プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その14)

○耳成(みみなし)駅(奈良県橿原市)
○大福駅(奈良県桜井市)
○桜井駅(奈良県桜井市)

大和八木駅を出て、引き続き沿線を歩きますが、駅東側にもこういった昔のたたずまいを残しているお宅を何件か見かけます。
20130127-023.jpg

今井町からは若干離れていますが、「大和の金は今井に七分」と言われた面影が、いまだにこうして周辺に残されてるんですねー


大和八木駅からは、ずいぶんと沿線の道も整備されていて、なかなか快適に歩けます(^^)
20130127-024.jpg

やがて、左手にはかつて遠くから眺めた耳成(みみなし)山がめっちゃ近くに見えてきます。
大和三山の一つにして、小倉百人一首の
「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 
 衣ほすてふ 天の香具山」
持統天皇(2番)
と読まれた「天の香久山」とは、まさにここやったみたいですね!
20130127-025.jpg

登山口にある案内板を見る限り、10~15分程度で登れそうな山やという感じではあったんですが・・・
寄り道したうえに、とりあえずの目標である桜井駅までカツカツのスケジュールで歩いている筆者には、さすがに登頂する勇気はありませんでした・・・
まあまた、JR桜井線(万葉まほろば線)の沿線を歩いた時に登らさせていただきたいと思います(v.v)
20130127-026.jpg


かくして沿線を先に進みますが、だんだんお隣・三重県との県境付近に広がる山々も見えてきました。
うーん、次々回くらいには、2回目の「近畿脱出!」となりそうな感じになってきましたねぇ~(^^)
20130127-027.jpg


大和八木駅から約1時間半、例によって住宅街の中を歩き続けて、ようやく今日の目標やった桜井駅に到着です。
20130127-032.jpg

駅前のオブジェには
「万葉集の里」
なんて言葉が刻まれていて興味惹かれますが、やはり辺りが薄暗くなっているので次回のお楽しみとして、時間が少々余ったので駅周辺をブラブラしてみます(v.v)
20130127-033.jpg

と、やはりここでも見かけました、奈良県の「ご当地キャラクター」(^^)
20130127-034.jpg

桜井市のマスコットキャラクター、「ひみこちゃん」とのことですが、これまで見かけた奈良県内のキャラクターの中で、一番人間らしくて(?)まっとうな線ではないでしょうか?
ただ、「ひみこ」という名前は、まだまだいろいろ問題ありそうですけどねA(^^;


<本日(2013/01/27(日)の実績>
・本日の実績   :29,369歩(23.5km)
・2013年1月の実績:251,468歩(2,263.2km)
・2013年の実績  :251,468歩(2,263.2km)

・訪問済路線数  :76路線/130路線(58.5%)
・訪問済駅数   :845駅/1,704駅(49.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 耳成 桜井 万葉集 ひみこちゃん 大福 天の香久山

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その13)

○大和八木駅(奈良県橿原市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線 大和八木駅 乗換駅)

引き続き沿線を歩いておりますと、はるか彼方に、これまた現在沿線歩きの真っ最中である近鉄・橿原線の路線が見えてきます!(^o^)
おお、現在歩いてる真っ最中の路線どうしをクロスするなんて、初めてではないでしょうか?!
20130127-018.jpg


・・・と、実際に路線をクロスする前に、橿原線沿線歩きですっかり気に入ってしまった今井町に立ち寄ります。

前回訪れたのは夏だったんですが、相変わらず落ち着いて風情のあるたたずまいのある家々が広がっていて、ブラブラしているだけでも心が落ち着きます(^^)
20130127-019.jpg20130127-020.jpg

あと、前回訪問した後で会社の後輩から教えてもらったんですが、この辺でかなり有名なのが、六斎堂さんのプリンとのこと。
場所的に少々分かりにくいところやったんで、お店を見つけるのが一苦労でしたが、それでもちゃんとゲットできました~(^^)
20130127-036.jpg

酒飲みの筆者は、当然甘いものは苦手なんですがA(^^;、それでもトロリとした食感・さわやかでしつこくない甘みは、なかなかおいしかったです!
残念ながら店頭販売しかされていないとのことで、近畿地区に立ち寄られた際には是非ともご賞味ください!

プリンの袋には保冷剤を入れていただき、しばらく今井町の街並みの中を散策します。
いつもながらに満喫できたのですが、唯一残念やったのが工事中のこの道路(-_-)
20130127-021.jpg

うーん、時期的に仕方がないのかもしれませんが、これじゃせっかくの景観が台無しですよね!(-_-;
もう少し、何とかならなかったのでしょうか?>橿原市の担当者の方。


再び沿線に戻り、二回目の大和八木駅に到着します。
前回とは異なり、時間も早いからか、駅前にはそこそこの人出がありますねー
20130127-022.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 大和八木 今井町 六斎堂

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その12)

○大和高田駅(奈良県大和高田市)
○松塚駅(奈良県大和高田市)
○真菅(ますが)駅(奈良県橿原市)

住宅街の中をさらに進むことしばし、次の大和高田駅に到着します。
駅前も結構拓けていますが、駅舎もこれまでになく、何ともおしゃれなデザインですねー
20130127-009.jpg

初めて訪れる場所でもあるので、しばらく駅の周りをブラブラしてみます。
駅前はさほど大きなスペースではないのですが、道路が複雑に入り組んでいる割に信号待ちがかなり長くて、なかなか思うように進めず、少々イライラします(-_-;
20130127-010.jpg

駅の南西側には、少しばかり寂しい雰囲気の商店街が。
まー最近はどこの駅前の商店街も厳しいみたいですが、それにしても商店街の中を鉄道の踏切(JR西日本・桜井線)が横切っている光景も、なかなか珍しいものがあります。
20130127-008.jpg


一通り駅の周りをブラブラした後で、引き続き先を急ぎます。
つい先ほどまでぼたん雪が舞っていましたが、もうここに至っては晴れ間さえのぞいております・・・
20130127-012.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 大和高田 松塚 真菅

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その11)

ここ数日、全国的にめっきり冷え込んでるようでして、大阪市内も冷蔵庫並の真冬の気温が続いております(x_x;
そんなメッチャ寒い中でも、筆者は歩きます!(>_<)

というわけで、今日歩くのは近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線沿線。
去年の秋以来久しぶりですが、いつもながらネタが乏しい路線だけに、今回もどうなることやら・・・


○五位堂駅(奈良県香芝市)
○築山(つきやま)駅(奈良県大和高田市)

大阪難波駅から、前回ラストだった五位堂駅に向かいますが、たまたま停まっている特急アーバンライナーを見かけたのでパチリ(-_[◎]
20130127-001.jpg

かくいう筆者も、名古屋在住で大阪に出張していた頃は、交通費を安く上げるためによくお世話になったもんです(v.v)


さて、前回は五位堂駅の南側からアプローチしたので、今日は北側から歩きたいと思います。
20130127-002.jpg

南側は商店や飲み屋なども多かったんですが、北側はお店なども少なく、特に書くべきネタも見当たらなかったので、先を急ぎます。
歩き始めてほどなく、大和高田市に入ります。
20130127-003.jpg


住宅街の中、特に書くべきネタもないまま、トボトボと沿線を進みます。
やがて、(写真では分かりにくいでしょうが)はらはらとぼたん雪が降り始めてきました・・・(T_T)
20130127-005.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 五位堂 築山 アーバンライナー

【関連記事】東京人に聞いた!大阪人のイメージ

こんばんは、筆者です(v.v)
実は、仕事で九州に出張中でして、そんな中でネットで見かけた記事を。

東京人に聞いた!大阪人のイメージ
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/U7IY52uo_2D-/

うーん、関西生まれでない&東京や名古屋にも在住したことのある「準関西人」の筆者にとってみれば、1~5位はズバリ当たっているように思います(v.v)
(ちなみに、大阪のおばちゃんが来てるのは「ヒョウ柄」ではなく、正確には虎やライオン、ヘビなども含めた「アニマル柄」ですA(^^;)


ただ、
「6位 いつでもどこでもなんでも値切る」
「7位 服装が派手」
「10位 阪神タイガースが優勝すると道頓堀に飛び込む」

は、すんごい偏見でしょう!(>_<)

6位の「いつでもどこでも」は、さすがにこれだけネットが普及した状態で、どこのお店が安いかなんて一発で分かる話で。
最近は、お店で値切っている光景など、大阪市内でもほとんど見かけなくなりましたねー

あ、でも例えば
・ビジネスホテルに連泊するときには、その分割引できないかを「交渉」する
・出張の際には、旅行代理店の「出張パック」を使えないか検討する

など、ビジネスの経費削減に役立つ「知恵」として、東京の方にも分かっていただければと思う次第です(v.v)

7位の「服装が派手」って・・・A(-.-;
原宿とか新宿二丁目より、ミナミの方がはるかに地味ですよ!

10位の「阪神タイガースが優勝すると・・・」って回答してる人、たぶんめちゃめちゃおっちゃんですよね!
少なくともここ数年来、道頓堀でそういった現象は発生してる認識はないですから。


ともあれ、この記事を掲載しているgooはん、次回こそは是非とも
「大阪人に聞いた!東京人のイメージ」
(そもそも「東京人」なんて人はほとんどいてなくて、田舎もんの集まりみたいですが・・・)
なんてのもやっていただければありがたいです(v.v)

「見栄っ張り!」「田舎もんの集まりのくせプライド高過ぎ!」など、それこそ罵詈雑言が飛び交いそうですがA(^^;;;、筆者の個人的な意見としては、
「何で関東の人は、一企業の従業員に過ぎないテレビ局の女子アナを、『チノパン』とか『カトパン』とか、わざわざヲタクみたいなニックネームつけてちやほやするの???(?_?)
というのが、ここ10年以上来の一番の疑問なんですけどね(v.v)

ちなみに関西の女子アナの扱いは、「八木ちゃん」、「喜多ちゃん」など「ちゃん」付けや、「藤本」、「川田」、「吉竹」など呼び捨てが一般的で、例外的に番組の中で生まれた
・「おいどん」(⇒お尻が大きいので、京都弁の「おいど=お尻」とかけて)
・「ヌーやん」(⇒顔がアフリカの草食動物「ヌー」に似ているからA(^^;)
などがあるくらいです。

いずれにせよ、おそらく圧倒的大多数の人には、絶対に手が届かない相手やのにねぇ・・・


【追記】
実際に大阪に旅された方はお分かりやと思いますが、大阪について個人的にもっと気づいていただきたいポイントとしては
・タバコの吸い殻やコンビニ弁当の食べかすが散らかっていて、とにかく街が汚い!(>_<)
・そもそも、列に並ばない!(-_-)

という2点に尽きるかと思っております(v.v)



JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その10)

○芦屋駅(兵庫県芦屋市)

引き続き国道2号線を歩き続けること約20分、次の街芦屋市に入りました!
さすがに、この地名は同じ関西人でも恐縮する地名ですね・・・
20130116-012.jpg


前回、阪神電鉄・本線沿線を歩いた時もそうやったんですが、沿道には大阪市内でよく見かけるコンビニや牛丼店などはほとんど見かけません(@_@)
ホンマに、この辺りの方はどうやって生活してはるんやろ?と思います。

と、そんな中で見かけたのが、小ぢんまりとしたこの神社。
思い切り手ブレしてしまっていて、何だかよくわからなくなっていますが・・・
20130116-009.jpg20130116-008.jpg

Google Mapなどにも載っていないスポットなんですが、解説によると、どうも楠木正成公が足利尊氏と戦を行った時に、陣を張っていた場所なんだそうです。
残念ながら写真はブレまくってるし、銅像も壊れてしまっていたんですが、こんなところにも意外な歴史遺産があるんですねー


さて、日も少し傾きかけたところで、次の芦屋駅に到着します。
20130116-003.jpg

おそらく今日はここが最後なので、一息つこうと駅の周りをブラブラ歩き回るんですが・・・
コンビニはおろか、喫煙スペースすら見つかりません!(T_T)
20130116-001.jpg20130116-004.jpg

駅の周りは喫煙禁止エリアなので、おいそれと一服するわけにはいかないのですが・・・だとしたら、分かりやすいところに喫煙スペースなど設けていただきたいものですねぇ・・・(-_-)
駅から少し離れたところで、ようやくコンビニ前の灰皿を見つけて一休みです。

まーこういった厳しいルールと、何より地元の方の意識があるからこそ、街の中には吸い殻やゴミなどはほとんど散らばっていませんでして、さすがといったところでしょうか。


<本日(2013/01/16(水)の実績>
・本日の実績   :19,716歩(15.8km)
・2013年1月の実績:135,253歩(1,217.3km)
・2013年の実績  :135,253歩(1,217.3km)

・訪問済路線数  :73路線/124路線(58.9%)
・訪問済駅数   :824路線/1,693路線(48.7%)





JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その9)

○さくら夙川(しゅくがわ)駅(兵庫県西宮市)

引き続き国道2号線を進みます(v.v)
やがて西宮市の市街地に入ってきますが、この辺りでは近畿エリアでは珍しく、歩道とは別に自転車用の道路が整備されているんです。
20130116-019.jpg20130116-018.jpg

最近では、危険な運転している自転車に「暴走自転車」というネーミングも与えられ、どうも大阪市内に限ったことではないようですが、本来は車道の側道を走らねばならない自転車。
かくいう筆者も、沿線歩きの最中に何度も危険な目に遭いましたが(-_-;、こうやって明確に歩行者と分けることで、危ない目にも遭わずに済みますよね。
こういった工夫は、どんどん行っていただきたいものだと思います。


やがて、左手にはかつて訪れた阪神電鉄・西宮駅の駅舎も見えてきます。
確か沿線歩きの最初の年以来なので、約3年半ぶりですねー
20130116-017.jpg

阪神西宮駅からほどなく、次のさくら夙川駅に到着します。
20130116-015.jpg

このさくら夙川駅、開業したのが2007年3月という、まだまだ新しい駅。
しかも、JRはんにありがちな「西宮西」だとか「夙川」などという機械的な命名ではなく、ご当地の名物である桜を、しかもひらがなで併記して、ご当地の持つ雰囲気などをうまく表した、なかなか「粋」な駅名だと思います(^^)

さくら夙川駅から歩いてすぐのところに、その駅名の由来ともなった夙川が流れています。
以前、夜桜見物でもブラブラしたエリアではありますが、神戸エリアの桜の名所としても有名なところですよね!
20130116-014.jpg20130116-013.jpg

幸い、今年はここ夙川近辺でのお花見もできそうで、今から楽しみにしております!(^o^)/


(「JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その10)」に続く)




JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その8)

○西宮駅(兵庫県西宮市)

引き続き国道2号線を歩いておりますと、右手に見覚えのある巨大タンクが見えてきます。
おお、以前阪急電鉄・今津線沿線を歩いた時に見かけた、アサヒビールはんの工場ではないですか!
20130116-023.jpg

ただ、残念なことにこの西宮工場は閉鎖されてしまったようで、確かに一部では取り壊しも始まっておりました・・・(T_T)

かくして、阪急電鉄・今津線の阪神国道駅を通り過ぎます。
約2年半ぶりですが、その間にいろんなことがあるんですね・・・
20130116-022.jpg


やがて、次の西宮駅に到着します。
昔、西宮で長いこと仕事をしていた筆者にとっては、約15年ぶりくらいでして・・・
20130116-021.jpg

それにしても、昔は少々さびしい雰囲気漂う(⇒失礼!)駅やったんですが、しばらく見ない間にメチャメチャ拓けた駅前になってますね!(@_@)
20130116-020.jpg

改めて月日が経つ速さを実感しながら、しばらく駅前をブラブラしてみます(v.v)

そういえば、当時この駅は「西ノ宮駅」という表記やったんですが、何せ「西宮」という表記が一般に知られているので、地元の方々から改名の要望が強かったんです。
(以前も書きましたが、これはJRはんのルールで、駅名の読み間違いをなくすため「三ノ宮」や「桜ノ宮」など意図的に「ノ」の字を入れてはるんですd(-.-))

そんな中、次のさくら夙川駅の新設に伴って、地元の方々の要望を受け入れる形で「西宮」に改名されたんです。
近畿圏のJRはんの駅の中では、かなり珍しい例ではないでしょうか。



(「JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その9)」に続く)




JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その7)

○甲子園口駅(兵庫県西宮市)

西宮市に入り、相変わらずの住宅街の中を進みます。
この辺りの地名「甲子園口」とありますが、実際の甲子園球場までは1kmくらい離れてるんですよね・・・
20130116-033.jpg

やがて、次の甲子園口駅に到着します。
駅前には、やはり野球(高校球児)をあしらったオブジェが建っておりますねー
20130116-030.jpg20130116-029.jpg


さて、引き続き沿線を進みますが、さすがに代わり映えのしない光景に飽きてきたのでA(^^;、ここで沿線を走る国道2号線に移ります。
20130116-027.jpg

と、いきなり道端に乳牛のオブジェが?!(@_@;
20130116-026.jpg

しばらく進むと・・・なるほど、森永乳業はんの工場やったんですね!
ここでは、ビヒダスなどヨーグルト製品を作ってはるみたいです(v.v)
20130116-025.jpg

それにしてもこの辺りの歩道、幅が広いうえによく整備されているし、敷石も適度の滑らかさで非常に歩きやすいんです!(^^)
ちょっとした散歩などするには、もってこいかもしれませんね。
20130116-024.jpg


(「JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その8)」に続く)




JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その6)

相変わらず、全国的に寒い日が続いているようですね~(x_x)

かくいう筆者、前にも書いたように昨年の教訓から
「休み取れるうちに、ガンガン取りまくろう!」
を今年のモットーといたしまして、ええお天気となった今日も、しっかりお休み取りまして!(^o^)(たまたまですが)

というわけで、本日歩くのは、昨年初夏以来約8か月ぶりくらいのJR西日本・神戸線(東海道本線)
個別の路線としてはさることながら、何せ岡山までぶっ通しで続く路線ですから、少しずつでも進んでおかないと、後がホンマに大変なんです・・・


○立花駅(兵庫県尼崎市)

前回は南側からアプローチした立花駅やったんですが、今日は北口の周辺からブラブラしてみます(v.v)
20130116-042.jpg

商店街の中もブラブラしてみましたが、これと言って書くべきネタもなく・・・
あ、そういえば、写真に写っている海鮮ろばた鯛将丸(たいしょうまる)はんは、守口などにも店を構えてはるチェーン店なんですが、ネタがすごく新鮮でおいしい割にお値段もリーズナブルで、お酒とそのアテを楽しみたい方にはかなりお勧めですよ!(^o^)/


さて、やむなく立花駅を後にし、沿線を西に進みます(v.v)
この辺り、盛り土された上に線路が敷かれているうえに、路線の柵もなかったり低かったりして、鉄道ファンの方が車両写真を撮影するにはなかなかいいポイントではないかと思うんですが・・・どうなんでしょうね?(?_?)
20130116-040.jpg

そこそこ沿線の道を歩いたところで、武庫川の堤防に上る階段に突き当たります。
武庫川は、それこそかなり上流までさかのぼったところまで歩いてる筆者ではありますが、やはりここまで下流になると、けっこうたいそうな堤防になってますねぇ・・・
20130116-038.jpg

かくして、武庫川の堤防の上に登りつきます。
阪神電鉄・本線で歩いた時よりは500mほど上流になるんですが、意外や河川敷の面積は結構広くて、テニスを楽しんではる人たちも見かけます。
20130116-037.jpg20130116-036.jpg


沿線沿いに川を渡るルートもないため、少々遠回りして武庫川を渡るルートをたどります。
かくして、この鉄道沿線歩き二度目の西宮市に入りました~!
20130116-035.jpg


(「JR西日本・JR神戸線(東海道本線)(その7)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 神戸線 立花 武庫川

JR西日本・紀勢本線(その9)

○海南駅(和歌山県海南市)[近畿の駅百選 選定駅]

黒江駅周辺の街並みを通り、大通り(国道370号線)に出ます。
なんだか久しぶりにコンビニを見つけたので、前で一休みしていると・・・
20130110-033.jpg

うーん、先ほどそこそこ坂道を登ったつもりやったんですが、それでも海抜2mくらいしかなかったんですね・・・(-_-)
海から近いところでもあるし、何より近畿地区でも近いうちに大地震が起こると言われているところ。
こういった海の近くをうろつくことも多い筆者ではありますが、こういった標識を見ると改めて気を付けておかねばと思った次第です。


さて、ほどなく次の海南駅に到着します。
このブルー~白のアーチは、マンホールデザインも描かれているように、海南市のシンボルのようですね。
20130110-037.jpg

帰りの電車まで少々時間もあるし、筆者も初めて訪れる駅なので、駅前を少しブラブラしてみます。
・・・が、残念ながら木曜日が定休日のお店がほとんどのようで、駅前の商店街は閑散としておりました(T_T)
20130110-039.jpg

結局、駅周辺では何も見つけることができないまま辺りをブラブラし、駅に戻って気づいたのがこの駅看板。
よく見たら、地元の漆塗り工芸協会から寄贈されたもののようですが、けっこう大きくて立派なものでして・・・
これ、売りもんだったら何ぼするんやろうと考えてしまうところが、私ら関西人の悪い癖でしてA(^^;;;
20130110-040.jpg


<本日(2013/01/10(木)の実績>
・本日の実績   :24,299歩(19.4km)
・2013年1月の実績:85,582歩(770.2km)
・2013年の実績  :85,582歩(770.2km)

・訪問済路線数  :73路線/124路線(58.9%)
・訪問済駅数   :824路線/1,693路線(48.7%)





JR西日本・紀勢本線(その8)

○黒江駅(和歌山県海南市)

沿線を引き続き進んでいると、いきなり路線が東側へ急カーブします! (@_@;
こりゃ、すんごい曲がり具合です・・・
20130110-021.jpg

地図を見ると分かるんですが、この辺り500m前後の短い区間の中で二度もほぼ90度にカーブしています(@_@)
調べたところ、このカーブは紀勢本線(旧国鉄・紀勢西線)で敷設された時から存在しているようで、どうも山を避けるためにこんなカーブにしているようですね。

大きな地図で見る


さて、紀三井寺駅周辺のお店や住宅もぽつぽつと少なくなり、めっきり田園風景も増えてきます。
相変わらず何も書くべきネタがないまま、テクテクと道を進みます・・・
20130110-023.jpg

田園風景から少し民家が増えてきたところで見かけたのが、遠くからずいぶん気になっていた山の上にある大きな建物!
折しも、半ドンで帰っている中学生と思しき子供たちが多数下校しています。
20130110-024.jpg

校門の表札を見て分かったんですが、ここが高校野球で有名な智弁学園和歌山校の校舎のようです。
先日、本体の智弁学園(奈良)の後者の前も通りがかったところですが・・・何とも奇遇ですねぇ。


と、その智弁学園・和歌山校の校門からすぐそこに、次の街・海南市の標識が!(^o^)
この街歩きを始めて、和歌山市・紀の川市に次いで、和歌山で訪れる3つ目の街ですねー
20130110-025.jpg

そして海南市に入ってほどなく、次の黒江駅の駅舎が見えてきます。
20130110-027.jpg


聞くところでは、この一帯は昔ながらの家屋が残されているエリアだそうで、さっそく先に進みます(v.v)

少々傾斜のある道を進んでいくと、確かにこのような雰囲気のある民家を見かけます。
確かに、前回紀和駅周辺で見かけた家屋とは、若干造りが異なってますねー
20130110-028.jpg20130110-031.jpg

・・・ただ、少々厳しいこと言うと、伊丹や中書島、丹波、何より奈良県橿原市今井町などをこの目で見てきた筆者にとっては、こういった建物が「点在」しているだけでは、観光資源としてはかなり弱いかなと。
それこそ、街並みほとんどを昔の建物が占めている・・・とかであればいいのですが、このようにポツポツとある状態であれば、それぞれの家屋に名前を付けて大切に保存し、PRした方が良いように思います>海南市の担当者の方。


(「JR西日本・紀勢本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 黒江 智弁和歌山 古民家

JR西日本・紀勢本線(その7)

紀三井寺の少々きつめの石段を、用心深く進みます。
段のところどころに、松尾芭蕉の歌碑や日本の名水百選の一つ「三井水」(さんせいすい)が流れている様をみることができます。
20130110-012.jpg20130110-013.jpg

この石段、上ると男厄・女厄・還暦厄をそれぞれ払ってくれるそうです。
そういえば何年か前に、西日本最強の厄払いのお寺さん・門戸厄神 東光寺で、うかつにも厄落とし坂を逆走した誰かさんでしたのでA(^^;;;、これはちょうど良かったかもしれません。


例によって、境内の建物の撮影は当然ながら、秘仏・千手観音立像を写メで撮影するなどという罰当たりな行為は遠慮させていただきますが、しばらくはその大きさと荘厳さに圧倒されておりました・・・

菩薩様が納められている施設の3階部分は展望台になっていて、境内から和歌山市西側の景色が一望できるんです。
はるか遠くには淡路島も見え、なかなかの絶景!
うーん、長く険しい石段を上ってきた甲斐はあったというもんです(^^)
20130110-017.jpg20130110-016.jpg


一通りお参りを済ませたところで、参道前にあるおみやげ屋を見ておりますと、なんだか久しぶりに見つけたのがこれ。
和歌山名産のお菓子・「那智黒」!。
20130110-018.jpg

個人的にすごく久しぶりに見かけたもので、思わず写メ撮ってしまいましたが、これを見るとつくづく和歌山を歩いてるんやなーという実感が湧いてきましたね。


紀三井寺を後にして、引き続き沿線を進みます。
しばらくは、沿線に沿ってこのような遊歩道が設けられているし、道端には寒つばきの花が鮮やかに咲いていたりして、なかなか快適に歩けます!(^^)
20130110-019.jpg20130110-020.jpg


(「JR西日本・紀勢本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 三井水 紀三井寺 千手観音立像 那智黒

JR西日本・紀勢本線(その6)

○紀三井寺(きみいでら)駅(和歌山県和歌山市)

県道135号線をさらに進み、次の紀三井寺駅に到着します。
春には、早咲きの桜が楽しめるスポットとして有名な紀三井寺の最寄り駅ですね。
20130110-007.jpg


駅東側の道を歩くこと約10分、ようやく紀三井寺の山門が見えてきます。
何とも色鮮やかな、きれいな山門です!(^^)
20130110-009.jpg


ところで「紀三井寺」という名前、以前筆者が京阪・石山坂本線沿線を歩いた時に訪れた三井寺(みいでら・滋賀県大津市)と重なるので、後日両者の関係を調べてみました。

Wikipediaによると、
紀三井寺(紀三井山金剛宝寺護国院):真言宗
三井寺(園城寺):天台宗
と、まず宗派から違うし、創設や歴史など見てもまったく関係はないようでした。
唯一共通しているのは、西国三十三所の札所という点くらいでしょうか。

実はちょうどいいタイミングで、秘仏でもある千手観音立像(高さ12mで、寄木造の観音像としては日本最大)が一般公開されているようなので、さっそく参拝することにします。
それにしても、山門のらんま絵も、何とも鮮やかできれいですねー(^^)
20130110-010.jpg


と、いきなり待ち受けていたのが、この見上げるように急&長い石段!(@_@;
まーこれを上らねば参拝もできないので、足元を注意しながら上ります。
20130110-011.jpg


(「JR西日本・紀勢本線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 紀三井寺 西国三十三所 千手観音立像

JR西日本・紀勢本線(その5)

少しばかり暖かくなったかと思ったら、一転して真冬に戻ってしまった今日の近畿地方です(+_+)

あまりに忙しすぎて運動量が減った⇒沿線歩き4年で初めてのリバウンド・・・という結果を招いた去年の反省から、今年は積極的に休みを取って歩き倒そうと決めた筆者。
新年早々、さっそく休みを取って出かけるのはJR西日本・紀勢本線

去年暮れに歩いたばかりなんですが、なにぶん「青春18きっぷ」の旅ですので、今のうちできるだけ遠いとこに行っておこうという算段ですA(^^;


○和歌山駅(和歌山県和歌山市)
○宮前駅(和歌山県和歌山市)

大阪市内は少々雲の多いお天気やったんですが、前回のラストだった和歌山駅に降り立つと、すっかり雲も少なくなってええお天気です!(^o^)
20130110-001.jpg

駅前をしばらくブラブラした後でさっそく沿線歩きに入りますが、駅を出るとすぐ住宅街+商業地が広がっていて、さっそく書くべきネタがありません・・・
近畿圏で一番長い道のりの路線やのに、最初から何だか不安になります・・・(-_-)
20130110-003.jpg


そうこうしているうち、20分ほど歩いたところで次の宮前駅が見えてきます。
20130110-005.jpg

まさかとは思いましたが、あれだけ大きな和歌山駅の次が、待合室さえない無人駅!(@_@)
切符は、田舎の駅のように回収箱に入れるようになっています。
周りは住宅街やし、そこそこ利用者は多いでしょうに、何でいまだこんな設備のままなんでしょうね・・・
20130110-006.jpg

相変わらず沿線の光景に変化がないので、この辺りで沿線を少し離れた県道135号線に移動して先に進みます。


(「JR西日本・紀勢本線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 和歌山 宮前 青春18きっぷ

比叡山鉄道(その5)

境内でお昼御飯も済ませ、一通り歩き回ってお土産も買い込んだところで、ケーブル線の駅に向かいます(v.v)
ケーブル比叡山駅は、比叡山延暦寺からはそこそこ離れていて、到着するにはちょっとばかり歩かねばなりません・・・
20130103-022.jpg


黄色の駅舎ってなかなかないもので、辺りをブラブラ歩き回っておりますと、何と国の登録有形文化財ということではないですか!
20130103-021.jpg20130103-020.jpg

確かに、扉も木造で手動だし、駅の看板にも何やら歴史を感じます。
調べてみたところ、1927年に建設されたままの駅舎やそうですね!(@_@)

というわけで、当然エアコンなどもなく、暖房は待合室にストーブが1つのみ。
多くの人で賑わっていたので、なかなか当たる機会もなく、体温めるためにあちこちブラブラ動き回るしかありません・・・


ケーブルカーは30分おきの発車で、筆者が乗ったのは16時00分の便。
ただ、途中のもたて山駅でどうしても立ち寄りたいスポットがあったので、途中下車します(v.v)
(ケーブル坂本駅までの運賃で途中下車できます)
20130103-013.jpg20130103-005.jpg

それにしても、吹きっさらしの待合があるだけの、そこそこ急な斜面にある駅。
とうとう小雪も待ってきて、風もより冷たくなってきます・・・(x_x;


そんな中、山道を歩くこと約10分。
新古今和歌集の編さんや土佐日記の著作で有名な歌人・紀貫之の墓がこんな山奥にあるんです。
20130103-010.jpg20130103-009.jpg

紀貫之は、ここもたて山(裳立山)から眺める琵琶湖の景色を特に気に入っていたそうで、生前から自分の墓は裳立山の頂上付近に作るようにと言っていたことから、このような山奥に墓が作られたようです。


次の便まで15分あまりのため、お墓参りを済ませた後は急いできた道を戻ります。
普段乗降客がない時は、このもたて山駅も通り過ぎているようですが、筆者のような乗降客はかなり限られるような気がしますね。
20130103-003.jpg

そこそこ日も暮れかけてきた頃ケーブル坂本駅に到着し、そこから比叡山坂本駅までの道のりをテクテク歩きます。
そういえば、半端じゃない寒さだけは感じていたんですが、こうやってハッキリと数字で表されると、余計寒さを痛感する次第です(x_x;
20130103-002.jpg


<本日(2013/01/03(木)の実績>
・本日の実績   :19,476歩(15.6km)
・2013年1月の実績:22,137歩(199.2km)
・2013年の実績  :22,137歩(199.2km)

・訪問済路線数  :73路線/124路線(58.9%)
・訪問済駅数   :820路線/1,693路線(48.4%)





テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 延暦寺 ケーブル坂本 紀貫之 もたて山

比叡山鉄道(その4)

事前に約2時間弱の道のりとは聞いていたものの、イラチな?関西人である筆者のペースで、約1時間弱で比叡山延暦寺・東堂に到着してしまいましたー(^^)
20130103-030.jpg

ただし、これはそこそこ平地で年中訓練?し、そこそこ山登りの経験もある&関西人でイラチな?筆者だからこそできたことでして。
山登り初心者が挑まれるには、やはり2時間くらいは見ておかれた方がいいかと思います(v.v)


さて、せっかくメチャメチャご利益ありそうな山に登ったわけで、境内をしばらくブラブラしてみます。

先ほどから辺りに響き渡っていた鐘の音は、まさにこれやったんですね!
1回\50で、参拝者が自由に突くことができるみたいなので、筆者も順番待ちの後、去年の災いを一蹴すべく「一突き」いたしました~(^o^)
20130103-029.jpg20130103-028.jpg

よくよく考えたら、筆者にとっても今年初めの「初詣」なわけでして、お参りしておみくじを引いたところがこれ!
正月早々、なかなか縁起がいいじゃないですか~(^o^)
20130103-026.jpg

と、おみくじを結ぼうと思ったらこんな状態になっておりますA(-.-;
いったい、どこに結べと言うんでしょうか・・・
20130103-025.jpg


(「比叡山鉄道(その5)」に続く)




比叡山鉄道(その3)

○ケーブル比叡山駅(滋賀県大津市)[近畿の駅百選 選定駅]

山道を歩くこと約50分、いきなりコンクリートの道に至ります。
足を痛める可能性は低くなるのはいいんですが、えっ、もう終盤?!(@_@;
20130103-036.jpg


舗装された道を進む途中、沿道に法然上人が得度を得られたというスポットに至ります。
20130103-035.jpg

例によって、宗教スポットなので本堂などの撮影は遠慮させていただきましたが、ふと見かけたのが御手水(ごちょうず)の様子!
めっちゃ凍り付いてますやん!(@_@;
20130103-034.jpg

法然上人のスポットから歩くこと約10分、ようやく「比叡山延暦寺」を感じるスポット・大書院に到着します。
20130103-032.jpg

えっ、事前調査では2時間かかると言われていたルートですが、正直筆者の足で1時間弱で到着してしまったんですが・・・(@_@;
→筆者は、平地でも山道でも、比較的せかせか歩くんです・・・




比叡山鉄道(その2)

○ほうらい丘駅(滋賀県大津市)
○もたて山駅(滋賀県大津市)

事前にネット等で調べたルートをたどりますが、ケーブルも山道も、最初からそこそこの傾斜です(@_@)
ゴールの比叡山延暦寺まで約2時間のルートとのことですが、これが2時間も続くとは・・・
20130103-048.jpg

登山ルートには、他の山々と同じように道標が立っているんですが、残りの距離が書いてないと、モチベーション的に少々厳しいものがありますねー
20130103-047.jpg


少々きつい山道を登ること約20分。
ふと振り返ると、もうすでに琵琶湖周辺の景色が一望できるところまで来てるんですね。
(そんだけ道の傾斜があるということでしょうが)
20130103-044.jpg

最初はそこそこならされた道だったんですが、そのうち石がごつごつとした、かなり厳しい山道になります(-_-)
20130103-042.jpg20130103-040.jpg

筆者は街歩きと同じウォーキングシューズで来ましたが、正直そこそこきついです!(>_<)
ある程度山歩きに慣れた筆者なのでまだましなんですが、初めて登られる折には、是非ともトレッキングシューズなど底がしっかりした靴を使われるようお勧めします(v.v)


麓から登り始める時からほのかに聞こえてはいますが、ゴールの比叡山延暦寺付近からは、ずっと梵鐘の音が辺りに響いています。
20130103-038.jpg


(「比叡山鉄道(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 比叡山坂本ケーブル もたて山 ほうらい丘 比叡山 延暦寺

比叡山鉄道(その1)

あけましておめでとうございますm(_ _)m

昨年は本業多忙&週末の悪天候続きで思うように運動ができませんで、近畿の街歩き開始以来、初の体重増加という残念な結果となりました・・・(T_T)

個人的にも、昨年上半期はかなりよくないことばかり続いたので、今年はスタートから上昇傾向でいけるよう、新年一発目に強力なスポットにのぼりたいと思います(v.v)

というわけで、今日歩くのは昨年GWに到達した京阪電鉄・石山坂本線 坂本駅から比叡山山頂付近に延びている比叡山鉄道・坂本ケーブルの沿線。
早い話が、「比叡山延暦寺」への登山です。

昨年があまりにもひどかったんで、少なくとも今年は、ちっとは運気アップできるよう、ご利益のありそうな山への登山でスタートします。


○ケーブル坂本駅(滋賀県大津市)

時間と予算の関係上(⇒「青春18きっぷ」)、JR線で向かいます(v.v)
それにしても、リニューアルした大阪駅を利用する機会がほとんどないだけに、大阪駅のホームの光景はなかなか斬新ですねぇ・・・
20130103-052.jpg

1時間少々の移動時間を経て、JR西日本・湖西線比叡山坂本駅に降り立ちます。
実のところ、今の予定では湖西線沿線を歩くのは相当先になると思いますので、これからしばらくは訪れることもないと思います。
20130103-051.jpg


比叡山坂本駅から歩いていると、和服をまとった女性などをちらちらと見かけます。
「?」と思いながら進んでいると・・・確かに、比叡山のふもとにある日吉神社に参拝する方々やったんですね!
20130103-050.jpg

かくして、坂本ケーブル駅少し手前の脇の道から、比叡山の登山道を進みます。
20130103-049.jpg


(「比叡山鉄道(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:比叡山鉄道 比叡山坂本ケーブル 比叡山坂本 日吉神社 比叡山延暦寺