プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その14)

○尼ヶ辻駅(奈良県奈良市)
○大和西大寺駅(奈良県奈良市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・奈良線/京都線 乗換駅)

西ノ京駅から、いよいよ大詰めの沿線を北上します。
かつては暗闇の中で見かけて、何とも不気味な雰囲気を醸し出していた(⇒失礼!)垂仁天皇陵も、(当たり前ですが)昼間に見ると、筆者が今まで見てきた古墳なんですね・・・
20130428-041.jpg

沿線は田園風景が進む中を進みます。
その沿線には、このように満開のアブラナ(菜の花)も見かけて、何やら春の雰囲気満開ですやん!(^^)
20130428-042.jpg


かくして、ほどなく橿原線の終着駅である大和西大寺駅に到着します(v.v)
うーん、乗り換えではけっこう使い倒してたんですが、改めて駅を訪問するんは、奈良線以来ですごく久しぶりやないでしょうか?!
20130428-044.jpg

そういえば、約2年前に訪れたときも駅前の光景はほぼスルーやったし、何より駅名にもなっている有名なお寺・西大寺を知らない!と言うことで、さっそく訪れてみます。


実のところ、日本全国には「西大寺」と言う名のお寺がいくつかあるようで、Google検索でトップに出てくるのは岡山にある「西大寺」やったりするんですが・・・A(-.-;
駅西南側の通りをほんの少し入ると、いきなり見えてきました!
20130428-045.jpg20130428-046.jpg

境内を入ると、いきなり見事な藤棚の花が出迎えてくれます。
このボリューム感は、なかなか見事ですね!
20130428-047.jpg20130428-048.jpg


時間が遅かったせいもあるでしょうが、境内は何ともひっそりとしていて、参拝客は筆者ただ一人。
そんな中で境内を一通り歩かせていただきました。

かくして、引き続き駅前をブラブラさせていただいたんですが、特に書くべきネタも見つかりませんでして・・・(-.-;
このまんま、更なる新境地・京都線に進んだろかという欲望?も少し頭をよぎりましたが、本日は一番無難なところで、ここまでとしたいと思います(v.v)


<本日(2013/04/28(日)の実績>
・本日の実績   :20,459歩(16.4km)
・2013年4月の実績:255,216歩(204.2km)
・2013年の実績  :1,132,297歩(905.8km)

・訪問済路線数  :79路線/136路線(58.1%)
・訪問済駅数   :896駅/1,698駅(52.8%)

近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線まとめ
・訪問回数    :3回
・総歩行距離   :71,270歩(57.2km)
・路線距離    :23.8km





スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 尼ヶ辻 大和西大寺 藤棚 垂仁天皇陵 菜の花

近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その13)

薬師寺周辺を一通り廻ったところで、道路を挟んで隣接する玄奘三蔵院にも訪れます。
20130428-021.jpg20130428-022.jpg

(こういったものの値段をあれこれ言うべきではないんでしょうか)薬師寺の入り口で徴収される拝観料は\800と、筆者が今まで経験したことのない高さなんです。
ただ後から案内の方に聞いたところでは、この玄奘三蔵院への拝観料も含めた金額と言うことで、納得した次第です(v.v)

こちらも境内の撮影は遠慮させていただきますが、何よりも建物の中に展示されている平山郁夫画伯の壁画・天井画(シルクロードをテーマにした作品)には圧倒されます!

一通り境内を見て回り、様々な仏像・仏具・美術品を拝見させていただき、なかなか充実した時間を過ごさせていただきました。
出口付近では、色とりどりのボタンが、かなり大輪の花を咲かせております(^^)
20130428-023.jpg20130428-024.jpg


かくして、引き続き沿線を北上します。
やはりお天気もいい休日、観光に来られている方も多数見かけます。
20130428-028.jpg

次に訪れたのは、こちらも世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一つである唐招提寺
20130428-030.jpg20130428-031.jpg

あいにく、筆者は「中国から大変な思いをして日本に来られた鑑真和上が開かれたお寺」という程度の知識しかなかったんですが、境内には鑑真和上の廟や、このGW期間限定で「瓊花」(けいか)という中国原産の花も公開されているそうですので、さっそく境内を散策します。

境内で公開されている「瓊花」とはこの花。
白い花びらに見えるのは「がく」と呼ばれる部分で、普通の花であれば花びらの付け根に付いているもの(果物になった時に「へた」になる部分ですd(-.-))。
実際の花は、その中にあるごくごく小さいものです。
20130428-033.jpg20130428-036.jpg

先ほど郡山城址で見かけたツツジ、玄奘三蔵院で見かけたボタンといい、色とりどりの花が目を楽しませてくれる、ええシーズンになりましたね~(^o^)


境内を散策した後、境内の片隅にある休憩所で一服してますと、こんなものを見かけます。
そういえば、境内のところどころで見かけましたが・・・
20130428-039.jpg

よく見てみると、おそらくハスを栽培してはるようです。
それにしても、一言にハスと言っても、いろんな種類があるんですね・・・
20130428-040.jpg


(「近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その14)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 西ノ京 玄奘三蔵院 薬師寺 瓊花 鑑真和上 唐招提寺 世界遺産 古都奈良の文化財 ボタン

近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その12)

○九条駅(奈良県大和郡山市)
○西ノ京駅(奈良県奈良市)

近鉄郡山駅を出て、さらに沿線を進みます。
沿線の道が途切れ途切れなのが少々難儀ですが、それでも比較的分かりやすいルートなのが何より(v.v)

やがて、何やら白い覆いがかけられた建物が出現しますが・・・(?_?)
20130428-015.jpg


そう、かつて筆者が夕暮れ迫る中訪れて、ほとんど何もできないまま撤退した世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一つである薬師寺の、東西二棟あるうちの東塔の姿。


聞いたところでは、現在薬師寺・東塔は修復工事の真っ最中やそうでして。

それにしても、歴史を感じさせる史跡・遺産が多数ある近畿エリアでも、ここのところ修復工事の真っ最中というところばかりになってますね(-_-)

現在、筆者が知る限りで
・平等院鳳凰堂(~2016/03/31予定)
・興福寺 中金堂(~2018年)
・清水寺 阿弥陀堂/奥の院~本堂
・知恩院(~2019年?)
・東本願寺 御影堂門/阿弥陀堂(~2015/12/31予定)
・姫路城 天守閣(~2014年)


あと、工事が終わったかどうか不明なのは
・伏見稲荷神社
・下鴨神社

といったところです(v.v)

うーん、こんなタイミングで修学旅行に来た学生さんは、つくづくアンラッキーなんやろうと思います・・・
今後、京都・奈良にお出かけの予定のある方は、くれぐれも訪問予定の寺院・神社のHPで事前にご確認いただくことをお勧めします。


とりあえず、山門の外から見える西塔のある景色は、写真に収めさせていただきました(v.v)
20130428-017.jpg


例によって、山門内の写メ撮影は遠慮させていただきますが、何とも神々しい薬師三尊像や、その裏側にあるインド・中国の影響を感じる台座の紋様に加え、過去の修復工事の様子も写真で掲載されていて、何とあの千手観音像の手を1本1本外して修復して(@_@;修復してはった様子などが紹介されていました。
20130428-018.jpg

そんな中で、あえて撮影してもいいだろうと判断したのが、現在工事中の東門から発見されたという、およそ千年前に使われていた釘。
意外や、場所によってさまざまな種類の釘が使われていたようで、しかもそれらのいずれもが約千年の時を経てきたとのこと!(@_@)
20130428-019.jpg


筆者も、これまでいろんな史跡・遺跡を見てきた中でつくづく実感しているんですが・・・
昔の人って計画的陳腐化なんてくだらない発想はまるで頭の中になくて、とにかくその時々で常にベストの物をぶつけて、結果それが何百年~千年に至るまでこうやって残っている・・・という、今からは信じられないような技術力の高さ+志の高さを持ってはりますよね。

ここのところ、またぞろたかが20年ほど前のバブルを思わせる風潮がほんのり漂ってきた日本ではありますが、昔の日本人は(心技ともに)こんなにレベルの高い人たちやったんや!と思いをめぐらすだけでも、最近の風潮への向き合い方も変わってくるのではないかと思います(v.v)


(「近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その13)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 橿原線 西ノ京 薬師寺 九条 千年の釘 世界遺産 古都奈良の文化財

近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その11)

今年もGWに入り、しかも休みの間はずーっとお天気がよさげな近畿地方!(^o^)

おそらく、近畿エリアの多くの方は
・オープンしたばかりのグランフロント大阪
食博2013
・二色浜海水浴場で潮干狩り♪
etc.
といった、そりゃもう関西のコテコテの定番ルートに行かれる方が多いやろうと思うんですが、人混みが嫌いな筆者は、相変わらず普段通りの路線で行きたいと思います(v.v)

かくして今日歩くのは、今年2月以来の近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線沿線。
実はゴールまで大詰めの路線なんですが、奈良の中心部に近づくに従って、いろいろ寄り道する所も多くなりそうです・・・


○近鉄郡山(こおりやま)駅(奈良県大和郡山市)

前回ラストやった近鉄郡山駅に降り立ちます(v.v)
20130428-001.jpg

実は以前からちょっと気になってたんですが、大和西大寺から南下する途中、ちょうどこの近鉄郡山駅に到着するちょっと前辺りに、お城のような建物が見えまして。
さっそく沿線を北上すると、いきなり街角にはこのような光景を見かけます。
20130428-002.jpg

何でも昔のお城の門の跡やそうで、案内板によると近くにお城の跡もあるとのことなので、新緑も鮮やかな沿線をさらに進みます。


案内板どおりに沿線を西に入り、少し坂道を登ったところで、確かに城跡らしき光景が見えてきました!(^^)
沿道のツツジもきれいな花を咲かせて、何ともええ感じの風景になってますねー
20130428-005.jpg

と、ふとお堀の方を見ると、このような立て看板を見かけます。
へぇー、筆者も聞いたことはありますが、琵琶湖でも実績のある淡水貝を養殖して、お堀の水質改善に役立ててはるようです。
20130428-008.jpg

まー確かにお堀の水、お世辞にもきれいとは言いがたい物やったんで、数年後はすっかり見違えた姿になっていることを期待しましょう。

やがて見えてきたのが追手門(梅林門)。
20130428-006.jpg

この門をくぐり、一通り辺りをブラブラしてみますが・・・残念ながらこれと言って書くべきものはありませんでして・・・
やはり、あくまで「城跡」やからでしょうか・・・

仕方なく沿線に戻り、引き続き北上します。
と、見えてきたのは筆者がよく車窓から見かけた、まさに「お城」の光景ですね~(^^)
20130428-010.jpg


(「近畿日本鉄道(近鉄)・橿原線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 橿原線 近鉄郡山

番外編(その11)

こんばんは、筆者です(v.v)

おなじみの「おもしろ写真館」のシーズンとなりましたが・・・

以前のように中断こそなかったものの、仕事で九州地方を回ることが多かった筆者。
近畿圏内での面白ネタが少なかった分、必然的に九州内のネタが多くなってしまいますがA(^^;、まあそもそもが「近畿の」という冠がない分、これも十分「想定内」ということでご容赦くださいませ!m(_ _)m


1)いろんな人がいてはりますねぇ~A(^^;

JR神戸線(東海道本線)・六甲道駅前のショッピングセンターのお手洗いで見かけた光景。
20130309-033.jpg

これまでも、
「洗面台で顔や手以外を洗わないでください!」
なんて張り紙は確かに見まして、過去のそういった「苦い経験」から掲示してはるんやと思いますが・・・
それにしても、誰が一体何の目的で、こんなところで髪を切るんでしょうか???(@_@)


2)共通点は「場所貸し」?

神戸電鉄・三田線/有馬線 花山駅近辺で見かけた、某イベントホール?の看板。
20130316-026.jpg

えー、お葬式やってる傍らで卓球なんてやっててええの???(@_@;なんて心配をよそに、なかなか堂々としたものでした(v.v)
確かに、スペースの有効利用という意味で【経営判断としては】ありの範疇やと思いますが、別に卓球やなくても、講演とかもっとおとなしめのものがあったでしょうに・・・


3)自虐ネタ?

同じくJR西日本・神戸線 住吉駅近辺で見かけた、某お店の看板。
20130309-025.jpg

どうやら釣り道具を販売されてるところみたいで、ショーウインドーにも竿など釣り具が満載に展示されていたんですが・・・ひとえに、この自虐的な名前は、何とかならんかったんでしょうか?!A(^^;


4)自虐ネタ? Part.2

JR九州 博多駅近くで見かけた、某薬局の看板。
20130212-034.jpg

九州で「ハナタレ」とは、転じて「何にもでけへん若造」の意味もあるらしいですが・・・
それでも、堂々と博多駅前の一等地に掲げますか~A(^^;


5)そもそもを知らない?A(^^;

鹿児島県鹿屋市・鹿屋バスセンターの近くで見かけた電柱看板。
20130128-045.jpg

筆者の世代はかろうじて分かるんですが、今から50年近く前に人類初の月面着陸を達成したアポロ宇宙船。
それより歴史が古いと言いたいのでしょうが、そもそもがどのくらい昔か分からなくなってるので、あまり説得力がない気がしますねぇ~


6)おなじみのシリーズです(v.v)

北近畿タンゴ鉄道・宮福線 牧駅近辺の道路わきで見かけた看板。
20121231-009.jpg

おなじみ「刻みすぎ」シリーズ?の最新作ですが、この辺り車でUターンできる場所もないし、歩きで2km以上も戻るモチベーションもなかったので、あえてこの看板の撮影のみにとどめました(v.v)


7)スロープでよかったんちゃいます?!A(^^;

JR九州 博多駅の地下街で見かけた、めっちゃ短いエスカレーター。
このくらいやったら、別にわざわざエスカレータ作らんでも、スロープでよかったんちゃいます?!A(^^;
20130212-015.jpg

数えたところ6~7段しかないんですが、実は神奈川県の川崎には「世界一短いエスカレーター」なるものがあるそうで、こちらは5段ほどになってます(ギネスブックに登録されているそうです)。
うーん、惜しい!A(^^;
http://rocketnews24.com/2013/01/10/283516/


8)ポテンシャル高い?!(?_?)

JR神戸線・芦屋駅近辺で見かけた看板。
20130116-010.jpg

うーん、普通のビルでこんな看板を見かけることはまずないのですが、これほどまでにハッキリと断りを入れてるということは、(芦屋という場所柄もあって)相当ポテンシャルの高い物件なんでしょうか???(?_?)


9)何の商品?!(@_@;

JR九州・鹿児島中央駅近辺、天文館の近くで見かけたお店のシャッター。
よくよく見ると「登録商標」ってあるんですが・・・それにしても、こんな名前の商品って、一体何???(?_?)
20130121-026.jpg


10)ご当地名産は売り切れでしたm(_ _)m

JR九州・薩摩川内駅の駅前売店で見かけたお店。
うーん、九州やから許されるのかもしれませんが、それにしても「ちんこ団子」とは、露骨な名前だ・・・A(-.-;
20130121-013.jpg

ネットで調べたところ、ここ川内市の名物お菓子とのこと。
「小さい団子」という意味のの方言がなまって、この名前になったとのことでした(v.v)

そういや、大阪市内(特に福島区近辺)では「ちんちん焼き」というお菓子(ベビーカステラ)があるんですが、こちらも焼くときの金具の音から取っているようで、いずれも意図して下ネタを狙ったもの(⇒失礼!!)ではないようです(v.v)




テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:おもしろ写真 ちんこだんご 薩摩川内駅 殺し屋参上 刻みすぎ

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その17)

○大和朝倉駅(奈良県桜井市)

長谷寺駅の高台から降り切ったところで見かけたのは、小さいながらも何ともきれいな川。
このような山がちのところになると、さすがに水もきれいになるものだと思ってますと・・・橋の欄干のプレートを見てビックリ。
「大和川?!」(@_@;
20130413-011.jpg20130413-010.jpg

大和川と言うと、筆者もJR関西本線・王寺駅付近まで遡っていた記憶はあるんですが、こんなところまで流れているなんて、いったいどんな流れしてるの???と疑問に思って調べてみたところ、この川は源流の1つで別名「初瀬川」のようなんです。

筆者もあまり理解してなかったんですが、さすが関西を代表する川の1つだけあって、流域も相当広かったんですね・・・


さて、ずっと田園風景の中を進んでいたので気づきませんでしたが、もう桜井市に入ってます。
前回、暗闇の中で到着した桜井駅の駅前で見かけた
「万葉集の里」
というフレーズが気になっていろいろ調べたんですが、実は他にもいろんな魅力あるスポットやと言うことが分かってきました。

国道165号線を進んでますと、そのうちの1つを象徴する建物を見かけます(v.v)
20130413-005.jpg20130413-006.jpg

そう、実はここ桜井市は「そうめん発祥の地」でもあるんです。
ネットで調べても、確かにここ桜井市と、歴史的なブランドである「揖保乃糸」を持っている兵庫県たつの市にメーカーが集中していることが分かります。
今や全国区で食されているそうめんも、ここ奈良県桜井市が起源やったんですねー


相変わらず沿線には田園風景が続いてますが、これまで高台を走っていた大阪線の路線も、だんだん下ってきている様子がよくわかります。
20130413-004.jpg

やがて、沿線の右手に見えてきた白山神社の境内で見かけたのは、それこそ前回桜井駅前で見かけた万葉集発祥の地と言われる所以の碑!
20130413-003.jpg20130413-002.jpg

詳細は写真に写ってる案内ボードの説明文を見ていただきたいんですが、それにしても平城京などからずいぶん離れた場所で生まれた作品やったんですね・・・
それにしても、やはり歴史があり、かつては日本文化の中心やった近畿地方、こうやって歩き回るごとに新しい発見があって、なかなか興味は尽きません!(^^)


やがて、次の大和朝倉駅に到着します。
住宅地が広がる中、奥まった場所にある駅なので、探すのにちょっと苦労しました・・・A(-.-;

次の桜井駅までの距離は2kmちょっとと、時間的には全然余裕で行けるんですが、次回には桜井駅周辺+通り過ぎた長谷寺駅周辺ではいろいろ見て回りたいスポットもあるので、少々早いですが、本日はここまでといたします(v.v)
20130413-001.jpg


<本日(2013/04/13(土)の実績>
・本日の実績   :28,366歩(22.7km)
・2013年4月の実績:128,255歩(102.6km)
・2013年の実績  :1,005,336歩(804.3km)

・訪問済路線数  :79路線/135路線(58.5%)
・訪問済駅数   :892駅/1,696駅(52.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 大和朝倉 そうめん 揖保乃糸 白山神社 万葉集 初瀬川 大和川

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その16)

○長谷寺駅(奈良県桜井市)

榛原駅から山がちの道を歩くことしばし、国道165号線を歩くコースが楽やろうと思っていたんですが、例によって側道の道の幅が著しく狭くて怖いので、沿線から少々離れますが、国道370号線を進みます(v.v)

少しばかり宇陀川の河川敷に沿って進みますが、こちらでもちょっと前までは素晴らしい桜並木が広がっていただろう(?)跡が見えますねぇ・・・
20130413-022.jpg

うーん、あちこち歩くたびに、「もう少し早く来ておければ・・・」と後悔することしきりなんですが、ともあれ今すぐになくなるわけでもないわけで、また来年以降の楽しみとしておきましょう!(v.v)


さて、榛原駅を出て筆者はずーっと沿線南側の国道370号線沿いを歩いていたんですが、沿線からはだんだん離れるし、何より山がちの地形のため起伏が激しいったらありゃしません!(x_x;

さすがにこのままではヤバいと思ったので、北上して国道165号線を目指します。
それにしても、かなりの山奥に入ってしまったんですねぇ・・・(-_-;
遥か彼方に、民家が見えるのが何より心の救いです。
20130413-021.jpg20130413-020.jpg

山道の中を進むことしばし、ようやく沿線北側に出ます。
それにしても、さんざん山道を歩き倒してきた身からすると、何ともタイトな道のりでございました・・・
20130413-016.jpg

地図では全く分からなかったんですが、ずいぶんと緩やかな坂道が続いていたんですね!
たまたまではありますが、桜井市からこの坂道を登っていたら、それこそとっくの昔にヘロヘロになっていたやろうと思うと、少しはラッキーやったんでしょうか。


沿線をさらに進むと、次の長谷寺駅の案内板が出ていたのでそちらに向かいますと・・・ここに至って、まださらに、こんな険しい坂道を登らせますか!(>_<)
20130413-014.jpg

そろそろ太もも裏の筋肉(ハムストリング)がパンパンになりつつあるなか、少々急な坂道を登りますと、ようやく次の長谷寺駅に到着します。
各駅停車しか止まらない駅ではありますが、駅前にはお店らしいお店が1、2店舗しかなく、何とも静かな光景です(v.v)
20130413-013.jpg



(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その17)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 長谷寺 宇陀川

近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その15)

○榛原(はいばら)駅(奈良県宇陀市)

と言うわけで、千年桜を後にした筆者。
ここからは、(逆行ながらも)通常の鉄道沿線ウォーキングに戻ります(v.v)

バスの時間まで30分程度あるので、せっかくなのでバスのルートをテクテク歩いてみます.

登るときは全然気づかなかったんですが、この辺り山がちの地形を生かしての「棚田」が見事ですね!
20130413-033.jpg


バス停を過ぎてすぐ、何とも雰囲気たっぷりの建物を見かけます!
20130413-031.jpg

これ、正面に回って初めて分かるんですが、瓦に「〒」の文字がしっかりと刻まれてます。
確かに、この建物のすぐ横には真新しい郵便局の手て物が建っていて、昔ここが地元の方に親しまれた郵便局やったんやろうな~という想像は簡単につきますね。
20130413-030.jpg


やはりテクテク歩いてるメリットと言うか、バスやったら一瞬で通り過ぎるであろう沿線の光景も、こうやって堪能しながら榛原駅に進みます。
それにしても、時期的には少々遅いかと思ってましたが、今まさに満開ですやん!(^^)
20130413-028.jpg20130413-027.jpg

バス路線を歩くこと約30分、さすがにバスもやってきたのでそれに乗り込み、榛原駅に到着します(v.v)
駅のコンコース?を通ってると、見かけたのはこんなポスター。
20130413-023.jpg

うーん、確かにこの辺りご当地の名勝を絵葉書etc.にする店もなく、なかなかええアイデアやと思ったんですが・・・それにしても、けっこう一苦労して訪れた佛隆寺は、実は秋の「ヒガンバナ」でも有名なスポットやったことが分かって、ちょっと残念(-_-)

ま、またこの秋にでも訪れることにしましょう・・・



(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 榛原 棚田

季節を変えておさらいシリーズ#5(その3)

佛隆寺でお参りを済ませて境内をウロウロした後、しばらくお寺の周りを巡ってみます(v.v)

千年桜の周辺には水車小屋も設けてあって、なかなかええ雰囲気を醸し出してますねー(^^)
20130413-044.jpg

この辺り、境内から参道に下る坂道になるんですが、こうやって見るといかに「千年桜」が巨大で、圧倒的なまでの花を咲かせているかが分かるかと思います。
写真を撮るにも、木のボリューム感などが十分出せて、こちらからのアングルの方がいいように思いました。
20130413-041.jpg

これなんかは、全容を捉えた写真でしょうか。
その昔、NHKはんがここから中継しはった時に、
「鳥が羽ばたつ姿」
と例えはったそうですが、さすが絶妙の表現やと、実物を見てつくづく感心した次第です。
20130413-038.jpg


一通りお寺の周辺をブラブラ散策して、いざ榛原駅に戻ろうとしたとき、帰り道を眺めて唖然!(@_@;
20130413-034.jpg

・・・周辺には、10台程度しか駐車できるスペースがないんですが、それでも収まり切れない車が何十台と延々列をなして並んでおりました・・・


(「近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線(その14)」に続く)




季節を変えておさらいシリーズ#5(その2)

緩やかな坂道を登り続けること約15分。
そこそこ遠歩き&山登りに慣れた筆者でも、ちょっと息切れしますね・・・

途中の道のりでは、このように車の行き交いにも、相当難儀してはる光景を見かけます。
20130413-060.jpg

うーん、気持ちは十分わかるんですが、こんな細い山道にまさかのワゴン車みたいなかさばる車で来るかぁ?!A(-.-;


それはさておき、相変わらずの緩やかな坂道を登り続けてますと、ようやく遠目に見えてきました!(^^)
20130413-059.jpg20130413-057.jpg

坂道をさらに登り、参道の正面に至ります。
参道入り口の小屋では、この「千年桜」の保護に向けての募金を呼びかけられていまして、この素晴らしい光景を是非とも後世に伝えたいと思う筆者は、キッチリ募金させていただきました(v.v)
20130413-056.jpg

今週末、こちらにお出かけになられる方も多いかと思いますが、やはり自分の孫子の代にも永遠に同じ感動を味わせたいと・・・思われる方も多いと思いますので、是非とも募金へのご協力をお願いします!m(_ _)m


参道の石段を登り、節々で「千年桜」を撮影します。
枝の広がり具合といい、花の付き具合といい、筆者がこれまで見てきた中で最高の1本といえるのではないでしょうか?!
20130413-055.jpg20130413-052.jpg

さらに参道を進み、山門をくぐります。
こちらでは、拝観料として\100をお支払いして、境内をしばし散策します。
20130413-051.jpg


(「季節を変えておさらいシリーズ#5(その3)」に続く)




季節を変えておさらいシリーズ#5(その1)

今日早朝の地震には少々ビックリしましたが、近畿全般でも大きな被害がなかったようなのが一安心(v.v)

というわけで、かなりいいお天気になった今日も出かけますが、JR線も昼前まで止まっていたくらいで、果たして電車がちゃんと動いているかが気がかりです・・・(-_-)


平地では、もうすっかり桜の花も散ってしまったみたいなんですが、(八重桜でもないのに)今週末が満開を迎える場所があるそうでして。
しかも、まさに今回のローテーション通りの近畿日本鉄道(近鉄)・大阪線沿線で、しかもちょうど目的にしていた榛原(はいばら)駅の近くで!(^o^)

調べたところ、バスが1日に4、5本しかないというかなり不便なところのようなので、いつもより少々早めに出かけます。


筆者としては初めて訪れる榛原駅
それにしても、めっちゃええお天気ですね~(^o^)
20130413-068.jpg

バスの時間まで少々余裕があるので、初めて訪れた駅前の商店街などをブラブラしてみますが・・・人出も少なく、何とも寂しい雰囲気なのが残念。
20130413-066.jpg

仕方なくバス停でバスを待ちますが、こうやってバスの行き先に応じた観光スポットをPRしてはります。
筆者が目指す佛隆寺の桜についても、ちゃんと掲載されてますねー
20130413-065.jpg


駅前の観光案内所で地図をもらい、奈良交通のバスで山道を進むこと約10分。
高井というバス停に降り立つとすぐに、親切にも案内板が設置してあります。
20130413-064.jpg

案内所では、
「バス停から佛隆寺までは徒歩約30分」
と言ってはりましたが、こういった緩やかな坂道を30分も登り続けるのは、ちょっと大変ですねぇ・・・(-_-)
20130413-063.jpg


道のりはほぼこういった山あいの狭い道。
おそらく、佛隆寺からの戻りとも思われる方も多く見かけますが、それよりも地元奈良だけでなく、和泉・和歌山・神戸・姫路・・・といった、近畿エリア全般のナンバーを付けた車が行き交います。
20130413-062.jpg

ただまあ、筆者のようにテクテク歩いてるからこそ味わえる楽しみもあるわけでして。
道の傍らを流れる小川が、そりゃもうビックリするくらいの清流で!(^^)
20130413-061.jpg


(「季節を変えておさらいシリーズ#5(その2)」に続く)




テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:近畿日本鉄道(近鉄) 大阪線 榛原 佛隆寺

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。