プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代が、やっと追いついたぜぃ?!

こんばんは、筆者です(v.v)
ここんち、めっちゃ「春!!」らしい気候が続いてますよね~(^o^)

ところで約2週間前、筆者がまだ渋谷で仕事してる頃、東京キー局の朝の情報番組で
「今、マンホールが静かなブーム!」
なんて報道やってまして。

普段マスゴミ、特に芸能や情報バラエティと呼ばれるジャンルの報道には相当手厳しい筆者ではありますが、この報道ばかりは
「ようやく時代が、おいらに追いついたか~(^o^)♪」
などと、一人悦に入っております(v.v)


とはいえ、その報道によると20年来の収集家や、果ては学会まであるとのこと!
うーん、さすがにあちこちブラブラしてる「副産物」で手に入るもんなんで、筆者にはそこまでの執着 or 根性はないんですがA(^^;;;、まーそれでも、こと近畿エリアに関しては、普段あまり人が歩かないところも自らの足でブラブラしてる分、あちこちのサイトが掲載してはるものより、けっこうレアなものはコレクションできてると思います(^^)v

まだまだ近畿エリアでも未踏の地があるんで、新しいものを見つけ次第またUpできればと思っております(v.v)


というわけで、更新情報!

○近畿のマンホールデザイン展(大阪府)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=7408240418035364

○近畿のマンホールデザイン展(兵庫県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=8136008992830497

○近畿のマンホールデザイン展(京都府)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=3219092986520329

○近畿のマンホールデザイン展(奈良県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=9516982074824191

○近畿のマンホールデザイン展(滋賀県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=2040592670811236

○近畿のマンホールデザイン展(和歌山県)
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=3594308052799239

○その他のマンホールデザイン展
https://lumixclub.panasonic.net/smart/gallery/album/?a=7956773479808903



スポンサーサイト

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:マンホール 近畿

JR西日本・琵琶湖線(その20)

○能登川駅(滋賀県東近江市)

すぐ目の前まで来ていながら安土城跡を訪問できなかったショック?からも立ち直り、引き続き沿線の道を進みます。
と、ほどなく東近江市に入ったではありませんか!(^o^)
20140323-068.jpg

思い返せば、去年のGWのゲリラ雷雨の中滋賀県入りして、これで7つ目の街。
東京に長期出張してたり、思っきり「青春18きっぷ」の時期しか動けてなかったりA(^^;・・・とありましたが、それでもずいぶんと遠いとこまで来たもんです(v.v)


引き続き沿線を歩いておりますと、比較的大きな道路と交わる高架橋の下あたりに、なにやら水車らしきものが!(?_?)
20140323-072.jpg

立体交差を回り込んで近寄ってみると、やはり水車!
どうも、すぐ脇にあるトンネルの開通記念で作られたオブジェのようですね。
20140323-073.jpg

ただまあ、水を注ぎいれる口が少々低いため、しばし止まってはまた回り・・・という、何ともぎこちない動きですねぇA(^^;
もう少し注水口が高い位置にあれば、そこそこスムーズに回っていただろうに、ちょっと残念。


さらに沿線を進みます(v.v)
これまでの田園風景から打って変わり、民家などもけっこう現れてきた沿道で見かけたのがこの伊庭御殿遺跡
20140323-076.jpg20140323-075.jpg

説明文によると、江戸時代の初期に、徳川家康が東海道を往来する人足の休憩場所として設置した、いわば「休憩所」のような場所やったそうです。
現在でも、敷地内にはベンチなど据えつけてあり、十分「休憩所」としての目的は果たせるかと思うんですがA(^^;、それでも今回たどってるルート、歴史好きな人にとってはメチャメチャ楽しめるルートですよね!

以前、和歌山・広川ビーチ駅のエントリーでも書きましたが・・・とかく一般の人は、近畿の遺跡・史跡というと奈良・京都をイメージしがちなんでしょうが・・・

筆者がまだまだ開拓できてない滋賀や和歌山といったエリアにも、何とも魅力的な遺跡・史跡がこのように多数残されていて、これからまだまだ新しい発見ができそうで楽しみです!(^o^)


さて、しばらく沿線を歩いたところで、次の能登川駅に到着します。
割と大きな駅舎の割に、駅前は少々さびしい雰囲気のところでして・・・
20140323-081.jpg

次の新快速まで少し時間があるんで駅前をブラブラしてますと、駅前の街灯には水車のモチーフが!
20140323-082.jpg

詳細なリサーチについては次回にゆだねるとして、やはりこの辺りのエリア、水車に何かしら深い縁のあった土地なんでしょうかねぇ???(?_?)


<本日(2014/03/23(日)の実績>
・本日の実績   :28,101歩(22.5km)
・2014年3月の実績:296,951歩(237.6km)
・2014年の実績  :859,107歩(687.3km)

・訪問済路線数  :91路線/136路線(66.9%)
・訪問済駅数   :982駅/1,692駅(58.0%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 能登川 水車 伊庭御殿遺跡

JR西日本・琵琶湖線(その19)

安土駅を後にして、せっかくなんで安土城跡に向かいます(v.v)

つい昨日、明石市内で見かけたローカル路線バスの路線は、さすが海の幸が豊かな場所だけあって海産物がバス路線の名前となってましたが、ここ近江八幡では、まさかの赤こんにゃく?!(@_@;
20140323-061.jpg

うーん、地元で何がしか特徴のあるものを生かしたい気持ちは分かるんですが、さすがに「こんにゃく」をテーマにしたバスってねぇ!A(^^;


県道2号線を進むこと約15分、安土城跡がある山が見えてきます!
20140323-063.jpg

ただ、ここからはだいぶ回り込まねばならなくて、さらに10分ほど歩いたところに、ようやく安土城跡の入り口が見えてきます。
20140323-064.jpg

入り口近くにある休憩所では、このように当時の安土城の天主を復元した模型が展示されてます。
本能寺の変で、築城からわずか3年余りで焼け落ちてしまった「幻の城」なんですが、天主内は絢爛豪華やったという話が残ってるようです。
20140323-065.jpg


さて、この時点で時間は16時45分ほど。
一般の観光施設は17時閉門が一般的なんで、何とかギリギリ間に合ったと思っておりましたが・・・ここ安土城跡は16時半が閉門時間!(T_T)
目の前まで来ていて、ギリギリで間に合いませんでした・・・
20140323-066.jpg

まあ、ここから少々離れたところにある安土城考古博物館なども含めて、機会を改めてまた訪れることにしましょう・・・


気を取り直して、相変わらず田園風景の広がる県道2号線を先に進みます。
20140323-067.jpg


(「JR西日本・琵琶湖線(その20)」に続く)

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 安土 織田信長 安土城 考古博物館 天主

JR西日本・琵琶湖線(その18)

○安土駅(滋賀県近江八幡市)

県道2号線をそこそこ進んだところで、ちょっとばかし寄り道します。
筆者が立ち寄ったのは、琵琶湖最大の内湖・西の湖
20140323-051.jpg

地図で確認すると分かりますが、この西の湖は内湖とはいえ、そこそこでかい湖です!(@_@)

大きな地図で見る

最近関西ローカルのテレビで見たところでは、淡水でありながら真珠の養殖なども行われているようですね。
湖畔では、地元の人が魚釣りしてはる、何とも穏やかな光景が展開されております。
20140323-053.jpg


沿線歩きに戻り、ほどなく次の安土駅の駅前に到着しますが・・・この構造物は、いったい?!(@_@;
20140323-056.jpg

近づいてみると、地元の方が自転車などで出はいりしてはるので、どうも線路をまたぐ道路のようですが・・・それにしても、けっこうハデハデな施設ですねぇA(^^;

で、その脇にあるのがホンマの安土駅
さすがに、脇にある施設のせいで、おもっきり目立たなくなってますA(^^;
20140323-057.jpg


ところで駅名からも何となく察しが付く通り、ここはその昔、織田信長安土城を築いた場所が残されているところ。
駅前にも織田信長の銅像が残されておりますねー
20140323-059.jpg


(「JR西日本・琵琶湖線(その19)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 安土 安土城 織田信長 西の湖

JR西日本・琵琶湖線(その17)

近江八幡の市街地を後にし、県道2号線を東に進みます。
いやー、昨年末この沿線を歩いた時もでしたが、雲一つない青空が広がっておりますねー(^o^)
20140323-036.jpg

やがて周りの建物がだんだん少なくなり、田園風景が多くなってきました。
この時期はまだ田植えも始まってないし、田園風景は一番殺風景なんですよね・・・
20140323-039.jpg


やがて沿道左手には、「近江兄弟社学園」(現「ヴォーリズ学園」)という名前の学校の施設が見えてきます。
20140323-040.jpg

筆者のような古い人間には、ちょっと聞き覚えのある名前やと思いだしていると・・・そうや、その昔「メンソレータム」を販売していた会社の名前ですやん!

後から詳細を調べてみると、先ほど見かけた洋館を設計したウィリアム・メレル・ヴォーリズはんが設立しはった会社のようで、筆者の記憶通り、その昔メンソレータムを販売してはった会社。
その後一度経営破たんし、メンソレータムのライセンスも同じく関西に本社を持つロート製薬はんに売却しはったみたいですね。

今や「メンターム」という新しい商品を販売し、こうやって学校法人まで経営してはるようでして、引き続きこの近江八幡の地に恩恵をもたらされているようです(v.v)


引き続き、県道2号線を進むことしばし。
辺りに広がる田園風景にそこそこ飽きてきたところでA(^^;、こんな標識を見かけます。
20140323-048.jpg

うーん、この街道のネーミングはこの土地やから成り立つんでしょうが、何とも物騒な名前ですわねえ~A(^^;

どうもこの辺り、近江八幡市の中でも安土町地域自治区という特別な地域らしく、マンホールも独自のもんとなってるようですねー
20140323-060.jpg


(「JR西日本・琵琶湖線(その18)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 東海道本線 琵琶湖線 近江八幡 安土町 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 近江兄弟社 近江戦国の道 ヴォーリズ学園

JR西日本・琵琶湖線(その16)

駅前大通り(ぶーめらん通り)の西側をさらにブラブラしてますと、今度はこのようなレトロな建物が!(@_@)
20140323-021.jpg20140323-022.jpg

これ、今でも現役で使われているという、近江八幡市立八幡小学校の建物!
真っ白な壁と、明治~大正の雰囲気を漂わせる窓、洋風の中にも瓦屋根などの和式を取り入れた造りが、非常に印象的です(^^)


この校舎を眺めながらふと思ったんですが・・・

筆者がこれまでもちょこちょこ書いてるように、何でも古いもの壊して鉄筋コンクリの高層建築物を建てるという発想、特に最近はアベノミクスの影響で、さらに強まってきてるでしょう。
ただ、東京のように新陳代謝の激しい&歴史の浅いところであればまだしも、このような歴史的な建造物が多い近畿エリアで、東京のマネして片っ端から古い建物をスクラップ&ビルドするのはいかがなものかと(-_-)

幸い、滋賀県はこのような歴史資産の保護に熱心なようですが、他の近畿エリアでも単純に東京のマネするんやなくて、自分たちの「宝」&最大の強みであるこういった歴史資産を大切に生かしながら、更なる地域の盛り上げができればと思うのですが。


・・・話がそれましたm(_ _)m

ぶーめらん通りの東側に移り、今度はまた趣の異なる建物が広がるエリアに到着します。
写真東側は、もともと小学校の校舎だったところを資料館として利用されてる施設のようです。
20140323-028.jpg20140323-029.jpg

さらに西に進むと、まさにここ近江八幡を代表する光景・八幡掘が現れます!
20140323-031.jpg20140323-032.jpg

この八幡掘、その昔琵琶湖を往来する船が街の中に立ち寄れるよう、豊臣秀次が整備した水路なんだそうです。
おかげで街は活気づき、「近江商人発祥の地」となるほど繁栄したようですね。

堀の脇には石造りの道が続いていて、桜の並木も続いています。
まだまだ花芽も小さく固くて、もうしばらく時間はかかるかと思いますが、4月の上旬くらいになると何とも美しい光景が広がるんでしょうねぇ~
20140323-033.jpg

微妙に訪問する時期を間違えてしまった感がありますがA(^^;、まあまた時期を改めて、風情のある景色を堪能するとしましょう!(^^)


(「JR西日本・琵琶湖線(その17)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 八幡小学校 八幡掘 豊臣秀次 近江商人

JR西日本・琵琶湖線(その15)

三連休の最終日、今日も雲がほとんどない、すごくええお天気となったここ近畿地方です~!!(^o^)

つい昨日も遠歩きしたばかりではありますが、なにぶん「青春18きっぷ」の期限が迫ってきてる&思うように消化できてないため、今日も強行軍で出かけます(v.v)


今日歩くのは、昨年末以来のJR西日本・琵琶湖線
思い起こせば、去年のゴールデンウイークに滋賀に入ったと思ったら、もう琵琶湖東岸も半分くらい過ぎてしまったわけで、ずいぶん遠いところまで来てしまったものです・・・


○近江八幡(おうみはちまん)駅(滋賀県近江八幡市)
(近江鉄道・八日市線 近江八幡駅 乗換駅)

踏切確認のため30分近く遅れたものの、前回ラストやった近江八幡駅に降り立ちます。
ここ近江八幡、実は以前にも来たことがあって、歴史を感じるなかなか風情のある街並みが気に入ってしまいまして!(^^)
20140323-004.jpg

今日も少々寄り道して、早春の近江八幡の風景を楽しみたいと思います(v.v)


さて、駅前から西方向に延びているのが、「ぶーめらん通り」と呼ばれる通り。
文字通り、途中で「く」の字のように曲がっていることから付いた名前ですが…実際歩いてみると、曲がるポイントが手前側にかなり偏ってて、どちらかというと「1」の字に近いかもしれませんA(^^;
20140323-005.jpg20140323-007.jpg


歴史スポットが集中しているエリアは、駅からこのぶーめらん通りをたどって約2kmほど。
のんびり歩けばだいたい30分くらいでしょうが、筆者のように歩くこと自体が目的の人はさておきA(^^;、観光される際にはバスやタクシーなどをの利用をお勧めしますm(_ _)m

引き続きぶーめらん通りを歩いてますと、目の前には八幡山がそびえております。
それにしても、昨日にも増して今日も雲一つない、ホンマにお出かけ日和となりましたねぇー!!(^o^)
20140323-011.jpg


予定通り30分ほど歩いたところで、そろそろ歴史スポットが広がるエリアに到着したんで、西側の脇道に入ります(v.v)
いきなり見えてきたのが、昔の商屋さんの建物を残した、何とも雰囲気のある建築物!
20140323-015.jpg

さらに小さな通りを南に進むと、今度は趣ががらりと変わって、何ともレトロ感の漂う洋館。
この建物、建築家のウィリアム・メレル・ヴォーリズという人が設計されたそうですが・・・後から調べたところでは、筆者がこれまでに訪れた川口基督教教会(大阪市西区)の他、関西学院大学の校舎や神戸・北野居留地の建物を手掛けられた方のようですね!
20140323-016.jpg20140323-018.jpg20140323-020.jpg

うーん、角が欠けたレンガの塀が、またええ味出してます!(^^)


(「JR西日本・琵琶湖線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 近江八幡 近江商人 ぶーめらん通り ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

JR西日本・山陽本線(その12)

○土山駅(兵庫県加古川市)

魚住駅を後にし、再び国道2号線をテクテクと西に進みます(v.v)
それにしても、神戸方面から西に向かう車がめっちゃ多いのには驚きです!(@_@;
20140322-077.jpg

確かにお天気のええ休日の、やがて夕方になろうとする時間帯ではありますが、対向車線と比べて車の数が全然ちがいますねぇ・・・

と、傍らにあるバス停のプレートが目に留まります。
20140322-079.jpg

うーん、確かに海産物豊富な明石ではありますが、名前が"Tako(タコ)バス"で、しかも路線がホタテetc.という、海産物の名称とは!

引き続き2号線を西に進みますが、前回山陽電鉄・本線沿線を歩いた時と同様、やはり書くべきネタが少ない路線だけあって、ひたすら小中規模商業地が広がっているんです(T_T)
そんな中でも、建物の隙間から、ちょこちょこ田園風景が垣間見えます。
20140322-080.jpg


さて、延々国道2号線を歩き続けることしばし、
変化に乏しい中をテクテクと歩いてきた中で、ようやく次の加古川市に入ったようです!(^o^)/
20140322-081.jpg

辺りもすっかり薄暗くなった中、ようやく次の土山駅に到着です。
目標は加古川駅やったんですが、やはり早めの「お花見」のため寄り道したのが災いしたのでしょうか・・・
20140322-082.jpg


ともあれ、仕方ないので本日はここまでとしますが、土山駅のホームで大阪行きの電車を待っていて、ふと気づいた光景。
20140322-083.jpg

一昨年の「平清盛」に続いて、またしても兵庫県の瀬戸内海側が舞台となっているNHK「大河ドラマ」に乗っかって?、JRはんも各私鉄も企画切符を発行したりラッピング電車を走らせたり・・・と大変みたいですが、まさか嫁の実家までネタにしますか~A(^^;


<本日(2014/03/22(土)の実績>
・本日の実績   :35,283歩(28.2km)
・2014年3月の実績:268,850歩(215.1km)
・2014年の実績  :831,006歩(664.8km)

・訪問済路線数  :91路線/136路線(66.9%)
・訪問済駅数   :982駅/1,692駅(58.0%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 土山 黒田官兵衛 大河ドラマ

JR西日本・山陽本線(その11)

○大久保駅(兵庫県明石市)
○魚住駅(兵庫県明石市)

西明石駅を出てからまた約15分ほど。
どうもこの辺りは駅間隔も狭いようでして、早々に次の大久保駅に到着します(v.v)
20140322-062.jpg

これまで歩いてきた山陽本線の駅とはまた趣が異なり、壁面キラキラしてるし、何とも新しいデザインの駅舎ですねー


そういや、以前山陽電鉄・本線(JR西日本・山陽本線よりも海べたを走る)の沿線を歩いた時、この辺りは一面の田畑 or 住宅地で、ブログに何書いていいのか、真剣に悩んだエリアだということを思い出しました。
さすがに国道沿いに歩いてるので、お店もそこそこありの、人もそこそこ通りので、全然うら寂しい雰囲気ではないんですが・・・
それでも、特にここに取り上げて書くべきネタがないんです!(T_T)

沿道にはちらほら、前回観たような田園風景を垣間見ます。
20140322-066.jpg


引き続き国道2号線を歩き続けること約20分ほど。
次の魚住駅に到着します。
20140322-070.jpg

これまでひさしくネタに乏しい旅路やったんで、何がしかネタを見つけようと駅前をブラブラし始めたら・・・いきなり見つけたのが、駅前に立つ銅像。
20140322-071.jpg20140322-073.jpg

駅前ロータリーの前なんで、周りの車を用心しながら近づいてみますと、童謡「一番星見つけた」の歌碑。
説明文によると、当時の明石高等女学校(現:兵庫県立明石南高校)の校長先生で、この曲を作詞された生沼勝さんにちなんだもののようですね。

筆者が子供の頃はそこそこ歌われていた曲ですが、そういや最近はどうなんでしょう?(?_?)
ともあれ、その昔のこの辺りの夜空の様子を描いた歌やったと分かって、何とも親近感がわいてきました(^^)


引き続き、駅前をブラブラしてみますが・・・この薬局の門番?のゾウさんの乗り物は、何か久々に見かけたような。
20140322-074.jpg

これまでも、例えば川崎ではビルの一角に多数整列してたりとか、奈良では親玉の企業がスタジアム運営してはったり・・・とありましたが、改めて根強い人気を誇るキャラクターだということが分かった次第です(v.v)


(「JR西日本・山陽本線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 大久保 魚住 サトちゃん 一番星見つけた 生沼勝

JR西日本・山陽本線(その10)

○西明石駅(兵庫県明石市)
(JR西日本・山陽新幹線 西明石駅 乗換駅)

明石駅を出て、国道2号線を西に進むこと約15分。
次の西明石駅の標識が見えてきます。
20140322-056.jpg

そういや、西明石って山陽新幹線との乗換駅のはず。
それなのに、辺りには新幹線の路線が見当たらないんですが?(?_?)

ともあれ駅前にたどり着くと、何とも落ち着いた雰囲気の駅舎。
とても新幹線の駅とは思えないんですが・・・
20140322-057.jpg


と、駅前をブラブラして納得。
新幹線の駅舎は、また別にあったんですね!
20140322-059.jpg

いちおう2つの駅舎をつなぐ連絡通路もあります。
それにしても、改めて地図を確認しても、在来線と新幹線はすんごいアングルで交差してるんですね(@_@)

大きな地図で見る


(「JR西日本・山陽本線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 西明石 山陽新幹線

JR西日本・山陽本線(その9)

明石城・坤櫓の狭間から明石市内を眺めます。
外から見た姿からは想像できなかったんですが、中から見ると意外と視界が広いんですねー
20140322-043.jpg

櫓の中には、明石城で使われていた瓦やしゃちほこなどが展示されています。
この辺りは姫路城でも実物を見ましたが、鬼瓦やしゃちほこの装飾は、実に凝ってますねー
20140322-044.jpg20140322-045.jpg

櫓の中を一通り見て回り、明石城を後にしようとすると、入り口の傍らにある建物から太鼓の音が!
ふと見ると(逆光で分かりにくいんですが)侍姿のロボットが太鼓を叩き、時報を伝えております。
「とき打ち太鼓」という施設のようですが、今までに見たことのない、ユニークなサービス?ですよね(^^)
20140322-049.jpg


さて明石公園を後にし、沿線歩きの旅に戻ります。
20140322-050.jpg

程なく明石川に突き当たったため、橋のあるところまで移動しておりますと・・・何やら、河川敷に歌碑?!(?_?)
20140322-052.jpg20140322-053.jpg

後から調べて分かったんですが、この明石川の河川敷一帯には飛鳥時代の歌人である柿本人麻呂の歌碑がいくつか設置されているようなんです(@_@)

確かに、(筆者は訪れる機会がなかったんですが)山陽電鉄・人丸前駅の近くに柿本神社(人丸神社)といって、柿本人麻呂を祀った神社が存在するんですが・・・
具体的に彼がここ明石の地とどのようなつながりがあったのか、しばらく調べてみましたがとうとう分かりませんでした・・・


(「JR西日本・山陽本線(その10)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 明石公園 とき打ち太鼓 柿本人麻呂 柿本神社

JR西日本・山陽本線(その8)

○明石駅(兵庫県明石市)
(山陽電鉄・本線 山陽明石駅 乗換駅)

何たって「青春18きっぷ」の利用期間まっただ中!(^o^)
途中下車もまったく気にせず、引き続き沿線歩きの旅に戻ります。

昨年の9月末以来、何やかんやで間が空いてしまったJR西日本・山陽本線沿線の旅ですが、住吉駅から電車に乗り、久しぶりの明石駅のホームに降り立ちます。

前回はすっかり暗くなってからの到着やったんで、駅前の限られた範囲をブラブラするしかなかったんですが、今日はまず駅のホームからすぐ近くに見えている明石城に向かいます(v.v)
20140322-025.jpg


明石城(明石公園)は駅北側からすぐの場所に位置していて、周りのお堀ではこのような噴水も設けられています!
それにしても、なぜだか知らないんですが、やたらトンビみたいな、やや大型の鳥が多数舞ってるんです・・・(@_@;
20140322-026.jpg

明石公園の入り口をくぐると、いきなり現れるのがこの2つの櫓(やぐら)。
明石駅のホームからよく見かける光景ですよねー
20140322-029.jpg

この櫓の内部は、月によって交互に一般公開されてるとのことなので、筆者もお邪魔することにします(v.v)

途中、一説にはここ明石の街づくりに貢献したと言われている宮本武蔵が、明石城内に作ったと言われる庭園も残っていますが・・・実際のところは定かではないようですね。
20140322-032.jpg20140322-033.jpg


そういえば、近畿の街歩きを始めるまで、歴史にはてんで興味がなかった筆者。
ただ(成り行き上とはいえA(^^;)姫路城、和歌山城、二条城、安土城(⇒未遂)、そしてここ明石城と、近畿の名だたるお城を巡り、実際にこうやってあれこれコメントするにあたっては、それなりに勉強するようになったのが、自分でもすごいと思いますわ~

さて、かくしていよいよ櫓の近くまで到着します。
石垣に囲まれた曲がりくねった道が、いかにも「お城!」の雰囲気を漂わせております。
20140322-038.jpg20140322-039.jpg

櫓のある高台に登り、一望する明石市内の光景!
20140322-041.jpg


先ほども書いたように、明石城の2つの櫓は、月により交互に内部が公開されていて、今月は西側に位置する坤(ひつじさる)櫓が公開されているようなので、さっそくそちらに向かいます(v.v)
20140322-042.jpg

後から分かった話なんですが、実はこの明石城、天守(天守閣)を持たないお城やったそうで、実際にはこの坤櫓が店主の役割を果たしていたそうですね。


(「JR西日本・山陽本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 明石城 宮本武蔵 坤櫓 明石公園 青春18きっぷ

季節を変えておさらいシリーズ#8

諸事情により、実は先週末に急遽大阪に戻ることになった筆者。

東京・大阪間の往復がなくなるし、何より関西のおもろいテレビが毎日見れるので嬉しい限りなんですが、一方で東京でまだまだ行ってみたいところもあったので、それだけがひとえに残念!(-_-)
(まあ、そのうちまた行くことになるやろうけどA(^^;)

というわけで、久々に関西でのんびり過ごせる連休。
お天気も良くなったことだし、これまた久しぶりの近畿の街歩きを楽しみたいと思います~(^o^)


まず今日のところは、関西のローカル番組で知った「意外な」スポットに出かけます。
昨年春以来、久々のJR西日本・神戸線(東海道本線) 住吉駅に降り立ちます。
20140322-001.jpg

住吉駅から東南へテクテク歩くこと約15分。
ようやくそのスポットが見えてきましたねー
20140322-004.jpg


ここ神戸市の東水環境センターは、以前ブラブラしたポートアイランドにほど近いエリアに位置する施設。
その傍らには、運河沿いに何とアーモンドの樹が植樹されており、この時期その花が見ごろを迎えているんです!
20140322-006.jpg20140322-005.jpg

HPを拝見すると、四季折々でいろんなイベントも開催されてるようですねー(^^)


(いちおう)植物学専攻の筆者も、さすがにアーモンドの花を見るのは初めて。
想像以上に色鮮やかに彩られた並木を、ひと足早い春の雰囲気楽しみながらブラブラします。
20140322-007.jpg20140322-009.jpg

実は筆者も知らなかったんですが、意外や、アーモンドって桜と同じバラの仲間。
しかも、種類としては結構近いんやそうですね!(@_@)
どおりで、花も桜と見間違うかのようやし、遠目で見たらわかんないでしょうねぇ・・・
20140322-010.jpg20140322-011.jpg


かくして片道1.5kmほどのアーモンドの並木を堪能して、次なる目的地に向かいます(v.v)
20140322-015.jpg



(「JR西日本・山陽本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:住吉 神戸市東水環境センター アーモンド

「裸の王様」は好きですか?

こんばんは、筆者です(v.v)
最近の新聞や雑誌の記事を見てて、どうしても思うところがありまして。

日刊スポーツ 2014/03/18付「橋本環奈がブログ開設で打倒!海老蔵」
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140318-1271978.html


「だから、何なん?!」
という、関西人の強烈なツッコミに耐えられるほどの裏付けも何もない、内容ペラッペラのくだらない記事なんですがA(^^;、それにしても
「天使過ぎる!」
とか、果ては
「1000年に一度の逸材!」
って、いったい何を根拠に物言うてます?!(-_-;

具体的にどこの誰が、いつどこで言ったことなの???
まさかマスコミでありながら、そんなニュースソースもちゃんとしてないものを、ただ単に垂れ流してるんでしょうか???

それに「1000年に一度」って、古くは小野小町、現在では少なくとも吉永小百合さんやオードリー・ヘップバーンと十分比較した上でのことだよねぇ?!
筆者に言わせれば、「ナイトスクープ」の秘書の娘と、さして顔かたち変わらへんねんけどA(^^;;;


いやしくも、少なくとも「公共性」を持ったマスゴミの一員だよねぇ?!>日刊スポーツ

これまでも、「国民的アイドル!」と自称しながら、その実日本国民の7割以上に毛嫌いされてるグループを見境なく後押ししたり、いわゆる「韓流ブーム」も、半分以上はあんたらをはじめとするマスゴミが「煽って」作り出したもんだよねぇ?

折しも、「平成のベートーヴェン!」だとか「リケジョの星!」とかさんざん煽りたおした挙げ句、結果どうなったかは、日本国民全体が十分理解してるところで。

そんな近々に起こった事象に対して、何の学習も反省もせずに、相も変わらずこんな「煽り」やってること自体、もはや「メディア」としての存在価値はないし、あえて汚い表現を使えば、こんなん「公衆便所の落書き」と同レベルの報道です。

くれぐれもこんなくだらない「煽り」に乗せられることのないよう、裸の王様を裸だとちゃんと言えるようにしておきたいものです(v.v)

タグ:日刊スポーツ メディア失格 公衆便所の落書き ナイトスクープ 橋本環奈 松尾依里佳 煽り 平成のベートーヴェン

番外編(その12)

こんばんは、筆者です(v.v)

前回から約1年、ようやく「おもしろ写真館」の新ネタを公開できるまでに至りましたm(_ _)m

本文でもけっこう愚痴ってるようにA(^^;、関西は山間部が多くなり&東京出張した影響もあり、ホンマに「ネタ枯れ」の状態も著しい限りでして・・・
1年寝かせた割には、本編と関係ない写真もずいぶ増えてるし・・・で、全般にこぢんまりとまとまってしまった感が強く残っております。


1)親は泣きまっせ・・・(T_T)

本編とは直接関係ないんですが、天神橋筋商店街で販売されてた「家出用バッグ」!!(@_@;
しかも、1,000円と超お買い得!
20130609-062.jpg

うーん、確かに大容量なんはわかるけど、どちらかというと親御さんの世代がたくさん通るこの商店街で、こんな名前付けて売ったら、むしろ悲しまれる方も多いのではと(v.v)


2)有馬温泉の「デス・スター」?!

神戸電鉄・三田線 五社駅近辺で見かけた、某ラブホの建物。
20130713-028.jpg

これまでも多々取り上げてるとおり、特に関西のパチンコ屋とラブホは奇をてらったデザインや店名が特徴でして、これはその最たる例で!

それにしてもこの建物、辺りには田んぼとか山しかない辺鄙なところなんですが、窓ふきとか水回りのメンテナンスとか、細々したとこがめっちゃ大変そうです・・・A(-.-;


3)何屋さん?(?_?)

京王電鉄・井の頭線 富士見ヶ丘駅近辺で見かけた電気屋さん。

ぱっと見のたたずまいは堂々とした電気屋さんなんですが、(少々分かりにくいんですが)ショーウィンドーに飾ってあるのは電化製品ではなくて、昔懐かしのピカチュウとかエレキングのソフビ人形とか、新しいところでは「ふなっしー」のぬいぐるみとか・・・(@_@;
20140119-012.jpg

・・・このお店、結局何をPRしたかったんでしょうか?!(?_?)


4)て、店長!早まったらあきませんっ!!(@_@;

これまた本編とは関係ないんですが、東急電鉄・中目黒駅近辺の衣料品店の店先で見かけた光景。
20140306-002.jpg

めっちゃタイムリーな掲示?なんですが・・・で、ここの店長さんは結局・・・(?_?)


5)このネーミングは・・・A(-.-;

東武東上線・川越駅近辺にある、おせんべい屋さんの看板。
おせんべいの本場・草加市が近いからか、おせんべい屋さんもそこそこの数見かけましたが・・・
20131223-002.jpg

まー確かに、辛さの表現はさまざまありますが、さすがにこれはねぇ~A(-.-;


6)撤去した方が早いんちゃいます?!A(^^;

これまた本編とは関係ないんですが、京阪電鉄・中之島駅近辺のコンビニ前で見かけた光景。
20130609-049.jpg

違法駐輪のステッカーをペタペタ貼ってはるんですが・・・ここまでするくらいやったら、ええ加減撤去した方が早くないですか?!
やがて、エジプトのミイラみたいになるんやないかとA(^^;;;


7)一か八か?!

これまた本編とは関係ないんですが、大阪市営地下鉄・玉川駅近辺の自販機の映像。
ええっ、何が出るかは分からないものの、ジュースが1本\10って!(@_@;
20130609-059.jpg

これ、実のところ大阪市内では結構有名な自販機なんですが、ところどころに見られる「訳あり」ってのが、どの程度の「訳あり」なのか気になるところですねぇ~A(^^;


8)関西オリジナル?

近畿日本鉄道(近鉄)・京都線 新祝園駅近辺で見かけた、某ドラッグストアの前の看板。
20130914-028.jpg

相当年期が入ってるんで、おそらく昭和40~50年位の作品?やろうと思うんですが、ネーミングがもろ関西風味なんが笑えますA(^^;


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:おもしろ写真 家出用バッグ ケチケチ洗剤 発狂くん 自販機

JR東日本・山手線(その21)

○新宿駅(東京都新宿区)
(JR東日本・中央本線/京王電鉄・本線/小田急電鉄・小田原線/西武鉄道・新宿線/東京メトロ・丸ノ内線/東京都営地下鉄・大江戸線、新宿線 乗換駅)

新大久保駅を後にし、引き続き沿線をテクテク歩いてますと、このように何とも色鮮やかな建物が目に入ります。
20140302-038.jpg

・・・実は筆者、全然知らなかったんですが、まさにここが「新宿2丁目」とか「歌舞伎町」って言われるエリアやったみたいですね!(@_@;
筆者のように地方の人間にとっては、その名前だけで「怖い」という印象しかないエリアなんですが、なにぶんこの時はそうやと知らないもんでA(^^;、いつものようにテクテク街中を進みます。


やがて、西武鉄道・新宿駅を超えたあたりで、ようやく見覚えのある光景が広がってきました!
20140302-040.jpg

辺りには高層ビル群がそびえたつ中、以前から一度行ってみたかったところに向かいます。
新宿駅西口・「思い出横丁」
20140302-042.jpg

あ、筆者はまだ新宿に到着してないし、最近はもっぱら家飲み派なので、将来来る時のための「下調べ」だけですよ!A(^^;

人一人が通れるくらいの狭い路地の両側には、立ち飲みのお店が軒を連ねてまして。
店の外にもはみ出して、ビニールシート張った席で皆さん飲んではる様子は、さしずめ大阪でいうと天満とか京橋の裏通りを連想させましたねー
20140302-043.jpg


雨が強くなった中、慌てて新宿駅から渋谷に戻ります。
おかげで、新宿駅の駅舎は撮影できずじまい・・・(x_x;

JR渋谷駅から京王渋谷駅に向かってる途中で、今は亡き巨匠・岡本太郎氏が描いた「明日への神話」というタイトルの、巨大な壁画。
京王・渋谷駅のシンボルでもあります。
20140302-044.jpg

と、この壁画の右下部分だけが何やら覆い隠されていますが・・・実は東日本大震災の直後、津波に飲み込まれて倒壊する原子力発電所の「落書き」が行われた部分なんです。
http://matome.naver.jp/odai/2130430552291524301


そういえば、やがてあの未曾有の大災害から3年。
筆者も当時大阪にいてて、立ってられないほどのかなりの強い揺れを感じたくらいですから、被災地はどんなにか大変やったろうと思います。

それに伴う原発事故も併せて、当時は被災地支援や節電の風潮がかなり強かったんですが、改めて東京の街中を見てると、もうほとんど当時の面影すらないですよね・・・
被災地から遠く離れ、何の被害も被らなかった関西人の筆者が言うのも何ですが、あんだけの大災害を経験したんやから、もう少しそれから学び、現実を見て生活すべきなんでしょうけどね・・・


<本日(2014/03/02(日)の実績>
・本日の実績   :19,963歩(16.0km)
・2014年3月の実績:19,963歩(16.0km)
・2014年の実績  :582,119歩(465.7km)

・訪問済路線数  :90路線/136路線(66.2%)
・訪問済駅数   :978駅/1,692駅(関西:57.8%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 新宿 歌舞伎町 思い出横丁 岡本太郎 明日への神話 東日本大震災

JR東日本・山手線(その20)

○新大久保駅(東京都新宿区)

高田馬場駅を出てからしばらく歩くと、いきなりこのように空が大きく見えるスペースが広がります。
へぇー、山手線沿線の旅でこんだけ空が広く見える場所って、初めてじゃないでしょうか?!
20140302-033.jpg

ただまあ、左手にはさっそく、高層ビルと思しき建物が建設中ではありますが。


やがて沿線左手には、ハングルの混じった看板が見えてきます。
筆者は初めてなんですが、をを、ここがウワサの新大久保駅界隈ですか!(^^)
20140302-034.jpg

この新大久保、大阪でいえばさしずめ鶴橋といったところみたいなんで、その違いを探るべく大通りをブラブラしてみます(v.v)

全般に、韓国の食材や飲食店を取り扱ってる鶴橋に対して、例えば韓流スターのグッズを取り扱ってる店が何店もあったり・・・と、ここ新大久保はどちらかと言うと「韓流」の文化全般を扱ってる印象を受けました。
20140302-035.jpg

特に駅西側をブラブラしてると、バングラディッシュなどかなりレアな国の料理を提供している店も多かったりして、結局鶴橋よりもよりビジネスライクで、かつ韓国だけでないいろんな国のカルチャーが混在している場所やと言うのが印象に残りましたねー
20140302-036.jpg


(「JR東日本・山手線(その21)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 新大久保 韓流 鶴橋

JR東日本・山手線(その19)

○高田馬場駅(東京都新宿区)
(西武鉄道・新宿線/東京メトロ・東西線 高田馬場駅 乗換駅)

沿線を歩くことほどなく、再びビルのモコモコ感が増してきます。
次の高田馬場駅が近づいてきた模様ですが、それにしても駅間隔めっちゃ短いですねぇ~
20140302-025.jpg

やがて左手には、何とも立派でレトロな雰囲気の漂う巨大な建物が!(@_@)
外から眺めた限りでは教会のようにも見えますが、十字架はどこにもないし・・・
結婚式場にも見えますが、ここまで大がかり&レトロな雰囲気のところも見たことないし・・・
20140302-026.jpg20140302-027.jpg

後から調べて分かったことなんですが、これセレス高田馬場という結婚式場&教会。
いちおう、筆者の見立ては当たってはいたんですねA(^^;

それにしても、何とも豪華な式場ですねぇ!
筆者にはもはや関係ないんですが、場所も駅前やし、さぞかし料金も高いことでしょう・・・


やがて、次の高田馬場駅が・・・と思ったら、乗換駅に当たる西武電鉄の駅ですやん。
山手線の駅を探しておりますと、駅脇の高架を少し入ったところにありました!
20140302-028.jpg20140302-029.jpg

こちらもしばらく駅前をブラブラしてみますが、特に書くべきネタも見つけられず、ガッカリして路線歩きに戻ろうかとしたところ!(@_@)
20140302-030.jpg20140302-031.jpg

すごい、高架下の壁に、鉄腕アトムやリボンの騎士、ジャングル大帝などの手塚キャラクターが一面に描かれてるではないですか!
しかもじっくり絵を見てみると、日本の四季折々のイベントや、環境保護や人との触れ合いなど、大切なことが見事に描かれています。
20140302-032.jpg

そういえば、ここ山手線・高田馬場駅の発車メロディも鉄腕アトム
手塚治虫先生の事務所が近くにあったことと、お茶の水博士が所属していた「科学省」が高田馬場にあった想定だったことからそうなったようですね。
いやー、電車や車に乗ってたら思い切り見逃していただろう光景だけに、やはり歩いて街中をブラブラして回る意義って、やっぱりあるんですねぇ!(^o^)


(「JR東日本・山手線(その20)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 高田馬場 手塚プロダクション 手塚治虫 鉄腕アトム

JR東日本・山手線(その18)

○目白駅(東京都豊島区)

この辺り、駅間距離がかなり短いらしく、沿線を10分ほど歩くと次の目白駅の駅舎が見えてきます!
うーん、遠くからもハッキリと確認できる、わかりやすい駅舎ですな~A(^^;
20140302-018.jpg

駅の周辺に近づいたので、駅前周辺の商店街をブラブラしてみますが、よく見かけるのがこの
「目白ロードレース」
ののぼりや看板。
名前から察するに、目白周辺の市街地をランで走る競技大会とか?(?_?)
20140302-019.jpg


一通り駅前の商店街をウロウロしたところで、ようやく目白駅の駅舎に到着です(v.v)
遠目ではわかりませんでしたが、入口上部にあるステンドグラスが何ともきれいです!(^^)
20140302-020.jpg20140302-021.jpg

駅舎はずいぶ年期が入っていて(Wikipediaによると1919年築とのことで、今年で95年目!)、外装だけでなく内装もレトロさを感じる、何とも雰囲気のある駅舎ですねぇ~
個人的には、斬新さバリバリの高層建築よりも、こんな駅舎のほうが味や雰囲気があって好きです。

と、駅の傍らを見やると、先ほど駅前商店街で多数見かけたイベントの横断幕。
2014年3月2日開催って・・・まさに今日ですやん!(@_@)
20140302-022.jpg

レースの結果がどうなったかは不明ですが、こんな寒い&雨の中を走られた参加者の皆さんは、かなり大変なことやったとお察しします(v.v)


目白駅を後にするとすぐに、皇室の方も通われた学習院大学のキャンパスが広がっており、筆者もそれに沿って沿線を進みます。

車どおりも少ない、何とも落ち着いた通りなんですが、歩道に突然何かの詩を描いたところがあって、一種不思議な空間を醸し出しております・・・
20140302-023.jpg20140302-024.jpg


(「JR東日本・山手線(その19)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 目白 学習院大学 ステンドグラス 目白ロードレース

JR東日本・山手線(その17)

○池袋駅(東京都豊島区)
(東武鉄道・東上線/西武鉄道・池袋線/東京メトロ・丸ノ内線、副都心線、有楽町線 池袋駅 乗換駅)

唐突ですが、筆者がいつも鉄道沿線歩きの際に気になるのが、
「沿線の道がどんだけ整備されてるか」
という点。
というのも、沿線に人が歩ける道がない場合は大幅に遠回りしたり、時には遠回りしすぎて道に迷うことも多々ありまして!(T_T)

この山手線、東側は沿線の道もきちんと整備されてたんでかなり快調やったんですが、どうも巣鴨駅くらいから様子が変わり、けっこう民家や工場の傍らを大回りして進まねばならない道のりが増えてきました・・・(-_-;

かくして、沿線を右往左往しながら進んでいる中で堀之内橋という高架橋に差し掛かった時のこと。
えっ、何か橋の欄干におもっきり列車を描いたプレートが埋め込まれてるやないですか!
20140302-011.jpg20140302-012.jpg

案内板によると、昔あったこの辺りの「堀之内」という地名を、山手線開通時にそのまんま使ったようなんですが、その後肝心の地名自体がなくなってしまい、結局この橋をはじめとしてほんのわずかなスポットにしか残ってないようなんです。

その堀之内橋の上から沿線を見やると、何だか建物の「モコモコ感」がだんだん著しくなってきました・・・
20140302-013.jpg


さらに進むと、さらに建物のモコモコ具合(?!)は顕著になり・・・
20140302-014.jpg

やがて、次の池袋駅に到着です。
筆者はこれまで乗換でしか利用したことなかったんで、こうやって改めて訪れるのは、おそらく初めてではないでしょうか?!
20140302-015.jpg

正直、全国的に有名&乗換駅にも関わらず、駅周辺のスペースが異様に狭くてビックリでしたがA(^^;、駅前で見かけたのがこんなかわいらしいキャラクター。
20140302-016.jpg20140302-017.jpg

「イケブクロ」とかけたフクロウのキャラクターみたいですが、線がすごくシンプルな割にかわいらしい雰囲気ですよねー(^^)
このキャラクター、「えんちゃん」というキャラクターで、「モザイクアート」という特殊な方法で作られたキャラクターなんだそうです。


(「JR東日本・山手線(その18)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 池袋 えんちゃん モザイクアート 堀之内橋

JR東日本・山手線(その16)

○大塚駅(東京都豊島区)
(東京都交通局・都電荒川線 大塚駅前停留所 乗換駅)

沿線を歩いておりますと、次の大塚駅の駅舎が見えてきたところで見かけたのが、何とも歴史を感じる高架。
20140302-007.jpg

そういや、前回有楽町や新橋付近を歩いた時も、同様に何とも歴史を感じるレンガ造りの高架を修復工事中でした。
後で調べたところでは、山手線も開通して100年以上経過しているそうですが、確かに毎日べらぼうな本数が通っているわけですから、(いくら電車の車両が軽くなったとはいえ)こういった高架などの補強もそろそろしなければならないんやろうと。


と、駅舎にたどり着く前に見かけたのが、筆者初めての都電・荒川線の停留所!
をを、これがうわさに聞いていた「都電」ですかー
20140302-008.jpg20140302-010.jpg

大阪には阪堺電鉄、京都にも京福電鉄という路面電車があって、筆者も実際に沿線を歩きましたが・・・やっぱり、同じ路面電車でも停留所の規模が違いますわ~(@_@)

都電の停留所を少し過ぎたあたりで、次の大塚駅が現れます。
巨大なビルの中にある駅なんで、少々分かりにくいのはご愛嬌でしょうかA(^^;
20140302-009.jpg


例によって、駅周辺を一通りブラブラしてみますが、これまた例によって特に書くべきネタもなく・・・(T_T)
仕方なく、引き続き沿線を進みます。


(「JR東日本・山手線(その17)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 大塚 都電

JR東日本・山手線(その15)

ようやく春の兆しが見え始めてきた、ここ関東地方です(v.v)

よりにもよって、2月中は数十年ぶりという大雪に見舞われたりとか(x_x;、会社のイベントなどあってほとんど運動でけへんかった筆者!
おかげで、下っ腹が少々ブヨブヨしてきております・・・(-_-;

このような悪しき状態を脱するため、小雨降る中ではありますが、久々に鉄道沿線の旅に出たいと思います!(v.v)


今日歩くのは、Season#3で中途半端に終わっていたJR東日本・山手線
やはり、ここをキッチリ踏破しなければ鉄道沿線ウォーカーの名が廃りますからね?!


○巣鴨駅(東京都豊島区)
(東京都営地下鉄・三田線 巣鴨駅 乗換駅)

井の頭線から山手線に乗り換えるため、渋谷駅構内を歩いておりますと、このようなプリクラ?の機械を見かけます。
ええっ、このおっちゃんでも、渋谷交差点の巨大ビジョンに顔出しできんの?!(@_@)
20140302-001.jpg

さすがに実際試すのはやめときましたがA(^^;、いったいいくらでできるんでしょう?
次回立ち寄った際に、是非とも確認しておきたいと思います(v.v)


かくして約3年ぶりに降り立った巣鴨駅
前回は真っ暗になった中やったんで、駅の周りの光景はよくわかりませんでしたが、昼間の駅舎はこんな感じ。
20140302-003.jpg

前回、駅前はさんざん歩き倒したんで、さっそく沿線歩きに進もうとしますと・・・
20140302-002.jpg

これまでも、京阪・伏見桃山駅前の商店街で大々的に設置してはったのは目にしましたが、こちらもかなり本格的にやってはりますねー
しかも(遠目からではありますが)表面が若干まだらになってるということは、値段は張るけど発電効率がいいタイプやないですか!

関東・関西に限らず、以前にもまして太陽電池パネルを設置したお家を見かけることが多くなってきたし、ホンマにええ傾向やと思います。
あとは、使う必要性のない電力消費をどんだけ抑えるかという観点にも目を向けていただければ、やがて原発なんていらなくなるのに!と思っておる次第です(v.v)


この辺り、山手線は5mほど掘り進んだ下を走っているので、沿線の道からはなかなか電車の姿を見かけることができません。
その代わり、沿線にはずっと桜の木が植えてありまして、もう少ししたら何とも鮮やかな光景が広がるんでしょうねぇ~(^^)
20140302-004.jpg

と、そんな桜並木の沿道で見かけたのが、好きな方の間ではかなり有名なお店らしい「さかつうギャラリー」はん!
20140302-005.jpg20140302-006.jpg

筆者が見れただけでも、昭和の懐かしい雰囲気漂うミニチュアが何点も飾られていて、しばらく見入ってしまいました・・・


(「JR東日本・山手線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR東日本 山手線 巣鴨 ミニチュア さかつうギャラリー 太陽電池

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。