プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その5)

○大江駅(京都府福知山市)[近畿の駅百選 選定駅]
○大江高校前駅(京都府福知山市)

さらに沿線を進むと、沿道にだんだんと「鬼」をイメージする看板などを見かけるようになります。
20121231-029.jpg

あいにく筆者は知らなかったんですが、筆者が現在歩いている大江町というエリア、その昔酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼の頭領が根城としていたところなんだそうです。

言い伝えでは、筆者がかつて阪急電鉄・京都線沿線歩きで見かけた茨城童子などを子分に従えて京の都を荒らしまわっていたとのこと。
ここから茨木や京都まではずいぶんと距離がありますが、やはり「鬼」やから長時間移動もへっちゃらやったんでしょうかA(^^;


この大江町、以前は京都府加佐郡大江町という独立した市町村だったのですが、2006年に福知山市に合併。
その名残か、町のあちこちに当時のマンホールが残されています。
こちらは、少々茶目っ気たっぷりの鬼のデザインとなってますねー。
20121231-024.jpg


次第に民家や商店も増えてきた中に、次の大江駅が見えてきます。
これまで「停留所」のような無人駅ばかりでしたが、ここは観光案内所の建物も一緒になっていて、何とも大きな駅です!
20121231-032.jpg20121231-034.jpg

駅前には、やはり「鬼」をモチーフとしたオブジェが飾られており、しかも全国で作られた鬼瓦もずらりと展示してあります。
何とも徹底してますねぇ・・・
20121231-033.jpg20121231-036.jpg


大江駅を出てからしばらくも、あちこちで「鬼」のオブジェや看板を見かけます。
これなんて、歩道に設置してある車止めなんですが、めっちゃおちゃめですよね!(^^)
20121231-039.jpg

大江駅から歩くことほどなく、次の大江高校前駅が見えてきます。
少しばかり日が傾いて、まだ時間的な余裕はあるんですが、何せ1時間に約1本しか列車がない路線。
帰宅の都合があるため、今日はここまでで引き返します。
20121231-041.jpg20121231-042.jpg

かくして家路についた筆者ですが、乗客はひたすら筆者一人。
とうとう、福知山まで寂しい家路となってしまった次第です・・・(T_T)
20121231-043.jpg


<本日(2012/12/31(月)の実績>
・本日の実績   :25,826歩(20.7km)
・2012年12月の実績:268,326歩(2,414.9km)
・2012年の実績  :3,091,081歩(27,819.7km)

・訪問済路線数  :73路線/124路線(58.9%)
・訪問済駅数   :820路線/1,693路線(48.4%)





テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 KTR 大江 大江高校 酒呑童子 茨木童子

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その4)

○下天津(しもあまつ)駅(京都府福知山市)
○公庄(ぐじょう)駅(京都府福知山市)

田園風景の中を、さらに沿線を進みます(v.v)
この辺りになると、沿線もトンネルをくぐる区間が多くなり、見失わないよう注意しながら進まねばなりません・・・

そんな中でたどりついたのが、山に掘られたトンネルに挟まれた、次の下天津駅
こちらも、今まで同様田園風景の中、いきなりでんと現れる高架駅になってますねー。
20121231-020.jpg

やがて、歩道さえもトンネルになってきますが・・・歩道に使うトンネルにしては、あまりにも歴史を感じる造りにもなってますよね・・・
20121231-022.jpg

不思議に思って後日調べたら、明治後期から昭和中期にかけて存在した北丹鉄道という鉄道路線の廃線跡みたいですね!(@_@)

この北丹鉄道、福知山から大江までを結んでいた路線だそうで、折しも今筆者が歩いてる道のりを走っていた路線やったみたいですね・・・


さて、そうこうしているうち、次の公庄駅に到着します。
こちらも同じような構造の駅舎なんですが、駅前にもまったく人影がない寂しい雰囲気ですねー。
20121231-026.jpg

相変わらず駅前にはお店も何もないので、ブラブラしようもなく、やむなく先に進みます(-_-)
珍しく列車の写真が撮れたのでアップしますが、実のところ1時間に1本くらいしか便がないうえに、けっこうすんごいスピードで沿線を走り抜けていくんで、この写真はかなり奇跡的なショットになるんではないでしょうか?
20121231-028.jpg


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その5)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 KTR 下天津 公庄 北丹鉄道

京都丹後鉄道(旧・北近畿タンゴ鉄道)・宮福線(その3)

○牧駅(京都府福知山市)

にぎやかな住宅街&商業地域から一転、少しばかり山がちの道が始まります。
沿道にはドライバー向けに、ところどころに
「天橋立まであと○○km」
なんて標識が増えてきます。
20121231-010.jpg

まー筆者にとっても、確かに天橋立はこのルートのとりあえずの目的地なので、教えてくれるのは大変ありがたいんですが・・・
こうあちこちにあると、
「こんだけ歩いたのに、まだ○kmしか進んでないの・・・(x_x;」
と、逆にモチベーションを下げる場合もあるんですよね・・・(-_-)


ともあれ、山がちの道を抜けると、再び民家やお店が点在するエリアが広がります。
と、いきなり目についたのが、この巨大な風車!
20121231-012.jpg

何のお店か気になって近寄ってみると、何と薪ストープの専門店
薪ストーブって、筆者は生まれて一度も見たことがないのですが、お店の外にたくさんの薪が積んであるところを見ると、(確かにめっちゃ寒いとこやけど)この辺りではけっこう使ってはるんでしょうか?(?_?)
20121231-013.jpg


さて、このお店の裏手を少し入ったところに、次の牧駅が現れます。
外見で駅だとは分かるものの、駅の看板があまりにも小さすぎて、駅名はかなり分かりにくいですねA(^^;
20121231-015.jpg

ところどころ田んぼが広がっている沿線を歩いていると、右手に大きな由良川が見えてきます。
この由良川、事前に地図で確認したところでは、このまま直接日本海に注ぐ川だそうでして・・・ゴールが近づいている証が、少しずつ増えてきますねー(^^)
20121231-018.jpg



(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 KTR 宮福線 薪ストーブ 由良川

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その2)

今年も大詰めとなりましたが、ここ近畿地方の年末年始は、けっこうええお天気になりそうなのが何よりです!(^^)

家の片づけも買い出しも終わり、特にやることもなくなったので、おそらく帰省ラッシュとは縁のないであろう所に出かけます。

今日歩くのは、真夏以来の北近畿タンゴ鉄道・宮福線沿線。
このルートの目的地である天橋立まで着実に近づいているのはいいんですが、わざわざこの時期に、寒さ厳しい日本海目指して進むのも、何とも複雑ですねぇ・・・


○圧中問屋(あつなかとんや)駅(京都府福知山市)
○荒河(あらが)かしのき台(京都府福知山市)

いつものように、JR尼崎駅で福知山線の電車を待っていると、入ってきた特急「こうのとり」(天橋立行き)の車両の傍らに!
20121231-001.jpg

えっ、大阪から北近畿タンゴ鉄道に直接乗り入れる列車があるんですね!(@_@)
けっこう時間かけて&何度か乗り換えてこのルートを進んでいる筆者にとっては何とも心境複雑ですが・・・
まあ別途特急料金が必要とのことなんで、まず使うこともないでしょうけどねA(^^;


そんなわけで、尼崎駅から二時間半ちょっとかけて、前回ラストだった圧中問屋駅に降り立ちます。
前回ブラブラして分かったとおり、しばらく沿線の道がないのは分かっていたので、いったん少し離れた国道9号線を北上することにします(v.v)。
20121231-004.jpg

それにしても、一時間に一本程度しか列車がないところとは思えないくらい、けっこう拓けてますね!
20121231-005.jpg


やがて、国道9号線から少し入った住宅街の中で、次の荒河かしの木台駅のホームを見かけます。
うーん、せっかくやったらホーム正面に移りたいところなんですが、見渡したところしばらくは反対側に移る踏切やトンネルもなさそうなので、仕方なくこれでご容赦くださいm(_ _)m
20121231-006.jpg

しばらくJR西日本・山陰本線と並走していた路線ですが、荒河かしの木台駅からしばらく進んだところで、キッパリと?路線が分かれてしまいます。
20121231-007.jpg

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 KTR 宮福線 圧中問屋 荒河かしの木台 こうのとり

【関連記事】倖田來未の草ダイエット 母乳の量が少なくなると医師が懸念

こんばんは、筆者です(v.v)

現在運動不足に伴う体重増加からの「復旧」に努めている立場の筆者ではありますがA(^^;、さすがにこれはヤバいやろ!(>_<)と思うものを見かけたので、一言。

(Yahoo!ニュースより)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121228-00000018-pseven-ent


芸能情報には疎い筆者ではありますが、倖田來未が出産したくらいのことは知ってまして。
それでも、出産3ヶ月後(授乳期)で、鍋の野菜しか食べないって、あり得ないでしょう!(>_<)

タンパク質摂らなきゃ母体の回復もおぼつかないし、母乳に含まれるたんぱく質、何より一番は免疫が、赤ちゃんに十分行き届かないと思われます。


そりゃ、芸能人ですから自分の体型etc.を気にするのはよく分かりますが、何より自分の体と子供の将来の健康を大切にしなきゃ、そっから先がないですからね!
今後のことを考えて、豆腐や大豆など植物性のタンパク質に加え、ヒレ肉やささ身など脂肪分の少ない動物性タンパク質も、ともに「バランスよく」食べられることをお勧めします(v.v)


北条鉄道・北条線(その6)

○播磨横田駅(兵庫県加西市)
○北条町駅(兵庫県加西市)

再び田園風景が増えてきた中を、さらに沿線を進みます(v.v)
筆者が歩いてきたこれまでの路線は、若干ややこしいところを走っている路線であっても、路線の電線や電柱を頼りに確認することができるんですが、ディーゼル車両を使っているこの路線は、ややもすると路線を見失いがちになります・・・
20121224-015.jpg

それにしても、青空の下田園風景を走るローカル列車の光景は、何とものどかでいいですよねー(^^)


やがて、次の播磨横田駅が見えてきます。
こちらは、まだリフォームがなされていないようですね・・・
20121224-017.jpg

駅舎に近寄ってみると、入り口付近にこんなのぼりが!
20121224-018.jpg

後日ネットで調べましたが、「川西市 サイバーパトロール」で調べても、結局具体的に何をしてはるのか全然分からずじまいでした・・・


相変わらずの田園光景の中を進む中で、少しずつ民家も増えてきました。
20121224-020.jpg

やがて、終着駅の北条町駅に到着します。
今までの駅になく、駅前がめっちゃ拓けてますねぇ~(@_@)
20121224-021.jpg20121224-022.jpg


(「北条鉄道・北条線(その7)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北条鉄道 北条町 播磨横田 サイバーパトロール

北条鉄道・北条線(その5)

○播磨下里駅(兵庫県加西市)
○長(おさ)駅(兵庫県加西市)

沿線の道がなくなり、少々遠回りしながら先に進みます。
さすがにこんな光景の中なので、なかなか書くべきネタも見つかりません(T_T)

しばらく歩いたところで、ようやく次の播磨下里駅にたどり着きます。
20121224-007.jpg

北条鉄道の各駅とも、ホームには自由に入れるのでブラブラしてみますが、こちらはもうリフォームも終わっているようですねー
ここ播磨下里駅では、近々鉄道ファンのための展示会も予定されているようです。
20121224-008.jpg20121224-009.jpg

それにしても、ホームに手を入れるより先に、駅舎をリフォームした方がいいのでは?とは思ってしまいましたがA(^^;
20121224-010.jpg


沿道に少しずつ民家が増えてきた中をさらに進むと、やがて住宅街の中に、次の長駅が見えてきます。
こちらは、定期的に駅舎内で英会話教室をやってはるみたいですねー
20121224-013.jpg

こちらもホームに入ってブラブラしてみますが、こちらはまだリフォームには着手されていないようですね(v.v)
20121224-014.jpg

それにしても、ここ数駅とも駅舎は木造平屋造りなんですが、周りの光景とも絶妙にマッチしていて、なかなかいいデザインですよね!(^o^)
リフォームも、そういった雰囲気を決して壊さない形で行われているのがいい感じです。


(「北条鉄道・北条線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北条鉄道 播磨下里 リフォーム

北条鉄道・北条線(その4)

相変わらず底冷えする寒さのここ近畿地方です(+_+)

朝の大阪市内は雪もバラついていましたが、そんな中出かけるのは、今年夏以来の北条鉄道沿線。

正直、周りに何もさえぎるものがないところなので、夏場はけっこう涼しかったのですが、この寒波の中でどんななのか、今から戦々恐々としております…


○法華口(ほっけぐち)駅(兵庫県加西市)

前回ラストだった法華口駅に降り立って、いきなりビックリ!
駅の出入り口に扉がついて、しかもスロープまで設置されているではありませんか!(@_@)

しかも、出入り口や窓の近辺も、何だかきれいに仕上げられています。
20121224-002.jpg

実は今、北条鉄道の路線では順次駅舎のリフォーム工事が行われていて、ここ法華口駅をはじめとして、前回訪れた田原駅なども順次改築が行われているそうなんです(v.v)

この北条鉄道、地元の方のボランティアによってさまざまな「駅中サービス」も提供されていて、この法華口駅でも定期的に工芸教室などが開催されているようですね。
20121224-003.jpg

それにしても、ずいぶんときれいになったものです!(^^)
少なくとも、今の季節は出入り口の扉が付いた分、快適に過ごせますしね・・・


少し雲の多い中ではありますが、一面の田園風景の中を進みます。
それにしても、予想通り吹き付ける風が冷たいです・・・(x_x)
20121224-004.jpg


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北条鉄道 法華口

番外編(その11)

こんばんは、筆者です(v.v)

やはり山間部を歩くことが多くなったからか、街歩きの中でおもしろ写真を見かけることも、めっきり少なくなってきまして(-_-)
そんな具合で、またまた半年ぶりの「おもしろ写真館」となりました(v.v)

以前に比べてだんだんパンチがなくなってきてるのは、こうやって書いてる筆者自身が重々分かってるんですが、こればかりはひとえに「運」なんでねぇ・・・A(-.-;


1)今やからええけどA(-.-;

JR西日本・紀勢本線 和歌山駅近辺で見かけた、某ラブホの外装。
そりゃね、今の時期やからちょうどええんかもしれませんけど、これ真夏になったらどうしてんの???と、いらぬ心配をしてしまいました・・・
今の季節やから大丈夫なんですけど、夏はどうしてはるんでしょうね~A(^^;;;

・・・それにしても、とても和歌山とは思えない、コテコテの派手さですなーA(-.-;
是非とも来年の夏に、どうなってるか再確認したいと思います!


2)大阪全部が、こんなんちゃうんです!(ToT)

南海電鉄・本線 難波駅近辺で見かけた光景。
この車、なんばに限らず、大阪市内(特に梅田や難波周辺)をけっこうよー走ってますよねー
こんな車が走ってるのは、ごくごくわずかなんですよ・・・(-.-)

正直、今現在でもこの車が何であるかは分かってないんですが、「くいだおれ太郎」をあしらっているということは、「くいだおれ」に何がしか関連した団体?

いまだ興味は尽きませんが、これはごくごく希な一例でして、大阪市内の全部が全部こんな車でないことだけは付け加えさせていただきます(v.v)


3)そんなに大量に出るんですか???(@_@)

山陽電鉄・網干線 飾磨(しかま)駅近辺で見かけた光景。
少なくとも、大阪市内ではこんな粗大ゴミのカテゴリーはないんですが、わざわざスペースを設けているところをみると、そこそこコンスタントに、大量に出ているんでしょうか・・・
わざわざスペース作るほど、そんな大量にでるんでしょうか???(?_?)


4)他に、何を???(@_@;

本編とは全然関係ないんですが、京阪電鉄・中之島線 渡辺橋駅近辺のビルのお手洗いで見かけた光景。
えっ、お手洗いの洗面台で、他に何を洗うって言うんですか???(@_@;
えっ、他に何を洗うって言うんでしょうか?!(@_@;


5)思い切りのフェイント!

JR西日本・神戸線(東西線) 加島駅近辺で見かけた、某ラーメン屋の外装。

・・・というか、これ単に奇をてらっただけで、何のお店なんか全然分かりませんやん!(-_-;
矢印のところに何かあるのかと思って近づいたら、「窓」しかなかったし・・・A(-.-;
かなり斬新なPRなんですが・・・矢印には何もありませんでした・・・


6)そない難しい(?_?)?

これまた本編とは関係ないんですが、大阪ミナミの千日前をブラブラしているときに、お土産屋さんの店頭で見かけたTシャツ。
どうも、大阪府内の「難読地名」をあしらったTシャツのようです。
大阪市内の難読地名がデザインになりますか~

えー、確かに喜連瓜破とか杭全とか、大阪に住み着いてからはビックリしたことの1つやけど、ここまでグイグイ来るくらいのもんですかぁ~(?_?)
ほとんどが、あてずっぽうで読んでたら当たりそうやと思うんやけど・・・

おそらく、大阪市民は絶対に着ないと思いますがA(^^;、それでも外国人観光客の方がめっちゃ興味深く見てはりましたー

~いちおう念のため、答え合わせを(v.v)~
左上から順に
「御幣島(みてじま)」、「水走(みずはい)」、「河堀口(こぼれぐち)」
「私市(きさいち)」、「伽羅橋(きゃらばし)」
「我孫子(あびこ)」、「喜連瓜破(きれうりわり)」、「放出(はなてん)」
「新喜多(しぎた)」、「杭全(くまた)」、「立売堀(いたちぼり)」、「靭本町(うつぼほんまち)」
「中百舌鳥(なかもず)」、「天下茶屋(てんがちゃや)」、「遠里小野(おりおの)」


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:おもしろ写真 難読地名 河堀口 くいだおれ

【関連記事】ほしのあき「30万円」で詐欺サイト広告塔

(asahi.comより)
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201212130012.html


こんばんは、筆者です(v.v)

ここのところデフレ傾向が著しい中で、ネットオークションなどでほしい商品を格安に手に入れたいという要求は、かなり高くなっていることと思います(v.v)

ただ、モノやサービスの価格には、それを生み出すための労働費用や運搬コスト、営業費用(販売管理費)などが上乗せされているのが当然で、割引率99%なんで極端な商品やサービスが流れていること自体、思いっきり疑ってしかるべきでしょう!(-_-)
逆に付加価値があってこそ、まんべんなくいろんな業界が潤い、果ては日本全体の「景気」がよくなるわけでして。


この記事にしても、そもそも中古品でもジャンク品でもないのに、新品の空気清浄機が千円ちょっとで買えるなど、あるわけないじゃないですか!(>_<)
正直、ブログに記事載せる前に、少しは「おかしい」と思えよ!ってことですね・・・(-_-;

それをほぼノーチェックでスルーし、全世界からアクセスできるネットに掲載したところが、いかにも芸能人の金銭感覚の異常さ or 世間知らず度合いがすごくよく分かる一件だったと思います。


こうした「芸能人が勧めるから」etc.は、よくある悪質なマーケティング手法の一環。
ネット上の広告バナーでも「誰それが○kg痩せた!」なんてよく見かけますし、芸能人のブログ見たらそりゃもう、こんなののオンパレードで!(-_-;

そんな中で私ら一般消費者も、ネットの普及で相当「賢く」なったわけですから、こういったホンマに「小手先の」悪質なマーケティング手法に騙されないよう、もっと自らの頭で考え・判断して、自分の大切なおカネを使うべきでしょう!



続きを読む

タグ:ほしのあき ステマ

宣伝m(_ _)m

こんばんは、筆者です(v.v)
唐突ではありますが、宣伝ですm(_ _)m

ご存知の通り、近畿各地を街ブラしては、(携帯の写メではあるものの)そこそこの枚数の写真を撮影している筆者。
当然、あまり人の行かないところで、あまり人の撮らない写真を撮ることも多いのですが、そのうちの1枚が、このたび子供さん向けの教育図書に採用されました(v.v)

「図書館のはじまり・うつりかわり (図書館のすべてがわかる本) 」 岩崎書店
(ISBN13:978-4265082667)


採用されたのは、今年春のJR西日本・大和路線(関西本線)沿線歩きで、奈良駅から平城山駅に至るまでの道のりで撮影した、日本最初の公開図書館「芸亭」(うんてい)の史跡写真。
http://sefpmaru.blog42.fc2.com/blog-entry-723.html

近畿圏内にはこういった史跡は山ほどあるので、正直筆者自身はさほど気にも留めていなかったのですが、それでも日本の未来を担うお子さんの学習に少しでも役立てて何より!(^o^)

少々ええお値段するのが難点ではありますがA(^^;、もしよろしければ、書店の店頭ででも見てやってくださいませm(_ _)m





JR西日本・阪和線(その23)

○六十谷(むそた)駅(和歌山県和歌山市)
○紀伊中ノ島駅(和歌山県和歌山市)
○和歌山駅(和歌山県和歌山市)
(JR西日本・紀勢本線/和歌山線、和歌山電鐵 和歌山駅 乗換駅)

たどり着いた和歌山駅から電車に乗り、前回阪和線のラストやった六十谷駅に向かいます(v.v)
かなり変則的ではありますがA(^^;、ここまで遠くに来たからには、運賃を極力節約しようという動きでございますので、何とぞご了承をm(_ _)m

というわけで、前回阪和線沿線でラストやった六十谷駅から、阪和線完歩を目指します!
阪和線前回ラストの六十谷駅から再スタートです(v.v)

辺りもすっかり薄暗くなってきた中、沿線を和歌山に向けて進みます(v.v)
辺りもすっかり薄暗くなってきた中、沿線を和歌山に向けて進みます(v.v)


ほどなく、大阪~和歌山ルートの最後のポイント、紀の川にさしかかります!
よかった、ここまで何とか写メが撮れるレベルで。
辺りも薄暗くなった中、いよいよ最後の関門・紀の川を渡ります


すっかり辺りも暗くなってしまった中で、ようやくゴールの和歌山駅に到着します。
それにしても、こんだけ長い路線のエンディングが、また何とも感動薄いですねぇA(^^;

ともあれ、再び南海本線で帰宅するため和歌山~和歌山市駅の連絡線を待ってますと、JRはんにしてはかなり珍しく(⇒失礼!)、何とも風情のあるデザインのラッピング列車!(^^)
和歌山駅と和歌山市駅を結ぶ連絡線の電車は、JRはんにしては何とも粋なデザインのラッピング列車!(^^)

しかも、他によくあるラッピング列車とは異なり、丁寧に車内にもデザインが施されているではありませんか。
社内もちゃんとデザインが施されてるんですねー


和歌山市に向かう列車やのに、なぜか奈良の四季折々の光景や昔の奈良の景色を詠んだ和歌がちりばめられています(?_?)
結構不自然に思いながら中に乗り込んで、車両の端にある「料金表」を見て、ようやくその訳が分かりました!
和歌山で何で奈良のデザインなんやろと思ってましたが・・・納得です(v.v)

この列車、和歌山~和歌山市だけやなくて、和歌山線をさかのぼって奈良まで行くのにも使われるんですね。


<本日(2012/12/02(日)の実績>
・本日の実績 :25,3386歩(20.3km)
・2012年の実績:2,848,141歩(2,278.5km)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 阪和線 六十谷 紀伊中ノ島 和歌山 紀の川

JR西日本・紀勢本線(その4)

○和歌山駅(和歌山県和歌山市)
(JR西日本・阪和線/和歌山線、和歌山電鐵 和歌山駅 乗換駅)

沿線をさらに進み、こちらも久しぶりの和歌山駅に到着します(v.v)
前回・和歌山電鐵を訪れたときは、時間の関係で通過したのみになったので、せっかくなので少し駅前をブラブラしてみます。
久々の和歌山駅に到着です。

駅前には商店街があるんですが、日曜日だというのに閉まっているお店が多いんです(-_-)
人出もけっこう少なくて、ちょっと寂しい限りですね・・・
日曜やというのに、駅前の商店街はほとんど閉まっておりました(-_-)


さて、せっかく和歌山に来たからには、筆者は是非とも行っておきたいスポットがありまして。
和歌山駅からほど近いということで、辺りをブラブラしていたら・・・ありました!
和歌山ラーメンの代表的なお店「井出商店」!

和歌山と言えば、有田(ありだ)ミカン、梅干しetc.の名物が思い浮かびますが、特に近畿では和歌山ラーメンもけっこう有名ではないかと(v.v)
近畿圏内でラーメンが有名なエリアって実は少なくて、
・おだしがきいてしょうゆベース・さっぱり風味の京都ラーメン
・おだしがきいていてとんこつ醤油ベース・あっさり風味の和歌山ラーメン

の2つくらいしか、筆者は思い浮かびません。

で、この井出商店はん、和歌山ラーメンを代表する店の1つで新横浜ラーメン博物館にもお店を出しているほど!

常にダイエットモードにある筆者は、脂肪&炭水化物の多いラーメンはほとんど食べないんですが・・・事前情報通りあっさりとしていながらよくおだしがきいていて、すごくおいしかったです!(^o^)
(ご飯食べながら携帯いじるというお行儀の悪い?ことはしないため、お料理の写真は遠慮させていただきます)

おいしいラーメンを堪能して、お店を出たところで・・・
井岡会長、こんなとこまで貼ったらダメでしょう~A(^^;

井岡会長、こんなとこまで貼ったらダメでしょう!A(^^;;;


(「JR西日本・阪和線(その22)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 和歌山 ラーメン 井出商店 井岡弘樹

JR西日本・紀勢本線(その3)

○紀和(きわ)駅(和歌山県和歌山市)

和歌山市駅に戻る途中でも、通りのイチョウが色鮮やかに色づいております!(^^)
うーん、近畿エリアで紅葉を楽しむには、時期的にはこれが今年最後なんかもしれませんね・・・
イチョウの色づきも鮮やかな道を、和歌山市駅に戻ります(v.v)


さて、和歌山市駅から本来歩くべき紀勢本線の沿線に戻ります(v.v)
紀勢本線は、途中まで南海本線と並走しているんですが、ここがまさにその分岐点になるんですねー
ここが南海本線と紀勢本線の別れ目なんですねー

沿線は、もうコテコテの住宅街?なので、改めてブログに書くべきネタもないんですが、大和街道(国道24号線)の沿道で見かけたのが、この嘉家作り(かけづくり)と呼ばれる家屋。
記念碑の一部がマスクされているということは、その昔は県の重要文化財か何かだったのでしょうか?(?_?)
沿道には嘉家作りと呼ばれる、独特の構造の民家を見かけます

付近の町名にも「嘉家作丁」と残っているように、昔はこの辺り一帯が、こうした造りの家屋があった場所のようです。
家の外側に張り出している「柵」がアルミ製のものもあったりしましたが、残念ながら筆者が歩いた限りでは、ほんの数件くらいしか見つけることができませんでした・・・
沿道には嘉家作りと呼ばれる、独特の構造の民家を見かけます


やがて、これまで歩いてきた阪和線との交差ポイントが見えてきます。
これまでの和歌山市駅~和歌山駅は連絡線やったけど、ようやく 本線に突入できるわけですね~(T_T)
こちらは、阪和線と紀勢本線の交差部分になります(v.v)


(「JR西日本・紀勢本線(その4)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 紀和 大和街道 嘉家作り

JR西日本・紀勢本線(その2)

和歌山城の場内に入ってすぐ、西の丸庭園(紅葉渓庭園)の入り口が見えます。
当然ながら、庭園にお邪魔するにあたり最低限必要なマナーは守らねばなりませんが、何といっても入場無料で楽しめるのがいいですねー(^^)
西の丸庭園(紅葉渓庭園)は、入場無料で楽しめます(v.v)

庭園に入るとすぐ、一面に広がる紅葉!(^o^)
いきなり、一面の紅葉が広がっております!いきなり、一面の紅葉が広がっております!

少々小ぶりながらも、日本庭園の中に紅葉が広がっている様は、何とも風情があります。
少々足元の道がおぼつかないながらも、人出が少ない中をゆっくり庭園を散策できるのは何ともいいですねー(^^)
日本庭園の中に一面紅葉が広がっているから、何とも風情があります!(^^)日本庭園の中に一面紅葉が広がっているから、何とも風情があります!(^^)

今にも雨が降りそうな曇り空で、せっかくの紅葉の写真もかすみ気味なのが残念。
これ、天気よかったらメチャメチャきれいなんでしょうねぇ~
日本庭園の中に一面紅葉が広がっているから、何とも風情があります!(^^)日本庭園の中に一面紅葉が広がっているから、何とも風情があります!(^^)


庭園をゆっくり一巡りして、落ち着いた雰囲気を十分楽しめたところで、和歌山市駅からの沿線ルートに戻ります(v.v)

と、ふと駐車場を出たところにある和歌山市役所の庁舎には、壁に一面太陽電池パネルが貼られているではありませんか!(@_@)
めっちゃ気合入ってはりますね~
和歌山市役所の壁面には、一面に太陽電池パネルが貼られております!(@_@)

確かに真南向きやから、効率はめっちゃいいでしょうね。
今は主に一軒家の屋根にしか設置できないんですが、こういう形でマンションなどにも設置できるパネルができれば、ホンマにいいんでしょうけどねぇ・・・


(「JR西日本・紀勢本線(その3)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 紅葉渓庭園 紅葉 和歌山城

JR西日本・紀勢本線(その1)

ここ数日、めっきり冷え込むわ天気はスッキリしないわ・・・で、だんだん本格的な冬の気配が漂っているここ近畿地方です(-_-)

実は、今年初めからの本業多忙&運動不足がたたり、会社の健康診断で4キロほど太ってしまったことが判明しまして・・・(T_T)
折しもダイエットに適した季節になったので、頑張って早めに「復旧」したいと思っております(v.v)


さて、そんな今日歩くのは、紅葉見物も兼ねたJR西日本・阪和線と、そこから続く紀勢本線
とうとう、紀伊半島を半周する壮大なルートに足を踏み入れます!


○和歌山市駅(和歌山県和歌山市)[近畿の駅百選 選定駅]
(南海電鉄・本線/和歌山港線 和歌山市駅 乗換駅)

南海電鉄からアプローチする関係上、かなり変則的ではあるんですが、まずは紀勢本線を先にスタートします。

すごく久しぶりの南海電鉄。
いつものように、天下茶屋駅から特急サザンで向かいますが・・・

前回最後に沿線歩いた時にはまだ建設中やった和歌山大学前駅が、もう営業開始してるんですねー!
何だか時間の流れの速さを、しみじみと感じてしまいます(v.v)
以前訪れた際には建設中やった「和歌山大学前駅」が、もう営業してるんですね~!


小一時間の移動後、かなり久しぶりの和歌山市駅に降り立ちます。
それにしても、お天気が思わしくないからか、日曜日だというのに駅前の人出はあまり多くありませんね・・・
かなり久々の和歌山市駅に到着します(v.v)


さて、ここからさっそく紅葉見物に向かいます(v.v)。
鉄板の京都や奈良はさておき、大阪なら箕面、兵庫なら有馬、滋賀は比叡山石山寺など、近畿の各都道府県にはそれぞれ代表的な紅葉スポットがあるんですが、和歌山というと正直あまり思い浮かびませんよね。
ただ、個人的なルートで和歌山城の庭園は紅葉が見事だという情報を得たので、さっそく向かいます。

ここ和歌山も、何といっても徳川家御三家の一つで名将軍吉宗を輩出した土地ですので、和歌山城に向かう途中でもさまざまな史跡を見かけます。

まずこれは、勝海舟が宿泊した施設の跡。
勝海舟と和歌山ってあまり結びつかないんですが、意外や来てはったんですね~
幕末の志士・勝海舟が寓居(宿を取っていた)場所やそうです。


あと、その碑から少し入ったところにあるのが、世界的に評価の高い生物学者・南方熊楠生誕の地。
和歌山が生んだ世界的な博物学者・南方熊楠の生誕の地やそうです。和歌山が生んだ世界的な博物学者・南方熊楠の生誕の地やそうです。


筆者は学校で生物学を専攻したので、すんごい業績を挙げられた偉大な研究者として当然前から存じ上げてましたが、キノコや粘菌(ねんきん)、シダといった、いわゆる「隠花植物」などの研究で有名な方です。

研究対象が地味なためか?、日本国内での知名度はあまり有名でないのが残念ですが、最近は粘菌が増殖する仕組みをコンピュータに応用しようという動きもあって、ようやく日の目を見つつある方かと思いますd(-.-)


さて、和歌山市駅から歩くこと約10分。和歌山城のお堀が見えてきます。
駅から歩くこと10分ほど、ようやく和歌山城のお堀が見えてきました!(^^)

折しも、今は石垣の補修工事の真っ最中らしく、工事関係の車も何台か止めてありました。
お城の補修は姫路城など何ヶ所かでやってるみたいですが、直接目の前で見る機会はなかなかないですからねー
やはりこうやって、石一つ一つにマークして、元の位置関係を復元できるようにしてはるみたいです(v.v)
和歌山城は、ちょうど石垣の再構築工事中でした。


(「JR西日本・紀勢本線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 和歌山市 南方熊楠 勝海舟 和歌山城