プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その33)

○岩代駅(和歌山県日高郡みなべ町)

切目駅を出ると、再び海が一望できる熊野街道に戻ります(v.v)。
やがて、切目崎と呼ばれる岬の周辺に到着しますが、そこで見かけたのがこのモニュメント。
20150807-013.jpg

へぇー、「和歌山県の朝日夕陽百選」のスポットですか・・・
筆者はこれまで全く意識したことがなかったんですが、確かにここ和歌山やったら、大海原を背景とした雄大な光景は多いでしょうねー

と、誘導先のサイト見てたら、和歌山城やとか道成寺など、筆者が実際に行ったことあるスポットもありますやんA(^^;
うーん、もちょっと町の中をちゃんと見て歩かんとあきませんね・・・


後から分かったことですが、この日の和歌山県中部は快晴・気温37℃!
天気予報もそれに近い数字言ってたんで気を付けてましたが、またぞろ暑さでバテバテになってきました(x_x;

事前に期待してた海風もまったく吹かず、かつ日陰になりそうな建物も何もなく・・・ただひたすらに、照り返しの強いアスファルト道を、かつ南に向けて進んでるわけで、ゆっくり休もうにもなかなか思うようにいきません・・・(-_-)

目の前には、真っ青な空に真っ青な海。しかも右手には、このJR紀勢本線の中間地点でもある白浜の街の姿も見えてきます!
20150807-016.jpg

そこそこのスローペースで進んだ結果、けっこうな時間をかけて次のみなべ町に入ります。
ここまでで、スポーツドリンクやら麦茶は3、4リットルは飲んだでしょうか・・・
20150807-018.jpg

かれこれ2時間ほど歩いたところで、ようやく次の岩代駅の入り口にたどり着きます。
そうかー、ここみなべ町は、和歌山名物で全国的に有名な南高梅(なんこううめ)を生んだ土地!
日本最大の梅林もある土地ですねー
20150807-021.jpg

熊野街道から少しばかり入り込んだところに、岩代駅の駅舎。
こちらも何とも小ぢんまりとした、懐かしい雰囲気の残る駅舎ですねー
20150807-022.jpg


さて時間的にはまだまだ早いんですが、これまで思い切り暑さでやられて、ヘロヘロですでに戦意喪失です(x_x;
折しも御坊方面行きの電車の時間も近かったんで、歩行距離こそ非常に短いんですが、本日はここまでとしたいと思います。


<本日(2015/08/07(金)の実績>
・本日の実績   :23,411歩(18.7km)
・2015年8月の実績:67,883歩(54.3km)
・2015年の実績  :1,627,532歩(1,302.0km)

・訪問済路線数  :103路線/137路線(75.2%)
・訪問済駅数   :1,083駅/1,686駅(64.2%)



スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 岩代 切目崎 和歌山の朝日夕陽百選 南高梅

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その32)

相変わらずええお天気が続いているここ近畿地方です(v.v)

東京への長期出張の合間を縫い、久々に大阪に帰省してる筆者。
毎日ええお天気なのはええんですが、何が楽しくて1年で一番暑い時期に休み取ったんやら・・・(-_-)

とまあ愚痴ってても仕方ないので、今日も朝早くから出かけます。
今日歩くのは、昨年8月以来1年ぶりのJR西日本・紀勢本線(きのくに線)

近畿エリアで最も長い路線(204.0km)なんですが、2012年12月から歩き始めてかれこれ2年半。
ようやく沿線の半分近くまで来てますので、暑い中今日もできるだけ進みたいと思います(v.v)


○印南(いなみ)駅(和歌山県日高郡印南町)
○切目駅(和歌山県日高郡印南町)

前回ラストやった印南駅に降り立ちます(v.v)
いやー、この「かえる大橋」も1年ぶりなんですが、相変わらずの存在感ですよねー(^^)
20150807-003.jpg

前回駅の周りはブラブラしたので、さっそく沿線歩きに移ります。
少々入り組んだ道を抜けて、熊野街道に出ると・・・をを、もうそこには青い海と青い空!(^o^)
めっちゃ「和歌山!」って感じの光景(?)が広がってますやん!
20150807-006.jpg


ところで、先日歩いたJR西日本・北陸本線沿線で、暑さのため相当バテバテになった筆者(-_-)
再び今日のような快晴の日に出かけるのもすごく心配やったんですが、予習で今回はずっと海際を歩くの分かってたんで、少なくとも海からの風で少しは涼しいかと思ってるんですけどねー

小一時間ほど歩いたところで、次の切目駅に到着します。
うーん、やはり前回道さえ迷わなければ、楽勝で来れたやん!(>_<)
20150807-010.jpg

こちらも、なんともこじんまりとした無人駅。
少々熱さは感じてきてたんで、こちらでしばらくクールダウン&休憩です。

こうやってたびたび駅中で休むことも多い筆者ですが、特に和歌山の駅に特徴的な構内の掲示をここでも見かけます。
そう、「津波の時の避難経路」
20150807-011.jpg

まー確かに、海からめっちゃ近いところ、しかも海抜3~7mってところをずっと歩いてきまして。
例の「南海トラフ沖地震」もそのうち発生すると言われてますから、要所要所でこういった「津波の時の避難路」は確認しながら進むようにしてます(v.v)


しばしの休憩のあと、再び沿線歩きへ。
と、もうこの辺りになると街路樹もこんな感じで、既に南国ムード漂ってますねー(^^)
20150807-012.jpg


(「JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その33)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 印南 かえる大橋 切目

JR西日本・北陸本線(その6)

陽も沈みかけてきたんですが、せっかくなんで駅東側をブラブラしてみます(v.v)

商店街の中に入ってまず目に付いたのは、いわゆる「山車」(曳山)を収納してる建物!
20150804-040.jpg

ここ長浜では、毎年4月に長浜曳山祭りというお祭りが開催され、こども歌舞伎などいろんな催し物が行われるそうです。

そもそもは地元の「村祭り」のようなものはあったそうですが、豊臣秀吉はんがここ長浜城の城主されてる際に男の子が誕生したそうで。
それに喜んだ秀吉はんが、地元の住民に砂金を授け、それを資金に地元の方がこういった「曳山」を作られて、今に至る大々的なお祭りになっているようです。
しかも、今年の秋には、ユネスコ・世界無形文化遺産に認定される可能性も高いとのことです。


更に通りをブラブラしてますと・・・筆者が「長浜=黒壁」という先入観?を持ったきっかけになった建物、「黒壁スクエア」が現れます。
20150804-041.jpg

この黒壁スクエア(1号館)、元々は1899年に建てられた旧第百三十銀行の建物やったんですが、建物の老朽化に伴って取り壊しが取りざたされたことがあったそうでして。
そこで、古都の歴史的な建物を守るために第三セクターのプロジェクトが立ち上げられ、この建物はガラス工芸のお店が入り、以後周りの建物も「黒壁」を踏襲して、現在では29号館まであるらしいですね!(@_@)


引き続き商店街をブラブラしてますと、その「黒壁29号館」である海洋堂はんのフィギュアミュージアムが!
ええっ、大阪が世界に誇るフィギュアメーカーである海洋堂はんが、何で長浜に???(?_?)
20150804-043.jpg

せっかくなんで店内をブラブラしてみましたが・・・結局その答えは分からずじまいでした・・・


かくして、以前から楽しみにしていた長浜の街を少しだけかじれた筆者。
ひとえに「ヤンマースタジアム」は残念でしたが、また次回のお楽しみということで(^^)


<本日(2015/08/04(火)の実績>
・本日の実績   :23,366歩(18.7km)
・2015年8月の実績:40,531歩(32.4km)
・2015年の実績  :1,600,180歩(1,280.1km)

・訪問済路線数  :103路線/137路線(75.2%)
・訪問済駅数   :1,081駅/1,686駅(64.1%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 曳山 ユネスコ世界無形文化遺産 海洋堂 黒壁スクエア

JR西日本・北陸本線(その5)

さらに長浜駅東側の道を進んでますと、また何とも味のある建物が。
20150804-031.jpg

この建物、鐘秀館という建物なんですが・・・後から調べてみたところ今の建物が三代目で、この建物は2009年に竣工されたけっこう新しい建物でした・・・

それでも、街並みの雰囲気に合った、なかなかオシャレな建物!
辺りをブラブラしてますと、近くにこんな看板を見つけます。
20150804-032.jpg

へぇー、以前からちょこちょこお伝えしてる通り、大阪を中心とした関西圏では、
「駐車場=『モータープール』」
という表現が主流。
今までエスカレーター右乗り/左乗りの範囲は地道に調査してましたがA(^^;、さすがに「モータープール」の境界線は全然気にしてなかったですねぇ・・・

次回からは、(あくまで気が付いた範囲で)その境界線もリサーチしてみたいと思っております(v.v)


さて、沿線を進むことほどなく、ようやく次の長浜駅に到着です。
20150804-048.jpg

いやー、ええ加減暑さでバテバテになってただけに、ようやく一段落です(x_x;


駅前で一休み&一服した後、以前から興味津々やった長浜駅の周りをブラブラしてみます。
駅前で目に付くのは、豊臣秀吉石田三成の出会いの像。
20150804-037.jpg

後でネットで調べて思い出しましたが・・・秀吉はんが鷹狩りに出かけ、喉が渇いたので近くの寺に立ち寄りお茶を求めたところ、当時寺の小僧やった三成はんは、最初はぬるめのお茶をたっぷり、次に少々熱めのお茶を適量、最後に熱めのお茶を少量・・・という風に、相手が望むところに的確に応えたところがところが気に入られて、秀吉はんの家来になったエピソードが有名です。


(「JR西日本・北陸本線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 鐘秀館 石田三成 豊臣秀吉 モータープール

JR西日本・北陸本線(その4)

○長浜駅(滋賀県長浜市)「近畿の百駅」 選定駅

陽がガンガン照り付ける中、ちょこちょこ休憩を取りながら沿線を進んでますと、とうとう日は西に傾き(-_-)
このブログで鉄道沿線歩き始めたころは、こんな暑さの中でも平気で進んでたように思うんですが・・・やはり年齢なんでしょうか・・・


ともあれ、ヘロヘロになりながら沿線を進んでますと、彼方に象徴的な看板が見えてきます!
20150804-024.jpg

・・・そう、農業機械や船舶エンジン、セレッソ大阪のスポンサー、何より「ヤン坊マー坊天気予報」で有名な、関西が誇る世界企業・ヤンマーはんの工場!

本社自体は、大阪駅からちょっと北東に行った辺りにあるんですが、何よりこの滋賀県・長浜は創業者である山岡孫吉はんの出身地で、創業時はここ長浜でエンジンの展示会などもやってはったそうです。
現在は工場をはじめ、研究施設や記念館などがここ長浜にあるそうですね。


通りを西に少し入ると、その記念館(ヤンマーミュージアム)が現れます。
20150804-026.jpg

実のところ、筆者もここへの入場に間に合うように出発したつもりやったんですが・・・何せ半端ない暑さでバテバテで!
閉館時間ギリギリで間に合いませんでした・・・(T_T)

館内には農業や漁業の体験型施設があり、大人も子供も楽しめるようなんですが・・・まあ、次回気候の良い時期に改めて訪れることにします(v.v)


気を取り直して、沿線の通りを進みます。
もうこの辺りから、何とも雰囲気のある街並みが現れてきますねー
20150804-027.jpg20150804-029.jpg

ただ、筆者がさまざま予習してきた「長浜=黒壁」の建物は全くなく、近江八幡などで見かけた白壁+うだつの、ホンマに昔ながらの作りの建物が多いようです(?_?)
20150804-030.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 ヤンマー 山岡孫吉 セレッソ大阪 ヤン坊マー坊天気予報 黒壁

JR西日本・北陸本線(その3)

○田村駅(滋賀県長浜市)

引き続き、日差しが照り付ける中沿線を進みます。
辺りには田園風景が広がっているため、照り返しが少ない&吹き抜ける風が涼しい分、まだ暑さが抑えられているのが幸いです。

と、遥か彼方左手に、何やら巨大なドーム状の建物が!(@_@)
20150804-018.jpg

あいにく歩いてるときは知らなかったんですが、これ「長浜バイオ大学ドーム」(旧・滋賀県立長浜ドーム)というスポーツ施設。
他のスポーツ施設と同様に、こちらも滋賀県がネーミングライツ(命名権)を売りに出した結果、2016年1月から名前が変更になる施設のようですね。

関西でも、有名なところでは大阪ドーム⇒京セラドーム大阪グリーンスタジアム神戸⇒ほっともっとフィールド神戸など、何だかしっくりこない(⇒失礼)名前が多いんですが・・・どうぞ自社のPRは織り込みつつも、センスのある命名をお願いしたいものですm(_ _)m


沿線を進むと、やがて次の長浜市に入りました!
北陸本線沿線は、筆者が今まで一度も訪れたことのない街ばかりなんで、これからどんな光景と遭遇できるかが楽しみです。
20150804-019.jpg

そして坂田駅から沿線を歩くこと約40分。次の田村駅に到着します。
こちらも、平屋建の駅舎が特徴的な無人駅のようですねー
20150804-021.jpg

暑さのためバテバテやった筆者は、ここでもしばしのクールダウン(x_x;
昔はそこそこの暑さの中でも平気で街歩きやってたような気がするんですが、ここのところ暑さでバテバテ続きで・・・やはり年のせいなんでしょうか・・・

一息ついた後で駅の周りもブラブラしてみますが、特にこれと言って書くべきネタもなく。
仕方ないので先に進んでいますと、青々とした水田の脇を流れる水のきれいなこと!(^o^)
20150804-022.jpg

だいたい、田んぼのあぜ道を流れてる水って多少なりとも濁ったりしてるもんなんですが・・・
改めて思い返すと、醒ヶ井駅周辺をはじめとして、琵琶湖北東部の水のきれいさは非常に印象に残っています。

やはりこういった美しい水が、筆者の大好きな「近江米」のおいしさのベースとなっているんでしょうか(v.v)


(「JR西日本・北陸本線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 田村 長浜ドーム ネーミングライツ 長浜バイオ大学ドーム 近江米

JR西日本・北陸本線(その2)

○坂田駅(滋賀県米原市)

米原駅を出てから約50分。
ガシガシ照り付ける太陽に早くもくたびれかけて歩いてますと、彼方に次の坂田駅の駅舎が見えてきます。
20150804-011.jpg

と、何とも見慣れない標識を見るなり、
「をを、これがウワサの『ラウンドアバウト交差点』かいな!(@o@)」
と気づいてしまいました。

最近導入が進んでいるこの「ラウンドアバウト交差点」、信号などのインフラコストがかからない割に事故率が低く、ヨーロッパではかなり普及している仕組みらしいんですが、筆者が実際に見たのは、この秋まで仮住まいしていた東京・聖蹟桜ヶ丘とここ坂田駅前の2ヶ所。
まだまだ日本では普及し始めたばかりやから、車運転される方には慣れない部分もかなり多いと思いますが、今後全国規模で広がっていけばいいですねー
⇒ただ筆者が見てる限りでは、残念ながら通ってる車は限りなくゼロでしたがA(^^;


さて、さすがの暑さにやられて、早くもここ坂田駅の駅舎内でクールダウンです(x_x;
このように平屋建ての懐かしい雰囲気のある駅舎は、地域の方のコミュニティスペースも入っていて、広々とした空間です。
20150804-013.jpg

一通り落ち着いた後で駅前をブラブラしますが・・・住宅街が広がっていて、何とも静かな雰囲気。
その代り、先ほど見かけたラウンドアバウト交差点の中心に建てられていたのがこの像。
20150804-016.jpg

まだまだ歴史に疎い筆者はあまり知らなかったんですが、その昔戦国時代の後期にこの辺りの地を治めてはった山内一豊とその奥さん(見性院)。
今や「良妻賢母」「内助の功」という言葉の代名詞となってるご夫婦ですが、意外に身近な場所にゆかりのある方だということが分かって、改めて親近感を覚えてしまいました(v.v)

駅前のロータリーには、このように近辺の観光スポットを紹介するボードも建てられているんですが、やはり山内一豊はん関連の史跡・遺跡が多いようです。
20150804-014.jpg



(「JR西日本・北陸本線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 坂田 山内一豊 ラウンドアバウト交差点

JR西日本・北陸本線(その1)

寄りにもよって、1年で一番暑い季節に帰阪し、あちこちぶらぶら歩きまわってる筆者(-_-;
とはいえ、今日も非常にええお天気に恵まれたんで、さっそく街歩きの旅に出かけます。

今日歩くのは、久々の新しい路線であるJR西日本・北陸本線
滋賀県の米原から福井方面を経て、最近北陸新幹線開通でにぎわってる金沢までを結ぶ路線ですねー

まー筆者が行けるのはせいぜい滋賀と福井との県境までですがA(^^;、この辺り個人的には十分にネタも仕込んでるし、これまでにない滋賀県の魅力を発見できるのではと、非常に楽しみではあります!(^o^)


○米原駅(滋賀県米原市)
(JR東海・東海道本線/近江鉄道・本線 米原駅 乗換駅)


相変わらずの日照り&暑さの中、久々の米原駅に降り立ちます。
それにしても、真っ青な空にホンマに「夏!」という感じの雲が広がってますやん!
20150804-001.jpg

米原駅の駅周辺はそこそこブラついてるんで、さっそく沿線歩きに移ります(v.v)
20150804-002.jpg


沿線は一面の田園風景が広がっていてるんですが、沿道の田んぼにはもうけっこうな数の粒を付けた稲。
へぇー、この辺りって結構早い時期に米が実るんですね・・・
20150804-004.jpg

この辺をはじめ、滋賀県で作られている「近江米」
あくまで個人的な見解ではありますが、あまたあるいわゆる「ブランド米」の中でも群を抜いておいしいのでは?と思っております(v.v)
どうぞ、これからもおいしいお米を作っていただきますよう!m(_ _)m


沿線の道を進んでますと、沿道にこのような石碑を見かけます。
20150804-007.jpg

あいにく筆者は知らなかったんですが、この「北国街道」とは滋賀県・米原から新潟県・直江津までを結んでいた街道なんやそうで、とりあえずの今日の到達目標としてる長浜などはまさにこの北国街道の宿場町やったそうです(v.v)
これまでも様々な史跡・遺跡を見かけましたが、やはり昔から京都・大阪と並んで流通や交通の要所であった滋賀には、このような歴史の名残があちこちに残されておりますねー



(「JR西日本・北陸本線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 米原 北国街道 近江米

京都府与謝郡伊根町の町歩き(その4)

引き続き海岸線をブラブラしてますと、このようにまさに「民家の軒先」というところも通ったりします。
20150802-020.jpg

さすがに実際に人が住まれてる民家なんで、ガッツリ正面から写真撮れないのが残念なんですが、それでもいわゆる「舟屋」の様子がよくわかるのではないかと(v.v)


さて、一通り伊根の街をブラブラしたところで、街の片隅に見かけたのが民宿も経営されてる「えびすや」さん。
20150802-021.jpg

ここ伊根町は、昔ながらの風情のある漁村ということで、例えば「釣りバカ日誌」や「男はつらいよ」などの往年の名画の舞台にも使われてきたそうですが、ここ「えびすや」さんはNHKの連続テレビ小説「ええにょぼ」の、まさに舞台となった建物らしいですね!


伊根町の町中を一通り散策し、いざ帰路につきます(v.v)
いやー、何とも独特の雰囲気を持った街並みを堪能させていただき、大阪から5時間近くかけて来た甲斐があったってもんです!
20150802-024.jpg

伊根のバス停で帰りのバスを待ってると・・・えっ、学校の自転車置き場まで「舟屋」にしようとしてはるんですか???(@_@)
20150802-026.jpg



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:伊根 舟屋 重要伝統的建造物群保存地区 ええにょぼ

京都府与謝郡伊根町の町歩き(その3)

筆者が事前に予習したところでは、この伊根町の街並みを一通り散策するのに約2時間弱。
ガンガンに照り付ける日差しに汗だくになり始めてた筆者は、涼を求めて海岸線に降りてみます。
20150802-016.jpg

いつものことながら、ホンマに透き通った海!(^o^)
寄せては返す波の様子をただぼんやり見てるだけで、十分リフレッシュできます。


引き続き伊根の街並みをブラブラしてますと、「資料館」という建物が。
木造で雰囲気たっぷりのたたずまいで、筆者も是非とも立ち寄ろうとしたところ・・・日曜日は休館でした(T_T)
20150802-017.jpg

えー、全国的にもそこそこ有名になった観光スポットなんやから、書き入れ時の土日祝日は開けといた方がよかったんちゃいますか?!(-_-)>伊根町の担当者の方。

仕方ないので引き続き街中を進みます。
車が一台通れる細い道の脇には、このように歴史を感じさせる造りの建物も見かけます。
20150802-019.jpg

中には、昔ながらの舟屋を改装してカフェや民宿を営んでおられるお家もあるようですねー
海からの風も心地よく、騒音etc.も何もなくただ潮騒の音だけが聞こえる・・・なんて、まー何とも贅沢な雰囲気です。


(「京都府与謝郡伊根町の町歩き(その4)」に続く)



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:伊根 舟屋 重要伝統的建造物群保存地区

京都府与謝郡伊根町の町歩き(その2)

宮津駅からバスに揺られること約1時間。
文字通り「伊根」というバス停で降り立った筆者ですが、もうすぐそこには、このエリア固有の「伊根の舟屋」の解説ボードが設けられてます!
20150802-006.jpg

確かに、このボードの傍らには、既に舟屋造りの建物が見えてるではありませんか!(@_@)
20150802-007.jpg

へえー、実物は初めて見ましたが、確かに建物の1階部分に船を収納する作りになってますねー
この舟屋群、古くは江戸時代から存在してるのもあるそうでして、その特徴的な造りから、漁村では全国で初めての重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けているそうです!

実際のところ、筆者がたどり着いた場所は「舟屋群」の端っことのことやったんで、街並みに沿ってブラブラと歩きます(v.v)


この舟屋群がある場所、地理的には入り江になっているため、少し歩くだけでこのように舟屋の様子が一望できます(^^)
20150802-008.jpg20150802-010.jpg

おりしも、海岸線では臨時の「カフェ」が設置されてまして、穏やかな海の景色を眺めながら一休みできるようになってるようです。
20150802-011.jpg



(「京都府与謝郡伊根町の町歩き(その3)」に続く)



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:伊根 舟屋 重要伝統的建造物群保存地区

京都府与謝郡伊根町の町歩き(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

仕事の都合も付き、久々に1週間の夏休みが取れた筆者。
ほぼ1か月ぶりに大阪に戻ってきましたが・・・関東と変わらず関西も暑い!(x_x;

いつものように「青春18きっぷ」を購入してこの休みを待ち構えてましたが、後から聞いたところでは、これから一週間が夏場で一番暑い時期なんやそうです(-_-;
うーん、何とも微妙な時期に休み取ったもんだと思いますが、仕方ないんで、天気予報の情報を見ながら行先も調整かけていきたいと思います。

さてそんな一発目は沿線歩きから少し離れ、以前から是非とも行ってみたかった京都府与謝郡伊根町を訪れます。
沿線歩きではけっこう近く歩いてはいたものの、今後もなかなか行く機会もないやろうから、この機会にと思いまして(v.v)


いつものように早起きして、JR西日本・福知山線を経由して向います。
中間地点である福知山駅には昼前に到着しますが、駅前では何やらステージの準備してはりますねー
夏のイベントか何かに使うんでしょうか?(?_?)
20150802-001.jpg

さて、時間はお昼。
せっかくなんで、ここでも以前から行ってみたかった福知山名物のB級グルメ、「ゴム焼きそば」を駅前のお店でいただきます。
20150802-002.jpg

その名前からは、すんごいカチカチの食感を勝手に想像してたんですが・・・意外や柔らかく、かといって大阪市内などで食べる焼きそばよりは食感がしっかりしていて、なかなか独特の感覚が楽しめました。


さて、腹ごしらえも済んだところで、次の宮津駅に向かいます(v.v)
そういや、路線の運営会社が北近畿タンゴ鉄道(KTR)から京都丹後鉄道(丹鉄)に変わってから、初めて利用しますねー
20150802-003.jpg

丹鉄の各駅停車に揺られること小一時間、去年年末以来の宮津駅に到着します。
駅の待合室の中には、お盆の精霊流して使われる、巨大な飾り船が飾られておりますねー!(^^)
20150802-005.jpg20150802-004.jpg



(「京都府与謝郡伊根町の町歩き(その2)」に続く)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:京都丹後鉄道 北近畿タンゴ鉄道 KTR 福知山 宮津 精霊流し ゴム焼きそば B級グルメ 伊根町

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。