プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都丹後鉄道・宮豊線(その12)

宮津行きの列車までしばらく時間があるので、初めて訪れる峰山駅の構内をブラブラ散策します(v.v)

地上階が路線、2階が通路+改札となっている峰山駅ですが、2階の通路途中には、待合室も兼ねたスペースが設けられています。
沿線PRなどさまざまな展示がなされている中で見かけたのは、旧・北近畿タンゴ鉄道(KTR)時代の写真。
20151230-031.jpg

へぇー、筆者は地元じゃないので知らなかったんですが、旧・KTRはんは地域ぐるみのいろんなイベントや企画やってはって、地元の方からはすごく愛着を持たれていたんですね・・・

改めて考えると、「鉄道」ってまさにその街の象徴。
筆者がこれまで見てきた周辺案内図も、(路線の名前こそほとんど昔のままでしたが)KTRはんの路線や駅を中心に描かれてました。

さかのぼれば旧・国鉄時代から、地元の人の足として親しまれてきた存在なわけで、会社の財務状況が云々という話とは全然関係なく、その地域の人にはなくてはならない存在なんですよね・・・

この路線も、ここ三十年あまりで経営母体も2回変わってるわけですが、どうか今後も末永く地元の人の足として活躍していただきたいものです(v.v)


さて宮津駅に戻り、ネットの「乗換案内」で次の列車が快速急行である旨の情報は知っていたのですが、駅のホームに入ってきたのは・・・
20151230-035.jpg

をを、今年11月に運航を始めたばかりの観光列車「丹後の海」号の車両!(^o^)/
車両の運行の都合etc.あるんでしょうが、まさか普通車料金でデビューほやほやの観光列車に乗れるとは!!(^o^)

年末やからか、2両編成の列車でも乗客はまばら。
それでも、木目を生かした内装がすごく素敵やし、何よりデビュー間もなくということもあり、木のさわやかな香りが漂っています(^^)
20151230-032.jpg

さすが観光列車らしく、座席もゆったりで、ヘッドカバーにはぜいたくにも丹後ちりめんが用いられています。
20151230-034.jpg

いやー、去年暮れに「あおまつ号」に乗った時もさることながら、何ともぜいたくな気分に浸りながら大阪への家路につきます。



<本日(2015/12/30(水)の実績>
・本日の実績   :27,738歩(22.2km)
・2015年12月の実績:312,478歩(250.0km)
・2015年の実績  :2,719,675歩(2,175.7km)

・訪問済路線数  :104路線/137路線(75.9%)
・訪問済駅数   :1,094駅/1,686駅(64.9%)



スポンサーサイト

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 峰山 丹後ちりめん 丹後の海 ちりめん 北近畿タンゴ鉄道 KTR

京都丹後鉄道・宮豊線(その11)

○峰山駅(京都府京丹後市)

引き続き沿線の道を進んでますと、次の峰山町に入ります。
20151230-024.jpg

同じ京丹後市やのに、何でわざわざ京丹後大宮駅周辺との境界あるのか不明やし、しかも境界またいだとたんにマンホールデザインも全然違うし!(@_@)
20151230-011.jpg20151230-026.jpg

・・・と、後でわかったことですが、ここ京丹後市は2004年に(当時の)大宮町、峰山町が合併してできた、比較的新しい街なんやそうですね。
確かに、京都府北部や滋賀県をブラブラしてて、特にマンホールデザインでその名残を感じることが多かった筆者ですが、ここもそうやったんですねー


旧峰山町に入ってからは、沿線はだんだんとにぎわってきます。
こちらは、筆者が今までに見たことがないほどの巨大スケールのローソン
20151230-025.jpg

ええっ、GSが隣り合わせとはいえ、ちょっとした大型スーパー並みの大きさですやん!(@_@)


もう一つ、沿線でよく見かけるんが、この「天女」のイメージキャラクター。
そういや、旧・峰山町のマンホールデザインにも描かれてましたよねぇ・・・
20151230-027.jpg

ここ旧・峰山町は、滋賀県長浜市余呉湖周辺と共に「天の羽衣」伝説が伝わるところなんやそうです、
(歴史的には長浜市に伝わる伝説が日本最古らしいですが)

かくいう筆者も、余呉湖はJR西日本・北陸本線沿線の旅で近々立ち寄る予定がありますが、へぇー、子供の頃に絵本で読んだ物語の舞台がまさにここやったとは、何とも不思議な感じですねー


さて、若干道を迷いながら沿線を歩くこと約1時間半ちょっと。
日も暮れかけてきた中、少々入り組んだ場所にあるんで苦労しましたが(x_x;、ようやく次の峰山駅に到着です!
20151230-030.jpg

何とも不思議なデザインの駅舎。
さらによく見ると、屋根の上の構造物からロープみたいなんが垂れ下がってるではありませんか!

・・・これも後でわかったことなんですが、この峰山駅の駅舎は数年前の駅舎建て替えにあたり、丹後ちりめん発祥の地にちなんで機織り機をイメージしたデザインになったんやそうですd(-.-)


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 宮豊線 峰山 丹後ちりめん 天の羽衣 北近畿タンゴ鉄道 KTR

京都丹後鉄道・宮豊線(その10)

丹後大宮駅の周辺には大きなお店も少ないため、駅前の通りをブラブラ進みます(v.v)
やがて現れたのが大野神社
さらにこの神社の中には、その昔存在した大野城の址があるそうです。
20151230-017.jpg

そういえば、この辺りでお城やその址を見かけたのは福知山城以来なので、立ち寄ってみます。

大野神社の本殿前を通り、大野城址を巡っていると、そこで見かけたのはこの石碑。
20151230-018.jpg20151230-019.jpg

説明文によると、昔この地に住んでいた蒲田善兵衛というちりめん業者の人が、自らの私財を投じて綿糸からちりめんを生産する方法を開発し、ご当地のちりめん産業の発展に大きく貢献されたとのこと。

筆者もあちこち歩き回って感じることですが、昔は地域発展のために私財や労力を惜しまずつぎ込まれた方が少なからずいらっしゃって、それがいまだに地域に恩恵をもたらしているんですよね・・・
昔の方の「先見の明」もさることながら、その熱意・情熱が今でも受け継がれているのを目の当たりにすると、つくづく昔の人の偉大さを感じます。


さらに駅前の通りを進んでますと、口大野公民館(旧口大野村役場庁舎)という建物を見かけますが、何ともレトロな雰囲気ですねー
20151230-021.jpg

建物に近づいてよく見ると、この建物は登録有形文化財に指定された建物のようです。


(「○京都丹後鉄道・宮豊線(その11)」に続く)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 宮豊線 丹後大宮 大野城 旧口大野村役場庁舎 蒲田善兵衛 丹後ちりめん

京都丹後鉄道・宮豊線(その9)

○京丹後大宮駅(旧駅名:丹後大宮駅)(京都府京丹後市)

何だか不穏な雰囲気になってきた上に、側道の幅もだんだん狭まってきます(T_T)
早めに脱出すべく、少々ピッチ上げて先を急ぎます。

そうこうしているうち、道路わきには京丹後市の境界標識が!
をを、筆者が未知のエリアが続々と現れますねぇ・・・
20151230-008.jpg

30分ほどビクビクしながら山がちの道を進み、ようやく歩道のある道が戻ってきます。
ホッと安心したところで、沿道で見かけたのがこの施設。
20151230-009.jpg

へぇー、旧KTR・宮福線の沿線でも見かけましたが、この辺りって薪ストーブを使ってはるところが多いんですかね?(?_?)
壁のポスターなど見る限りでは、森林保護にも積極的に行動してはるみたいです。


山がちの道を抜け、ようやく平地に入ります(v.v)
スタート時は一面に雲が広がってましたが、何とも爽やかな青空が広がってきたやないですか!(^o^)
20151230-012.jpg

引き続き国道312号線をテクテク歩いておりますと、交差点の角にこのようなお店を見かけます。
20151230-013.jpg

ネットでもお店やってはって、けっこう話題にもなってますが・・・「つぼりゅう」という丹後ちりめんの着物や小物を扱ってはるお店。
実はここ、今や「路線バスの旅」で人気が再燃しているタレント・太川陽介はんのご実家。
このお店自体は、おそらく兄弟の方が経営してはるようです。

筆者はまだアイドルしてはった頃から存じ上げてますがA(^^;、(移動手段こそ違えど)似たような&なかなか困難きわまる旅を続けてはるんで、そこそこの親近感を感じております。
2016年一発目は残念な結果になりましたが、今後とも頑張っていただきたいものです!


さて国道312号からわき道にそれ、若干ルートを戻ったところで、次の京丹後大宮駅に到着します。
20151230-016.jpg


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その10)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹後大宮 京丹後大宮 北近畿タンゴ鉄道 KTR 太川陽介 つぼりゅう 丹後ちりめん

京都丹後鉄道・宮豊線(その8)

今年もいよいよ押し詰まりましたが、まーそれにしても毎日ええお天気が続き、ええお正月が迎えられそうですね~(^o^)
とても年末年始とは思えない暖かさの中、今日も沿線歩きの旅に出かけます。

今日歩くのは、昨年年末以来の京都丹後鉄道・宮福線(旧名称「北近畿タンゴ鉄道(KTR)・宮津線」)の沿線。
何せスタート地点に行くまでが一苦労なんで、なかなか先に進めませんが(-_-;、今日もできる限り進みたいと思います。


○与謝野駅(旧駅名:野田川駅)(京都府与謝郡与謝野町)

そういや今年春に経営母体が変わってから、沿線を歩くのは初めてですねー
駅名も新たになった与謝野駅に降り立ちます。
20151230-001.jpg

大阪市内はそこそこええ天気やったんですが、沿線は雲が多め。
気温が高いせいで、寒い思いはせずに進めるのが幸いです(v.v)
20151230-002.jpg

と、住宅街の真ん中で見かけたのがこんなポスター。
ええっ、こんな住宅街やのにクマが出るんですか?!(@_@;;;
20151230-003.jpg

まさかの展開でけっこうビックリしましたが、気を取り直して先に進みます・・・


沿線を歩くこと約30分ほどで、辺りはずいぶんと山がちの景色が広がってきます。
知らないうちに、路線はえらいところ走ってたんですねー
20151230-004.jpg

そしてまた、道路わきに見かけたのがこの標識!
ええっ、4年ほど前に新三田駅の近辺で見かけ以来、すごく久しぶりの「動物注意」ですやん(@_@;;;
20151230-007.jpg


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 与謝野 野田川 北近畿タンゴ鉄道 KTR 動物注意

JR西日本・赤穂線(その2)

辺りもずいぶ薄暗くなった中で、沿道の駐車場脇に見つけたのがこの銅像。
20151228-055.jpg

若い方はご存じないかもしれませんが、筆者はリアルタイムで見ていたご当地相生出身の政治家・河本敏夫はんの銅像。
しかも、銅像の台座にある碑銘は、元総理・小泉純一郎はんが書きはったもの!(@_@)

リアルタイムで知ってる身としては、当時はけっこう「信念貫き通す実力派の政治家」という印象が強いんですが、そのせいか世間一般でよく言われてるのが
「河本敏夫はんのおかげで、相生に新幹線の駅ができた」
というウワサ。

確かに、1つの都道府県で4つの新幹線駅(新神戸、姫路、西明石、相生)があるのは、かなり例外中の例外なんですが・・・
ただ実際のところは、当時JRはんが計画していた夜行新幹線の運航の都合のために、あえてここ相生が新幹線の4番目の駅として決まったようですね(v.v)
⇒4つの駅でそれぞれ待期線を設ければ、都合8本の列車を同時に走らせることができますから


さて、辺りもすっかり薄暗くなった中で、次の西相生駅まで至るのはあきらめて(-_-)、ご当地名産の牡蠣料理を食べられるお店を探しにかかります(v.v)

と、ほどなく見つけたんが、「道の駅・あいおい白龍城(ぺーろんじょう)」という施設!
をを、「道の駅」はこれまで何度も訪れてますが、まさにピッタリのタイミングやないですか~(^o^)
20151228-059.jpg20151228-057.jpg

施設の中では焼き牡蠣etc.いろいろやってはるみたいなんですが、さすがに時間が遅いため全部閉まってまして・・・(T_T)
ただ、施設内の和食レストランは営業してはったんで、そちらでようやく「牡蠣玉丼」にありつきます。
20151228-058.jpg

小粒ながらも、濃厚な味の牡蠣を堪能できました!
次回は是非とも、取りたての牡蠣を焼き牡蠣etc.で楽しみたいものです。


お腹もいっぱいになったところで、帰路である相生駅に向かいます(v.v)
と、彼方にあるIHIはんの敷地内には、何ともきれいなイルミネーション!
20151228-060.jpg

あのイルミネーションの先にある西相生駅にたどれなかったんだけは残念ですが、それでも4度目&そこそこ大変な「近畿脱出」を果たし、何とも充実した気分で大阪に戻った次第です(v.v)


<本日(2015/12/28(月)の実績>
・本日の実績   :33,383歩(26.7km)
・2015年12月の実績:281,645歩(225.3km)
・2015年の実績  :2,688,842歩(2,151.1km)

・訪問済路線数  :104路線/137路線(75.9%)
・訪問済駅数   :1,092駅/1,686駅(64.8%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 相生 牡蠣 河本敏夫 夜行新幹線 道の駅 あいおい白龍城

JR西日本・赤穂線(その1)

○相生(あいおい)駅(兵庫県相生市)
(JR西日本・山陽本線/山陽新幹線 相生駅 乗換駅)

というわけで、いったん相生駅に戻ってきた筆者。
前回もちょっとばかし探索して、全然見つけられなかった「ど根性大根」を、思っきりPRしてはりますねーA(^^;
20151228-043.jpg

この時点で16時ということは、日没まであと1時間ちょっと。
ここから延びてる赤穂線の沿線も十分歩けますやん!

これまで相生は通過するだけやったし、せっかくなんで市街地をブラブラしながら赤穂線の沿線も進んでみたいと思います(v.v)


駅から南に歩くことしばし、大通り脇にある商店街を見かけます。
年末のこの時期、いろいろ賑わっているかと思いきや・・・何とも寂しい光景が。
20151228-048.jpg20151228-049.jpg

たまたま月曜日がお休みの店もあったんですが、たまたまこの時間帯に閉めてはるお店も多かったようです。
うーん、夕食に相生の名産・牡蠣料理のお店も探したかった筆者にとっては、何ともタイミング悪いです・・・(-_-)


さらに大通りを南下すると、もうそこには海!
と言っても、ここ相生はそこそこ入り組んだ地形のため、なかなか「海」のイメージとは程遠いんですが。
20151228-052.jpg

海岸沿いの遊歩道をブラブラしてますと、対岸に見えるのは日本を代表する重工業メーカーIHI(旧社名・石川島播磨重工業)はんの工場。
IHIはんの前身の1つである播磨造船所は、ここ相生に本社を置いていたそうで、確かに周辺にも関連企業の建物を多く見かけます。
20151228-054.jpg


そうこうしてるうち、あっという間に陽が沈んできました(T_T)
次の西相生駅のそこそこ近くまで来てるんで、できれば到達したいんですが・・・


(「JR西日本・赤穂線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 相生 IHI 石川島播磨重工業 播磨造船所 ポート公園 牡蠣

JR西日本・山陽本線(その37)

○三石(みついし)駅(岡山県備前市)

「こちとら歩行者やのに、どんだけドSやねん!」などと心の中でツッコミながら進んでますと(-_-;、やがてその時は訪れました!
少々分かりにくいんですが、岡山県備前市との県境!!!(^o^)/
20151228-033.jpg

おお、これで4度目の「近畿エリア脱出」ですね!!q(>o<)p
3年前に大阪駅から歩き始めた時は、ほぼほぼ途中で挫折するやろうと思ってたのに、とうとうここまで至りましたか~(ToT)

・・・と、感慨ひとしおの中で、一つだけ注文付けさせていただくと・・・
いくら自転車・歩行者専用の道とはいえ、正直県境の標識は、もちょっときれいにしておいていただくとありがたいかとA(^^;;;>上郡町の担当の方。


さて、ここから上郡駅へは約2時間。
わざわざ戻るのは相当大変なんで(x_x;、このままこの道を次の三石駅まで進むことにします。

どうも岡山県との県境付近が、船坂峠と呼ばれる峠のピークやったようで、それからはひたすら下り坂が続きます。
山道が終わり、相変わらずの田園風景を進むことしばし、次の三石駅がいきなり現れます。
そういや、これまでの鉄道沿線歩きで、近畿エリア外の駅を訪れたのは初めてやないでしょうか?
20151228-037.jpg

駅周辺は民家や個人商店しかないので、駅舎の周りをブラブラしてみますが、高台の上に平屋造りの駅舎が建っている様は、何とも言えない懐かしさを覚えます。
駅舎の屋根と壁の色遣いが、またええ味出してますねー(^^)
20151228-038.jpg20151228-040.jpg

時刻表を確認したところ、ええあんばいに次の相生方面行きの列車まであと10分ほど。
と、改めて見返すと・・・ええっ、1時間に1本しか列車がないって!(@_@;
何とも絶妙のタイミングやったんですねー
20151228-039.jpg


かくして、ようやく見慣れてきた黄色の列車に乗り込み、三石駅を後にします。
20151228-042.jpg


(「JR西日本・赤穂線(その1)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 三石 船坂峠 近畿脱出

JR西日本・山陽本線(その36)

あてにしていた国道2号線が進めないようなんで、仕方がないので住宅街の中を進みます(v.v)
そんな筆者にありがたいのが、こうやって町のあちこちに掲げられてる地域案内図!
20151228-025.jpg

おお、筆者が机上で予習したスポットの他にも、けっこういろいろありますやん!
何より、(一応机上では予習してたものの)そもそも歩いて岡山県への県境越えってできるん???という一抹の不安も、見事に解消できました!!(^o^)/


よし、あとはひたすらルートに従って進むのみです。
途中には、このように進路を示唆してくれる標識もありますが・・・国道2号線同様、西国街道も神戸周辺からずっと続いてたんですね!(@_@)
20151228-027.jpg

標識に従って進むと、やがてだんだん山がちの道になってきます。
20151228-029.jpg

まあ、こういった光景はもう十分慣れっこですが、やがて今まで経験したことがないパターンが現れて!

ええっ、車道でもあるまいし、こんな具体的な傾斜度の数値示されても・・・
しかも、6.0%⇒7.6%⇒9.0%って、だんだんきつくなってるし・・・A(-.-;
20151228-030.jpg20151228-031.jpg20151228-032.jpg



(「JR西日本・山陽本線(その37)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 西国街道 船坂峠 国道2号線

JR西日本・山陽本線(その35)

そこそこの斜面を登り続けること約1時間、ようやく峠越えを終り、平坦な道が続きます。
と、沿道に現れたのがこの看板。
20151228-014.jpg

山陽道野磨駅家跡(さんようどうやまのうまやあと)というこの遺跡、交通網の発達に従ってできた奈良時代の駅家(うまや)(馬の手入れや食料支給、宿泊を行う施設)の跡やそうです。

あいにく私有地のため、中に自由に入ることはできないようなんで、できる範囲で写メ撮ってみました(v.v)
20151228-015.jpg20151228-016.jpg

まー相変わらず思うことですが、こんなやって古墳時代から近代までの歴史遺産が、それこそあちこちに散在してる近畿エリアって何なんでしょうね?!(@_@)
ホンマに、こうやってブラブラ歩いてても、つくづく歩きがいのあるエリアやと思います。


さて、辺りには一面の田園風景が広がる中、引き続き沿線をテクテクと進みます。
この辺りになると、電車も客車を引っ張ってる光景は非常にまれでして、そりゃもう延々と続くコンテナ車両を引っ張ってる光景をホンマに良く見かけます。
20151228-021.jpg

やがて、神戸方面からずーっと筆者をサポートしてくれてた国道2号線と合流します。
ただ、さすがに側道がこんな厳しい感じなんでA(-.-;、慌てて脇の農道に逃げ込みますが・・・
20151228-023.jpg



(「JR西日本・山陽本線(その36)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 上郡 山陽道野磨駅家跡 国道2号線

JR西日本・山陽本線(その34)

かくして上郡駅の南西から、沿線を岡山県との県境に向けて進みます(v.v)

それにしても、沿線はすごく閑静な住宅街が広がっているし、車の通行もほとんどありません。
聞こえてくるのは川のせせらぎと風の音だけ。
最近タバコを減らしてる影響もあり、何とも心穏やか&快調に沿線を進みます。
20151228-007.jpg20151228-008.jpg

とはいえ、ひたすら住宅街が続く光景では、ブログに書くべきネタがないのが難儀なところ。
基本、プライバシーの問題もあって民家をネタにするのは避けてる筆者ですが、そんな中で見かけたこの光景はビックリ!
20151228-009.jpg

ええっ、ベランダの上に造られてるのは天体望遠鏡用のドーム?!(@_@;
まー確かに、この辺り夜になると星もめっちゃきれいやろうと思うんですが、何より気になるんは、ドームの重みでベランダ崩れへんの?! って1点ですねー。
⇒ホンマに余計なお世話ですが・・・


さて、駅から約30分ほど歩いたところで、沿線の道はだんだんと山がちになり、傾斜も付き始めます(-_-)
これまでの経験上、県境を超えるにあたっての「試練」としては、まだまだこれでも優しい方で。
20151228-010.jpg

緩やかな坂が続く中、ふと沿道を見やると、一面桜の木が広がる斜面。
20151228-011.jpg

ここ、「かみごおり桜園」と呼ばれる上郡町が運営する施設で、3月中旬から4月中旬にかけて様々な桜が堪能できる施設のようです。
少々駅から遠いのが難点ではありますが、リンク先HPの写真で見る限りは、なかなかよさげなスポットですよねー

またまた、来年以降の春の訪問スポットが増えました!(^^)


(「JR西日本・山陽本線(その35)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 上郡 かみごおり桜園

JR西日本・山陽本線(その33)

今日もそこそこええお天気となった近畿地方です(v.v)

例によって「青春18きっぷ」の利用期間中なんで、あちこち遠方に出かけるシーズンになりました。
東京への長期出張の影響で、なかなか近畿エリアを歩き回れなかった今年ですが、そんな中年を越すにあたって、1つだけ心残りが残るスポットが1つ。

それが、今年春先に歩いたJR西日本・山陽本線
せっかく近畿エリア最西端の上郡駅にたどり着いていながら、時間切れで恒例の「近畿脱出」の儀式(?)がいまだ終わってませんで。
かくして、昨年大みそかに続き、四度目の「近畿脱出」を目指します(v.v)


○上郡(かみごおり)駅(兵庫県赤穂郡上郡町)
(智頭急行・智頭線 上郡駅 乗換駅)

というわけで、約半年ぶりの上郡駅に降り立ちます。
大阪ではそこそこええお天気やったのに、こちらはそこそこ雲が広がっております。
20151228-002.jpg

前回は、電車待ちのため駅前しかブラブラできなかったんですが、せっかくなんで一通り市街地をブラブラしてみます(v.v)
20151228-003.jpg


駅の周囲には個人のお店などがバラパラとある程度で、もうすぐに住宅街が広がってます。
年末やからかもしれませんが、街中を出歩く人もかなりまばらで、少々さびしい雰囲気ではあります・・・

残念ながら(?)「面白ネタ」に出会うこともなかったため、やむなく駅に引き返します。
と、駅西側にはこのような施設が!
20151228-004.jpg

・・・そう、ここ上郡駅から鳥取方面に路線を伸ばしている智頭急行の始発駅!
さすがに、筆者も初めて見る路線です。

とはいえ、いやしくも「近畿はをもしろく」というブログタイトルを掲げているからには、やがてこの智頭急行・智頭線の沿線も歩かねばならないわけですね・・・(-_-)。

路線図を見る限り、今まで経験してきた中でもそこそこのキツイ旅が予想されますが(T_T)、まーそれでも、いろいろ新しい発見ができることでしょうから、(2、3年後になると思いますが)その時まで楽しみにしておきたいと思います(v.v)
20151228-005.jpg



(「JR西日本・山陽本線(その34)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 山陽本線 上郡 智頭急行

いまさらですが・・・(v.v)

こんばんは、筆者です(v.v)

このブログの投稿数もそこそこの数なってますが、おそらく過去の投稿見てて
「健康のためあちこちウォーキングしてんのに、タバコ吸うてるんかいっ!(>_<)」
ってツッコまれた方も多いと思うんですが・・・

そう、かくいう筆者は数ヵ月前までは、タール3mgのタバコを1日17~20本位吸ってる、そこそこのスモーカーでしてんm(_ _)m

ただ、さすがにスモーカー歴20年以上。
正直ちょっと運動すると息切れ・動悸がかなり著しく、沿線ウォーキングの際にも、さほど大した運動してないのにあれだけ汗かくのはちょっと問題なのでは?と思い、いろいろ調べたところ・・・やはりタバコの害に他ならないことに気づきましたm(_ _)m(⇒かなり遅すぎ?)


というわけで、実は9月くらいから、段階的にタバコの本数減らしてます。
最終的には禁煙外来のお医者さんの手も借りつつ「完全禁煙」を目指しますが、それでもこの数ヵ月実感したんは
・ちょっとした運動しても、動悸&息切れがなくなった!
・寝起きがすこぶる調子いい!
・おサイフの中身が次第に潤ってきた!
と、とりあえずはええことづくめでして!(^^)

喫煙って、医学的には、「ニコチン中毒」という面のほかにも、やはり「習慣」という面も大きいようなんで、その悪しき習慣を(時間はかかりますが)崩しながら、少しずつでもええ方向に改善していきたいと思っております(v.v)


タグ:禁煙 ニコチン中毒 禁煙外来

季節を変えておさらいシリーズ#16(その4)

引き続き「さわらびの道」を進むと、やがて「宇治上神社」前の並木が見えてきます!
こちらも、なかなか立派な紅葉が楽しめますねー(^^)
20151205-056.jpg20151205-057.jpg

ときにこの宇治上神社、全体的に非常に小ぢんまりとした神社なんですが、それでも先ほどの平等院などと同様に「古都京都の文化財」として世界文化遺産の登録を受けている建物なんです!

後で調べて分かったんですが、本殿は日本最古の神社建築で、何と平安時代に伐採された木材がそのまま使われているとのこと(@_@)
うーん、予習が足りなかったせいもあって、もっと建物をじっくり観察しておけばよかったと後悔しきりで・・・


そして宇治上神社と言えば、最近ネットで話題になってるのが、この神職さんが書かれたという1枚の張り紙。
http://news.livedoor.com/article/detail/10817762/

ごくごく当たり前のことを書かれていて、昔であれば子供が寺社仏閣の境内で不敬な態度取ったら、それこそいやというほど親からしばき倒されたやろうに・・・今は思い切りスルーなんでしょうか?!(-_-;

筆者個人としては、「TPOをわきまえて行動する」「パブリックスペースとそれ以外を区別して行動する」というのは、子供の教育にとって非常に大切なポイントの1つやと思っています。
ましてや、このような宗教施設内で子供を好き勝手させておくなんてとんでもなくて、神職さん書かれてるようにまさに「親の責任で」ちゃんと教育すべきですよね!(-_-;

何だか、こういったことをいちいち張り紙にしないといけないご時世も情けないんですが・・・それでもまさに言うべきことをきちんと言葉に表しはった神職さんに大拍手です!(^o^)/


さて、引き続き「さわらびの道」を進みます(v.v)
住宅街が続く中、若干の不安に駆られていたんですが、ようやく「宇治市源氏物語ミュージアム」の入り口に到着します。
こちらも、なかなか見事な紅葉で彩られてますねー(^^)
20151205-064.jpg

せっかくなんで、ミュージアムの中身も見学させていただきますが・・・正直言わせていただくと、「ミュージアム」と称する割にはかなり後から作った展示物が圧倒的に多いような・・・

まあ、源氏物語ゆかりの地なんで仕方ないんかもしれませんが、せめてもう少し現地ゆかりの歴史を感じるものを展示されるとよろしいのではないかと(v.v)

ともあれ一通りミュージアムの中を見学して、中庭に出てみると・・・
をを、何とも見事な紅葉!
20151205-069.jpg

この時期、京都は一年中で一番観光客が多い時期やと言われてますが、筆者が大好きな「一休寺」同様、同じ「京都」でもまだまだ開拓されてない、見事な紅葉スポットを発見できましたね!(^^)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:京阪電鉄 宇治 さわらびの道 世界遺産 宇治市源氏物語ミュージアム 紅葉 宇治上神社

季節を変えておさらいシリーズ#16(その3)

平等院を後にして、今度は宇治川の北側に向かいます。
実はこの辺りも、紅葉が素晴らしいという情報を予習していたのですが・・・おお、大正解みたいですね!(^o^)
20151205-028.jpg

それにしても、川岸にこれだけの紅葉の並木が続いているところは、他でもなかなかないんじゃないでしょうか?

宇治川を少々上ったところで、脇道にある興聖寺に向かいます。
こちらも、知る人ぞ知る紅葉のスポットみたいでして、さっそく素晴らしい紅葉のトンネルが出迎えてくれます!
20151205-045.jpg20151205-046.jpg

こちらのお寺さん、非常にこじんまりとしたところで、境内もあっという間に一周できてしまうんですが、ふと山門から先ほど通った参道を眺めてみると、何ともええ感じの光景になってます!(^^)
20151205-047.jpg


さて、少しばかり駅の方に戻り、「さわらびの道」と呼ばれている道をブラブラします(v.v)
もうそこにも、このように立派な紅葉が!
20151205-060.jpg20151205-062.jpg


(「季節を変えておさらいシリーズ#16(その4)」に続く)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:宇治 さわらびの道 興聖寺 紅葉

季節を変えておさらいシリーズ#16(その2)

かくして、平等院の境内に足を踏み入れます。
と、そこには、見まがうほどの立派な鳳凰堂の建物!(@_@)

例によって、宗教施設内の建物の写メは遠慮させていただきましたが、まさに建立当時の姿を再現したとあって、何とも荘厳で格式のある雰囲気に生まれ変わっています!
(before-afterの写真がないので、全然説得力ないですが)

現在の鳳凰堂の姿は、平等院のホームページから確認することができます。
筆者の携帯の写メなんてチンケな写真よりも、より素晴らしい光景を堪能いただけることでしょうm(_ _)m


鳳凰堂もさることながら、その周りの紅葉はまさに今が見頃で!(^o^)
いやー、まさに今年は今日がベストのタイミングやったようで、燃えるように真っ赤な紅葉が印象的です。
20151205-007.jpg20151205-013.jpg

ご存知の方も多いと思いますが、鳳凰堂の前には大きな池(阿字池)があり、建物の柱も何本かは池の中に立っている構造になってます。
もう少し早い時間であればええ絵も撮れたんでしょうが、それでも池に映り込む周りの景色が見事です。
20151205-016.jpg

それにしても、前回訪れた時に比べると、やはり圧倒的な参拝者の数!(@_@;
来るまでは、都心からそこそこ遠いし「穴場」的なスポットなのでは?と勝手に想像してたんですが、いやいや、なかなか素晴らしい一大スポットになってますねー


一通り庭園を巡り、隣接している資料館・「平等院ミュージアム鳳翔館」も拝見します。
ここ、さまざまな寺社仏閣を見てきた筆者にとっても非常に珍しい資料や仏像などが展示されていて、個人的にはかなりおすすめの資料館なんです(v.v)
(もちろん、館内は写真撮影禁止です)

一通り境内をブラブラしてみますが、それでもあちこちにこのような紅葉を見かけることができます。
20151205-017.jpg20151205-019.jpg



(「季節を変えておさらいシリーズ#16(その3)」に続く)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:京阪電鉄 平等院 鳳凰堂 紅葉

季節を変えておさらいシリーズ#16(その1)

こんばんは、筆者です(v.v)

せっかくの行楽シーズンにも関わらず、ここ近畿地方では相変わらず週末になると曇天の日が多く・・・(-_-;
そんな中、12月最初の週末となった今日は、そりゃもう見事な晴天となりました~(^o^)/

おそらく今年最初で最後の、絶好の紅葉狩り日和!
そんな中出かけるのは、(つい先日も近くを通りがかったものの)ネタ確保のため?あえてスルーした京阪電鉄・宇治駅周辺。
前回沿線を歩いたときは、正直とても世界遺産とは思えない貧相な(⇒失礼!)平等院鳳凰堂の姿を目にしてけっこうがっかりしたものですが、その後修復工事も完了&紅葉のシーズンに、どのような見事な光景が堪能できるか、楽しみにしております!


というわけで、約四年半ぶりの宇治駅に降り立ちます。
駅の周りの光景も相変わらずで、穏やかな雰囲気に包まれております(v.v)
20151205-002.jpg

まずは宇治川を渡り、修復工事が完了したばかりの平等院に向かいます。
例えば同じ世界遺産の姫路城は、修復工事の前後ではビックリするほどの変わりようやったんですが、はて平等院は・・・
20151205-003.jpg

ほどなく参道にたどり着きますが、相変わらずお茶の香ばしい香りが漂います。
それにしても、やはり紅葉シーズンだからか人出が多い!
そして前回との決定的な違いは、やはり外国人観光客が多いこと!(@_@)
20151205-004.jpg

あくまで個人的な見解ですが、京都や奈良、大阪の市街地からそこそこ離れたここ宇治までわざわざ足を運ばれるということは、まさにこの地に魅力を感じて、わざわざ訪れておられる方が多いわけですよね。
筆者もこの足で歩いて(それなりに)分かってますが、特に近畿エリアの魅力や文化の奥深さを、是非とも肌で体感していっていただければと思います(v.v)


参道をしばらく進むと、一面の紅葉の並木が見えてきます!
をを、これは前回訪れた時には、まさに想像もできない光景で!(@_@)
20151205-006.jpg20151205-023.jpg



(「季節を変えておさらいシリーズ#16(その2)」に続く)


テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:宇治 平等院 鳳凰堂 紅葉 世界遺産

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。