々にはこのような案内板が設置されているのですが、テナントや所有者がコロコロ変わるので、相変わらず「修正作業中」のままで、ほとんどまったく役に立ちませんでした・・・
テナントや所有者がコロコロ変わるからか、街角の案内板もいまだ「修正作業中」でした(-_-)



(「南海電鉄・空港線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 空港線 りんくうタウン 関西国際空港 関空 りんくうゲートタワービル

南海電鉄・空港線(その1)

もうじき10月だというのに、今日の大阪も気温30℃越え!(x_x;
爽やかな秋空の下、いつか快適に街歩きできる日を思い描きながら、本日も暑い中を歩きます。

本日歩くのは、約2ヶ月ぶりの南海電鉄・本線と、その支線である空港線。
途中で長い夏休みが入った影響で、サイクルもけっこう早まりましたが、まさか真夏のような気温の中で、この沿線を二回も歩くとは思いませんでした・・・

ところで南海電鉄沿線を歩く際、筆者はいつも天下茶屋駅から乗車しているのですが、今日はいつもよりも人出が多いし、何やら雰囲気が違います・・・
そういえば昨日から、岸和田のだんじり祭なんですね!
いつになくギュウギュウ詰めの電車に揺られること約30分、本日のスタートである泉佐野駅に到着します(v.v)


○泉佐野駅(大阪府泉佐野市)
(南海電鉄・本線 泉佐野駅 乗換駅)

前回も暑い中をしこたま歩いて、ヘロヘロになってようやくたどり着いた泉佐野駅ですが、今日もまたいいお天気で、暑くなりそうですねぇ~(-_-)
本日もさわやかなお天気となりました~(^o^)

駅前をブラブラしていますと、駅前の観光案内所の前には、ワゴンに山積で売られているタオル!
聞くところでは、ここ泉佐野はタオルの生産がかなり有名で、市をあげて積極的にプッシュされているようですね。

それにしても、「訳あり」とはいえ国産でこの値段だったら、かなり安いのではないでしょうか?!
泉佐野の特産品がタオルなんだそうで、駅前の観光案内所でも販売されてました。


駅裏の商店街をブラブラしていますと、このような目立つのぼりを目にします。
「金運財運 長者伝説の町」?!
駅前の商店街には「長者伝説」ののぼりが一面に立ち並んでいます(@_@)

ネットでも調べたのですが、関連する情報はいくつかあったものの、結局どういった由来があるのかは分かりません・・・(-_-)


泉佐野駅を出て南に進みます。
やがてすぐ目の前に、関西国際空港への入り口にあるりんくうゲートタワービルの威容がハッキリしてきます。
沿線の府道を歩いておりますと、目の前に「りんくうゲートタワービル」が

やがて高架も、和歌山方面に向かう本線と関西国際空港(関空)に向かう「空港線」に分かれます。
今回は一筆書き方式で、まずは写真右側の空港線の沿線を歩くことにします(v.v)
高架線が途中から大きく二つに分かれているので、まずは関空に向かいます(v.v)


(「南海電鉄・空港線(その2)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:南海電鉄 関西空港線 KIX 泉佐野 タオル りんくうゲートタワービル 関空

【関連記事】ひったくり件数、暫定2位に=34年連続最多の大阪府―ワーストは千葉県に

こんにちは、筆者です(v.v)

いきなりこのような記事が出ていて、正直ビックリしているのですが・・・(@_@;

千葉県の方には大変申し訳ないのですが、ここのところ(少しずつですが)やっと府警の取り締まりが強化されてきて、こうした街頭犯罪が減ってきまして。
実のところ、筆者の自宅近くも、一時期「日本で一番ひったくりの多い街」という汚名を着せられていたんですが・・・ここのところそういった話も全然聞きません。

ただ、前年度比で30%以上減っているのに、それでも最下位と4件しか違わないって、それまでがどれだけガタガタだったんだってことですよね(-_-;
それに、実際にいつも街を歩いてる感覚からすると、犯罪者予備軍みたいな若者が大手を振っている地域はまだまだ多いです!

34年ぶりに最下位脱出したとはいえ、ほんの僅差。
その他の街頭犯罪、あと何よりマナーの悪い自転車も含め、もっとビシバシやらないと、結局は元の定位置に戻ることになるのは目に見えています。
どうか大阪府警には、今後とも気も手も抜かずに、もっとガンガンやっていただきたいものです。




<2010/09/14付け asahi.comより>
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201009140001.html


 昨年まで34年連続全国最多だった大阪府のひったくり発生件数が、今年1~8月末の累計で前年同期比32.6%減の1551件となり、千葉県を4件下回ったことが13日、府警への取材で分かった。年途中累計で2位になったのは、1999年1月以来。

 同府は、車上狙いなどを含めた街頭犯罪全体の件数も10年連続全国最多だが、今年は8月末までで同16.1%減の5万2384件となり、2位の東京都との差はわずか197件だった。府警は「年間でもワーストワンを返上する」と悲願達成に意気込んでいる。 

[時事通信社]



「脅迫ビジネス」真っ盛り?(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

いちおう現役のFPとして、年に数回くらいは「それらしい」ことをPRせなあかんかと思いましてA(^^;
とはいえ、1年半やってて今回が2回目なんですが・・・

いかにもおどろおどろしいタイトルではあるのですが、筆者もふと身の回りのテレビCMやらネット広告を冷静に見て、改めて「怖い」と思ったので投稿します。


モノやサービスが売れなくなった今、売る側があの手この手で「売るための」手段を考えるのは分かるのですが、冷静に見ると明らかに
「それ、おかしくない?」
とか
「それ、本末転倒やろ?!」
と思うことが多くなってきました(-_-メ

あまりにいろんなモノ・サービスが多いので、それぞれについてあれこれ書きたいのは山々なのですが・・・
ピントがぼけるといけないので、毎回1点に絞ってツッコんで行きます(v.v)




最近、テレビでもよく宣伝しているのが
「高度先進医療保障」
をセールスポイントにしている生命保険。

例えば(CMでもよく引き合いに出されている)陽子線治療などは、(ネットやテレビで確認した限りですが)重度のガンだったとしても、ケースによっては病巣の跡形もなくなるくらいまできれいに治療できるという、画期的な治療法らしいです。
それにかかる費用が、だいたい300~400万円とのこと。

それを保証するがために、生命保険に(百~数百円程度の安い保険料ではありますが)高度先端医療の治療費を保証するオプション(特約)を付けるよう、PRしているCMなどをよく見かけます。

ただ、実際のところ「高度先進医療」がどんなものか、十分理解された上で契約されている方がどれだけいるのでしょうか?





続きを読む

神戸高速鉄道・神戸高速線(その2)

ハーバーランドには、これも神戸港の景色の一部としてすっかり有名になってしまった総合商業施設・umieモザイク(MOSAIC)があります。
ハーバーランドにある総合商業施設・モザイク(MOSAIK)

Wikipediaによると、もともと倉庫だった土地に建設した施設なんだそうです。
筆者も商業施設や巨大観覧車の存在は知っていましたが、実際に足を踏み入れることがなかったので、せっかくなので中に入ってみます(v.v)


ちょっとした映画館やワインの専門店、「ぼてじゅう」などの飲食店が入っていて、休日の夜ということもあって、なかなか賑わってますねー
歩道の脇には、ワゴン形式で小物やアクセサリーを売っているお店などもあって、どちらかというと若い人向けのお店が多い印象を受けます。
MOSAIKは屋台風の出店も出ていて、どちらかというと若い人向けですねー

施設の南の端には、このようなドーム?もあります。
聞くところでは、このドームの中でカップルがそれぞれ片手で棒を握り、もう一方の手で握手するとドームの全体の明かりが灯る(→写真の状態)んだそうです。
MOSAIKの南の端にある、縁結びのご利益があるという施設

おそらく、棒の間にごくごく弱い電流を流して、(手をつないで)電流が流れたかどうかをスイッチにする仕組みなんだろうと思いますが・・・筆者のように水分含有量が少なくなった(?)手でも、ちゃんとできるんですかねぇ(?_?)
今日のところ一人で来ていた筆者は、残念ながら実験できませんでしたがA(^^;

あと、モザイクに巨大な観覧車があるのは重々存じ上げておりましたが、実は他にもちゃんとした遊園地施設があるとは、全然知りませんでした!
観覧車だけかと思ったら、けっこう本格的な遊園地がありました!(@_@)観覧車だけかと思ったら、けっこう本格的な遊園地がありました!(@_@)


と、いきなり辺りにベルの音が鳴り響きます!
時報か何かと思いましたが、そういった時間でもなく・・・不思議に思って音のする方へ向かうと、何とこの時間帯から結婚式をやってまして!(@_@)
すぐそばの結婚式場では、この夕暮れの時間帯から結婚式をやっていました!(@_@)

モザイクの横にあるパルティーエ神戸という施設なんですが・・・それにしても、休日の夜からの結婚式というのも、なかなか斬新ですね。
昼間に用事があってこれなかった人も来れるし、何より食事やお酒も進む分、二次会以降も行きやすいのではないかと。
(たまに昼間から、礼服来て街中でベロベロに酔っぱらってるおぢさんなども見かけますが、そういったことにならなくていいですしねA(^^;)


さて、まだ18時前にもかかわらず、辺りも真っ暗になってしまったので、ぼちぼちモザイクの施設を後にします。
ハーバーランドの中をブラブラしてますと、遙か向こう岸に、以前にさんざん歩き倒したポートアイランドの灯りが見えます(^^)
なんか、こうやって改めてみると、これまでずいぶんと色んな所を歩き倒したんですねぇ~(-.-)
ハーバーランドの向こう岸には、先日歩き倒したポートアイランドの明かりが見えます(^^)

光の弱いところでの夜景はなかなか難しいんですが、夜景がすごくきれいだったので、あえて撮ってみました
携帯のカメラで夜景を撮るのも厳しいものがあるんですが、最後の1枚は、そこそこいい感じに撮れたのではないかと思います(^^)v
夜の光景をきれいに写真に収めるのは、なかなか難しいですねー(-_-)

続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸高速鉄道 東西線 元町 ハーバーランド umie mosaic

神戸高速鉄道・神戸高速線(その1)

○西元町駅(兵庫県神戸市中央区)

沿線の道を歩いておりますと、次の西元町駅にたどり着きますが・・・
うっかりしていましたが、これまで延々と歩いてきた阪神電鉄はここで終わり、これから先は神戸高速鉄道という路線を歩くことになります(v.v)
そういえば、西元町駅からは「神戸高速鉄道」になっているんですねー(-.-)


西元町の駅からは、先日こうべ港祭りの際に訪れたハーバーランドやメリケンパークも近いので、夕暮れから夜にかけての光景を見に行きたいと思います。

西元町駅近辺にも、やはりレトロな雰囲気の建物をよく見かけます。
写真は高級子供服で有名なファミリアさんの本社なんですが、建物の隅になにやらオブジェが・・・
ここでもレトロな雰囲気の建物を見ることができるんですが、建物の隅になにやらオブジェが・・・

と、近寄ってみると、今年誕生60年を迎える世界的なキャラクター・スヌーピーの石像が!(@_@)
しかも、ほぼ実物大?と思われる、そこそこ大きい石像です。
今年で誕生60周年を迎える、スヌーピーの銅像があるんです!(^^)

聞くところでは、かなり昔からこのファミリアさんがスヌーピーのキャラクターを扱っておられたそうで、その関係でスヌーピーの石像が建てられているんだそうです。
それにしても、意外なところに意外なものがあるものです・・・


さて前回とは逆に、西側からハーバーランドに入ってみます。
前回とはまた趣が異なり、夕暮れ迫るハーバーランドの景色も、なかなかきれいですよねー(^o^)
夕暮れ迫る神戸・メリケンパークの風景も、なかなかいい感じですねー(^o^)夕暮れ迫る神戸・メリケンパークの風景も、なかなかいい感じですねー(^o^)


(「神戸高速鉄道・神戸高速線(その2)」に続く)





阪神電鉄・本線(その16)

実のところ、筆者にとっては初めて訪れる神戸・南京町です。
よくテレビの画像にも取り上げられる広場を見て、けっこう感動したりしてます(→観光かっヾ(-_-;)
神戸の中華街・南京町をブラブラしてみます(v.v)

筆者は横浜の中華街も訪れたことがあるんですが、ここ神戸・南京町の中華街は少々趣が違いますねー
例えばお店の前に椅子やテーブルを出して、オープン○○風におねえちゃんたちが食事したりしています。
南京町の中は、こんな感じでおねえちゃんまでもが沿道で何か食べてる感じでして・・・

横浜は屋内で食べるお店が多いのに比べて、南京町は店先で手軽に味わえるところが多いように思います(v.v)
記念に、西側の門を撮影しときます(v.v)


さて、南京町のさらに南側の通りを歩いてみます。
と、なにやら若い女性で賑わうガラス張りのお店が!
南京町の裏手にある、おかきの名店「播磨屋」が開いている無料の「おかきカフェ」(@_@)

関西では、テレビなどで取り上げられて有名なんですが、実はここ、おかきの名店播磨屋本店さんが展開されている、無料の「おかきカフェ」なんです!(@_@)

播磨屋本店で販売しているおかきとお茶が無料で楽しめるスペースなんですが・・・このスペースを開設してからというもの、売り上げや利益が落ちるどころか逆に新しいファンが増えて、売り上げも順調に伸びているんだそうです。
最近は「無料」をうまく利用して売り上げを伸ばしている商品やサービスが増えてますが、ここもなかなかうまいこと考えてはりますねー(^^)

とはいえ神戸・元町という場所がポイントで、これが大阪市内とかだったら、そりゃあっという間に、昼飯代わりに利用する&袋一杯に詰め込んで持ち帰る近所のおばちゃんたちで一杯になって、あっという間に閉鎖に追い込まれていたことでしょう・・・A(-.-;


南京町を後にして、再び沿線に戻ります。
JR神戸線の高架下、同じくJRの改札の脇に阪神電鉄の出入り口があるという、なんだか不思議な光景になっています。
JRの駅と高架の片隅に、阪神電鉄の出入り口があるという、何とも不思議な光景ですA(^^;


(「神戸高速鉄道・東西線(その1)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 元町 中華街 南京町 播磨屋本店

阪神電鉄・本線(その15)

○元町駅(兵庫県神戸市中央区)
(JR西日本・東海道本線 元町駅 乗換駅)

さて、すこし陽も傾いてきたので、沿線の道を進みます。
やがて、遠くにJRの元町駅が見えてきた辺りで、なかなかユニークな商品を見かけます。

まずは、本物の昆虫を閉じこめた「キモかわいい」キーホルダー。
当人?は一生懸命生きてるのに、一方的に「キモかわいい」なんてレッテル貼り付けられた虫もかわいそうですが(?)・・・
元町駅近くのショップでは、このような商品を売っていましたが・・・

ちなみに、筆者は学生時代に、これに類したものを作っていたことがあります。
さすがに、キーホルダーにして持ち歩く勇気はありませんでしたがA(^^;、蝶などはなかなかきれいで、ちょっとしたアートでしたよ!
残念ながら、蝶のものが売ってなかったのが残念ですが・・・

次に、手作りのガラス細工を売っているお店。
こういった小瓶って、確かにあったらあったで、けっこう便利なんですよね(._.)
手作りのガラス製品を売っている店がありました~(^^)

他にも、小さいのにすごく細部まで作り込まれたペンダントトップとか、今ではなかなかお目にかかれないレトロなデザインのガラス瓶など、興味惹かれるものがあります。
どれも小さいのにしっかり作ってあって、しばらく見とれております(._.)このようなユニークな商品も展示してあります。


元町駅から商店街に向かおうとしたところ、このルートで初めて見る光景が!
三宮の近辺は、オシャレなオープンカフェが多かったのですが、さすがに元町まで来ると「オープン」もこうなってしまうんですねーA(^^;
三宮はオープンカフェなどおしゃれなお店が多かったんですが、元町は・・・?!


さて、通りをさらに南下すると、こちらも全国的に有名になった神戸・中華街(南京町)に至ります!(^o^)
神戸の中華街・南京町をブラブラしてみます(v.v)


(「阪神電鉄・本線(その16)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 元町 中華街 南京町 ガラス細工

阪神電鉄・本線(その14)

しばらく北上すると、路線に近づいたところで「Ikuta Road(生田通り)」と大きく書かれたゲートが設置してあります。
この道をたどれば、全国的にも有名になった生田神社に至るということで、さっそく向かってみます。
縁結びの神様として有名な生田神社への道のり。

この生田神社、そもそもは水難よけの神様みたいなんですが、最近ではもっぱら「縁結びの神様」として有名となっていますねー。
関西での人気や知名度は言うまでもなくなんですが、その名前が全国的に知られたのは、やはり2007年に陣内智則藤原紀香の結婚式が執り行われたことからでしょうか。
陣内智則・藤原紀香結婚式の会場として、一時期は予約が殺到した生田神社らしいんですが・・・A(-.-;

その影響からか、一時期は結婚式の予約が殺到したらしいんですが、ご存じの通り残念な結果になってしまいまして・・・A(-.-;

とはいえ、(例によって境内の写真撮影は遠慮させていただきましたが)境内にはハート型の絵馬が多数奉納されていて、まだまだ御利益と人気は健在のようです!(^^)


生田神社を後にして、さらにブラブラしておりましたら・・・危うく別の路線(=北野地区)まで出てしまったので、慌てて沿線まで引き返します。
この近辺は、もうJRも阪急も、阪神もほぼ同じ路線を走っているので、やがて同じ所を何回か写してしまうかもしれませんが、その辺はご容赦をm(_ _)m
歩きたばこも自転車も禁止されていて、すごく快適に歩ける沿線通りです♪

ところでこの辺りの歩道、歩きタバコはおろか、自転車の乗り入れも禁止されているんです。
おかげで、ずいぶんと安心して町歩きを楽しめるんですが・・・この試みはいいですよね!
大阪市内だったら、いつ暴走自転車にぶつかられるかヒヤヒヤしながら歩くことがほとんどなんですが、やはりこうやってゆっくり安心して歩ける環境があってこそ、周りの街も盛り上がっていくのだと思います。

写真の通りを1つ入ると、阪急電鉄とJRの路線の間にも、このような狭い路地が通っています。
表通りとはすごく対照的に、雑然としてなかなかディープな雰囲気?が漂っています。
一歩裏手にはいると、打って変わって雑然とした飲食街が広がっています。

このような雰囲気は、筆者が歩き回った限りでもこの一帯だけなんですが・・・
何でこんなに、雰囲気の全然違う一帯が広がっているんでしょうねぇ~(?_?)


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 三宮 生田神社 ハート型の絵馬 陣内智則 藤原紀香 縁結び

阪神電鉄・本線(その13)

さらに旧居留地近辺をウロウロしておりますと、これまでとは少々趣は異なるものの、けっこう旬なスポットを見つけました!

NHK大河ドラマの影響で、今や押しも押されぬ人気となっている坂本龍馬が、若かりし頃操船術を学んだ神戸海軍操練所の跡地の記念碑です。
旧居留地の南端にある、坂本龍馬ゆかりの「神戸海軍操練所」跡地があります(v.v)

Wikipediaによると、幕府派の勝海舟により創設された施設ではあるのですが、やがて龍馬をはじめとして討幕派のメンバーもここで学んでいたようですね。


さらに旧居留地の中を歩くと、やはりレトロな雰囲気の建物をたくさん見かけます。
中には、写真中央のビルのように、昔の建物の上に新しいビルを建て増ししているという、すごい建物もみかけます(@_@)
個人的には、新旧のつなぎ目がどうなっているのかが興味あります・・・
旧居留地には、レトロな雰囲気の建物もたくさん残っています!左側のビルなんて、ちょっとビックリの構造ですよねぇ~(@_@;旧居留地には、レトロな雰囲気の建物もたくさん残っています!

建物の入り口も、時代を感じる重厚な雰囲気の回転ドアがあったりして、やっぱり独特の雰囲気を醸し出しています。
今ではほとんど見かけなくなった、重厚感あふれる回転扉!


さて、今度は旧居留地の中を北上します。
近代的なビルが建ち並ぶ通りなのですが、そんな中で突然、居留地だった頃に使われていた標識や門柱が現れたり・・・
立ち並ぶビルの中に、いきなり居留地だった頃に使われていた標識や門柱が現れたりして、けっこうビックリします!(^^)

古い洋館が現れたり・・・と、何だか不思議な空間が続きます(@_@)
ビルが建ち並ぶ中に、こうした昔ながらの家屋がそのまま残っています。

それにしても、これだけ多くの史跡がすごくきれいな状態で、しかも誰でも触れる状態で保存してあるって、けっこうすごいことですよね。
町並みのきれいさとともに、すごく印象に残りました(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 坂本龍馬 旧居留地 勝海舟 神戸海軍操練所

阪神電鉄・本線(その12)

フラワーロードをしばらく南下すると、「東遊園地公園」にさしかかります。
駅前の大通りにもかかわらず、ものすごい緑の多さだし、この凛とした雰囲気は一体何なんでしょうか?!(@_@)
フラワーロードをしばらく南下すると、緑が一杯の東遊園地公園が広がります

公園の中にはさまざまなオブジェがあるんですが、南側には阪神淡路大震災追悼のためのモニュメントが設置されています。
写真右側の部分から地下に入れるのですが、そこには震災で亡くなられた方の氏名を記したプレートが並んでいて、改めてその多さに驚かされます。
公園の南側には、阪神淡路大震災の追悼モニュメントが設置してあります。


東遊園地公園を西に進むと、全国的にも有名な旧居留地に入ります。
とはいえ、(以前大阪市営地下鉄・中央線沿線を歩いたときにもあったのですが)「旧居留地」という名称自体は、江戸時代末期に外国人の治外法権が許された土地のことを指す言葉で、日本全国何カ所かあるようですね。

その中でも特に神戸の居留地がピックアップされる要因は、やはり昔ながらの建物を見事に残しているからなのでしょうか。
街の中を歩くと、昔ながらの建物をうまく活用して、レストランや商業施設などに再利用している光景をよく見かけます。

例えばエドマチ100番のビル(高砂ビル)。
外見はかなりレトロな雰囲気を漂わせているビルなんですが、ファッションやアート関係のテナントがいくつも入っています。
旧居留地に入ってまず目に付いた、独特の雰囲気を持つ「エドマチ100ban」の建物

筆者も興味惹かれたので、ちょっと中をのぞいてみたのですが、入り口でいきなり!
「エドマチ100ban」の内装もレトロで、昔懐かしいたばこの自販機(当然タスポは使えないA(^^;)がありました!

・・・な、なつかしい!(ToT)
おそらく1970~1980年代に使われていたと記憶していますが、昔のたばこの自販機です!
当時のものにしてはかなりの美品ですが、さすがにTaspoに対応していないからか、使用禁止になってましたね~A(^^;


あと旧居留地に限っていないのですが、これが三宮駅近辺の「公衆電話ボックス」はこんな感じなんです。
これが最近めっきり見かけなくなったのですが、港町らしさ・歴史のある街らしさを絶妙に織り込んだ、なかなかいいデザインだと思いませんか?
ここのところ、なかなか見かけなくなった公衆電話ボックスですが、なかなかオシャレなデザインですよねー(^^)



(「阪神電鉄・本線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 東遊園地公園 阪神淡路大震災 旧居留地 エドマチ100番

阪神電鉄・本線(その11)

先週中の台風通過から、ほんの少しだけ涼しくなった感がありますね!(^o^)
先週くらいまでは、日中の日差しも刺すような厳しさがあったんですが、ここのところは日差しもかなり和らいできたように思います。

とはいえ、まだまだ暑い中ではありますが、せっかくのいい天気ですので本日も出かけます。
本日歩くのは、久々となる阪神電鉄・本線
一筆書き方式でポートライナーを巡っていた影響でほぼ4ヶ月ぶりとなりますが、前回叶わなかった神戸・三宮~元町の街中をじっくりと歩きたいと思っております(v.v)


○三宮駅(兵庫県神戸市中央区)
(JR西日本・東海道本線 三ノ宮駅、阪急電鉄・神戸線/神戸市営地下鉄・西神山手線/神戸新交通・ポートライナー線 三宮駅、神戸市営地下鉄・海岸線 三宮・花時計前駅 乗換駅)

途中でごちゃごちゃした関係で、阪神電鉄・三宮駅を訪れるのは初めてですね~
真っ青な空に、真っ白な建物が綺麗に映えてます!
阪神・三宮駅を正式に訪れるのは初めてですねー(^^)

ところで一口に「神戸・三宮」といっても、全国でも十指に入る大都市でスポットも山のようにあるので、どこをどう巡ってよいものかと迷いましたが・・・
今後のネタのことも考えて、まずはこれまで通り、沿線の光景+筆者が気になったポイントをご紹介していく形にしたいと思います(v.v)


さて、三宮駅前はフラワーロードの近辺をブラブラしてみます。
まずは三宮駅前の大通り、「フラワーロード」を進みます(v.v)

ふと南側に目をやると、立派な神戸市役所の建物!
阪神淡路大震災の直後、筆者はまさにこの場所を訪れて、建物の中層階が無惨にひしゃげていた姿を目撃しているので、このように綺麗なたたずまいで立っている姿を見ると、何だか感慨深いものがありますね・・・
阪神淡路大震災の時には、この神戸市役所も中層階が押しつぶされていた記憶があるだけに、この姿を見ると改めてジンときます。


さらに少し南下すると、一昔前までは神戸のシンボルの一つだった「花時計」の前を通ります。
ただ残念なことに、季節柄かもしれませんが・・・色目がかなり地味ですね・・・(-_-)
地下鉄の駅名にもなっている「花時計」ですが、時期のせいか少々色目が地味です・・・


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪神電鉄 本線 フラワーロード 花時計 三宮 阪神淡路大震災

ちゃんちゃん!(-_-;

こんばんは、筆者です(v.v)

先日、学研都市線(片町線)の沿線ウォーキングで歩いた京都府京田辺市
筆者が歩いたときも38.8℃とか、それからさらに39.9℃などという信じられない気温を記録していまして。

ただ実のところ、(真夏にこれだけ街中を歩き倒している筆者ですので)38℃とか39℃にしては全然平気なんだけど・・・と思っておりましたら・・・

昨日くらいからテレビのニュースでも取り上げられ、ネット新聞にも掲載されているんですが、何と気象庁の観測ポイントの設備に夏草がからまっていて、正しい気温が測れていなかった可能性があるとのこと!
(同じ京田辺市にある消防署での観測では、最高気温を記録した当日は37℃前後だったそうです)

ということは、筆者が歩いたときも実際は35~36℃前後だった可能性が高くて、妙に納得した次第でした。

それにしても、気象庁のデータってもう少し厳密に取ってるのかと思ってましたが、意外や意外なんですね!
これからもしばらく「猛暑日」が続きそうな近畿地方ではありますが、テレビの予想気温や最高気温はあまり当てにせずに過ごした方が、精神衛生上もいいのではないかと思っております(v.v)


(asahi.com 2010/09/08付け)
「『39.9度』って本当? 観測機器につる草 京田辺」
http://www.asahi.com/special/mousho/OSK201009070083.html

 今月5日に9月の国内観測史上最高の39.9度を観測した京都府京田辺市の気象庁の無人温度観測機器の周辺に、つる草が巻き付いていたことがわかった。京都地方気象台は6日につる草を撤去。観測結果への影響については「わからない」としている。

 同気象台によると、外部からの指摘で、地上1.5メートル付近に設置されている機器を覆うようにつる草が巻き付いていたことが分かった。機器は長さ20センチほどの筒で、中に電気式温度計があり、内部のファンで下から空気を取り込み、気温を測る。観測機器の保守点検は原則年1回行われ、同市の機器は昨年11月に点検していたという。

 同気象台防災業務課は「適正な状態での観測ではなかったが、過去の記録や、ほかの地点と比べて極端に高い気温ということはなかった」としている。



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:猛暑 京田辺

阪急電鉄・京都線(その5)+淀川河川敷をブラブラ

さて、ここまで来たところで、筆者はどうしても行ってみたいところがありまして。

淡路駅から少々離れたところにあるので、駅東側の商店街からテクテクと住宅街の中を歩きます。

東南方向に20分ほど歩くと、いきなり高架が現れます!
実はこれ、大阪市内でも知名度がほとんどない城東貨物線という路線なんです。
さすがに沿線ウォーキングはできませんがA(^^;、城東貨物線という貨物専用路線も走っているんです!

以前筆者が沿線を歩いたおおさか東線もかつてはそうだったんですが、昔は大阪市内にも多くの貨物用路線があったそうなんです。
とはいえ、(正確な理由はよく分からないのですが)この二十年ほどはだんだんと減ってきているようで、この城東貨物線を含め2、3本ほどではないでしょうか。


さて、写真の高架をくぐって10分ほどさらに歩いたところで、淀川の河川敷にたどり着き、筆者が行ってみたかったスポットも見えてきました~!(^o^)
筆者が行ってみたかった赤川鉄橋です!(^o^)

この赤川鉄橋、先ほど通り過ぎた城東貨物線が淀川を渡る際の鉄橋なんですが、貨物線の鉄橋にしてはかなり珍しく、人が歩く歩道橋(しかも木造!)も一緒にかかっているんです!
写真でも分かるかと思いますが、路線と歩道橋の距離は1mくらいしかないかと思います・・・(@_@;
赤川鉄橋は淀川にかかる鉄橋なのですが、同時に人も渡れる珍しい橋なんです!(飛行機は大好きなのに)極度の高所恐怖症の筆者は、敷き板がきしむこの橋はよー渡りません(-_-;

いちおう筆者も渡ろうと足を踏み出したのですが・・・実は(飛行機大好きにもかかわらず)極度の高所恐怖症でもある筆者は、木の板がきしむこの橋は、20mほど歩いたところでたまらず断念しました・・・m(T_T)m
それにしても、あくまで木造だから「仮橋」なんですかね・・・
(飛行機は大好きなのに)極度の高所恐怖症の筆者は、敷き板がきしむこの橋はよー渡りません(-_-;「仮橋」だから木造なんですね・・・


そうこうしているうち、たもとの踏切が鳴り始めて、列車がやってきます。
線路との距離がすごく近いだけに、どうなることやらと思いますが・・・(@_@;
列車が通ったところで、あまりにも列車とは近すぎるような・・・(

やっぱり・・・(-_-;
あまりに近すぎて、列車の全体が収まりません・・・
やはり・・・(-_-;


続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 城東貨物線 淡路 赤川鉄橋

阪急電鉄・京都線(その4)

○淡路駅(大阪府大阪市東淀川区)
(阪急電鉄・千里線 淡路駅 乗換駅)

崇禅寺駅前でのクールダウンも終わり、またしばらく沿線の道を歩きます。
またしてもネタ探しに困りながら歩いてますと、次の淡路駅の近くまで来たところで、こんな大がかりな工事が行われている光景を目にします。
淡路駅に近づくと、なにやら工事の真っ最中でしたが・・・(?_?)

ぱっと見、鉄道高架の柱のようですが・・・他の在阪私鉄同様、まさか阪急・京都線までも高架化工事をやっているとか?!(?_?)


ともあれ、程なく次の淡路駅が見えてきました。
この淡路駅も、千里線と京都線交わるハブ駅なのですが、こちらは何と踏切の中にさらに踏切があるという、かなりえらいことになってます!(@_@;
この淡路駅も、阪急線を代表するハブ駅なんです(v.v)淡路駅もハブ駅のため、踏切の中にさらにいくつか踏切があるという、えらいことになってます!(@_@;

駅の東西とも長い商店街が広がっているんですが、どちらとも食品店や飲食店が多いところですね。
大阪市内の一部で見られるような、暴走自転車やらゴミだらけの商店街とは違って、割と落ち着いた雰囲気です。
淡路駅の西側・東側とも長い商店街が広がっています(^^)

そういえば、人気漫才コンビ・フットボールアワーの後藤(ツッコミの方・・・いや、男前の方A(^^;)の実家はこの辺りなんだそうで、オカンはこの商店街ではそこそこの「顔」なんだそうです・・・


と、駅東側の商店街にはちらほらと工事中の建物を見かけるのですが、そのうちの1つにこんなポスターが貼ってあります。
やはり、この淡路駅も高架化するみたいですね・・・(@_@)

それにしても、大阪近辺の私鉄は軒並み高架化工事やってますね!
少子化の影響で、懐具合が厳しくなってきていると言われる鉄道会社各社なんですが、これだけの投資をやるメリットは何なんでしょうね?(→批判しているわけではなく、単なる素朴な疑問です)


(「阪急電鉄・京都線(その5)+淀川河川敷をブラブラ」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 淡路 高架化 フットボールアワー

阪急電鉄・京都線(その3)

○南方(みなみかた)駅(大阪府大阪市淀川区)
(大阪市営地下鉄・御堂筋線 西中島南方駅 乗換駅)
○崇禅寺(そうぜんじ)駅(大阪府大阪市東淀川区)

十三駅近辺の住宅街をさまようこと30分、ようやく沿線の道ができました~(T_T)
南方駅に近づいてきたところで、ようやく沿線の道もハッキリしてきます・・・


しばらく住宅街&商店が連なる道を歩いてますと、通りが賑やかになってきて、いきなり高速道路の高架に突き当たります。
ここ、次の南方駅になるのですが、高架を走っているのは千里方面に向かう国道と、大阪市営地下鉄・御堂筋線の路線(地上路線)なんです(v.v)
高架を走っているのは、国道と地下鉄・御堂筋線です(v.v)大阪市内にあっては少々印象の薄い(失礼!)、南方駅。

この辺り、大阪市内でも少々印象の薄い(失礼!)地域なんですが、実は知る人ぞ知る「大人の夜の歓楽街」でして。
裏通りを歩けば、それはそれはけっこうすんごい雰囲気なんですがA(-.-;、幸か不幸か、筆者はあまりその方面には興味がないので、スタスタと先を急ぎます(v.v)


南方駅を出てしばらく歩くと、沿線の突き当たりに「水道記念館」という施設が見えてきます。
大阪市民になって二十数年、こんな施設があることすら知らなかったのですが・・・水道に関するさまざまな展示やイベントをやっている施設のようですね!
こんな施設があること自体、今まで知りませんでした・・・

以前にもちょっと触れたことがありますが、筆者が大阪に来た二十数年前は、それはそれはカビ臭かったり、塩素のにおいがプンプンするという、最悪の状態だったんです!(-_-;

それが今や、水道水をペットボトルに詰めて売るという、かなりあこぎな?商売ができるほどに、水道水の水質もよくなってきたようでして!
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu030/honmaya/index.html

この記念館同様、いまいちPR不足の感は否めませんが、やはり地酒やオリジナルの豆腐を作るとか、なにがしかの付加価値を付けないと難しいのではないでしょうか・・・


ともあれ、しばらく沿線を歩いておりますと、次の崇禅寺駅にたどり着きます。
各停しか停まらない駅なのですが、そのせいか?駅舎には異様にでかい駅名が掲げられています。
駅名をこんなにデカデカと書かなくてもねぇ(^w^;


沿線距離としては全然たいしたことないのですが、何せこれまで紆余曲折が多かっただけに、ここいらで近所のスーパーの軒先でクールダウン&一服です( -.-)y-。o○

それにしても、まだ15時台というのに、近所のおばちゃんたちがすごい勢いで買い物に来ています!(@_@)
ふと駐輪場の光景を見ると、それはもう、典型的な大阪のオバチャンチャリンコがひしめいております!(^^)
典型的な「大阪のオバチャンのチャリンコ」その1d(-.-)典型的な「大阪のオバチャンのチャリンコ」その2d(-.-)

そりゃもう、よその地域では絶対に見ることのできない乗り物なので説明すると・・・
まず写真左側は、日よけ用の袖カバーと、大阪市内では欠かせない「ひったくり防止カバー」を装着した、大阪ではごくごく標準的なバージョンです。
ただ、傘 or 日傘を前輪の側面に取り付けるオプションは、あまり見かけないですねー

次に写真右側は、さまざまなバージョンがありますが、何より両手でハンドルを持ったまま傘 or 日傘をさせる「さすべえ」を装着したバージョンが何台かありますねー。

一時期は「道路交通法違反!」と騒がれた「さすべえ」ではありますが、最終的に
【雨傘を】さす分には違法ではない」
という見解が表明されたようです(定かではありませんが)。

ただ、普段街中を歩いていて、正直危ないことこの上ないのは確かですし、何より日傘をさして一般道を突っ走る行為は、少なくとも「合法」とはなっていないようですので、少なくともこの投稿をご覧になった方は、くれぐれもお気を付けくださいませ!(v.v)


(「阪急電鉄・京都線(その4)」に続く)



続きを読む

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 南方 崇禅寺 さすべえ 水道記念館 おばちゃん

阪急電鉄・京都線(その2)

◯十三(じゅうそう)駅(大阪府大阪市淀川区)[近畿の駅百選 選定駅]
(阪急電鉄・神戸線/宝塚線 十三駅 乗換駅)

まもなく次の十三駅にたどり着きますが、前回は駅西側をブラブラしたので、今回は東側からアプローチしてみたいと思います(v.v)

・・・と、いきなり目に入ってくるのは、けっこうな数のラブホ!
休日の昼間とはいえ、さすがにこの中を通り過ぎるのは勇気がいります(-_-;

そんなところのど真ん中で見つけたのが、大阪市民の夏の楽しみ・「淀川花火大会」の事務局。
大会は先月初めに終わったばかりで、辺りもすっかり落ち着いていましたが、けばけばしい雰囲気の中にひっそりとありました。
ラブホ街の中にひっそりと、淀川花火大会の事務局はありました・・・


ようやく真っ当な?通りに出てみると、折しも商店街では秋祭りで盛り上がっています!
まだまだ天候は「秋」って感じじゃないですが、こうやってほんの少しずつ、身の回りの季節は変わっているんですねぇ~
十三駅前の商店街では、秋祭り?が盛大に行われていました

一方で、やはり暑いからか、商店街の中は人通りもさほど多くありません。
一通り商店街の中をブラブラしましたが、(相変わらずの阪急沿線で)ネタになりそうなポイントが少ないので、早々に次に進むことにします(v.v)
暑いからか、人通りもさほど多くない十三駅前商店街


十三駅は、阪急電鉄の中でも神戸線・京都線・宝塚線を束ねる一大ハブ駅でして。
なので、駅を出るとすぐに、やたらと信号だらけの状態になっています!
十三駅を出てしばらくは、3本の路線が集中しているのでえらいことになってます!(@_@)

前回の宝塚線の時は、3本ある路線の一体どれを進めばいいのか不安たっぷりだったんですが、さすがに二度目ともなると、もう迷うことはありません!(-.-)

と、ふと京都線の路線を見やると、さっそく沿線の道がなくなっています(T_T)
思い切りさい先の悪いスタートではありますが、ここまで来たら先に行くしかないようですね・・・
いきなり沿線の道がないという、さい先の悪いスタートとなりました(-_-;



(「阪急電鉄・京都線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 十三 秋祭り 淀川花火大会

阪急電鉄・京都線(その1)

相変わらず、毎日暑いですよね~(x_x;
毎朝の週間天気予報見ても、ここ1ヶ月ほど最高気温が36℃を下回ったことのない大阪市内です・・・


さて、今年に入ってから(そこそこ長い)路線を2本制覇し、続きをどこにするか考えていたところなんですが、先日の近鉄・南大阪線同様、そこそこ距離があって波乱万丈が期待できる?路線をいろいろと検討した結果、
「阪急電鉄・京都線」
という、比較的お手頃な結果となってしまいましたA(^^;

実のところ、沿線情報はこれまで以上に溜め込んでいる路線でもありますので、これから秋の気持ちのいい季節にかけて沿線ウォーキングを楽しめればと思っております!


○梅田駅(大阪府大阪市北区)
(JR西日本・東海道本線 大阪駅、大阪市営地下鉄・御堂筋線 梅田駅/谷町線・東梅田駅/四つ橋線・西梅田駅、阪神電鉄・本線 梅田駅 乗換駅)

ええ加減、何度となく訪れている梅田ではありますが、(前にもちょっと書いたように)ここのところランドマークと呼ぶべき建物が次々と改築中でして、行くたびごとに街の光景がまったく変わるんです!(@_@)

大阪をしばらく離れている方のために、例えばJR大阪駅北側の光景はこんな感じです。
JR大阪駅北側でも、なにやら再開発の工事が始まっています!

写真左側の建物がヨドバシカメラなんですが、その奥にあったJRが管理していた土地を再開発していて、サッカー競技場ができるとかできないとか?!
あまり梅田を訪れない筆者にとって真相は不明ですが(?!)、ともあれ何か大がかりなことをやっているのは事実のようです(v.v)


宝塚線同様、十三筋から淀川大橋を渡ります。
以前に宝塚線沿線を歩いたときは8月上旬だったんですが、真っ青な空に広がる雲のモコモコ具合といい、何だかまだ全然夏の景色ですよね~
もう9月だというのに、このモコモコした雲はまるで真夏のようです・・・(-_-)もう9月だというのに、このモコモコした雲はまるで真夏のようです・・・(-_-)

淀川大橋を渡りきった近辺は、大阪・キタの遠景を撮るのにはもってこいの場所なんですが、今日は天気もよくてなかなかいい絵が撮れてます!(^o^)
大阪キタを一望するには絶好のポジションですね~(^^)



(「阪急電鉄・京都線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 梅田 淀川大橋

【まったくの余談】大阪朝日放送(ABC)・喜多ゆかりアナ!

こんばんは、筆者です(v.v)

タイトルにもある大阪朝日放送・喜多ゆかりアナ
以前、関東・関西の女子アナの比較をやった中でも書きましたが、ホンマに面白くてええキャラだし、興味深い人ですね~!(^o^)

アマチュア時代からお笑いに並々ならぬ興味を持ち、あのM-1の予選にも出場したことがあるという変り種で、先月に掲載された新聞のラ・テ欄での番宣(→こちらを参照)を始めとして、「変顔」の姿が公になることが多いのですが・・・


アナウンス技術はすごくしっかりしていて、筆者が今まで「おはよう朝日です」を見ている中でも、ハッキリわかるくらいトチッた事は一度もないし、何より間合いやアドリブも絶妙です。
反面、(ごくごくまれに)ニュースを読んだり、シリアスなナレーションをやるときは相応の雰囲気を醸し出すし・・・で、かなりすごい人材なのでは?!と、一関西人として思っています。

このノリの人が関東(埼玉県)出身というのもまた不思議ですが・・・まあ運命のめぐり合わせで、本当に来るべき土地に来て、本当にやるべき仕事をやっているということなんでしょうねぇ~


今週からは「アイドル風番宣」(?!)のCMもやっているそうで、筆者はまだ見れてないんですが、関西以外にお住まいの方も機会がありましたら、一度見てみてくださいませ!(v.v)



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:おはよう朝日です おは朝 喜多ゆかり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。