プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

【関連記事】さよならシャープ旧本社…93年の歴史に幕、解体工事始まる ニトリ大型店建設へ

(2017/03/27付 gooニュースより)
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/business/sankei-wst1703270064.html


こんばんは、筆者です(v.v)

今から約6年前、まだJR西日本・阪和線の延線を歩き始めたばかりの時に見かけたのが、このシャープはんの本社でした。

当時のシャープはんと言えば、「世界の亀山モデル」などでメッチャ調子こいてたイメージ強いんですが・・・わずか6年の間にこうなりますか・・・(-_-;
まさに「栄枯盛衰」の最たる例を目の当たりにしたわけですが、そもそも関西は「モノ作り文化」が盛んな土地柄。
加えて、(社名の由来ともなった)シャープペンシルはじめ、(時にはそろばんと電卓が合体したなんて商品もありましたがA(^^;)非常に斬新な着眼点の製品を多数作ってきた「企業風土」がありますからね!
いつの日か、また自力で「家電の雄」に上り詰めはることを期待しましょう!(^o^)/


p.s.
そういや筆者の実家にも、電卓とそろばんが合体した「ソロカル」ありましたわ~A(^^;;;



 シャープの旧本社ビル(大阪市阿倍野区)の解体工事が27日から始まった。シャープがこの地に本社を構えたのは、創業者の早川徳次氏が関東大震災後に東京から移転させた大正13年で、93年の歴史をもつ「第2の創業の地」が名実ともに消えることになる。慣れ親しんだ看板が下ろされることに、近隣住民や社員からは惜しむ声が聞かれた。

 解体工事は8月末までの予定。この日は、午前から資材を積んだトラックやショベルカーが次々と建物内に入り、作業員らが取り壊し作業を進めた。

 近隣住民らが足を止めて名残惜しそうに「SHARP」の看板の写真を撮影する姿も。跡地には家具量販大手のニトリ(札幌市)が大型店舗を建設する予定だ。

 シャープは経営危機により昨年3月に旧本社を売却し、7月に堺市へ本社を移転させた。台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入った後、旧本社の買い戻しをニトリに打診したがかなわず、隣接する「田辺ビル」のみ買い戻した。シャープの戴正呉(たい・せいご)社長は「田辺ビルも創業の地として重要。将来の100年に向かって慎重に考えたい」と話し、建て替えを視野に活用を検討している。

 近くで両親の代から喫茶店を営む吉田佳代さん(43)は「(買い戻した)田辺ビルに社員が帰ってくるのを心待ちにしている。ニトリができて活気が戻れば」と話した。

 また、短文投稿サイト「ツイッター」には社員の惜しむ声が集まった。ツイッターで情報発信を担当する社員は「やっぱり少し寂しい」と切ない心境を投稿。「10年以上勤めた」とする別の社員も、近隣にある池で花見や避難訓練をした日々を懐かしんだ。



テーマ:近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル:地域情報

タグ:シャープ 亀山モデル ソロカル ニトリ 本社

智頭急行・智頭線(その5)

○佐用駅(兵庫県佐用郡佐用町)
(JR西日本・姫新線 佐用駅 乗換駅)

JR姫新線の踏切を超えて、引き続き沿線をテクテクと進みます。
と、筆者がこれまで上郡駅から歩いてきたのは国道373号線なんですが、なぜか同じ道に国道179号線も?!(?_?)
20170320-050.jpg

後から分かった話なんですが、筆者がたまたま初体験だっただけのようで、複数の国道が交差するところでは、このように1つの道に複数の国道が付いてるケースはけっこうあるんやそうです!(@_@)
そういやこの冬に、鳥取の智頭町付近で大雪で通行止めになり、全国ニュースになったのもこの国道373号線やそうで、しばらくはお世話になるんですねー


めっちゃぶっちゃけた話、これまでいくつも歩いてきた鉄道沿線とは異なる雰囲気を抱きながら歩いておりまして。
その原因が何かは分からないんですが、そんな中でも智頭急行とJR姫新線とがようやく並走を始めます。
をを、次の佐用駅ももうすぐですね~(^^)
20170320-053.jpg

・・・と思ったのもつかの間、それから1km以上歩き、ええ加減イヤになってきたところで、ようやく佐用駅に到着します(-_-)
JRはんとは、駅舎は完全に共用してるみたいですね。
20170320-058.jpg

と、駅前のロータリーにはこのようなオブジェが。
20170320-057.jpg


そう、ここ佐用町には、日本最大の反射望遠鏡を備えた兵庫県立大学西はりま天文台があるんです!
おそらくこの智頭急行のシリーズでは少々無理があるので、将来JR姫新線沿線を歩くときにでも立ち寄ることになるでしょうが、ともあれそれをきっかけに「星の街」をウリにしてるところみたいですねー

確かに、街中で見かけるマンホールも、思っきりそんなデザインになってますしA(^^;
20170320-052.jpg


さて、そこそこの距離を歩き、時間的にも程よいところとなったので、本日はここまでとしたいと思います。
JR佐用駅で姫路方面行き列車を待ってますと、岡山からやってきてここが終着の列車と出会いますが・・・へえー、JR姫新線って、そこそこ歴史あるんですね!
去年で80周年ですかー
20170320-060.jpg



<本日(2017/03/20(月)の実績>
・本日の実績   :32,804歩(26.2km)
・2017年3月の実績:181,871歩(145.5km)
・2017年の実績  :553,229歩(442.6km)

・訪問済路線数  :109路線/137路線(79.6%)
・訪問済駅数   :1,157駅/1,689駅(68.5%)




テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:智頭急行 佐用 星の町 兵庫県立大学西はりま天文台 姫新線

智頭急行・智頭線(その4)

引き続き千種川を遡ります(v.v)
上郡駅を出た時は、そこそこ川幅のある緩やかな流れの川やったんですが、ここまで来るとこのようにゴツゴツした岩の多い流れになってるんですねー
20170320-041.jpg


引き続き沿線の国道373号線を北上していますと、左手にこのような標識が。
20170320-043.jpg

こんな山間の場所にもお城があったとは意外ですが、ともあれ時間的にも少々余裕があるので、ちょっと立ち寄ってみようと思います(v.v)

国道から5分ほど入ったところに現れたのは、佐用町立上月歴史資料館の建物。
おお、何とも雰囲気たっぶりの造りやないですか~
20170320-044.jpg

・・・と、近づいて分かったのは、つい3分前ほどに閉館したばかりと言うこと(T_T)
仕方なく、道向かいにある上月城跡への登り口を登り始めましたが、こちらも雨で道がぬかるんでいるうえに、そこそこの悪路!
結局、何一つできずじたばたした挙句、沿線歩きの旅に戻ります・・・
20170320-045.jpg


ほどなく目の前に見えてきたのは、筆者が初めて目にするJR西日本・姫新線の路線。
20170320-048.jpg

この後、左手すぐに上月駅の姿も見かけたんですが・・・後から分かった話で、筆者が見かけた上月駅は、実は姫新線の近畿エリア最終駅。
写真にある踏切を左折して20分ほど歩けば、もうそこはとうとう近畿圏を脱出し、岡山県美作(みまさか)市やったらしんです(-_-)

もうそんなとこまでたどりついたんやという感慨もさることながら、それ知ってたらもちょっとありがたがって写メとか撮ってたのに~というのが、非常に残念な限りでしてA(^^;



(「智頭急行・智頭線(その5)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:智頭急行 智頭線 姫新線 上月城 千種川 上月歴史資料館 佐用町

智頭急行・智頭線(その3)

○河野原円心(こうのはらえんしん)駅(兵庫県赤穂郡上郡町)
○久崎駅(兵庫県佐用郡佐用町)

引き続き沿線は千種川をさかのぼります。
ふと気づくと、辺りもすっかり山がちの光景になってしまってますね・・・
20170320-021.jpg

こんな具合で、沿道で目にするのはひたすら山間の集落の光景だけ。
そんなこんなで小一時間ほど歩いたところで、次の河野原円心駅に到着します。
20170320-024.jpg

こちらも、先ほどの苔縄駅と同じく高架駅で、駅前にギャラリーの建物があるところまでそっくりです。
しかも、住宅街の中にある駅のため、駅周辺に何も書くべきネタがないところも同じで・・・

仕方がないので、早々に沿線歩きの旅に戻ります。
と、先ほどから見かける鉄橋など智頭急行はんのインフラ、このようにけっこう大がかりでがっちりしたものが多いんです!(@_@)
20170320-029.jpg

同じ第三セクターの鉄道として、どうしても同時並行している京都丹後鉄道はんと比べてしまうんですが・・・
智頭急行はんは、路線全体をJR西日本の特急列車が通るおかげで、その通行料だけでウハウハ。
一方京都丹後鉄道はんは、JR西日本の特急が通っているのは一部のみ・・・ということで、その差が表れているのでしょうか(⇒失礼)。

ただまあ、京都丹後鉄道はんも次々と新しい試みを打ち出してるし、外国人観光客の増加で結構盛り上がってるみたいですからね。
今後、双方ともええ方向に行ってくれることを祈りましょう(-人-)


さて、変化に乏しい山道をテクテクと進んでおりますと、やがて次の街・佐用町(さようちょう)に入ったようです。
テレビで名前はちょこちょこ聞いたことありますが、さすがに大阪市内から距離があるので、筆者が訪れるのは初めてですねー
20170320-035.jpg

そしてこれまで住宅街の中に、次の久崎駅が現れます。
ここも高架駅で駅前に建物があるんですが、建物はギャラリーではなくてトイレのようですA(^^;
20170320-039.jpg



(「智頭急行・智頭線(その4)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:智頭急行 智頭線 河野原円心 第三セクター 久崎

智頭急行・智頭線(その2)

○苔縄(こけなわ)駅(兵庫県赤穂郡上郡町)

千種川沿いに走る国道373号線を引き続き北上していると、やがて智頭急行最初の駅・苔縄駅が見えてきます!
高架駅だからかもしれませんが、駅舎のたたずまいはどこかしら京都丹後鉄道のそれにも似ていますねー。
20170320-012.jpg20170320-014.jpg

駅舎に近づいてみると、周りには田んぼや住宅がぽつぽつと建つ中に現れています。
駅前もこんな感じで、お店などもなくいかにも「山間の駅!」という雰囲気です。
20170320-016.jpg

ただ、駅舎の前にはちょっとしたギャラリースペースが設けてあり、季節柄ひな人形なども飾ってあります。
非常に丁寧な展示がなされてるということは、それだけ地元の方々が常にメンテナンスしてはる結果なんでしょうね。
20170320-015.jpg


智頭急行最初の駅をしばし堪能したところで、駅近くの集落を経由して先に進みます。
と、いきなり見つけたのは、こんな歴史を感じる石碑!
20170320-017.jpg

傍らの説明文によれば、これ昔の人が筆を供養した「筆塚」という石碑らしいんですが、このように子供が筆に抱き付くようなデザイン?はこの辺りだけで見られるものなんやそうです(@_@)

筆者はこれまで「針供養」「人形供養」くらいしか知らなかったんで、この筆塚はまったく新しい発見でしたねー
昔の人って、ホンマに物に愛着を持って、すごく大切に使ってはったことがよくわかる遺跡です(v.v)


(「智頭急行・智頭線(その3)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:智頭急行 苔縄 筆塚

智頭急行・智頭線(その1)

相変わらず週末はお天気となり、3連休最後の今日も何とかお天気持ちそうなここ近畿地方です(v.v)

えーせっかくの「青春18きっぷ」を使っての遠征シーズンなんですが・・・この春は寒くて、この時期になっても桜の花の気配が全然ないっ!(>_<)
仕方ないんで、とりあえず春先に予定していたルートを前倒しで進むことにします(v.v)

というわけで、今日歩くのは智頭急行・智頭線
鳥取県の「智頭」という地名は、この冬のどか雪で一気に有名になった感はあるんですが、関西からそこに向かってる「智頭急行」なる鉄道の存在自体、ぶっちゃけ関西エリアでも、ほとんど知られてないんやないでしょうか?(⇒失礼)。

ただまあ、実は全国の第三セクター鉄道の中で唯一黒字経営してるとか、特に後半は魅力的な歴史スポット多いetc,・・・いろいろある路線みたいですからね!
そういった隠れた沿線の魅力を、少しでもお伝えできればと思います(v.v)


○上郡駅(兵庫県赤穂郡上郡町)
(JR西日本・山陽本線 上郡駅 乗換駅)

一昨年の年末以来の上郡駅に降り立ちます(v.v)
駅舎の雰囲気も駅周辺の雰囲気も、前回と全然変わらないのが心落ち着きます~(^^)
20170320-002.jpg

さすがに三回目ともなると、ええ加減駅周辺もそこそこ歩き回ってるんでさっそく沿線歩きに移りますが、早速目についたのはこういった看板。
20170320-003.jpg

確かに、筆者もいったん姫路駅で降りて、さらに相生で乗り換えてきました!
上郡から姫路までのルート、もっというと大阪から上郡までの新快速電車があれば、筆者ももちょっと朝寝坊できたやろうにと思いますね~A(^^;


さて、智頭急行・智頭線の前半は、先にも歩いた千種川に沿って進みます。
と、前回まで全然気づきませんでしたが・・・水、メッチャきれいやん!(^o^)
20170320-005.jpg20170320-006.jpg

少し離れたところからも、川魚が泳いでる姿を確認できたりします。
そういや、川の近くに「友釣り」用のアユを売ってはるお店も見かけました・・・


こんな具合で、傍らには千種川の流れ、もう傍らには住宅街・・・という風景がしばらく続きます。
最初にも書いた通り、ここんち寒い気候が続いてたせいで桜の開花もずいぶ遅れてるんですが、沿線では既に満開の花を咲かせている桜もちょこちょこ見かけます!(^^)
20170320-009.jpg20170320-010.jpg


(「智頭急行・智頭線(その2)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:智頭急行 上郡 千種川

京都丹後鉄道・宮豊線(その16)

琴引浜の波打ち際に向けて歩みを進めますが、今まで知ってる砂浜以上に足を取られて、全然前に進めません(-_-)
ふと足元を確かめると、何ともきめの細かな砂粒が!
20170312-040.jpg

確かに思い返してみると、封を開けたばかり(=乾燥した)の小麦粉やとかカタクリ粉などこねると、「キュッキュッ」というええ音がしますが・・・やはり粒が小さいというのも、「鳴き砂」の重要な要素なんでしょうか。
しかも、ところどころキラキラしてるのは、おそらく石英でしょう。

・・・ただ、筆者がなんぼ砂浜の砂を踏みしめても、まったく「鳴く」ことはなく(T_T)
往路でちょっと懸念していた通り、やはり一昨日に降った雪などの影響で、砂が湿っていたのが原因のようです・・・


仕方ないので、周辺をブラブラ散策してみます。
砂浜から離れたところには松の並木があって、何とも見事な白砂青松!
空の青さ・海の青さも相まって、何とも美しい光景です。
20170312-042.jpg

この辺り、海水浴用の施設もバーベキューの施設もあって、夏場はメッチャ楽しめますやん!(^o^)/
いやー、こんなきれいな砂浜で海水浴やバーベキューできるなんて、何ともぜいたくですね~


海岸付近をしばらくブラブラした後で、再びバス停方向に坂道を登り、今度は近くにある琴引浜鳴き砂文化館を訪れます。
こちらは、おそらく世界で唯一の「鳴き砂」をテーマにした博物館みたいですねー(@_@)
20170312-044.jpg

施設の中は、自らの手でさまざまな鳴き砂の体験をできるように工夫されています。
ここで聞いたところでは、筆者が先ほど見てきたメチャメチャ美しい海と、緩やかに弓なりに曲がった湾の構造から、浜から沖合に向かっての「離岸流」が良く発生しており、その影響で浜辺の砂が洗われるのが大切な要素みたいですね。

他で特にユニークなのが、海の水がメチャメチャきれいやからこそ見れる「微小貝」の貝殻。
長さ数ミリ程度(しかもこれで立派な大人(@_@))の貝殻は、関西ではこの辺りでしか見られない希少なものみたいです。
20170312-045.jpg


さらに館内をブラブラしていて筆者が思い出したのが、今となってはちょうど20年前の1月に起こったナホトカ号重油流出事件
20170312-047.jpg

重油を満載してロシアの港に向かっていたタンカー「ナホトカ号」が壱岐近海で座礁し、積み荷の重油が流出して日本海側一面に押し寄せたという事件やったんですが、その時も地元の人たちをはじめとするボランティアの人たちが、ここ琴引浜の重油を除去したり、海鳥の羽についた油を丁寧に除去したり、果ては砂浜の砂を片っ端からふるいにかけて、不純物を徹底的に取り除いて、今の鳴き砂を復活させはったんやそうです!
今から考えると、ホンマに気の遠くなるような作業です・・・(@_@)

以前、滋賀県・近江長岡駅周辺で、一度絶滅したゲンジボタルを地元の方々の粘り強い努力で復活させた話を思い出しました。
地元の方々によるホンマに強い地元愛、及びボランティアの方々による強力なサポートとで、見事に従来の自然を守り通しはったわけで、こういう話聞くたび胸が熱くなります・・・

今でも、地元の方及びボランティアの方は、定期的に砂浜の掃除などやってはるらしいですが、どうか今後も末永く、このような貴重な自然遺産を守り続けていただけますよう、陰ながら応援しております!(^o^)/


<本日(2017/03/12(日)の実績>
・本日の実績   :24,079歩(19.3km)
・2017年3月の実績:104,841歩(83.9km)
・2017年の実績  :476,199歩(381.0km)

・訪問済路線数  :108路線/137路線(78.8%)
・訪問済駅数   :1,152駅/1,689駅(68.2%)



テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹鉄 網野 琴引浜 鳴き砂 文化館 山陰ジオパーク ナホトカ号 白砂青松

京都丹後鉄道・宮豊線(その16)

初めて訪れた網野駅なんですが、筆者はここでどうしても行ってみたいスポットがあるので、駅前でしばしバスを待ちます。
せっかくなんで駅周辺をブラブラしてみますが、まず駅の改札を出てすぐのところにあるのがこのモニュメント。
20170312-028.jpg

この網野駅からちょっとばかし北に行ったところに、東経135度の最北端の子午線塔があるそうで、それをあしらったもののようですねー

そういえば、明石市立天文台をはじめとして、子午線のモニュメントはこれまでもちょこちょこ旅の途中で見かけたんですが、とうとうその最北端まで至ってしまいましたか・・・
ただ距離的にそこそこ離れているので、今回行けないのは残念ではありますが・・・

さらに、駅周辺をブラブラしてて見つけたのがこんな施設。
ええっ、大阪市内でも見かけたことないのに、こんな場所でEV(電気自動車)の充電施設が整備されてるとは!(@_@)
20170312-030.jpg

なぜこのあたりで重宝されているかは理由は不明ですが、ともあれ駅前で客待ちしてるタクシーもEVやったりして、意外と都心部よりも頻繁に見かけました。


さて、しばらくしてやってきた路線バスに乗り込み、揺られること15分。
海岸にほど近いバス停で降りた筆者は、さらに海岸を目指します。

このあたりの地形、防砂の目的からか海岸の内側にさらに小高い丘があって、そこから海岸に向けてやや急な下り坂を下りていきます。
沿道には、こちらも防砂のためか松の並木にかけられたネットも見かけます。
20170312-032.jpg

やがて見えてきたのは、国の天然記念物にも指定された琴引浜(ことひきはま)
近畿で唯一、「鳴き砂」のある浜ですねー
20170312-035.jpg

海辺に近寄って見ると・・・いやー何とも美しい砂浜!(^o^)
写真では分かりにくいんですが、海の水も透き通ってて、メチャメチャきれいです!
20170312-038.jpg20170312-041.jpg



(「京都丹後鉄道・宮豊線(その17)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹鉄 網野 天然記念物 琴引浜 鳴き砂

京都丹後鉄道・宮豊線(その15)

○網野駅(京都府京丹後市)(「近畿の百駅」選定駅)

ようやく府道17号線に合流し、しばらくテクテク歩いておりますと、右手にこのような看板を見かけます。
20170312-016.jpg

そう、予習の段階で分かっておりましたが、この辺り「郷村(ごうむら)断層」という、直接目で見ることのできる断層がいくつか広がっているんやそうです。
(国の天然記念物にも指定されてるスポットやそうです)

せっかくなので、看板で示してある方向に進んでみますと・・・
20170312-019.jpg20170312-017.jpg

少々分かりにくいんですが、右側の写真の中央に写っている道路の左端が、いきなりの断層なんやそうです(@_@)
折しも、写真の手前にはとある民家があるんですが・・・ホンマに素朴な疑問として、そのお宅は日々日々どないしてはるんでしょうね(?_?)

引き続き沿線を進むと、さらに先ほどの断層の続きが現れます。
こちらは、屋根付きの建物で保管してあるように、割とはっきりわかる断層ですねー
20170312-020.jpg20170312-023.jpg
20170312-021.jpg

いやー、なかなか普段では目にすることのできない光景を経験できました。
筆者の経験上、地震がほどんど起きてないように思えてた京都北部にも、こんな自身の根源になりうる断層はあるんですね・・・


さらに沿線を歩み進めると、だんだん沿道には民家やお店も増え、やがて次の網野駅に到着します。
何とも斬新なデザインの駅舎ですが、後から分かった話では海に浮かぶヨットをモチーフにしてるそうですね。
20170312-027.jpg


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その16)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹鉄 網野 近畿の百駅 郷村断層 天然記念物

京都丹後鉄道・宮豊線(その14)

○峰山駅(京都府京丹後市)

しばしの乗り継ぎ休憩を経て、ようやく前回ラストやった峰山駅に到着します(v.v)
まーさすがにここまで来ると、都心部のような便利な乗り継ぎなど期待すべくもなく、ひたすら時間かけてやるしかありません・・・
20170312-008.jpg

前回は列車の時間の都合もあり、ホンマに駅周辺をチョロチョロしただけやったんで、時間のある今回はガッツリ駅周辺を散策します。
・・・が、駅前に数件ある飲食店を除けば、いきなりの住宅街!
仕方なく、あらかじめ予習してたルートをたどって沿線を進みます。
20170312-009.jpg

いやーそれにしても、天気もええし気温もそこそこ温かいしで、歩き始めて10分ほどでダウンコート用済みになりました!
先ほど見かけた積雪が信じられないくらい、メッチャ穏やかな気候になってますやん。

さらに、あらかじめ予習した【はずの】道をテクテク進んでおりますと、沿道に見かけたのは今年初めての桜!!(^o^)/
をを、(品種はいろいろあるんかもしれませんが)折しもの真っ青な空に映えて、ほぼ満開に近い見事な花ったら!
20170312-010.jpg

いやー今頃って、体感で感じるほんのりとした「春らしさ」と、こういった実際に目にして分かる「春らしさ」が、ようやく一致してくる時期ですよね。


・・・と、10分ほど歩いたところで、あることに気づきます。
「これ、予習してた道と違う!」(@_@;

そう、後から分かった話なんですが、予習で使ったGoogleMapで記されていたルートを、筆者が微妙に読み違えたらしく!
ホンマは峰山駅の西側のルート(府道17号線)をたどらねばならなかったルートを、駅東側の道路(府道663号線)をひたすらテクテク歩いているのでした!
(青線が予習してたルートで、その上のグレーの線が実際に筆者が歩いたルートです・・・)


どおりで、予習段階ではそこそこ住宅街を通るはずが、何故かメッチャ山道になってますやん!(-_-;
この段階で、約10分ちょっとロスしてますよね・・・
20170312-011.jpg

ただまあ、この山道をそこそこ歩いてて気づいたんですが。
車は1分に1台も通らず、ましてや人など一人も歩いてるはずもなく、意外や穏やかな時間を過ごせまして(^^)
やがて沿道の木々の間からは、こちらも今年初めてのウグイスの鳴き声も聞こえてきます!
20170312-014.jpg


約50分弱一人ぼっちの穏やかな時間を過ごしたところで、さすがにGPSなど頼りにしながら、ようやく本来の沿線歩きのルートに戻った次第です(v.v)


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その15)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹鉄 峰山

京都丹後鉄道・宮豊線(その13)

寒さはまだまだ残るものの、ここのところだいぶ陽も長くなって活動しやすくなった近畿地方です(v.v)

そんな中3月に入り、例によって「青春18きっぷ」を使っての遠征シーズン!
毎度この時期は早起きの週末が続いているんですが、それでも最近は、ルートによっては日帰りがしんどくなってきました(x_x;
そろそろお手頃で快適な、ええ宿泊先を見つけなあきませんね・・・

今日歩くのは、一昨年の大晦日以来の京都丹後鉄道・宮豊線
ここも日帰りがしんどくなってきたルートの1つでして、いつものように朝7時から電車に乗りこみます・・・


いつものように福知山線~京都丹後鉄道のルートで向かうんですが、やがて発足から2年になる京都丹後鉄道(丹鉄)はんで最近復活したサービスがこれ。
20170312-048.jpg

北近畿タンゴ鉄道の時代にあった「一日乗車券」あらため、週末祝日限定&親子ペアで利用できるというきっぷ。
しかも、窓口では\1,800なんですが、ネット経由で購入すれば\1,500というお手軽さ!
ぶっちゃけ、丹鉄はんはただでさえ運賃が高いところに乗る距離が長くなって、これまで筆者のサイフ的には辛いものがあったんですが、これからは少しばかり楽になりそうで何よりです(^^)


さて、途中の天橋立駅で乗り換えの時間が空くんですが・・・そこそこの数の外国人観光客(主にアジア系)!(@_@)
でも、今の時期春節などのイベントもないし、こんな寒い中何が楽しくて来てはるんでしょう???(?_?)
20170312-002.jpg

せっかく1日乗車券を使っているので、久々の天橋立駅周辺をブラブラしてみます(v.v)
と、駅舎の陰にはそこそこの量の残雪が。
20170312-005.jpg

聞くところでは、つい一昨日までそこそこの量の雪が降ってたとのこと。
となると、今日これから行く予定の某スポットをどのくらい楽しめるのか、いちまつの不安がよぎります・・・
ちょっと複雑な気持ち入ってお土産物屋を見ていると、何とも大きなタコの干物!(@_@)
20170312-006.jpg

足1本であれだけの大きさなんやから、相当な大物がかかったんですねぇ!


(「京都丹後鉄道・宮豊線(その14)」に続く)


テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:京都丹後鉄道 丹鉄 宮豊線 青春18きっぷ 家族お出かけきっぷ 天橋立