プロフィール

えふぴー・まる

Author:えふぴー・まる

検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリー

openclose

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク


~現在はこの辺にいてます(v.v)~

より大きな地図で 現在はこの辺にいてます(v.v) を表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪堺電軌・阪堺線(その2)

◯御陵前停留所(大阪府堺市堺区)
◯寺地町停留所(てらじちょう)停留所(大阪府堺市堺区)
◯宿院(しゅくいん)停留所(大阪府堺市堺区)

沿線をしばらく歩くと、路線の仕切りもなくなって、文字通りの「路面電車」になります。
走ってる車両も、どこかしら懐かしさを感じるデザインになってますねー(^^)
この辺りに来ると、路線の仕切りも無くなって「路面電車」になります。


相変わらず沿線は住宅街とお店が続いているんですが、寺地町停留所の近くで見つけたのは、筆者が一度は行ってみたかったスポット。
関西でも有名な食堂「ゲコ亭」さん(写真は新店舗)。
かの象印さんが、ご飯の炊き方を自社商品に採用しはったほど絶品の「ゲコ亭」さん!(^o^)

「銀シャリ屋」という看板にもあるとおり、フワフワ・ツヤツヤのご飯がおいしいと評判の食堂なんです!(^o^)
その実力は、かの象印さんの研究員が半年間通いつめて、ご飯炊きのノウハウを自社製品「極め羽釜」に取り入れたほど。

おかずも(よく食堂にある)和食中心のメニューなんですが、こちらもおいしいとの噂。
筆者も少し遅めのお昼をいただこうと思っていたのですが・・・売り切れ次第終了ということで、すでに閉店されてました(T_T)
今度は、もう少し早めにおじゃましたいと思います・・・


沿線をさらに進むと、宿院停留所と交差点に至ります。
この大通りを西に行くと南海本線の堺駅に至るんですが、戦前は堺駅からこの交差点付近まで伸びる路線もあったそうですね。
南海・堺駅から宿院の交差点にかけては、戦前までもう1つの路線が通っていたそうです。

停留所の周りは、お寺やさまざまな史跡があるようですが、まずは1つ通りを入ったところにある千利休の屋敷跡。
宿院交差点の近くにある、千利休の屋敷跡当時使われていた井戸だそうです。

歴史的な著名人のご自宅にも関わらず、意外とこじんまりとした敷地でしたが、それにしてもここ堺北部から、直線距離で10km前後離れた大阪城まで通ってはったとは!(@_@)
筆者でさえ二十数km歩いたらヘロヘロなのに、ホンマに昔の人は頑丈だったんだと感心します・・・
歴史上の著名人にもかかわらず、意外とこじんまりとしたお屋敷やったんですね


(「阪堺電軌・阪堺線(その3)」に続く)


関連記事

テーマ:ウォーキング
ジャンル:ヘルス・ダイエット

タグ:阪堺電軌 阪堺線 御陵前 銀シャリ屋 寺地町 極め羽釡 象印 千利休 宿院

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自家製釜で炊き上げるふっくらご飯!

自然の井戸水と自家製釜で炊き上げるご飯は、ぷっくり程よく歯ごたえがあり、噛めば甘味がじんわりと広がってご飯の美味しさを今さらながらに実感できる。1963年から飯炊一筋というご主人の心がこもった銀シャリの味を求めて訪れるお客さんで連日満員・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。