プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【関連記事】「歩きスマホ今日から略して『あホ』」...話題のポスター、神戸新交通に聞いてみた

(2016/05/27付 gooニュースより)
http://news.goo.ne.jp/article/jtown/region/jtown-226578.html


個人的には
「よくぞここまでやりはった!!q(>o<)p」
という、賞賛の一言に尽きます!

あくまで筆者の個人的な見解ですが、公共の場でてめえの衝動や感情ばかりを優先して、周りの迷惑なども考えず行動してること自体、もはや社会人として失格。
体は立派な大人やのに、数歳児レベルの考え方しか持ち合わせてない&社会性のカケラもない、それはそれは可哀想な連中。
つまりは、「アホ」

もっと言うと、自分の感情や衝動を自分でコントロールできてないんやから、もはや「ケモノ」に近い人種なんかもしれませんな・・・(-_-


その意味でも、公共交通機関がこのようにストレートに「アホ!」と言ってくださることが、日々連中に対し不快な思いをしてる我々まっとうな人間にとって、どれだけ心強いか!(^o^)/
しかも、このポスターにかなり好意的な意見が多いというのも、正直安心しました。


とはいえ、実のところ(現地を廻った実感として)神戸ではそんな言うほどひどくもありませんでね・・・
どうか、大阪市営地下鉄など大阪市内に駅がある各鉄道会社すべての、すべての駅でこのポスターを貼りだしていただきますよう!m(_ _)m




電車に乗って、周りの乗客のほとんどがスマホを覗き込んでいることに気付いて、驚くことがある。電車の中ならともかく、ホームを歩きながらスマホを操作している人も多い。階段を上りながら、まだスマホを見ている人も......。いわゆる「歩きスマホ」だが、これが本当に危ない。

実際に「歩きスマホ」による事故は増えているという。電車のホームから転落したとか、自転車が側溝に落ちたなどという話を聞くこともしばしばだ。とくに道路や交通施設で起きる事故は多く、その中でも駅での発生率は全体の25%に及ぶという(東京消防庁「歩きスマホ等に係る事故に注意!!」より)。

そんな中、2016年5月20日、神戸新聞NEXTが報じた記事が、いま話題となっている。「歩きスマホは『あホ』!三宮に過激ポスター」という見出しで、神戸新交通三宮駅に貼りだされた啓発ポスターを取り上げている。

いったいどんなポスターなのだろう。Jタウンネット編集部は神戸新交通に電話して話を聞いてみた。
ついうっかり...なんて言い訳は通用しない

神戸新交通は神戸市などの出資による第3セクター方式の鉄道会社だ。自動運転装置による無人運転で、車輪にゴムタイヤを使用する新交通システムが特徴で、ポートアイランド線と六甲アイランド線の2路線を持っている。ポスターが貼られている三宮駅はポートアイランド線だ。

電話に出てくれた広報担当の方によると、話題のポスターは、「地域連携の一環として乗車マナー向上・啓発のためのポスター」で、2007年から沿線の学校に声をかけ、美術系の学生さんに協力してもらっているという。

「12月に募集を始め、1月末に締め切り、2月に選考というスケジュールで、実施しています」と担当者さんは話してくれた。三宮駅に貼りだされたのは3月下旬だった。「採用作品の作者には図書券や商品券を贈呈しています」とのこと。

「協力をお願いしているのは、神戸学院大学、神戸女子短期大学、六甲アイランド高校、専門学校アートカレッジ神戸などです。話題のポスターは神戸女子短期大学の学生さんの作品でした」と語る。作者は女子大生なのだ。

ポスターはほぼ完成品で出品され、長期保存のためにラミネート加工を施し、駅に貼ったのだという。

ツイッターには、さまざまな声が寄せられている。

ホームドアのないホームで歩きスマホされると、結構怖いですしね。
(ドアがあればいい、という訳でもないですが)
(神戸新交通)
【歩きスマホは「あホ」! 三宮に"過激"ポスター】https://t.co/GjGhsDuEeq
- shrr=DAISUKE (@shrrdaisuke) 2016年5月21日

神戸新交通のポスター「あホ」、いいねw
- あかべこ@えんじょいグラブル (@akabekopower) 2016年5月21日

ポスターの打ち出した明確なメッセージに、賛同の声が多いようだ。



スポンサーサイト

テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:神戸新交通 アホ 歩きスマホ

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その6)

巨大な駅前ロータリーをどう渡ろうかとためらいながらブラブラしてますと、駅南側に割と楽に駅前商店街に行きつけるルートを見つけます。
地下道でいろいろいけるようなんですが、やはり初めてブラつく土地で地下道で道に迷うのもみっともないんでA(^^;、ここは堅く地上から向かいます。
20160522-029.jpg

少々遠回りしたものの、ようやく駅前の商店街にたどり着きます。
・・・と、日曜日とはいえ、そこそこさびしい雰囲気で・・・(-_-)
20160522-029.jpg

一通り見たところ、日曜日がお休みという店は少ないようなんですが・・・けっこう意外です。


ただ、他の商店街と比べて「チェーン」のお店が少なく、ここ天理の地で最初からやってはるお店が多いのが印象的です。

さっきは
「天理の名産品って、いったい何やねん?(?_?)」
などと疑問に思いながら歩いてましたが・・・例えばこちらのお店で扱っておられるのは、ご当地・天理の地酒やそうです。
⇒とはいえ、筆者は日本酒全然ダメなんで、どのくらい有名なんかわかりませんがA(^^;
20160522-029.jpg

さらに商店街の中をブラブラしてますと、このような和楽器専門の楽器店も見かけます。
20160522-036.jpg

筆者が知る限り、そのうち歩く(であろう)JR西日本・大阪環状線芦原橋駅には、全国的に有名な和太鼓の製造元があって、こちらに置いてあるものよりもより大きな太鼓も見たことあります。
ただこちらは、雅楽で使うような特殊な形状の太鼓まで売ってはりますねー

(このお店もおそらくその1つやと思うんですが)やはり全般に宗教儀式に使う装束や道具などを販売しているお店が多いです。

まーこれもその街の「個性」といえばそれまでなんですが、個人的には天理という街のもっと別の顔も知りたいところですね。
今回もいちおう予習してはいたのですが、次回はもう少し掘り下げて調べたうえで伺うことにしましょう(v.v)



<本日(2016/05/22(日)の実績>
・本日の実績   :24,096歩(19.3km)
・2016年5月の実績:151,740歩(121.4km)
・2016年の実績  :1,112,621歩(890.1km)

・訪問済路線数  :106路線/137路線(77.4%)
・訪問済駅数   :1,119駅/1,689駅(66.3%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 天理 地酒

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その5)

○天理駅(奈良県天理市)
(近畿日本鉄道(近鉄)・天理線 天理駅 乗換駅)

そう、知らないうちに天理市に入ってましたが・・・先ほどのトラックの映像を見てふと考えたのが、
「思えば、天理市って(例の宗教法人以外に)いったい何があるの???(?_?)」
ということ。
⇒現地住民の方々、失礼します!m(_ _)m

歩きながらいくら考えても、思い浮かぶのはせいぜいラーメンくらい。
確かに、沿線にもちょこちょこラーメン屋さんを見かけます。


やがて、かつて歩いた近畿日本鉄道(近鉄)・天理線の沿線にぶつかるので、そのまま駅方面に向かいます。
20160522-028.jpg

それにしてもこの周辺、某宗教団体の関連施設(しかも相当いかつい建物!)があちこちにあり、前回同様街の写真を撮影するにも一苦労なんですがA(-.-;、ともあれ、3年ぶりの天理駅に到着します。
20160522-030.jpg

そういや、前回はゴール駅やったんでさして駅周辺は全然探索できてなかったんで、駅前の商店街などをブラブラしてみます(v.v)


それにしても、何とも広い駅前ロータリー!
地下道も整備されてはいますが、駅前ロータリーを通り過ぎるのにちょっと苦労します。
20160522-031.jpg


(「JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その6)」に続く)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 天理 ラーメン

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その4)

○櫟本(いちのもと)駅(奈良県天理市)

帯解駅自体も無人駅で、周辺も個人商店が数件ある程度の寂しい雰囲気(-_-)。
仕方ないので、沿線歩きに戻ります。

それにしても、昔ながらの住宅が残っているからか、沿道にはこのようなものも見かけます。
おお、大昔に石切駅周辺で見かけたホーロー看板!
しかも、痛みも少なく、なかなかの美品ですやん(^o^)
20160522-020.jpg

ときに、左側は水戸黄門などでもおなじみの由美かおるはん(の若かりし頃)なんですが、右側の人は・・・
「黒い花びら」で第一回の「日本レコード大賞」を受賞した、歌手の水原弘はんなんですが・・・もうご存知の方も少ないでしょうね・・・
(筆者もリアルタイムで見たことはありませんが)


さて、相変わらずの住宅街と田園風景が続く中、特に書くべきネタもなく、次の櫟本駅に到着します。
どこかしら昔の小学校の校舎を思わせる、懐かしい造りの駅舎ですねぇ!(^^)
20160522-023.jpg

ここ櫟本駅も、これまで同様無人駅ではあるのですが、久々に(規模こそ小さいですが)駅前の商店街も現れます。
いちおうブラブラしては見たのですが、どこも日曜日でお休みのようでして・・・(-_-)
仕方なく、沿線歩きを続けます。


少々飽きてきたので、沿線を走る大きな道に移ってほどなく見かけた光景。
すごい、メッチャ「地元愛」あふれるトラックですやん!(^^)
20160522-024.jpg20160522-025.jpg

地元の運送業者はんが運用してはるトラックみたいなんですが・・・
地元・奈良県天理市の名所旧跡が複数ピックアップされてるにも関わらず、筆者はどれ一つとして存じ上げませんでした・・・m(_ _)m


(「JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 櫟本 水原弘

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その3)

○帯解(おびとけ)駅(奈良県奈良市)

さてこの桜井線、予習の段階で沿線の道がけっこう入り組んでるのは分かってたので、ネタを求めて?大きい道でなくあえて沿線すれすれの道を進みます(v.v)

京終駅を出てからほどなく、辺りにはだんだん田んぼが広がり、何とも穏やかな風景が広がっておりますねー
20160522-011.jpg

と、そんな田園風景&住宅街の中で見かけたのが元興寺文化財研究所と称する建物。
周りの住宅群と比べて、明らかにすんごい建物です!(@_@)
20160522-008.jpg20160522-009.jpg

筆者は不勉強やったんで知らなかったんですが、奈良の中心街からちょっと離れたところにある元興寺(がんこうじ)は、東大寺や興福寺と同様、、「古都奈良の文化財」として世界遺産登録されてたんですね。

それにしても、こんな立派な施設を作ってその文化財を研究してはるって・・・世界遺産とはいえ、まさに古都・奈良のすんごい「力」の入れ方を実感した次第です。


引き続き、住宅と田んぼが広がる光景の中をテクテク進みます(v.v)

沿道には、このようにがっつりと農業用のため池もちらほら見かけます。
周りの水利はさほど不便でないように思ったんですが・・・(?_?)
20160522-012.jpg


引き続き住宅街の中の小道を進んでますと、傍らに次の駅名の由来ともなった帯解寺が現れます!
20160522-014.jpg

せっかくなんで筆者もお邪魔させていただきますが、何とも小ぢんまりとした、小さな町のお寺のイメージ。
ただ、(写真では分かりにくいんですが)山門の中央には、天皇家の菊の御紋が!

後から分かった話なんですが、ここ帯解寺は安産祈願のお寺。
理由は定かではありませんが、美智子妃殿下や皇太子妃雅子さまなど皇族の方々も、安産祈願のためここを訪れられてるそうなんです(@_@;

美智子妃殿下etc.の経歴を拝見する限り、この帯解寺との接点はなかなか見つからなかったんですが・・・ともあれ、意外なところに意外なスポットがあるもんですねー


帯解寺を後にして5分ほど。
次の帯解駅が現れます。
何か、知らんうちにメッチャ低いとこ走ってますやん!
20160522-016.jpg20160522-017.jpg


(「JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 帯解 安産祈願 帯解寺 元興寺 皇族 美智子妃殿下

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その2)

○京終(きょうばて)駅(奈良県奈良市)

奈良駅を出てからというもの、路線に沿って走っていない道路に戸惑いながらも、ようやく沿線にたどり着きます(v.v)
何か、知らんうちにすんごい高架になってます・・・
20160522-005.jpg

この高架沿線を少々迂回しながら、住宅街を進むことしばし。
次の京終駅に到着します。
20160522-007.jpg


これまで東京~名古屋~静岡~九州を転々としてきた筆者にとって、近畿エリアは
「難読駅名が多い!(>_<)」
って感想がありまして、この京終駅なんてその最たる例!

ただ、筆者が今歩いてるJR西日本・桜井線は、これじゃ済まない(?)ほどの難読駅名が多いことで有名でして!
今後、どのような駅名が登場するか、どうぞお楽しみのほどを(v.v)

駅周辺は個人商店が2、3件ある程度なので、仕方なく駅舎周辺をブラブラしてみますが・・・
正直、駅舎の老朽化が著しい!(-_-)

木造の上に塗装は剥げ、パッと見の印象よりずいぶ痛んでる感じを受けます。
なにぶん交通量の少ない路線の駅やからかもしれませんが、どうぞこういったところのメンテナンスにもお金をかけていただきますよう>JR西日本はん


(「JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 京終 難読駅名

JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その1)

街歩き日和の、ホンマにええお天気が続いてるここ近畿地方です。

このGW、せっかくの9連休やったにもかかわらず、左足の具合が思わしくなく家の近所しか出歩けなかった筆者(T_T)
ようやく足の調子が戻ってきたところで、久々の沿線歩きの旅に出かけます。


今日歩くのは、またしてもの新路線であるJR西日本・桜井線(万葉まほろば線)
正直、近畿エリアにお住まいの方でも「?」となる人が多いかと思いますが・・・奈良から「J」の字のように桜井を経て、和歌山線・高田駅までを結ぶ路線です。

何せ古都・奈良の中でも、更に歴史の深いエリアをたどるので、これまでに見たこともないスポットに出会えることを楽しみにしましょう!(^^)


○奈良駅(JR西日本・関西本線(大和路線) 奈良駅 乗換駅)[近畿の百駅 認定駅]

その昔、神戸電鉄・粟生線の沿線を歩いてた時は、大阪で天気よくても現地に着くと雨がち・・・というイヤなジンクスがありましたが(-_-);、ふと思い返すと、奈良の鉄道沿線歩くときに雨だった記憶はほとんどなく。
⇒そういった日を選んで歩いてるのもありますが・・・

と言うわけで、今日もメッチャええお天気となりました~(^o^)/
20160522-002.jpg


久しぶり(約4年ぶり)の奈良駅なんで、駅周辺をブラブラしてみます(v.v)
以前、大和路線(関西本線)の沿線を歩いたときは、駅のリニューアルオープン前後で内装工事の真っただ中やったんですが、もう駅ビルの各店舗もかなり賑わっておりますねー
20160522-001.jpg

ちなみに、写ってるコーンは決して「工事中」の物ではなく、放置自転車防止用の物とのことでした・・・


ひところ駅周辺をブラブラしたところで、さっそく沿線歩きに移ります。
とりあえずは、駅東側を南北に貫く通りから・・・
20160522-003.jpg

と、交差点のところで、このようなユニークなデザインの建物を見かけます。
煙突にしては変な形やし、太陽電池パネルにしても北向きやし・・・(?_?)
20160522-004.jpg

近づいて確認すると、近畿エリアで電柱などの電気工事をやってはる、関西電力の子会社である「きんでん」はんの事業所。
でも、このユニークな構造物、いったい何なんやろ?
ナゾは解けないままです・・・(?_?)


(「JR西日本・桜井線(万葉まほろば線)(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:JR西日本 桜井線 万葉まほろば線 奈良 きんでん

【関連記事】バカ売れの水素水生成器、「健康効果なし」と国が警告…商品を医師も推奨コメント

(2016/05/19付 「Business Journal」の記事より)
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15145.html


こんばんは、筆者です(v.v)

最近ブームになってるこの「水素水」、実は筆者が知る限り10年以上前から存在してまして(-_-)。

そのココロは、
「最近医学界で問題になってる『「活性酸素』と結合して「水」になるから、活性酸素の毒性を中和して健康にいい!」
というものですが・・・

ふと、義務教育の理科で習ってきたことを思い返すと、
「仮に水素水飲んだところで、具体的に消化器のどこから吸収されて体内に入るの?(?_?)」
って素朴な疑問、誰も思わなかったんでしょうか?

活性酸素って、血液中や細胞レベルで悪さをするもの。
その水素水とやらが、胃や腸から吸収されて血管にたどり着けばええんですが・・・人間の胃や腸に、水分中の気体を吸収できる能力あったっけ???
もしあるとしたら、それこそ酸素をたっぷり含んだ水飲んでりゃ、人間は水の中でも窒息せず生きていけるって理屈になりますよね?


Wikipediaにもあるように、「水素水」っていまだ臨床研究の真っ最中であり、今のところそれが「ガンに効く」云々などの効果は、明確には示されていません。
詳細を知らないので明確には断言できませんが、何がしかの効果があったという方は、もしかしたら「プラシーボ効果」なのかもしれませんし。


仮にも、世界で名だたる先進国である日本で、こんな不確実な科学が幅を利かせて、そこそこの数の国民も影響受けてるって、一体どうなんでしょうね?!(>_<)
しかも、国民のほとんどが義務教育を受け、人体の消化器の役割は理解してるはずやのに・・・

相も変わらず、学校で習った「理屈」で考えず、雰囲気やイメージでいろんなこと決めてしまう日本人の悪さが露呈してしまいましたね。
「マイナスイオン」問題の教訓は、いったいどこに行ったんでしょうか?(-_-;





「健康にいい」とブームを巻き起こしている水素水。以前からその真偽のほどが疑問視されていたが、ついに行政からイエローカードが出された。

 昨今のヘルスケアブームに乗り、水道水から水素水をつくることのできる機械がバカ売れしている。どのような仕組みか説明すると、機械の中で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができるというものだ。

 このような機械を扱う業者のホームページを見てみると、活性酸素の悪性が執拗なほどに強調されている。その説明には、医師などの専門家がお墨付きのコメントを与えていることも多く、消費者の心配を煽る。そして、水素水を愛飲しているとされる人の「なんだか調子がよくなった」という抽象的な効果をうたう推薦文が多数掲載されている。

 あたかも、水素水を飲めば、活性酸素が体からなくなるような印象を受ける文章になっている。

 そんな水素水について3月10日、国民生活センターは「飲用による効果を表したものではありません」と指摘して、消費者に注意を呼びかけている。事業者のホームページやパンフレットには、その表面的なイメージとは異なり、重要な事実が記載されているというのだ。

 それは、機械を通して得られる水は、あくまでその水の中のヒドロキシラジカルを抑制するにすぎず、示されているヒドロキシラジカル抑制率のデータは、人体に対する効果・効能を表すものではないという。つまり、機械によって生成された水素水は、活性酸素が抑制されたものであるということは事実だが、それを飲んだからといって体から活性酸素が抑制されるわけではなく、ひいては健康増進に寄与するわけではないということだ。

 また、ヒドロキシラジカルを消去する能力を公的に評価する方法は存在しない。そのため、ホームページ等に記載されているヒドロキシラジカル抑制率は、事業者が独自に設定した条件の下で得られた結果であり、絶対的な効果を表すものではないという。国民生活センターは、「示されている数値に惑わされないようにしましょう」と注意喚起している。

 国民生活センターの指摘に対して、水素水生成器の販売業者各社は、「商品販売において、さらに法律順守を徹底し、よりわかりやすい明示をするとともに、お客様に信頼される企業を目指していく所存でございます」などとコメントしている。しかし、最初から深く考えずに「なんとなく健康そう」というイメージだけで物を買う消費者の行動を見透かして、こうした記載をしていることは想像に難くない。

 活性酸素が体を老化させるという事実は周知されている。だが、水素水生成器によってつくられる水が活性酸素を抑制するという明確な証拠はない。そもそも、確実な効果が保証されていない機械に、高額な費用を払う人などいないだろう。だが、いかにも効果がありそうなイメージを前面に押し出し、わかりづらいように小さな文字で「必ずしも効果を保証するものではありません」「効果には個人差があります」などと書くことで、医薬品医療機器等法(薬事法)違反ともならずに販売することができてしまうのが現状だ。
(文=則本正義/フリーライター)



テーマ:アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:水素水 疑似科学 プラシーボ効果 活性酸素 マイナスイオン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。