プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節を変えておさらいシリーズ#13(その2)

引き続き、八幡堀を歩きます(v.v)

お天気があいにくなのが残念ですが、それでも遠藤の桜が、時代を感じるたたずまいの建物によく映えます!(^^)
20150406-014.jpg

先ほど筆者がバスで降り立った場所からは、このように八幡堀をクルーズ?する船も出ています。
いやー、今の時期、このクルーズはなかなか魅力的ですねー
20150406-015.jpg20150406-016.jpg


30分ほどかけて一通り八幡掘を踏破しますが、ふと振り返ってみると、沿道にびっしりと咲き乱れる桜!(^^)
真下で見ているとさほどでもないように思ったんですが、こうやって遠目で見ると、何とも圧倒されます。
20150406-019.jpg20150406-026.jpg


ホンマにお天気があいにくやったのだけが残念ですが、またお天気のいい春先に改めてお邪魔することにしましょう(v.v)


スポンサーサイト

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:JR西日本 琵琶湖線 東海道本線 近江八幡 八幡堀

季節を変えておさらいシリーズ#13(その1)

新幹線が混み合わない今日(平日)に計画有給を取得してる筆者A(^^;
東京への帰りしなに、ぜひともこの時期立ち寄ってみたい場所があったんで、いつもの「青春18きっぷ」を使って出かけます(v.v)

今日立ち寄るのは、昨年の初春に訪れて少々悔しい思いをしたJR西日本・琵琶湖線(東海道本線) 近江八幡駅にある八幡堀
見事なタイミングの悪さで残念な思いをしたんですが(T_T)、今日はまさに満開のタイミングでの八幡掘の景色を堪能できればと思います(v.v)


久しぶりに訪れた近江八幡駅から、路線バスに揺られること約10分。
「豊年橋和船のりば口」という、堀を巡る和船の乗り場施設のバス停で降ります。
もうそこには、枝ぶりの見事な桜が一面に花を咲かせているではないですか!(^o^)
20150406-002.jpg20150406-004.jpg

ここは八幡掘の東端にあたる場所みたいなんで、住宅街の中を堀に沿って西に進みます(v.v)
やがて古いたたずまいの建物が増えてきて、堀の脇に桜が広がる光景も現れてきましたねー
20150406-007.jpg20150406-009.jpg


引き続き堀沿いを進むと、昨年筆者がブラブラしたエリアに差し掛かります。
おお、古いたたずまいの建物といい、堀を囲む石垣といい、そしてそこに咲き乱れる桜の花といい、何とも風情のある景色が広がってますねー(^^)
20150406-011.jpg20150406-012.jpg

沿道では、筆者と同じ、桜をお目当てに来られた観光客の方もちらほら見かけますが、それでもまだ数はまばら。
全国はおろか近畿エリア内でも知名度が芳しくない(⇒失礼!)スポットなので仕方ないのかもしれませんが、桜の花と雰囲気ある街並みを楽しむには、なかなか魅力的なスポットではないでしょうか。


(「季節を変えておさらいシリーズ#13(その2)」に続く)


タグ:JR西日本 近江八幡 ぶーめらん通り 八幡掘 近江商人

JR西日本・山陽本線(その32)

○上郡(かみごおり)駅(兵庫県赤穂郡上郡町)

沿線には千種川という比較的大きな川が流れていて、しばらくはこの沿道を進むことになります。
20150404-055.jpg

道路を通る車もまばらで、川のせせらぎとたまに聞こえる鳥の声だけが辺りに響き渡ります。
ひたすらのどかな風景の中を、テクテクと進みます(v.v)

やがて、沿道にはこのような看板を見かけます。
へぇー、この千種川、アユが釣れるほどの清流なんですねー。
20150404-056.jpg

折しも、禁漁時期に入った直後のようでして、河川敷にも人っ子一人見かけません・・・


かくして、千種川の堤防を歩くこと約20分。
ようやく、その千種川を渡る鉄橋が目の前に見えてきますー
20150404-061.jpg

ちなみに筆者が歩いてるエリアは、(当然ながら)初めて訪れる兵庫県赤穂郡上郡町というところになるんですが、また何ともかわいらしいデザインのマンホールやないですか!(^^)
20150404-063.jpg


地図上ではそこそこ短いように見えたのですが・・・千種川を渡って歩くこと約15分。
辺りも少し薄暗くなった中、ようやく次の上郡駅に到着です!(x_x;
いやー、それにしても、いよいよJR山陽本線の(近畿エリアの)最西端の駅に到着したんですね・・・
20150404-064.jpg

おなじみの県境越えまでは結構距離あるので、本日はここまでとしたいと思いますが、大阪方面行きの電車までちょっとばかし時間があるので、駅前をブラブラしてますと・・・をを、先ほどマンホールに描かれてたキャラクターやないですか!
20150404-065.jpg

後から調べたところによると、ここ上郡町が生んだ鎌倉時代の武将・赤松則村(円心)と、同じくここ上郡町に位置する(敷地の大部分は隣町の兵庫県佐用郡佐用町)かの理化学研究所(理研)の施設SPring-8(スプリング・エイト)をイメージしたキャラクター「エイトちゃん」。

"SPring-8"って、一般にはなかなかなじみがない施設なんですが、世界トップクラスの速度で電子を加速してビームを発射し、さまざまな分析に使われているんやそうです。
分かりやすいところでは、1998年7月に起きた和歌山カレー毒物事件の遺留品であったヒ素の成分を分析したり・・・・と、私らが想像している以上に、いろいろと活躍しているようですねー(v.v)

ここ上郡からはそこそこ距離がある&外部の見学は随時受け付けてくれるとのことなので、今後JR西日本・姫新線の沿線を歩く際にでも、また改めて訪れることにしましょう(v.v)

ともあれ、次回「県境越え」だけのためにここを訪れなければならないという、何とも中途半端な結末を残して、大阪方面への電車に乗り込みます・・・



<本日(2015/04/04(土)の実績>
・本日の実績   :32,027歩(25.6km)
・2015年4月の実績:60,382歩(48.3km)
・2015年の実績  :731,836歩(585.5km)

・訪問済路線数  :101路線/137路線(73.7%)
・訪問済駅数   :1,066駅/1,686駅(63.2%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 上郡 SPring-8 エイトちゃん 赤松則村 円心 千種川

JR西日本・山陽本線(その31)

○有年(うね)駅(兵庫県赤穂市)

引き続き、国道2号線を西に進みます(v.v)
だんだん田園風景も多くなってきた中、(筆者にとっては)真新しい黄色の列車がゴトゴトと進んでおります。
20150404-044.jpg


やがて、次の有年駅に到着します(v.v)
なんだか懐かしい雰囲気を覚える、昔ながらの「駅!」というたたずまいの駅舎ですよねー
20150404-048.jpg

有年駅の周辺、個人商店や住宅はあるもののブラブラするほど大きな駅前ではないんですが・・・・駅前の駐車場にはこのような大きな看板を見かけます。
20150404-049.jpg

将来的にはこの絵のようにする予定のようですが・・・えっ、駅前の駐車場とかどこ行くんでしょう???(@_@)
Wikipediaによれば、兵庫県内で最古の駅舎らしいんですが、どうか雰囲気たっぷりの既存の駅舎を有効に生かして、再開発していただきたいものです。

その他、実はその昔この有年駅から明石方面への鉄道が伸びてはいたものの、赤穂線の開通に伴って廃線になった・・・など、穏やかな雰囲気ながら実は激動やった歴史を知り、改めて「鉄道王国」と呼ばれていた関西の鉄道史の奥深さを感じた次第です。


有年駅を出てほどなく、今度は進路を国道373号線に切り替えて、沿線を北上します。
ここでも、沿線でぼちぼち満開の桜を見かけては、心穏やかに先を進みます(^^)
20150404-052.jpg


(「JR西日本・山陽本線(その32)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 有年 赤穂線 鉄道王国

JR西日本・山陽本線(その30)

○相生駅(兵庫県相生市)
(JR西日本・山陽新幹線 相生駅 乗換駅)

かくして姫路駅から電車に乗り、去年末以来の相生駅に降り立ちます。
去年は真っ暗な中で降り立ったので、駅舎や駅前の様子はよくわかりませんでしたが、ようやく駅前の巨大なイカリのオブジェも確認できますねー
20150404-034.jpg20150404-035.jpg

ここ相生と言えば、(前回歩いたときにも分かったように)カキの名産地で、特に今の旬の時期はカキを使ったお好み焼きなどもおいしいらしいんですが・・・残念ながら、そういった料理を提供しているのは、ここ相生駅から少々離れたお店が多いようでして・・・
仕方なく、沿線歩きに戻ります。
次回、JR西日本・赤穂線の沿線を歩く際にでも、十分堪能させていただきたいと思います(v.v)


以前と同様、国道2号線を引き続き西に向かいます。
これまでは、沿道にはビルや商業施設が軒を並べていたんですが、だんだん山がちの光景が広がってきます。
それにつれ、書くべきネタも・・・(T_T)
20150404-037.jpg

・・・とも思ったんですが、やはりこの時期!
民家の脇に咲く桜の花に癒されながら、沿線をテクテクと進みます(^^)
20150404-041.jpg

やがて、沿道には田んぼなども広がってくるんですが、そこでぼちぼち現れてきたのは、筆者が今までに見たこともない光景。
20150404-043.jpg

へぇー、確かに、和歌山では巨大な風力発電用の風車、京都・桂川(嵐山)では小水力発電用の施設などいろいろ見てきましたが、こりゃ立派なメガソーラーですやん!(@_@)

しかも、田んぼや畑の片隅に設置されてるということは、地主の方があえて意識して設置されてるんですよねぇ・・・
ということは、この辺りそれだけ休耕田が多いということなんでしょうか???(?_?)


(「JR西日本・山陽本線(その31)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 相生 メガソーラー カキ

季節を変えておさらいシリーズ#12(その2)

城内をブラブラしますが、一面に桜の木が植えられていて、なかなか飽きることありません(^^)
20150404-011.jpg

ところどころ、こうやって天守閣と桜が映えるアングルを探しては写メ撮りますが、いやー撮る側としても、なかなかええ絵が撮れるのがうれしいところです。
20150404-014.jpg20150404-016.jpg
20150404-021.jpg20150404-028.jpg


天守閣へ入るには1時間半待ちということやったんで(-_-;、仕方なく城内をブラブラして城内広場に戻ってきたところ、そこではまさにバイオリンの生演奏をやってはりました!
20150404-024.jpg

おお、(お天気はそこそこあいにくですが)一面にあふれる桜の花の下、何とも風情のある「粋」なイベントやないですか!(^^)
後から確認したところでは、他にも琴などの音楽とのコラボをやってはったそうで、なかなか新しくてええ試みですよね!

ホンマに、あいにくのお天気だけが恨めしい中、満足やった姫路城を後にします(v.v)


(「JR西日本・山陽本線(その30)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:世界遺産 国宝 姫路城 日本のさくら100選

季節を変えておさらいシリーズ#12(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

東京では、ごくごく身近なA(^^;桜を堪能した筆者ではありますが、やはりベースである関西の桜を楽しまねば!ということで、計画有給使って久々に関西に帰ってまいりました(v.v)

ちょうど「青春18きっぷ」の時期やし、何より関西は桜の見ごろなんで、今日も出かけます。

今日出かけるのは、東京出張になる前の去年10月に訪れた世界文化遺産・国宝である「姫路城」
去年秋の段階では、まだまだ修復工事の足場が残る状態やったんですが、3月末にリニューアルオープンになったということで、どんな具合になってるのか楽しみにしております~


大阪から電車に揺られること小一時間、姫路駅に降り立ちます。
大阪市内は晴れ間こそのぞいていたんですが、ここ姫路は少々曇りがちなんがちょっと残念。
20150404-001.jpg

駅から姫路城からは少々離れてるんで、大通りをテクテク進みます。
前回は「黒田官兵衛」一色やったんですが、沿道にはリニューアルオープンしたばかりの姫路城をPRするのぼりが一面掲げられておりますねー
20150404-003.jpg


駅から歩くこと約10分、お城の外堀が見えてきました。
曇りがちの天気なのが残念なんですが、淡い桜の花と天守閣の真っ白な城壁が映えて、なかなかええ感じやないですか!(^o^)
20150404-007.jpg

城門をくぐると、もう沿道には一面の桜!
人出が多すぎてなかなかゆっくり楽しめないのが、少々残念。
20150404-008.jpg20150404-009.jpg

そういや、これまで桜のシーズンに訪れたことはなかったんですが、さすが日本さくら名所100選に選ばれたスポットですねー


(「季節を変えておさらいシリーズ#12(その2)」に続く)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:世界遺産 天守閣 姫路城 日本さくら名所100選

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。