プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【関連記事】橋下市長、大赤字の「ほんまや」生産中止を指示

こんばんは、筆者です(v.v)
ここのところ本業がかなり立て込んでおりまして、少々遅めのフォローになりますm(_ _)m

さて、以前から「かなりアコギな商売」としてこのブログでも取り上げてきた、大阪市水道局発売のミネラルウォーター「ほんまや」
大阪市長・橋もっちゃんが早々に販売中止の指示を出したそうですが、一大阪市民からしてみれば、ごくごく当たり前の判断だと思っています。

そもそもPRを目的として、発売から5年前後経過している商品にもかかわらず、東京や近畿各地をブラブラしている筆者は、各地のお店の店頭で見かけたことは一度もありません。
ホンマにPRしてたくさん売りたい(⇒製造原価が安くなって利益も出やすい)んやったら、全国あちこちでキャンペーン活動するなり、営業強化してあちこちの店に置いてもらい試飲会を開催するetc.、もっと本腰入れて販促すべきでしょう。


それに、まさかタダ同然の水をボトルに詰めるだけで赤字が出るほど、ムダな金がかかっていたとは知りませんでした。
これまでは、うまいことやりよるなとは思ってましたが・・・全然「アコギな商売」になってないやん!(-_-)

・・・まあ、こうした実態が、以前にも訪れたことのある舞洲のごみ処理施設など
「体裁にこだわるための金は、たとえ税金であっても惜しみなく使う」
という大阪市ならではの体質であり、ここまで経済的に地盤沈下したそもそもの元凶のように思います。

大手新聞は「大赤字」なんて見出しつけて本件を強調してますが、「ほんまや」の赤字が大阪市の財政支出に占める割合なんてたかだか知れていて、むしろその「体質」の方が大問題なんです!(>_<)


ただ一点、橋もっちゃんにもう一歩踏み込んで言って欲しかったのは、
「そもそも、ボトル入りのミネラルウォーターやウォーターサーバーって買う必要あんの???」
ということ。

筆者もかねがね疑問に思ってるんですが、これだけ一般の水道水の安全性やおいしさが高まってきた中で、一昔前にはなかった「水をお金を出して買う」という行為自体、「エコ」が叫ばれる中で大いなる資源の浪費なのではないかと。
水をボトルに詰める工程、ペットボトルを作る工程、それを各お店に配送する工程・・・で、どれだけの化石燃料が無駄に使われていることか!
普通に水道水を使っていれば、まったく必要なかった資源ですよね?

その辺り、さすがに市内に本社を置くサ◯トリーさんなどに配慮したものと思いますが、自分とこの水道水をPRしたいんやったら、例えば
「水筒に大阪市の水道水を詰めて持ち歩く」
なんてスタイルをPRしたほうが、もっと安上がりで効果的だったんじゃないでしょうか?

何てったって大阪市内にはもう1社、石油資源の節約を手助けしてくれる心強い企業がありますからねー!(^o^)





(Yomiuri Online 2012/01/26付記事より)
橋下市長、大赤字の「ほんまや」生産中止を指示
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120125-OYT1T01080.htm


 大阪市の橋下徹市長は25日、市水道局がPR用に販売しているペットボトル入り水道水「ほんまや」(500ミリ・リットル、100円)について、「世の中にはごまんとミネラルウオーターがある。民業圧迫で、赤字を出してまで市が水を売る必要はない」として、生産中止を指示したことを明らかにした。

 「ほんまや」は、「大阪の水はまずい」というイメージを払拭するため、2007年3月から市内のスーパーなどで販売を開始した。生産本数は年間約51万本(2010年度)。

 昨年5月には、国際的な食品の品評会「モンドセレクション」で金賞を受賞し、同市の高い浄水技術をアピールする商品として、平松邦夫・前市長が同7月、シンガポールの国際的な水処理技術の見本市に持参したこともある。昨年3月の東日本大震災の際には、救援物資として仙台市などに約4万5000本が送られた。

 しかし、商品化にあたっては、市にペットボトル詰めにする設備がなく、業者に委託するなどしてコストがかさみ、年約1500万円(10年度)の赤字が出ていた。

 橋下市長は報道陣に「水技術を海外に売り込むなら、外国と技術提携を組めばいい。ペットボトルを持っていく必要はない」と述べた。
(2012年1月26日09時05分 読売新聞)



スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:ミネラルウォーター ほんまや サントリー 象印 水道水 アコギな商売 大阪市

近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その5)

◯吉野口駅(奈良県御所市)
(JR西日本・和歌山線 吉野口駅 乗換駅)
◯薬水(くすりみず)駅(奈良県吉野郡大淀町)

実は筆者、大阪府内の市町村の位置関係も最近ようやく分かってきた次第でしてA(^^;、ましてや奈良県に至っては、まだ全然でして。
そういうわけで、葛駅を出てからいきなり、以前御所線の沿線で歩いた御所(ごせ)市に入り、かなり不思議な感覚に包まれます(?_?)
地理関係はよく分かっていませんが、次の御所市に入りました。


この辺りから、沿線は少しばかり山がちの道となります。
ようやく、目的地の吉野の地にに近づいてきたのでしょうか・・・

やがて比較的大きな道路脇に、吉野線の路線とはまた別の路線を見つけます。
看板を見ると、「JR西日本」の管轄のようです!
吉野線の路線からすぐ近く、JR和歌山線の路線が見えてきました!

これ、いずれ筆者も歩くであろうJR西日本・和歌山線の路線でして、次の吉野口駅で吉野線と乗り換え出来るようになっています。

というわけで、ほどなく吉野駅に到着します(v.v)
乗換駅ではあるものの、ホンマに「お山の駅」という感じの、のどかな雰囲気を漂わせた駅ですよね~(^^)
乗換駅ではあるものの、何とものどかな雰囲気の吉野口駅。

先程も書いたように、JRと近鉄とで乗り換えできて駅舎も共有しているこの駅。
駅舎の中では、両社の券売機が仲良く並んで配置されてます。
近鉄とJRが駅舎を共有している吉野口駅では、両社の券売機が仲良く並んでおりました(^^)

まーこれだけデカデカと書かれていたら、間違う人もそうそういてないと思いますが、万が一にも違う路線に乗ったらどうなるんやろ?と、素朴な疑問です(?_?)


少しばかり駅前をブラブラしてみますが、個人商店などが多く、時間も時間だけに閉まっているところもあります。
少々後ろ髪ひかれる思いしながらも、先に進みます。

と、しばらくは「つぶやき」でも書いたように、(筆者の実家近辺でもありますが)辺り一帯がすべて「田仲はん」という不思議なエリアを通りぬけ(?)、やがてうら寂しい田園&山林風景の中をひたすら進みます・・・
やばい、日もだいぶ暮れてるのに、こんな場所で道に迷ったらシャレにならん!(>_<)
吉野口駅を出ると、日も暮れかかってきた中でこんなうら寂しい風景が・・・(T_T)

かれこれ30分近く歩き続けて、人っ子一人出会わない山道を進みますが、やがて左手に、メチャメチャ高い石垣がそびえます!(@_@)
まさかこれって、昔の史跡か何か?!
何やら、めっちゃ高い城壁のようなものが・・・(@_@)

・・・と思ったのもつかの間、実はこれが次の薬水駅の土台?やったんですね!
今までかつて、このようなロケーションにある駅を見たことがないので、かなり新鮮な印象です。
・・・薬水駅のホームですか・・・


くだんの石垣に沿う階段を登り、単線・片側ホームに降り立ちます。
このような駅なので、当然無人駅なんですが、しっかりと"Osaka Pitapa"の入場・出場の改札機は備え付けてあるんですね~(^^)
無人駅の薬水駅ですが、OsakaPitapa用の改札機が並んでおります。

他にも、喫煙スペースやトイレ(ただし汲み取り式)など、無人駅にしてはかなり設備が充実して、きれいな駅です。
ただこの季節、山からの風の吹きっ晒しで列車を待つ時間は、かなり辛いものがありますが・・・(-_-;
無人駅の雰囲気満点の薬水駅ですが、喫煙コーナーやトイレも完備されていて、なかなかきれいな駅ですよ!


<本日(2012/01/22(日)の実績>
・本日の実績:25,128歩(20.1km)
・2012年01月の実績:208,670歩(166.94km)
・2012年の実績   :208,670歩(166.94km)
・制覇路線数:59路線/122路線(48.36%)
・制覇駅数 :650駅/1,677駅(38.76%)





近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その4)

◯市尾駅(奈良県高市郡高取町)
◯葛(くず)駅(奈良県御所市)

壺阪駅周辺の住宅街を抜けると、やがて一面の田園風景が広がってきます。
この時期にしてはさほど寒くもなく、吹く風も心地よい爽やかさです!(^^)
ええお天気の下、路線は田園風景の中を進みます(v.v)

そんな田園風景の中を進んでいると、道端にこのような看板を見かけます。
まさか、こんなものまでレンタルしてはるとは!(@_@)
こういったものもレンタルしてはるんですね~(@_@)


やがて、次の市尾駅に到着します。
相変わらず周りは田園風景が広がっているんですが、そんな中でちょっと遠くに見かけたのが、毎度おなじみ?の「古墳」
市尾駅前からは、田園風景の中に市尾墓山古墳が現れます。

いちおう念には念を入れて申し上げておくと、「鉄ちゃん」でも「古墳マニア」でもない筆者A(-.-;
ただ、「古墳」の中に足を踏み入れるというのも、人生でそうそうない経験だと思ったので、ちょっと寄り道してみます。

田んぼの中にいきなり現れている古墳ですが、案内プレートによると、昔この地域で栄華を極めていた豪族のお墓なのではないかとのことでした。
地元の方が、犬の散歩で上に登って歩いてはりましたが、一言で「古墳」といってもいろんな種類があるんですねぇ・・・
普通に間近まで立ち入ることのできる古墳のようです。

と、ふと気づいたんですが、傍らになぜか郵便受けが設置されてます!
いったい、何の郵便を受けるんでしょうか???(?_?)
古墳の標識の傍らに、なぜか郵便受けが設置されてましたA(^^;;

古墳の傍らには階段が設置されていて、階段奥にある施錠された扉越しに古墳の内部(発掘された石棺など)を見ることもできます。
ただまあ、他人のお墓を覗きみた上で携帯で写メ撮るってけっこう趣味悪いので、いちおうここまでの写真にとどめておきますがA(^^;
ガラス越しにではありますが、古墳の内部を見ることができます(v.v)



(「近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 吉野線 市尾 ミツバチ 巣箱 市尾墓山古墳

近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その3)

◯壺阪山駅(奈良県高市郡高取町)

高松塚古墳といえば、教科書にも掲載されている壁画が有名。
現在は復元作業のため、遺跡から剥がし取られているそうですが、遺跡の近くにある記念館では実物大のレプリカが展示されています。
高松塚壁画館には、壁画のレプリカがすべて保管されています(v.v)

筆者もここを訪れるまで知らなかったんですが、壁画は天井を含む他の面にも描かれていいて、しかも当時から北斗七星をシンボルとしていたようです。
ただ残念なことに、発見された当時から壁画の色落ちが進み、さらに復元作業の途中でカビが発生したそうで、筆者が知っている鮮やかさは、今やほとんど残っていないそうですね・・・(-_-)

公園を一回りした後で沿線に戻りますが、途中のおみやげ店で見かけたのぼり。
ここ奈良一押しの名産品「あすかルビー」は、比較的最近出てきたブランドイチゴなんですが、大粒でジューシーだとけっこう人気のようですね(^^)
ご当地では新しい名産品、アスカルビーというイチゴがあるんです!


住宅街と田畑が広がる中を、沿線は走ります。
ふと沿線脇を流れる小川を見やると、信じられないくらいの清流ではないですか!(@_@)
沿線に流れる小川は、ゴミ一つなく信じられないくらいの清流です!

この手の川、たいてい生活排水が流れ込み、ゴミが漂っているのが常なんですが、清流に水草が揺れています。
周辺住民の方々の意識の高さや努力が垣間見える一シーンです(^^)


住宅街が続く国道沿いを歩いてきましたが、少しばかり飽きたので次の壺阪山駅近辺から脇道に入ります。
と、そこには「土佐街道」と呼ばれる道が。
次の壺阪山駅に到着します(v.v)途中から脇道に入り、土佐街道と呼ばれる道を進みます。

そもそもが、昔あったお城(高取城)から広がっていた城下町だそうで、沿道の建物にも歴史を感じるものが多く見られます。
ただ、後ほどネットなどで調べたのですが、何故奈良にあるのに「土佐」なのか、とうとう分かりませんでした・・・



(「近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 吉野線 壺阪山 土佐街道 高松塚古墳 あすかルビー 高取城

近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その2)

昨日の雨でお天気が心配でしたが、雲間からほんの少し薄日が差し込む、何とも中途半端な空模様となったここ近畿地方です(-_-)。

何だか今年に入って、ローテーション上JRと近鉄の路線しか歩いてないんですがA(^^;、今日歩くのも案の定、近鉄・吉野線の沿線。
寒い日が続いている中ではありますが、だんだん日は長くなるなど少しずつ春に近づいているこの頃。
この春の予定としては、やはり全国的にも有名な吉野の桜を、一度はこの目で堪能できればと思っていますので、本日も行けるとこまで頑張りたいと思います(v.v)


◯岡寺駅(奈良県橿原市)
◯飛鳥駅(奈良県高市郡明日香村)

吉野線を前回訪れたのが、確か去年の秋祭りの頃。
途中いろいろありましたが、ようやくローテーションの間隔も程よくなってきて何よりです(^^)

前回にも少し気になったのですが、岡寺駅前の案内板には遺跡、しかも「◯◯古墳」というスポットが、めっちゃたくさんあるではないですか?!(@_@)
岡寺駅前の案内板には、めっちゃたくさんの古墳が記されています!(@_@)

時間の関係でこれら全部は回れないし、何よりこれまで古墳はかなりの数見てきているので、鉄ちゃんでも古墳マニアでもない筆者は、とりあえず先に進むことにしますm(_ _)m


岡寺駅から、沿線の国道169号線を南下していると、やがて次の高市郡明日香村に入ります。
近畿の街歩きをかれこれ三年近くやってますが、「村」を訪れたのは初めてです。
(道路も広くて建物も多く、全然そんなイメージの場所ではありませんが)

ほどなく次の飛鳥駅に到着します。
シックな色使いの、なかなか落ち着いた雰囲気の駅舎やし、駅から眺める景色も壮観です!(^^)
何とも雰囲気たっぷりの飛鳥駅の駅舎駅舎からの眺めは壮観です!(^o^)



さてここで、筆者は是非とも行ってみたいスポットがあるので、さっそく寄り道ですm(_ _)m
飛鳥駅から東へテクテク歩きますが、あちこちにこのような案内板が設置されていて、特に迷うことなく進めます(^^)
高松塚古墳までは案内板があって、スムーズに行けます(^^)

・・・そう、今まで歴史の教科書でしか知らなかった高松塚古墳に向かいます。

駅から歩くこと10分ほどで、国営飛鳥歴史公園に到着します。
この公園、自転車でも乗り入れることができるようで、ちゃんと歩行者と自転車とで道が分かれているエリアもあります。
この写真のようにけっこう広いスペースもあって、休日のほどほど天気のよい昼下がり、子供連れのご家族などが楽しんでおられます(^^)
広い公園では、家族連れなどが楽しんでおられました。

公園内を歩くことしばし、まさに高松塚古墳にたどり着きます。
思ってたよりも、けっこう小ぶりなんですね!(@_@)
古墳としては、けっこう小ぶりやったんですねー古墳としては、けっこう小ぶりやったんですねー


(「近畿日本鉄道(近鉄)・吉野線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 吉野線 岡寺 飛鳥 高松塚古墳 、国営飛鳥歴史公園

01/22のツイートまとめ

fpmaru

おい、森泉!布袋さんにタメ口使うな!
以上、「おしゃれイズム」見て画面にツッコんでるおっちゃんでした(v.v)
01-22 22:18

いつも思うけど、どうして第一生命ってあんなCM下手なんだろう?完全キャラ頼みだしね。
だいたい、「保険が固く」て何が悪いんやろう?人生で二番目・三番目に高い買い物やで!
「保険がチャラい」よりは、はるかにましやと思うけどねぇ・・・(-_-)
01-22 20:28

天王寺発着の旅の何がいいって、中心部付近では人が多くてほぼほぼ座れない大阪市の幹線・地下鉄御堂筋線に、余裕で座って帰れることでしょうか!?(^o^)
01-22 18:57

薬水駅で次の電車を待っているところ。
ほんまに山の中の無人駅やけど、PiTaPaや喫煙コーナーもちゃんと備わっているんですねー(^^)
01-22 17:35

吉野口駅を出てしばし、辺り一帯が「田仲はん」という不思議なエリアに突入しました(@_@)
01-22 17:21

葛駅を出た辺りから、少しずつ山がちの道になってきてますねー
01-22 16:51

キトラ古墳の方は早々にあきらめ、次に進みます。
程よい寒さで、風が心地よいです~(^o^)
01-22 15:51

飛鳥駅からさっそく道草です(^^)
これまで教科書でしか知らなかったものを、リアルに自分の目で確かめる機会が多いのも、近畿の街歩きの楽しみでしょうか。
01-22 14:30

橿原神宮前駅も、不名誉な話題でけっこう有名になっちゃいましたね~(-_-)
01-22 14:00

ただいま近鉄・吉野線の沿線に向かって、少々早めに出てます(v.v)
それにしても、なんぼ乗降客の邪魔になろうとも、電車の扉の脇に延々立ち続けている連中。その心のセコさが痛々しいこと!(>_<)
01-22 13:20


JR西日本・阪和線(その13)

◯東佐野駅(大阪府泉佐野市)
◯熊取駅(大阪府泉南郡熊取町)
◯日根野駅(大阪府泉佐野市)
(JR西日本・関西空港線 日根野駅 乗換駅)

引き続き、ネタがない中を住宅街&だんだん多くなってきた田園風景の中を進みます(T_T)
例えば京阪電鉄・本線などとは異なり、ホンマにこの路線は沿線住民の方々の利便性を第一に作られた路線だというのがよく分かります・・・

そんな中、東佐野駅を出て稲刈り済んだ田んぼの中をトボトボと歩いた筆者が出くわしたのが、目の前に横たわる川!
上流下流見回しましたが、しばらく渡るための橋がなさそうです・・・
そんな中、関空行きの特急はるかが、何食わぬ顔?でさっさと鉄橋を渡って行きやがります・・・(-_-;
幅は小さい川なんですが、延々数百メートルにわたって橋がないんです(x_x;

仕方なく上流へとさかのぼること約400mほど。
ようやく橋を見つけて渡れたのですが、JRの沿線って、ホンマにこういったロスが多いんですよ・・・(T_T)


気を取りなおして先を進みます。
辺りも薄暗くなった中、次の熊取駅に到着します。
泉南郡熊取町は、筆者も初めて訪れる土地ですね。
少し薄暗くなってきた中、熊取駅に到着します(v.v)

駅前をブラブラしておりますと、ふと目に止まったのがおなじみマンホールデザイン!
か、かわいすぎる・・・(@_@)
大阪府泉南郡熊取町大阪府泉南郡熊取町

熊取町のマスコットキャラクター・ジャンプくんをあしらったデザインですが、筆者がかつて見てきたマンホールデザインの中で一番インパクトは強いですね!


さらに沿線を進むことしばし。
すっかり日が暮れてしまった中で、とりあえず今日の目標としていた日根野駅に到着します。
暗闇だったのであまりわかりませんが、ちょうど駅舎の改修工事の真っ最中のようですね・・・
日根野駅は、改装工事の真っ最中のようです。日根野駅は、改装工事の真っ最中のようです。

今回はこれといったネタがなく、ただひたすらの「実況中継」となってしまいましたが、これから先またさまざまな光景に出会えることを期待しております!(^o^)


<本日(2012/01/15(日)の実績>
・本日の実績:21,000歩(16.8km)
・2012年01月の実績:137,725歩(110.18km)
・2012年の実績:137.725歩(110.18km)
・歩行路線数:59路線/122路線(48.4%)
・歩行駅数 :647駅/1,679駅(38.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 東佐野 熊取 日根野 ジャンプくん

JR西日本・阪和線(その12)

ようやく大阪での生活も安定したのもつかの間、新年早々忙しい職場に移り、なかなか時間が取れていない筆者です(x_x;
久しぶりにのんびりできる休日、お天気も少々怪しげなんですが、少々運動不足気味になっているため本日も出かけます。

今日歩くのは、約4ヶ月ぶりのJR西日本・阪和線
まだ東京と大阪を行き来していた頃に歩いて、正直あまりええ気分ではなかった記憶がよみがえりますが・・・今日からは快適に歩けるのではないかと思っております。


◯東岸和田駅(大阪府岸和田市)
◯東貝塚駅(大阪府貝塚市)
◯和泉橋本駅(大阪府貝塚市)

前回ラストだった東岸和田駅を出発し、府道30号線を南に進みます。
この辺り、隣接する貝塚市との境界も近いのですが、以前水間鉄道の沿線を歩いたときにも感じましたが、貝塚市近辺ってこういった「巨大看板」を多く見かける気がします。
これって、地域性なんでしょうか・・・
以前水間鉄道の沿線を歩いた時も思ったのですが、貝塚市の近辺はこのような「巨大看板」が多いように感じます(v.v)以前水間鉄道の沿線を歩いた時も思ったのですが、貝塚市の近辺はこのような「巨大看板」が多いように感じます(v.v)

さて、上にも書いたように、ほどなく次の貝塚市に入ります。
約1年半ぶりだし、当時はまだ「マンホールデザイン」にさほどこだわっていなかった頃なので、さっそく撮影させていただきました(v.v)
東岸和田駅からほどなく、久しぶりの貝塚市に入ります!


さてこの阪和線、これまでもそうだったんですが、沿線には住宅地が多くてなかなか書くべきネタが見つかりません(-_-)
ただひたすら沿線を歩くだけの状態が続きますが、次の東貝塚駅を出た所で、こちらも久しぶりの水間鉄道の沿線を横切ります!
こちらも、久しぶりの水間鉄道の沿線を横切ります。

そういえば、大阪市内・中之島で浅尾美和選手が参加するビーチバレーの大会が開催されてるまさに当日に、この路線をテクテク歩いた記憶がよみがえります。
・・・まあ、そういう多くの方が注目するようなイベントには見向きすらしないのが、このブログの最大の特徴ですから!A(^^;


次の和泉橋本駅を出てからは、ネタ探しのため国道26号線を歩きます(v.v)
とはいえ、全然状況は変わらないのですが・・・そんな中で、久しぶりにりんくうタワービルの姿が見えてきたではないですか!(^o^)
約1年半ぶりに、りんくうタワービルの姿を見かけます!(^^)


(「JR西日本・阪和線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 東貝塚 東岸和田 和泉橋本 水間鉄道 巨大看板 貝塚市

01/15のツイートまとめ

fpmaru

とりあえず、今日の目標やった日根野駅に到着(v.v)
ひとことから比べると、だいぶ日が長くなりましたねぇ~(^^)
01-15 17:38

ただでさえネタが少ない路線に加え、田園風景が増えてきました…(T_T)
01-15 16:19

相変わらず、沿線の道が整備されてなくて苦労する路線です…(-_-)
01-15 15:29


01/07のツイートまとめ

fpmaru

あ、そうそう、個人的に大好きなシャンプーも!(^^)/
01-07 23:47

トミーズ、ハイヒール、ティーアップ、矢野・兵動・・・東京のテレビでは見かけることのなかったベテラン芸人さんたちの漫才を、リアルタイムで見れるのが関西在住の醍醐味!(^o^)
01-07 23:43


近畿各市町村のマンホールデザイン展(その11)

◯奈良県

6)生駒市

左から順に、汚水(新)、雨水(新)、雨水(旧)。
英語表記だったり未来都市?を描いていたり・・・と、ポップで現代的なデザインがすごく斬新です!(@_@)
生駒市(汚水・新)生駒市(雨水・新)生駒市(旧・雨水)


7)生駒郡平群(へぐり)町

雨水マンホールは町の花・菊と町の木・カシをあしらってあります。
消火栓の方は、なかなか親しみを覚えるデザインとなってます(^^)
生駒郡平群町(雨水)生駒郡平群町(消火栓)


8)大和高田市

市の木サザンカをあしらってあります。
大和高田市


9)橿原(かしはら)市

ひょっとしたら旧バージョンかもしれません・・・
橿原市(旧バージョン?)




近畿各市町村のマンホールデザイン展(その10)

何でこのタイミング???という話もありますがA(^^;、とりあえず今日までの分を一旦整理します(v.v)


◯大阪府

16)泉南郡岬町
うっかり掲載を忘れていましたがA(^^;、いかにも海の街らしいデザインとなってますねー
泉南郡岬町



◯兵庫県

10)神戸市(消火栓)
以前に掲載したものとは別のバージョン。
個人的には、こちらの方が「神戸らしさ」が出てる気がします。
神戸市(消火栓)の別バージョンです(v.v)


11)丹波市山南町
丹波市は町ごとにもデザインが違うようです。
兵庫県丹波市山南町


12)丹波市柏原(かいばら)町
兵庫県丹波市柏原町



(「近畿各市町村のマンホールデザイン展(その11)」に続く)


01/03のツイートまとめ

fpmaru

王寺駅に到着(v.v)以前安かったヤオヒコで晩酌のアテを買おうと思ったら、正月休みでした…(T_T)
01-03 17:53

最後の力を振り絞って、大和川を渡ってます(x_x;
01-03 17:38

筆者初めての道の駅「大和路へぐり」に立ち寄ったはいいものの、正月休みでした…(-_-)
01-03 16:26

元山上口駅に到着(v.v)こぢんまりしていて、いかにも山の駅という感じです(^^)
01-03 15:50

一昨日の疲れが出て、左足の筋が痛みだします(&gt;_&lt;)今日帰ったら、十分に温めてストレッチせねば…
01-03 15:24

沿線の道が整備されているので、快調には進めているのですが、住宅街を走る路線のためネタがない…(-_-)
01-03 14:39

というわけで、かなり久しぶりの生駒駅から、近鉄・生駒線の沿線歩きをスタートします(v.v)
01-03 13:43

何とも言えないお天気の中、初詣や帰省ラッシュなどとはあまり縁のなさそうな沿線に向かいます。
01-03 13:11


近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その4)

◯勢野北口(せやきたぐち)駅(奈良県生駒郡三郷町)
◯信貴山下(しぎさんした)駅(奈良県生駒郡三郷町)
◯王寺駅(奈良県北葛城郡王寺町)
(近畿日本鉄道(近鉄)・田原本線 新王寺駅、JR西日本・関西本線(大和路線) 王寺駅 乗換駅)

竜田川駅を出てから沿線の道がとだえ、少々遠回りが増えてきます(-_-)
予想以上に時間を取られたせいで、信貴山下駅に近づいたときには辺りも薄暗くなってきます・・・

沿線には、異様なまでに広くて設備の整った公園を見かけます。
写真では分かりにくいのですが、奥には巨大なスライダー付きのプールまでありますやん!(@_@;
平群町役場の脇には、広大な公園が広がっております!(@_@;

上の写真とは別に、子供用と思われるプールもあります。
人口2万人ほどの小さな町で、しかも今まで歩いてきたようにほとんどが山と田園風景ですが・・・実はけっこうお金持ちの町なのではないでしょうか???(?_?)
さらに、今の時期には使われないだろう広大なプールが広がっております・・・

この他、信貴山下駅の近くには、とても立派な町役場も建っています。
後ほど調べたところでは、これだけ豪華な施設を持っていながらも、町の財政状況はかなり思わしくない様子。
かつては奈良県で2位、全国で7位の赤字財政だったこともあるそうです・・・


町役場の裏手には、信貴山下駅の駅舎が。
あたりがすっかり薄暗くなって分かりにくいのですが、なかなか近代的なデザインの駅舎です。
近代的なデザインの信貴山下駅。

もうこの時点で、お正月の不摂生がたたって、かなりクタクタになっている筆者(x_x;
山がちの道が多かったせいもありますが、やはり毎日きちんと体は動かさんと、あっという間になまってしまいますねぇ・・・

最後のスパートでようやく大和川を渡り、終着の王寺駅に到着します。
駅舎はJRと共通になっていて、西口ではこのようにすぐに乗り換えできるようになっています。
JRと同じ駅舎を使っている王寺駅に到着しました(v.v)

お正月も3日目、駅周辺はなかなか多くの人で賑わっておりました。
ただ残念なことに、正月休みの店も多く、筆者は買いたいものがほとんど買えなかったのが残念(T_T)


<本日(2012/01/03(火)の実績>
・本日の実績:26,929歩(21.5km)
・2012年01月の実績:56,147歩(44.92km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 生駒線 信貴山下 勢野北口 王寺

近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その3)

◯元山上口(もとさんじょうぐち)駅(奈良県生駒郡平群町)
◯平群(へぐり)駅(奈良県生駒郡平群町)
◯竜田川駅(奈良県生駒郡平群町)

ちょっと川岸の方に入ってみると、ご丁寧に説明の看板が立っていました(^^)
まさに今日打たれたばかりの勧請綱(かんじょうつな)を、厄除けのために町の境界に張られていたようですね。
今日なったばかりのしめ縄のようですねー今日なったばかりのしめ縄のようですねー

まさに今日行われたばかりの地元の行事を目の当たりにできたのは、ひとえに自らの足で歩き回っていたおかげでしょうか・・・


かくして、奈良県生駒郡平群町に入りました(v.v)
次の元山上口駅を通り過ぎた辺りから、今までの山がちの光景からだんだんと田園風景と住宅街が広がってきます。
沿線は田園風景と住宅街の中を進みます

と、そんな中見つけたのが、平群町を巡回するバスの停留所。
以前もちょっと書きましたが、あの「せんとくん」の成功に味をしめて?、どうも奈良県では「ご当地キャラクター」が定着しつつあるようですね。
平群町の町内を巡回するバスには、ここにもご当地キャラクターが。


さらに沿線を歩いていますと、このような標識を見かけます。
筆者が初めて遭遇する「道の駅」ですが・・・

これまで近畿圏内の各鉄道駅を歩き倒している筆者ではありますが、なぜだかこの「道の駅」だけは一度も遭遇していません。
さっそく向かって見ることにします(v.v)

標識にある道の駅「大和路へぐり」に到着します。
車が何台か停まっていたので、トイレも兼ねて立ち寄りましたが・・・お正月休みです・・・(T_T)
筆者が初めて遭遇する「道の駅」ですが・・・・・・お正月休みです・・・(-_-;



(「近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 生駒線 せんとくん 大和路へぐり 道の駅 勧請綱 ご当地キャラ

近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その2)

◯萩の台駅(奈良県生駒市)
◯東山駅(奈良県生駒市)

萩の台駅を出た頃から、だんだん沿線の道に傾斜がかかってきます。
何かここのところ、山がちの道を歩く機会がすごく多くなってますなー(-_-;

やがて、高台の頂上に次の東山駅が見えてきます。
この時点で路線は地下に潜っているので、地上から地下に降りて乗り込むようですね。
近代的なデザインの東山駅

これまでの駅とは違い、駅前にはお店をいくつか見かけますが、駅前をブラブラしていると、このような壮大な光景を見かけます。
ちょっと前まで横を流れていた竜田川が、ずいぶんと下の方に流れています。
だいぶ高い所まで登ってきたんですねぇ・・・
東山駅から降りたところには、なかなかスケールの大きな光景が広がっています

ふと竜田川の方を見下ろすと、川にそって遊歩道が見えます。
せっかくなので、行ってみることにします。

この遊歩道、「竜田川遊歩道」という奈良県が設置した遊歩道のようです。
つい先ほど前まで穏やかな流れだった竜田川が、まさに「渓谷」になってます!(@_@)
先ほどまで緩やかな流れだった竜田川が、一転渓谷になっています(@_@;先ほどまで緩やかな流れだった竜田川が、一転渓谷になっています(@_@;

このような絶景の中、遊歩道では地元のおじさんが一人、詩吟の練習してはりました。
確かに反響も抜群だし、練習にはいいスポットかもしれませんね。

遊歩道を抜けて、さらに山がちの道を進みます。
さすがに、こういった光景もだいぶ見慣れてきました(-_-)
ここのところ、こういった山がちの道を歩く機会が増えました・・・

と、沿線の方を見やると、川を渡すように何やらしめ縄のようなものが張られているではありませんか!(@_@;
沿線沿いに、何やら巨大なしめ縄が架けてあります(@_@)


(「近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その3)」に続く)




近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その1)

お正月期間中に、少々お酒の飲み過ぎ&運動不足気味となっていた筆者A(-.-;
各種データの更新やブログの更新などやることも一通り終わり、お正月のテレビも再放送だらけでやることがなくなったため、せっかくなので出かけることにしました。

今日歩くのは、おそらく帰省ラッシュや初詣云々とは殆ど関係ないであろう路線・・・近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線
これまでに走破した生駒駅王寺駅とを結ぶ路線です。


◯生駒駅(奈良県生駒市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線/けいはんな線 生駒駅/生駒山上ケーブル 鳥居前駅 乗換駅)
◯菜畑(なばた)駅(奈良県生駒市)
◯一分(いちぶ)駅(奈良県生駒市)
◯南生駒駅(奈良県生駒市)

なんだか中途半端なお天気の中ではありますが、お正月も3日目となると、そこそこ人出も多くなります。
駅のホームでは、近鉄のイメージキャラクター・竹下景子さんの新年の挨拶が流れておりますねー(^^)

生駒線の路線には、駅の南東側からアプローチします。
生駒駅南側から、生駒線にアプローチします(v.v)

多少クネクネと曲がりくねりながらも、沿線の道が整っているので、そこそこ快適に進めます。
沿線を歩き始めて程なく、一級河川の竜田川が並行して流れます。
かなり長い距離、沿線は竜田川と並走します。かなり長い距離、沿線は竜田川と並走します。

この竜田川、終着の王寺駅近辺で大和川と合流するんですが、一帯は昔から紅葉の名所として有名なところ。
その美しさは和歌にも詠まれ、小倉百人一首にも
・ちはやぶる 神世も聞かず竜田川 からくれなゐに 水くくるとは(在原業平)
・嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり(能因法師)

の2首が収められています。

あいにく、筆者はこんな感じで来るタイミングが悪いのですがA(-.-;、何と言っても近畿を代表する紅葉の名所ですから!
秋の紅葉シーズンには、また機会を設けて訪れたいと思います(v.v)


この生駒線、基本ワンマン運転の各駅停車しかないのですが、同じくワンマン運転の福知山線よりも長い4両編成で運行されています。
そのせいか、一分駅ではホームのギリギリまで列車が停まっていて、脇にある踏切ではこんな感じで、列車をメチャメチャ間近に見ることができます(@_@)
ワンマン運転の車両は、駅のホームいっぱいいっぱいに停まります(@_@)

さらに先に進み、南生駒駅を通り過ぎた頃には、路線はだんだん山がちの光景の中を進むようになります。
何かここのところ、こういった光景を目にする機会がすごく多くなってるように思います・・・
路線もだんだん山がちの光景の中を進みます。


(「近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 生駒線 竜田川 小倉百人一首 菜畑 一分 南生駒 竹下景子

01/03のツイートまとめ

fpmaru

王寺駅に到着(v.v)
以前安かったヤオヒコで晩酌のアテを買おうと思ったら、正月休みでした…(T_T)
01-03 17:53

最後の力を振り絞って、大和川を渡ってます(x_x;
01-03 17:38

筆者初めての道の駅「大和路へぐり」に立ち寄ったはいいものの、正月休みでした…(-_-)
01-03 16:26

元山上口駅に到着(v.v)こぢんまりしていて、いかにも山の駅という感じです(^^)
01-03 15:50

一昨日の疲れが出て、左足の筋が痛みだします(>_<)
今日帰ったら、十分に温めてストレッチせねば…
01-03 15:24

沿線の道が整備されているので、快調には進めているのですが、住宅街を走る路線のためネタがない…(-_-)
01-03 14:39

というわけで、かなり久しぶりの生駒駅から、近鉄・生駒線の沿線歩きをスタートします(v.v)
01-03 13:43

何とも言えないお天気の中、初詣や帰省ラッシュなどとはあまり縁のなさそうな沿線に向かいます。
01-03 13:11


01/01のツイートまとめ

fpmaru

一時間に一本しか電車がない路線ということを、すっかり忘れてました(-_-)次からはダイヤもチェックしとかんといけませんねぇ…まあ、思ったよりかなり暖かくて、ダウンの下は汗びっしょりですA(-.-;
01-01 18:05

もとい、小銭で切符買って乗り越し精算すればええやんA(^^;
01-01 17:49

たどり着いた石生駅は無人駅のため、切符買おうにも万札が使えない(&gt;_&lt;)一時間近く待つより、柏原駅に戻ることにしました(-_-)
01-01 17:44

というわけで、初詣は柏原八幡宮で済ませました(v.v)高いとこにあるから、たどり着くまでが一苦労(x_x;
01-01 17:01

何とか難所を乗り越え、柏原駅の近辺をブラブラしてます。城下町だけあって、古い建物がいい雰囲気だしてます(^^)
01-01 16:20

吹きすさぶ寒風に震えながら…という図を想定していましたが、めっちゃ暖かくて汗かいてますA(-.-;
01-01 14:33

ところどころ際どい道を進みますが、正月で車の通行が少ないのが幸いです(v.v)
01-01 14:00

お正月の昼下がりの丹波路快速は、意外や混んでます!(@_@)
01-01 12:28

新年一発目、お浄めと気合い入れる意味も込めて、この時期に歩くには過酷な路線に向かってます(v.v)
01-01 11:55


JR西日本・福知山線(その37)

◯石生(いそう)駅(兵庫県丹波市)

沿線に戻り、しばらくすると次の柏原(かいばら)駅が見えてきます。
以前にちょっと書いたことがありますが、近畿地区にいくつかある「ややこしい駅名」のうち、筆者が実際に訪れた3つめですね~A(^^;
柏原駅は、これまでになく大きくてオシャレな駅舎です(^^)

それにしても、これだけ立派で大きなな駅舎は、福知山線ではかなり久しぶり(篠山口駅以来?)ではないでしょうか!?
中央のドーム状の構造物といい、外壁の色使いもなかなかシックでカッコいいじゃないですか!(^o^)


柏原駅を出てしばらくすると、柏原八幡宮の案内板が出ています。
昨年同様、成り行きで申し訳ないのですがA(^^;、やはり年の始めに最初に出会った神様ですので、こちらへ初詣に向かいます(v.v)

沿線から脇にはいることしばし、柏原八幡宮の鳥居が現れます。
お正月らしく、参道には何件か出店も出ていて、人出もけっこう多いですねー
柏原八幡神社は、初詣の人たちで賑わっております!

ここから先は例によって写真撮影は控えさせていただきますが、本殿までにはそこそこ長い階段があり、上るだけで一苦労です(x_x;
本殿では、多くの方が行列を作って参拝されていました。
この辺りでは、なかなか有名なお宮さんのようですねー(^^)


さて、柏原八幡神社を出て先に進みます(v.v)
タイミング的に少々微妙だったんですが、次の石生駅にたどり着いたときには、すっかり辺りも薄暗くなってしまいました・・・
辺りも薄暗くなったところで、石生駅にたどり着きました(v.v)

谷川駅から何となくは気づいていましたが、特徴的なのがこの手描き感たっぷりの看板!
なかなか他では見られない看板です。
谷川駅でも見かけましたが、手描き感たっぷりの石生駅の看板。

そういえば、篠山口から福知山までは1時間に1本しか電車がない路線でしたね・・・
キップ購入時のドタバタ含めても、無人駅のホームで30分以上待つことになってしまいました(-_-;

やはり、今度からは帰りのダイヤも調べた上で行かんとあきませんね・・・
人っ子一人いない、お正月の石生駅のホームです(v.v)


<本日(2012/01/01(日)の実績>
・本日の実績:27,694歩(22.2km)
・2012年01月の実績:27,694歩(22.2km)
・2012年の実績:27,694歩(22.2km)
・歩行路線数:53路線/122路線(43.4%)
・完歩駅数:624駅/1,671駅(37.34%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 石生 柏原八幡宮

JR西日本・福知山線(その36)

◯柏原(かいばら)駅(兵庫県丹波市)

約500メートルのトンネルを抜けてしばらく歩くと、今までとは打って変わり、かなり拓けた街が見えてきます!
トンネルを抜けると、これまでとは違いそこそこ拓けた街になってました!(^o^)

これまではひたすら山林と田園風景だけでしたが、ぼちぼちと喫茶店やコンビニなども見かけるようになります。
よかった、けっこうな困難が予想されていたエリアを、無事通過できたようです(v.v)


さらに沿線を進み、次の柏原駅も近づいてきたところで、道端にこんな標識を見つけます。
「柏原藩陣屋跡」
さっそく、標識に従って行ってみます。
柏原駅近くの沿道には、このような標識を見かけます

あいにく不勉強で存じ上げなかったのですが、この丹波市柏原町の周辺は城下町として栄えたところだそうで、途中にも歴史を感じる建物を所々で見かけます。
古い家屋も点在していて、なかなか落ち着いた街並みです(v.v)ところどころで、このように歴史を感じる建物を見かけます(v.v)


やがて、道の右手に見えてきたのが、柏原藩織田家の家屋敷跡。
織田信長の弟・織田信包が初代藩主を務めたのが柏原藩だったそうで、どおりで何とも立派な門構えです(@_@)
柏原藩織田家旧邸の立派な門構え!(@_@)

中にはいるとさらに圧巻で、威圧感さえ覚える堂々とした建物!
少々痛んではいるものの、鴨居の彫刻なども手が込んでいます。
圧迫感さえ覚える、堂々とした造りのお宅です。圧迫感さえ覚える、堂々とした造りのお宅です。

さらに家屋敷跡の奥には、さらに大正時代に使われていたというレトロ感たっぷりの学校の校舎(^^)
案内板によると、大正時代に使われていたという氷上郡立高等小学校の校舎。
20120101-036.jpg大正時代に使われていたという、レトロ感たっぷりの校舎。

何だか、この一角だけタイムスリップしたかのような、不思議な雰囲気が漂っています。



(「JR西日本・福知山線(その37)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 柏原 織田信包 柏原藩陣屋跡 氷上郡立高等小学校

JR西日本・福知山線(その35)

◯谷川(たにかわ)駅(兵庫県丹波市)
(JR西日本・加古川線 谷川駅 乗換駅)

やがて、次の谷川駅に到着します。
この谷川駅、やがて歩くだろう加古川線との乗換駅なのですが、その割にはこぢんまりとしていて、駅前にも目立ったお店は見かけません・・・
お正月だからか、どこかしらのどかな雰囲気漂う谷川駅前

お正月だからか人気も少ないし、お店もほぼ全部休みだし・・・で、仕方ないので加古川線の沿線を少々回りこんで、さらに先を進むことにします(v.v)

駅舎の傍らには、加古川線の車両が停まっています。
筆者も一度だけ乗ったことがありますが、確か平日昼間は1時間に1、2本くらいしか列車が走っていないんです(x_x;
その上、「沿線の道ってあるの?」というくらいのすごい光景が広がっていたのと、正直沿線の学生の利用が多くて、そこそこガラが悪かった記憶があります・・・
いずれ歩くであろう、加古川線の電車が停まっています。


さて、これまで路線は西向きに進んでいたのですが、谷川駅を出てからは北向きに変わります。
下調べによると、ここからが山がちの道が続き、正念場となる模様。
一面田畑と森が広がって風景も変わり映えしない中、そこそこ広い歩道があるのが幸いです。
谷川駅を出てからは、北向に進路を変えます。

しばらく緩やかな坂道を登ったところで、道路脇には日曜朝市の建物と「峠」の文字が刻まれた碑を見つけます。
新年早々から峠越えですか-(-_-)
沿道には「峠」の一文字が刻まれた碑が・・・


やがて路線はトンネルに入り、筆者が歩いていた道路もトンネル(奥野々トンネル)に入ります。
それにしても、トンネルの入口にこんな鮮やかな絵が描かれているのは初めて見ました!
入り口にきれいな絵が描かれた奥野々トンネル

この辺り、有名なお宮さんなどなかった記憶があるのですが、何であのようなデザインの絵柄になったんでしょうね?(?_?)



(「JR西日本・福知山線(その36)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 谷川 奥野々トンネル 加古川線

JR西日本・福知山線(その34)

新年、明けましておめでとうございますm(_ _)m

このブログも今年で四年目を迎えますが、今年もこれまで同様、近畿各地の様子をお伝えできればと思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


さて、あまり詳しくは語れないのですが・・・昨年末最後の最後に気を抜いて、ちょっとした災難にあってしまった筆者!(>_<)
(ケガや病気というわけではありません)

そのお浄めと、何より自分に気合い入れる意味で、正月1日からこの時期に行くにはしんどいだろう路線を歩きます。


JR西日本・福知山線は、昨年の夏に歩いて以来約半年ぶり。
山あいを走る路線のため、夏は涼しいのですが・・・昨年春に訪れた時は、山からの凍り付くような冷たい風の中をショボショボ進んだ記憶がよみがえります(T_T)

いくらお浄めとはいえ、真冬、しかも山あいの渓谷沿いを走る沿線を歩くのは初めてなので、今から戦々恐々としています・・・


◯下滝駅(兵庫県丹波市)

久しぶりの筆者は、前回ラストだった下滝駅に自動改札がなかったことを忘れて、うっかりPiTaPaで改札を通ってしまいましたが・・・
ワンマン運転の運転手兼車掌さんが乗車証明を書いてくれて、何とか事なきを得そうです(-.-)
誤ってPitapaで改札を通ってしまいましたが、ワンマン運転の運転手さんに助けられました~(-.-)


下滝駅に降り立ちますが、さすがに正月の昼下がり、車はごくごくたまにしか通りません。
お正月だからか、車の往来もほとんどなく・・・

駅前のコンビニ?もこんな感じです。
考えてみたら、筆者が子供の頃のお正月も、ほとんどの店がこんな感じでしたねー
この辺りのお店は、こんな感じでのんびりしてはります(v.v)

最近は24時間・365日営業の店がかなり多くなりましたが、果たしてそんなあちこちでやる必要があるのか?
前回この駅の近くで見つけた発電所跡の逸話を思い出し、節電の観点からも考えるべき問題かもしれません。


さて、沿線の道はこんな感じで、例によって路側帯が非常に狭くなっています。
お正月のため車の通行量が少ないのが幸いですが、ここが通学路ですか?!(@_@;
こんな沿線ですが、車の往来が少ないのが幸いでした(v.v)

路線は田園風景と集落の中を進みますが、ふと振り返ると丹波の山々が広がり、ちょっと前まで渓谷だった篠山川も穏やかな流れになって、何とも雄大な自然が広がっているではありませんか!(^o^)
丹波の山々が一望できて、壮大な風景が広がっています~(^o^)


当初想像していたよりもかなり暖かくて、すでに汗がにじんでいますが、何とも穏やかな雰囲気の中を進みます(v.v)



(「JR西日本・福知山線(その35)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 福知山線 宝塚線 下滝 篠山川

01/01のツイートまとめ

fpmaru

一時間に一本しか電車がない路線ということを、すっかり忘れてました(-_-)
次からはダイヤもチェックしとかんといけませんねぇ…
まあ、思ったよりかなり暖かくて、ダウンの下は汗びっしょりですA(-.-;
01-01 18:05

もとい、小銭で切符買って乗り越し精算すればええやんA(^^;
01-01 17:49

たどり着いた石生駅は無人駅のため、切符買おうにも万札が使えない(>_<)
一時間近く待つより、柏原駅に戻ることにしました(-_-)
01-01 17:44

というわけで、初詣は柏原八幡宮で済ませました(v.v)
高いとこにあるから、たどり着くまでが一苦労(x_x;
01-01 17:01

何とか難所を乗り越え、柏原駅の近辺をブラブラしてます。
城下町だけあって、古い建物がいい雰囲気だしてます(^^)
01-01 16:20

吹きすさぶ寒風に震えながら…という図を想定していましたが、めっちゃ暖かくて汗かいてますA(-.-;
01-01 14:33

ところどころ際どい道を進みますが、正月で車の通行が少ないのが幸いです(v.v)
01-01 14:00

お正月の昼下がりの丹波路快速は、意外や混んでます!(@_@)
01-01 12:28

新年一発目、お浄めと気合い入れる意味も込めて、この時期に歩くには過酷な路線に向かってます(v.v)
01-01 11:55


12/31のツイートまとめ

fpmaru

近所のお寺さんで、除夜の鐘つきが始まりました(v.v)いよいよ、年越しですねー(^^)
12-31 23:53

同じ「年越しそば」でも、おダシまでぐいぐいおいしく飲めるのが関西ですよね!(^^)関西に戻れてよかった~
12-31 23:11

どうせクイズ出すんやったら、ロシアの「つるふさの法則」についても言及してほしいなーA(^^;
12-31 22:40

テレ朝系でやってる「ニューステスト」に毎回挑戦してますが、ホンマに簡単な問題で間違ってしまうんですわ~(T_T)
12-31 22:25

池上さんって、著作業に集中するからってやめたんちゃったっけ???平気で7時間とか出演してはるけど(?_?)それはさておき、テレビで"CDS"とか説明しても、普通の人には「???」なん違うA(^^;
12-31 21:53


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。