プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

阪急電鉄・京都線(その9)

このブログを始めて約1年半、意外や初めて&予期せぬ形での吹田市入りでしたが、道端のマンホールのデザインを見ると改めて実感します。
やはり、1970年に吹田市で開催された大阪万博のシンボル、太陽の塔をあしらったデザインなんです(^^)
吹田市のマンホールデザインは、やはり「太陽の塔」でしたか~(^^)

筆者は関西生まれではないですが、この大阪万博の興奮や感動は後日テレビ映像や写真などを何度も見て、自分なりにかなり強くイメージに刻み込まれています。

今年2010年は、どこぞの国でも万博が開かれて、入場者数がこの大阪万博を超えたの何だのと報道されてはいますが、お国の命令で大人数を動員したり、タダ券ばらまいて頭数だけ超えても、それはあくまで「自己満足」ですからね!
そんな訳の分からないイベントと比べるまでもなく、大阪万博はいまだにアジアで最初で唯一の、本当の意味での革新的な博覧会だったと思っています。
(当ブログは国際問題、宗教、思想etc.の面で、あくまで「中立的な」立場を目指そうと心がけてはいますが、この点についてだけは、あえてハッキリ言わせてください!(>_<))


それはさておき、ようやく沿線に戻って吹田市内の住宅街を進みます。
と、ごくごくありふれた住宅街の中に、いきなり見覚えのある鉄道の車両が!

これ、どう見ても大阪市営地下鉄・堺筋線の車両やん!
吹田市の住宅街を歩いていたら、いきなり見覚えのある車両が・・・吹田市の住宅街を歩いていたら、いきなり見覚えのある車両が・・・

それもそのはず、筆者が見かけたこの場所は大阪市交通局・東吹田検車場といって、阪急・京都線/千里線と相互乗り入れしている大阪市営地下鉄・堺筋線の車両を点検している場所なんです。
大阪市営地下鉄の検車区が、なぜだか吹田市にあったりしましてA(^^;

大阪市の施設が吹田市内にあるのもヘンな話ですが、確かに堺筋線の沿線を考えてみたら、こういった検車区を作れるようなスペースがないので、仕方がなかったのかもしれませんね・・・


さて、さほど長い区間でもないのにやたらと時間を取られましたが(-_-;、ようやく次の駅・正雀駅にたどり着きます。
すっかり日も暮れて薄暗くなったところで、ようやく次の正雀駅にたどり着きました・・・すっかり日も暮れて薄暗くなったところで、ようやく次の正雀駅にたどり着きました・・・

駅前の大通りからは、数百メートル先のJR西日本・東海道本線(京都線)の岸辺駅の様子も見ることができます。
すっかり暗くなってしまった正雀駅からは、JR西日本・東海道本線の岸辺駅の灯りが見えます。

実はこの正雀駅、特に今年何かと盛り上がった場所でもあるんですが、残念ながらそれをお伝えするには時間が遅くなりすぎたようでしてm(_ _)m
また次回訪れた際にでも、詳細なところを書きたいと思います(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 大阪万博 堺筋線 東吹田検車場 正雀

阪急電鉄・京都線(その8)

○正雀(しょうじゃく)駅(大阪府摂津市)

相川駅の周辺を一巡りしたところで、次の駅に向かいます(v.v)

それにしても、確かに各停しか止まらない駅ではあるのですが、特に相川駅の裏手は廃業したお店などがそのままになっていたりして、少々うら寂しさを感じてしまいます・・・
相川駅周辺を一回りして、次の駅へと向かいます(v.v)

ところで、写真に映っている「阪急そば」、特に大阪市近辺ではよく見かける立ち食いそば屋なのですが、勝手に「阪急」の名前を冠しているわけではありませんで、れっきとした阪急阪神レストランズという、阪急阪神グループの会社が経営しているお店なんです!

しかしまあ阪急阪神グループさん、鉄道から歌劇団、映画会社にテレビ局、プロ野球球団に本屋(ブックファースト)、果ては立ち食いそば屋・・・と、ホンマに手広く経営してはるんですねぇ~(@_@)


相川駅を出て沿線を歩いておりますと、やがて安威(あい)川という比較的大きな川に行方を阻まれてしまいます!
しかも、見渡す限り橋らしい橋はないし・・・(T_T)
行く手を遮る安威川には、延々と橋が架かっておりません・・・(T_T)行く手を遮る安威川には、延々と橋が架かっておりません・・・(T_T)

仕方がないので河川敷まで降りて、河川敷に設置してある遊歩道をてくてく歩きます。

それにしてもこの安威川の河川敷、かなりよく整備してあります!
大阪市内の河川敷でよく見かけるような不法投棄やゴミもほぼ皆無だし、何より沿道には色とりどりの花が咲いていて、意外やかなり快適に歩けます(^^)
相川の河川敷は遊歩道が整備されていて、色とりどりの花も咲き乱れていて、すごく快適に歩けます!(^o^)

ただ一点言わせていただくと、堤防に上がる階段がほとんどありません!
おかげで安威川を渡るまでに、延々1km近く歩いたでしょうか(-_-;

いざ大地震が起こって津波や高潮が来た場合に、たまたまこの河川敷を歩いていた人は延々1km近くも逃げなければならないわけで、この辺りは何とかしていただきたいものですね・・・


ともあれ、何とか無事に堤防に上がり、また沿線まで1km近くの道のりを引き返します(-_-;;
沿線向けて、また延々と歩かねばなりません(-_-;

正直、この往復2kmでかなりタイムロスしてしまったのですが・・・ふと気づくと、知らないうちに本日2番目の街・大阪府吹田市に入っていたようです!(^o^)
と、知らないうちに本日2番目の街・吹田市に入っていたようです~


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 正雀 安威川 阪急そば 阪急阪神レストランズ

阪急電鉄・京都線(その7)

○相川(あいかわ)駅(大阪府大阪市東淀川区)

上新庄駅の駅前には、はなみずき通りと呼ばれる商店街が通っていて、文字通り沿道にハナミズキの木が植えてあるのですが、もうすっかり葉も色づいて、なかなかいい感じです!(^^)
上新庄駅に到着しました(v.v)上新庄駅前の商店街「はなみずき通り」では、すっかりハナミズキの葉が色づいていました!(^o^)

駅前商店街も含めぶらぶらと歩き回ってみますが、阪急線沿線はいずこも同じようで、相変わらず
「ごくごくありふれた、標準的な町並み」
でして、こちらも相変わらずブログのネタ探しには困ります・・・

とそんな中、駅前の車道にまであふれ出る、おびただしい駐輪自転車!
確かに近くに大きい大学あるし、駅自体もそこそこ大きいんですが、これだけのおびただしい数の自転車がいったいどこから来たのやら(@_@;
それにしても、上新庄駅前の駐輪は異様ですねぇ~(@_@;

さすがにこれだけの数があふれているのであれば、茨木市で採用しているような「地下駐輪施設」など設置してもいいように思います。


次の相川駅までは距離が短いようで、15分程度歩いてたどり着きます。
それにしても、阪急線でもこんな難儀な高架トンネルがあるんですね・・・A(-.-;
阪急沿線でも、こういった厳しい高架があるんですね・・・A(-.-;

試しに、実身長178cmの筆者が立ったままくぐろうとしますが、かなりすれすれで怖かったので、途中からさすがに身をかがめてしまいます。
とはいえ、地元の方は平気で車で通り過ぎておられまして・・・筆者のビビリ癖は、あちこちで遺憾なく発揮されておりますA(^^;


例によって、相川駅の周辺をブラブラしていましたら、駅近くの川を渡るところで、今度はこんなものを見つけました。
阪急沿線なのに「新京阪」???(?_?)
阪急沿線なのに、何で「新京阪」???(?_?)

・・・そう、実は筆者が今歩いている阪急電鉄・京都線、そもそもの路線を作ったのは、平行して沿線を歩いている京阪電鉄だったんです!


いきさつを語り出せばかなり長くなるのでWikiPediaを参照いただくとして、昨年秋口に沿線を歩いた嵐山線や、大阪府の北部を結ぶ千里線も、もともとは京阪電鉄が作り上げた路線なんだそうです。

前回この阪急・京都線を歩いた際中津駅について書かなかったのですが、後付けで組み込まれた路線でホームを造るスペースがなく、いまだ京都線の停車駅にはなっていないからなんです。


関西の歴史本をあれこれ読んでいると、昔は大小さまざまな鉄道路線があったようで、会社の合併・分割などもかなり頻繁に行われていたことが分かります。
他にも意外な歴史や経緯がある路線や駅も多いのですが・・・また折に触れ、そういった歴史もご紹介できればと思います(v.v)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 相川 はなみずき通り 新京阪線

阪急電鉄・京都線(その6)

ここのところ、朝夕がめっきり涼しくなりましたよね~

先々週くらいまで夏日が続いていたことを考えると、最近の気候変動の激しさにはビックリですが、ホントに「秋らしい」日が少しでも続いてくれることを期待しております(v.v)

今日は「よもや、数年ぶりに台風が近畿地方を直撃か!?」とざわついたのですが、幸いかすったくらいで済んだようですね。
昼過ぎにはだいぶ雲も取れて、(わずかではありますが)晴れ間さえ見えてたくらいでして!(^o^)


そんな中で本日歩くのは、阪急電鉄・京都線
前回寄り道したせいで、なんだか大阪市北部をウロウロして終わった感がありますが、引き続き筆者が初めて歩く路線を楽しみながら歩きたいと思っております!


○淡路駅(大阪府大阪市東淀川区)
○上新庄駅(大阪府大阪市東淀川区)

前回の最終到着駅である淡路駅からのスタートになりますが、前回書いたように高架化工事を控えているからか、駅周辺でもあちこちでこのような光景をたくさん見かけます。
淡路駅高架化に伴って、周辺もだいぶ準備が進んでいるようです(v.v)

この辺り高架化工事の影響か、列車の写真を撮影するにはいいアングルが多くて、筆者の携帯デジカメでもこんな写真が撮れました(^^)
淡路駅から上新庄駅の途中では、沿線の柵が低いため、そこそこええ感じの写真が撮れます(^^)


ところで、淡路駅から次の上新庄駅の沿線には、(少なくとも)近畿圏では有名な企業をいくつか見かけます。

まず何と言っても、目薬で有名な参天製薬さん!
金色で円柱形の構造物が特徴的なんですが、意外やここが本社だったんですね!
(ちなみに、最寄り駅は隣接する阪急電鉄・千里線下新庄駅です(v.v))
目薬でおなじみ「参天製薬」の、特徴のある本社社屋が見えます

あとは、関西ではおなじみ、パンの神戸屋さん。
赤と黒のストライプに小麦が描かれたロゴマークはけっこうオシャレで、商品も比較的高級イメージのものが多いのですが、関西以外での知名度はどうなんでしょうね?(?_?)
関西ではおなじみの「神戸屋」さんなんですが、全国的にはどうなんでしょうね(?_?)


そうこうしているうち、次の上新庄駅のビルが見えてきます。
この辺り、近くに比較的大きな大学がある影響で、スーパーや飲食店など生活に密着したお店が多いんですが、そんな中でこんなお店も見かけます。
まさか、池乃めだかさんが経営されてるとか(^w^;

吉本新喜劇・池乃めだか師匠のお株を奪うかのようなうたい文句の看板なんですが、「ご本家」と比べてどんななんでしょうね。


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪急電鉄 京都線 淡路 上新庄 参天製薬 神戸屋

近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その6)

○河内松原駅(大阪府松原市)

布忍駅から、相変わらずこれといったネタがないまま、トボトボと次の駅を目指します(T_T)
と、ふと気づくと、足下の道路にはこのようなデザインのマンホールが!
松原市のマンホールデザイン、もしかして・・・(-_-;

まさか・・・マツとバラで「松原」なんて、今時吉本新喜劇でもやらないようなベタベタの発想?!と思っておりましたら・・・案の定そうでした!A(^^;;;

Wikipediaによると、松原市の市の木がマツ、市の花がバラなんだそうで、このマンホールのデザインもごくごくありふれた「市の木と花をあしらったデザイン」なんですね~
いきさつは分かりませんでしたが・・・まさか、本当にダジャレじゃないでしょうね?!

ところで、筆者のように街角のマンホールデザインに注目している人は少ないのかと思っておりましたが、ネットで探すと意外とたくさんいらっしゃるんですね!(@_@)

筆者が特に感心したのは「ハマちゃんのがらくた箱」さん。
全国津々浦々、さまざまなマンホールデザインを取り上げておられる上に、普段であれば見落としているであろうかなり特殊な物も取り上げられています。

ご自宅の近所のマンホールデザインも、改めて見てみると、意外とユニークなものがあるかもしれませんよ!(^^)


さて、マンホールデザイン以外取り立ててネタがない中(?)、とうとう次の河内松原駅に到着しました。
近鉄・南大阪線の中でも比較的大きい駅だけあって、駅前も広々しています。
近鉄・南大阪線の中でも、比較的大きな河内松原駅にたどり着きました(v.v)近鉄・南大阪線の中でも、比較的大きな河内松原駅にたどり着きました(v.v)

それにしても、この河内松原駅をはじめ近鉄の駅に共通して言えることなんですが、例えば
大和西大寺駅」
とか
河内天美駅」
など、駅名のうち地名に由来する部分を小さく表記する傾向があるみたいですが・・・これは何でも省略したがる関西人気質を読んだ上でのことなんでしょうか?(?_?)
(奈良の人も、ほとんど「西大寺の駅で・・・」なんて言ってますもん)


ところで、河内松原駅の近くには、かなり大きな「古墳」があるとのこと。
実のところ、筆者はこれまで一度も「古墳」というものを芽にしたことがないのですが、一方で南海本線やJR西日本・学研都市線でも古墳のそこそこ近くを通ってはいるにも関わらず、その都度機会を逃していまして・・・
せっかくなので、立ち寄ってみることにします(v.v)

沿線の通りを少しばかり入ったところに、うっそうと木々が生い茂った「大塚山古墳」はありました!
大塚山古墳は、何とも神秘的な雰囲気を漂わせています・・・

ぱっと見、木が生い茂っているだけの「小島」のようにも見えるのですが、特に周りの水の色が何とも独特で、なかなか神秘的な雰囲気を漂わせていますよね!
半周ほど歩いて回ったのですが、実際にこれが「古墳」なんだというイメージは、正直最後まで分かりませんでした・・・

後ほど、GoogleMapなど上空からの写真を見ると確かに立派な「前方後円墳」でして、なかなかこういった遺跡を楽しむのも難しいんですね・・・

大きな地図で見る




近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線(その5)

久々に関西で迎える週末、ローカルのテレビ番組も相変わらずおもろいし、何よりのんびり過ごせているのが幸いです~(^^)
秋らしいいいお天気となった今日も、久しぶりに関西の街歩きに出かけます。

今日歩くのは、あの長かった夏休みの最終日以来、約1ヶ月半ぶりの近畿日本鉄道・南大阪線
正直なところ、ブログのネタとしては前回あまりパッとしなかったのですが(失礼)、筆者も初めて歩く路線ので、この先どんな光景が見れるか楽しみです。


○河内天美駅(大阪府松原市)
○布忍(ぬのせ)駅(大阪府松原市)

前回最終到着駅である河内天美駅からのスタートになりますが・・・
相変わらずこれといったネタを見つけられないまま、次の布忍駅に到着します(-_-)
筆者にとっては、久々に訪れる布忍駅です。

筆者、10年ほど前に仕事でここ布忍を訪れたことがありますが、その時にはとにかく目的地にたどり着くのが精一杯で、駅の周りの雰囲気などを見る余裕はなかったんです。
せっかくなので、駅近くの商店街も含めてブラブラしてみることにします。

商店街は駅からやや離れたところにあるのですが、公民館や図書館などもすぐ近くにあって、いろいろと便利かもしれませんね。
布忍駅近くの商店街では、お店と言うよりどちらかというと住宅が多かったですねーA(^^;

ただ商店街の中は、どちらかというとお店よりも住宅が多くて、ちょっとビックリしますA(^^;
布忍駅近くの商店街では、お店と言うよりどちらかというと住宅が多かったですねーA(^^;


ところで松原市内では、こういった灰皿を街角のあちこちで見かけます。
筆者もありがたく利用させていただきますが、最近は「禁煙ブーム」の影響もあって、だんだん街角からは見かけなくなってますよね。
「何が何でも禁煙」よりも、こうやってちゃんと分煙を許してくれるフトコロがほしいですよね~

ただ、その分タバコのポイ捨てが目に付いて掃除も大変だと思いますし、愛煙家も吸う場所をかなり狭められて、かなり苦労されているのが現状だろうと思いますが・・・
少なくともマナーをきちんと守る喫煙家については、こうやって「分煙」の環境は残していただくくらいのフトコロはほしいものだと、心から思っておりますm(_ _)m




【関連記事】破れば罰金、「マナー」22項目 大阪・大東で条例準備

こんばんは、筆者です(v.v)

大阪に帰って、久しぶりの関西ローカルのテレビなどのんびり見ておりましたら、ネット新聞で下記のような記事を見つけました。

筆者も以前歩いたことのある大阪府大東市で、各種ポイ捨てから始まって自転車での迷惑行為、果てはハトやカラスへのエサやりなど22項目をマナー違反行為として、発見次第5万円以下の過料を科す条例が準備されているとのこと。

市民からは「やり過ぎだ」との声も上がっているようですが、他都道府県&大阪の各街をまさにこの足で歩いて、さまざま見てきた1大阪府民の筆者としては、この条例大賛成です!
筆者の経験から言わせていただくと、大東市は大阪府下でもまだマナーやガラは全然いい方なのですが、だからこそこれを機に、周辺の市区町村、何より大阪市にも強い影響を及ぼしていただくことを強く期待しております!o(^-^)o
(罰金5万円なんて全然手ぬるくて、留置所に2、3日ぶち込むとか、そのくらいのこともあってもいいかと)


筆者が初めて大阪に来た頃(20年ほど前)は、
「大阪では日本の法律が適用されない」
なんてことを言われてまして、当時はまだ笑い話で済んでいたんですが、ここのところ決して笑い話で済まないくらい、ひどい状態になっていまして(-_-;

筆者の個人的な経験でも、脅迫、傷害、器物損壊etc.で被害届まで出せるやろうというレベルの「事件」は、実際に何件か遭遇しています。
しかも、それらすべてがここ5年くらいに起こったことでして、目に見えて「街の劣化」は進んでいるようです。

ここのところ、全国ネットで取り上げられる凶悪犯罪も関西、特に大阪が多いですし、ともすると一昔前のニューヨークのように、無秩序地帯になりつつあるのではないかとさえ感じます。


くだんのニューヨークは、有名な「割れ窓理論」に基づいて、軽微な犯罪でも徹底的に取り締まる方針を続けた結果、凶悪犯罪が激減し観光客が訪れやすい街になったと聞きます。
橋下知事言うように観光をウリにしたいのであれば、市民(特に大人)のマナー意識をもっと向上させて、普通の感覚を持った市民が過ごしやすい街にするのが大切だろうと思っております(v.v)


あと、こうやって脅しかけるだけでは全然ダメで、東京のようにちゃんと監視して、違反者はビシバシ取り締まらないとダメです。
大阪がここまでグダグダになったのも、この部分がちゃんとしてないからですから!





(2010/10/23付け asahi.comより)
http://www.asahi.com/national/update/1023/OSK201010230004.html

 大阪府大東市議会で、歩きたばこやポイ捨て、ペットのふん放置など22項目の迷惑行為を禁じる議員提案条例が来春にも提出される。市が任命した監視員らが街を巡回し、5万円以下の過料を徴収することも想定。推進派市議が多数を占め、提案されれば成立は確実とみられる。市議らは「街の魅力アップにつながる」と主張するが、禁止項目が次々と増え、市民から「行き過ぎでは」と懸念する声も出ている。

 市などによると、これだけ多くの違反項目を定め、過料を徴収する条例は珍しい。来春の提案をめざす市マナー条例案は「日本一マナーの良いまちの実現」を掲げ、迷惑行為の防止とマナー向上への努力を「市民の責務」と位置づける。

 迷惑行為の取り締まりのため、市から任命された市職員が指導員、警察OBらが監視員となり、市内をパトロール。監視員らは迷惑行為を見つけたら、違反者をまず指導・勧告、次に行為をやめるよう命令、従わなければ5万円以下の過料徴収と氏名の公表に踏み切るという。

 推進派市議らは「例えば、市内にごみが一つもない街と評判になれば、転入する人も増える。街づくりの一環になる」と狙いを語る。

 条例案への理解を深めようと、議員らは6月から市内11カ所で市民向けの懇談会や説明会を開いたが、賛成意見が大多数。市民側からは「携帯電話をかけながらの自転車の運転は危ない」「ハトやカラスのふんで街が汚れる」など、迷惑行為の項目追加を求める声も相次いだ。

 ただ、「条例でがんじがらめになり、生活がしにくくなるのでは」と不安を漏らす市民もいたという。

■過料徴収の条例、各地で

 「マナー違反」とする行為を示し、違反者から過料を徴収する条例の制定は各地に広がっている。

 千葉県市川市は2004年4月施行の条例で、指定区域でのごみのポイ捨てや路上喫煙に過料2千円を科した。今年4月からは飼い犬のふんの放置も対象に追加。県警OBらを指導員に任命し、10年3月末までに計2万827件の過料を徴収したという。

 東京都品川区は03年秋から条例で、指定区域での吸い殻や空き缶のポイ捨てに対し過料1千円とした。10年3月末までの過料徴収は計154件。路上喫煙については、大阪、神戸、京都、奈良などの各市でも過料を科している。(小池暢)




テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:大東市 マナー向上 条例 割れ窓理論

素朴な疑問(?_?)

こんばんは、筆者です(v.v)
約1ヶ月の東京生活を終え、本日大阪に戻って参りました~(T_T)


ところで、筆者をはじめとして会社員の方は、朝出かける前にテレビの情報番組を見て、その日のニュースや天気などの情報を仕入れてから出かける方が多いかと思います。

筆者は(朝の番組に関しては)朝日系なので、関西の「おはよう朝日です」(おは朝)に引き続き、テレビ朝日のやじうまプラスという番組を見ておりました。

その中で、全国の視聴者から天気の様子を投票で教えてもらうというコーナーがあり、さすがに全国版なので情報はかなり荒かったんですが・・・・
くだんの番組、関西では一切見れないはずなのに、なぜか大阪や神戸から投票があったかのようになっているんです。
何で???(?_?)


ちなみに、同時間帯に関西で放送している「おはよう朝日です」でもほとんど同じコーナーがあります。
ただ、こちらは近畿のお天気の様子がすごくよく分かるし、何より関西では絶大なる人気を誇る気象予報士・正木明氏の解説もわかりやすいですねー
→過去には、(関西のみの出演でありながら)全国区の人気気象予報士
 ランキング総合8位になったこともある方です(@_@))
 http://life.oricon.co.jp/67011/full/




【関連記事】大阪の子、お勘定絡む設問は正答率突出 小6学力調査

こんばんは、筆者です(v.v)

本日ネット新聞を見ておりましたら、タイトルのような記事を見かけて、少々安心しました!(^^)

ここのところの統計で、我らが大阪府は
○学力:2008年・全国41位 → 2009年・全国34位
○体力:2008年小学校体力・全国43位、中学校体力・全国40位
○お笑い(?):過去9回実施されたM-1グランプリで、大阪出身の芸人のグランプリ獲得は4回のみ
 (中川家、ますだおかだ、フットボールアワー、Non Style)

といった惨憺たる状況でして、橋下知事も(お笑いを除いて)相当お怒りのようでございまして・・・A(-.-;

その割に、小中学生が大阪市内で調子こいてイチビってる(=調子に乗ってふざける)姿を数多く見ていた筆者は
「お前ら何一つ能ないくせに、何偉そうにイチビっとんねん!(>_<)
 街中たむろして遊びまわってる暇あったら、勉強するか運動するか、お笑いの腕磨き!」

と、その悪態ぶりに怒りすら覚えていたのですが・・・

FPの立場から言わせていただければ、記述式の問題でこれだけの好成績を挙げられるということは、やはりお金に関して最も「基本中の基本」である能力は、他の都道府県よりもずば抜けてしっかりと身についているということなんでしょうね~


特にこれからの時代、なんぼええ学校卒業してええ会社入ったとしても、それで将来が約束されるほど甘い状況ではありません。
むしろ自分の身の回りのお金に対してしっかりした感覚を持っていれば、振り込め詐欺に遭って大損することもないetc.非常にたくましい人生を送っていけることでしょう!


ちなみに、筆者の出身県は学力・体力共に全国20位以内に入っておりまして、こちらも一安心した次第でして(^^)v




(asahi.com 2010/10/15付け記事より)
http://www.asahi.com/national/update/1015/OSK201010150098.html

 大阪市の小学生、生活密着問題には強い。大阪市教委は14日、4月に実施された全国学力調査の市内分の結果を発表した。小学6年の算数Bで、割引券の有効な使い方を尋ねた問題の正答率が全国平均の2.3倍で全体を押し上げ、全教科を通じて初めて市の正答率が全国平均を超えた。

 調査は今年度から抽出方式となったが、市内では対象外の学校もすべて加わり、特別支援学校を含む市内の小学校302校の6年生(約2万人)と中学校133校の3年生(約1万7千人)が参加した。

 小6の応用力を問う算数Bは全12問。その中に「1品に限り定価の20%引き」の割引券1枚で、1900円のシャツ、3900円のズボン、5800円のくつのうち、どれに割引券を使うと値引き額が最大になるか、を問う問題があった。理由や計算式を含めた記述式の回答で、大阪市の正答率は39.6%。全国平均(17.1%)より22.5ポイントも高かった。残る11問の中には全国平均を下回ったものもあったが、最大11.3ポイントにとどまった。

 その結果、算数Bの全体の正答率は50.7%となり、全国平均49.3%を1.4ポイント上回った。市の正答率が全国平均を超えるのは、2007年の全国学力調査開始以来、全教科を通じて初めて。

 市教委の担当者は「これまでも生活に密着した問題に強い傾向はあったが、今回は突出していた。『なにわの商人』に通じる良さ、強みが明らかに出た。記述式の回答なので、説明する力もついてきた」と話した。(永井啓吾)




関西人 in 都営大江戸線・上半分(その5)

浅草を一通りブラブラしていると、辺りはもうすっかり薄暗くなってきました。
経度の関係上、東京の日の入りは大阪よりも30分ほど早いんですが、それでも夕方5時前後でこの暗さですかー(-_-)
すっかり暗くなってしまった隅田川でございます(v.v)

というわけで、本日最後の目的地に向かうべく、今度は延々歩きます。
浅草駅から隅田川にかかる橋を渡り、先ほど見かけたアサヒビールさんの社屋を通り過ぎます。
くだんのオブジェも、真下に来たらこんな感じでして、かなり大きい物だというのが分かりますね。
アサヒビールさんの、黄金のオブジェに近づいてみました(v.v)アサヒビールさんの、黄金のオブジェに近づいてみました(v.v)


社屋の裏側にある広場では、東京スカイツリーの全体像がかなり鮮明に見えます!
場所的にかなりいいところだからか、記念写真を撮っている方も数多く見かけます。
アサヒビールさんの本社裏側に回ると、スカイツリーもだいぶ大きく見えます!

そのスカイツリー目指して歩くこと約20分、ようやく建設現場の真下まで到着しました~!(^o^)
それにしても、真下に来るとその高さにビックリしますねー
これでまだ2/3程度の高さのようで、完成したらえらい高さになるんですねぇ~

今日現在での高さが488m。
予定している高さが634mとのことで、まだ2/3ほどしかできてないんですが、さすがに真下から見上げると、その威容ぶりは驚かされます(@_@)
これでまだ2/3程度の高さのようで、完成したらえらい高さになるんですねぇ~これでまだ2/3程度の高さのようで、完成したらえらい高さになるんですねぇ~

しかも、タワー周りの建物なども一緒に建設されているようなんですが、周りは都営地下鉄・押上駅の周りに広がる、ごくごく普通の低層商業地&住宅地。
比較的落ち着いた町並みの裏手に回ると、いきなりこんな物が現れるというギャップが、何とも言えず不思議な感覚でした・・・


最終目的地にもたどり着いたことだし、辺りもすっかり暗くなってしまいましたので、本日はここまでにしたいと思います(v.v)
それにしても、東京の主要な名所を半日で(しかも\500で)見て回れて、すごく充実した1日でございました!




関西人 in 都営大江戸線・上半分(その4)

さすが下町と呼ばれる街だけあって、浅草駅近くの商店街を歩いていても懐かしい光景に出会います。
浅草駅前の商店街には、昔懐かしい太鼓をたたくクマのおもちゃやお面が並べてありました!(^^)

少々分かりにくいですが、中央には太鼓をたたいて笛を吹く犬のおもちゃ。
昔はよくおもちゃ屋の店頭で見かけたものですが、最近は全然見なくなりました・・・
そして、右側には戦隊物のお面。
今では、お祭りの出店くらいでしか見れないですよねー


さて、商店街を抜けると、そこはもう浅草寺(せんそうじ)の参道にある「仲見世通り」にさしかかります。
休日とはいえ、ものすごい人出でもみくちゃです(x_x;
休日ではありますが、それにしてもものすごい人出でもみくちゃになります(x_x;浅草・浅草寺の山門。

ハッキリ外国の方と分かる観光客も多かったのですが、特に多かったのが中国からと思しき観光客。
やっぱり圧倒的に数多く見かけたのですが、これだけの人の波の中で大勢で立ち止まって長いこと記念撮影するのは止めてほしいものですよね・・・


人混みを縫い、ようやく次の門(宝蔵門)にたどり着きます。
お寺さんなので、例によってここから先の写真撮影は遠慮させていただきましたが、写真の奥にちょっとだけ写っている線香をあげるお堂(何という名前か分かりませんが)では、筆者もしっかり少々痛めている左足に加え、頭、顔・・・と煙を浴びさせていただきましたA(^^;
それにしても、でかい提灯ですねぇ~(@_@)それにしても、でかい提灯ですねぇ~(@_@)

無事お参りも終わり参道を戻ると、全国的にも有名な雷門を通ります。
それにしても、かなりでかい提灯ですね!(@_@;
全国的には、こちらの提灯の方が有名かもしれません・・・

後から調べたところによると、この雷門自体は江戸時代後期の大火事で消失したものの、あの松下幸之助氏の寄進によって昭和になって再建。
この巨大な提灯は、高さ390cm×幅330cmで、意外なことに京都の業者さんが作られたものなんだそうです。
http://www.chochin.jp/works/index.htm

ところで、雷門前をブラブラしてますと、こんな商品を売っています。
「もんじゃ焼き入りのまんじゅう?!」(@_@;
大阪の「焼きそば定食」に匹敵するくらい、炭水化物だらけの食事ですねぇ~

大阪名物・焼きそば+ご飯をセットにした「焼きそば定食」もすさまじく炭水化物だらけだと思っていましたが、こちらでも同じようなメニューがあるんですね・・・
しかも(夕方ではあったものの)すでに売り切れとは、かなり意外でした。




関西人 in 都営大江戸線・上半分(その3)

上野公園の中をブラブラしておりますと、東側の景色のいい場所から、ついに見えました~!(^o^)
これが、最近もっぱらウワサになっているヤツですね!
これが今噂のやつですね~(^o^)

遠くではどのくらいの高さなのか見当も付きませんが、てっぺんに延びているクレーンが
「まだまだこれからやで!」
という雰囲気を強くかもし出しておりますね~


さて上野公園の脇には、これまた全国的に有名な難読地名の不忍池(しのばずのいけ)があるとのことなので、ちょっと立ち寄ってみます(v.v)

上野公園内の歩道には、江戸時代の文化や風俗をきれいに描いたランプが飾られています。
まだまだ明るいうちなのでそうでもないのですが、夜になるときっときれいなんでしょうね・・・
上野公園の歩道には、江戸時代の文化や風俗を描いたランプが据え付けてあります

公園のある高台を下ると、そこは一面ハスだらけ!
後で分かったことなんですが、いわゆる「不忍池」は3つのエリアに分かれていて、筆者が見たのは面積が一番大きい「ハス池」だったんだとか・・・
筆者が見た限りの不忍池は、一面ハスだらけでございました・・・

それにしても、まだ明るいうちだというのに、いくつか出ているおでん屋さんの屋台ではそこそこ盛り上がってたりA(^^;、不忍池の周辺では骨董市が開かれていたり・・・と、なかなか親近感を覚える光景をいくつも目にしました。


さて、上野御徒町駅を後にして、国技館で有名な蔵前で初めて都営地下鉄・浅草線に乗り換えるのですが・・・
地下鉄、しかも同じ都営地下鉄同士の乗り換えを、わざわざ地上に出てやらねばならないという、筆者がかつて経験したことのない事態に遭遇します(@_@;
しかも400mも歩くし!(-_-;
地下鉄の乗り換えをわざわざ地上に出て、しかも400m近く歩くなんて経験初めてです!(-_-;


ともあれ、都営地下鉄・浅草線に乗って次に降りたのは浅草
こちらも、昔ながらの東京の風情を色濃く残した街なのですが、筆者は出張でホテルを手配したことがあるくらいでして・・・

駅の出入り口を出るとすぐに、浅草駅のシンボルとも言える光景。
アサヒビールさんの本社社屋前にある、黄金の巨大なオブジェ!
浅草名物?、黄金のウ○コ形(?)のオブジェが特徴的なアサヒビールさんの本社。

このオブジェ、筆者が新入社員(→20年ほど前)にはすでにここに存在していまして、その頃から
「吾妻橋脇にある、金色のウ○コのオブジェ」
と称していたのですが・・・相変わらず、遠目で見たら「ウン○」ですよね~A(^^;


アサヒビールさんの社屋の脇には、今度はかなり細部が見えるようになった東京スカイツリー
ここまで近づくと、かなり細かいところまで見えますね!(^^)

タワーの表面は平面なのかと思っていたんですが、よく見るとパイプが編み目のように組み合わさって、なかなか複雑な造りになっています。

浅草駅の近くの飲食店では、こんなメニューも見かけます。
やっぱり、いずこも考えることは一緒ですねぇ~(^w^;
やっぱり、どこでも同じようなこと考えるんですねぇ~A(-.-;

それにしても、写真に映っているボリュームで1,000円だとしたら、けっこうお手頃なのではないでしょうか?




関西人 in 都営大江戸線・上半分(その2)

次のポイントに向かおうと、新宿西口駅方面に向かっておりますと、途中の地下街でこんなものを見かけます。
壁面に埋め込まれた水槽に、一面のクラゲが・・・
新宿西口駅近辺では、テレビドラマのプロモーションをやっておりました・・・

竹野内豊主演の、フジテレビ新ドラマのプロモーションのようですが・・・さすがキー局は、1クール終了が分かってるドラマのプロモーションにでもカネかけますなぁ~(-.-)


さて新宿西口駅から再び大江戸線に乗り、次に降りたのは上野御徒町(うえのおかちまち)駅
上野に行ったことがなかったのもですが、何より全国的に有名な難読地名・御徒町(おかちまち)は、一度は経験しておかねばならないと思いまして(?!)。

駅を降りて、しばらく親近感を覚えるたたずまいの商店街の中を歩いていると、年末になるとよくテレビで耳にする「アメヤ横丁(アメ横)」にたどり着きます。
「アメ横」といっても、筆者のような地方の人間には全然ピンと来てなかったんですが、衣料品とか食料品(特に食材系)の安売りのお店が、JR山手線の沿線に軒を連ねている感じなんです。
年末になるとよく耳にする「アメ横」も、普段からかなり賑わってるんですねー(@_@)

筆者にとっては、年末にテレビで報道される大混雑のイメージしかない場所なんですが、休日とはいえ今日もかなりの賑わいようで、途中の写メ撮影もままなりません・・・
確かに、(関西の値段感覚でも)いろんな物が安かったし、できれば「人手が少ない時にゆっくりと歩きたかった」というのがホンネですねー


アメ横を通り抜けてしばらく歩くと、「上野恩賜公園」にたどり着きます。
筆者をはじめ地方の人間は「上野公園」「上野動物園」などと言っていますが、いずれも「上野」の後に「恩賜」を付けるのが正式名称のようです(v.v)
ここ上野公園も、今まで訪れる機会がなかったんですよ・・・(T_T)

公園入口に続く階段を登ると、右手には「定番」ではあるものの、特に今年になってさらなる脚光を浴びている西郷隆盛はんの銅像が。
今年は改めてスポットを浴びている西郷さんでございます(v.v)今年は改めてスポットを浴びている西郷さんでございます(v.v)

全国的に「上野公園=西郷はんの銅像」というイメージは定着していますが、特に今年はNHK大河ドラマでの重要人物でもあり、(意外なところでは)来年開業予定の九州新幹線のマスコットに選ばれた途端に、お隣りの熊本県からクレームが付いて撤回されたという、何かと話題の人物でして!
→幕末に西郷はん率いる薩摩軍と官軍が繰り広げた「西南戦争」で、
 熊本の田原坂(たばるざか)というところで、血で血を洗う激戦が行われた影響です。

もう既に(しかも負け戦で)終わった過去のさまざまな所業を、100年以上に遡ってあれこれ言われなければならない西郷はんの立場も、今になって考えると、なかなか辛いものがありますよね~A(^^;

かく言う西郷はんの傍らでも、何がしか着々と工事が進んでいるようでして、大型のクレーンが鉄骨を操作しておりました。
自分の身の回りだけでなく、東京のあっちこっちで工事が行なわれている様を見て、西郷はんだったらどう思われたのでしょうね・・・
西郷はんの銅像の傍らでは、なにやら大掛かりな工事をやっておりました(-_-)




関西人 in 都営大江戸線・上半分(その1)

ここのところ、だんだんざっくりしたタイトルになってきてますA(^^;


東京への長期出張も、残すところあと1週間を切りました(v.v)
そこそこ街に馴染んできたところで帰るのも、何だか複雑ではありますが、せっかく最後の週末なので、筆者がこれまでじっくり歩いたことのない場所に行こうかと思いまして。

ちょうどいいあんばいに、土日祝日は東京都営地下鉄乗り放題で500円という企画切符が出ているんです!(^^)
土日祝日には東京都営地下鉄乗り放題で500円という、街ブラにはもってこいの切符でございます~(^o^)

東京メトロの路線が対象外なのは残念なんですが、筆者が仮住まいしている練馬~六本木の運賃が往復520円ということを考えると、かなりお得ですよねー


というわけで、いつもとは打って変わって少々ガラガラの列車に乗り、最初に降りたのが都庁前駅
出入口を出るとすぐに、東京都庁舎の威容が目に入ります!(当たり前ですがA(^^;)
都庁前駅の出入口を出ると、いきなり東京都庁舎の高層ビルが!(当たり前ですがA(^^;)

真下から見ているからかも知れませんが、それにしても高いですね!
大阪のWTCと同じくらいかと感じたのですが、後から調べたところではやはりトントンなんですね~(東京都庁舎:243m、WTC:256m)。

建物から少々離れても、あまりに高いので、すごい仰角で写メ撮らねばなりません(@_@)
幸い手ぶれは入ってませんが、けっこうキツい体勢で撮ってます・・・
それにしても、やたら高い建物なので、写メ撮るにもものすごい仰角で構えねばなりません(@_@)


さて、筆者にとっては約10年ぶりくらいの新宿なので、久しぶりに駅近辺をブラブラしてみます。
それにしても、この辺の風景もすっかり変わってしまい、自分がどこを歩いているか分からなくなります・・・
新宿の街を歩きまわるのは、約10年ぶりくらいです・・・

一通り新宿駅近辺を歩きまわって、その変貌ぶりに驚いていたのですが、それでも東口の紀伊國屋書店近辺は、10年前の雰囲気をなんとなく残していて、すごく懐かしさを感じます(^^)
この辺りは、まだ昔の面影が残ってますねー(^^)




関西人 in 六本木

こんばんは。筆者です(v.v)

東京への長期出張も、残すところあと1週間。
何だかあっという間の1ヶ月でしたが、なかなか楽しめたと思います~(^^)


ところで、筆者が仕事している六本木という場所、これまでにちょこちょこ東京で仕事している筆者が初めて仕事する場所なんですが、せっかくなので通勤途中や昼休みの合間に、ちょっと寄り道してみました。

筆者は東京都営地下鉄・大江戸線という割と新しい(1991年開業・六本木駅は2000年開業)路線を使っているんですが、聞くところではこの六本木駅は地下42mという、日本で一番深いところにある地下鉄のホームなんだそうです!(@_@;

だからか知りませんが、列車が駅に到着すると、エスカレーターはご覧のあり様!
みんなエスカレーターに「立って」乗るのを待っているおかげで、エスカレーター周辺は大混雑してえらいことになってます!(>_<)
みんなエスカレーターを「立って」乗ろうとするので、列車が到着した直後はこのあり様です(-_-;

関西だったら、みんな一斉にエスカレーターを「歩く」し、待ってるくらいだったら脇の階段を歩くから、こんな大混雑は見られないのでしょうが・・・
それにしても東京の人って、こういった「どうでもいいところ」で不精しますよね~
ちなみに筆者は毎日、地下42mから延々階段を歩いて登っています(v.v)


地上に出ると、いきなり六本木の中心街!
目抜き通りを歩いていると、沿道の飲食店のメニューを目にするんですが、ランチメニューでもだいたい1,000~2,000円といったところ。
ランチに1,200円とか1,600円とか使う感覚は、大阪では絶対に考えられません!(@_@;

大阪のビジネス街だったら、だいたい400~600円がランチの相場だと思うんですが・・・
さすがに毎日この値段のランチは厳しいので、全国統一価格で安心出来る吉野家とか松屋、あるいは長い開拓の末に見つけた「お手頃価格のお店」で済ませております(v.v)


ところで、一般的には
「六本木=派手なビジネス街・歓楽街」
というイメージが強いのですが、中心街からちょっと外れると、こんな落ち着いた住宅街も広がっているんです。
何だか、ちょっとだけホッとする光景ですね~(^^)
少し中心街から外れると、一般の住宅街が広がっているんです!

と、そんな中でこんな看板を見かけます。
この美容室は、初めて通うには少々勇気がいりますねぇ~A(^^;

この美容室に初めて通うには、けっこうな勇気がいりますねぇ~A(^^;


続きを読む

タグ:東京都営地下鉄 大江戸線 六本木

今度は「まいたけ」に「焼きトマト」、「温ヨーグルト」ですか・・・(-_-;

こんばんは。筆者です(v.v)

実はつい先ほどまで知らなかったのですが、最近はまたタイトルで書いたようなダイエット法がテレビで紹介されて、またしてもスーパーで品切れになるところも出たのだとか。

ほとほと思いますが、日本人って何でこんなにバカなんでしょう?!
リンゴ、ゆで卵、紅茶キノコ、朝バナナ・・・ときて、結局どれも決定的な効果がなかったのに、まだ懲りませんか~(>_<)

また、その番組を放送した某東京キー局も、以前系列局があれだけ叩かれたにもかかわらず、まだ懲りませんか!
そもそも、納豆云々の時の問題を、何も反省していないんじゃないでしょうか?


例によって
「○○を毎日食べれば、あとは何を食べてもOK」
だなんて、相変わらずのお手軽感を演出してはいるものの、このダイエット法を紹介した番組では、ウォーキングやスイミング等運動療法も合わせて行っていたとのこと。
だったら、仮に痩せたにしても、それがキノコやらトマトを食べたことによるものか、はっきり分からないじゃないですか!
(運動して痩せた部分がかなり多いと思うけど)

だとしたら、マイタケやトマトをスーパーで買い占めた人たちの意図とは反して、決して「お手軽」ではないんですよね・・・


それに、これはいつも指摘していることなんですが、体脂肪率が50%近いデブタレントが(それなりに)規則正しい生活を送って、それなりに運動すれば、それなりに痩せるのはごくごく当然だと思いませんか?
逆にそういった生活をこれまでに送ってきてないからこそ、そういった体型になっていたわけで。

それを、いかにもある特定の食品を食べたことによる効果のように喧伝するのは、マスコミの姿勢としていかがなものかと思います。


まあ、こういったバカバカしい内容を真に受けて、いつも振り回され続けている日本の消費者も、正直知的レベルを疑われて仕方ないと思いますが・・・そういったレベルの国民なんですから、テレビ局を管轄している総務省及び厚生労働省は、ぼちぼちこういったいい加減なインチキのダイエット情報に対して、強力に規制をかける必要があるのではないでしょうか。




関西人 in 東京都練馬区(その2)

こちら関東でも、JR以外は駅の間隔はさほど長くないようでして、10分足らず歩いて次の駅・中村橋駅に到着します(v.v)
程なく、次の中村橋駅に到着しました(v.v)

中村橋駅の構内には、堂々とこんな掲示があるんですが・・・ホンマに?!
しかも、鳥取県境港出身の水木しげる先生が生み出したキャラなのに・・・(?_?)
こんなこと書いてありますが(?_?)

後ほど調べたところ、昔懐かしの東映アニメーション(「ワンピース」や「ドラゴンボール」、写真にある「ゲゲゲの鬼太郎」など)だとか、かの手塚治虫先生の虫プロ(言わずと知れた「鉄腕アトム」など)といった企業が、この練馬に所在しているんだそうです(@_@)
なるほど、「アニメ発祥の地」とうたっているわけです。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/animesangyo/

駅の周りをブラブラしていると、同じく西武系のスーパーの脇に、最近多くなってきたカタログギフトのポスターを見かけます。
このポスター、パッと見でどうしても
「ごっつ・お便」
って読んてしまう関西人がいましたA(^^;;;
関西の人が読んだら、絶対間違いますよね~A(^^;


さて、次の富士見台駅、練馬高野台駅も程なく到着するのですが、途中よく見かけるのがホッピーののぼり。
関東ではメジャーなんですが、西日本ではほとんど馴染みのない「ホッピー」

恥ずかしながら筆者、(昔、東京在住していたにも関わらず)この「ホッピー」の存在をつい3年前まで知りませんでして・・・
(なにせ生まれてこの方、ずっと西日本でやってきてるもんでしてA(^^;)

ホッピー自体は、ここのところの健康志向を受けて、関西でもボチボチ見かけるようになりましたよねー




関西人 in 東京都練馬区(その1)

雨がちだった1週間の最後で、ようやくいいお天気となりましたね!
気温もちょうどいいあんばいで、絶好のウォーキング日和となったここ近畿・・・じゃなかった、関東地方です(^o^)

長期出張に来て初めて東京で過ごす週末で、どこに行こうかと迷ったのですが、筆者が仮住まいしている練馬という土地自体が初めてなので、まずは家の近所をブラブラしてみることにします(v.v)

ところで筆者の仮住まい、西武鉄道・池袋線の桜台駅というところが最寄り駅なんですが・・・
今の埼玉西武ライオンズが所沢に本拠地を移す前(当時は「クラウンライター・ライオンズ」でした)からの、かなり年季の入った「ライオンズ」ファンである筆者!
西武線沿線に住むことは一生ないと思っていただけに、今の状況はなかなか感慨深いものがあります(T_T)


それはさておきA(^^;、筆者の仮住まいの近くを走っている「目白通り」からスタートします。
例によって、道に迷うetc.不測の事態でもすぐリカバリーできるよう、なるべく路線に沿って歩きます。
仮住まいの近く、目白通りからのスタートです(v.v)

東京以外の人間(特に関西人)にとっての「東京」って、人も街もスキがなくて、ほとんどツッコミどころがない(=面白くない)という印象を持っていて、筆者も過去の経験からそう思っていたのですが・・・
歩くこと5分、いきなり来ました~!
いきなり来ましたか~(@_@;

えっ、これって看板?メッセージ?
最初見てから、数秒間頭の中が真っ白になります(「船場吉兆」かっ!ヾ(-_-;)

ネットで調べたところでは、このお店「朝日金網工業」という金網専門店で、過去にテレビでも紹介されたこともあるんだそうです。
http://www.ntv.co.jp/burari/091121/info01.html

事実、暗がりを好むネズミの目に付かないように、網の色は「黒」になるんだそうで・・・たかが金網といえど、なかなか奥深いんですね・・・


さらに歩くと、練馬駅に程近い交差点で。
筆者も初めて目にしますが、青信号と赤信号の残り時間を表示してくれる歩行者信号機なんですねー(@_@)
練馬駅前で見つけた、イラチな大阪人向けの信号機(^w^;練馬駅前で見つけた、イラチな大阪人向けの信号機(^w^;

イラチ(せっかち)な人が多い大阪では、信号の待ち時間を数字で表示して事なきを得ている(?)のですが、(筆者が見る限りでは)ちゃんとマナーやルールを守っている東京の人々には無用では?と思うのですが???(?_?)




関西人 in お江戸

こんばんは、筆者です(v.v)

久しく投稿に間があいてしまってますが、実はそれもこれも、筆者自身が東京に長期出張(1ヶ月予定)に来ているせいでして!(-_-;

仮住まいは大根で有名な練馬、仕事場は押尾学で有名な(?)六本木。
やはり関西とは雰囲気も風習も違いますが、大昔(→20年ほど前)に筆者が住んでいた頃よりは、街中でもだいぶ関西弁を耳にするようになったのがうれしいところです(^^)


さすがにこのブログのタイトル掲げて「東京の街歩きの様子」をお伝えするのもどうかと思ったのですが・・・逆に
「関西人から見た東京は、こんな風に映ってるで~」
というのを伝えるのも一興かと思いまして。

というわけで、しばらくは「関西人 in ○○」と題して、筆者の目から見た東京の光景を投稿していく予定です。
もちろん、(どれだけあるかは分かりませんが)街中の「おもしろ風景」も、できるだけお伝えできればと思っております!(^^)