プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

季節を変えておさらいシリーズ(その3) 京都・蹴上~神宮丸太町#6

時間的におそらく最後のスポット、京都御苑へと向かいます。
辺りもずいぶ薄暗くなってきた中、写真写りが少々不安ではありますが・・・

と、そんな中でふと見かけたのが、当の京都御苑の脇にある梨木神社
梨木神社境内の、何とも美しい紅葉!(^o^)

あいにく筆者は存じ上げなかったんですが、参道から見る紅葉の景色はなかなかのものですね!
京都御苑のすぐ脇ということで人目には付きにくいと思いますが、なかなか立派な紅葉です!(^^)
梨木神社境内の、何とも美しい紅葉!(^o^)

ホンマに、辺りが薄暗いのだけが残念でなりません・・・


さて、そうこうしているうちに、お目当ての京都御苑に到着します。
京都市内はそこそこブラブラしてますが、ここはいまだ訪れたことのなかったスポットですね!
微妙なタイミングではありますが、こちらも京都を代表する紅葉の名所・京都御苑に向かいます(v.v)20121125-110.jpg

もうすっかり日が沈んでしまい、写メを撮るにもなかなか難しい状況にあるんですが、それでも節々で見かける紅葉は、なかなか見事なものがあります。
京都御苑の中の紅葉も、今が見ごろのようですねー


まーものすごく自然&歴史深い京都の紅葉の名所を、たかが数日で廻ろうなんてのがそもそもが無理な話でして、ここから数年かけて、じっくりと京都のスポットをご紹介していければと思います(v.v)

最後に、御苑内で見かけた「珍光景」。
御苑の中は、当然ながらじゃりが敷き詰めてあるんですが、そんな中で見かけたのがこれ!
これが、じゃり道ならぬ「チャリ道」A(^^;

とにかく御苑内は広くて、そんな中を自転車(=関西弁で「チャリンコ」)で通るうちにできた、「砂利道」ならぬ「チャリ道」A(^^;
確かに、砂利道やとハンドルとられてしまいますからね。
こうやって繰り返しチャリが通ることでできる道も、おのずとできるのではないかと・・・A(^^;;;




テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:京都御苑 紅葉 梨木神社

おさらいシリーズ(その3) 京都・蹴上~神宮丸太町#5

今出川通を、さらに西に進みます。
ほどなく、京都大学のキャンパスが見えてきますが、沿道のイチョウ並木も何ともきれいに色づいておりますねー(^^)
京都大学沿道のイチョウ並木も、なかなか美しく色づいてますねー(^^)

と、ふと気が付くと、今日がまさに学園祭の真っ最中のようです。
そうかー、卒業して20年以上経ってすっかり忘れちまってますが、確かにもうそういう時期ですよね・・・
京都大学では、ちょうど学園祭をやってはるみたいです(v.v)

今出川通をさらに西に進み、こちらは夏以来の出町柳駅
夏にも向かった下鴨神社も、京都では有名な紅葉スポットということで、ちょっと立ち寄ってみます(v.v)
夏以来の出町柳駅に到着します(v.v)


参道でも、こうやって色づいている木々を目にしますが、どうもまだまだ「緑」が多い印象を受けます。
下鴨神社の境内は、部分的にはこのように色づいているものもあるのですが・・・下鴨神社の境内は、部分的にはこのように色づいているものもあるのですが・・・

夏に訪れたときもやったんですが、折しも下鴨神社では本堂の改修作業真っ最中!
本堂付近に使う「敷石」を、こうやってお祓いして清めてはるみたいです(v.v)
20121125-101.jpg

一通り境内をブラブラして、再び来た道を戻りますが・・・同じ京都市内、しかも直線距離で数kmしか離れていないこのエリアでも、紅葉の色づきはまだまだのようでした。
ここに限っては、12月初旬以降が見ごろになるのでしょうか・・・
全体的に見て、下鴨神社の紅葉はまだまだのようでした・・・

季節を変えておさらいシリーズ#3 京都・蹴上~神宮丸太町(その4)

ようやくたどり着いた哲学の道も、やはり人がいっぱいです(-_-)
ただ、やはりこちらも色づきがきれいですね~(^o^)
哲学の道を上りますが、この辺りが一番いい景色かもしれませんねー哲学の道を上りますが、この辺りが一番いい景色かもしれませんねー


筆者は南から北に向かって「上がって」いるわけですが、歩を進めるにつれて、だんだん紅葉の様子も寂しくなってきまして。
1本1本は確かに美しいのですが、さすがに先ほど圧倒的なまでの光景を見てきたので、(こう言っては何ですが)少々見劣りがしてしまいますね・・・
1本1本は確かにきれいなんですが、先ほど圧倒的なものを見すぎたもので・・・1本1本は確かにきれいなんですが、先ほど圧倒的なものを見すぎたもので・・・

個人的には、北側からアプローチして哲学の道を南に向かい、永観堂・禅林寺→南禅寺に向かう・・・という順序がよろしいかと思います(v.v)


距離的には1kmとちょっとくらいで、普段の筆者の街歩きでは12~15分くらいで歩くのでしょうが、さすがに人出が多かったおかげで、小一時間ほどかかってしまいましたA(-.-;
哲学の道を後にして、今出川通を西に進みます(v.v)哲学の道を後にして、今出川通を西に進みます(v.v)


予定よりもずいぶ遅れてしまいましたので、今出川通を西に急ぎます。
さすがに、ここまで来ると人出は少なくなるので一安心です。
さすがに、今出川通になると人出はめっきり減りますねー


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:哲学の道 紅葉 今出川通

季節を変えておさらいシリーズ#3 京都・蹴上~神宮丸太町(その3)

南禅寺を後にして、次の紅葉の名所である哲学の道へと向かいます(v.v)
それにしても、相変わらず沿道はこの混雑ぶりです(-_-)
南禅寺を出て、「哲学の道」へと向かう道もこんな具合で!(@_@)

そんな中で、沿道にある東山中学校・高校の前で見かけたのは、学生手作り?の周辺案内マップ。
周辺のスポットが分かりやすく説明してあって、かなり分かりやすいです。
東山中学校・高校の前には、このように分かりやすい案内マップが掲示されています(^^)

それにしても、人出の多さに加えタクシーなども加わり、とうとうえらいことになってます!(@_@)
哲学の道への続く道は、人出に加えタクシーやバスなども行き交ってえらいことになってます!(@_@;


そんな沿道で見かけたのが、この永観堂・禅林寺
筆者はまったく不勉強で存じ上げなかったんですが、知る人ぞ知る京都の隠れた紅葉スポットやそうですね!
ふと立ち寄ったのは、実は隠れた紅葉の名所・永観堂幼稚園の庭園

境内に入ると、こちらもものすごい人出ではあったんですが、それよりもこの鮮やかな色彩と、何よりこの圧倒的なボリューム感!(@_@)
こちらも色鮮やかで、何よりこの圧倒されんばかりのボリューム感!(@_@)こちらも色鮮やかで、何よりこの圧倒されんばかりのボリューム感!(@_@)

聞くところでは、境内には三千本の紅葉が植えてあるとのこと。
すごい、この一角に三千本もあるということは、相当集中しているんですね!
こちらも色鮮やかで、何よりこの圧倒されんばかりのボリューム感!(@_@)こちらも色鮮やかで、何よりこの圧倒されんばかりのボリューム感!(@_@)


ずいぶ長い寄り道でしたがA(^^;、ようやく哲学の道にたどり着きます。
長い寄り道でしたがA(^^;、ようやく哲学の道にたどり着きました




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:哲学の道 永観堂・禅林寺 紅葉

おさらいシリーズ(その3) 京都・蹴上~神宮丸太町#2

南禅寺の三門付近だけでも十分紅葉が楽しめるのですが、せっかくなので筆者は堂内も見学させていただくことにします(v.v)
筆者は、拝観料を払ってお邪魔することにします(v.v)

小ぶりながらも、何とも美しい枯山水の庭園です!
あえて庭園の中には1本だけ紅葉を植えて、その周りの景色とのコントラストを楽しむのでしょうか。
特に禅宗のお寺は、とにかく庭園の美しさは絶妙です!


本堂の廊下を巡っていると、この素晴らしい色使いの紅葉!(@_@)
この絶景は、言葉を失いますね・・・
この色使い&コントラストを出せる自然ってすごい!(@_@)何とも見事な南禅寺庭園内の紅葉!(@_@)


おそらく光の具合で鮮やかさが変わってくるでしょうが、絶好の天気と絶好の時間に来たんですね・・・
露光が若干微妙ですがA(-.-;、光の具合がよければなかなかええ写真やったやろうと思います。


さて、何とも言えない感動を残しながら、再び南禅寺の境内をブラブラします。
南禅寺と言えば有名なのが、テレビドラマなどでもよく使われるこの水路閣
南禅寺と言えば、この水路があまりにも有名!南禅寺では、この水路閣も有名です(v.v)


以前筆者が一通り沿道を歩いた、琵琶湖疏水を通すための水路なんです。
この水路はいまだに現役で使われているとのことで、さっそく橋のたもとに向かって眺めてみた様子はこんな感じです(v.v)
水路の中は、実際こんな風になってるんですね!

「釣りをしないように」との断りの看板があったのはご愛嬌ですがA(^^;、それにしてもこんなところでの釣りは危ないでしょう~!!




季節を変えておさらいシリーズ#3 京都・蹴上~神宮丸太町

三連休中久しぶりに真っ青な空が広がり、絶好の行楽日和となったここ近畿地方です!(^o^)

三連休唯一のお天気やし、せっかくなので恒例の「おさらい」シリーズの旅に出かけます。
大阪市内は、新しい目玉イベントとなりつつある「大阪マラソン」のおかげですごい人出やったんですが、そんな中をくぐり抜けて向かったのは、去年のゴールデンウイーク以来の京都市営地下鉄・東西線の蹴上駅

この時期の京都といえば、そりゃもう鉄板中の鉄板の観光スポットなんですが、果たしてどうなることやら・・・


ともあれ蹴上駅を降りて、しばし三条通を西に戻ります。
さらに最初の目的地である南禅寺方面に進もうとしたところ、この人だかり!(@_@;
南禅寺に向かう道沿いも、この混雑ぶりです!(@_@

うーん、これからの行程が思いやられます・・・(-_-;


民家の中を通り抜ける細い道を進むことしばし、ようやく南禅寺の参道入り口に到着します。
相変わらずの人出&観光バスの多さなんですがA(-.-;、それでも「紅葉の名所」の片鱗が少し垣間見えます(^^)
参道にもほのかに、紅葉の景色が広がってますねぇ~(^^)

そこそこ多い人出の中を、参道を先に進みます。
それにしても、拝観料がまったくいらないエリアでも、こんだけの見事な紅葉が楽しめますか!(@_@)
ちょっと、商売っ気足らへんのちゃいます???A(^^;ヾ(-_-;
境内では、何とも色鮮やかなモミジが色づいております!(^^)もう、この紅葉を眺めてるだけで十分なんですが・・・

こちらは、南禅寺の「山門」ならぬ「三門」
一般客が上に上ることもできるそうですが、何よりこの三門は天下の大泥棒・石川五右衛門が、キセル片手に
「絶景かな、絶景かな。
春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。この五右衛門の目からは、値万両、万々両……」

という名台詞を吐いたスポットとしても有名です(v.v)
こちらが、南禅寺の「三門」になります(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:蹴上 南禅寺 紅葉 三門 石川五右衛門

季節を変えておさらいシリーズ#2 奈良県生駒郡斑鳩町~三郷町(その4)

人の気配も少ない龍田大社の中を、ブラブラ散策します(v.v)

以前訪れた紅葉スポット、例えば京都府・京田辺市の「一休寺」や兵庫県川西市の「多田神社」など、最寄り駅から遠いというハンデがある分、人出を気にせずじっくりと紅葉を楽しめるスポットは、なかなか貴重です。
この龍田大社も、まさにそのうちの1つではないでしょうか。
個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)

境内に一歩足を踏み入れると、もういきなり一面の紅葉!(^o^)
ちょうど今が、色づき始めの頃でしょうか。
個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)

人それぞれ好みがあるかと思いますが、筆者個人としては真っ赤っ赤の紅葉よりも、こういった緑から橙、鮮やかな赤へと色づいているグラデーションの美しさこそが、紅葉の一番の美しさやろうと思っております(v.v)
個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)



境内を一通り歩き回りますが、それにしてもあっちゃこっちゃにモミジの木があるため、境内全体が紅葉で埋め尽くされている感じです!(@_@)
個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)

このような景色の中、七五三のお参りに来てはったご家族がいらっしゃいましたが・・・
これだけのきれいな景色の中で七五三のお参りなんて、ずっと記憶に残りはるんやないでしょうか!
個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)個人的には、真っ赤っ赤よりもこういったグラデーションの美しさが好きです(^^)


全国レベルはおろか、近畿の中でもややマイナーな(⇒失礼!)スポットやったんですが、落ち着いた雰囲気の中、十分紅葉の美しさを楽しむことができて、感謝です!(^o^)/
全国的にはマイナーな紅葉スポットでしたが、なかなか楽しめました!(^^)

龍田大社から歩くことしばし、最寄り駅の三郷駅に到着します。
以前の沿線歩きの際は、雨の中グダグダになりながらたどり着いた記憶がよみがえりますA(-.-;
久々の三郷駅は、以前と何も変わらずでした・・・

でも、相変わらず駅前にはボランディアの方が提供されてる傘が残ってたし、駅舎脇の泉も(節電の影響で水量はすごく減ってたけど)いまだ健在のようで、相変わらずほっこりとした雰囲気を漂わせておりました!(^^)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:龍田大社 紅葉 三郷町

季節を変えておさらいシリーズ#2 奈良県生駒郡斑鳩町~三郷町(その3)

時期的に少々早すぎた印象を受けながら、竜田川を後にします(-_-)
心の中の「達成感」は60%くらいですが・・・うーん、もう少し遅い時期に、改めて訪れることにしましょう!

当然、竜田川のある斑鳩町から隣町の三郷町までは徒歩で歩きます。
まー、この辺りは自然も多いし、街並みも落ち着いてるんで、なかなか楽しみながら歩けるんですけどねー

やがて、今年年初に近畿日本鉄道(近鉄)・生駒線沿線歩きで通りがかった、三郷町役場の前を通り過ぎます。
おなじみ「奈良県のご当地キャラクターにツッコむ」のお時間です(v.v)

えー、奈良県歩きの際には恒例になりつつありますがA(^^;、ここで奈良県下各街の
「奈良県のご当地キャラクターにツッコむ!」
のお時間です(v.v)
ご当地・奈良県生駒郡三郷町のキャラクターが、この「たつひめ」ちゃん。

イラストと着ぐるみとのギャップが少ないし、(筆者はよくわかりませんが)いわゆる「萌え系」ではそこそこいい線行ってるのではないでしょうか?!
ただ、健康志向著しい中で、ポッチャリキャラはどうなんやろうなとA(^^;

着ぐるみを見た筆者の第一印象を言わせていただくと
「食べすぎて小太りになった酒井法子」
なんですけどねA(^^;;;


それはさておきA(^^;、三郷町を歩き回ること小一時間。
ご当地の紅葉スポット、龍田大社に到着します。
既に参道の段階で、かなり紅葉が進んでいるのが分かります!(@_@)

おお、すでに参道に入る段階で、かなり紅葉が進んでるのが分かりますやん!(^o^)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:竜田川 紅葉 たつたひめ 龍田大社 竜田揚げ たつひめ

季節を変えておさらいシリーズ(その2) 奈良県生駒郡斑鳩町~三郷町#2

王寺駅から歩くこと15分ほど、ようやく大和川と竜田川の合流地点にさしかかります。
これから、竜田川をさかのぼるわけですね・・・
やがて、以前歩いた竜田川との合流点にさしかかります。

それにしても、「歴史に名を遺すほどの紅葉の名所」という割には、辺りには全然その気配すらありません(-_-;
心の中に60%ほど疑念が湧いてきたところで、竜田川の流域に足を向けると・・・
おお、かすかにではありますが、それらしい雰囲気出てきましたやん!(^^)

おお、かすかにではありますが、それらしい雰囲気出てきましたやん!(^^)
すっかりモチベーション回復して、竜田川の河川敷を北に進みます。


竜田川と大和川との合流地点から歩くこと10分ほど、ようやく確証を得られるスポットに到着します。
「嵐吹く 三室の山のもみじ葉は・・・」
三室山がこれ。
これが「三室山」だそうですが・・・思っていたよりこぢんまりしてますねぇ・・・(@_@)

・・・正直、思っていたよりこぢんまりしていて、「山」というより「丘」ですね・・・

それはさておき、ほどなく目の前には竜田川河川敷に竜田公園が広がります。
竜田川の沿道にある「竜田公園」に入りますが・・・紅葉はまだまだなのかしら・・・(-_-)

うーん、時期的には少々早いようで、木々の色づきもまだまだのようですね・・・
仕方ないので、河川敷の遊歩道をブラブラしてみます(v.v)


と、河川敷を歩くにつれ、対岸の山裾がだんだん色づいているのを見かけます。
・・・と、何だか向こう岸の方が少しずつ色鮮やかになってきました!(^^)

やがて、対岸の紅葉は色味を増してきて、こんな色鮮やかな光景になってきます!
少々迫力には欠けますが、それでもかなり彩り鮮やかな光景ですねーこちらなどは、もう十分な色づきになってますねー(^^)

うーん、時期的に1、2週間ほど早かったのかもしれませんが、それでもこんな色鮮やかな景色は、なかなかいいものです(^^)
時期的に少々早かったようですが、それでもなかなかええ色づきです~

※これからの季節お出かけの際には、決して筆者のマネはせずA(^^;、王寺駅から法隆寺行きバスにご乗車くださいm(_ _)m


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:三室山 竜田川 紅葉

季節を変えておさらいシリーズ(その2) 奈良県生駒郡斑鳩町~三郷町#1

こんばんは、筆者です(v.v)

ここのところ、朝晩はすっかり冷え込むようになりましたねー。
広島にお住いのちぇしゃ猫さんをはじめ、関東などからも紅葉の便りが届いてきていますが、近畿ではようやく始まったばかりのようでして、まだまだこれからといった感じでしょうか。

そんな中、少しでも秋らしい景色を求めようということで、天候に若干不安が残る中出かけます(v.v)


今日歩くのは、つい先日走破したばかりのJR西日本・関西本線(大和路線)王寺駅から三郷駅周辺。
以前訪問した時は思い切りシーズン外れてたのですが、その昔からモミジの美しさが有名で、
「千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」在原業平朝臣(17番)
「嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり」能因法師(69番)

と2首も小倉百人一首に詠まれているエリア!
是非とも一度、昔の歌人が愛してやまなかった光景をこの目で見てみようと思った次第です(v.v)


降り立ったのは、久しぶりの王寺駅
それにしても、まだ1ヶ月以上あるのに、もうクリスマスツリーを飾ってますか~A(-.-;
久々の王寺駅からブラブラ歩きを始めます(v.v)あと1ヶ月以上あるのに、既にクリスマスモードに入ってますか~(@_@)

最初の目的地である竜田川まではそこそこの距離があるので、しばらく歩かねばなりません。
以前JR西日本・大和路線沿線を歩いた時のように、大通りを東に進みます(v.v)

以前歩いた時は気づかなかったんですが、王寺駅前のオブジェって、結構芸が細かいんです!
例えばこれなんて、大きな石の隅にトンボが止まってるし、奥の川のせせらぎのところには、魚が何匹が泳いでいたりします・・・
王寺駅前のオブジェも、よくよく見るとなかなか凝ってますね~(^^)


さて、大通りを抜けて大和川の方に進みます。
大阪市内では午前中まで雨が降ってたくらいで、正直どうなるかと思ってましたが・・・すっかり天気が良くなって、大和側から眺める景色もなかなかいいですねー(^^)
すっかり天気が良くなって、大和川の景色もなかなかいいですねー

そこそこええお天気の中を、大和川の河川敷をテクテク進みます(v.v)
大和川の河川敷をテクテク歩きます(v.v)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:JR西日本 関西本線 大和路線 三郷 紅葉 小倉百人一首 竜田川

【関連記事】AKB48で復興応援国債PR

(gooニュースより)
http://news.goo.ne.jp/photo/jiji/business/jiji-0013618322.html


こんにちは、筆者です(v.v)

えー、このブログをずっと読まれてる方は薄々お気づきかと思いますが・・・
実のところ、筆者は大の「アンチAKB」!

といって、別にミーハー趣味で云々というわけではありません。
音楽大好きの筆者にとっては、ここ数年実力も能力も適性もミジンもないこいつらのせいで、実力のある若手ミュージシャンがなかなか日の目を見なかったり、チャートも思い切りかき乱されてきた様を、非常に苦々しく思ってました(-_-;

おかげで、J-Popはじめ日本発の音楽は、すっかり焼け野原状態になってしまいましたしね!
試しに、今年2012年の「ヒット曲」って、何か思い浮かびますか???
正直、何も思い浮かばない方がほとんどやと思うんですが・・・それほどまでに日本の音楽界を落ちぶれさせた最大の原因は、ひとえにこいつらの存在やろうと思っています(-_-;


まー、なかなかこれまで大っぴらに叩く機会がなかったのですが、ようやくここで名指しで批判できる、絶好の機会が訪れましたー!(^o^)

だいたい、人気も全然ない頃から「国民的アイドル」なんてマスゴミは吹聴してましたが、私ら興味も何もない一般の日本国民にとって、奴らの「ヒット曲」って、何が思い浮かびます?
正直、2、3曲も分からないのが正直なところではないでしょうか?

今や小学生でさえ「古い!」「ダサい!」なんて言ってるくらいだし、ミナミにあるAKBショップも、辺りには修学旅行生がたくさん来ている割に閑古鳥が鳴いてる始末。

すごくハッキリ言わせていただくと、所詮はテレビやスポーツ新聞などの「マスゴミ」が思い切りねつ造した人気であって、一部の熱狂的ファンがそれに乗っかって、いい気になってただけなんですよね!
断じて言いますが、これまで一度たりとも、「国民的」だったことなどないでしょう。

まあ最近は、最大のスポンサーやったオタクどもの資金繰りも苦しくなり、思い切り人気凋落傾向のようですし(^w^;、ようやく「健全でまっとうな感性」を持った状態に戻りつつあるのかと思い、一安心なんですけどね!


で、ようやく本題ですA(^^;

「復興国債」はこれまでも発行されてきましたが・・・
それが実際にどう使われてきたかは、皆さんがニュースなどでよく耳にされてる通り!(>_<)

そういった実態がバレバレやのに、今さらこれを買う人なんているんでしょうか?
東北の人たちのために応援したつもりが、訳の分からない箱モノの建設や修復に使われるのに・・・

そういったええ加減なインチキ金融商品のPRを、これまた虚飾にまみれた自称「アイドルグループ」に依頼するというのも、いかにも財務省のセンスの悪さ&バカさ加減がうかがえますねー(^w^;;;


というわけで、賢明な方はこういったインチキ金融商品に手を出されないよう、くれぐれもご注意をお願いしますm(_ _)m

本当に東北の人たちを応援したいんやったら、しかるべき組織に直接寄付するのが確実ですし、何より現地を訪れて、現地の今の様子を体感し、何がしかの形でお金を落とすのが最大の「復興」の手助けやろうと思いますよ!


【追記】
折しも今日の同じgooニュースの中で、宇多田ヒカルがネット配信だけでチャート1位を獲得したという情報が流れていました。
よかった、やっと「健全でまっとうな感性」が取り戻されてきた証拠でしょうか(v.v)
http://news.goo.ne.jp/article/nikkansports/entertainment/p-et-tp0-121118-0006.html



近畿のマンホールデザイン展(その22)

<奈良県>

14)磯城郡田原本町

いろいろ調べてみましたが、このデザインは正直「ナゾ」です・・・(?_?)
[マンホールデザイン]奈良県磯城郡田原本町(汚水)[マンホールデザイン]奈良県磯城郡田原本町(汚水・カラー)



15)橿原市(旧・高市郡今井町)

筆者が一発で大好きになってしまったエリアですね~!(^^)
今は市町村合併の影響で橿原市となっていますが、それ以前のものは、昔ながらの街のたたずまいをうまい具合に表現していると思います!(^o^)
[マンホールデザイン](旧)奈良県高市郡今井町(汚水)[マンホールデザイン](旧)奈良県高市郡今井町


16)香芝市(雨水)

以前紹介したものは、関西らしく思いっきりダジャレ色が強かったんですか(?)、これは市の花・スミレ(パンジー)をメインにあしらってありますねー(^^)
[マンホールデザイン]奈良県香芝市(雨水)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:マンホールデザイン 近畿

近畿のマンホールデザイン展(その21)

<京都府>

5)乙訓(おとくに)郡大山崎町

町の木「アカマツ」、町の鳥「ウグイス」、町の花「サクラ」をもりこんだデザインとなってますねー(^^)
[マンホールデザイン]京都府乙訓郡大山崎町


6)八幡(やわた)市

あくまで推測ですが、市の花「サツキ」をあしらってあるようですね・・・
[マンホールデザイン]京都府八幡市


7)福知山市

京都北部のマンホールデザインをお伝えできるようになっただけで、ただただ感無量で・・・(T_T)
・・・それはともかくA(^^;、どちらとも汚水マンホールのようですが、同じ種類なのにここまでデザインが違いますかー(@_@)
[マンホールデザイン]京都府福知山市(汚水・カラー)[マンホールデザイン]京都府福知山市(汚水2)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:マンホールデザイン 近畿 京都

近畿のマンホールデザイン展(その20)

<兵庫県>

19)兵庫県

加古川上流域のエリアが、共通で使っている下水道のもののようです(v.v)
[マンホールデザイン]兵庫県加古川上流域下水道


20)神戸市

左側は消火栓で、以前掲載した2つとは別バージョンのようです。
いったい、いくつバージョンあんの???(?_?)
右側は、三宮駅近辺で見かけるオシャレな側溝蓋です(v.v)
[マンホールデザイン]兵庫県神戸市(消火栓3)[マンホールデザイン]兵庫県神戸市側溝蓋


21)伊丹市

市の鳥はカモらしいんですが、なぜかマンホールデザインは思い切り白鳥になってます(?_?)
水道栓のキャラクターが、何とも可愛いじゃありませんか!(^o^)
[マンホールデザイン]兵庫県伊丹市[マンホールデザイン]兵庫県伊丹市(汚水・カラー)[マンホールデザイン]兵庫県伊丹市(水道弁)


22)西宮市

昔ながらの酒蔵が点在する&甲子園球場の存在をメインに打ち出したデザインとなっております!
[マンホールデザイン]兵庫県西宮市[マンホールデザイン]兵庫県西宮市(カラー)


23)加西市

大阪市民の筆者は、どうしても「川西市」と混同してしまうんですが・・・A(-.-;
加古川の西やから加西市なんですね・・・
[マンホールデザイン]兵庫県加西市(汚水)


24)川西市

左側は汚水のマンホール、左側は空気弁のようです。
市の花がリンドウということで、しっかりデザインにもあしらってありますねー(^^)
[マンホールデザイン]兵庫県川西市(汚水・カラー)[マンホールデザイン]兵庫県川西市(空気弁・カラー)


25)尼崎市

ここのところ、何かと話題になってる尼崎市です(-_-;
左側が汚水、右側が水道栓のマンホールとなっています。
[マンホールデザイン]兵庫県尼崎市(汚水)[マンホールデザイン]兵庫県尼崎市(水道栓)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:近畿 マンホールデザイン 兵庫県

近畿のマンホールデザイン展(その19)

こんばんは、筆者です(v.v)

最近になって、ようやく記事の投稿や写真の整理もできるようになってきました(v.v)
というわけで、久々の「マンホールデザイン展」です。

ただ、さすがにこうやって小出しにしてると、どこをどこまでご紹介したのか、分かんなくなってきますよね・・・(-_-)
以前もご案内したように、最新版含めWithPhoto殿Club Lumix殿のアルバムに掲載していますので、もし興味をお持ちの向きには、そちらの方も併せてご覧くださいm(_ _)m


<大阪府>

29)枚方(ひらかた)市

ご当地、今のシーズンは菊人形の展示で賑わいますが、思い切り意識したデザインになってますねー(^^)
[マンホールデザイン]大阪府枚方市[マンホールデザイン]大阪府枚方市(カラー1)[マンホールデザイン]大阪府枚方市(カラー2)


30)池田市

市の花・サツキツツジと市の鳥・ヤマバトをあしらってあるカラーバージョンです(v.v)
[マンホールデザイン]大阪府池田市


31)門真市

意外や、大阪市以外の大阪府下の市町村は、マンホールデザインにも複数のバリエーションを持たせていたとは!(@_@;
でも、いくら何でも「真っ赤」はなしでしょう・・・A(-.-;
[マンホールデザイン]大阪府門真市[マンホールデザイン]大阪府門真市(カラー1)[マンホールデザイン]大阪府門真市(カラー2)


32)寝屋川市

けっこう頑張って探したんですが、見つけられたのがこれくらいでして・・・m(T_T)m
[マンホールデザイン]大阪府寝屋川市


33)大阪市

大阪駅前で見つけた、豊臣秀吉ゆかりの千成びょうたんデザインのマンホール。
用途はまったく不明なんですが・・・うーん、マンホールデザインって、奥が深すぎます!(@_@)
[マンホールデザイン]大阪府大阪市


34)三島郡島本町

これは最近本編でも紹介しましたが、カラーバージョンの美しさ&デザインの良さは絶品です!
過去見てきた中で、マンホールデザインでは一番ではないかと思います(2012/11/16現在)
あと、四角いマンホールというのも、全国的になかなか珍しいのではないかと(v.v)
[マンホールデザイン]三島郡島本町[マンホールデザイン]三島郡島本町(汚水・カラー)[マンホールデザイン]三島郡島本町(旧?・汚水)


35)阪南市

海辺の街だけに、海の波&市の木・マツと市の花・ツツジをあしらったデザインとなっております。
[マンホールデザイン]大阪府阪南市(汚水)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:近畿 マンホールデザイン 大阪府

鞍馬寺・鞍馬山鋼索鉄道

○山門駅(京都府京都市左京区)
○多宝塔駅(京都府京都市左京区)

というわけで、ロープウエイの営業時間も過ぎてしまった中、山道を山頂に向かって進みます(v.v)
幅は広いんですが、とにかく長いこと歩いてきた足には、この急な傾斜はなかなかこたえます・・・(x_x;
20121104-016.jpg

やがて、沿道の灯篭には灯がともされ、何とも幻想的な雰囲気になってきているんですが・・・
そんなことはともかく、ロープウエイが終了してしまったからには、ちゃっちゃと山頂に登って降りなくては!(-_-)
20121104-011.jpg


長いこと歩いてきた足にはキツイ石段を登ると、そこはようやく鞍馬寺の頂上!(^o^)
今までたどってきた道のりが一望できます!
20121104-009.jpg

辺りもすっかり薄暗くなって、なかなか周りの景色がはっきり見えないのが難点ですが、はるか彼方に、こんご制覇するであろう?比叡山の姿もはっきり見えます!
20121104-007.jpg

うーん、逆に比叡山山頂からこの鞍馬山を見渡す(であろう)日を楽しみにしながら、さすがに時間が残り少ないのでちゃっちゃと下山します(v.v)


急ぎ足で鞍馬駅に戻り、出発までしばし時間があったので、駅舎の周辺をブラブラしてみます(v.v)

駅構内は、こんな感じでなんとも穏やかで「山の駅」という雰囲気が漂っております、
20121104-005.jpg

折しも駅構内では、源義経と弁慶、そしてこの鞍馬山に所以の深い天狗の物語を描いた浮世絵が展示されています。
次の電車までしばらく時間があるので、時代をたどりながら楽しませていただきます。
20121104-004.jpg20121104-003.jpg

折しも、帰りの列車も来た時と同じ「きらら号」。
こうやって見ると、紅葉を眺める右側の窓だけが異様に大きいことが分かるかと思います(v.v)
20121104-002.jpg


<本日(2012/11/04(日)の実績>
・本日の実績   :21,000歩(16.8km)
・2012年11月の実績:34,588歩(311.3km)
・2012年の実績  :2,664,203歩(23,977.8km)

・訪問済路線数  :71路線/124路線(57.3%)
・訪問済駅数   :797路線/1,693路線(47.1%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:鞍馬寺 鞍馬山鋼索鉄道 天狗 多宝塔 山門 きらら号

叡山電鉄・鞍馬線(その7)

○鞍馬駅(京都府京都市左京区)[近畿の駅百選 選定駅]

貴船口駅を出て、引き続き山道をテクテク歩きます(v.v)
例によって、路側帯がすんごく狭い道路をひやひやしながら進みますが、沿線の木々の色づきも「ほんのり」という感じで、見ごろまではまだまだのようですねー
20121104-028.jpg20121104-027.jpg

山道を進むことしばし、ようやく終着駅の鞍馬駅に到着します(^o^)/
20121104-024.jpg

駅前には、能の演目や映画でも有名な「鞍馬天狗」にちなんで、巨大な天狗の飾り物が飾られています!
20121104-025.jpg

ただ、さすがにここまで巨大なものだけに、よくよく見ると補強も十分なされてるようですねA(^^;
20121104-021.jpg


さて、せっかくここまで来たので、駅からほど近くにある鞍馬寺 に向かいます(v.v)
20121104-019.jpg

そういえばこの鞍馬寺、参道入り口から鞍馬山山頂まで伸びているロープウエイがあるんですが、なにぶんお寺さんが自主的に運営してはるもののようでして・・・
このため、筆者の「訪問済駅数」のカウントには入ってないんですがA(^^;、ここまで来たら山頂まで行きたいと思います(v.v)
20121104-017.jpg


(「鞍馬寺・鞍馬山鋼索鉄道」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:叡山電鉄 鞍馬 天狗 ロープウェイ

叡山電鉄・鞍馬線(その6)

○貴船口(きぶねぐち)駅(京都府京都市左京区)

引き続き沿線を歩いておりますと、沿道にけっこう色づいた紅葉を見かけます!(^^)
この辺り、平地よりも若干涼しいので、もしかしたらこれから紅葉の色づきも見れるかもしれませんね~
20121104-047.jpg

歩を進めるにつれ、例によってだんだん山がちの景色となってきます。
周りの山々はまだ全然色づいておらず、ちょっと期待を裏切られたかも・・・
20121104-046.jpg

やがて、沿線はこんな光景に!(@_@)
うーん、そりゃ紅葉の時期にもなれば、車窓からはすんごい絶景が広がっていることでしょう!
20121104-045.jpg20121104-044.jpg


ごくたまに車しか通らない山道を進むことしばし、ようやく貴船口&鞍馬の分岐点にさしかかります(v.v)
それにしても紅葉の色づきもかなりバラバラで、やはり見ごろまでにはそこそこ時間がかかりそうですね・・・
20121104-038.jpg20121104-036.jpg


(「叡山電鉄・鞍馬線(その7)」に続く)




叡山電鉄・鞍馬線(その5)

○市原駅(京都府京都市左京区)
○二ノ瀬駅(京都府京都市左京区)

二軒茶屋駅の近くには高野川が流れていて、その川岸には遊歩道が設けられています。
ガードレールも落ち着いた茶色に塗られていて、桜の季節になると何ともきれいな景色なんでしょうね~
高野川の脇には遊歩道があって、季節の光景を楽しめるんでしょうねー

しかも、こんな看板も見かけます。
そこそこ山間に入ってきたからか、ずいぶ水もきれいになってきたんですね!(^o^)
20121104-054.jpg


さて、山登りの路線の割に、全然平地ばかりを歩いてきたわけですが、この辺りからいきなり「登山列車」の雰囲気が漂ってきます!
すごい、平地からいきなり傾斜角3度くらい入りますかー(@_@;
いきなり登山列車モードに入りましたねー(@_@)

当然、沿線の道も緩やかな坂道になってくるわけですが、こういった
「緩やかな坂道が延々続く」
というのが、沿線歩きで一番ヘトヘトになるパターンなんですよねーA(-.-;


ま、そんなこと言いながらも先に進まねばならないわけでしてA(-.-;、沿線をさらに進んでいますと、沿道に見かけたのがこの小野小町が晩年過ごしたお寺・小町寺の碑。
20121104-052.jpg20121104-050.jpg

正直、近畿各地をブラブラ歩き回ってる筆者にとっては、この手のスポットはホンマに山ほど目にします!(>_<)
決してこれらのスポットが偽物だとかいうことを言ってるわけではありませんが、あっちゃこっちゃ同じような碑を作るんやったら、キッチリ学術的な研究して、ホンマもんのところ1つだけちゃんと認定せぇよ!と正直思います。


だんだん山がちの道を進んでいく中で、次の二ノ瀬駅の駅舎が彼方の山すそに見えてきます。
彼方に二ノ瀬駅のホームが見えます。

この辺り、もう少し遅いシーズンには一面紅葉に囲まれて、いわゆる「紅葉のトンネル」を楽しむこともできるそうですが・・・ま、後日改めて「おさらいシリーズ」でじっくり堪能させていただくことにしましょう(-.-)


(「叡山電鉄・鞍馬線(その6)」に続く)




叡山電鉄・鞍馬線(その4)

本業多忙のため、ここのところ街歩きはおろかのんびりと家でくつろぐ余裕さえなかったのですが、何だか久しぶりに気持ちのいいお天気になったここ近畿地方です。

そうこうしてるうちに10月も終わり、一番心地いいシーズンもあっという間に終わってしまいました…(T_T)

ただまあ、これから本格的な見頃を迎える紅葉もありますからね。
また近畿各地の美しい光景が見れるのを楽しみにしましょう!(^o^)

さて、今日訪れるのは、夏以来の叡山電鉄・鞍馬線。
何やかやあったおかげで、約4ヶ月ぶりになってしまいます・・・
これから山道が続く分大変でしょうが、沿線の紅葉がどのくらい色づいているか、楽しみでもあります(^^)


○木野(きの)駅(京都府京都市左京区)
○京都精華大前駅(京都府京都市左京区)

前回同様出町柳駅から乗り込みますが、たまたま筆者が乗ったのが、この時期になると運行されている特別列車(通称「きらら列車」というそうです)。
このように、山側の窓がかなり大きめになっていて、ゆっくりと紅葉を楽しめるようになってるんですねー
紅葉のシーズンになると、こうやって山の方の景色を楽しめる列車が運行されています(v.v)

筆者は普通の座席に座り、前回ラストやった木野駅に降り立ちます。
前回は京都の夏の暑さにガシガシやられっぱなしでしたが、今日はそこそこ快適に歩けそうです(v.v)
木野駅前の道からスタートします

少々沿線から離れてしばらく進みますと、やがて奥の方に、次の京都精華大前駅の駅舎が見えてきます。
確かに、少々山がちな場所やのに、大学生らしき姿をちょこちょこ見かけたと思いました・・・
沿線の奥の方に、京都精華大学駅前駅が見えてきます。

駅舎の奥の方がキャンパスのようですが、正直この辺り何もないから、学生さんも一苦労ですねぇ・・・A(-.-;


さて、沿線をさらに進むと、府道40号線を少し入ったところで次の二軒茶屋駅の駅舎が見えてきます。
折しも、筆者が乗ってきた列車と同じタイプの列車が入ってきましたねー
筆者が乗ったのと同じタイプの列車が入ってきました(v.v)やがて、次の二軒茶駅に到着します(v.v)



(「叡山電鉄・鞍馬線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:叡山鉄道 鞍馬線 京都精華大前 木野 きらら列車