プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本・紀勢本線(その10)

○海南駅(和歌山県海南市)[近畿の駅百選 選定駅]
○冷水浦(しみずうら)駅(和歌山県海南市)

日没まで約1時間半、せっかく和歌山まで来たので、JR西日本・紀勢本線の続きを歩くことにしました(v.v)
紀三井寺駅から再び列車に乗り、前回ラストの海南駅に到着します。
駅前の大きな桜の木も、満開の花を咲かせておりますね~(^o^)
20130330-041.jpg20130330-042.jpg


こうやって見ると、紀三井寺の桜は確かに「早咲き」やったんですね・・・


以前訪れたときは、折しも商店街の店休日やったんで、駅周辺の雰囲気を確かめようと再び駅前の商店街をブラブラしますが・・・やはり車も人出も少々寂しい限りで・・・
聞くところでは、この辺りが海南市の中心街になるそうなんですが(?_?)
20130330-044.jpg

仕方なく、海南駅を後にして沿線を進みます。
と、街角で見かけたのは、沿道で満開に咲いている桜!(品種は分かりませんが)
こういった「垣根サイズ」?の桜もあるんですね~
20130330-045.jpg


さて、大阪南部から筆者が歩いてきた「熊野古道」(紀伊路)は、この熊野駅脇から引き続き伸びています。
筆者も少々沿線から離れて、この熊野古道沿いに歩くことにします(v.v)
20130330-047.jpg

少々高台を歩くことしばし、臨海工場地帯を思い切り右手に眺めながら先に進みます。
そういや、和歌山から歩き始めて初めての太平洋の眺めですねー
20130330-052.jpg20130330-053.jpg


やがて海の光景が途切れたと思ったら、いきなり次の冷水浦駅のホームが目の前に広がります。
何とも面白い構造のホームですが・・・それにしても、こりゃどうやって降りりゃいいんだい?(?_?)
20130330-054.jpg

日没まで時間のない中、いったん坂道を下って、住宅街や田畑の中にいきなり現れる冷水浦駅の駅舎に到着です。
それにしても、こちらの桜も満開で、なかなか見ごたえがありますねー(^^)
20130330-055.jpg20130330-056.jpg

もちろんこちらも無人駅なんですが、駅の待合いスペースの傍らには券売機が!
アナウンスによると、この3月22日に設置されてほやほやのもののようです(ただし和歌山・大阪方面乗り場のみ)。
20130330-057.jpg

1時間に2本しか電車が停まらない駅のため、辺りをブラブラしながら30分近い待ち時間を過ごします。
大阪方面の列車を待っているのは筆者を含め2人だけで、何ともゆったりした時間です・・・
20130330-061.jpg20130330-063.jpg


<本日(2013/03/30(土)の実績>
・本日の実績   :17,772歩(14.2km)
・2013年3月の実績:321,574歩(2,894.2km)
・2013年の実績  :875,674歩(7,881.1km)

・訪問済路線数  :79路線/135路線(58.5%)
・訪問済駅数   :890駅/1,698駅(52.4%)





スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 海南 冷水浦 熊野古道

季節を変えておさらいシリーズ#4

せっかく大阪市内から1時間近くかかることろに来たので、(咲き具合はまったく不明でしたが)もう一ヶ所近畿を代表する桜の名所を訪れたいと思います(v.v)

山中渓駅からさらに南下し、和歌山駅で紀勢本線に乗り換え。
今年1月以来の紀三井寺駅に到着します。

・・・と、駅の改札を出ようとしたところで、大変な行列ができているではありませんか!(@_@;
その原因は、ひとえにこれ。
20130330-027.jpg

そう、大阪市内などからICカード(PitapaICOCA)で乗った人は、ここでその乗車記録をいったんクリアして、現金で精算しなおさなければならないんです(-_-;

この3/23に、せっかく全国的にICカードの共通利用ができるようになったのに、いまだ同じ近畿圏内でもこのようなエリアがあるんですね・・・
山中渓駅からの運賃の高さも相まって、やはり次回からは「青春18きっぷ」を駆使するべきなんやと、つくづく感じた次第です(v.v)


前回通り、駅から歩くこと10分ほど。
少々久しぶりの紀三井寺に到着します。
今年冬に来た時よりも、さすがに華やいだ雰囲気やし、何より多くの人が訪れているのが変わった点でしょうか。
20130330-029.jpg

前回筆者をクタクタにさせた石段も、すっかり桜色に彩られてますねー(^^)
20130330-031.jpg


ところでこの紀三井寺、近畿でも「遅咲きの桜」として有名なスポットなんですが・・・
沿道の桜を見る限りでは、けっこう花も散り始めていて、先ほど見てきた山中渓よりもけっこう進んでる印象を受けました(?_?)
ひょっとして、(大阪よりも開花が早い)和歌山県人の皆さんにとっての「早咲き」???
20130330-033.jpg

まーそれでも、坂道のある頂上からは和歌山市内が一望できたのと、何より山すそに植えてある桜の花が満開で、なかなかええ景色ですねー(^^)
20130330-038.jpg


かくして、紀三井寺を一通り廻った後、最寄りの紀三井寺駅に戻ります。
この時点でも16時半と、何とも中途半端な時間となりました。
さて、これからどうしましょうか・・・




季節を変えておさらいシリーズ#4

3月ももう終わりで、初旬の頃の寒さがウソのように、すっかり暖かくなってきましたね~。

九州から東京にかけては先週末が桜が満開やったみたいですが、ここ近畿はまさに今週末が満開!(^o^)
あいにく明日の日曜日は天気が悪くなる予報なので、早めに「季節を変えておさらい」2013年春ラウンドに出かけます(v.v)


今日向かうのは、去年夏に雷におびえながら県境の峠道をテクテク歩きはじめた、JR西日本阪和線の沿線。

まさにこの「季節を変えて・・・」のきっかけとなったスポットなんですが、あれからいろいろ調べたり話を聞いたところでは、山中渓駅などは、そりゃもう素晴らしい絶景とのこと!

かれこれ一年近く楽しみにしていたので、今日みたいな絶好のお花見日和に出かけられて、ホンマにラッキーです!(^o^)


大阪市内から約一時間、山中渓駅のホームに降り立ったところから、もう一面の桜の花!
屋根がないぶん、空の青さと映えて、なかなかきれいです(^^)
20130330-002.jpg

この辺り、駅名通り渓谷の両脇に桜並木が広がっていて、まさに今が満開。
花びらもほとんど散っておらず、まさに絶好のタイミングです~(^o^)
20130330-008.jpg


一通り辺りを歩いてみますが、やはり山あいで大阪市内からも和歌山市内からも遠いからか、人出はあまり多くありません。
周りも自然が豊かやし、一本一本の花をじっくりと楽しむには、なかなかええスポットではないでしょうか。
20130330-010.jpg20130330-012.jpg

ただし、周りには2、3軒しかお店がないので、飲食物は持参された方がよろしいかと(v.v)


また他のスポットと決定的に違うのは、いわゆる「宴会客」が圧倒的に少ないこと。
写真撮影を楽しんだり、散策したり、お子さん連れで花見を楽しまれている方がほとんどなので、何とも穏やかな時間が流れます。
20130330-013.jpg20130330-015.jpg

何ともええ雰囲気の中、一通り桜並木を見て回りましたが、何とも快適な時間を過ごしました(^^)
来週末辺りには、花吹雪がはらはらと川面に舞い落ちる、何とも風情のある景色も楽しめるのではないでしょうか。
20130330-017.jpg20130330-018.jpg


かくして、楽しみにしていた景色を十分堪能して、山中渓駅を後にします(v.v)




【関連記事】「生活保護費でパチンコはダメ」兵庫・小野市で“浪費”禁止条例を可決

(zakzakニュースより)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130327/dms1303272316019-n1.htm

こんばんは、筆者です(v.v)
ここのところ、ようやく年度始末の慌ただしさも薄れてまいりました今日この頃ですm(_ _)m

ところで、過日筆者もじっくり歩き倒した兵庫県小野市で、全国で初めてとなる
「生活保護受給者が、パチンコなどの遊興に金を使ってはいけない」
という条例が定められたということで、ちょっとした話題になってますが・・・


そんなん、条例で定めるまでもなく、ごくごく当たり前の話ですやんか!(>_<)
それをいちいち条例で定めて、違反者を通報させなければならないところに、いわゆる「モラルハザード」著しい現状が垣間見えるんです。
⇒兵庫県小野市議会の決議を批判してるわけではありませんので、念のため。


生活保護は「最後のセーフティーネットの砦」と言われ、ホンマに働きたくても働けない人のため、日本国憲法の
「第二十五条  すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
という、「最低限の生活」を営むために設けられた制度。
ギャンブル云々以前に、まずは自分が「ちゃんと生活すること」に優先して使うのが筋ではないでしょうか?

それが、(貯蓄するだとかであればまだしも)生活保護者が「ギャンブル」におカネを使うなんて、(兵庫県民&小野市民ではないけど)一納税者としては絶対に許してはならない行為ではないですか!

聞くところでは、兵庫県弁護士会が「遊興とそれ以外との線引きが難しい」と不服申し立てを行っているそうですが、それは今後様々な事例を通して、条例を改正していけばいいだけの話。
まずは、全国に先駆けてこのような「まっとうな考え方」を貫かれた小野市・蓬莱市長に、エールを送りたいと思います!(^o^)/

市役所のHPでも、自らの思いをキッチリ語ってはって、非常に好感が持てました。
http://www.city.ono.hyogo.jp/p/1/7/


あと個人的に感じているところで、全体的にも生活保護受給者が少ない小野市でこのような決議が採択されたということは、周辺の神戸市や果ては(生活保護受給者が全国最多の)大阪市などに影響を与えるのも狙いではないかと思うんですけどね!





 生活保護費や児童扶養手当をパチンコなどのギャンブルで浪費することを禁止し、市民に情報提供を求める兵庫県小野市の「市福祉給付制度適正化条例」案が27日、市議会本会議で原案通りに可決、成立した。病欠1人を除く市議15人のうち反対は共産1人だった。施行は4月1日。

 「監視社会を招く」と一部から批判もあったが、閉会後に会見を開いた蓬莱(ほうらい)務(つとむ)市長は「(条例の目的は)当たり前のことで、監視ではなく見守り。賛成が圧倒的多数で、提案の過程で生活保護に関心を持つ人が全国的に増えたのはうれしい」と述べた。

 条例では不正受給や常習的な浪費を見つけた場合、市への情報提供が「市民の責務」と記載されており、情報は警察OBら適正化推進員に調査させる方針。蓬莱市長は「責務という言葉がなければ(市民が)行動に移しにくい。警察OBは専門能力を持ち、犯罪捜査を行うわけではない」と説明した。

 この日の本会議では、反対の共産議員が「受給者からささやかな楽しみを奪い、弱者への差別を助長する危険性もある」と指摘。賛成の議員は「市民の大多数が賛成している。条例で市民同士のつながりを深めたい」と述べた。

 小野市の人口は約5万人。生活保護費は24年度、約120世帯に約2億9千万円を支出している。条例に関してこれまで1900件を超える意見が市に寄せられ、6割が賛成だった。




タグ:小野市 蓬莱市長 生活保護

社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その9)

○天理駅(奈良県天理市)
(JR西日本・桜井線(万葉まほろば線) 天理駅 乗換駅)

ようやく、天理市の市街地に入ってきました。
これまで、うら寂しい田園風景ばかりやったんで、何とか一安心(v.v)
20130323-030.jpg

・・・ただ、市街地には某宗教施設の建物があまりにも多くて、正直
「特定の宗教のみを取り上げて、あれこれ言うことはしない」
という立場を貫いている筆者にとっては、街並みの写メ一つ撮るにも、相当難しいったらありゃしません(-_-)


やがてたどり着いたのが、天理駅前の田井庄池公園
よかった、ここで一服できそうです・・・
20130323-031.jpg

と、入り口からいきなり見えてきたのが、何ともボロボロの客車!(T_T)
筆者が子供の頃、家の近所の鉄道路線で見かけたタイプの客車なんですが、何か錆びついてえらいことになってるのが寂しい・・・

もう少し進んでみますと、近畿では王寺駅前に続いて2台目のSL。
ところどころ塗料が剥げたりしていて、東京・国立科学博物館に展示されてるD-51を目の当たりにした立場からすると、お世辞にも保存状態がいいとは言えません(-_-;
20130323-033.jpg

もうちょっと、何とかならんかったんでしょうか???>天理市の担当の方


気を取り直して、筆者初めての天理駅前をブラブラしてみます(v.v)

いきなりではありますが、奈良県ということで、おなじみの「ご当地ゆるキャラ」の判定を。
あいにく、時間が過ぎていて観光案内所には立ち寄れなかったんですが、ガラス窓越しにチラリと見えたキャラクターが。
20130323-036.jpg20130323-037.jpg

これ、天理市のご当地キャラクターてくちゃん・りんちゃんで、ヤマトタケルとオトタチバナヒメをモデルにしてるそうなんですが・・・
うーん、特に目の描き方など、何か思っきり「昭和」のテイストを感じさせるキャラですよねぇ(⇒失礼!)A(^^;


次の路線に向かうには少々押してしまったため、少々早いですが帰宅の途につきます。
と、4駅しかない盲腸線の駅にしては、やたらホームの数が多いですね!(@_@)
20130323-039.jpg

正確なところは分からないんですが、筆者が乗る予定の列車が「京都行き」ということで、そういった事情もあるんでしょうか?(?_?)

かくして筆者は大和西大寺駅で乗り換えますが、ふと気づいたのがこれ。
20130323-040.jpg

大阪駅や天王寺駅など、会社やホームが変わってあちこちに行ける駅はあるんですが、1つのホームにいながら京都にも三宮にも(もちろん、大阪市内にも)行ける・・・って、けっこうすごくないですか???(@_@)
ある意味、近畿エリアで最強の駅と言えるのではないかと。


<本日(2013/03/23(土)の実績>
・本日の実績   :19,001歩(15.2km)
・2013年3月の実績:251,134歩(200.9km)
・2013年の実績  :805,234歩(644.2km)

・訪問済路線数  :79路線/135路線(58.5%)
・訪問済駅数   :889駅/1,696駅(52.4%)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 天理 田井庄池公園 D-51 てくちゃん りんちゃん

社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その8)

②近畿日本鉄道(近鉄)・天理線

○平端(ひらはた)駅(奈良県大和郡山市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線 平端駅 乗換駅)
○二階堂駅(奈良県天理市)
○前栽(せんざい)駅(奈良県天理市)

同じく近鉄の大和八木駅を経由して到着したのは、先日橿原線沿線歩きで訪れた平端駅
ここから伸びている天理線も、典型的な盲腸線ですねー(^^)
20130323-017.jpg

天理線の沿線は、まず住宅街の中を進みます。
と、いきなり住宅地の中に、何だか古めかしい建物が!
20130323-019.jpg

あいにく予習の段階ではチェックできてなかったんですが、戦国時代にここ大和国を縄張りとしていた武将・筒井順慶の墓である五輪塔覆堂(ごりんとうおおいどう)
国の重要文化財だそうで、原則誰でも無料で入ることができるそうなんですが、事前予約が必要とのことで、筆者はあえなく外観からの撮影にとどめました(v.v)

その五輪塔覆堂の脇にある桜の木も、まだまだ3分咲きといったところでしょうか。
うーん、まだまだ本格的な春には程遠いようで・・・
20130323-020.jpg


やがて、沿線は一面の田園風景の中を進みます。
まだまだ寒い時期だけに、田園風景も少々殺風景ですね。
20130323-021.jpg

やがて、集落の中で見かけたのがこんな光景!(@_@;
20130323-022.jpg

近くにある地元の神社の参道やかららしいですが・・・うーん、道路を作る段階で、もうちょっとなんとかならんかったものかとA(-.-;


しばらくは、何も書くべきネタがないまま、ひたすら田園風景の中を進みます。
20130323-027.jpg


(「社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その9)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 天理 平端 二階堂 前栽 五輪塔覆堂 筒井順慶

社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その7)

○柏原南口駅(大阪府柏原市)
○柏原駅(大阪府柏原市)
(JR西日本・関西本線(大和路線) 柏原駅 乗換駅)

さらに沿線を進みますが、東京や九州ではすでに満開だというのに、ここ大阪の桜はまだまだ3分咲きといったところ。
地理的にはちょうど真ん中にあるのに、何で1週間くらい遅れてるんでしょうねぇ???(?_?)
20130323-008.jpg


沿線は大和川を渡り、すぐに次の柏原南口駅に至ります。
看板にも少々年期を感じますが、1924年(大正13年)という、何とも歴史のある駅やったんですね!(@_@)
20130323-011.jpg

さらに沿線を進むと、レンガ組の高架を見れば、その歴史も当然のような気がします。
20130323-012.jpg


ところで、かれこれ30分くらい歩いてるにもかかわらず、ようやく1往復の電車が通ったっきり。
後で調べたら、1時間に2本程度しか本数がないようですね・・・
20130323-013.jpg

ほどなく、終着駅の柏原駅が見えてきます。
以前JR西日本・関西本線の沿線を歩いた時もそうでしたが、この辺りは道路や路線がけっこう入り組んでるんですが、ここまではそこそこ素直にたどり着けました(v.v)
20130323-014.jpg


ところで、この柏原駅の改札を通り過ぎたときのこと。
乗換駅なので、当然JRはんと近鉄はんの改札が2つあると思ってたんですが、なぜだかあるのはJRはんの改札のみ!(?_?)
20130323-015.jpg

改札のJR社員さんに聞いたところでは、何と近鉄・道明寺線を利用する人はこのJRはんの改札を通るとのこと。
なるほど、だから筆者が持ってる「スルッとKansai 3daysカード」が利用できない区間やったんですね・・・

かくして、次の盲腸線に向かうべく、近鉄・大阪線堅下駅で次の電車を待ちます。
こちらも、停まる電車が1時間に2本しかない駅のため、少々暇な時間が流れます・・・
20130323-016.jpg


(「社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その8)」に続く)




社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その6)

東京や九州では、早くも桜の便りが聞こえてきた中、まだまだ寒い日の方が多い近畿地方です(v.v)

さて、「スルッとKansai 3daysカード」が使えるこの時期恒例の「盲腸線歩きの旅」

まーそれにしても、これまで結構歩き倒したにも関わらず、まだ全然間に合っておりません・・・(-_-)


①近畿日本鉄道(近鉄)・道明寺線

○道明寺駅(大阪府藤井寺市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・南大阪線 道明寺駅 乗換駅)

まずやってきたのは、近鉄・南大阪線の道明寺駅から乗り換えする近鉄・道明寺線
約3年ぶりですが、駅前の光景は全然変わってなくて何よりです(^^)
20130323-001.jpg

ところで、以前筆者が歩いた時は、方向が違っているので思い切りスルーしてしまったんですが、この辺りは1615年に起こった大坂夏の陣で、豊臣秀吉側の敗北を決定的にしたと言われる「道明寺の戦い」の戦場となった地域。

真田信繁(真田幸村)や後藤基次、伊達政宗などそうそうたる面々の武将が合いまみえた戦だったようですが、行われた5月6日が近いこともあって、駅前にはイベントの告知やのぼりなどが飾られています。
20130323-002.jpg20130323-003.jpg


駅裏の河川敷の道に出て、沿線を進みます。
Wikipediaによると、写真に写っている石川の向こう岸で戦が始まったものの、次第に豊臣軍が押され、最後には筆者が歩いているよりもかなり西側に追い込まれてしまったようですね。
20130323-005.jpg

それにしても、すごくええお天気なのに、それでも割と近くの山々が霞んでるのは何なんでしょうね(-_-;
春霞かもしれませんが、ともあれマスク二重にしてきてよかった。

今まで歩いてきた石川は大和川の上流で、しばらくすると大和川との合流点に至ります。
この辺りが、最も激しい戦が行われたところのようですね。
20130323-007.jpg


(「社会派実験シリーズ(その2)・近畿の盲腸線を歩き倒す(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 道明寺線 大坂夏の陣 大和川 盲腸線

神戸電鉄・有馬/三田線(その8)

○唐櫃台(からとだい)駅(兵庫県神戸市北区)
○有馬口駅(兵庫県神戸市北区)

ここまで、比較的広い有馬街道を歩いてきた筆者ではありますが、次の唐櫃台駅からはかなり側道が狭くなっているため、仕方なく住宅街の中を進みます(-_-)
20130316-035.jpg

この辺り道がかなり入り組んでいて、少しずつ薄暗くなる中を、GPSを頼りにうろつくことになります・・・
有馬街道をそのまま進めば、そりゃすぐにでも着いたでしょうに・・・(-_-)


かくして、複雑な心境を抱えながら住宅街をさまよい歩くこと約40分。
いきなり、次の有馬口駅の端っこに出てしまいます(@_@)
20130316-036.jpg

ホームには、まさにこれから有馬温泉まで向かおうとする列車が停まっていますねー
20130316-037.jpg

駅舎正面に回り込んでみますが・・・乗換駅の割には、何とも小ぢんまりとしたかわいらしい駅舎です。
20130316-039.jpg


次の電車まで少々時間があるので、例によって駅前をブラブラしてみますが・・・やはり道路の側道がめっちゃ狭いせいで、とにかくヒヤヒヤしながらの移動になります(-_-;

そんな駅前で見かけたのが、この石碑。
20130316-038.jpg

昭和13年(1938年)にこの辺りで発生した大水害の慰霊を目的として建てられた石碑のようですが、こんな山間部でそれほどまでに大きな被害が出るとは、相当のものやったんでしょうね。


そうこうしてるうち電車の時間も近づき、改札を通ってホームに出ます。
近畿エリアの各鉄道会社は、駅や車両内でのいろんな掲示が他のエリアに比べて多いんですが、そんな中で見かけたのがこれ。
20130316-040.jpg

筆者が去年1年間かけて歩いた粟生線について、現状の問題点と経営状況をいかに改善するかetc.地元の小学生が壁新聞に取り上げたものが、何と文部科学大臣賞を受賞したそうなんです!(@_@)

筆者が小学生の頃なんて、クラブ活動サボってヘラヘラしてたものなんですがA(^^;、今どきの小学生はいろんなこと考えてて、なかなかすごいですね・・・


やがて神戸方面行きの電車が到着しますが、ホームの端付近で見かけたのは、おおよそ3分咲きの桜の花!
確かに沿線ではきれいなウグイスの声も聞こえたし、まだまだ寒いながらも、少しずつ春は近づいてきてるんですね~(^o^)
20130316-041.jpg



<本日(2013/03/16(土)の実績>
・本日の実績   :24,735歩(19.8km)
・2013年3月の実績:182,716歩(146.2km)
・2013年の実績  :736,816歩(589.5km)

・訪問済路線数  :77路線/136路線(56.6%)
・訪問済駅数   :882駅/1,698駅(51.9%)





テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸電鉄 有馬線 唐櫃台 有馬口 有馬温泉 粟生線

神戸電鉄・有馬/三田線(その7)

○花山駅(兵庫県神戸市北区)
○大池駅(兵庫県神戸市北区)
○神鉄六甲駅(兵庫県神戸市北区)

相変わらず緩やかな坂道が続く沿線を進み、周りも山がちの光景が多くなってきます。
やがて、次の花山駅の周辺では、こんなすんごい構造物まで出現しまして(@_@;
20130316-022.jpg

そんな中で危うく路線を見失いそうになることもしばし。
辺りではウグイスがきれいな声で鳴いてまして、ようやく寒かった冬も終わりなんやと感じながら先に進みます。
20130316-025.jpg

ふと後ろを振り返ると、今まで歩いてきた道が一望!
やっぱりそこそこ高いとこまで登ってきたんですねぇ・・・(-_-)
20130316-027.jpg


またしばらく沿線を進むと、右手に神鉄六甲駅の駅舎が見えてきます。
六甲山系の登山口がある駅ということで、今までとは異なり何ともオシャレなデザインの駅舎じゃないですか!(^^)
20130316-030.jpg20130316-032.jpg


ところで、筆者はあえて「六甲山系」という表現を使ったんですが・・・実はここ神戸には、「六甲山」という単独の山はないんです。

例えば筆者がこれまで歩いてきた
・須磨浦公園から鉢伏山~旗振山へ
・山陽塩屋駅周辺の山道をブラブラ
・新開地から鵯越を経て、鈴蘭台に到着etc.

なんてのも「六甲山系登山」になるみたいでして、今日の坂道歩きもその一環になるかもしれません。

ただまあ、神戸方面は地下鉄・ケーブル・ロープウエイ含め全然巡れてませんので、これからもイヤと言うほど「六甲山系」を歩くことになるでしょうがA(^^;



(「神戸電鉄・有馬・三田線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸電鉄 有馬線 花山 神鉄六甲 大池 六甲山

神戸電鉄・有馬/三田線(その6)

○谷上駅(兵庫県神戸市北区)
(北神急行電鉄・北神線 谷上駅 乗換駅)

箕谷駅から引き続き山道を進むことしばし、ようやく「人の存在」を感じることのできるエリアに到着しますA(^^;20130316-016.jpg

よかった、これで何かあった際にも、まずは何とかなりますね・・・


さらに沿線を進むことしばし、筆者にとって何とも喜ばしい看板が掲示されているではありませんか!
20130316-019.jpg

・・・そう、大阪市内から新開地~鈴蘭台を経由してこの神戸電鉄・有馬線沿線に至るには、正直結構時間かかりまして(T_T)
北神急行を使い、三宮駅からショートカットして10分でここまで来れれば、そりゃもう30分以上時間が節約できるという、今後何とも嬉しいエリアに足を踏み入れたんです~(^^)
(ただ、「鉄道沿線ウォーキング」をテーマにしてる筆者は、いずれこの「北神急行」の沿線も走破せねばならないんですがね!A(^^;)

と言うわけで、ほどなく次の谷上駅に到着です。
乗換駅だけあってけっこう大きい駅なんですが、この駅のおかげで今後筆者がどんだけ助かることか!(T_T)
20130316-020.jpg

ともあれ、駅舎の中及び周辺をブラブラしてみますが、筆者が興味を惹かれたのは、「阪神淡路大震災」の時の、神戸電鉄及び北神急行の対応を記した写真パネルの数々。
筆者も実際体験してるだけに、あの時の混沌ぶりや悲惨さを思い出す次第ですが、またところどころで、こういった貴重な資料なども見ることができるでしょう。


かくして、谷上駅を出発しますが、相変わらず緩やかな坂道は続きます・・・
20130316-021.jpg



(「神戸電鉄・有馬・三田線(その7)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸電鉄 有馬線 谷上 北神急行

神戸電鉄・有馬/三田線(その5)

○山の街駅(兵庫県神戸市北区)
○箕谷(みのたに)駅(兵庫県神戸市北区)

緩やかな坂道を引き続きテクテク進むと、次の山の街駅にたどり着きます。
何だか、名前通りの雰囲気の駅舎ですねぇ!A(^^;
20130316-010.jpg

駅前にはこれと言ったスポットもないため、やむなく沿線を引き続き進みますが、ここに来て緩やかな上り坂だったのが若干下りも入ってきます。
うーん、何とも大変な路線です(-_-;
20130316-011.jpg


住宅街を進むにつれ、だんだん山がちの地形になってくるんですが、そのうちとうとうそこそこの山道に!(T_T)
相変わらず、遠景が若干霞きみなのが気になりますが・・・
20130316-012.jpg

引き続き、この山道を進むと次の箕谷駅に到着します。
辺りには個人商店くらいしかありませんで、駅前をブラブラするどころか、ほんの数十秒で駅前を探索してしまった次第です(v.v)
20130316-014.jpg20130316-015.jpg



(「神戸電鉄・有馬・三田線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸電鉄 有馬線 山の街 箕谷

神戸電鉄・有馬/三田線(その4)

ちょこちょこ寒の戻りはあるものの、だんだん暖かい日が多くなってきましたね~(^o^)

今日もなかなかのええお天気に恵まれましたが、やはり関西の空中には、花粉に加えて黄砂、果てはPM2.5や健ちゃんパウダー(?)などの様々な「粉もん」が舞っているようでして(-_-)

かく言う今日歩くのは、途中粟生線~北条鉄道を歩いたため、約一年半ぶりの神戸電鉄・有馬線
そろそろ山間部に入りますが、実は筆者の関西在住二十年以上にして初めての、有馬温泉を目指して進みたいと思います(v.v)


○鈴蘭台駅(兵庫県神戸市北区)
(神戸電鉄・粟生線 鈴蘭台駅 乗換駅)
○北鈴蘭台駅(兵庫県神戸市北区)

すごく久しぶりの鈴蘭台駅からスタートとなります。
約1年半ぶりなんですが、駅前の光景は相変わらずで何より!(^^)
20130316-001.jpg

駅前でしばし休憩した後、さっそく沿線歩きを始めるのですが、いきなりの坂道!(x_x;
確かに、事前に地形図を見て予習はしていて「山道」やと言うのは十分承知してましたが、まさかいきなり来ますか~
20130316-002.jpg

しかも、緩やかな坂道が延々続くというパターンで、一番足に来るパターンですねぇ・・・
例によって各種「粉もん」からのガードのため、マスクを二重化にして使ってるんですが、とにかく息苦しいったりゃありゃしません!(-_-;


さて、やがて次の北鈴蘭台駅に到着します。
ショッピングセンターと一体化した建物で分かりにくいんですが、意外と大きな設備です。
20130316-007.jpg

ショッピングセンターも兼ねている駅舎前の広場には、なぜだか使い古された電車の車輪がペイントされて置かれています。
果たして、これを何にしようとしたのかは不明ですが、正直そこそこ広い広場のど真ん中にこんなの置かれて、邪魔で仕方ないのでは?と思った次第なんですけどねA(^^;
20130316-008.jpg


(「神戸電鉄・有馬・三田線(その5)」に続く」


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:神戸電鉄 有馬線 鈴蘭台 北鈴蘭台

祝!復活(^o^)

こんばんは、筆者です(v.v)
ここのところ、年度末で少々忙しくしておりまして、記事の更新もままならなくなっておりますm(_ _)m


ところで、先日私ら関西人にとって嬉しいニュースが届きました!(^o^)/

上沼恵美子さん(⇒昔の海原千里・万里の千里の方)、円広志さんと並び、関西のテレビ界では絶対欠かすことのできないやしきたかじん氏が、食道がんとの闘病生活を終えて無事現場復帰されるとのこと!

筆者は関西に移住する前、映画版ガンダムの主題歌を歌ってはった頃から存じ上げてますが、そりゃもう圧倒的な歌唱力は言うまでもなく、ライブの3分の2は「漫談?」と言われるほどの、ずば抜けたトーク力と切れ味をお持ちの方。

関東地区以外の方はほとんどご存知やと思いますが、この3/21収録分から完全復活されるとのことで、何よりもおめでとうございます!(^o^)/


世間一般には、上沼さん同様「毒舌」と評されることもあるんですが、お二人とも(関西以外で生まれ育った)筆者にとっても、人間として当然抱くべきだろう感情をハッキリと表に出してはるというだけで、決してその言動に違和感や反発を覚えることはほとんどないですねー

復活されてからも、ますますご活躍されるよう、今からご期待いたしております!


あ、関西圏以外で「たかじんさんの歌を聴いたことがない」という方も多々いらっしゃると思いますので、YouTubeから厳選したショットをいくつかご紹介(v.v)
(著作権上問題のあるものもありますが、Youtubeで掲載されている間の「ご猶予」ということでm(_ _)m)










京福電鉄・北野線(その3)

○等持院駅(京都府京都市北区)
○龍安寺駅(京都府京都市右京区)
○妙心寺駅(京都府京都市右京区)
○御室仁和寺(みむろにんなじ)駅(京都府京都市右京区)

北野天満宮を離れ、本来の目的である京福電鉄・北野線沿線の旅をスタートします(v.v)
大阪市内ではそこそこ天気よかったのに、ここに来て何やら怪しい雲が垂れ込めてきましたねぇ・・・(-_-)
20130303-022.jpg

・・・と、沿線はずっと住宅街の中を走っているため、特にブログに書くべきネタもなく・・・(T_T)
そうこうしてるうちに、北野線の駅をどんどん通り過ぎてしまいます・・・
20130303-023.jpg20130303-025.jpg20130303-026.jpg

いい加減あきらめかけてたところで見かけたのが、この立て看板。
20130303-027.jpg

おお、そういやこの周辺も京都マラソンのコースですやん!(^^)

この京都マラソン、東日本大震災への復興支援の意味合いもあって3月の第2週に設定されていて、大阪マラソンや神戸マラソンと異なり仮装は禁止。
嵐山~仁和寺~今宮神社~上賀茂神社~下鴨神社~平安神宮・・・といった京都の有名観光スポットを廻るコースも魅力的やし、ノーベル賞を受賞された京都大学・山中伸弥先生も毎年参加されてるということで、けっこう注目度高いイベントになってますねー


ほどなく右手には、そのコース中の見どころの1つである世界遺産・仁和寺(世界文化遺産)の山門が見えてきます。
何とも威厳のある、巨大な山門です!(@_@)
20130303-028.jpg


(「京福電鉄・北野線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京福電鉄 北野線 等持院 龍安寺 三室仁和寺 世界文化遺産

京福電鉄・北野線(その2)

さて、北野天満宮が所有されてる梅園に入園するには、別途料金(お茶+お茶菓子代含む)がかかりまして。
入場料を払って梅園に入ると、もうそこは一面梅の花で埋め尽くされてます!(^o^)
20130303-015.jpg20130303-016.jpg

正直、想像してたほどの「迫力」は感じられなかったんですがA(^^;、それでも辺り一面梅の花が咲き乱れ、ときおりその間を鳥が飛び交う光景は、何とも春らしくてええ感じです(^^)。
20130303-017.jpg20130303-018.jpg


一通り梅園の中を散策し、お茶とお茶菓子もいただいたところで、境内西側にある「御土居(おどい)」と呼ばれるスポットに向かいます。

この御土居、その昔豊臣秀吉が京の都を整備するにあたり、外敵の侵入を防止する+川の氾濫から都を守るための堤防として、人工的に作った土塁なんやそうです。
20130303-014.jpg

(筆者の目算で)境内からおおよそ15mほど下ると、小川も流れ、人でにぎわっていた境内とは裏腹に、何とも静かな雰囲気です。
20130303-019.jpg20130303-020.jpg


一通り御土居のふもとも歩き、再び境内に戻ります。
とそこには、やはりここ北野天満宮に祀られている学問の神様・菅原道真公の歌碑。
20130303-011.jpg

「このたびは 幣(ぬさ)も取りあへず 手向(たむけ)山 紅葉の錦 神のまにまに 」(小倉百人一首 24番)

この手向山という地名、具体的にどこだったのかを示す資料はないそうですが、道真公の行程に照らし合わせると、奈良と京都の県境辺りだったのではとも言われています。

他にも、例えば旅の途中で川の中州を「淡路島」と間違えたことから「淡路」(大阪府大阪市東淀川区・阪急京都線の駅がある)という名前がついたり・・・と、意外と道真公の影響は今でも関西の各所に残されてるんですね・・・


(「京福電鉄・北野線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京福電鉄 北野線 北野白梅町 菅原道真 御土居

京福電鉄・北野線(その1)

まだまだ寒さも残りますが、少しずつ春らしさを感じ始めたここ近畿地方です(v.v)

季節の変わり目で、お天気も結構変わりやすい日々が続く中、久しぶりの晴れ間に恵まれた週末!
せっかくなんで、今日も出かけたいと思います。

今日歩くのは、京福電鉄・北野線
折しも、終着駅の北野白梅町駅の近くにある北野天満宮では梅の花が見ごろということもあり、その様子も含めて楽しみたいと思います(^^)


○北野白梅町駅(京都府京都市北区)

かくして、筆者も初めての北野白梅町駅に降り立ちます。
いやー筆者が思ってたよりも、ずいぶんと拓けた駅ですやん!(@_@)
20130303-001.jpg


ここから北野天満宮まではしばらく歩きですが、駅前の道を7分ほど歩いたところで、ようやく鳥居が見えてきます!
20130303-002.jpg

いやー、さすが梅の名所。
参道も人が混み合ってるし、お祭りのときなどに見かける出店なども軒を並べて、なかなかにぎやかな雰囲気になっております(^^)
20130303-003.jpg20130303-004.jpg

境内に入り、一通りブラブラしてみますが・・・境内の梅の木もすっかり色づいて!
紅梅・白梅それぞれに、なかなか色鮮やかな花を咲かせておりますねー。
20130303-005.jpg20130303-006.jpg
20130303-008.jpg20130303-010.jpg


(「京福電鉄・北野線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京福電鉄 北野線 北野白梅町 菅原道真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。