プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その14)

○宮津駅(京都府宮津市)
(北近畿タンゴ鉄道・宮津線 宮津駅 乗換駅)

市役所前の通りを歩くことしばし、ようやく北近畿タンゴ鉄道・宮福線の終着駅宮津駅に到着します!(ToT)
いやー、この3年というもの、東京への長期出張(今もだけど)だとかゲリラ雷雨に遭遇して撤退etc.書き出すとキリがないほどいろいろあって、ホンマに大変な道のりでしたが、とうとうこのブログ始まって以来、初の本州横断(縦断?)が叶いました~!!!q(>o<)p
20131231-056.jpg20131231-057.jpg20131231-058.jpg

写真でもわかる通り、まだ17時代も前半やというのに、すっかり辺りは真っ暗!
それでも、「本州縦断」の余韻を味わうべく、すぐ近くにある宮津港まで足を延ばします。


当然、向かった海も真っ暗なんですが、沖合には漁船のものと思われる灯りがチラチラ。
これって、筆者がこれまでの旅路で初めて見る日本海なんですよねー(しみじみ)。
20131231-059.jpg

さて、初めて訪れた地やし、次の電車まではしばらく時間があるようなので、駅の周りをブラブラします。
さっそく駅前のお土産屋さんで見かけたのは、ご当地名産のイカ徳利
20131231-060.jpg

(ご存知の方はご存知でしょうが)これに日本酒の熱燗入れて飲むと、イカのええおダシがお酒に浸みだして、めっちゃおいしいんですよねー(^p^)
⇒って、筆者は日本酒全然ダメなんですがA(^^;


さすがに距離が長いからか、ここ宮津駅から大阪への最終電車は19:12分とけっこう早め。
たまたまではありますが、KTRでは珍しい快速列車「大江山4号」(追加料金なしで乗車可)で福知山まで向かいます。
20131231-061.jpg

うーん、これまでKTRの列車というと、筆者と同じくらいの年代物の(⇒失礼!)列車しか見てこなかったもんですから、この車両はすごく新鮮です!
しかも、車内は丹後ちりめんのヘッドカバーがかけてあったり、バーカウンターみたいなテーブルがこさえてあったり・・・と、なかなか本格的な観光列車です!(@_@)
20131231-062.jpg

ただまあ残念なのは、2両編成で100人くらいは乗れる列車なんやと思うんですが、(大晦日の夜ということもありますが)乗客が合わせて10人もいてなかったことくらいでしょうかA(^^;


<本日(2013/12/31(火)の実績>
・本日の実績   :38,604歩(30.9km)
・2013年12月の実績:379,560歩(303.6km)
・2013年の実績  :3,647,674歩(2,918.1km)

・訪問済路線数  :90路線/136路線(66.2%)
・訪問済駅数   :978駅/1,694駅(57.7%)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 KTR 宮福線 宮津 イカ徳利 大江山

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その13)

○喜多駅(京都府宮津市)
○宮村駅(京都府宮津市)

何とか山を下り終わり、何とか日暮れまでに終着駅である宮津駅にたどり着けるよう、先を急ぎます。
日もだんだん傾いてきたところで、田んぼの中に次の喜多駅が現れます。
20131231-049.jpg

この辺りになると、もうすっかり辺りには民家やお店も増えてきて、府道9号線もだいぶ幅が広くなるので、安心しながら歩けます。
しかも、道端には
「天橋立 4km」
なんて標識を見かけるではありませんか!
20131231-050.jpg

をを、当面の目標としていたスポットまで、とうとうあとひと歩きというところまで迫りましたか!(^o^)/
さすがに今日はムリでしょうが、次回以降の沿線歩きがまた楽しみになりますねー

だんだん宮津市の中心部に足を踏み入れ、次の宮村駅の前を通過し、同じくKTRの宮津線の高架をくぐりぬけます。
ずいぶんと辺りも暗くなってきたので、せっかくの景色がちゃんと写っていないのだけが残念。
20131231-051.jpg20131231-053.jpg


宮津市役所の近くまで来たところでは、このように雰囲気たっぷりの遊歩道を通ります。
20131231-055.jpg

そういえばここ宮津も城下町で、今となっては城址すら残っていないそうなんですが、唯一宮津小学校の校門にその当時の門(太鼓門)にその姿を見ることができます。
今日は全然街中を歩けてないですが、次回以降こういった古い街並みも楽しめるのを楽しみにしております!(^^)
20131231-054.jpg


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:KTR 北近畿タンゴ鉄道 宮福線 喜多 宮村 宮津小学校

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その12)

辛皮駅前に向かう道沿いにも、おそらく数十件程度の民家を見かけるし、もちろん車も置いてはります。
ネットで見かけた「秘境駅」「辺境駅」という評判?で先入観を持っていたのかもしれませんが、そんな言うほどではないですやん!

やがて、左手奥の高台の上に、ようやく次の辛皮駅が現れます。
20131231-036.jpg

折しも、この時間帯には1時間に1本しかない列車が到着した直後のようです。
雪で覆われた景色の中を走るローカル線というのも、また何とも雰囲気ありますねぇ~
20131231-037.jpg20131231-038.jpg

それにしても、(確かに来るのに一苦労はしましたが)車で来れる駅を「秘境駅」とか「辺境駅」と言えるものなんでしょうか?
ネットなどで言われている「評判」には、正直疑問を持ちましたね・・・
20131231-040.jpg


駅周辺を一通り周り、また片道50分ほどかけて府道9号線に戻ります。
相変わらずの雪景色で、何も書くこともないままひたすら進みますが、大江山スキー場を超えたあたりから下り坂になって、少しは楽になります(^^)

1時間ほど歩いたところで、ようやく目指す宮津市の景色が見えてきますが、その先に見えてきたのは日本海!!
尼崎駅から歩き続けること約3年、少々時間はかかりましたが、とうとうこの時がやってきたんですね~!!(ToT)
20131231-045.jpg


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:KTR 宮福線 北近畿タンゴ鉄道 辛皮 日本海 辺境駅 秘境駅

京都丹後鉄道(旧・北近畿タンゴ鉄道)・宮福線(その11)

○辛皮(からかわ)駅(京都府宮津市)

辺り一面雪に覆われた山道を、引き続き進みます。
やがて右手奥に見えてきたのが、宮津市営大江山スキー場
20131231-030.jpg

山の中にあるスキー場なので、リフトもないしさすがにそんな大きなスキー場ではないんですが、こんな山道の中で数少ない目印にたどり着けただけで、とりあえずホッとします(v.v)

そういや、生まれて初めて「スキー場」という場所に来た西日本生まれの筆者。
大晦日だからか滑ってはる人はごくわずかでしたが、しばらく辺りをブラブラしておりますと、このような標識を見かけます。
20131231-031.jpg

をを、前回の最終目標だった辛皮駅への道があるではありませんか!(^o^)
ただ、片道4.4kmということは、筆者の足で往復約1時間半!
地図で確認した限りでは、けっこうな山道が続くようでしたが、どうなることやら・・・

多少時間的に余裕があるとはいえ、何とも不安な気持ちを抱えて行ってみることにします。
20131231-032.jpg


筆者が向かっている辛皮駅、Wikipediaにもあるように、一日の平均乗降客数が5人という、(筆者が知る限りで)近畿で一番の辺境駅。
地図を見たりネットでの情報を見る限りでは、何ともすごい山道の中を進んで・・・というイメージを持っていたんですが、意外や舗装された道沿いには民家も点在し、途中で車とすれ違ったりして、ちょっと拍子抜け。
辺りにはさえぎる木々も少ないので、なかなかの絶景が楽しめます(^^)
20131231-033.jpg

緩やかな山道を下り続けること約40分、ようやくKTRの路線が見えてきました~(^o^)/
20131231-035.jpg


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:KTR 宮福線 北近畿タンゴ鉄道 大江山スキー場 辛皮

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その10)

雪どけ済んだ緩やかな山道を歩くこと約15分。
右手には、二瀬川渓流というスポットが見えてきます。
20131231-011.jpg20131231-012.jpg

確かに、夏くらいになれば眺めもすばらしい渓谷なんでしょうが・・・さすがに、(飛行機マニアのくせに高所恐怖症の)筆者は、写真に写ってる吊り橋は、お金積まれてもよー渡りません!A(-.-;
20131231-015.jpg

さすがに雪山なので分かりにくい部分もあると思いますが、このあたりまた季節を改めて訪れることとしたいと思います(v.v)


さらに府道9号線を北に進んでおりますと、前回からちらちらと登場していた大江山の登山口が現れます。

諸説あるようですが、小倉百人一首の
「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立」(60番 小式部内侍)
は、この大江山のことを指しているという説が有力のようですねー
20131231-016.jpg

・・・仮にそれが真実だとすれば、筆者が当面の目標としている天橋立は、まだまだ先ってことなんでしょうか?!(T_T)


気を取り直して、先に進みます(v.v)

それにしても、抜けるように真っ青な空に映える雪山の美しさと言ったら!(^o^)
20131231-022.jpg20131231-027.jpg

ただ、歩けども歩けども同じ景色が広がってるわけで。
一面の雪原が広がる中、ええ加減飽きてきた筆者は、思い余って・・・
20131231-029.jpg

・・・一面の真っ白な雪原が広がってたら、こんなんしたくなりません?!A(^^;;;


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 宮福線 KTR 二瀬川渓流 小倉百人一首 小式部内侍 大江山

北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その9)

とうとう2013年も大詰めとなりました(v.v)

今年も近畿エリアのあちこちを歩き倒して、訪れた駅も今日の段階で970駅を超えてしまいました!
いやーそれにしても、始めた時にはここまで長く・本格的に続けられるとは思いませんでしたが、せっかくここまで来たからには、やはり
「近畿エリア全駅踏破!」
の最終目標は(何年後か分かりませんが)達成したいと思います!o(^o^)o


さて今年最後に歩くのは、今年の夏に突然のゲリラ豪雨で泣く泣く撤退を迫られた北近畿タンゴ鉄道・宮福線の沿線。
何だかんだで1年半歩き続けていますが、やはりスタート地点に行くまでが大変なのと、何より路線距離はさして長くない(30.4km)割に山道が多く、実際に歩く距離はそれよりもはるかに長くなるのが原因なんです・・・(-_-)

とはいえ、今日ひと山越えれば悲願の
「初の日本海到達!!(ToT)」
ですから、例によって早起きして出発します。


○大江山口内宮(おおえやまぐちないく)駅(京都府福知山市)

乗り継ぎ駅である福知山駅に降り立ったのがお昼前。
さすがに、駅前にも先日までの寒波の影響が残ってますねー
20131231-001.jpg

ところで、駅舎内の壁に見かけたのがこの掲示。
そうやー、今年は夏の花火大会での爆発事故、その後の台風による大水害・・・など、ご当地にとっては何とも大変な年でしたね・・・
来年はよい年になりますよう、お祈りしております!!
20131231-002.jpg


さて、前回は大江山口内宮駅からの山道の途中で、福知山市営バスに助けられた筆者。
大江駅からは、前回ラストやった青少年センターの停留所までバスで向かいます(v.v)
20131231-005.jpg20131231-007.jpg

筆者も最近知りましたが、ここ福知山に限らす地方の乗合バスではこういった大型ワゴンタイプのバスが多く、しかも実に安い値段で運行されているようですねー


青少年センターのバス停に降り立つと、道路には除雪されたばかりの雪が!
太陽が照っていてさほど寒さは感じないのですが、プールは思い切り凍っております(x_x;
20131231-008.jpg

さらに山がちの道を進むと、とうとう辺り一面が雪景色となってきました。
そういや、4年間あちこちブラブラしていて、こんなガッツリの雪景色の中を歩いたんは初めてですね!
20131231-009.jpg


(「北近畿タンゴ鉄道・宮福線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:北近畿タンゴ鉄道 宮福線 KTR 大江山口内宮 福知山 雪景色 大江山

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その14)

○近江八幡(おうみはちまん)駅(滋賀県近江八幡市)
(近江鉄道・八日市線 近江八幡駅 乗換駅)

辺りもすっかり暗くなった中、引き続き沿線を進みます。
さすがに気温も下がり、道端で見かけた気温計は4℃を指しております(x_x;
20131229-055.jpg

それにしても、歩道のない暗い道はめっちゃ怖い!
車の通りが絶えることもなく、かなりビクビクしながら進んでおりますと、ようやく近江八幡駅前の街の明りが見えてきます。
20131229-056.jpg

よかった、ようやく歩道が現れて、これで安心して歩けます(v.v)


やがて、すっかり真っ暗な近江八幡駅に到着です。
うーん、冬至近くとはいえ、17時半でここまで真っ暗になりますか・・・
20131229-057.jpg

ところで、ここ近江八幡はまさに近江商人発祥の地。
筆者も以前訪れたことがありますが、古い建物や街並みが何ともええ風情を醸し出しているんです(^^)
20131229-059.jpg


街中歩きは次回の楽しみとして、家路につきます。
駅の売店で見かけたのは、ご当地近江八幡名物の「赤こんにゃく」
聞くところでは、ハデ好きの織田信長の命によって作られたものだそうですね。
20131229-060.jpg

ホームで大阪行きの新快速電車を待っていますと、筆者が乗る予定の電車は・・・何と播州赤穂行き?!(@_@;
滋賀県の真ん中くらいから大阪を経て兵庫県の西側まで行く、すんごい電車もあるんですね・・・
20131229-061.jpg


<本日(2013/12/29(日)の実績>
・本日の実績   :35,224歩(28.2km)
・2013年12月の実績:339,331歩(271.5km)
・2013年の実績  :3,607,445歩(2,886.0km)

・訪問済路線数  :90路線/136路線(66.2%)
・訪問済駅数   :974駅/1,694駅(57.5%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 近江八幡 赤こんにゃく 織田信長

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その13)

○篠原駅(滋賀県近江八幡市)

野洲駅を後にして、沿線をさらに進みます。
辺りには田んぼや山が広がる中、ぼちぼち日も傾いてきてきました・・・
20131229-045.jpg

やがて右手には、東海道新幹線の路線も見えてきますが・・・周りが田んぼだけだからか、防音壁がないんです!(@_@;
この辺り駅もないんで、おそらくトップスピード近くで飛ばしてるでしょうが、おかげで辺り一面ジェット機みたいなすんごい轟音が響き渡っています・・・


かくして、田んぼの中の道をテクテク進みます。
大阪市内を起点として近畿エリア+αを歩き倒すこと約四年、ずいぶ都心部から離れたからか、今年はこんな光景を見ることが多いこと!
20131229-048.jpg

やがて、本日5番目の街・近江八幡市に入りました!
すごい、1日に5つの街を歩き倒したって、これまでになかったんやないでしょうか???
20131229-049.jpg


県境の標識から程なく、おもっきり辺りが薄暗くなっている中、次の篠原駅に到着します。
本当は、もうここで大阪に帰ろうかとも思ったんですが、たまたま駅の出入り口が反対側やったしA(^^;、何より次の近江八幡駅まではさほど距離がないとうのは分かってたんで、しばらく駅周辺をブラブラした後でさらに先に進みます(v.v)
20131229-051.jpg


(「JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 篠原駅 新幹線

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その12)

○野洲駅(滋賀県野洲市)

守山駅前をしばらくブラブラした後、引き続き沿線歩きに戻ります。
やはり一昨日までの大寒波の影響はところどころで見かけて、凍結防止剤が残っていたり。
20131229-030.jpg

建物の合間から見える琵琶湖対岸の山には、しっかりと雪が残っていたり。
20131229-033.jpg

たまたまではありますが、お天気もいいしさほど寒くもないし・・・で、まさにええタイミングで来たわけですねー


さて次の野洲市に入って、沿道ではこんな壁画?を見かけます。
20131229-036.jpg

筆者も知らなかったんですが、昔歴史の教科書に出ていた「銅鐸(どうたく)」が、ここ野洲市で多数発見され、中には1mを超える大物もあったとのこと。
発掘された銅鐸は野洲市の歴史民俗博物館に展示されているそうですが、あいにく年末のため今日は休館(-_-)

自分で勾玉を作ったり、という体験コーナーもあるそうで、なかなか楽しそうな施設なんですが・・・また機会を改めて訪れることにします。


やがて、次の野洲駅に到着します。
JRはんの新快速電車の行き先としてよく耳にしますが、ここがそうですか!
ずいぶんと遠いところまで来たものです(v.v)
20131229-037.jpg

こちらも、駅前広場にはイルミネーション。
草津、守山、野洲・・・と見てきましたが、やはりそれぞれ個性があって、こちら野洲駅のものは雪原をイメージしたもののようですねー
20131229-038.jpg


例によって駅の周りをブラブラしておりますと、いくつか見かけるのがこんなのぼりや看板。
中には、2、3千円という凄くリーズナブルな価格で、近江牛の焼き肉が食べ放題なんてお店もあったりします(@_@;
20131229-041.jpg

前回も思ったんですが、さすが近江商人の土地柄!
ホンマに商売成り立ちますの?!と思うような、何とも大胆なサービスですねぇ(@_@)


(「JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その13)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 野洲 銅鐸 近江牛

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その11)

○守山駅(滋賀県守山市)

引き続き沿線を進み、次の守山駅に到着します。
20131229-020.jpg

そういえばしばらく触れてませんでしたが、実は大津辺りから、エスカレーターでの立ち位置は左側が主流になってまして。
ここ守山でも、見かける人はほとんど左側に立ってます。
20131229-023.jpg

うーん、ということは近畿エリアで京都市街地だけが左乗りというわけではなく、京都(おそらく京阪・中書島駅周辺)を境目にして左右が分かれてるということなんでしょう。
近畿のあちこちを歩き回るうち、だんだん謎が解けてきました(^^)


本題に戻ります(v.v)
守山駅の駅前広場には、最近静かなブームになっているビオトープが設けられていて、そちらにもやはりイルミネーションが飾られています。
こちらは電源施設か何かだと思われますが、「冬ホタル」なんてなかなか粋な名前やないですかー
20131229-024.jpg

そういえば、ここ守山市はホタルが有名なところ。
マンホールデザインにも、きれいなホタルが描かれておりますねー(^^)
20131229-021.jpg


(「JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 守山 ビオトープ エスカレーター ホタル

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その10)

○栗東(りっとう)駅(滋賀県栗東市)

栗東に入ってふと沿道を見ると、何とも変わった形の車止め。
最初は砲弾?とも思いましたが、よくよく見るとヒレのようなものがついていて、しかも顔まで!
20131229-009.jpg

おそらく滋賀県の名産であるアユをかたどってあるのだろうと思うのですが・・・


草津駅から歩くこと約20分ほど、次の栗東駅が見えてきます。
JRはんの駅舎にしては、何とも斬新なデザインの駅舎ではないですか!(⇒失礼!)
20131229-014.jpg

駅舎に近づいてさらにビックリしたのが、駅舎のすぐ真下に割引切符の自販機!
20131229-015.jpg

ええっ、こんな露骨にやっていいもんなんですかねぇ?!A(^^;;;
確かに、便利は便利やけど。


ところで、競馬好きの方ならご存知でしょうが、ここ栗東は競走馬のトレーニングセンター(JRA栗東トレーニング・センター)があるところ。
定期的に中を公開したり、イベントなども行われているようですが、さすがに今の時期は立ち入りできないようなので、JR西日本・草津線の沿線を歩く折にでも改めて訪れたいと思います(v.v)

栗東駅の周辺をしばらくブラブラしてみますが、辺りはすっかり住宅街&商業地。
書くべきネタを探しておりますと・・・やっぱり、一昨日までのすんごい寒波の跡がまだ残ってますね。
20131229-012.jpg


(「JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その11)に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 栗東 割引切符 トレーニング・センター

JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その9)

何だかんだあった2013年も、残すところあと3日。
帰省ラッシュでもみくちゃにされることもなく、何とか無難に大阪に戻り、久々に大阪のテレビ番組のクオリティの高さに感動している筆者です(v.v)

そんな今日歩くのは、今年の夏以来のJR西日本・琵琶湖線(東海道本線)
乗車時間も片道1時間を超え、ぼちぼち「青春18きっぷ」を使う効果も見え始める路線ですA(^^;

それにしても、昨日までの大寒波のせいで、彦根辺りまでは大雪に見舞われていたとのこと!(x_x;
今日どこまで行けるか分かりませんが、その辺りを気にしながら出発します・・・


○草津駅(滋賀県草津市)
(JR西日本・草津線 草津駅 乗換駅)

前回、関西圏では珍しいゲリラ豪雨に襲われ、何とかたどり着いた草津駅に降り立ちます。
前回は真っ暗&雨の中たどり着いた駅ではありますが、晴れた日の昼間の駅前はこんな感じ。
20131229-001.jpg

今の時期だからかもしれませんが、駅前には様々なイルミネーションの細工が施してあります。
ただ、これって明らかにサボテンですよねぇ?(?_?)
20131229-002.jpg

サボテンのイルミネーションってどんなんやらと疑問に思いながら、駅前をブラブラしてみます。
駅前には、近鉄百貨店をはじめとしてさまざまな商業施設が広がっているのですが、やはりチェーン店などが増えてきたせいか、さして真新しい光景を見かけることもなく(-_-)


仕方がないので、沿線歩きに戻ります。
しばらくすると一面の住宅街が広がってるんですが、そんな中でいきなり現れた標識。
20131229-004.jpg

おお、つい前回東海道と中山道の分岐点を見つけたばかりやったんですが、知らないうちに中山道を進んでたわけですね。


それにしても、心配していた雪の影響もまったくなく、何とも抜けるような青空!(^o^)
引き続きテクテク歩いておりますと、ほどなく次の街・栗東市に入ります。
20131229-006.jpg20131229-007.jpg


(「JR西日本・東海道本線(琵琶湖線)(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 草津 栗東 中山道

東武東上線・川越周辺(その2)

川越駅から歩くこと、かれこれ15分ほど。
街歩きに慣れた筆者でも、そこそこええ距離歩いた!と思いだしたとこで、大正浪漫通りという通りに差し掛かります。
20131223-034.jpg

道の舗装も石畳になって、何か雰囲気出てきたやないですか!(^o^)


かくして進んでおりますと、道端に見かけたのは川越・熊野神社の鳥居。
20131223-033.jpg

熊野神社自体は全国あちこちにあると思うんですが、ふと境内で見かけたのがこれ。
さまざまな大きさの石が埋め込まれている、名付けて「足踏み健康ロード」
20131223-032.jpg

筆者が通りがかった時も、お姉ちゃんがキャーキャー言いながら歩いておりましたが、確かにこの寒い中ここを歩くのは、さすがに応えますわねぇ~A(^^;


やがて、沿道には歴史を感じる建物が増えてきます。
筆者がこれまで近畿エリアで見てきた古い街並みとは違って、延焼を防ぐために蔵造と呼ばれる、独特の造りの建物となっています。
20131223-026.jpg20131223-021.jpg

筆者がこれまで歩いてきた「歴史的な街並み」もそうでしたが、やはりここ川越でも、郵便局までこういった外装を施すという徹底ぶりで!(@_@)
20131223-016.jpg


(「東武東上線・川越周辺(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:東武鉄道 東上線 川越 大正浪漫通り 小江戸 熊野神社

東武東上線・川越周辺(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

東京に仮住まいしてから早一か月。
当初は、めっちゃ浮いていた下北沢の街の雰囲気にもようやく慣れA(^^;、初めてこちらで迎える連休。

まーなんだかんだ言って、新入社員時代+過去4回にわたる長期出張(うち2回はブログに書いてないほど昔やけど)で東京23区内の主だったところは一通り回ったし、そろそろとんでもない人ごみにはうんざりなんで、ぼちぼち東京郊外の光景を楽しもうかと思います(v.v)

かくして本日訪れたのが、昔から行ってみたかった東武鉄道・東上線川越駅
昔ながらのたたずまいが残された「小江戸」とも称される街並みを、じっくり楽しもうかと思いまして!


○川越駅(埼玉県川越市)
(JR東日本・川越線 川越駅 乗換駅)

かくして、川越駅に到着です。
昼過ぎくらいに仮住まいの家を出たんですが、何だかんだでもう15時回ってるやないですか!(-_-)
20131223-039.jpg

ネットの「乗換案内」では1時間ちょっとってことで油断してましたが、やはり遠くに出かけようとすると、何やかんやで時間がかかるんですねぇ・・・


さて、駅中の観光案内所でいただいた地図を頼りに、川越駅前の目抜き通りであるクレアモールと、そこに隣接する車道を行き来しながら進みます。

いやー連休最終日だからか、こちらも人出はめっちゃ多いんですが、渋谷付近のようにスマホいじりながら人ごみの中をダラダラ歩く・・・というアホ丸出しの奴らはほとんど見かけません。
正論で考えたら何とも理解に苦しむ現象なんですが、やはり「類は友を呼ぶ」で、そういった連中はそういったスポットに群れるんでしょうかねぇ・・・(-_-)


ともあれ、駅から人ごみをかき分けながら歩くこと約10分。
川越市が設立しはった「小江戸蔵里」というスポットに立ち寄ります。
20131223-036.jpg

例によってご当地・川越の名産品、特にサツマイモや昔ながらの酒蔵で作った日本酒などが並べられていて、館内では川越産の野菜を使った料理も提供されているようです。
しばらく辺りをブラブラさせていただいて施設を後にしますが、その直後に道端で見かけたのがこの看板!
20131223-035.jpg

確かに、ご当地川越はサツマイモが名産品らしいんですが、何でもご当地名産品を入れりゃええってもんでもないんじゃないの?!と、これまで同じような光景を山ほど見かけた筆者は思った次第です(v.v)


(「東武東上線・川越周辺(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:東武鉄道 東上線 川越 小江戸 サツマイモ 小江戸蔵里

東京急行電鉄(東急)・田園都市線(その1)

東京への長期出張も、早いもんでやがて1ヶ月。
ここ東京も、一段と冷え込みが増してきました・・・(x_x;

相も変わらず、東京キー局の週末のテレビは全然おもろないんで(-_-;、例によって街ブラの旅に出かけます(v.v)
こちらも例によって(?!)、筆者の仮住まいから近いところから攻めていこうということで、本日歩くのは東京急行電鉄(東急)・田園都市線


筆者をはじめとする関西人にとって、東京の鉄道会社なんて全然関係ない!と思いがちなんですが、例えば
・江坂や心斎橋にある雑貨店・東急ハンズ
・阿倍野・尼崎・箕面にある巨大ショッピングモール「Q's Mall」(キューズモール)

は、すべて東急はんの系列。

そういう意味で、関東の鉄道会社の中では、私ら関西人には一番なじみの深い鉄道会社かもしれません(v.v)(⇒無理くり?)


○渋谷駅(東京都渋谷区)
(JR東日本・山手線、東京急行電鉄(東急)・東横線、京王電鉄・井の頭線、東京メトロ・銀座線/半蔵門線/副都心線 渋谷駅 乗換駅)
○池尻大橋駅(東京都世田谷区)

本日もまた、昼下がりの渋谷駅前をスタートします。
まーいつものように、ここに関してコテコテの関西人である筆者があれこれ書くのもどうかと思いますんで、詳細はあまたある他のブログに譲るとします(v.v)

ただまあ「渋谷」というと、二昔ほど前の待ち合わせ場所は「ハチ公の銅像前」やったんですが、さすがに分かりにくいし人もめっちゃ多いんで、こちらの「緑の電車の前」ってのが、一番適切な場所ではないかと。
20131208-019.jpg

ちなみにこの電車、昔実際に東横線や多摩川線を走ってた列車だそうで、熊本など地方に行けば、まだまだ現役で走ってるそうです!(@_@)
http://news.mynavi.jp/series/trivia/016/


さて、沿線に忠実に進むと、首都高3号線脇の、緩やかながらも長い坂道をえっちらおっちら登らねばなりません(-_-)
ただまあ、この辺りに住んで仕事してる者にとっては、こういった坂の上り下りは「当然あるもの」と思わなければ、とても生活できません・・・
20131208-018.jpg


筆者の足で10分ほど歩くと、坂道もひと段落して、何ともいかつい?ビル群が現れます。
このあたり、仕事のお昼休みにブラブラしてますが、特にこの季節風がすごいんですよねぇ・・・(x_x;
20131208-017.jpg

高層ビル群を通り抜けると、スーパーがあったり個人経営の飲み屋があったり・・・と、いきなり庶民的な街並みが広がります。
沿道では、こんな年代物の防火用水が何気に置いてあったりします。
20131208-016.jpg

やがて、お店や住宅がすっぽり途絶えたかと思ったら、このような遊歩道(「みどりの散歩道」)が!
案内図によると、筆者が先日歩いた京王電鉄・井の頭線の駒場東大前駅周辺まで続く道だそうで、こんな都会のど真ん中にでも、そこそこの規模の遊歩道が設けてあるのが東京らしいところです。
20131208-015.jpg20131208-014.jpg


この田園都市線、地図で予習したところでは渋谷からずーっと地下を走る路線の模様。
ほどなく、その1つ目の駅である池尻大橋駅に到着です(v.v)
20131208-013.jpg


(「東京急行電鉄(東急)・田園都市線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:東京急行電鉄 東急 田園都市線 渋谷 池尻大橋 坂道

京王電鉄・井の頭線(その3)

○池ノ上駅(東京都世田谷区)
○下北沢駅(東京都世田谷区)
(小田急電鉄・小田原線 下北沢駅 乗換駅)
○新代田駅(東京都世田谷区)

相変わらずの住宅街の中を進む中、ほどなく次の池ノ上駅に到着します。
20131201-017.jpg

特に書くべきネタもないまま沿線を進み、やがて先日通りがかった工事中の下北沢駅の高架が見えてきました。
20131201-018.jpg

それにしても、筆者も毎日通勤で使ってる中で、あの狭い道を大型ダンプはガンガン通ってるし、こうやって工事中のため迂回路が多いし・・・で、結局今何がどうなってるのかわからないんですが、路線跡には小田急線の駅舎が作られるようですね。
http://www.shimochika-navi.com/index.html

下北沢の駅周辺は、まー今後ちょこちょこ触れることもあるかと思いますので、今日のところは素通りします(v.v)
それにしても、渋谷からの道のりはこういった登り下りの連続でして、こういうのが足にジワジワ来るんですよねぇ・・・(x_x;
20131201-020.jpg


路線は知らないうちに谷になった部分を進むようになります。
ほどなく、次の新代田駅に到着しますが・・・ホンマにこの辺り、住宅街と個人商店が多くて、書くべきネタがなくて、ただただ通過駅の情報だけ書いてる気がします・・・
20131201-021.jpg20131201-022.jpg

この新代田駅、駅の入り口は西向きなんですが、やはり西日がきついからかスクリーンを張ってはりますねー


(「京王電鉄・井の頭線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 井の頭線 池ノ上 下北沢 小田急 新代田

京王電鉄・井の頭線(その2)

○駒場東大前駅(東京都目黒区)

かくして、しばらく住宅街の中をテクテク進みます。
それにしても、坂の上り下りは多いし、前にもちょっと書いたように路地がめちゃくちゃ入り組んでるんで、ホンマに「鉄道沿線ウォーキング」にはめっちゃ不向きな路線だと、薄々感じてきました・・・A(-_-;

やがて見えてきたんは、何ともうっそうとした木々に囲まれたエリア。
20131201-008.jpg

どうも関係者以外立ち入り禁止みたいなんで、当たり障りのないように沿線のほうに回り込んでみますと、ほどなく次の駒場東大前駅に到着します。
20131201-010.jpg

この駅、文字通り東京大学の駒場キャンパスのド真ん前にある駅。
これまであまた「○○大学前」駅を通り過ぎてきた筆者にとっては、世間でいうところの「最高学府」とやらの駅前の光景には興味があったんで、駅前の通りをブラブラしてみますが・・・

これまでよく見かけたパターンとは異なり、
・バイク屋や居酒屋、カラオケショップが極端に少ない!
・学生用の集合住宅なども、そこそこ少ない!
・飲食店がまず少ないし、「大盛りメニュー」を提供しているような飲食店なんてほぼ皆無

といった具合で、少々拍子抜けしてしまいました・・・(-_-;

えー、まさか合格するまでもあくせく勉強してんのに、合格してからも勉強漬けですかぁ?!(@_@)
かなり「ゆるい」学生生活を送ってきた筆者にとっては、そんな学生生活、何が楽しいんやろと思ってしまいますが・・・(⇒あくまで個人的な意見です)。


さて、ちょっと趣を変えて、沿線の北側をブラブラしてみます(v.v)
東京大学のキャンパスの合間を縫うように、目黒区が定めた「みどりの歩道」が伸びてまして、筆者もそれに沿って進みます。

やがて左手に見えてきたのは、日本民芸館の建物。
20131201-012.jpg20131201-013.jpg

筆者も後から知ったんですが、主に古くからの伝統工芸品や日用雑貨を展示してはる施設だそうでして、戦前の大衆文化を知るには非常に興味深いコレクションを収めているとのこと。
筆者もそこそこ興味のあるジャンルではあるし、何せご近所なんで、近いうちに訪れたいと思います(v.v)


「みどりの歩道」を通り抜け、実は筆者も徒歩で通勤したことのあるルートに出ます。
国道などの標識がないということは、もしかして一般道?

ともあれ道を西に進んでおりますと、見かけたのは某ラーメン屋の前にできている大変な行列!(@_@;
さすがに真正面から撮影する勇気はなかったんでA(^^;、振り向きざま撮影したりしてます・・・
20131201-014.jpg

筆者もそこそこ東京には来てますが、東京でラーメンのおいしいお店(⇒ただし、ボリュームや脂肪分たっぷりのコテコテの濃厚さをウリにしたお店は論外ですが・・・)って、正直「皆無」なんですよね・・・(-_-;
もちろん、「ラーメン○郎」だとか雑誌で有名なお店も何件も行きましたが・・・やっぱり関東と関西の食文化の違いか、ダシが利いてないところが多くて、何か味に「奥行き」がないようで・・・

これは、あくまで関西人である筆者の感想ではありますが、この寒い中わざわざ行列作ってる人たちには、是非とも和歌山・井出商店のラーメンなど、関西系のラーメンもぜひ体験していただければと思います(v.v)


引き続き道を西に向かって進んでますと、見えてきたんはまさに東京大学の校門!
20131201-015.jpg

さすがに休日だからか閑散としてました・・・


(「京王電鉄・井の頭線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 井の頭線 駒場東大前 日本民芸館

京王電鉄・井の頭線(その1)

ようやく東京での仮住まいにも慣れてきたところで、ぼちぼちこちらでも鉄道沿線歩きを再開したいと思います(v.v)

とりあえずは身近なところから、筆者が通勤でも使ってる京王電鉄・井の頭線
これまでそこそこの回数&機関東京に住んでいた筆者にとっても、実は京王線はほとんどなじみがありませんで!A(^^;

まーそんな具合なんで、途中いろいろと新しい発見があることを期待しながら、普段から見慣れた渋谷駅に向かいます。


○渋谷駅(東京都渋谷区)
(JR東日本・山手線、東京急行電鉄(東急)・田園都市線/東横線、東京メトロ・銀座線/半蔵門線/副都心線 渋谷駅 乗換駅)
○神泉(しんせん)駅(東京都渋谷区)

というわけで、休日の渋谷駅に降り立ちます(v.v)
20131201-001.jpg

まー今さらここについて、コテコテの関西人である筆者があれこれ言うところもないし、その他あまたあるブログだのSNSだのでさんざん伝えられてると思うので、詳細はそちらにお任せするとして、筆者は黙々と沿線歩きをスタートします。


井の頭線はしばらくトンネルの中を進むような状態になるんですが、筆者もそれに追随する形で、渋谷のスポットとして有名な道玄坂をえっちらおっちら登ります。
20131201-002.jpg

まーこのくらいの傾斜が約1km位にわたって続いてるんですが、今日は平日に比べてまだまだ人出が少ない!(-_-)
いつも愚痴ってますが、こんだけ人口密度高い場所でスマホいじりながらアホ丸出しでちんたら歩いてる連中があまりにも多くて、イラチ(=せっかち)な関西人である筆者にとっては、非常にストレスたまるエリアですA(-.-;


道玄坂をしばらく登って、裏手の道に入ります。
ようやく人も少なくなって、快適に歩けるようになります!(^^)
20131201-005.jpg

筆者は、どちらかというとこの辺りでランチすることが多いんで、普段からなじみのある光景ではあるんですが、やがて住宅街のど真ん中に次の神泉駅が現れます。
20131201-006.jpg

それにしても、坂の多いこの辺りは、飲食店街を一歩入るともうすでに閑静な住宅街。
電柱に貼ってある不動産の広告とか見ても、どえらい金額のものが多くて、(確かに便利ではあるけれど)生活するには結構大変なエリアなんやろうなーなどと思いながら、相変わらずの坂道を進みます(v.v)
20131201-007.jpg


(「京王電鉄・井の頭線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 井の頭線 渋谷 神泉 道玄坂

関西人 in 東京 Season3(イントロダクション)

こんばんは、筆者です(v.v)

最近、アベノミクスの影響で景気が上向き加減になりつつあるのは重々承知ではありますが、実際のところ、それが大阪のような地方都市まで波及しているかと言われれば、思い切り「?」な状態でしてA(-.-;

かくして、筆者も仕事を求め、約2年ぶりの東京への長期出張と相成りました(T_T)
職場が渋谷ということで、今回筆者が仮住まいを設定したのは、これまで名前はずいぶ聞いたことあるけど、一度たりとも訪れたことも住んだこともない下北沢
初めての土地でもあるので、まずは仮住まいに少しでも役立つスポットを探るべく、駅周辺をブラブラしてみます(v.v)


筆者の仮住まいから徒歩約10分。下北沢駅の北口に到着しますが、なんやら思い切り工事モードですねぇ・・・
20131130-002.jpg

それもそのはずで、筆者が新人の頃使っていた小田急・小田原線(当時は地上駅)が、思い切り地下に潜ってしまってるんです!(@_@)
しかも、地下駅が開業したんは、今年の3月というではありませんか!
20131130-006.jpg

今や、小田急線が通っていた跡地をあれこれやってはる最中みたいですが、筆者が通勤で使っていた頃(⇒約25年前)も「複々線化!」なんて躍起になってた路線ですが、やはり地価の高いこの辺りを買収するのは相当難儀されたようですねぇ・・・


それはさておき、引き続き駅の周りをブラブラします(v.v)
ウワサには聞いてましたが、小じゃれた小物や古着などを売ってるお店が軒を並べていて、しかもケチな関西人であるA(^^;筆者でさえも、そこそこお手軽に思える値段のものが多いんです。
中には、こんな感じで塀に直接商品を展示してるお店もあったりします・・・
20131130-004.jpg

その他、居酒屋やドラッグストアなど、おなじみのチェーン店が軒を並べている中で見かけたのが、筆者の通勤経路にあるお好み焼き屋「かりふわ堂」はん。
20131130-003.jpg

Season2でも、関東で「関西風」を名乗ってるお好み焼き屋って数多く見かけて、思い切り雰囲気倒れというところも多々あったんですが、ここはなんたってコテコテの大阪出身、ミュージシャンのつんく♂がプロデュースしたお店とのこと!
玉ねぎも淡路島のを使ってるそうで、なかなか頼もしいやないですか~!!(^o^)
ぜひぜひ、近いうちに訪れたいと思っております。


引き続き駅周辺をブラブラして、京王電鉄の路線を渡り南口に至ります。
なんだか、北口よりも思い切り開けてる分、何だかごちゃごちゃしておりますが・・・

そんな中で見かけたのがこれ。
20131130-001.jpg

えっ、「ひょうたんアート」の教室を、週2で開いてはるとな・・・


何ともバリエーション豊富な文化を持つ街なんですねぇ・・・
これから約半年間、さらにどれだけディープなところを探れるかが、楽しみではあります!(^^)

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京王電鉄 下北沢 つんく♂