プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

JR西日本・赤穂線(その6)

○播州赤穂駅(兵庫県赤穂市)「近畿の百駅」 選定駅

坂越駅の周辺は、どうも現在道路工事などの真っ最中みたいで、このように作りかけの道も見かけます。
20160331-021.jpg

まー地図通り進んでるより、こちらを進めば若干近道できるので、足元は悪いながらもあえてこちらのルートを進みます(v.v)


やがて次の播州赤穂駅の駅前通りに差し掛かりますが、沿道に植えてある桜の木が特徴的です。
全体的に6、7分咲きといったところで、まさに今週末が楽しみですねー(^^)
20160331-022.jpg

やがて、次の播州赤穂駅に到着です。
ホンマは、16時くらいの早い時間に到着して、赤穂城などご当地の名所・旧跡をブラブラしようと思ってたんですが、やはりあの峠道で想定以上に時間とられたのが痛かった・・・(x_x;
20160331-027.jpg

まあ、次の大阪行新快速まで少々時間があるので、駅の周りをブラブラしてみます。

駅のコンコースを進んでますと、壁面に赤穂四十七士の姿を写したプレートが埋め込まれてます。
20160331-028.jpg

筆者も、さすがに(名前だけは)数名くらいは分かるんですが・・・それでも、こうやって改めて見てみると、けっこうな人数になるんですね!(@_@)

そういや5年前、東京・品川駅近辺(泉岳寺)をブラブラしてるときに赤穂四十七士のお墓を見かけ、お参りしたのと同時に
「近畿の鉄道沿線歩きを途中で投げ出したりせず、少なくとも『播州赤穂駅』へは必ず到着します!(>_<)」
という「誓い」?をたてたのを思い出しました。

多少時間はかかったものの、これで今は亡き赤穂四十七士の方々との「約束」は無事果たせましたね(v.v)

残念ながら、駅周辺ではこれと言って書くべきネタが見つからなかったのが残念ですが、駅南口ではまさに、大石内蔵助はんの銅像が、赤穂の町を見守ってはりました。
20160331-031.jpg



<本日(2016/03/31(木)の実績>
・本日の実績   :21,685歩(17.3km)
・2016年3月の実績:285,550歩(228.4km)
・2016年の実績  :728,477歩(582.8km)

・訪問済路線数  :105路線/137路線(76.6%)
・訪問済駅数   :1,114駅/1,689駅(66.0%)

※JR西日本・摩耶駅と東姫路駅の新設に伴い、駅数が増えています(v.v)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 播州赤穂 赤穂浪士 四十七士 大石内蔵助

JR西日本・赤穂線(その5)

○坂越(さこし)駅(兵庫県赤穂市)

これまでも辺りの山すそや道端でちょこちょこ見かけましたが、もう桜も満開ですやん!(^^)
今週末は珍しく天気よさそうなんで、どこへ出かけようか楽しみが膨らみます♪
20160331-014.jpg

一通り峠を下りきったところで、昨年末にJR西日本・山陽本線沿線を歩いた際にも遭遇した千種川が現れます。
なるほど、ということはもう近畿圏のそこそこ西の端に来てるんですね・・・
20160331-015.jpg

ただ、ここで1つ問題が。
筆者が携帯のGPSで確認してる道路と、実際に目の前に広がってる道路が違う!(@_@;
しかも、あるはずのない橋が架かってたり・・・と、しばし頭が混乱します・・・
20160331-016.jpg

やっとわかったのは、この辺りまさに今月、道路整備や橋を架ける工事をしてはったということ。
なるほど、GPSの地図が現状に追いつけてなかったんですね・・・


ようやく一安心して、住宅街の中を進むことしばし。
次の坂越駅に到着します。
20160331-019.jpg

何とも小ぢんまりとした雰囲気の駅で、駅の周りにも個人商店がまばらにあるくらい。
駅前で一休みしたところで、駅前の大通りを進むと・・・おお、もう準備万端ですやん!(^o^)
20160331-018.jpg

沿道の桜はまだ3分咲きといったところですが、木々の間に提灯が吊るされ、ようやく花も開き始め・・・ってこのくらいのタイミングでの「ワクワク感」も、また楽しいですよねぇ~


(「JR西日本・赤穂線(その6)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 坂越 千種川

JR西日本・赤穂線(その4)

人通りもまったくなく、ただひたすらに「旧街道」と称する砂利道を進みます(-_-)
進む傍らにこのようなものを見かける分、まだ「ウソの道」進んでるんではないと分かって、多少は心落ち着けるのですが・・・
20160331-007.jpg20160331-008.jpg

道は時折コンクリで固められた石の道などありながらも、けっこう長いこと続きます(x_x;
ところどころに山桜が咲き、ウグイスの声も聞かれるなんとものどかな光景の中、緩やかな傾斜が延々続いてる分、さすがにちょこちょこ一息つきながら進みます・・・
20160331-009.jpg


緩やかな坂道をかれこれ30分近く登り、再び国道250号線と合流です。
峠道とはいえ、比較的側道が広くて心穏やかな道を進んでますと、去年暮れ以来の兵庫県赤穂市に入りました!(^o^)
20160331-010.jpg

どうもこの赤穂市の境界が峠のピークやったようで、ようやく下り坂になります。
と、下り始めたとたんに右手に見えてきたのが、休憩所の傍らにあるこの巨大な像!
20160331-011.jpg

説明文を見てみると、浅野内匠頭(あさのたくみのかみ・浅野長矩)が、江戸城松の廊下で吉良上野介(きらこうずけのすけ・吉良義央)を切りつけた、いわゆる元禄赤穂事件(「赤穂浪士」の物語のネタ)の発生を地元・赤穂の筆頭家老やった大石内蔵助(おおいしくらのすけ・大石良雄)に伝えた使者の姿やそうです。

更に説明文によると、事件発生から4日半、昼夜問わず籠を走らせ、この高取峠を経て無事その役目を終えたそうです(v.v)

筆者も「赤穂浪士」の話は、(特に年末になると)イヤというほど聞かされて大まかなところは知ってましたが、それでも改めて調べてみると、登場人物の名前ってけっこう「通称」が多かったんですね・・・


(「JR西日本・赤穂線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 浅野内匠頭 元禄赤穂事件 赤穂浪士 吉良義央 吉良上野介 大石内蔵助 大石良雄

JR西日本・赤穂線(その3)

この時期は「花曇り」いうくらいで、ホンマにどんよりとした曇り空が多いこと!
しかも、週間予報も全然当たりません・・・(-_-)

かくいう筆者も、週間予報で天気よさそうやったんでせっかく計画有給取ったのに、あいにくの曇り空となりました。
ただまあ、まだ桜を気にするには少々早い時期なんで、いつもの沿線歩きの旅に出かけます。

今日歩くのは、昨年末に1駅も進めなかったJR西日本・赤穂線
今日の目標としては、早めに播州赤穂駅に到着し、赤穂浪士ゆかりの史跡をブラブラ散策したいと思っております(v.v)


○相生駅(兵庫県相生市)
○西相生駅(兵庫県相生市)

久々の相生駅に降り立ちます。
それにしても、大阪にいてたら「相生」ってめっちゃ遠い(新幹線の駅4つ分!(@_@;)印象あったんですが、こうやって何度も訪れてると
「意外と近いやん!」
という印象に変わっていってるのが不思議なところです・・・
20160331-001.jpg

しばらく駅前で休憩した後、昨年末に晩ごはんを求めて?ブラブラしたルートをたどります。
イルミネーションが飾られていたIHIはんの工場には、もはやその跡形も残っておらず、ひたすらの資材置き場となっておりますね・・・
20160331-003.jpg


と、そのIHIはんの工場脇を抜けてほどなく、住宅街の中にいきなり、次の西相生駅が現れます!
いやー、前回けっこう惜しいとこまで行ってたんですねぇ・・・
20160331-004.jpg

駅の周りにはお店らしいものもなく、駅舎の周りの3分咲きくらいの桜だけが唯一目立っております。


幸い、駅前には周辺案内板があり、次の坂越駅へのルートも示されてます。
筆者は、ひたすら国道250号線を進むルートしか予習してなかったんですが、どうも別に昔ながらの街道があるようなので、そちらを進むことにします(v.v)

・・・と、工場の脇などを少々不安に思いながら進んでますと、現れたのはこんな道!
ええっ、路線はトンネルに潜っちまってるし、しかも砂利道ですかい?!(@_@;
20160331-006.jpg



(「JR西日本・赤穂線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 赤穂線 相生 西相生 IHI 街道 坂越

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その37)

○芳養(はや)駅(和歌山県田辺市)
○紀伊田辺駅(和歌山県田辺市)

南部駅を後にし、再び熊野街道を南に進みます。
とはいえ、事前に予習した結果、これからのルートは大回りが多いのは分かっていたんで、少々内陸にある近道を進みます(v.v)
20160320-027.jpg

その途中では、以前見かけたような王子(熊野古道のところどころに配置されていた神社跡)の標識が。
20160320-026.jpg

阪和線から和歌山入りして約2年半、ほぼ熊野古道の「紀伊路」に沿って歩いてるせいで、ホンマにあちこちでこういった標識を見かけました。
ただ、(後から知った話ですが)この「王子」が存在していたのは、筆者が今歩いてる「紀伊路」のみらしいですね・・・


緩やかな上り下りを繰り返し、いつの間にやら次の田辺市に入ってたんですが、ほどなく次の芳養駅に到着します。
こちらも、紀勢本線ではよく見かける、何とも小ぢんまりとした造りの駅舎ですねー
20160320-033.jpg

こちらの芳養駅前も、個人商店が数店舗ある何ともうら淋しい雰囲気。
しばし休憩した後、引き続き沿線歩きに戻ります。

さらに熊野街道を40分ほど進んだところで、だんだんと周辺の建物も増えてにぎやかな雰囲気になってきます。
このようなオシャレな街灯やお店も見かけるようになり、辺りにはジャズっぽいBGMも流れてるではありませんか~
20160320-040.jpg


やがて商店街を抜け、次の紀伊田辺駅に到着します!(^o^)/
これまでの紀勢本線の駅舎とは異なり、何ともポップな雰囲気の駅舎ですね!
20160320-045.jpg

(特急を除き)大阪方面行き電車は1時間に1本しかないため、今日はここまでとしますが、駅周辺をブラブラしていて見かけた光景。
20160320-046.jpg

そう、ここ和歌山県田辺市は、かの武蔵坊弁慶はんの出身地なんです。
少し離れたところには産湯を浸かった跡など、いくつかスポットもあるようですが、時間的にまた次回、その他のスポットも含めて訪れさせていただきたいと思います(v.v)


かくして、大阪方面行きの電車の時間が近づいてきて駅に戻ると、駅売店ではこのようなものを見かけます。
「うつぼの揚げ煮」
20160320-047.jpg

筆者は白浜に何度となく寄させてもらってるんで知ってましたが、「ウツボ」とはご存知の通り、細長い体&ギョロリとした目&鋭い歯で獰猛なあの魚のこと!

ただ、筆者個人的にはけっこう好きな南紀の珍味でして。
しかも後から分かった話なんですが、ウツボってそこそこウナギに近い仲間みたいですね!(ウナギ目ウツボ亜目ウツボ科)(@_@;

今後南紀を歩くにつれ、まだまだ知らない魚の知識が増えていきそうですが、ともあれ真っ青な空の下を歩けた心地よい疲労とともに、大阪方面の電車に乗り込みます。


<本日(2016/03/20(日)の実績>
・本日の実績   :26,373歩(21.1km)
・2016年3月の実績:189,222歩(151.4km)
・2016年の実績  :632,149歩(505.7km)

・訪問済路線数  :105路線/137路線(76.6%)
・訪問済駅数   :1,111駅/1,688駅(65.8%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 紀伊田辺 うつぼ 揚げ煮 武蔵坊弁慶

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その36)

ホンマに抜けるような青空の下、真っ青な海も印象的ですねー(^o^)
20160320-015.jpg

やがて、次の南部駅に到着します。
こちらも、小ぢんまりとしたたたずまいが印象的な駅舎ですねー
20160320-020.jpg

お手洗いを借りにホームの中に通させていただきますが・・・実はトイレはホームの外でしてA(^^;
ただ、そのついでに見かけたのがこの大きな絵。
20160320-022.jpg

これ、地元の小学生が名産南高梅の種に色を付けて描いた絵やそうです。
いやー何とも明るくて楽しい雰囲気の絵で、訪れた人もつい笑顔になってしまいそうですが・・・ふと、
「こんだけの梅干の種集めるのに、もしかしてノルマとかあったんかな?(?_?)」
などと、要らぬ心配もしてしまいましたA(^^;
⇒名産地やし、地元の方は食用以外でも様々なところで利用してはるんで、そんな大した事でもないんでしょうが。


しばらくは、南部駅の周辺をブラブラします(v.v)
車も少なく、何とものんびりとした雰囲気の割に、お店などは結構多くて便利そうです。

と、傍らに見かけたのがここ、和歌山県立南部高等学校の校舎。
20160320-021.jpg

ここ南部高等学校は、まさに和歌山、特にこのみなべ町を代表する名産である南高梅(正式な呼び名は「なんこううめ)に非常にゆかりの深い場所なんです!d(-.-)

そもそもの南高梅の品種を発見した方が高田貞楠はんという方で、それを今後栽培に適した品種であると調査・判定した方が、当時この南部高校の先生してはった竹中勝太郎はん。
発見者の名前「田」と南部高校の略称である「南高」をかけて、最終的に「南高梅」という品種名となったそうです。

高級品になると一粒数百~数千円なんてものもあり(@_@)、筆者もごくたまにしか口にできないんですが、とにかく身が大きくて柔らかく、お茶漬けや和食の食材としては抜群にええですよね!(^^)


(「JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その37)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 きのくに線 紀勢本線 南部 南高梅 梅干 南部高校

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その35)

○南部(みなべ)駅(和歌山県日高郡みなべ町)

さらに熊野街道を進んでますと、沿線に現れたのがこのようなオブジェ!
20160320-008.jpg

うーん、巨大オブジェには慣れてる(?)大阪市民ではありますが、(和歌山らしいっちゃ和歌山らしいんですがA(^^;)梅干のみの巨大オブジェは、さすがに気持ち悪さが先に来ましたねぇ・・・

どうやらこのオブジェの傍らには、梅干を製造している工場があるとのこと。
せっかくなんで、車や観光バスが何台も停まってる中をかいくぐり、工場見学させていただきます(v.v)
20160320-009.jpg

・・・と、ごくごく当たり前の話なんですが、日曜日に訪れたから当然工場はお休み!A(^^;;;
何も動いてない、工場の機械のみを見学する羽目となりました・・・
20160320-010.jpg


というわけで、引き続き熊野街道を南に進みます(v.v)
さすが海の町、沿道には干物などを売っているお店も見かけますが・・・まさか、店の前で干してる干物も売り物ですか?!A(^^;
20160320-012.jpg

やがて街の中心部に近づいてきたところでは、こんな標識も見かけます。
20160320-014.jpg

季節的にはちょっと遅いんですが、ここみなべ町にある「南部梅園」は、日本で最大の梅園!
2月頃には、
「一目百万、香り十里(約40km)」
と称される絶景が楽しめるそうです。

あいにく今年は間に合いませんでしたが、(駅からの無料送迎バスもあるそうですしA(^^;)またこの時期に改めて訪れることにしましょう(v.v)


(「JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その36)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:紀勢本線 きのくに線 南部 南高梅 JR西日本 南部梅園 梅干

JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その34)

お天気は回復したものの、また少し寒さがぶり返した感のある近畿地方です。

正直、この時期は天候が不安定やし羽織っていく服の種類気にしたり・・・と、街歩きするには一番頭を悩ませる時期なんです(-_-)

まーそれでも、せっかくええお天気の週末!
いつもの「青春18きっぷ」を使って遠出します。

今日歩くのは、去年夏以来のJR西日本・紀勢本線(きのくに線)
前回は(スケジュールの都合もありましたが)真夏の暑さにバテバテになり、ほとんど先に進めなかった苦い思い出が蘇ります・・・


○岩代駅(和歌山県日高郡みなべ町)

前回、猛暑のためヘロヘロ&完全に戦意喪失してたどり着いた岩代駅に降り立ちます。
まだ3月下旬やというのに、駅前には既に花が落ちた桜の木なども見かけますが・・・品種によるものでしょうか?(?_?)
20160320-002.jpg

前回も書いたように、駅の周辺には個人商店が数店舗あるのみ。
あまりネタになりそうなものもないんで、早々に沿線歩きに移ります。

・・・と、駅から歩くこと2分で、いきなり目にしたのがこの光景!(@_@)
20160320-003.jpg

ここ、どうも和菓子屋さんらしいんですが、外装にも、そして店内にもスパイダーマンがごろごろいてます!
いったいどういった経緯でこうなったのかが興味津々でしたが、辺りに人影もなかったので、やむなくスルーです・・・


それにしても、(たまたまですけど)雲一つないメチャメチャええお天気ですやん!(^o^)/
何かここのとこ、ぐずついた天気の週末ばかりやったんで、久しぶりに気持ちよく沿線歩きできそうです!
20160320-004.jpg

いつものように、微妙な上り下りを続ける熊野街道。
その上り坂を登り切ったところで、ようやくみなべ町の中心街の風景が見えてきます。
20160320-007.jpg



(「JR西日本・紀勢本線(きのくに線)(その35)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 紀勢本線 きのくに線 岩代 みなべ町

JR西日本・北陸本線(その12)

○高月(たかつき)駅(滋賀県長浜市)

河毛駅を後にしたはいいものの、実はここから先のルートの予習が不十分で・・・
駅の西側に少々歩けば、そのまますんなり&スピーディーに移動できたんですが、それを知らない筆者はひたすら沿線を進みます。
やがて、こんな砂利道や・・・
20160313-055.jpg

しまいには、とうとうこんな畦道までも歩く羽目に・・・(-_-)
20160313-056.jpg

結局、そこそこの大回りした挙句に、ようやく次の高月駅へ続く舗装道路に出ます。
早いもんで、まだ3月も半ばやというのに、もう沿道には菜の花が鮮やかな花を咲かせておりますねー
20160313-057.jpg


ようやく路線に再会したところで、ふと傍らを見るとこんな神社が。
20160313-059.jpg

駅名は「高月」やのに、何でまた「神高槻神社」なんでしょうか?(?_?)

後から調べて分かったんですが、大阪府・高槻の「槻」とはケヤキの木のこと。
「高槻」という地名も、そもそもはご当地に高いケヤキの木があったことから名づけられたんだそうで。

筆者が今歩いてるあたりのエリアも、同じように高いケヤキの木があったことから大昔は「高槻」という地名やったそうです。
その後、平安時代に公家学者である大江匡房(おおえのまさふさ・百人一首では「前中納言匡房」)はんが、月が美しいスポットであることから「高月」という地名に変えるよう働きかけはったんやそうです。

最初見た時は思い切り「?」となりましたが、(後付けではありますが)こうやって疑問が一つ晴れて何よりです(v.v)。


さて、神高槻神社から歩くこと5分ほど。
ようやく次の高月駅に到着です。
20160313-060.jpg

へえー、白壁をあしらった何ともユニークなデザインの駅舎ですね!
辺りも薄暗くなってきたんで、今日はここまでとしたいと思いますが・・・

大阪方面行きの新快速電車(姫路行き or 播州赤穂行き)の時刻を調べていて、
「えっ、大阪まで行ったら、1本の列車で同じ『読み』をする駅を2つ通るやん!(@_@)」
ということに気づきました!
(実際には、車内アナウンスを工夫されてて、高月と高槻を同時にアナウンスすることはないそうですが)

次回はいよいよ北陸本線ファイナル&近畿エリア脱出?が狙えそうですが、また1つちょっとした楽しみが増えましたー(^^)


<本日(2016/03/13(日)の実績>
・本日の実績   :28,304歩(22.6km)
・2016年3月の実績:111,816歩(89.5km)
・2016年の実績  :554,743歩(443.8km)

・訪問済路線数  :105路線/137路線(76.6%)
・訪問済駅数   :1,108駅/1,688駅(65.6%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 高月 神高槻神社 大江匡房

JR西日本・北陸本線(その11)

○河毛(かわけ)駅(滋賀県長浜市)

後から分かった話ですが、今筆者が歩いてるエリアは2010年に市町村合併で長浜市に編入されたエリアのようで、ちょっと脇に入った近道を進んでいると、以前の東浅井郡虎姫町と湖北町の境界を見かけます。
20160313-050.jpg

長浜市が提供してる地図サービスで確認したんですが・・・元々に対してメチャメチャ(10倍以上?)面積広なってますやん!(@_@;
ちょっと前によく行われてた市区町村合併、特に滋賀県ではその跡をよく見かけることが多いんですが、まさかこんなすんごいケースもあったとは意外でした。


さて、予習していた近道を通った影響で、30分あまりで次の河毛駅に到着します。
こちらはお城?をかたどった駅舎で、駅舎と地域のコミュニティスペースを兼ねてるようですねー
20160313-052.jpg

そして、駅前にはご当地にゆかりの深い、浅井長政はんとその奥さん(=織田信長の妹、「お市」の銅像。
戦国時代にこの辺りを治めてはった長政はんですが、信長に対して不誠実な対応を取ったため、ついには攻め込まれて白に籠城、最後には城内で自刃しはったそうですね。

河毛駅の周辺にも個人商店がいくつかあるくらいで、駅周辺をブラブラしても特に書くべきネタが見つからなかったので、仕方なく先に進みます(v.v)。


(「JR西日本・北陸本線(その12)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 成毛 浅井長政 お市

JR西日本・北陸本線(その10)

○虎姫駅(滋賀県長浜市)

前半はほとんど博物館めぐりでしたがA(^^;、ヤンマースタジアムの送迎バスで長浜駅に戻り、ようやく沿線歩きに戻ります(v.v)
沿線を歩いてると、こんなものを見つけます。
20160313-035.jpg

へぇー、大阪市内では見かけたことありますが、琵琶湖でもこんな水陸両用バス運行してはるんですね!
ただ、こんな大きなバスが接岸?できるような岸は、近くにはなかったように思うんですが・・・(?_?)

さらに沿線を進んでますと、こんな乗り物?も見かけます。
思い切り本格的な除雪車!(@_@)
20160313-037.jpg

まー確かにこの辺り冬の降雪はすごいと聞いてますが、それにしても今まで見かけたことないような珍しい乗り物をよく見かける沿線です・・・


やがて長浜バイパスに入り、車どおりが多くなった中を進んでますと、傍らにこんな看板を見かけます。
現在筆者が歩いてるあたり、元々は虎姫町という町があったところで、ここがその境界やったんですねー。
⇒今は長浜市に吸収合併されてるようですが。
20160313-040.jpg

やがて、次の虎姫駅に到着します。
へえー、これまでの駅舎と比べて、結構新し目でおしゃれなデザインの駅舎ですやん!
20160313-043.jpg

筆者も初めて訪れるところなんで、駅舎の周り含めてブラブラしてみますが、最初に目につくのが駅前にあるこの像。
20160313-044.jpg

これ、文字通り地名の由来となった虎姫はんの像なんですが、説明文によると蛇の鱗のようなものに体全体に覆われた状態で生まれて来はったそうで、それからさまざま苦労を克服して豊臣秀成はんの正室となりはった方とのこと。
(昔やから表現がすごく極端ですが、今で言う「アトピー」とかその辺りでしょうか?(?_?))

ともあれ、成人になられてからは容姿の問題も解決されて、今では駅名にもその名を残す存在になってはります(v.v)


後から調べたところによると、日本全国広しと言え、「虎」の文字が入った駅名はここ一つだけなんやそうでして!
というわけで、関西で「虎」って言ったら、必然的にこうなりますよねーA(^^;;;
20160313-045.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その11)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 虎姫 タイガース

JR西日本・北陸本線(その9)

長浜鉄道スクエアを後にして、次に向かうのは前回行きそびれたヤンマーミュージアムへ。
20160313-026.jpg

いやー、それにしても何ともきれいな建物ですねー。
入り口には、ヤンマーはんの創業者である山岡孫吉はんの言葉が刻まれておりますねー
20160313-027.jpg

あまりに達筆すぎるんで分かりにくいかもしれませんが、
「美しい世界は 感謝乃(の) 心から」
と記してあります(v.v)


ミュージアムの内部は、ヤンマーはんが展開されてる農業用機械や船舶を実際に体験できるコンテンツが充実してます。
こちらは、実際にお子さんがパワーショベルに載って操作を体験できるコーナー。
20160313-030.jpg

他にも耕運機や漁船など、実際に自分で乗って操縦する体験ができるetc.のコーナーが充実してて、乗り物好きのお子さん連れてきたらメッチャ楽しめるんやないでしょうか!(^^)
20160313-033.jpg


館内を一通りブラブラしててビックリしたのが、建物の屋上にこんなビオトープやとか足湯があること!(@_@)
まー足湯はまだ分かるとして、けっこうな規模のビオトープですやん!
20160313-032.jpg

ここでは、定期的に子供も参加しての自然観察教室なども開催されてるようで、地元の方とのつながりを大切にしてはる姿勢がすごく印象的でした。


(JR西日本・北陸本線(その10)に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 ヤンマー 山岡孫吉 ビオトープ ミュージアム

JR西日本・北陸本線(その8)

長浜城歴史博物館を後にし、豊公園の中をブラブラ散策します。
園内は思いのほか広く、このように既に満開の梅園まであります!
20160313-013.jpg

とはいえ、ここは日本の桜名所100選にも選ばれている桜のスポット。
パッと見、桜の木らしいものは見かけなかったんですが・・・春先になってどのような様変わりを見せるのか、今から楽しみにしておきたいと思います!(^^)


一旦長浜駅方面に戻りますが、改めて見てみるとなかなかカッコいい建物ですやん!
20160313-015.jpg

その長浜駅の駅舎から少しばかり東に行ったところには、長浜鉄道スクエアが。
20160313-017.jpg

筆者がずいぶ前に訪れた 南海電鉄・本線 浜寺公園駅は私鉄で最古の駅舎やったんですが、写真に写ってる建物は日本に現存する最古の駅舎(旧・長浜駅。もちろん現在は引退)なんやそうです。
木造とレンガ造りとで趣こそ違いますが、確かに何とも雰囲気たっぷりの建物ですねー

長浜鉄道スクエアは、この旧長浜駅舎を含めた複数の博物館で構成されていて、それぞれテーマが異なってるんです。
例えば旧長浜駅駅舎では、このように昔の姿をそのまま残していて、当時使っていた道具なども展示されてます。
20160313-019.jpg

また別の建物では、電気機関車やD-51の実物が展示してあって、こちらは実際に乗ることもできるんです。
20160313-023.jpg


(「JR西日本・北陸本線(その9)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 長浜鉄道スクエア D-51

JR西日本・北陸本線(その7)

まだまだ肌寒さは残るものの、ほんのちょっと春の気配が感じられるようになった今日この頃!

筆者の左足の「歩けば歩くほどむくむ」という怪現象は相変わらず続いてるんですが(-_-;、何より春の「青春18きっぷ」利用期間の真っただ中!
少々雲が多めなのが気になりますが、今日も沿線歩きの旅に出かけます。

今日歩くのは、昨年夏に暑さでバテバテになったJR西日本・北陸本線
前回ラストやった長浜駅周辺は、昔から興味があった割にあまり前回はブラつけなかったんで、今日は前回行けなかったスポットをじっくり歩き回りたいと思います。


○長浜駅(滋賀県長浜市)「近畿の百駅」 選定駅

前回は駅東側をブラブラしたんで、今回は駅西側を探索します(v.v)
20160313-001.jpg

駅西口から徒歩3分ほど。
長浜城跡を中心とした豊公園の案内図を目にします。
20160313-003.jpg

をを、よくよく見ると、「日本の桜名所百選」にも選ばれてる豊公園がまさにここやないですか!(^o^)

少々時期的に早かったんが残念ですがA(^^;、それでも公園内に足を踏み入れます。


公園の中では、すっかり梅の花が色づいてます!(^^)
周りにどんな木々が植えられてるのかはチェックしませんでしたが、もう少ししたら緑も花々も鮮やかな光景になるんでしょうねー
20160313-005.jpg

やがて、かつて豊臣秀吉はんが築城しはった姿を再現した長浜城歴史博物館の建物が見えてきます!
20160313-007.jpg


館内は写真撮影禁止やったんですが、とにかく歴史的に貴重な資料や文献の展示が多かったのが意外です!
歴史好きの方からしたら、もう垂涎のスポットやないでしょうか。

博物館4階の展望台に上り、さすがにこちらは撮影OKやったんで、琵琶湖の景色をパチリ(-_[O]
20160313-009.jpg20160313-010.jpg



(「JR西日本・北陸本線(その8)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 北陸本線 長浜 日本の桜名所100選 豊公園 長浜城 豊臣秀吉

Re: 第2084回 「ダイエットのモチベーションを保つ方法はありますか?」

こんばんは、筆者です(v.v)

大家さんであるFC2はんは、このように定期的にお題を決めた投稿を募集されてまして、久々の投稿になります。

ダイエットのモチベーションを保つ方法・・・ひとえにそれは「数値」でしょうか。
体重の増減、体脂肪率の増減、平均歩数の増減etc.
(昔は記事にも記載してましたがA(^^;)自分に都合の悪い数値も、結構こまめに記録取ってます。

体重や体脂肪率は、あくまで右肩下がりで減るのが理想ですが・・・筆者は仕事柄、仕事が忙しくなると運動量が減り食べるのが夜遅くなり、どうしても「振り幅」が大きくなります。
ただそれで多少増えようが減ろうが、ずっと記録取ってたら「もうちょっと炭水化物減らそうor 運動増やそうetc.」なんて目安になりますからね!



タグ:ダイエット モチベーション 記録