プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

04/29のツイートまとめ

fpmaru

大蔵谷駅から大阪に戻ってるところですが、明石海峡大橋のレインボーカラーのライトアップがきれいです!(^o^)
04-29 19:05

というわけで、明石海峡大橋のたもとで一息。微妙に時間オーバーで、あちこちの施設にははいれませんでした…(-_-)
04-29 17:52

なぜかJR舞子駅の近辺をブラブラしていますA(^^;
04-29 17:39

山陽垂水駅を出てしばし、住宅街の中を試行錯誤しながら進んでます(x_x;
04-29 17:17

鉢伏山をほぼ縦断したためリカバリーに時間がかかりましたが、ようやく山陽塩屋駅に到着です
04-29 16:10

鉢伏山山頂を経て、塩屋駅に向かってます。六甲の山々の新緑が鮮やかできれい!
04-29 15:33

毎年恒例?の軽登山で、鉢伏山を登ってます(x_x;去年よりは、楽に登れているようで、何より。
04-29 15:02

ゴールデンウイーク初日、めっちゃ春らしいお日柄の中、山陽電鉄沿線に向かってます(v.v)
04-29 13:30


全国的にお休みですね・・・

こんばんは、筆者です(v.v)

今年のゴールデンウイークは微妙な曜日配列なんですが、今日29日から10連休という方もけっこういらっしゃるようですね。
筆者も、ここ二週間ほどけっこう頑張ったんですが、残念ながら1日休み+8連休という変則的なスケジュールとなってしまいました・・・(-_-)


ただまあ、今年はある程度まとまった休みが取れそうだったので、街歩きに当たりいろいろプチテーマを考えてみました。
キーワードは
「近畿の3ネコ
「盲腸線」
の2つ。

実は、「近畿の3ネコ」(筆者の造語ですA(^^;)のうち、一匹は今年早々に会う機会があったのですが、あいにく留守でして・・・(-_-)
せっかくなのでその子に会いに行くのと、そこそこ遠い場所で一代出世した子の二匹に会う予定にしています(v.v)
→全国的には、滋賀・彦根にいてる残りの一匹が一番有名だと思いますが、ご存知のとおりかなり遠いところにいてるので、また沿線を歩くときにでも・・・


そんなわけで、いつにもなく遠距離&移動距離の長い休みになりそうですが、筆者はさっそくこういう企画切符を買いました。
スルッとKANSAI 3dayチケット

このスルッとKANSAI 3dayチケット」、連休中の任意の3日、近畿二府四県内の市営交通・私鉄のほとんどが乗り放題になるという、まさに筆者にうってつけのチケットなんです~!!(^o^)
特にここのところ遠距離移動が多い筆者は、往復の交通費だけでもそこそこええ金額になってきたので、こんなチケットはホンマにありがたい限りでしてm(T_T)m

それに、例えば大阪市内だと「海遊館」で大人100円引き、大阪市立科学館でプラネタリウム20%引き・・・など、近畿の提携スポット350カ所で割引などの特典もあるし、関西を遊び倒すにはもってこいですね!
(ちなみにこのチケット、連休中だけでなく夏と秋にも発売されるし、連続した3日間乗れるチケットは年中売ってます)

お休みに関西圏に来られる方には、是非ともお勧めのサービスですよ~(^^)



続きを読む

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:スルッとKansai

山陽電鉄・本線(その11)

◯西舞子駅(兵庫県神戸市垂水区)
◯大蔵谷駅(兵庫県明石市)

舞子公園駅を出てしばらく歩くと、これまでになく山陽電鉄とJR神戸線の路線が隣接してきて、踏切もえらいことになってます!(@_@;
これ、両方の路線とも開いてないと開かない踏切だし、距離もそこそこあるから、渡るにも一苦労です。
山陽電鉄とJR神戸線がめっちゃ並行していて、踏切もえらいことになってます!(@_@;山陽電鉄とJR神戸線がめっちゃ並行していて、踏切もえらいことになってます!(@_@;

やがて、次の西舞子駅の駅舎が見えてくるんですが・・・駅舎はあれども国道に阻まれて、駅舎に渡れません。
と、よく見ると筆者が歩いている歩道に地下道があって、そこから駅舎に行くみたいですね(@_@)
西舞子駅は、国道脇の地下道をくぐって入る構造になっています・・・


国道沿いを歩いているため、郊外型の店舗などが多くて、なかなか書くべきネタがありません。
延々歩き続けるしかないんですが、そうこうしているうち次の街・明石市に入りました~(^o^)
長いこと歩いてきた神戸市を過ぎ、明石市に入りました~(^o^)

阪神電鉄沿線を歩いて、神戸市に入ったのが一昨年の秋なので、かれこれ1年半(途中半年ほどブランクあり)歩き続けてきたことになりますが、こうやって振り返るとホンマにいろんなスポットが多かったですねー

全国的に明石という地名から真っ先に連想されるのは
・タコ
・明石焼き
・明石海峡大橋(⇒実際にあるのは神戸市だけどA(^^;)

といったところと思いますが、もう一つ忘れてはいけない重要なポイントが。

「時のふるさと」というフレーズにも現れていますが、「明石標準時」などと言うように、日本全体の時刻(日本標準時)となっている場所でもあります。
普段はなかなか気に留めないですが、こうやって現地が近くなると不思議と思い出してしまいます。
確かに、普段はあまり意識しない「時のふるさと」ですよね。

今日の目標は、その基準になっている東経135度線が通っている次の人丸前駅だったんですが、さすがに鉢伏山を思い切り縦走して時間を食ってしまったようです・・・(-_-)
帰りの大蔵谷駅のホームからは、その明石市立天文科学館の灯りが見えますが、また次回、明るいうちに訪問したいと思います(v.v)
大蔵台駅のホームからは、明石天文台の灯りが見えます。


◯本日(2011/04/29(金))の実績
・本日の歩数:27,725歩(22.2km)
・2011年4月の歩数:356,792歩(285.4km)
・2011年の累計歩数:1,438,234歩(1,150.6km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:山陽電鉄 本線 西舞子 大蔵谷

山陽電鉄・本線(その10)

◯舞子公園駅(兵庫県神戸市垂水区)
(JR西日本・神戸線 舞子公園駅 乗換駅)

というわけで、隣接するJR神戸線の路線を渡り、舞子公園に入ります。
公園の歩道橋を渡ると、いきなり明石海峡大橋(愛称・パールブリッジ)の巨大な姿が!(@_@)
JRの路線を横切り、海に面した舞子公園に入ります。公園に入ると、すぐ目の前に明石海峡大橋の勇姿が!

筆者は、近畿在住二十年あまりにして来たことが一度もなかったんですが、このような碑があることすら知りませんでした・・・
それにしても、夕暮れの光景もなかなか絵になりますねー
夕暮れの明石海峡大橋も、なかなか絵になります(^^)

この辺りになると、海の色も鮮やかなネイビーブルーになっていますね~。
ただ、やたら風が強くて、それだけが難儀です!(+_+)
真下から見上げるとこんな感じです(v.v)この辺りになると、鮮やかなネイビーブルーの海が広がっています!

橋のたもとには、舞子海上プロムナードという施設があって、橋の高さから下の光景を眺めることができるアトラクションなどがあるそうです。
橋のたもとにある施設では、橋の高さから下を見下ろせるなどの体験ができます。

例によって、微妙に閉館時間を過ぎてしまったので、筆者は入ることすらできませんでしたが・・・


明石海峡大橋から少し離れたところには、少々分かりにくいんですが、明石藩の砲台跡(舞子砲台跡)があります。
幕末に、外国船の来航を牽制するために設置された砲台跡なんだそうですが、実際には発掘跡がほとんどが埋め戻されていて、現在見れるのはごく一部らしいです。
明石海峡大橋から少し離れたところには、舞子砲台跡があります。明石海峡大橋から少し離れたところには、舞子砲台跡があります。


JR西日本・舞子公園駅周辺の巨大な商業ビルの裏手に、舞子公園駅があります。
海側の光景がインパクト強いだけに、ちょっと分かりにくいですね・・・
商業ビルなどの影に隠れ、少々目立たない舞子公園駅。


(「山陽電鉄・本線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:山陽電鉄 本線 舞子公園 明石海峡大橋 舞子砲台跡 舞子海上プロムナード

山陽電鉄・本線(その9)

◯霞ヶ丘駅(兵庫県神戸市垂水区)

垂水駅を出てから沿線の道がなくなり、しばらく住宅街の中をさまよいます(T_T)
割と沿道が整備されている山陽電鉄では珍しいんですが、迷ったからこそ見つけられたものが!
住宅街の中にいきなり現れる、五色塚古墳(@_@)

住宅街の中にいきなり現れたのは五色塚古墳
しかも、これまでもたびたび書いてきた「木々が生い茂った小山」のような古墳ではなく、古墳の原型がよくわかる形になっています。
住宅街の中にいきなり現れる、五色塚古墳(@_@)住宅街の中にいきなり現れる、五色塚古墳(@_@)

他の古墳と決定的に違うのは、中に人が立ち入って頂上に登れること!(@_@)
残念ながら入場時間は過ぎていましたが、無料で入場できるらしく、筆者が通りがかった時も何名かの方が頂上付近を歩いておられました。
これまでに見てきた古墳とは異なり、実際に上に登れるみたいですね!(@_@)


五色塚古墳から5分ほど歩いたところに、次の霞ヶ丘駅があります。
なぜか、古墳を通りすぎてからは沿線の道も整っていて、スムーズに進めるんです・・・
五色塚古墳の最寄り駅、霞ヶ丘駅。

ところで、これまであえて触れてきませんでしたが、ここまで来ると明石海峡大橋もこんなに大きくなります!(^o^)
ずいぶんと遠くから見えてきただけに、いよいよといった感じですね~
これまであえて触れてきませんでしたが、もうここまで大きく見れるようになってます!(^^)


(「山陽電鉄・本線(その10)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:山陽電鉄 本線 霞ヶ丘 五色塚古墳 明石海峡大橋

山陽電鉄・本線(その8)

◯山陽塩屋駅(兵庫県神戸市垂水区)
◯滝の茶屋駅(兵庫県神戸市垂水区)
◯東垂水駅(兵庫県神戸市垂水区)
◯垂水駅(兵庫県神戸市垂水区)

鉢伏山をほぼ縦走する形になり、沿線に戻るのに少々時間を食ってしまいました・・・
ようやく海際に戻ってきたところで、山陽塩屋駅近くの川には一面の鯉のぼりが飾られています!(^^)
そういえば、もうそういう時期なんですね~
山陽塩屋駅近辺の川には、一面の鯉のぼりが飾られています!(^^)

前回は真っ暗な中でたどり着いた山陽塩屋駅でしたが、明るい時の雰囲気はこんな感じです。
明るい時の山陽塩屋駅です(v.v)


しばらく沿線を歩いていると、だんだんと道に傾斜が付いてきて、とうとうこんな感じで路線を見下ろす形になってしまいます。
写真の左端がJR神戸線、その一段上が山陽電鉄の路線で、山側の歩道から降りたところに東垂水駅の改札があります。
斜面に作られているとはいえ、何ともけったいな構造の駅です。
この辺りになると、思い切り路線を見下ろす形になります。東垂水駅は、斜面を利用したけっこうユニークな構造の駅となっています

ほどなく次の垂水駅に到着しますが、これまでの駅とは打って変わり、ずいぶんと拓けた駅前になってます。
ただ残念ながら、駅前をそこそこ歩きまわったものの、ネタになりそうなスポットは見つかりませんでした・・・(T_T)
これまでとは打って変わり、ずいぶんと巨大な建物が増えた垂水駅前。


(「山陽電鉄・本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:山陽電鉄 本線 山陽塩屋 滝の茶屋 東垂水 垂水 鯉のぼり

須磨浦ロープウエイ線(その2)

◯せっつ駅(兵庫県神戸市須磨区)
◯はりま駅(兵庫県神戸市垂水区)

ハイキングコースの入り口から30分ほどで、ロープウエイの沿線を登りつめます。
さすがにここまで来ると、今まで歩いてきた神戸の街が一望できます!(^o^)
これまで歩いてきた神戸の街が一望できます!(^o^)

カーレーターの様子は外からは見えないんですが、聞いた話では、前後左右への独特の「揺れ」が何とも不思議な乗り物なんだそうです。
ロープウエイの駅からは「カーレーター」と呼ばれる独特の乗り物に乗り換えて山頂を目指します。

脇の山道を登り切ったところには、展望台(須磨浦回転展望台)があります。
その脇にあるのが、観光用リフトのせっつ駅
カーレーター脇の登山道を登ったところが、山頂展望台になります。観光用リフトのせっつ駅

子供連れやカップルがキャーキャー言いながら乗っていても、いちおうこちらも「須磨浦ロープウエイ」の線のようなので、仕方なく沿線を歩きます(-_-;。
観光用リフトの沿道に沿って山道を進みます(v.v)


山道をしばらく進むと、鉢伏山に隣接する旗振山への「峠の茶屋」があります。
辺りには、六甲山系の登山を楽しまれている方々がたくさんいてるんですが、雰囲気ちょっと近づきにくい感じはありますね・・・
鉢伏山山頂から少し降りたところには「峠の茶屋」が

この旗振山、その昔大阪・北浜で淀屋さんなどが行っていた米の先物取引の相場を旗を振って知らせていたことから名付けられたそうです。
脇には、昔の摂津国と播磨国の境界線(現在では神戸市須磨区と垂水区の境界)の看板があって、こんな山の中でも関西の昔の歴史を垣間見ることができるし、筆者がこれまで歩き倒してきた場所との接点も少しづつ増えています。
昔の摂津国と播磨国の境界がここだったそうです(v.v)


それにしても、六甲の山々の新緑が鮮やかで、ホンマに気分爽快です!(^^)
六甲の山々の新緑も、鮮やかで気持ちいいですねー(^o^)


(「山陽電鉄・本線(その8)」に続く)




須磨浦ロープウエイ線(その1)

ゴールデンウイーク初日、メチャメチャお日柄のいい、絶好のお出かけ日和となりました~!(^o^)

ここのところ、連休前の追い込みで記事更新もままならないほど忙しかったのですが、(さすがに10連休は無理だったけどA(-.-;)おかげでしばらくはのんびり過ごせそうです(v.v)

さてそんな中で今日歩くのは、山陽電鉄・本線・・・とその前に、せっかくのいいお天気でもあるので、ハイキングがてら前回通りがかった須磨ロープウェイの沿線をひと歩きしてみます。


◯須磨浦公園駅(兵庫県神戸市須磨区)
(山陽電鉄・本線 須磨浦公園駅乗換駅)

筆者は阪神電鉄・なんば線を使って現地に向かいますが、途中の尼崎駅ではこんな光景を見かけます。
阪神・尼崎駅で見られる、停車中の車両を通り抜けての乗り換えA(^^;

奈良方面から来た列車から神戸以西に行く列車に乗り換える際、真ん中のホームに停車している各駅停車の列車の中を通って乗り換えるシステムなんです。
筆者も最初体験したときはビックリでしたが、他にも近鉄の大和西大寺駅などでも同様のシステムが採用されています。


さて、前回立ち寄った時は、まだ冬の寒い中、辺りも薄暗くて淋しい雰囲気の須磨浦公園駅だったのですが、今日は特急も臨時停車するなど、ハイキングや公園内の遊園地に向かう人たちで賑わってます(^^)
まー、絶好のお出かけ日和ですからねー
冬の夕暮れに訪れた前回に比べると、圧倒的に明るい雰囲気の須磨浦公園駅(^^)

この須磨浦ロープウエイ、ふもとの須磨浦公園駅からいったんロープウエイで中腹まで行き、そこからさらに「カーレーター」と呼ばれる独特の乗り物で鉢伏山上駅に向かいます。
駅の脇には、ハイキングコースの入り口もあるので、筆者はそこから鉢伏山上駅を目指します。
鉢伏山はロープウエイの他、ハイキングコースでも登れるとのこと。

ハイキングコースに入ってすぐ、山陽電鉄の線路を横切るのですが、こうやってみると須磨浦公園駅とロープウエイとの位置関係がよく分かります。
須磨浦公園駅とロープウエイの関係がよく分かりますねー

歩くことしばし。
「ハイキング」という言葉で少々甘く見ていた部分はありましたが、比較的緩やかな傾斜の道が続いてはいるものの、普段平地しか歩いていない筆者にとっては、この傾斜の連続がけっこう応えます(x_x;
緑が豊かで、比較的緩やかな傾斜の道となっています緑が豊かで、比較的緩やかな傾斜の道となっています

そういえば去年のゴールデンウィークも、「生駒越え」の帰りにヘロヘロになってロープウェイ線の沿線を歩いたのを思い出しましたA(^^;
何だか「ゴールデンウィークの山登り」が毎年の恒例行事になりそうな気もしますが、ともあれ去年の生駒山の時よりは、割と楽に登れているようで何よりです(v.v)。


(「須磨浦ロープウエイ線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:須磨浦ロープウエイ 須磨浦公園 なんば線 鉢伏山

04/29のツイートまとめ

fpmaru

大蔵谷駅から大阪に戻ってるところですが、明石海峡大橋のレインボーカラーのライトアップがきれいです!(^o^)
04-29 19:05

というわけで、明石海峡大橋のたもとで一息。微妙に時間オーバーで、あちこちの施設にははいれませんでした…(-_-)
04-29 17:52

なぜかJR舞子駅の近辺をブラブラしていますA(^^;
04-29 17:39

山陽垂水駅を出てしばし、住宅街の中を試行錯誤しながら進んでます(x_x;
04-29 17:17

鉢伏山をほぼ縦断したためリカバリーに時間がかかりましたが、ようやく山陽塩屋駅に到着です
04-29 16:10

鉢伏山山頂を経て、塩屋駅に向かってます。六甲の山々の新緑が鮮やかできれい!
04-29 15:33

毎年恒例?の軽登山で、鉢伏山を登ってます(x_x;去年よりは、楽に登れているようで、何より。
04-29 15:02

ゴールデンウイーク初日、めっちゃ春らしいお日柄の中、山陽電鉄沿線に向かってます(v.v)
04-29 13:30


こんな時こそ、是非ともやって欲しい!(>_<)

こんばんは、筆者です(v.v)
今週末は、ここ近畿地方のお天気悪かったこともあって、1週お休みとしておりますm(_ _)m


ところで、今日テレビを見ていて聞いた話ですが・・・
筆者の青春時代で一番輝いていたバンドBoowyのボーカル、氷室京介氏が、6月の武道館ライブをチャリティーで、全面Boowyの曲でやるとのことを聞きました。


・・・是非ともお願いします!m(T_T)m
「日本で一番、再結成を待ち望まれているバンド」
と言われて久しいですが、そうそう「再結成」を繰り返していては価値がないというのも、すごくよく分かります。

ただ今こそ、やる時でしょう!
布袋さん、HPを拝見する限り同じ気持をお持ちのようですから、一瞬だけでもいいから、是非とも「再結成」をお願いします!
当然、松井さんや高橋さんも含めて!

筆者は、まださほど売れていない頃の学祭で見て以来二十数年になりますが、先にも書いたように「消化不良」でだらけてる日本の音楽界に思い切り「喝!」を入れるのは、あなた達しかいてないと思っています!




"We are the world"には程遠く・・・(-_-;

こんばんは、筆者です(v.v)

以前、筆者のTwitterでも
「日本を代表するアーティストが、事務所やレコード会社の枠を超えて集結してCDなりDVDを作り、その売上を被災地の復興資金にしては?」
と、ちょっとつぶやいたんですが・・・いまだ、それらしいものは全然実現してませんよね(-_-;

どこもかしこも「事務所単位」の活動で、(うがった見方かもしれませんが)なんだか一段落ついた後のソロバン勘定が見え見えで、個人的にはあまり賛同できません。

日本のアーティストたちに先駆けて、U2のボーノなどは率先して知り合いのミュージシャンに声かけて、チャリティーアルバムを完成させてます。
しかも、国境や事務所(⇒外タレにあるかどうかは知らないけど)、レコード会社の枠を超えて!
同じ日本の中で起こったことなのに、海外アーティストのほうが全然「団結力」高いなんて・・・何で?(?_?)


今のところ、数少ない「らしさ」を見せているのが、我らが大阪を代表する企業、サントリーさんのイメージCM。
見るたびごとに、これまでCMに出演した歌手、タレントの方々がことごとく登場してきて、かなりビックリでした!
http://www.suntory.co.jp/enjoy/movie/d_s/880953901001.html

・・・この流れでアルバムやDVDを作って海外に売り込めば、(特にジャニーズのメンバーがいれば)義援金もたくさん集まるだろうし、何より彼ら・彼女ら自身の存在をアジアはじめ海外にPRできる、絶好の機会だと思うんですが。
それとも、どんなことがあろうとも、目線は国内の評判etc.にしか向いてないんでしょうか・・・




04/16のツイートまとめ

fpmaru

寒風にさらされ続けることちょうど四時間。篠山口駅に到着しました~(T_T)これから、しばらく駅前をブラブラしてみます(v.v)
04-16 18:12

というわけで、早くも南矢代駅に到着(^_^)v今日は、あと一駅行けそうですね…
04-16 17:42

「見渡す限り山の中」とはいえ、沿線の道はけっこう整備されていて、快適に歩けます(^^)
04-16 17:15

360度見渡す限り山の中ですが、ウグイスが鳴き、なかなか春らしい雰囲気の中を歩いてます(^o^)
04-16 16:51

武庫川沿線には延々と桜並木が続いていて、満開の桜を独り占め状態です~(^o^)(とても花見はできないけど)
04-16 16:31

いよいよ篠山市に入りました~(^o^)兵庫県最後の街でしたっけ(?_?)
04-16 15:59

小川のせせらぎと鳥のさえずり、カエルの鳴き声しか聞こえない田園風景の中を進んでます。ここのところ、心がささくれ立っていた筆者にとっては、つかの間の癒やしでしょうか
04-16 15:03

相野駅近辺をウロウロしていますが、風が強くて冷たい!(x_x;
04-16 14:20

少々山がちだからかもしれませんが、三田近辺の桜は今がちょうどええ頃かもしれませんねー(^^)
04-16 14:04

生まれて初めて乗る「丹波路快速」に、年甲斐もなく少々ワクワクしております(^o^)
04-16 13:28


続きを読む

JR西日本・福知山線(その24)

○篠山口駅(兵庫県篠山市)

せっかくたどり着いた南矢代駅、しばらく駅の周囲をブラブラしてみますが、目につくのは民家とその間に広がる田畑ばかり。
仕方ないので、早々に沿線歩きのたびに戻ります(-_-)

と、沿線の比較的大きな道を進んでますと、傍らに現れた標識には「丹波の森街道」の文字が。
20110416-060.jpg

後から分かった話ですが、南矢代駅から筆者が歩いてきた国道176号線は、丹波地域を南北に貫くこの「丹波の森街道」の一部やったんだそうです。
ただ、その「丹波の森街道」が具体的にどこの道を指しているのかが分かる情報がありませんでした・・・
(筆者が気づいてないだけで、これまでもそこそこ歩いてきたのかもしれません)


ともあれ、歩くこと30分ほど。
とりあえず今日の目標やった篠山口駅に到着しました~(^o^)/
とりあえず今日の目標・篠山口駅に到着します(v.v)

大阪発の「丹波路快速」の列車は、ほぼすべてこの篠山口駅で乗り換えとなるため、駅前にはいくつかお店が並んでたり、駅舎出てすぐになんと古美術のお店があったりします!(@_@)
以前、南海本線沿線を歩いてるときに、「駅のホームから数秒で魚屋」ってのはありましたがA(^^;、このパターンもなかなか珍しいですねー
20110416-067.jpg


しばらく駅周辺をブラブラした後、改めて駅舎の中を探索します。
駅舎内にある観光案内所で周辺地図を見かけますが、実際には市街地までそこそこ距離がありそうですね。
20110416-069.jpg

せっかくなので、時間的に余裕があれば篠山城方面まで足を延ばせればと思っていたのですが・・・今日はムリそうですね・・・

引き続き駅周辺をブラブラしてますと、駅のプラットフォームで見かけたのが篠山市のゆるキャラ・デカボー
ご当地の名産品、丹波の黒豆をあしらってるみたいですねー
20110416-063.jpg


ときに、何で「デカボー」なのか?
その昔、この土地の藩士はんは非常に教育に熱心やったそうでして。
私塾を構え、そこで成績優秀やった学生を東京に寄宿させるなどされていたそうです。

で、この土地に代々伝わっていた民謡をそういった学生たちが東京に伝え、歌詞も学生流にアレンジして
「デカンショ~、デカンショ~で半年ゃ暮らす ヨイヨイ!」
という「デカンショ節」が一気に全国に広まったんやそうです。
ここ篠山では、夏のお盆前後に「デカンショ祭」というのが開催されているほど、地元の方には親しまれてる民謡のようですね。
筆者も楽曲自体は知っていたものの、まさか篠山発祥とは(予習段階でも)知りませんで、なかなか新しい発見をさせていただいた次第です(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 篠山口 デカボー デカンショ節 丹波の森街道 黒豆

JR西日本・福知山線(その26)

○南矢代駅(兵庫県篠山市)

ほどなく、次の古市駅にたどり着きます。
路線の片側は山がちになってるせいか、ホンマに「お山の駅」というたたずまいの駅ですねー
古市駅も、いかにもという雰囲気を漂わせています!

駅周辺には個人店舗が数店舗あるくらいなんですが、駅前の通りを少し進んだところで見かけたのが、いかにも歴史を感じる酒蔵の建物。
秀月という銘柄の日本酒を造ってはる、狩場酒造所はんの建物のようです。
20110416-053.jpg

これまで、篠山=日本酒というイメージは全然なかったんですが、実際はいくつか昔からの酒造所があるようでして、ここ狩場酒造所はんは有名どころみたいですね。


やがて周りには一面の田園風景が広がり、このような寂しい道をテクテクと進みます。
見渡すかぎり果てしなく田んぼと電柱が続く、すごい光景です(@_@)

時折、傍らに斜面や崖が広がる箇所もあるんですが、そんなところで見かけたのが・・・
イノシシはまだしも、マムシが出ますか!(ToT)

ええっ、イノシシだけやなくてマムシも出ますか~!!(T_T)
まあ、今までも何度となく遭遇してきた状況ですので、用心深く先を進むのみですが。

かくして沿線を歩くこと30分ほど。
次の南矢代駅に到着します。
20110416-059.jpg



(「JR西日本・福知山線(その27)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 南矢代 秀月 狩場酒造所

JR西日本・福知山線(その25)

◯草野駅(兵庫県篠山市)
○古市駅(兵庫県篠山市)

武庫川の桜並木に見とれていてすっかり忘れていましたがA(^^;、程なく次の篠山市に入りました!(^o^)
長かった三田市の行程を終わり、久しぶりに新しい街・篠山市に入りました~!(^o^)

全国的には、隣の丹波市と共に「丹波篠山ブランド」の黒豆や松茸が有名ですが、街としてはまったく別やったんですねー
それに、恥ずかしながら筆者は、ずーっと京都府の市だと思っておりましたm(_ _)m


相変わらず、武庫川河川敷の桜並木が続いているのがすごいんですが、やがて次の草野駅に到着します。
桜並木に見惚れてすっかり忘れてましたが、次の草野駅に到着します。桜並木に見惚れてすっかり忘れてましたが、次の草野駅に到着します。

ここまで来ると、駅前をぶらつこうにも民家兼喫茶店が1つあるだけで、駅前の様子をお伝えしようがありません(-_-)
仕方がないので、まだまだ続く武庫川河川敷の桜並木を撮ります。
武庫川河川敷の桜並木は、まだまだ続いています(^^)

相変わらず冷たい風で手も凍えますが、それだからこそいまだに満開を保てているのでしょうか。


ところで、筆者が歩いている沿道にだんだん目立ってくるのが、「しし肉屋」の看板。
そう、ここ丹波篠山エリアは、しし肉が名産でもあるんです!
丹波篠山は、黒豆の他にしし肉やしし料理も有名なんです!

やがてそれを裏付けるかのように、沿線はメチャメチャ山間部に入り、季節柄のウグイスに加え、野生のキジの鳴き声まで聞こえてきます(@_@)
すっかり山間部に入り、ウグイスだけでなくキジの鳴く声さえ聞こえます(@_@)


やがて次の古市駅近辺の集落が見えてきますが、ホンマに山あいの落ち着いた雰囲気の町ですよね!
山あいの町の雰囲気が、何とも心休まる光景です(^^)

すごく心休まる雰囲気だし、何よりめっちゃ怪しい格好している(?!)見ず知らずの筆者にも、ちゃんと子供たちや町の人達が率先して挨拶してくれるんです!(^^)

近畿の各地あちこちを歩きまわる中で、
「不審者に注意!」とか
「見ず知らずの人に声をかけられても・・・」
なんて看板や張り紙をして極度に警戒しているエリアが大多数の中で、こういった光景に出くわすとホンマにホッとします!
筆者がこれまで歩いてきた中でも何ヶ所かありましたが、こういった「人としての温もり」を感じられる雰囲気は、ホンマに大切にしたいですよね・・・


(「JR西日本・福知山線(その26)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 草野 古市 しし肉屋 篠山

JR西日本・福知山線(その24)

◯藍本駅(兵庫県三田市)

冷たい山おろしが吹き付ける中を、さらに進みます。
さらに山がちの風景が広がってきますが、ようやく青空が広がってきましたねー(^^)
沿線を歩くにしたがって、だんだんと山がちの景色が広がってきます

(しつこいようですが)筆者は「鉄ちゃん」ではないのですが、青空の下走る「こうのとり」の真っ白い車両は、なかなか絵になりますね!


周りはだんだん山がちになってきますが、そんな中沿線の道ではこんな看板が(?_?)
自ら里山を買い取って、自分で整備されている方もいらっしゃるようです。

自らでこれだけの広大な里山を買い取って整備されているという、何とも太っ腹な方!
決して「ケチ」ではなくて、おそらく思うところあって行動されているとお察ししますが、その後どうなったかも興味あります。
自ら里山を買い取って、自分で整備されている方もいらっしゃるようです

確かに、この辺りホントに静かで、小川のせせらぎと鳥とカエルの鳴き声しか聞こえません。
ここのところ、年度始末の忙しさで心がささくれ気味だった筆者でしたが、何だかホッとできます(v.v)
青空の下、小川のせせらぎと鳥の鳴き声だけが聞こえる雰囲気はホンマに癒されます(^o^)


相野駅から歩くこと一時間、ようやく次の藍本駅に到着します。
大きな高架橋の割にかなりコンパクトな駅舎なんですが、それもそのはず、駅舎の中には切符の自販機と改札機、二三人が座ったらきゅうきゅうのベンチがあるだけ・・・という無人駅です。
一時間ほど歩いたところで、ようやく次の藍本駅に到着します(x_x;藍本駅の駅舎は、必要最低限のアイテムだけが装備されたコンパクトな造りになっています(^^)

それにしてもこの近辺、
・広野駅
・相野駅
・藍本駅
・草野駅

と、似たような駅名が多くて紛らわしいですね・・・


この辺り、山がちにもかかわらず沿線の道はけっこう整備されていて、ここまでかなり快調に進めていましたが、やがて目の前には・・・
・・・(T_T)

(T_T)

高さ100メートルもないだろう山なので、今から急きょ登山モードに切り換えてもよかったんですが・・・さすがに準備不足過ぎなので、素直に山を迂回することにします(v.v)

迂回路は歩道こそない(⇒そもそも、歩くことを想定していない?)ところでかなりヒヤヒヤですが、幸い勾配もほとんどなく進めます。
と、遠くの方に、一面の桜並木が!
しかも、かなり長い距離続いています(@_@)
遥か遠くに、延々続く桜並木が見えてきます!(@_@)

近くに寄ってみると、武庫川の河川敷に沿って100本を超える桜並木。
しかも、この強風の影響で、これだけの絶景を筆者が独り占め状態ではありませんか~(^o^)
これだけ延々続く満開の桜並木を独り占めできるなんて、何とも贅沢です!(^o^)これだけ延々続く満開の桜並木を独り占めできるなんて、何とも贅沢です!(^o^)

たまたまとはいえ、この景色に出会えたのはラッキーでしたね!
ただ残念ながら、風が強すぎてお花見どころの状態ではありませんがA(^^;


(「JR西日本・福知山線(その25)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 藍本 武庫川 桜並木

JR西日本・福知山線(その23)

昨日の「花散らしの雨」もようやく上がり、いいんだか悪いんだかよく分からないお天気となったここ近畿地方です(-_-)

そんな中、今日歩くのはJR西日本・福知山線沿線。
前回もそうでしたが、列車が30分に一本しかなかったり、乗り継ぎでダッシュせねばならなかったり・・・と、ここのところだんだん過酷さを増してきた路線です(T_T)

今日もどこまで行けるか分かりませんが、できる限りあちこちブラブラできればと思います。


◯相野(あいの)駅(兵庫県三田市)

今回から、福知山線沿線歩きの際に使うことになるのは「丹波路快速」という列車。
これまで使っていた新三田までの快速電車に、そこから先の各駅停車がくっついただけなんですが、車両も座席も雰囲気違って、年甲斐もなくワクワクしてしまいます(^^)
生まれて初めて乗る「丹波路快速」は、車両の雰囲気も違ってワクワクしますね(^^)生まれて初めて乗る「丹波路快速」は、車両の雰囲気も違ってワクワクしますね(^^)

さて、前回は帰りの電車の都合上スルーしてしまった相野駅の駅前をブラブラしてみます。
前回スルーしてしまった相野駅の駅前をブラブラしてみます。

・・・と、まずお店がほとんどない!(T_T)
個人商店が何軒かあるだけで、しかもこの写真のように、かなり年季の入ったところが多いです。
駅前にお店は少ないんですが、このように年季の入ったところが多いです。

仕方なく先に進みますが、大きな道に出たとたん、メチャメチャ冷たくて強い風にみまわれます(x_x;
青空は広がってきましたが、大阪市内では穏やかな春らしいお天気だったのに、山間部とはいえこんなにも違うとは・・・
青空は広がってきましたが、メチャメチャ冷たくて強い山おろしが吹き荒れる中を進みます(x_x;


ただ、この寒さが幸いしているのが、まだまだ満開の桜!(^o^)
こんなに強い風の中でも、ほとんど散ることなく咲いてます。
この寒さが幸いしてか、沿線の桜の木は今週末が満開ですね!(^o^)この寒さが幸いしてか、沿線の桜の木は今週末が満開ですね!(^o^)この寒さが幸いしてか、沿線の桜の木は今週末が満開ですね!(^o^)

大阪市内にずっといてると、桜のピークは一週間ちょっとといったところなんですが、今年は近畿各地を歩きまわっている影響か、三週間に渡って楽しめています(^^)


さらに沿線を進むと、いろんな種類の桜が咲き乱れている広場を見かけます。
このしだれ桜なんて、大きさといいボリューム感といい、圧巻ですよね!
これなんて、見事なしだれ桜ですよね~(^^)

この広場、どうも個人の方が私有地に作られたもののようで、ベンチはおろかライトアップ用の照明まで設置してあって、かなり本格的です!(@_@)
全部で三十本ほどの木々が植えられていますが、毎日の手入れも大変だろうに、よほど桜がお好きな方なんですね。
個人の方の敷地と思われますが、数多くの種類の桜が植えてある広場があります。これだけの桜があれば、日々の手入れも大変だと思うのですが・・・(?_?)


(「JR西日本・福知山線(その24)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 相野 丹波路快速

04/16のツイートまとめ

fpmaru

寒風にさらされ続けることちょうど四時間。篠山口駅に到着しました~(T_T)これから、しばらく駅前をブラブラしてみます(v.v)
04-16 18:12

というわけで、早くも南矢代駅に到着(^_^)v今日は、あと一駅行けそうですね…
04-16 17:42

「見渡す限り山の中」とはいえ、沿線の道はけっこう整備されていて、快適に歩けます(^^)
04-16 17:15

360度見渡す限り山の中ですが、ウグイスが鳴き、なかなか春らしい雰囲気の中を歩いてます(^o^)
04-16 16:51

武庫川沿線には延々と桜並木が続いていて、満開の桜を独り占め状態です?(^o^)(とても花見はできないけど)
04-16 16:31

いよいよ篠山市に入りました?(^o^)兵庫県最後の街でしたっけ(?_?)
04-16 15:59

小川のせせらぎと鳥のさえずり、カエルの鳴き声しか聞こえない田園風景の中を進んでます。ここのところ、心がささくれ立っていた筆者にとっては、つかの間の癒やしでしょうか
04-16 15:03

相野駅近辺をウロウロしていますが、風が強くて冷たい!(x_x;
04-16 14:20

少々山がちだからかもしれませんが、三田近辺の桜は今がちょうどええ頃かもしれませんねー(^^)
04-16 14:04

生まれて初めて乗る「丹波路快速」に、年甲斐もなく少々ワクワクしております(^o^)
04-16 13:28


続きを読む

04/10のツイートまとめ

fpmaru

かなり久しぶりの千里中央駅から家路についてますが、もう日が暮れてるにも関わらず、けっこうな賑わいです…
04-10 18:59

太陽の塔って、今でも目から「光線」出してたとは知りませんでした…(@_@)
04-10 18:21

万博記念公園でも、夜桜を楽しもうとする方々で賑わっております~(^o^)
04-10 17:45

道に迷いようもなく、沿線の道もすごく整備されてはいるのですが、いかんせん駅間距離がやたら長く、そこそこ苦戦中(T_T)
04-10 17:22

摂津市駅近くの新幹線公園では、満開の桜の下、お花見客で盛り上がってます(^o^)
04-10 16:18

この辺りのガラの悪さを象徴する「大日地下道」を何とかクリアし、無事に次の駅に向かってますA(-.-;
04-10 15:22

大阪モノレールの門真市駅に着きましたが…この辺の駅は「市」をつけたりつけなかったり…で、けっこうややこしいです(-_-)
04-10 15:01

雲一つない晴天のうえ、春らしい暖かな気候となった大阪です!(^o^)大阪府内でも人気のお花見スポット、万博記念公園にも通じる、大阪モノレール沿線に向かってます。
04-10 13:58


大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その6)

遠くから見ると分からないんですが、近づいてみると太陽の塔の大きさがよく分かります。
その高さ70m!(@_@)
周りの人と比べると、大きさが分かるかと思います(v.v)

ところで、太陽の塔の正面の絵はよく見かけるんですが、裏がどうなっているかというと・・・
太陽の塔の裏側はあまり表に出ないんですが、このようになっています。

裏側まで思い切り岡本太郎先生入っていますね~A(^^;
塔にはてっぺん・正面・裏側と3つの顔があるんですが、それぞれに
・てっぺんの顔:未来を見つめる顔
・正面の顔  :現在を見つめる顔
・裏側の顔  :過去の顔

という意味があるんだそうです。

年に一度は内部も公開されているそうなんですが、実は塔の中にも岡本太郎先生作のオブジェが展示されていて、エスカレーターに乗って上に登るごとに人類の進化を表しているんだそうです。


さて、園内の桜の木もすっかり満開!
沿道ではお花見を楽しんでおられる方で賑わっています(^o^)
満開の桜のもと、お花見の皆さんで賑わっておりますね~(^o^)

公園の東南側には、当時のたたずまいを残しているEXPO'70パビリオン館(当時の鉄鋼館)。
万国博覧会の当時のままのEXPO'70パビリオン。

実は現在、岡本太郎先生の生誕100周年を記念した展示会「岡本太郎生誕100年記念『太陽の塔黄金の顔展』」が開かれていて、万博当時に使われていた太陽の塔の「顔」も展示されているとのこと。
時間があれば筆者も訪れる予定にしていたんですが、例によって微妙に時間切れで入れませんでした・・・(T_T)
筆者はこれを目当てに来たんですが、残念ながら微妙に時間切れでした・・・(-_-)

パビリオンの壁の一部はガラス張りになっていて、その「顔」もかろうじてちょっとだけ見ることができます。
パビリオンのガラス越しに、万博当時に飾られていた太陽の塔の「顔」が飾られています。


公園の中には様々なオブジェも展示されているんですが、すっかり辺りも薄暗くなってきて撮影もままならなくなってきました・・・
しかも、公園の敷地は甲子園球場の65倍という広大なもので、とても1時間ちょっとでは回りきれない状態です。

やむなく今日はこれまでとしますが、万博記念公園駅に向かっていると、ライトアップに加えて目から光線を出している太陽の塔の姿。
太陽の塔の目からは、今でも光線がでているんですね!(@_@)

万博期間中に光線を出していた写真は何度か見たことがありますが、今でもやっていたんですね!(@_@)
後から調べたところによると、飛行機の運行に影響を来すということで長いこと中止されていたそうなんですが、最近LEDなど影響の少ない光を使って復活させたんだそうです。


◯本日(2011/04/10(日))の実績
・本日の歩数:27,433歩(21.9km)
・2011年4月の歩数:129,691歩(103.8km)
・2011年の累計歩数:1,211,133歩(968.9km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪高速鉄道 大阪モノレール 万博記念公園 太陽の塔 岡本太郎 花見

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その5)

◯宇野辺(うのべ)駅(大阪府吹田市)
◯万博記念公園駅(大阪府吹田市)[近畿の駅百選 選定駅]

相変わらず書くべきネタが見つからないまま、沿線をひたすら歩きます。
やがて、沿線の道が高速道路に阻まれてしまいます・・・(T_T)
宇野辺駅から歩くことしばし、沿線が高速道路に阻まれてしまいます・・・(T_T)

仕方なく道路を進んでおりますと、ラッキーなことに道は通じているようだったので、そのまま進みます(v.v)
・・・と、脇道をたどると、何とか次の万博記念公園には行けそうで一安心(v.v)


さらに沿道を進んでいると、再び沿線と合流します。
その隙間から、いよいよシンボルとも言えるべきオブジェが見えてきました!
再び沿線に合流し、とうとうシンボル的なオブジェが見えてきました!(^^)

沿道には、2007年に人身事故を起こし、その影響で2009年に閉園した遊園地「エキスポランド」の跡地も見えます。
すっかり文字もはげ落ち、錆びついた姿は何とも痛々しいんですが、それでも跡地の有効利用ということで、一部ではさまざまなイベント利用が進められているようですね。
人身事故の影響で、2009年に閉鎖されたエキスポランドの跡地人身事故の影響で、2009年に閉鎖されたエキスポランドの跡地


やがて、やっと万博記念公園の入り口にたどり着きます。
大阪でも屈指のお花見スポットでもある場所でもありますが、ここでも桜は満開ですね!(^o^)
公園入口付近の桜も、もう満開ですね~(^o^)

入り口をはいると、いきなり大阪万博のシンボルだった太陽の塔の威容が目に入ります!
1970年に開催された大阪万国博覧会から41年になりますが、今でも現役バリバリの大阪のシンボルです。
今年41年になる太陽の塔ですが、今でも現役バリバリの大阪のシンボルです!


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その6)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:大阪モノレール 万博記念公園 太陽の塔 宇野辺 エキスポランド

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その4)

◯摂津駅(大阪府摂津市)
◯沢良宜(さわらぎ)駅(大阪府茨木市)
◯南茨木駅(大阪府茨木市)
(阪急電鉄・京都線 南茨木駅 乗換駅)

新幹線公園を出て、さらに進みます。
改めて安威川の河川敷を見てみると、ホンマに桜色のじゅうたんが広がっているみたいで、すごくきれいですねー(^o^)
安威川河川敷の遠景はこんな感じです。


南摂津駅からしばらくは、片方広い道路、もう片方は商業地域で、なかなか書くべきネタが見つかりません・・・
モノレールという特殊な乗り物ゆえ、駅舎のデザインもずっと同じだし、広がるのはごくごく標準的な住宅街&商業施設。

そうこうしてるうち、以前阪急電鉄・京都線の沿線を歩いた折に通りがかった南茨木駅にたどり着きます。
ここは阪急線と乗り入れている関係で、さすがに他の駅とはかなり違った構造です。
少々久しぶりの南茨木駅にたどり着きます(v.v)

阪急・南茨木駅脇の階段を登ると、その違いが分かります。
モノレールの間近で、車両をまじまじと眺めることができるなんて、できそうでなかなか難しいのではないかと思います(v.v)
(ちなみに、筆者はモノレールマニアでもありませんA(^^;)
南茨木駅では、モノレールの車両をすぐ目の前で見ることができます。南茨木駅では、モノレールの車両をすぐ目の前で見ることができます。


南茨木駅を出てすぐ、先ほど見かけた新幹線の車両基地に通じる高架が現れます。
ここから、先ほど通りがかった新幹線の車両基地に通じているんですね・・・
先ほど通りがかった新幹線基地に通じる連絡路線です

こういった光景、日常生活ではなかなか気に留める機会もないと思うんですが、しょせん新幹線も機械の固まり!
定期的に整備せな、あちこち痛むしガタが来るでしょうから、表舞台に出ることもないこういった「知られざる顔」もあるんですねぇ~


南茨木駅を歩くことしばし、沿道になにやら緑生い茂る一角が見えてきます。
沿道から少々入ったところにあるのは、大阪府茨木(いばらき)市にある、奈良春日神社という、何とも紛らわしい名前の神社A(^^;
茨木市にある奈良春日神社という、何とも紛らわしい名前の神社A(^^;

境内はすごくこぢんまりしているんですが、境内の周辺を覆う桜やツツジの木々が素晴らしくきれいな花を咲かせてます!(^^)
桜並木を背景に通り過ぎるモノレールというのも、また絵になるもんですね。
桜並木の中を走り抜けるモノレールも、なかなかええ光景ですねー(^^)桜並木の中を走り抜けるモノレールも、なかなかええ光景ですねー(^^)


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その5)」に続く)




大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その3)

◯南摂津駅(大阪府摂津市)

さて、何とか無事に大日地下道をクリアし、ほどなく次の南摂津駅にたどり着きますが、駅前にはこのような看板を見かけます。
ごくごく当たり前のことではありますが、やはり(先ほど見かけた)隣接する街の状況を見て、相当な危機感を覚えられたものとお察しします。
やはり摂津市は、隣接する街の状況を見て危機感を覚えたのでしょうか(-_-)


駅からしばらく歩くと、これまで続いてきた高架がやたら高くなってきます。
それもそのはず、はるか向こうには東海道新幹線の高架が横たわっていて、それをさらにモノレールの高架がまたがっているという、なかなか珍しい光景です(@_@)
高架がやたら高くなっていると思ったら、何と新幹線の高架をまたいでたんですね!(@_@)

高架を超えるとすぐに、新幹線の車両基地が広がっています。
金網越しではありますが、新旧のさまざまな新幹線の車両を一目で楽しめます。
高架の裏手には新幹線の車両基地があるんです

さらに沿線を進むと、このような看板を見かけます。
地図にも載っていないのですが、摂津市立の「新幹線公園」
沿線には、地図にも載っていない「新幹線公園」があります(^^)

筆者も最近まで知らなかったんですが、一歩公園内に足を踏み入れると、そこは延々と続く桜並木!
まさに今日が見頃で、ホンマに絶景です!(^o^)
安威川河川敷には、まさに今日が見頃の桜が満開です!(^o^)

まーこれだけの絶景ですから、沿道にはお花見を楽しまれる方々で賑わっています。
「自粛を自粛」なんて野暮なこと言わなくても、分かってはる方はこんなに大勢いてますって!(^^)
安威川河川敷には、まさに今日が見頃の桜が満開です!(^o^)「自粛は自粛」なんて野暮なこと言わなくても、お花見の人たちで賑わっております!(^^)

ここ「新幹線公園」という名前に違わず、園内には昔懐かしい0系新幹線が展示されていて、月に2回は運転席に自由に乗ることもできるんです。
乗り物好きの子供にとっては、こりゃたまらないですよね~
現役を引退した「0系新幹線」の運転席に乗ることができるんです。

園内にはもう一台、昔懐かしい電気機関車も展示されているんですが、行列ができていた新幹線とは対照的に、こちらは少々人気薄のようでしてA(^^;
こちらの電気機関車は、ちょっと人気薄のようでしてA(^^;


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その4)」に続く)




大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その2・あえて大阪の恥部を書きます!編)

◯大日(だいにち)駅(大阪府守口市)
(大阪市営地下鉄・谷町線 大日駅乗換駅)

ほどなく次の大日駅にたどり着きます。
ここは、いずれ大阪市営地下鉄・谷町線の沿線歩きでも訪れるかと思いますが、正直、筆者は早めにスルーしたい場所の1つでして(-_-)
程なく、次の大日駅にたどり着きます。

その最大の要因である場所に、これから入ります。
大阪府内でも指折りの、悪名高いスポット-その名も、大日地下道
さて、ここから大阪府内でも指折りの、悪名高いスポットに突入します・・・(-_-)


筆者も日頃から腹に据えかねているので、ここからしばらくは、思い切り毒を吐かさしてください!(>_<)

この地下道、大きな道路が交錯している大日駅近辺の交差点の危険を避けるための地下道で、入り口にもちゃんと日本語でハッキリと、こう書いてあります。
これ小学生でも読めるし、何やったらいいか意味分かりますよね?
地下道の入口には、ハッキリと日本語でこのように書いてあるんですが・・・

にも関わらず、筆者が歩いている日曜日の昼下がりでさえ、こんな有様です。
子供に手本を示さねばならない存在である親が、率先してルールを破るとは!(>_<)
このように、子供の手本となるべき親までもが、自ら率先して自転車で暴走しているような次第なんです!(>_

「子どもは親の背中を見て育つ」と言います。
写真に写っている子供も、またその子供も、延々と同じ行為を繰り返して、何度も何度も歩行者に危険な思いをさせるのでしょう。

他にも5、6人が、平気で地下道内を自転車に乗ったまま暴走していました。
筆者も以前、何度も危ない目に遭ったし、実際に自転車に衝突されたり接触されて、怪我された方も何人もいらっしゃいます。
関西ローカルのテレビなどでもかなり問題視されているのですが、いまだ全く解決していません!


この大日地下道、筆者が歩いても3、4分。
おそらく自転車だったら1、2分で通過できるでしょうが、その2、3分の差に何の意味があるんでしょうか?
秒単位の仕事をこなしているとはとても思えない方々ばかりが、こういった行為を繰り返しているように思えてならないのですが。

大阪府の橋下知事は「教育の強化」なんてことを言ってますが、まず最初に教育(更生?)すべきは、
「自転車は降りて通行してください」
という言葉の意味さえ理解出来ない or 歩行者が大勢歩いてる中で自転車を暴走させたらどうなるかすらイマジネーションが湧かない、大阪の大人なのではないですか?


このブログ、いちおうアメリカやヨーロッパからもアクセスがあるみたいで何よりですが、だからこそあえて書きます!(>_<)
「大阪府守口市の大日ってところは、こんなメチャメチャガラの悪い所やねんで!」
って。
英語の検索エンジンにも引っかかるように、英語でも書いときます。
It's very dangerous to walk at Dainichi area, Moriguchi City, Osaka Pref.
Because some people who live in this area are very boorish and very illegal.


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その3)」に続く)




続きを読む

大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その1)

先週後半はぐずついた天気が続きましたが、今日は雲一つない青空が広がり、春らしい暖かさとなったここ近畿地方です!
一昨日に本格的に雨が降り、せっかくの桜も散らないかと心配しましたが、何とか大丈夫みたいで、絶好のお花見日和となりましたね~(^o^)


そんな今日歩くのは、お花見日和にピッタリ?の大阪高速鉄道・大阪モノレール線沿線。
大阪市民である筆者にとっては、
・まずもって、普段から一括りに「大阪モノレール」としか言うてない
 (「大阪高速鉄道」って何?という人がほとんど)
・いちおう、モノレールとしては世界最長で、ギネス記録も持ってるらしい
・大阪国際空港(伊丹空港)への数少ない交通手段のイメージが強い

という印象の強い路線なんですが、沿線にはまだまだ未知のスポットも多いようで、今から楽しみです(^^)


○門真駅(大阪府門真市)
(京阪電鉄・本線 門真市駅乗換駅)

スタート地点に向かう途中でも、さすがにお花見に出かける人たちが多くて、筆者のようにお花見以外が目的の人間にはちと一苦労します・・・A(-.-;

ともあれ乗り継ぎの関係上、筆者は大阪市営地下鉄・谷町線 守口駅から向かうのですが、もう出入り口を出たとたんに満開の桜!(^^)
大阪市営地下鉄・谷町線の森口駅を出ると、いきなり満開の桜!


途中、以前にも前を通りがかったパナソニック(旧・松下電器)さんの本社前にある「さくら公園」でも、一面の桜並木が広がって、風に舞い落ちる花びらは、なかなかの迫力です!(^^)
大阪を代表する企業・パナソニックさんのさくら公園でも、満開の桜を柵の外から楽しめます・・・寄りにもよって、一番見事の時に「閉園」とは(-_-)

この公園、パナソニックさんが地域貢献の一環として造成・整備されていて、けっこうな広さの中に桜の木ばかりが植えられています。

ただ、一般公開されているのは昼間のみ。
しかも、今年は例によっての「自粛」で、日曜日の公開は見送られています(-_-)
地域貢献のために作られた施設なのに、一番のお花見日和の今週末に柵の外からしか見れないというのも、また複雑ですね・・・


さて、以前京阪本線を歩いたときにも訪れた門真市駅に到着します。
この辺りの駅は、「市」が付いたり付かなかったりと、なかなか分かりにくいですよね・・・
以前にも訪れた門真市駅からのスタートとなります(v.v)

ところで、筆者は道順や沿線スポットなど、そこそこ下調べして街歩きしているんですが、それでもよー道に迷いますA(^^;
特に地下を走る路線は、路線が道路沿いに走っていないことも多くてけっこう道に迷っているんですが、今回の沿線はこんな感じなんで、おそらく道に迷うことはないかと思います(v.v)
まーこんな具合ですから、道に迷いようがないという次第でしてA(^^;


(「大阪高速鉄道・大阪モノレール線(その2)」に続く)




04/10のツイートまとめ

fpmaru

かなり久しぶりの千里中央駅から家路についてますが、もう日が暮れてるにも関わらず、けっこうな賑わいです…
04-10 18:59

太陽の塔って、今でも目から「光線」出してたとは知りませんでした…(@_@)
04-10 18:21

万博記念公園でも、夜桜を楽しもうとする方々で賑わっております?(^o^)
04-10 17:45

道に迷いようもなく、沿線の道もすごく整備されてはいるのですが、いかんせん駅間距離がやたら長く、そこそこ苦戦中(T_T)
04-10 17:22

摂津市駅近くの新幹線公園では、満開の桜の下、お花見客で盛り上がってます(^o^)
04-10 16:18

この辺りのガラの悪さを象徴する「大日地下道」を何とかクリアし、無事に次の駅に向かってますA(-.-;
04-10 15:22

大阪モノレールの門真市駅に着きましたが…この辺の駅は「市」をつけたりつけなかったり…で、けっこうややこしいです(-_-)
04-10 15:01

雲一つない晴天のうえ、春らしい暖かな気候となった大阪です!(^o^)大阪府内でも人気のお花見スポット、万博記念公園にも通じる、大阪モノレール沿線に向かってます。
04-10 13:58


「第四の被災」を防ぐために

こんばんは、筆者です(v.v)

筆者は、ネットで様々な新聞や雑誌の記事を読むことがほとんどで、各地で入学式・入社式の「自粛」が相次いでいることは知っていましたが・・・
下記にご紹介している記事を読むまで、まさか「損失の穴埋めに会社を解雇」なんて酷い事が行われていたとは、まったく知りませんでした!(>_<)

普段であれば
「そんな、ちんまい(=器の小さい)社長の会社なんて、早めに辞められた分ラッキーやん!」
とでも言いたいところですが、状況が状況なだけに死活問題ですよね・・・
今の状況が一段落ついたら、必ずやこういった「暴挙」は、日本全国から激しい非難で迎えられるものと信じています。


さて、ここ関西にいても「自粛」の波がひたひたと漂っている感じを強く受けます。
特に、大阪の春の風物詩「造幣局の桜の通り抜け」も、今年はライトアップを避けるために17時で終了するとのこと。
関西はほとんど震災の影響を受けていないのに、何で?

例年であれば、仕事帰りのサラリーマンやOLがぶらりと立ち寄り、脇にある大川河川敷でビールやイカ焼きを片手に夜桜を楽しむ光景も見られるイベント。
そこには電車賃を払って会場まで向かい、夜店でビールやアテ(=おつまみ)を買い、中には帰り道に飲み屋で一杯というおとーさんたちもいたはずです。
(注:通りぬけの会場内は飲食禁止です)

長引く不景気の中、曲がりなりにもそうやって回ってきたお金の流れを、寄りにもよってお国の機関が締め付ける(しかも「造幣局」が!)とは、一体どういう了見なんでしょうか?!(>_<)
夜店の人たちや、近隣の飲食店の人たちがどれだけ影響を受けるか、分かっているのでしょうか?

下記にご紹介している記事中でも書かれていますが、被災地及び計画停電や放射能汚染の影響がほとんどない関西では、もはや「自粛」=「単なる自己満足」
むしろ、これまでそれなりに回っていたお金の流れを、被災者でない人間の「自己満足」のために止めることになるわけで、かえって被災地の復興を遅らせることになるし、まったく関係の無い人たちの生活をも脅かす「第四の被災」になりかねません。


「桜の通り抜け」は、しょせん事なかれ主義のお役所の仕事だから、なんぼこんなところで騒いでも変りようがないでしょうが・・・

せめて民間が主催する、この夏の「淀川花火大会」などは、例年以上に派手にやって欲しい!
その代わりに、被災者の方々を会場に無料で招待するなど「粋」を見せてほしい!

日本全国で、四季おりおりのイベントさえも楽しめなくなっている「沈んだ日本」の姿を見せるよりは、被災地の方々もずっと喜ばれると思います。




~関連記事~

○日経ビジネスOnLine:
「消費の自粛」に負けない人々
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20110406/219332/?P=1

○ダイヤモンドOnLine:
過剰な「自粛」は正しいのか?マーケティングのプロが被災地復興のためにできること
http://diamond.jp/articles/-/11656



04/02のツイートまとめ

fpmaru

何か怪しい雲行きになってきて、風も冷たくなってきました(x_x;でも、お目当ては見つからず…
04-02 16:53

それにしても、今年初めて上着やウインドブレーカーなしで歩いてますが、それでも少し汗ばむくらいの暖かさ!(+_+)
04-02 15:22

「勝手にタイアップ(便乗?)企画」の進行中ですA(^^;詳細は本編で見ていただくとして、ホンマに春らしい穏やかなお天気です!(^o^)
04-02 14:46